Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

ginpei8

EntaMirage! Entertainment Movie 岐阜推し!

第71回 CINEX映画塾 映画『銀平町シネマブルース』小出恵介さん、宇野祥平さんトークレポート

第71回CINEX映画塾『銀平町シネマブルース』が2月17日、岐阜CINEXで開催された。小出恵介さん、宇野祥平さんが登壇したトークの様子をお届けする。(ネタバレあり)

小出恵介さん(以下 小出さん)
「初めまして小出恵介と申します。『銀平町シネマブルース』に出させていただきました。いかがだったでございましょうか?」
(場内大拍手)

小出さん
「ありがとうございます。本作は一昨年の秋ぐらいに撮影をしまして、2月10日に公開となりました。今日はいろいろとお話できたらなと思います。よろしくお願いします」

宇野祥平さん
「皆さんこんばんは。宇野祥平といいます。いやあ、嬉しいです(笑)。よろしくお願いします」

岐阜新聞社 後藤さん(以下 後藤さん)
「今日岐阜CINEXに来ていただいて本当にありがとうございます。皆さんにシネコンじゃなくて、こういう商店街にある映画館を存続して来ていただくのも大変な時代にはなっているんですが、まさしくこの映画館と同じような銀平町シネマが出てくる『銀平町シネマブルース』にご出演されたわけですが、小出さんにとっても思い入れのある映画だと思います。ご出演のきっかけから教えていただいていいでしょうか?」

小出さん
「そうですね。お話をいただいたのは2020年の夏ぐらいで、僕はちょうどドラマを撮っていた後で、僕自身も自分のキャリアとが『パッチギ』という映画に始まっていますので、スクリーンでまた活躍したいなと思っていたときだったので、映画とミニシアターを題材にするという部分と、群像劇っていうことだったんですけども、非常にいい題材だなと思いまして、役柄も相まって、自分にとって、きっかけとなる作品になるかなと思いました」

後藤さん
「これは、城定秀夫監督の作品だというのはもうわかっていて、シナリオを読まれて」

小出さん
「その時はシナリオはなくて。城定監督という名前が挙がっていて。僕はお名前を聞くまではちょっと存じ上げなかったんですけども、それから作品をたくさん観させていただいたりして、非常に作家性があるというか、素敵な監督さんだなと。やっぱり独特の味わいといいますか、雰囲気がありましてですね。脚本もそうでしたけども、現場も独特の空気感がありましてですね、非常に楽しい現場でした」

ginpei2

後藤さん
「城定監督は今乗りに乗った日本映画の監督だと思いますけども、昨年は4本監督作があって、脚本作も2本あったという中で、今年の最初を飾るのがこの『銀平町シネマブルース』になっています。宇野さんにお聞きします。宇野さんは本当に日本を代表するバイプレーヤーとして、私は本当に昔からずっと好きで、特に『罪の声』で日本アカデミー賞の助演男優賞を獲られたとき、もう本当に嬉しかった。今回ご出演されて、感想を聞かせいただけますか」

宇野さん
「去年、一昨年ですか。城定さんと僕は『ビリーバーズ』という映画で10年ぶりに呼んでもらって。10年前は『ユリア100式』という映画だったんですけど。城定さんは『ビリーバーズ』と『銀平町シネマブルース』の間にもう1本撮ってるんですよ。しかも『ビリーバーズ』の前も『愛なのに』があるんだ。どんだけ連続で撮るんだろう、すごいなっていう。まさか城定さんがまた撮るってことも知らなかったですし。しかもね、主演が小出さんって聞いてとても嬉しかったですし、脚本はいまおかしんじさんで。もう夢のような布陣ですよね」

後藤さん
「『ビリーバーズ』をご覧になった方も多いと思うんですが、この映画館でもやりました。あの宇野さん最高ですよね」

小出さん
「結構刺激的な内容で。僕もつい最近観させてもらったんですけど、怖いですよね。宇野さんがさらに怖く見える。『銀平町シネマブルース』を撮る前に観なくてよかったです(笑)」

後藤さん
「宇野さんがこの映画でも『カサブランカ』で号泣して、その後拝むじゃないですか、その時に「やれ!」って言っている感じが『ビリーバーズ』に繋がるんですけども(笑)、ああいうパン!と飛び上がるような凶器じゃないんですけど、何か情熱みたいなものが出るときがいっぱいあってですね、すごく楽しくいつも観させていただいています。『ビリーバーズ』は全編通してそんな感じの映画でしたよね」

宇野さん
「(笑)。脚本と、やっぱり城定さんの力ですよ。脚本も素晴らしかったですし、今回もいまおかさんの脚本は本当に素晴らしいんですけど、撮影のときに現場の監督の判断で状況が変わる部分があるので、撮影稿というのがあるんです。それもやっぱり素晴らしかったですよね。だから拝むっていうのも監督の案ですかね」

小出さん
「でも叫ぶというのはト書きにはなかったので、やっぱり宇野さんのチョイスというか」

宇野さん
「これはやっぱり小出くんとの芝居で生まれていますね」

小出さん
「確かにおっしゃった通り、結構急にガーンってくるところがあるので、シンプルにびっくりしますよ。映画館のシーンで最後僕らがゴミを片付けて、最後宇野さんに話しかけた時の「観ろよ!」というあの芝居に普通に僕と小野莉奈ちゃんはびっくりしていました」

宇野さん
「でもその前の小出さん演ずる近藤の感じにちょっと腹立ったんでしょうね多分」

ginpei1

後藤さん
「小出さんの演技で誘発された」

宇野さん
「小出くんのせいで叫んじゃった(笑)」

小出さん
「いいですね」

後藤さん
「小出さんと宇野さんは今回以外でもお仕事はされたことは?」

小出さん
「そうですね昔「jimmy〜アホみたいなホンマの話〜」というドラマがありまして。Netflixさんの連続ドラマだったんですけども、そこでご一緒させていただいて。僕はちょっとご迷惑をおかけして、再撮影ということがあったんですけれども、それぶりの共演でしたので、本当に僕としてはまたご一緒できるということが非常にありがたかったですし、感銘を受けておりました」

