Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

received_259295013361207

Entertainment

映画『老ナルキソス』シネマテーク舞台挨拶レポート

映画『老ナルキソス』の公開記念舞台挨拶が名古屋今池のシネマテークで行われた。

あらすじ

ゲイでナルシストの老絵本作家・山崎(田村泰二郎)は、自らの衰えゆく容姿に耐えられず、作家としてもスランプに陥っている。ある日ウリセンボーイのレオ(水石亜飛夢)と出会い、その若さと美しさに打ちのめされる。しかし、山崎の代表作を心の糧にして育ったというレオ −自分以外の存在に、生涯で初めて恋心を抱く。レオには一緒に暮らす隼人(寺山武志)がいて、これから先のことについて考えて欲しいと切り出されていた。レオもまた山崎に見知らぬ父親の面影を重ね合わせ、すれ違いを抱えたまま、二人は旅に出る。

短編として作られた『老ナルキソス』。この時にはゲイの老人・山崎の行く末が気になる終わり方だった。
長編になったことで世界が広がった。もう一人の主人公・レオの生き方を描いたことで今の日本を捉えている。

東海林毅監督、大木隼人役で愛知県出身の寺山武志さん、シネマテークで昔働いていた縁で今回東海林監督に呼ばれた福島拓哉監督のトークをお送りする。

シネマテーク舞台挨拶レポート

福島拓哉監督(以下 福島監督)
「私、本作とは実は関係がないんですけども、映画監督をやっております福島拓哉と申します。なぜ来たかというと、私は30年ほど前にこの劇場のスタッフをやっておりまして。東海林さんとも普段から飲み仲間で仲が良くて。お声がけいただいて来てみたら、元スタッフなんだから、司会をやれと(笑)。ホームページにスペシャルゲストと書いてあったのでしっかりやらせていただきます。ではゲスト紹介いたします。まず出演者の寺山武志さん、どうぞ」

寺山武志さん(以下 寺山さん)
「よろしくお願いします!」

福島監督
「続きまして東海林監督です」

東海林毅監督(以下 東海林監督)
「『老ナルキソス』監督の東海林毅と申します。どうもありがとうございます」

福島監督
「名古屋、今日初日です。まず今日はこんなに大入りのお客さんに来ていただいてどうですか?」

東海林監督
「いやもう本当にめちゃめちゃ嬉しいですね。上映が終わった後、拍手が出たじゃないですか。東京でなかなか拍手もらってないんです。本当にありがたいです。ありがとうございます」

寺山さん
「こんなにたくさんの方々に見てもらえると思っていなくて、急遽、地元が愛知県なので出させていただいたんですけど、友達にも全然入れると思うよって軽々しく言っちゃって、(友人に)本当に端の席でごめんね。本当に嬉しいです。ありがとうございます」

福島監督
「現在東京でも公開中です。全国10何ヶ所?」

東海林監督
「最終的に今決まっているところで11ヶ所です」

福島監督
「随時公開しておりまして、どこでも大好評で。今まで映画祭も含めていろんなところでお客さんとふれ合ってきたと思うんですけれども。ようやく公開されての手応えを聞かせていただきたいです」

東海林監督
「新宿で公開してから新宿2丁目が近いということもあって、特に高齢のゲイの当事者の方たちがものすごい観に来てくださるんです。皆さん結構昔のことを思い出されたりとか、身につまされたりとかですね、それぞれ皆さんいろんな思いがあると思うんですけど、かなり親身に観ていただけるというか、もう自分のこととして皆さん観ていただいているような感じですかね。それはやっぱり、作り手としてはものすごくありがたいですし、嬉しいなと思いますね」

福島監督
「パートナーシップ制度の話があり、孤独な老人の話があったりとか、いろんなネタがいっぱいあるわけですけども、それぞれ一つ一つが当事者の人たちにとってはものすごくリアルに描かれているところが最大のポイントかなと思うんですけども。そういう中でリアリティの一端を担った、寺山さん。ああいう役を演じる役作り自体も難しいと思いますし、お話の流れも、結構きつい話じゃないですか。要するに倦怠期のカップルがいて、人生の節目をどう迎えていくかという話で。もちろんただの倦怠期のカップルではないわけです。ゲイのカップルだからこそ、立ちふさがる問題があって、いろいろな要素があったと。どんな感じで挑まれたのでしょうか?」

