Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

sikei

EntaMirage! Entertainment Movie

白石和彌監督、阿部サダヲさん登壇! 映画『死刑にいたる病』名古屋先行上映舞台挨拶レポート

映画『死刑にいたる病』舞台挨拶付き先行上映会が4月16日、名古屋ミッドランドスクエアシネマ2で開催された。
白石和彌監督、主演の阿部サダヲさんが登壇。その様子をお届けする。

阿部サダヲさん(以下 阿部さん)
「こんにちは。阿部サダヲです。今日は土曜日の天気のいい日にこれだけの方に集まっていただいて本当に嬉しいです。短い間ですけども楽しみたいと思います。あ、手を振っていただいてありがとうございます。よろしく願います」

白石和彌監督(以下 白石監督)
「監督の白石です。皆さん、こんにちは。ようやくこの日を迎えることができて本当に感無量です。短い時間ですが皆さん楽しんで帰ってください。よろしくお願いします」

・お二人は今、本当に今名古屋に着いたばかりですよね。

阿部さん
「僕は先に入ってましたが…監督がちょっと見当たらなくてですね」

・本当に2分ぐらい前でしたね。

白石監督
「新館(ミッドランドスクエアシネマ2)の方に来てくださいねって念を押されていたんですけど何か本館に行ってたみたいで、なかなか誰も迎えに来ないなってずっと思ってたんですけど」

阿部さん
「ずっと本館のロビーの辺りをウロウロしていたらしくて。今日多分来られているお客さんもいたと思うんですけど、もう始まるよみたいなこと言ってたら、まだそこに監督いるから大丈夫だよって言われていたみたいで(笑)。本当にぎりぎりだったのでびっくりで」

阿部サダヲさん

阿部サダヲさん

白石監督
「すみません(笑)」

阿部さんのあの目がまた観たくて

・これからご覧いただく作品がサスペンスなので中身のことはお話はできないんですけれども、監督にこの『死刑にいたる病』原作との出会いや、お読みになった感想、そして映画化の決め手になったことを教えてください

白石監督
「『彼女がその名を知らない鳥たち』を阿部さんと作ってから、その映画の深瀬プロデューサーが「また一緒に作りたいですね」って言ってくださって、「これすごい本なんですよ」と渡されたのがこの原作だったんです。とにかく阿部さんが演じられた榛村大和という連続殺人鬼というかシリアルキラーなんですが、その人物造形が本当に面白くて、物語がどこに行くのかが全然わからない小説で、これを何とか映画化したいなと思って、その時同時に『彼女がその名を知らない鳥たち』の時陣治を演じた阿部さんの目が印象に残る暗い目をしている瞬間があって、それがちょっと僕の記憶にこびりついていて、あの目の榛村大和をもう1回観たいというのがこの話を作る原動力というか、阿部さんともう1回仕事をしたいというのがもう1つ大きな理由でした」

・阿部さんの目が次の映画化につながったわけですね。その目はどんなシーンであったんでしょうか。

白石監督
「『彼女がその名を知らない鳥たち』の中のシーンで満員電車の中に阿部さん演じる陣治と蒼井さん演じる十和子が2人で駆け込んだ時に、陣治がそこに入ってきた若いイケメンをポンと突き落とすカットがあるんですが、そのときに突き落とした後に、十和子、蒼井さんを見るときに「5分前に人を殺してきた目で見てください」っていう演出をしたんですよ。そのときの目が、「この人本当に殺してる」っていう目で。すごいですよね」

・5分前に人を殺すってどんなことかわかんないですよね

阿部さん
「わからないですね(笑)。5分前に人を殺してきたってどういう人なんだろうって悩んでいた顔なんでしょうね。それがなんか死んだ目のようになったかもしれないですよ」

・絶大な信用で監督からオファーが来たわけですが、その時のお気持ちは?