後藤さん
「出てくるキャラクターが皆さん生き生きしていて細かく描かれているいい映画だなって思いましたけども、映画館に人が集まる、映画館をサロンにして、町の人々がつながれていく、そこに小出さん扮する時間が止まったような主人公・近藤が、ああいった形でやってきて、またそこからスタートしていく姿を情感的に描いていると思います。僕は2回観たんですけど、多分3回目観たらさらに情感は伝わってくるんだろうなというぐらい厚みのある映画、本当に皆さん1人1人の役者さんがそれを紡いでいるなという感じがしました。小出さんはこの脚本は選びに選ばれた感じなのでしょうか」

小出さん
「いや全然そんなことはなくてですね、機会があれば、どういった役柄でも受けたいなと思っておりましたし、どういう作品でも挑戦したいなと思っている最中だったですね」

後藤さん
「小出さんのご活躍は存じておりますし、私は『キサラギ』が大好きで。映画館で観る小出さんの勢いが好きだったんです。今回久々に映画館で観る小出さんは、城定さんのインタビューでちょっと聞いたんですけど、どうしてもかっこよさを消さなくちゃいけない役柄というところなのに、何をやってもかっこいいそうなんです。かっこよくやるなというようなことも含めて。そういうのはやっぱり無意識だと思うんですよ。でもやっぱり出ちゃうというようなことで注意されたりしたとか」

小出さん
「いや多分気を遣っていただいているだけだと思うんですけど、近藤という役柄ってずっとこの作品はほぼ彼のペースという感じがあったので、誰と絡んでいるとかよりも、近藤としてちゃんと1人の人間に繋がっていないとこの映画は成立しないな、この映画の雰囲気は伝わらないなと思っていたので、一番そこに神経を使ったといいますか。今回は近藤という感じでいるということを非常に重要にさせてもらいました」

後藤さん
「今週の月曜日に新宿の武蔵野館というところでも舞台挨拶をされたんですけども、前の奥さんにビンタをされるシーンがありますが、前妻役のさとうほなみさんが舞台挨拶にいらっしゃいまして。橋の上でビンタを何回もされるじゃないですか。その裏話を小出さんが話していらして、面白かったんですけども。さとうさんは僕は知らなかったんですが、ゲスの極み乙女のドラマーの方でスナップが強いそうです」

小出さん
「奥様役のさとうさんはゲスの極み乙女というバンドでドラムを叩いてるんですよ。なので僕もちょっと覚悟はしたんですけども、予想以上のクリーンヒットでしっかり芯に響くような感じのやつを4発ほどいただきました(笑)」

後藤さん
「さとうさんはすごくいい役者さんですよね。僕はそんなミュージシャンの方とは知らなくて」

小出さん
「『愛なのに』にも出ていらして。最近たくさん出ていらっしゃいますよね」

後藤さん
「そういう役者さんとのコラボで、この映画の雰囲気というのもいつもと違ったこともあったんでしょうか」

小出さん
「おっしゃる通りいろんなジャンルで普段活動されている方が集まっていたので、非常にコラボレーションみたいなものが刺激的といいますか、映画館でバイトしていた女の子を演じていた藤原さくらちゃんは普段はミュージシャンだったりとか、結構皆さんいろんなところから来ていたので非常に面白かったですね」

後藤さん
「役者さんは中島歩さんとか、片岡礼子さん。中島さんは売れない役者だと言って、カッパのぬいぐるみを着て商店街のPRをする役者さんで、最近大活躍されています。私が一番泣いたのは片岡礼子さん。亡くなった助監督のお母さん役をやられていて。小出さんが自宅を訪ねて一緒にご飯を食べるシーンとかも素晴らしかったんですけど、やっぱり息子が小出さん演じる藤原が助監督のシーンをおまけで出して、映る息子の姿に号泣するシーンとかは涙なしでは見られないぐらい、片岡さんの情感が素晴らしいなと思いました」

宇野さん
「僕もあの2人のシーンすごい好きですね。いいですよね。撮影期間が12日しかなくて。小出くんのスケジュールは大変なことになっていたと」

小出さん
「そうですね。結構ずっと朝から晩まで撮影はしてましたね。シーンもいろいろ行ったり来たりしてましたし」

後藤さん
「順撮りではない」

小出さん
「そうですね」

宇野さん
「でも城定組って不思議なのが急いでる感じは全然ない、すごいゆったりした空気ではあるんです。日数的にはだからびっくりしますよね」

小出さん
「これで100分の長編を撮り切っちゃう」

宇野さん
「しかも監督は足を骨折したのに」

後藤さん
「確か撮影4日目で」

宇野さん
「骨折されたのに、予備日1日しか使ってないという」

後藤さん
「映画館の中とか、現場としては狭い映画館で撮影されているんですよね。足を骨折された監督はどう立ち回ったんでしょう」

20230218_090637

小出さん
「片脚を折って、松葉杖のちょっと進化バージョンみたいなやつがあるんですが、それが途中から導入されて。それがちょっとスリムになるので、ちょうど狭い通路を通れる感じになりまして、後半は使いこなしてウロウロされていました」

