Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

interface1

EntaMirage! Entertainment Movie

愛知で撮影! 映画『INTERFACE』シネマスコーレ公開初日舞台挨拶レポート

映画『INTERFACE-ペルソナ-』の公開初日舞台挨拶が名古屋・シネマスコーレで11月25日に開催された。その様子をお届けする。

⇒映画『INTERFACE』って?

下向拓生監督(以下 下向監督)
「お久しぶりの方と初めましての方がいらっしゃると思いますが…こんな満席の状態で、本当にありがとうございます。すごくびっくりしました。キャストの皆さん、いらしてください。では吉見さんから自己紹介をしていただけますか」

吉見茉莉奈さん(以下 吉見さん)
「主人公・米子天々音を演じました吉見茉莉奈です。今日はありがとうございます。よろしくお願いします」

澤谷一輝さん(以下 澤谷さん)
「皆さん初めまして。アプリ開発者の北野田役で映像に出演させていただいて、米子検事がつけているバッジ・テンの声を入れさせていただきました澤谷一輝と申します。よろしくお願いいたします」

荻下英樹さん(以下 荻下さん)
「皆さんありがとうございます。裁判長を演じさせていただきました。荻下英樹と申します。よろしくお願いします」

下向監督
「リモートでも2人来ていただいてまして。合田さん、聞こえますか? 自己紹介お願いします」

合田純奈さん(以下 合田さん)
「今日はご来場いただきありがとうございます。AIカナエ役と山本佳奈江役を演じました合田純奈と申します。よろしくお願いします」

みやたにさん
「みやたにです。ひらがな4文字でみやたにです。法廷弁護士をやっておりました。どうぞよろしくお願いします」

下向監督
「今日はこのメンバーでお話させていただきます。こういう場は久しぶりですね」

吉見さん
「下向さんはそうですね」

下向監督
「ほんとに2019年にシネマスコーレで前作『センターライン』を上映させてもらったぶりです。ちなみに『センターライン』を今まで観たことある人はいますか?」

(観客から手が挙がる)

下向監督
「ありがとうございます。(鑑賞後のお客さんの反応をみて)逆に初めましての方も楽しんでいただけたのかなと思います」

下向拓生監督

下向拓生監督

吉見さん
「びっくりですね。完全に。補助席というシステムがあるのを知らなくて、ここまでお客様が入れるんですね」

下向監督
「吉見さんは公開されたお気持ちは?」

吉見さん
「前作『センターライン』を撮ったのが実は2017年で。 公開された『センターライン』の1番最後に「To Be Continued」と出てくるんです。みんな続編あると思うじゃないですか。「続編を楽しみにしています」とすごい言われてきたんですが、全然その後お知らせが何もできずに、「頑張ります」としか答えられなかったんです。やっと撮影がようやくできて。こうやって御披露目ができて、本当に嬉しく思います。 テンの声は実は撮影時は誰がやるかは決まっていなくて」

澤谷さん
「アプリ開発者の役だけで、お声がけいただいていて。その時はテンの話は一切なく」

吉見さん
「あの時は多分、人工の音声を当てはめようみたいな話があって」

下向監督
「まあ、それもアイデアの1つとしてありました」

吉見さん
「そう。私も少女の声とか、大人の女の人の声とか、色々当てはめて、「どれがいい?」と下向さんから聞かれて。でも、ちょっと米子がパワハラしているみたいに聞こえるかもと話をしていたら、ある日突然、ほぼほぼできたと本編が送られてきて。声が澤谷さんの声になっていて。あれはいつ決まったんですか?」

吉見茉莉奈さん

吉見茉莉奈さん

澤谷さん
「もう全然覚えがないんですけど、この撮影が終わってからですよね?」

下向監督
「そうですね。撮影終わって、結構経ってからです。名古屋で録ったんです。ぴったりでした」

澤谷さん
「ありがとうございます。初挑戦でした。僕はもう大学在学時からずっとオペラとかミュージカルとか、基本的に1発で終わる舞台作品に出ていて、こういう映像作品に監督からお声がけいただくなんて思ってもいなくて。いい挑戦をさせていただいたなと」