阿部さん
「『彼女がその名を知らない鳥たち』の時に白石監督とご一緒させていただいて、また御一緒したいなと思っていて。白石監督が、毎年すごい本数撮っていらっしゃるじゃないですか。それを全部観て。自分はまた出てない。『狐狼の血』にも出てない。松坂桃李は出てるのに。『狐狼の血 LEVEL2』にも松坂桃李出てるのにと思ってずっと観ていて。竹野内豊も出てたなあとか思っていて。やっと来たので本当に嬉しかったですね」

・監督の作品をしっかりチェックされていたんですね。

阿部さん
「しますよ、それは。はい。特に特に松坂桃李はチェックします」

・でも難しい役ですよね

阿部さん
「まさかこういう24人連続殺人鬼っていうのが来るとは思わなかったですけどね、でもなかなかできない役です。そんなオファーは来ないじゃないですか。なので挑戦しようかなと思って」

・一度はやってみたい役だと以前も取材でお話されていましたよね?

阿部さん
「やってみたい、役者だったら手を出してみるべきなんじゃないかと思いました」

・今回も監督は「5分前に~」とか言われたりされたんでしょうか

阿部さん
「そういうのはないです。この人の場合は日常ですから。普段パンを作っているのと同じぐらいの日常で人を殺してくれという感じですよね」

白石監督
「そうですね。欲望をすごいいろいろ出し切っちゃっているので、普段はすごくいい人で優しくて、人にも、人の感情にもそんなに無頓着ではなくて。たまたま、たまたまそういうことしちゃうのが残念な人で。人を魅了する力もある。殺人さえ犯さなければまあまあ阿部さんに近いというか。普通の人ですよね(笑)」

阿部さん
「(笑)」

・今回は岡田健史さんと共演されて、2人でのシーンも多かったと思うのですが、岡田さんとの芝居はいかがでしたか?

阿部さん
「面白かったですね。面会室のシーンはほぼ岡田くんとずっとやっていたんですが、いい役者さんです。岡田くんの役の気持ちになって観ていただくとすごく面白いと思いますね。今日来られないのが残念だって本人は言ってました」

・撮影は順番に撮っていったんでしょうか。

阿部さん
「面会室のシーンは全部撮り終わって最後にスタジオで撮ったんです」

・芝居の間にお話もされたんですか?

阿部さん
「いやほとんどできなかったです。面会室の構造上ちょっと同じ場所にいられないというか、いなかったというかいないようにしたというか、そういう風にさせられたというか(笑)。あんまり一緒にいなかったんです。お話をすることはなかったんですけども、毎回岡田くんは面会室に来るたびにいろいろ芝居を提出してくるというか、面白いことをやるんですよ。外で経験してきたことを僕に出してくれるので、すごく面白かったです。最近はなんかね、真っ暗闇の中でインスタライブをやっているらしいのでちょっと心配ですよね(笑)」

白石監督
「インスタライブをやっているところは暗くないと思いますよ。画面を出していないだけで(笑)暗闇の中ではやってないです」

・監督も岡田さんとは初めてお仕事されたんですよね?

白石監督
「初めてですね。最初に会わせてもらったときの僕の印象ですが、阿部さんはすごい人を引きつける目をしてるんですけど、岡田さんは本当にまっすぐで、曲がったことが大嫌いで。「この映画で、監督は何をやりたいんですか?」って逆にこっちに来る目をしていたんですよね。その2人が対峙している画を撮るだけで、多分それはイコール映画であるみたいな感じがすごいしたので、岡田さんに演じてもらって本当に大正解だったですね。熱い心を持っていて素敵な人ですし、誰よりも芝居のことを考えていますしね。あの若さですごい人だなと思いました」

白石和彌監督

白石和彌監督

・他のキャストの方のお話も伺いたいのですが、名古屋が生んだスーパースター。岩田剛典さん、ご一緒されていかがでしたか?