宇野さん
「かっこよかったですよ」

後藤さん
「でも骨折してきたときはこの現場大丈夫かという雰囲気にはならなかったですか?」

宇野さん
「止まったことは止まりましたけど」

小出さん
「でもね、なんとか進めるだろうって感じがしましたよね、監督は」

後藤さん
「宇野さんは仕事を一緒にされていない俳優さんも監督さんも、もういないぐらいではないですか?」

宇野さん
「いやいや」

小出さん
「宇野さん、去年何本撮影されたましたか?」

宇野さん
「18本ぐらい」

小出さん
「ええーーっ!」

宇野さん
「映画だけじゃなく、ドラマも合わせて18本。ちょっと異常ですよ、これは」

小出さん
「18本というのは僕、初めて聞きましたね」

宇野さん
「でもコロナとかでいろいろずれたりとか、延びたりとか」

小出さん
「それは今年ずっと宇野さんが映っているでしょうね」

後藤さん
「ドラマ「クロサギ」も出られてましたよね」

小出さん
「宇野さんの中でドラマと映画に違いはあるんですか?」

宇野さん
「いや、あんまりないですかね。もちろん映画は好きです。僕は自主映画から始まっているので映画は好きなんですけど、テレビはテレビの良さ、連続していく良さがあるんです。どっちもまた違う魅力があります」

小出さん
「同時進行でテレビを撮りながら映画もできる?」

宇野さん
「いや本当はやりたくない(笑)。本当はやりたくないけどしょうがないですね。今、スケジュールがコロナ禍的な原因で詰まっていることもありますし。本当は1個ずつやりたい」

後藤さん
「小出さんはこの後も映画は積極的にやっていきたいですか?」

小出さん
「そうですね。映画もそうですし、僕はドラマも舞台もやっていきたいです」

ginpei4

後藤さん
「今ニューヨークにお住まいなんですよね?「えんとつ町のプペル」の舞台版をやられる予定だったけど中止に」

小出さん
「予定していたんですけども、それがもう、途中でストップしてしまって。そんなこともあって日本にまた戻ってきてやりたいなという流れもありました」

後藤さん
「この映画のラストシーンで「よーい!」というところで止まる。スタートではなくて、まさしくここから近藤の新しい物語が始まる、そこが小出さんのスタートに重なっていくというのがよかったですね」

宇野さん
「小出さんがこの映画と出会えたのはすごい嬉しいことですよね。そう思いました」

後藤さん
「私が大好きなシーンが渡辺裕之さんとのシーン。この映画の撮影の後に亡くなられたんですよね。この作品では映写技師をやられている。あんなダンディな映写技師いないだろうって思うぐらい」

小出さん
「皆さんのめちゃくちゃうなずきが増えましたね(笑)」

後藤さん
「近藤の映画編集が出来上がったときに渡辺さん演じる映写技師が覗いて「出来たんか」と言って一緒に踊るじゃないですか。最初観たときはちょっと踊りが長いぞと思いながらも、やっぱりいいんですよね。ああいう風に近藤も「え?ちょっと」とか思いながらも段々乗ってきて、でもずっと奥まで進んでいく。割と長いシーンですよね」

小出さん
「そうですね。本当にワンカットで踊り始めから撮っていくので、実際に長いですし、観ていても確かに長く感じると思うんですけれども。その長さが逆に独特のエッセンスというか、何か死に間にはなっていない感じがしまして、味を足しているなと思いました」

後藤さん
「この踊るシーンがラストシーン、海で近藤が一人で踊るところに繋がるところが素晴らしいなと。一番この映画の名シーンだと思うんですけども、あの映画館で上映会イベントがあって、こんなところで何ですがと中島歩さん演じる渡辺が手紙を渡したその返事を聞いてから出演者たちのカップルの連続エピソードがばあっと出てきて、1カメで撮るシーンとかもすごくいいシーンでしたね」

宇野さん
「あのシーンは2日目じゃなかったっけ?」

小出さん
「映画館チームであの日が撮影初日の方がたくさんいて。あの日あのシーンがほぼ初めてという人も多分何人かいたんですよね。それぞれ愛について語るシーンをよく見るとワンカットで撮っていて。つなぎ目がないので誰かがミスったりすると、もう1回撮り直ししなきゃいけないという一番俳優さんたちはドキドキする。スタッフさんもそうなんですけど。そういう撮り方なんですけども、そのワンカット長回しというのを急に提案する監督というのも、センスがあるというか素敵だなと思いましたね」

後藤さん
「中学生の映画ファンの男の子・守が近藤の娘・ハルに「君、彼氏いるの?」と聞いた返事が「うん。3人いるよ」って軽く言われて、「だから映画ファンは駄目なんだよ」って映画ファンとしてもすごい駄目出しを食らうみたいな、僕もあんな中学生だったなとか思い出したりとかしながら」

小出さん
「あれは城定監督の自虐というか、そういう目線も持ってるというんですかね、何かそこが素敵だなと思うんですよね。映画オタク、映画愛好家というのは素晴らしいってだけじゃない。逆の目線も持っているというのはすごく今回感じて。冷静な方だなというか全方位で見ている方だなと思いましたね」

後藤さん
「この脚本で近藤は前の奥様に、その流れの中で「今、男いるの?」って聞いて、「うん、いるよ」と返される。ちゃんと新しい幸せを見つけているじゃないですか。あの感じもこの脚本、映画のいいところだなって思います」

小出さん
「そこは現実という感じですかね。この架空の町で架空の時代。この作品は時代背景を明確にしていないんですけども。そこでも絵空事、ありえないからそれはということはないというか、ちゃんと現実的な部分に話もあって、たまに手綱をぐっと引っ張ったりというのがやっぱり素敵ですよね。監督に関しても」

後藤さん
「宇野さんは今回の佐藤という役はホームレスで、この役どころはそんなに難しくなかったのかなっていうぐらい。冒頭のシーンで「映画のチラシ買わない?」というところがもう完全にリアルだと思っちゃったんです。役作り的なことは何かされたんですか?」