吉見さん
「そうですよね、撮影の時も、映画は実は初めてでとお話されていましたよね」

澤谷さん
「ワンカットで何回も同じところを撮影することが、すごい新鮮だなと思ってやらせていただきました」

澤谷一輝さん

澤谷一輝さん

吉見さん
「だって、澤谷さんとのシーンは撮影ラストの方でしたよね?」

下向監督
「そうそう、名古屋の撮影の最終日」

吉見さん
「あ、最終日か」

下向監督
「そう。最終日です。「なんかもう暗くなるから絵が繋がらない」と言って照明を別に炊いてやっていたりしましたね」

吉見さん
「これ続編の構想はずっとしていたじゃないですか。バッジのアイディアは結構最初からあったんですか?」

下向監督
「2019年にシネマスコーレと池袋シネマロサさんで上映させてもらって、その時から次をもしやるんだったら、バッジがパートナーになるというのは考えていて。そうすると、課題になるのがバッジをどう作るかということになり、その開発からまずは始めて」

吉見さん
「そうなんですよ。テンはだから、リアルタイムで本当に動いてるんですよ。声だけは現場で仮で誰かがやっていたんですけど。今回はリモコンというかスマホで操作してますね」

下向監督
「スマホです」

吉見さん
「操作する人が1人いて、分厚い機械が実はジャケットの裏に仕込まれています。ジャケットに穴を開けて仕込んでいるので、結構大変でした。あれは機械の中身を依頼して作ったんですよね。外側も依頼してるんでしたっけ?」

下向監督
「外側のデザインは私がやって、ピンバッチの制作会社に、依頼して作りました。なんかちゃっちかったら、やっぱりなんか作りものだなあってなるじゃないですか」

吉見さん
「心配でした。バッジが喋るってどういうこと?と」

下向監督
「インタビューでも言ってましたね、イメージがつかなかったと。それはあると思うんですけど、でも僕はすごく確信を持っていて。というのは「キルラキル」というアニメがあって。このアニメはセーラー服が喋るんですね。そのセーラー服のスカーフの部分が目になってて。主人公は女子高生なんですけど、セーラー服が(本作の)テンみたいに喋るんですよ。キルラキルがそれでうまく行っていたので確信は持ってました」

重要なシーンが初日にやって来る

下向監督
「法廷のシーンが、実はクランクインなんですよね」

吉見さん
「違う違う。クランクインはAIかなえの撮影です。でも実際みんなで対面してお芝居したのは法廷シーンが初めて」

荻下さん
「あそこが初めてなんだ。今まで裁判長とかやったことがなくて。「静粛に!」とすごいテンション高いのが裁判長だと思っていて、そういうお芝居なのかなと思ったら、監督から「ちょっとそれは違うので、『三度目の殺人』とか『それでもボクはやってない』を観て勉強してください」と言われて。見たら、こんなテンション低いんだ。棒読みに見えちゃうじゃんと思って」

荻下英樹さん

荻下英樹さん

吉見さん
「前作から法廷シーンはリアリティを追求する派なんですよ」

下向監督
「そうですね」

荻下さん
「監督に「会社で隣の同僚に話しかけるみたいな感じで」と言われて余計わかんなくて」

吉見さん
「それはリハーサルしたんですか?」

荻下さん
「リハーサルは本読みの時にしました」

澤谷さん
「なんかすごくぴったり」

下向監督
「ぴったりですね。めちゃくちゃ怖い裁判官。裁判長という感じでしょう」

吉見さん
「前作もそうなんですよね。結構裁判長が厳しく見えるから、ご本人を前にするとギャップがすごいんです」

荻下さん
「そうなんです。なんで選ばれたのかなってずっと不思議だったんです」

吉見さん
「これ、オーディションですか?」

荻下さん
「オーディションなんです」

思っているよりアナログ

下向監督
「ではAIカナエちゃんのことを合田さんからお話を聞きますか」

吉見さん
「合田さんは1番最初になんかぬるっとクランクインしたんです。普通は「今日から撮影はじめます、よろしくお願いします!」と挨拶して始まる感じなんですが、ぬるっと始まって。グリーンバックで撮影したんですよね。いっぱい衣装を持ってきてもらって」