阿部さん
「本当に岩田剛典さんでしたね。僕は会ったことがなかったので。すごくかわいらしい顔立ちでね、結構かわいいイメージだったんですが、今回、この映画の岩田さんは多分違うと思いますね。皆さん、初めて観るんじゃないかな。最初現場に行った時に岩田さんだってわかんなかったです。それくらい多分印象が違うと思います」

・監督もいつもイメージを覆したい、違う俳優の顔を見たいとおっしゃっていますけど、まさに今回も。

白石監督
「そうですね 。岩田さんは多くを語らずとも、今回の役はそうなんだろうなと理解してご本人で作り込んでくれましたし、こんなカツラを被りたいんだとか言っても全然「わかりました!」と気持ちよく言ってくださいますし。意図を説明すれば何でもやってくれる、あと多く喋らなくても表現できるあの肉体性ですよね。その立ち姿とか、やっぱりスターだなと思いますし、なおかつ映画の中でそのスター感も自在に消せるという。今阿部さんもおっしゃっていましたけど、結構ロケ中も気づかない人もいたりして。岩田さんがすぐここにいるのに誰が出ているのかなって見ている人もいたりとか。そんな感じでしたね」

阿部さん
「言いたかったですもん。ここに岩田剛典いるよって」

・岡田さん演じる雅也の母を演じた中山美穂さんについては、いかがでしたか?

阿部さん
「そうですね。やっぱり僕は小さいときから、見ていたので…あ、年は同じぐらいなんすけどね。僕がテレビとか出る前から‟おさわがせします”ですからね。おさわがせされていたんですよ、僕はずっと。そういう方と一緒に出られることはすごいことだなと思います。監督に感謝したいです。ずっと頭の中を曲が回ってましたよ」

白石監督
「中山さんと一緒にお芝居されてるときに曲が回っていたんすか?」

阿部さん
「はい。もう1日中ですよ、本当に」

白石監督
「観たら皆さんわかりますけど、どんなシーンかって話ですよね(笑)」

阿部さん
「さすがに演技をしているときは回ってないと思いますけどね。すごいシーンなんですよね。スタートかかったらそんなこと考えないですよ。待ち時間とかでお話したいなとか思ったりするじゃないですか。そういうときです」

白石監督
「ちなみに何の曲が回っていたんですか?(笑)」

阿部さん
「50/50(フィフティー・フィフティー)」

・監督も中山さんとは初めてだとは思いますが

白石監督
「映画界の中でもすごい偉大な作品に出られている方なのでチャンスがあればと思っていたんです。今回すごくよくやってくださって。筧家は岡田くん、鈴木卓爾さんと3人の家族なんですけど、そのシーンも本当に謎の緊張感があって。とんでもないシーンになっていますから。息子である岡田くんがあることで、お母さんにちょっと聞きたいことがあるといって話を始めるシーンとかはぞくぞくして聞いていました。こんな親子の会話は多分一生撮ることないだろうなと思いながら。ぜひそこも注目して観ていただけたらと思います」

緊張感がある現場でもリラックスした状態で

・シリアスなシーンが多いですが、パン屋さんのところはちょっと柔らかい感じですね。こういうときって、現場の雰囲気どうなんですか?

阿部さん
「捕まる前のシーンとかは監督がその場で「こういうこと言ってみましょうか」と結構アドリブ的なことが多くてそこそこ楽しいです。すごく明るい。ターゲットを探しているときなんですけどね。そのときのお話はすごく楽しいです。「あ、こうやって近寄っていくんだ」って。面白いです」

・でもシリアスなシーンになると違ってきますか?

阿部さん
「ピンと張り詰めるっていうことはあまりないように、雰囲気を作ってくださるからいいんだと思います。だから、のびのびと皆さん演られていました」

・白石監督の作品はシリアスなものが多いですが、緊張はしすぎないようにされているんですか?

白石監督
「緊張していいことはないので。できるだけ緊張感のあるシーンを演じてもらうということですし。それを切り取るのが僕らの仕事ですから。リラックスしてどんなシーンにおいてもです。よっぽど危険が伴う崖から落ちちゃうよみたいなシーンとかはちょっと気をつけることはあるかもしれないですけど、今回はほぼなかったですかね。だから榛村大和がいる小屋があるんですけど、そこで、とんでもないことが起こって、次から次へ若い男女が連れ込まれていっては、煙になっていくというか。それも阿部さんも楽しんで。仲良くみんな終わるために写メを撮って帰っていく」

阿部さん
「はい、そうです。なんか、次々次々来るので」

白石監督
「「阿部さんとこういうシーンが出来て良かったです。監督ありがとうございました」とすごい感謝されて、僕も嬉しかったです」

阿部さん
「ああいうシーンはなかなかできないですからね」

・今回は昼はパン屋さん、夜は殺人鬼という役でしたが、阿部さんご自身で二面性を感じるところはありますか?