宇野さん
「ちょっと答えにくい質問ですね(笑)。どうなんですかね。脚本があって監督がいて、小出さんもいて。本当にその場でって感じで」

後藤さん
「脚本を読んで、こういう役作り、イメージはふんだんに込めて現場には臨まれるんですか?」

宇野さん
「読み込んではいきますけど、やっぱりね、相手もいて。その時の機転とかもいろいろあるので。自分ではどうしてもイメージはあったりしますけど、出来るだけその場に行ってということを大事にしたいなとは思っています」

後藤さん
「今日この映画のプロデューサーの直井さんも東京から来ていただいていて。本当に今、日本映画の中のいい映画の中で直井さんの名前を見ないことがないぐらい、いろんな映画のプロデュースに関わっておられます。来ていただいて一言いただけますでしょうか。今日はスカラ座のTシャツを着ていらっしゃいますね」

直井卓俊プロデューサー(以下 直井さん)
「『愛なのに』『アルプススタンドのはしの方』でもCINEXでお世話になって本当にありがとうございます。この作品はコロナ禍のときに、いろんな活動があったと思うんです。映画館を応援するとか支援を応援するとか。何か良い映画を作って、ちゃんと上映まで持っていくことをやってみようと思ったことと、小出さんの主演作を何か作ろうということがあったので、ちょうどそこを結びつけて作った企画だったんです。今ちょうど『バビロン』とかいろいろ映画館の映画がたまたま公開が重なっていまして、多分企画した人たちが、コロナ禍のときに考えたのが今ようやく出てきて、タイミングがやっぱり一緒になっているのかなと。4本ぐらいあって、これから公開するものもあると思うので、これを機に映画館というものをそんなに難しく考えないで観ていただけるものをということで、城定さんも考えてくださって、脚本のいまおかさんに声をかけてくださったと思うんですけど。あまり説教じみないというか、映画がどういいのかということではなくて、単純に映画っていいよねということをシンプルに伝えられたらと思って企画から一緒に脚本も監督も小出さんもいらっしゃっていたので、すごくいいものが作れました。城定さんも今日は来れなかったんですけど、ご自身でもこういう映画を作り続けたいなっておっしゃっていただいて、嬉しく思っています」

ginpei7

後藤さん
「本当に映画館、ここCINEXも本当に皆さんぜひ岐阜で大事にしていただきたい映画館です。そういえば今日『銀平町シネマブルース』を観てですね、あの映画館ちょっと汚れすぎじゃないですかって思ったんですが(笑)」

小出さん
「毎回言われてます(笑)」

後藤さん
「やっぱりそうですか(笑)。あれだけチラシとかゴミとかそんなに今の人は映画館では捨てないぞっていうのは率直に思いまして」

小出さん
「一番そういうことに敏感になってやっていたはずなんですけど、そこだけは監督も悔やんでいらっしゃいましたね。皆さんが突っ込まれるポイントになってしまって。映画館はこんなに汚くないと」

宇野さん
「僕は大阪出身なので言いますが、新世界とかならもっと落ちてますけど」

後藤さん
「今もあんな感じで?」

宇野さん
「はい。浅草とかもそうですね。もう今なくなっちゃいましたけど。でも確かにね、拾いすぎですよね(笑)」

後藤さん
「小出さんは映画館で映画を観ることはお好きですか?」

小出さん
「大好きです。高校時代からミニシアターはよく行っていたので。僕は東京の高校だったので渋谷にはよく通って。映画館もたくさん行ってましたね。当時渋谷のミニシアターがちょうどたくさん出来た時で、シネマライズを筆頭にシアターイメージフォーラムとか、ユーロスペースとか出来ました」

宇野さん
「シネセゾンとかね」

小出さん
「そうですね」

後藤さん
「そういったミニシアターが東京でもなくなりつつあったりとかしてるんですよね。宇野さん演じる佐藤がが言ったセリフの中で、生活保護を受けて「最近映画観てないんだよ。お金があると心の余裕がなくて観れないんだよね」というのがありましたが、それが響いて」

宇野さん
「本当にそうですよね、若いときは多分一番僕も観てた。今も観ていると思っているんですけど、でももっと観ていましたね。1日3本とか4本とか。暇だったというのももちろんありますけど(笑)」

ginpei6

後藤さん
「やっぱり気持ちにゆとりがないとなかなかっていうところですよね。そういった意味で、映画館映画というものがあるとしたら本当にこの映画の愛情というのはものすごく伝わってくる映画です。ですから皆さんぜひ口コミで広めてください。この映画は一応2週間上映予定をしていますが、お客さんが入れば支配人は多分延長してくれると思います。あ、さっき支配人に聞いたんですよ。「弁護士免許持ってます?」って。「持ってない」って言ってましたけど」

宇野さん
「ちゃんと聞いたんですね(笑)」

観客から
「もし小出さんが宇野さん、宇野さんが小出さんを映画監督として撮るとしたら、どんな役をやってもらいたいかどんな作品にしたいか教えてください」

小出さん
「僕は宇野さんとドラマも一緒に1クール一緒にやらせていただいて、もちろんそれは違った役柄で違った関係性だったり。その時もすごく絡みは多くて、今回も結構絡みのある役でやらせていただいたので、見ていない役柄といいますか、宇野さんのコメディとかひたすら明るいとか、ちょっとステレオタイプっぽいキャラクターっぽいものを挑戦していただくのも面白いかもしれないなって思います。そこで宇野さんがどう格闘するのかというのを、僕が監督ということだったら見てみたいなと」

宇野さん
「めちゃくちゃNG出すかも」

小出さん
「え? そういう感じ?テイク重ねることは気にしますか」

宇野さん
「いやむしろ重ねてくれた方が嬉しい。重ねたからといって落ち込むとかはないかな。僕が監督だったら、「現代版子連れ狼」。小出くんが乳母車を押しているのを観てみたいかな」