下向監督
「あれ自前なんですよね」

吉見さん
「どんな感じで撮影したか?」

合田さん
「そうですね。グリーンバックでしかも、スタジオじゃなくて、お家みたいな感じのところで」

合田純奈さん

合田純奈さん

吉見さん
「撮影監督の名倉さんの家です」

合田さん
「そうです。名倉さんの家でやらせてもらって。吉見さんも来てくださったんですけども。ひたすらに立って風に吹かれながら、動いていまして」

吉見さん
「そう、だから映画の中のカナエの動きは写真を下向さんがデジタル化して動かしていると思うじゃないですか。あれ、こうやって合田さんが動いているんですよ」

下向監督
「回転させられているやつですね」

吉見さん
「そう。自分が回転していて。しかもそれがめちゃくちゃうまいんですよ」

合田さん
「それを結構ずっと繰り返していて」

吉見さん
「結構、アナログなことしていたんですよね」

下向監督
「動きもすごく研究されていましたよね」

合田さん
「そうなんですよ。お話をいただいた時に、いろんなゲームのキャラクターが監督から送られてきたので(編注:ゲームのキャラクリエイトモードの映像)、それを見つつ、ロボットとかを見ながら、動画を見ながら研究したりしました」

吉見さん
「生で見ていても動きがすごかったですよね。すごく感動したのを覚えています。AIカナエはみなさん多分普通にアプリで操作していると思うかもしれないんですけど、あれは実は全部動画になっていて、 私がこの3秒後にこのボタンを押すと画面が切り替わるという風に秒数で全部決まっています。5秒後に回転させる、3秒後にこれを押すみたいな動作があって、全部それに合わせて芝居をしています」

下向監督
「そうですね。しかもその場で説明して、ちょっと練習して、では本番。みたいな」

吉見さん
「結構デジタルかと思いきや、アナログでやっていましたね」

吉見さん
「みやたにさんの話にいきますか」

下向監督
「みやたにさん。俳優と別の職業はなんですか?」

みやたにさん
「はい。普段弁護士をやっています」

みやたにさん

みやたにさん

下向監督
「本物の弁護士さんなんですよね。現職の弁護士から見て、この作品はどうでした?」

みやたにさん
「いや、もう台本を読んだ段階からすごく作り込まれているし、リアリティーを大事にするとおっしゃっておられたので、僕も逆に力を入れないでやった方がいいんだろうなと思って。ざっと読み上げてみたり、 原稿に目を通すだけで話してみて、日常で慣れている人という感じの方がいいんだろうなというのはもう監督の脚本からはっきり出ていたから、 そこはやりやすく、むしろ一番演技っぽかったのは最後の対決シーンかな(笑)」

吉見さん
「結構法廷シーンで、私もですけどみんな苦労するんですよ。専門用語が色々ありますし、噛むし、とにかく言い慣れていないけど、でもさらさらっと言わないと」

みやたにさん
「吉見さんよかったと思いますよ。一緒に傍聴行ったりしたじゃないですか」

吉見さん
「そうですね、一緒に傍聴に行きました」

みやたにさん
「結局、普段っぽいというか、「ちょっと取ってくれる?」ぐらいの感じで、喋っている方が本物っぽいなと」

吉見さん
「でも、一応私は前作もやっているからちょっとは慣れているんですが、初めてやる方はすごく苦戦されると思うんです。みやたにさんぐらい裁判慣れしていると、すごい遊びができるんですよね。ちょっと力抜こうということができるんですけど、やっぱ難しいですよ、あのシーンは」

下向監督
「それを最初に持ってくるという(笑)。 やっぱり法廷ドラマってすごく誇張されているので、そういうイメージを持っている方が、俳優さんの中でもいるので、本当はリアルがこうなんですよというのを演出するというのは、なかなか共通言語がないと難しい中で、吉見さんは前作の経験もあったのですごくすっと入って、お、米子が帰ってきたと思いましたね」

吉見さん
「いや、でも内心ドキドキでした。最初が法廷シーンか…って。そこがクライマックスじゃないですか。前作もラストシーンを初日に撮ったんです。初日なのに大事なシーンをこのシリーズの1番最初に持ってくる?もうちょっと温まってからやらせてくれと思ったり。法廷シーンの時はまだそもそもテンとも芝居していなかったし」

下向監督
「法廷のシーンの時は、初日だったので、テンは機械がまだ出来ていなかったんです。外側だけ出来ていて。だから、テンはあの時は動いていないですよね。瞬きとかもしていなくて、その後にちゃんと動くようなものができていってちゃんと芝居できるようになりました。吉見さんはペルソナの中では1番どこがお気に入りですか?」