阿部さん
「自分のですか?こういうところに立っていないときはしゃべらないということですかね。今はしゃべってと言われたからしゃべっていますけど、ほとんど普段はしゃべらない。」

白石監督
「そうですね。阿部さんは普段は無口で。何か考えていらっしゃるのか時々ニヤニヤしていたりとかして(笑)という感じです。あんまり携帯を見ていることも阿部さんはないですからね」

阿部さん
「今日携帯を見たのは岡田健史くんと LINE をしていたときくらいだけなんですよね。あんまり見ないですね」

・ずっと緊張しているというわけじゃないですよね?

阿部さん
「僕はリラックスしているからしゃべらないんです。緊張しているときはベラベラしゃべりますけどね。緊張していると余計なことをしゃべっちゃうんだけど、リラックスしていれば何にもしゃべらないです」

・これからご覧いただく皆さんに一言お願いいたします。

白石監督
「『死刑にいたる病』はコロナ禍で撮影が1年延びてしまったりしたんですが、完成して皆さんにお届け出来る日が来ました。ミステリーでありスリラーな作品なんですけど、何周かすると、この榛村大和は本当にどこから、そういうことをしていたのかとかを考え出すともう1回観たくなる。僕もちょっと既にもう1回みたいな感じがあるんですけど、そんな魅力のある作品になったと思っております。観て気に入っていただけましたらぜひこの映画を応援していただけたらと思います。今日はどうもありがとうございました」

阿部さん
「今日は本当にどうもありがとうございました。映画としてすごく面白い映画。ストーリーがすごく面白いのでちょっと怖いとか思うこともあると思いますけどもすごく考えさせられる映画だと思いますし、観た方同士でいろいろ話し合たりとかするのが楽しいと思いますし、あそこどうなっているんだろうと思いながらもう1回見るとまた面白いと観た方から聞いています。今お昼ですけども、今日1日は僕のことを忘れないでほしいなと。どこかで見ているかもしれないです(笑)。よろしくお願いします」

sikei11

映画『死刑にいたる病』は5月6日(金)より新宿バルト9他で全国公開。お住まいの地域の上映劇場は公式ホームページ(https://siy-movie.com/)の劇場情報でご確認を。

出演:阿部サダヲ、岡田健史、岩田剛典、中山美穂
監督:白石和彌 脚本:高田亮 原作:櫛木理宇「死刑にいたる病」(ハヤカワ文庫刊)

-EntaMirage!, Entertainment, Movie

おすすめの記事はこれ!

mikaeri1 1
見返りを求める男と恩を仇で返す女。その先にあるもの(映画『神は見返りを求める』)

タイトルを聞いたとき「神は見返りをもとめない」ものじゃないの?と思った。ただ、そ ...

MKE2022_24 2
3年ぶり開催!第9回MKE映画祭レポート

第9回MKE映画祭が6月18日岐阜県図書館多目的ホールで開催されました。 3年ぶ ...

PLAN75_1 3
生き続けていくことはいけないことか(映画『PLAN 75』)

少子高齢化社会となった日本には様々な問題がある。老老介護、孤独死、虐待という家庭 ...

huyusoubi9 4
映画『冬薔薇(ふゆそうび)』伊藤健太郎さん、阪本順治監督登壇名古屋舞台挨拶レポート

映画『冬薔薇(ふゆそうび)』の公開記念舞台挨拶が6月11日名古屋ミッドランドスク ...

kimiton 5
女子高生、日本の経済にもの申す!(映画『君たちはまだ長いトンネルの中』なるせゆうせい監督インタビュー)

2019年に発売されネット上で話題を呼んだ漫画「こんなに危ない!? 消費増税」を ...

officer1 6
自身の信念のもとに冤罪を暴く(映画『オフィサー・アンド・スパイ』)

捏造、冤罪。あってはならないのだが、どの時代にも起こる出来事だ。 フランスで起こ ...

otona_4 7
木竜麻生さん登壇!メ~テレ映画祭『わたし達はおとな』先行上映舞台挨拶レポート

今年開局60周年を迎える名古屋のテレビ局メ~テレは映画製作にも非常に力を入れてい ...