小出さん
「人斬り系ですよね」

宇野さん
「どっちかって言ったら萬屋錦之介さんの方じゃなくて、若山富三郎さんがやったスプラッタに近い「子連れ狼」をお願いします」

小出さん
「ではぜひ次のアクターズフィルムで」

宇野さん
「お金かかるけど……」

小出さん
「もし実際オファー来たらやりますか?」

宇野さん
「やらないと思います。監督の才能ないので」

小出さん
「撮られたことはあるんですか?」

宇野さん
「自主映画で昔やってた。専門学校行ってたとき」

小出さん
「じゃあさらに経験を重ねて」

宇野さん
「いやいやいや、無理だと思う」

観客から
「今回の作品の中で宇野さんに限らず、他の俳優さんと演技を重ねる上でいい意味での化学反応みたいなことが起きたお2人にとって印象的なシーンがあれば教えていただきたいです」

小出さん
「宇野さんとのシーンもたくさんあるんですが、その中で、吹越満さん演じる劇場支配人・梶原とのシーンもすごく多くてですね、吹越さんは結構どんどんどんどん演技を変えられていくというか、いろいろ要素を足していったり、現場でも結構トライされるので、それに関して僕たちが対応する部分というのはエキサイティングと言いますか、3人のくだりという部分ですと、そこで宇野さんがどういう風に対応するんだろうなって見ているんですけど、全然何事もなかったかのようにスルーしているときもあれば(笑)、宇野さんは宇野さんで1個何か手を返したりするのを見ているのがすごく楽しくて。僕は役柄の上でも受けなので、結構それに対して受けられるんですよね。お互いがキャラクターを持っているときというのはどうするんだろうなと思ったんですけど、そこはやっぱりベテラン実力派俳優さんの駆け引き、セッションがありました。今回結構芸達者というか、皆さん本当に慣れていらっしゃる方が多かったので、そういう演技で絡む楽しさというのはいろいろありましたよね。監督も余白を作っておられるというか、細かく言わないので、その分役者の自由があって、そこを楽しめる役者さんが多かったと思いますね」

宇野さん
「3人での喫茶店のシーンは楽しいというか、どうなるかわかんないっていう(笑)」

小出さん
「そうですよね。どうなるかわからないですよね。もちろん前触れもない、こんな感じでいくっていうこともあんまりないので、宇野さんも結構それを伺っている時もありましたよ。それを受けて佐藤として返している感じが見えました」

宇野さん
「なぞらなくていい。3人だと同じシーンをやっている感じがしないのもありますよね。だってみんな全然同じことをしないので(笑)、良い意味でです」

後藤さん
「最後に一言ずつお願いいたします」

宇野さん
「本当に皆さんお忙しいところ、ご来場ありがとうございます。嬉しいです。僕も皆さんと同じように映画が好きで、映画ファンなので、僕もいろんな映画館に通いたいなと思っています。ありがとうございました!」

小出さん
「岐阜はですね、郡上八幡という場所に昔、『僕の彼女はサイボーグ』という映画で撮影でお邪魔したことがありまして、12年ぐらい前なんですけども、水の綺麗な場所で、昔のお祭りのシーンを撮影させていただいたんですけども、それぶりに来させていただきました。また岐阜で映画撮影もしたいなと思いますし、こういう映画作品を通して街だったり、市みたいなものがフィーチャーされて盛り上がっていくといいなと思っております。引き続きこの映画の宣伝もしていただけたら嬉しいなと思っております。よろしくお願いします」

左から 直井プロデューサー、小出恵介さん、宇野祥平さん

左から 直井プロデューサー、小出恵介さん、宇野祥平さん

映画『銀平町シネマブルース』 https://www.g-scalaza.com/
は現在岐阜CINEX他で、全国順次公開中。

-EntaMirage!, Entertainment, Movie, 岐阜推し!

おすすめの記事はこれ!

zakodomo1 1
第72回CINEX映画塾 映画『雑魚どもよ、大志を抱け!』足立紳監督トークレポート

第72回CINEX映画塾が3月25日岐阜CINEXで開催された。上映作品は岐阜県 ...

mogiri1 2
片桐はいりさん来場。センチュリーシネマでもぎり(映画『「もぎりさん」「もぎりさんsession2」上映+もぎり&アフタートークイベント』)

センチュリーシネマ22周年記念企画 『「もぎりさん」「もぎりさんsession2 ...

©2023「ベイビーわるきゅーれ 2ベイビー」製作委員会 3
前作よりゆるさもアクションもパワーアップ!ちさとまひろをゆうりとまことが狙う!(映画『ベイビーわるきゅーれ 2ベイビー』)

普段はゆるゆるな元女子高生、仕事となるとスゴ腕の殺し屋コンビ・ちさととまひろ。 ...

PSX_20230319_165037 4
カンヌ国際映画祭75周年記念大賞を受賞したダルデンヌ兄弟 新作インタビュー(映画(『トリとロキタ』)

パルムドール大賞と主演女優賞をW受賞した『ロゼッタ』以降、全作品がカンヌのコンペ ...

feibru 5
アカデミー賞、オスカーは誰に?(松岡ひとみのシネマコレクション『フェイブルマンズ』 ゲストトーク 伊藤さとりさん))

松岡ひとみのシネマコレクション vol.35 『フェイブルマンズ』が3月12日ミ ...

son 6
親子とは。近いからこそ難しい(映画『The Son/息子)』

ヒュー・ジャックマンの新作は3月17日から日本公開される『The Son/息子』 ...

tyanomi1 7
先の見えない日々を生きる中で寂しさ、孤独を感じる人々。やすらぎはどこにあるのか(映画『茶飲友達』外山文治監督インタビュー)