吉見さん
「そうですね。阿倍野とのシーンは楽しかったです」

下向監督
「この作品はこれからの上映が本当にまだ決まっていなくて、皆さんの応援次第で愛知県内もそうですし、東京とか他の地域でというところも成り立つものなので、是非今日もし気に入っていただいたらですけど周りの方に進めていただくとか、SNSで感想を書いていただけると、もっと愛知の映画をいろんな人に楽しんでもらえると思います。

吉見さん
「「#インターフェイス」で拡散していただけるとありがたいです」

下向監督
「今日はスペシャルゲストがもう1人来ていまして。ではカメレオールさん、お願いいたします」

職業怪人カメレオールさん(以後 カメレオールさん)
「ご紹介に預かりました職業怪人カメレオールです。よろしくお願いします。私、今、手にMACO2を持っております。前作『センターライン』に登場したMACO2と一緒に登場いたしました。『INTERFACE』の翌週に私も出演いたしました『BY THE WAY 波乱万丈』が公開されます。『INTERFACE』主演の吉見さんもメインキャストとして出演しております。現場のおじさん方にすごい人気だったんです」

左:職業怪人カメレオールさん

左:職業怪人カメレオールさん

吉見さん
「そんな人気を集める余裕はなかったぐらい大変な現場だったんですけど。壮大な作品になっております」

カメレオールさん
「多分スペースオペラという言葉を聞いたことがない方もいらっしゃると思うんですけれども、簡単に言うと、宇宙大冒険もの、大活劇と思っていただければと。カメレオールはもちろんのこと、吉見さんもね、ちぎっては投げ、ちぎっては投げ」

下向監督
「これ、アクションすごいですよね」

吉見さん
「『INTERFACE』にリブラ役で出演している南久松真奈さんも出ています。12月2日からこちらシネマスコーレで公開です!」

カメレオールさん
「ぜひぜひ皆さんチケット買ってね!」

舞台挨拶の最後にはフォトセッション、終了後にはサイン会も行われた。

interface9

下向監督
「お忙しい中、ご来場いただきましてありがとうございます。本当に皆さんの応援がすごく励みになっておりますので、またこれからも応援いただければと思います。ありがとうございました!」

映画『INTERFACE』https://www.interface2027.com/ は12月1日まで名古屋・シネマスコーレで公開中(連日上映後、舞台挨拶あり)。12月2日から12月8日は清水口・シアターカフェにて上映(5、6日は定休)

-EntaMirage!, Entertainment, Movie

おすすめの記事はこれ!

EiganoAsagohan14 1
楽しみなのはおいしいごはん。伝説のお弁当屋さん「ポパイ」と映画の裏側を食から捉えるドキュメンタリー(映画『映画の朝ごはん』)

映画を作るには本当にたくさんの人が関わっている。 映画やドラマ撮影のメイキングを ...

sinnemuro9 2
プロレス好きも、そうでない人も見たら好きになる 映画『無理しない ケガしない 明日も仕事! 新根室プロレス物語』シネマスコーレ舞台挨拶レポート

映画『無理しない ケガしない 明日も仕事! 新根室プロレス物語』公開記念舞台挨拶 ...

tumitoaku13 3
映画『罪と悪』公開記念名古屋舞台挨拶レポート 石田卓也さん、齊藤勇起監督登壇

映画『罪と悪』公開記念舞台挨拶が2月10日名古屋ミッドランドスクエアシネマで開催 ...

netsu1 4
愛した日々の熱が冷めていく中で(映画『熱のあとに』)

東京藝術大学大学院での修了制作『小さな声で囁いて』(2018)がマルセイユ国際映 ...

kanata_9 5
映画『彼方の閃光』名古屋公開記念舞台挨拶レポート 眞栄田郷敦さん、半野喜弘監督登壇

映画『彼方の閃光』公開記念舞台挨拶が1月28日(日)にミッドランドスクエアシネマ ...

©2022 彼⽅の閃光 製作パートナーズ 6
映画『彼方の閃光』ミッドランドスクエアシネマにて舞台挨拶決定

ホウ・シャオシェンやジャ・ジャンクーら名匠たちの作品の映画音楽を手掛け、『アグリ ...