福島拓哉監督

福島拓哉監督

寺山さん
「その中でも割と大木隼人という役はわかりやすく自分の目的のために進んでいる人かなと思っていまして。そして家族と友人からの理解も結構もらえているタイプで人生過ごせているかなと思ったので、割と思ったままにまっすぐ進んだだけなんですが、その中でもパートナーと出会える確率が少ないというのはわかっているので、一つ一つのぶつかり合いが最後になってしまうのかなという思いが異性愛者の人と比べると大きくなってしまう、ダメージがデカくなってしまうというところは、いろいろ感じながら演じました」

福島監督
「お芝居の演技論的なところの話なんですが、非常に大熱演で、好演されたなと思っているんですけども、抑制の効いた演技というか、出すところをしっかり出しつつも、すごく抑えて抑えて演じていましたよね?」

寺山さん
「いや、どうなんですかね?僕は普段舞台を中心に活動しているので、映画は久しぶりだったんですが、特に何を気遣っていいかわからないぐらいそのまま演じただけなんですけども。演技論というほど、気を遣って何か演じたということはないですね。常に心の状態だけでやらせていただきました」

福島監督
「どんな演出をつけられたんですか?」

東海林監督
「寺山くんに言ったかどうかは覚えていないですが、水石くんと最初に打ち合わせしたときにゲイ役ということで「どういう役作りをすればいいですか?」と聞かれたので、新宿2丁目には絶対行かないでください、ゲイバーとかに行かないでくださいと言いました。ゲイバーのママの役とかをやるんだったら、どんどん行って覚えてもらえばいいんですが、そういう役ではないので。逆に行って変な癖がついたらいやだと思いますよね。いわゆるゲイらしい演技というのをされてしまったら台無しになると。この世にゲイらしい演技なんていうものはないです。それは自分がゲイに対して持っている偏見を投影しているだけで、そんなものは実はなくて。普通に演じてもらえれば役柄的にそれはゲイに見えるはずなんですよ。僕はそれを信じているので変に役づくりしないでくださいと言ってきて。2人のラブシーンとかに関しても、特に男性同士のラブシーンのときにこういうことが起きるということ、例えば腰の下に枕を入れたりとかですね、細かいところの指導はしましたけど、別に全体の流れとしてはなく、ゲイだからこそこうして欲しいみたいな細かいことは特には言ってないです」

これが映画に出るのははじめて

福島監督
「いわゆるクィアフィルムというものを初めて観た方もいるかもしれないし、いっぱい観ている方もいるとは思うんですけども、よくあるゲイの絡みのシーンで描かない部分がこの映画にはあるんです。「ちょっと洗ってくるね」と言って戻ってきたときに持ってるんですよ。潤滑ゼリーを。それが何かは細かくは言いません。検索していただいて(笑)。ああいうものをさらっと画面内に出して、それも込みで2人の熱いラブシーンを描けるというのは、なかなかない。初めて観ましたね。さらっとやって、しかもリアリティがあって劇的である」

東海林監督
「そうですね。コンドームを使うシーンは海外の作品とかだとたまに見るんですけど、日本作品はあんまりないですね。コンドームを用意したりとか、あと潤滑ゼリーはもしかしたら、初めて画面に映ったかもしれません。ちなみに潤滑ゼリーは僕の私物です(笑)。特にコンドームは感染症予防とかそういう観点からも絶対に使うべき大切なものの筈なのに、映画やドラマの中でもそんなものないかのように扱われていたりして、それを見ているこっちがハラハラしちゃうんですね。それは性教育とかも含めて、大切に描かないと駄目だなと思います」

福島監督
「この映画って、ラブシーンに対してのリアリティへの気の遣い方というのはラブシーン以外にも繋がっているんですよね。一つ一つのシチュエーションに対して、 リアルとしては何か。もちろんお話ですからフィクションなんですが、嘘ではないものをどんどん作っていくという風に繋がっていますよね」

東海林監督
「それは確かにそうだと思います」

福島監督
「出演者としてはこれを最初見た時どういう感想を持ちましたか?」

寺山さん
「結構そのまま撮ったし、そのままちゃんと全部あるなという感覚でした。サイズ感的にもそうでしたし、この1年を経て、泣く泣くカットされた部分もあるとは思うんですけれども、それでもそのまま見やすかったので自分が演じたままの、イメージしたままのものがありました。大満足でした」

福島監督
「これは多分代表作になるかと思うんですが、もう既に見たご自身のご友人とかは、何か感想を返してくれましたか?」

寺山さん
「そうですね。こういうのが観れてよかったと言っていただけることも多かったです。ファンの方もそうですし、こういう作品に出られてよかったねと言っていただけました」