東京で公開された途端、3週間の間に上映館が42館にまで広がっている映画『茶飲友達 ...

tyanomi5 8
映画『茶飲友達』名古屋 名演小劇場 公開記念舞台挨拶レポート

映画『茶飲友達』公開記念舞台挨拶が2月25日、名演小劇場で開催された。 外山文治 ...

ginpei8 9
第71回 CINEX映画塾 映画『銀平町シネマブルース』小出恵介さん、宇野祥平さんトークレポート

第71回CINEX映画塾『銀平町シネマブルース』が2月17日、岐阜CINEXで開 ...

gokudaru7 10
名古屋シアターカフェ 映画『極道系Vチューバー達磨』舞台挨拶レポート

映画『極道系Vチューバー達磨』が名古屋清水口のシアターカフェで公開中だ。 映画『 ...

wakareru 11
パク・チャヌク監督の新作は今までとは一味も二味も違う大人の恋慕を描く(映画『別れる決心』)

2月17日から公開の映画『別れる決心』はパク・チャヌク監督の新作だ。今までのイメ ...

miniki1 12
映画『みんな生きている ~二つ目の誕生日~』名古屋公開記念舞台挨拶レポート

映画『みんな生きている ~二つ目の誕生日~』の公開記念舞台挨拶が2月12日名演小 ...

tyanomi1 13
孤独や寂しさから解放してくれる「茶飲友達」とは?(映画『茶飲友達』)

2013年に起きた高齢者売春クラブ摘発のニュースに着想を得て生まれた映画『茶飲友 ...

badcity11 14
コワモテなの?コワオモテなの?(映画『BAD CITY』名古屋舞台挨拶 小沢仁志さん、小沢和義さんトーク)

映画『BAD CITY』の公開記念舞台挨拶が1月28日、名古屋ミッドランドスクエ ...

himitsu_main 15
第70回CINEX映画塾 映画『ひみつのなっちゃん。』先行公開記念舞台挨拶トークレポート

映画『ひみつのなっちゃん。』愛知・岐阜先行公開記念舞台挨拶が1月8日にCINEX ...

yajyu1 16
1990年代の釜山を舞台に抗争を描く韓国ノワール。チョン・ウが新たな顔を見せる(映画『野獣の血』)

韓国での劇場公開時に初登場1位を記録するヒットとなったベストセラー作家チョン・ミ ...

Sekaboku1 17
ぶつかり合う親子の関係に愛を感じて(映画『世界は僕らに気づかない』)

大阪アジアン映画祭2022コンペティション部門で「来るべき才能賞」受賞 を受賞し ...

PSX_20221230_171442 18
映画『ひみつのなっちゃん。』愛知・岐阜舞台挨拶決定!! ロケ地マップも配布スタート

1/6(金)愛知・岐阜先行公開の映画『ひみつのなっちゃん。』の舞台挨拶が決定した ...

famiria1 19
人種も国籍も超えて。仲間として共に生きる(映画『ファミリア』)

一族や家族を大事にしてきた歴史がある日本だが、地縁関係は年々薄くなっている。周り ...

kanfu1 20
香港アクション映画を支えたスタントマンの歴史と真実を語るドキュメンタリー(映画『カンフースタントマン 龍虎武師』)

どうしてこんなに体がしなやかに動き、高く飛んだり、回ったり出来るんだろうと昔の香 ...

tobenai3 21
心の傷を癒すのは島の人々のあたたかさ(映画『とべない風船』)

広島発。豪雨災害後の瀬戸内海の島を舞台に傷ついた心の癒しと再生を描いた映画『とべ ...

keiko1 22
決して器用とは言えないケイコの生き方に共感(映画『ケイコ 目を澄ませて』)

岸井ゆきの。変幻自在の女優である。時にはとてもかわいらしく、時に饒舌で、時には物 ...

oishii6 23
おいしい映画祭2022 初日レポート② 映画クラス 内田英治監督×森谷雄プロデューサー

12月2日~4日に渡り名古屋ミッドランドスクエアシネマでおいしい映画祭が開催され ...

ala2022_5 24
アーラ映画祭2022レポート(映画『いとみち』横浜聡子監督トーク)

可児市文化創造センター アーラで毎年行わなれているアーラ映画祭が今年も11月5、 ...

watakano4 25
あの日、あの時の私。菜 葉 菜が4人の主人公を演じる短編映画集(映画『ワタシの中の彼女』)

こんなにコロナ禍が長く続くなんて2019年には考えてもいなかった。 2022年の ...

★IMG_0238 26
誰もが主役。名もなきエキストラとしての人生とは 監督集団「5月」(関友太郎監督、平瀬謙太朗監督、佐藤雅彦監督)インタビュー(映画『宮松と山下』)

東京藝術大学大学院映像研究科佐藤雅彦研究室を母体とした監督集団「5月」から生まれ ...

oishii 27
おいしい映画祭 12月2日~4日 名古屋ミッドランドスクエアシネマで開催!

2022年12月2日(金)〜4日(日)の3日間、名古屋駅前ミッドランドスクエアシ ...

Print 28
11/20〜11/26 NAGOYA CINEMA Week2022 with SDGs 開催!

「映画」で心を動かそう 持続可能なまちづくりを目指す名古屋市を舞台に、映画をメイ ...

achira 29
寺島しのぶ×廣木隆一監督再び。瀬戸内寂聴の半生をモデルにした作品が映画化(映画『あちらにいる鬼』)

瀬戸内寂聴。作家でもあり、たくさんの人たちに僧侶として講話をしてきた彼女は202 ...

watashi 30
近くて遠い。だから苦手。でも母親。(映画『わたしのお母さん』)

切っても切れない関係・親と子。あなたは親のことを好きと言えるだろうか。 11月1 ...

tsuchi2 31
素朴でおいしい。そんな料理を一緒に食べられたら。(映画『土を喰らう十二ヵ月』)

料理研究家の土井善晴さんが映画に挑むことで公開前から話題になった映画『土を喰らう ...

syayou1 32
太宰治の名作が再び映画化(映画『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』)

太宰治。戦後、流星のごとく現れ、数々の傑作小説を生み出し早逝した天才作家である。 ...

kyuri1 33
キュリー夫人の波瀾の生涯を描く(映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』)

キュリー夫人。キューリ夫人と小さい頃に一度は見間違え、だからこそ逆に名を覚える世 ...