© 2020 Mediaproducción S.L.U., Gravier Productions, Inc. & Wildside S.r.L. 7
映画祭は夢の時間。そこで起きる出来事も夢と言えるのか(映画『サン・セバスチャンへ、ようこそ』)

ウディ・アレンはとにかく精力的に作品を作る。その勢いは年を重ねても変わることはな ...

RemasterDirector_1a5c03258 8
ロイヤル劇場思いやるプロジェクト 35ミリフィルム上映 大林宣彦監督『ふたり』石田ひかりさん、大林千茱萸さんトークレポート

ロイヤル劇場思いやるプロジェクト 35ミリフィルム上映 大林宣彦監督『ふたり』が ...

kakamigaharaeigasai2024_omote 9
第一回各務原映画祭 1月7日開催!短編映画11作品上映。初公開作品も

第一回各務原映画祭が2024年1月7日、岐阜県各務原市のあすかホールで開催される ...

ichiko 10
市子というひとりの人間の存在が刺さる(映画『市子』)

第28回 釜山国際映画祭 ジソク部門に正式出品された『市子』が12月8日(金)よ ...

メインビジュアル 11
2019年インディペンデント映画の大本命として劇場公開された 映画『センターライン』続編『INTERFACE -ペルソナ-』上映が名古屋で決定!!そして『センターライン』配信も!

日本中の映画祭で話題をさらい、2019年のインディペンデント映画の大本命として劇 ...

1701248560153 12
スペースオペラ?ヒーローもの?これぞ日本で作る波乱万丈な特撮映画だ!(映画『BY THE WAY-波乱万丈-』)

自身の夢を諦めて、守ろうとした家族との平和な生活が思いもしないことで壊れたら?し ...

©2023 映画「隣人 X 疑惑の彼女」製作委員会 ©パリュスあや子/講談社 13
Xのいる世界を通して気づく大事なもの(映画『隣人X -疑惑の彼女-』熊澤尚人監督インタビュー)

12月1日公開の映画『隣人X -疑惑の彼女-』。故郷を追われた惑星難民Xの受け入 ...

interface1 14
愛知で撮影! 映画『INTERFACE』シネマスコーレ公開初日舞台挨拶レポート

映画『INTERFACE-ペルソナ-』の公開初日舞台挨拶が名古屋・シネマスコーレ ...

nosenkyo1 15
選挙は面白い!候補者の声を聞き、ペンをとる!選挙ライターを通して選挙を知るドキュメンタリーが愛知上陸!(映画『NO 選挙,NO LIFE』)

選挙の面白さを伝えるフリーランスライター・畠山理仁(50)。国政から地方選、海外 ...

train6 16
大森南朋×須藤蓮×庄司哲也 ロイヤル劇場思いやるプロジェクト 映画『トレインスポッティング』トークレポート

ロイヤル劇場思いやるプロジェクト 須藤蓮セレクト35ミリフィルム上映『トレインス ...

fanfare1 17
映画『ファンファーレ』名古屋舞台挨拶・衣装制作担当:箕浦杏さんトークレポート

映画『ファンファーレ』公開記念舞台挨拶が11月18日名古屋センチュリーシネマで開 ...

ringin18 18
映画『隣人X-疑惑の彼女-』名古屋舞台挨拶付先行上映 上野樹里さん、林遣都さん、熊澤尚人監督トークレポート

12月1日公開の映画『隣人X』舞台挨拶付先行上映が11月16日名古屋ミッドランド ...

saturday_main 19
開戦前夜、上海。幕は開くか(映画『サタデー・フィクション』)

2019年第76回ベネチア国際映画祭コンペティション部門に正式出品されたロウ・イ ...

hanakutasi1 20
映画『花腐し』綾野剛さん、荒井晴彦監督インタビュー

11月10日(金)公開、映画『花腐し』。松浦寿輝の原作を荒井晴彦監督が脚色。ピン ...

20231104173817_IMG_7592_ 21
松岡ひとみのシネマコレクション 映画『愛にイナズマ』ゲスト:石井裕也監督 レポート

松岡ひとみのシネマコレクション Vol.51 映画『愛にイナズマ』が11月4日ミ ...

seiyoku1 22
映画『正欲』第36回東京国際映画祭 最優秀監督賞&観客賞ダブル受賞!11月10日(金)いよいよ公開!