20soul1 8
今も受け継がれる神曲・市船Soul。それは魂がこもる大切な曲(映画『20歳のソウル』)

ある番組の吹奏楽の旅を観る度に号泣している。 私は決して吹奏楽部ではない。コーラ ...

haganeiro9 9
OUTRAGE×現代の若者 名古屋で生きる人達(映画『鋼音色の空の彼方へ』舞台挨拶レポート)

コロナ禍を経て、名古屋発の映画が奇しくも同じ日に2本公開された。一本は先日紹介し ...

mamoriya8 10
僕らの映画はここからはじまったばかり(映画『護り屋「願い」』舞台挨拶レポート)

名古屋発の映画が『護り屋「願い」』が5月20日に公開された。 映画『護り屋「願い ...

creatures 11
人気映画を支えてきた特撮、特殊効果のクリエイター達(映画『クリーチャー・デザイナーズ 特殊効果の魔術師たち』)

映画にはさまざまなジャンルがある。その中でも私たちを日常にはない興奮に誘ってくれ ...

received_2215697365258741 12
「灰色の家族」という台本(物語)が呼び覚ます忌まわしい記憶 KURAGE CLUB新作『灰色の家族』上映会開催

名古屋の自主映画団体KURAGE CLUBが新作『灰色の家族』の上映を5月22日 ...

sanka1 13
撮りたいという強い思いの結晶がいよいよ公開(映画『山歌』)

山の中を漂流して暮らす人々が戦後あたりまでいたことを知ったのは「やすらぎの刻」と ...

bokemasukara1 14
第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあさん』信友直子監督トークレポート

第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあ ...

ashitajyugyou6 15
『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 シアターカフェ 舞台挨拶レポート

『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 が4月30日から ...

Ngoutou1 16
映画『N号棟』公開初日 萩原みのりさん、後藤庸介監督登壇 舞台挨拶レポート

とある地方都市に、かつて霊が出るという噂で有名な団地があった。このとある地方都市 ...

sikei 17
阿部サダヲ×シリアルキラー榛村大和が更なる魅力を生む(映画『死刑にいたる病』白石和彌監督・阿部サダヲさんインタビュー)

白石和彌監督の作品にはいつも心を持っていかれる。 5月6日(金)から公開の新作『 ...

ashitajyugyou6 18
ゴールデンウィークに『あした、授業参観いくから』+安田真奈監督ショートフィルム選 上映 シアターカフェで

安田真奈監督とお会いしたのはあいち国際女性映画祭だった。 『36.8℃ サンジュ ...

cmoncmon 19
『パリ13区』『カモン カモン』モノクロの魅力を知りたい二作品

4月22日(金)公開の作品には偶然にもモノクロ映画が2作品ある。 『ジョーカー』 ...

sikei 20
白石和彌監督、阿部サダヲさん登壇! 映画『死刑にいたる病』名古屋先行上映舞台挨拶レポート

映画『死刑にいたる病』舞台挨拶付き先行上映会が4月16日、名古屋ミッドランドスク ...

truth11 21
第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』堤幸彦監督、広山詞葉さん、生島翔さんトークレポート

第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』が3月27日岐阜CINE ...

received_348460247337278 22
映画の街・岐阜が動き出す  映画『逆光』とのコラボで柳ケ瀬が70年代一色になる?! 映画『逆光』試写会 トークレポート

4月4日、岐阜ロイヤル劇場にて映画『逆光』の試写会と須藤蓮監督の舞台挨拶が行われ ...