PSX_20220930_230718 34
35ミリフィルムで鑑賞後の楽しいトーク(松岡ひとみのシネマコネクション vol.26 映画『しあわせのパン』)

松岡ひとみのシネマコネクション vol.26 映画『しあわせのパン』上映&トーク ...

main 35
待ち続けることは信じること(映画『千夜、一夜』)

今の時代の人たちは待ちぼうけをどのくらいまでしているのだろう。スマホで気軽に連絡 ...

yoakemade5 36
仕事も家もお金もない。でも助けてとは言えない(映画『夜明けまでバス停で』)

深夜のバス停。もう明日の朝までバスは来ない。バス停のベンチで旅行に行くかのような ...

kikori1 37
第68回CINEX映画塾『木樵』宮﨑政記監督、面家一男さんトークレポート 

第68回CINEX映画塾『木樵』が10月1日、岐阜CINEXで開催された。『木樵 ...

koubo_ 38
MIRAGE THEATRE 来年の上映に向けて 短編作品上映開始

Cafe mirageと岐阜の喫茶星時がコラボして不定期開催中の1日だけのインデ ...

PSX_20220930_230718 39
35ミリフィルムで鑑賞後の楽しいトーク(松岡ひとみのシネマコネクション vol.26 映画『しあわせのパン』)

松岡ひとみのシネマコネクション vol.26 映画『しあわせのパン』上映&トーク ...

ポスター01 40
飛騨の地と共に木樵として生きる(映画『木樵』)

岐阜県飛騨地方は9割が山林に覆われている。この飛騨地方で約50年間、木樵の仕事で ...

IMG_20220916_162130 41
舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」を観に行ったので、観る前にやっておくといいかもしれないことを書きました

現在、東京 TBS赤坂ACTシアターでは舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」をロン ...

20220828170445_IMG_4777_ 42
第66回CINEX映画塾 映画『島守の塔』五十嵐匠監督 トークレポート

第66回CINEX映画塾が8月28日岐阜CINEXで開催された。上映作品は『島守 ...

deku1 43
あいち国際女性映画祭 映画『でくの空』トークレポート&林家ペーさんインタビュー

名古屋 名演小劇場で9月23日から公開される映画『でくの空』。埼玉県秩父市、寄居 ...

0714_GCW_B1poster_outline 44
生きるために。狂える人々の終わらない争い(映画『グッバイ・クルエル・ワールド』

とにかくぶっ飛んでいる。まともな奴はほとんどいない。ノリのいいノワールものが久し ...

ala2022 45
アーラ映画祭2022 ラインナップ発表!今年は4日間6作品。

岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催されるアーラ映画祭2022の全ラインナッ ...

配給:ハピネットファントム・スタジオ © 2022「この子は邪悪」製作委員会 46
真実を知れば知るほど信じたくない…ありえない(映画『このこは邪悪』)

『嘘を愛する女』、『哀愁しんでれら』か映画化されたオリジナル作品の企画コンテスト ...

horuonna9 47
映画『掘る女  縄文人の落とし物』名演小劇場トークイベントレポート

映画『掘る女 縄文人の落とし物』公開記念トークイベントが8月21日名古屋 名演小 ...

zenbubokuno3 48
相手のことをちゃんと想像できるような人になりたい(映画『ぜんぶ、ボクのせい』松本優作監督 インタビュー)

現在公開中の映画『ぜんぶ、ボクのせい』。 母親に会うために児童養護施設を飛び出し ...

49
スリリングな148のツイート。真実は物語より奇なり。48時間の悪夢を映画化(映画『Zola ゾラ』)

2015年、Twitterに投稿され、大きな話題となったスリリングな148のツイ ...

horuonna1 50
縄文に魅せられ汗だくになって発掘作業をする「掘る女」に密着したドキュメンタリー(映画『掘る女 縄文人の落とし物』)

昔、考古学に憧れて、真剣にその方面の大学に進学しようと考えたことがある(いろいろ ...

theater2022_2 51
シアターカフェ移転&リニューアルオープン2周年記念開放祭 Aプログラム舞台挨拶レポート

名古屋・清水口のシアターカフェでは移転&リニューアルオープン2周年記念開放祭が今 ...

gyakkou3 52
第64回CINEX映画塾『逆光』須藤蓮監督トークレポート

第64回CINEX映画塾『逆光』が7月16日岐阜CINEXで開催された。監督、主 ...

IMG_20220727_134705 53
あいち国際女性映画祭2022 開催決定!今年は31作品上映

あいち国際女性映画祭2022の記者発表が7月27日ウィルあいちで行われ、映画祭の ...

mugen1 54
只見線とともに奥会津でみる美しい景色を守るために(映画『霧幻鉄道 只見線を300日撮る男』)

日本のローカル線は赤字路線が多く、毎年存続の危機に瀕しながらその土地で生活する人 ...

CVS4 55
コンビニは異世界!?コンビニで起こる不思議な出来事(映画『コンビニエンス・ストーリー』三木聡監督インタビュー)

日本のコンビニエンスストアとはとても便利な店である。値段は定価だが、大体何でも揃 ...

theaterC6 56
シアターカフェ移転&リニューアルオープン2周年記念開放祭上映作品決定!