岐阜県出身の小説家・朝井リョウによる小説『正欲』を、監督・岸善幸、脚本・港岳彦で ...

20231021172718_IMG_7355_ 23
第77回CINEX映画塾『まなみ100%』川北ゆめき監督、青木柚さん、中村守里さんトークレポート

第77回CINEX映画塾『まなみ100%』が10月21日(土)、岐阜CINEXで ...

tuki 24
映画『月』伏見ミリオン座公開記念 石井裕也監督 舞台挨拶レポート

映画『月』の名古屋公開記念舞台挨拶が10月22日伏見ミリオン座で開催された。石井 ...

inazuma5 25
本音を隠さずココロのままに生きていく!(映画『愛にイナズマ』)

『舟を編む』をはじめ、発表する作品がどれも国内外で高く評価されてきた石井裕也監督 ...

hanakutasi_5 26
映画『花腐し』名古屋伏見ミリオン座先行上映舞台挨拶レポート

11月10日(金)より全国公開される映画『花腐し』名古屋先行上映が10月24日( ...

©2023 映画「隣人 X 疑惑の彼女」製作委員会 ©パリュスあや子/講談社 27
映画『隣人 X -疑惑の彼女-』滋賀ロケ撮影現場レポート

2022年10月から滋賀県で熊澤尚人監督が新作撮影をしているという情報を聞いてい ...

bishu1 28
【愛知・岐阜】2024年劇場公開映画『BISHU〜世界でいちばん優しい服〜』エキストラ募集!

以前現場レポートをお送りした2024年劇場公開映画『BISHU〜世界でいちばん優 ...

aalt 29
フィンランドの建築家・デザイナー アアルト その仕事の裏に愛する妻がいた(映画『アアルト』

北欧家具は日本でも根強い人気がある。それはおしゃれであることはもちろん、実用性で ...

somedays6 30
映画『SOMEDAYS』名古屋先行上映舞台挨拶レポート

10月6日、映画『SOMEDAYS』の名古屋先行公開を記念してミッドランドスクエ ...

no image 31
岐阜の刃物のまち・関市で特撮怪獣映画始動! 映画『怪獣ヤロウ!』製作開始

岐阜県関市を舞台にした映画の製作が決まった。タイトルは『怪獣ヤロウ!』。ご当地怪 ...

undercurrent1 32
女、突然やってきた男、消えた夫。三人が抱える心の奥底にある思いは……(映画『アンダーカレント』)

映画一本よりなお深い作品だと発表当時評された豊田徹也の漫画「アンダーカレント」が ...

mendou1 33
映画「ぼくらのレシピ図鑑」シリーズ特集上映 大阪・名古屋・神戸で開催決定! 新作『メンドウな人々』他2作品 

地域のおいしいもの×地元の高校生×映画をテーマに地元と協力して制作される映画「ぼ ...

houtei1 34
映画『親のお金は誰のもの 法定相続人』三重先行上映舞台挨拶レポート

映画『親のお金は誰のもの 法定相続人』の三重先行上映、舞台挨拶が9月22日三重県 ...

Screenshot_20230922_200759_Drive 35
映画『私はどこから来たのか、何者なのか、どこへ行くのか、そしてあなたは…』名古屋凱旋上映決定!

映画『私はどこから来たのか、何者なのか、どこへ行くのか、そしてあなたは…』が ...

20230902_141200 36
ロイヤル劇場存続をかけてクラウドファンディング開始! 【ロイヤル劇場】思いやるプロジェクト~ロイヤル、オモイヤル~

岐阜市・柳ケ瀬商店街にあるロイヤル劇場は35ミリフィルム専門映画館として常設上映 ...

hamon12 37
第76回 CINEX映画塾 映画『波紋』 筒井真理子さんトークレポート

第76回CINEX映画塾『波紋』が7月22日に岐阜CINEXで開催された。上映後 ...

seiyou1 38
岐阜CINEX 第17回アートサロン『わたしたちの国立西洋美術館 奇跡のコレクションの舞台裏』トークレポート

岐阜CINEX 第17回アートサロン『わたしたちの国立西洋美術館 奇跡のコレクシ ...

doll5 39
女性監督4人が撮る女性をとりまく今『人形たち~Dear Dolls』×短編『Bird Woman』シアターカフェで上映

名古屋清水口のシアターカフェで9月23日(土)~29日(金)に長編オムニバス映画 ...

sister 40
映画『私の大嫌いな弟へ ブラザー&シスター』公開記念 アルノー・デプレシャン監督舞台挨拶付き上映 伏見ミリオン座で開催決定!