名古屋のシアターカフェが大須から清水口に移転、リニューアルオープン2周年を記念し ...

hakai_main_B2poster 57
島崎藤村の名作が60年ぶりに映画化 自分らしく生きるとは?(映画『破戒』)

1948年・木下恵介監督、1962年・市川崑監督と名だたる巨匠が映画化してきた、 ...

IMG_20220705_185811_573 58
映画『逆光』須藤蓮監督、脚本家渡辺あやさんインタビュー 岐阜柳ケ瀬 再会から夏祭り×映画という企画が生まれた 

名古屋で上映されることはあっても、岐阜の映画館で上映されるミニシアター系の映画は ...

mikaeri1 59
見返りを求める男と恩を仇で返す女。その先にあるもの(映画『神は見返りを求める』)

タイトルを聞いたとき「神は見返りをもとめない」ものじゃないの?と思った。ただ、そ ...

MKE2022_24 60
3年ぶり開催!第9回MKE映画祭レポート

第9回MKE映画祭が6月18日岐阜県図書館多目的ホールで開催されました。 3年ぶ ...

PLAN75_1 61
生き続けていくことはいけないことか(映画『PLAN 75』)

少子高齢化社会となった日本には様々な問題がある。老老介護、孤独死、虐待という家庭 ...

huyusoubi9 62
映画『冬薔薇(ふゆそうび)』伊藤健太郎さん、阪本順治監督登壇名古屋舞台挨拶レポート

映画『冬薔薇(ふゆそうび)』の公開記念舞台挨拶が6月11日名古屋ミッドランドスク ...

kimiton 63
女子高生、日本の経済にもの申す!(映画『君たちはまだ長いトンネルの中』なるせゆうせい監督インタビュー)

2019年に発売されネット上で話題を呼んだ漫画「こんなに危ない!? 消費増税」を ...

officer1 64
自身の信念のもとに冤罪を暴く(映画『オフィサー・アンド・スパイ』)

捏造、冤罪。あってはならないのだが、どの時代にも起こる出来事だ。 フランスで起こ ...

otona_4 65
木竜麻生さん登壇!メ~テレ映画祭『わたし達はおとな』先行上映舞台挨拶レポート

今年開局60周年を迎える名古屋のテレビ局メ~テレは映画製作にも非常に力を入れてい ...

20soul1 66
今も受け継がれる神曲・市船Soul。それは魂がこもる大切な曲(映画『20歳のソウル』)

ある番組の吹奏楽の旅を観る度に号泣している。 私は決して吹奏楽部ではない。コーラ ...

haganeiro9 67
OUTRAGE×現代の若者 名古屋で生きる人達(映画『鋼音色の空の彼方へ』舞台挨拶レポート)

コロナ禍を経て、名古屋発の映画が奇しくも同じ日に2本公開された。一本は先日紹介し ...

mamoriya8 68
僕らの映画はここからはじまったばかり(映画『護り屋「願い」』舞台挨拶レポート)

名古屋発の映画が『護り屋「願い」』が5月20日に公開された。 映画『護り屋「願い ...

creatures 69
人気映画を支えてきた特撮、特殊効果のクリエイター達(映画『クリーチャー・デザイナーズ 特殊効果の魔術師たち』)

映画にはさまざまなジャンルがある。その中でも私たちを日常にはない興奮に誘ってくれ ...

received_2215697365258741 70
「灰色の家族」という台本(物語)が呼び覚ます忌まわしい記憶 KURAGE CLUB新作『灰色の家族』上映会開催

名古屋の自主映画団体KURAGE CLUBが新作『灰色の家族』の上映を5月22日 ...

sanka1 71
撮りたいという強い思いの結晶がいよいよ公開(映画『山歌』)

山の中を漂流して暮らす人々が戦後あたりまでいたことを知ったのは「やすらぎの刻」と ...

bokemasukara1 72
第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあさん』信友直子監督トークレポート

第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあ ...

ashitajyugyou6 73
『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 シアターカフェ 舞台挨拶レポート

『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 が4月30日から ...

Ngoutou1 74
映画『N号棟』公開初日 萩原みのりさん、後藤庸介監督登壇 舞台挨拶レポート

とある地方都市に、かつて霊が出るという噂で有名な団地があった。このとある地方都市 ...

sikei 75
阿部サダヲ×シリアルキラー榛村大和が更なる魅力を生む(映画『死刑にいたる病』白石和彌監督・阿部サダヲさんインタビュー)

白石和彌監督の作品にはいつも心を持っていかれる。 5月6日(金)から公開の新作『 ...

ashitajyugyou6 76
ゴールデンウィークに『あした、授業参観いくから』+安田真奈監督ショートフィルム選 上映 シアターカフェで

安田真奈監督とお会いしたのはあいち国際女性映画祭だった。 『36.8℃ サンジュ ...

cmoncmon 77
『パリ13区』『カモン カモン』モノクロの魅力を知りたい二作品

4月22日(金)公開の作品には偶然にもモノクロ映画が2作品ある。 『ジョーカー』 ...

sikei 78
白石和彌監督、阿部サダヲさん登壇! 映画『死刑にいたる病』名古屋先行上映舞台挨拶レポート

映画『死刑にいたる病』舞台挨拶付き先行上映会が4月16日、名古屋ミッドランドスク ...

truth11 79
第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』堤幸彦監督、広山詞葉さん、生島翔さんトークレポート

第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』が3月27日岐阜CINE ...

received_348460247337278 80
映画の街・岐阜が動き出す  映画『逆光』とのコラボで柳ケ瀬が70年代一色になる?! 映画『逆光』試写会 トークレポート

4月4日、岐阜ロイヤル劇場にて映画『逆光』の試写会と須藤蓮監督の舞台挨拶が行われ ...