世界の映画ファンを熱狂させる名匠アルノー・デプレシャンが新作『私の大嫌いな弟へ  ...

bakanuri1 41
自分の生きる道を探して(映画『バカ塗りの娘』)

「バカ塗りの娘」というタイトルはインパクトがある。気になってバカ塗りの意味を調べ ...

bishu1 42
「シントウカイシネマ聖地化計画」始動!第一弾「BISHU〜世界でいちばん優しい服〜」(仮)愛知県⼀宮市にて撮影決定‼

株式会社フォワードがプロデュースし、東海地方を舞台にした全国公開映画を毎年1本ず ...

erithabeth1 43
エリザベート40歳。これからどう生きる?(映画『エリザベート1878』)

クレオパトラ、楊貴妃と並んで世界の三大美女として名高いエリザベート皇妃。 彼女の ...

mitoyamane4 44
ポップな映像と音楽の中に見る現代の人の心の闇(映画『#ミトヤマネ』)

ネット社会ならではの職業「インフルエンサー」を生業にする女性を主人公に、ネット社 ...

高野豆腐店の春_場面写真 45
豆腐店を営む父娘にやってきた新たな出会い(映画『高野豆腐店の春』)

尾道で小さな豆腐店を営む父と娘を描いた映画『高野(たかの)豆腐店の春』が8月18 ...

pabjyo5 46
映画『フィリピンパブ嬢の社会学』11/10(金)より名古屋先行公開が決定!海外展開に向けたクラウドファンディングもスタート!

映画『フィリピンパブ嬢の社会学』が 11月10日(金)より、ミッドランドスクエア ...

Yokosuka10 47
『Yokosuka1953』名演小劇場上映会イベントレポート

ドキュメンタリー映画『Yokosuka1953』の上映会が7月29日(土)、30 ...

Yokosuka1 48
海外から届いたメッセージ。66年前の日本をたどる『Yokosuka1953』名古屋上映会開催!

同じ苗字だからといって親戚だとは限らないのは世界中どこでも一緒だ。 「木川洋子を ...

youko4 49
彼女を外に連れ出したい。そう思いました(映画『658km、陽子の旅』 熊切和嘉監督インタビュー)

42才、東京で一人暮らし。青森県出身の陽子はいとこから24年も関係を断絶していた ...

egoist_5 50
第75回CINEX映画塾 『エゴイスト』松永大司監督が登場。7月29日からリバイバル上映決定!

第75回CINEX映画塾 映画『エゴイスト』が開催された。ゲストには松永大司監督 ...

komuragaeri14 51
映画を撮りたい。夢を追う二人を通して伝えたいのは(映画『愛のこむらがえり』髙橋正弥監督、吉橋航也さんインタビュー)

7月15日ミッドランドスクエアシネマにて映画『愛のこむらがえり』の公開記念舞台挨 ...

PSX_20230713_212926 52
あいち国際女性映画祭2023 開催決定!今年は37作品上映

あいち国際女性映画祭2023の記者発表が7月12日ウィルあいちで行われ、映画祭の ...

komuragaeri5 53
映画『愛のこむらがえり』名古屋舞台挨拶レポート 磯山さやかさん、吉橋航也さん、髙橋正弥監督登壇!

7月15日ミッドランドスクエアシネマにて映画『愛のこむらがえり』の公開記念舞台挨 ...

tooi3 54
彼女たちを知ってほしい。その思いを脚本に込めて(映画『遠いところ』名古屋舞台挨拶レポート)

映画『遠いところ』の公開記念舞台挨拶が7月8日伏見ミリオン座で開催された。 あら ...

MKE10-3 55
観てくれたっていいじゃない! 第10回MKE映画祭レポート

第10回MKE映画祭が7月8日岐阜県図書館多目的ホールで開催された。 今回は13 ...

1minutes_5 56
京都はファンタジーが受け入れられる場所(映画『1秒先の彼』山下敦弘監督インタビュー)

台湾発の大ヒット映画『1秒先の彼女』が日本の京都でリメイク。しかも男女の設定が反 ...

received_259295013361207 57
映画『老ナルキソス』シネマテーク舞台挨拶レポート

映画『老ナルキソス』の公開記念舞台挨拶が名古屋今池のシネマテークで行われた。 あ ...

PSX_20230429_093447 58
「ジキル&ハイド」。観た後しばらく世界から抜けられない虜になるミュージカル

ミュージカルソングという世界を知り、大好きになった「ジキル&ハイド」とい ...

math 59
『オールド・ボーイ』のチェ・ミンシク久しぶりの映画はワケあり数学者役(映画『不思議の国の数学者』)

映画館でポスターを観て気になった2本の韓国映画。『不思議の国の数学者』と『高速道 ...

nortoredame 60
全編IMAX®️認証デジタルカメラで撮影。再現率98% あの火災の裏側(映画『ノートルダム 炎の大聖堂』)

2019年4月15日、ノートルダム大聖堂で、大規模火災が発生した。世界を駆け巡っ ...

baby14 61
松岡ひとみのシネマコレクション  映画『ベイビーわるきゅーれ 2ベイビー』 阪元裕吾監督トークレポート

松岡ひとみのシネマコレクション 映画『ベイビーわるきゅーれ 2ベイビー』が4月1 ...

sidebyside1 62
映画『サイド バイ サイド』坂口健太郎さん、伊藤ちひろ監督登壇 舞台挨拶付先行上映レポート 

映画『サイド バイ サイド』舞台挨拶付先行上映が4月1日名古屋ミッドランドスクエ ...

zakodomo1 63
第72回CINEX映画塾 映画『雑魚どもよ、大志を抱け!』足立紳監督トークレポート

第72回CINEX映画塾が3月25日岐阜CINEXで開催された。上映作品は岐阜県 ...

mogiri1 64
片桐はいりさん来場。センチュリーシネマでもぎり(映画『「もぎりさん」「もぎりさんsession2」上映+もぎり&アフタートークイベント』)

センチュリーシネマ22周年記念企画 『「もぎりさん」「もぎりさんsession2 ...

PSX_20230319_165037 65
カンヌ国際映画祭75周年記念大賞を受賞したダルデンヌ兄弟 新作インタビュー(映画(『トリとロキタ』)

パルムドール大賞と主演女優賞をW受賞した『ロゼッタ』以降、全作品がカンヌのコンペ ...

feibru 66
アカデミー賞、オスカーは誰に?(松岡ひとみのシネマコレクション『フェイブルマンズ』 ゲストトーク 伊藤さとりさん))

松岡ひとみのシネマコレクション vol.35 『フェイブルマンズ』が3月12日ミ ...

son 67
親子とは。近いからこそ難しい(映画『The Son/息子)』

ヒュー・ジャックマンの新作は3月17日から日本公開される『The Son/息子』 ...

tyanomi1 68
先の見えない日々を生きる中で寂しさ、孤独を感じる人々。やすらぎはどこにあるのか(映画『茶飲友達』外山文治監督インタビュー)

東京で公開された途端、3週間の間に上映館が42館にまで広がっている映画『茶飲友達 ...

tyanomi5 69
映画『茶飲友達』名古屋 名演小劇場 公開記念舞台挨拶レポート

映画『茶飲友達』公開記念舞台挨拶が2月25日、名演小劇場で開催された。 外山文治 ...

ginpei8 70
第71回 CINEX映画塾 映画『銀平町シネマブルース』小出恵介さん、宇野祥平さんトークレポート

第71回CINEX映画塾『銀平町シネマブルース』が2月17日、岐阜CINEXで開 ...

gokudaru7 71
名古屋シアターカフェ 映画『極道系Vチューバー達磨』舞台挨拶レポート

映画『極道系Vチューバー達磨』が名古屋清水口のシアターカフェで公開中だ。 映画『 ...

wakareru 72
パク・チャヌク監督の新作は今までとは一味も二味も違う大人の恋慕を描く(映画『別れる決心』)

2月17日から公開の映画『別れる決心』はパク・チャヌク監督の新作だ。今までのイメ ...