今だからこの内容で描いた

福島監督
「僕もこの作品はかなり特別だなと思っていて。東海林さんにお誘いいただいて、最初試写で拝見したんですが、いわゆるクィアフィルムというものを今まで、何百本も観ているんですが、これは人生ベストクィアフィルムです。いろんなところで褒められるんじゃないですか?映画祭とか」

東海林監督
「映画祭、そうですね。これはアメリカ・ロサンゼルスの映画祭、この間はインドのムンバイの映画祭で上映してもらいまして、今日多分まさしくこの後ベルリンで上映しています。それでもう明日か明後日多分、サンフランシスコで上映があり、どんどん海外でも上映してもらっているんですけども、人間ドラマに関するところは大体こちらが仕込んだ感情の通りに向こうでもお客さんは反応してくれるんですけど、制度に関するところですね。法制度、パートナーシップ制度とかに関するところはそれぞれの国が全く違います。特にアメリカは普通に同性婚できるわけですから、「この人たち何で悩んでるんだろう?」みたいな、割となんかちんぷんかんぷんで、Q&A とかでもちょっと的外れな質問をされたりもしました。その制度の部分とかが伝わりづらいのかなというのをちょっと感じますよね」

東海林毅監督

東海林毅監督

福島監督
「それも含めて本当に今の日本の映画なんですよね、この映画は」

東海林監督
「そうですね。今の日本の男性、特に男性同性愛者が抱えている問題や現状をなるべく詰め込もうということで、それにチャレンジしています」

福島監督
「多分10年前だったら、この映画はこういう話じゃなかったと思います」

東海林監督
「もちろんそうですね。パートナーシップ制度がなかったりとか。逆に言うと、もし日本で同性婚の法制化がされてしまっていても違っていたでしょうね。それならそれで僕は全然いいと思うんですけど」

福島監督
「実際いろんな問題があって、東海林さんがいろいろ普段思っているものを詰め込んでいったんだと思うんですけれども、主役のキャラクター設定がパンチ効いているじゃないですか。ゲイのおじいさんぐらいだったらいいんですよ。ドMのド変態ですよ。ナルシストで性格悪いし、お金持ちでいい車とか持っているし。かなりキャラ渋滞している人なんですけども。この主人公設定はどういう感じで作ったんですか?」

東海林監督
「僕が新宿2丁目とかに飲みに行ったりとか、諸先輩方にいろんな話を聞いたりとか、見ていくうちにいろんな人のそういう部分を寄せ集めていってどんどん山崎というキャラクターが出来上がっていきました」

福島監督
「山さん自体は面白いんだけども、田村さんの芝居が何をするかわからない危うさがあるんですよ。それを水石くんがさらっと受け止めながら芝居していて、それが切ないカップルの話にスーッとグラデーションで流れていく。だから、水石くんは受け答えとか本当にうまくやったなと思って。実際水石くんとお芝居してどんな感じですか?」

寺山さん
「めちゃくちゃやりやすいです。カメラが回っていないところで普通に年も近いので、世間話するときもあのままのテンポ感で普通に話すんです。僕も面白いなって思ったのが、普段の会話も田村さんと水石さんってあの2人の関係性のままのような妙なテンポで繰り広げられていますよね。同じシーンがなかったので、あまり撮影中は2人の会話を見ていなかったんですよ。舞台挨拶シーズンに入って、楽屋でご一緒しているときにこの2人は映画のままのテンポで話すんだっていう感じが面白かったです」

福島監督
「最初「なんだこのおじいさんは?」って思うんだけど、徐々に慣れていって、性格もすごい悪いからあんまり感情移入という感じにはならないんだけど、でもこの人心配だからずっと見守ってあげなきゃみたいな形にどんどんなっていくんだね。メインの登場人物3人の不思議な間合いとグラデーションがかかって、若者パートのところはヒリヒリするような、切なさが続く。いや本当にそういうところも含めてうまく描いたなと思いましたね」

東海林監督
「ありがとうございます」

編集の間に大いに悩む

福島監督
「普通まとまらないですよ。こんな物量のネタを入れて92、3分でしょ?この映画」

東海林監督
「110分ですね。最初の編集が終わった段階では135分。今よりも20、25分ぐらい長かったんです。そこは割ともうバッサリいってこうなりました」

福島監督
「切っていく勇気というのもあったと思います。現場からだいぶ時間がかかっているようにも感じますが」

東海林監督
「実は2021年の8月の頭からお盆ぐらいまでかけて1週間ちょっとで撮影が終わった後、かなりのスピードで編集をして、最初の編集版が10月の末ぐらいで全部繋ぎ終わっていたんですよ。なんですけど、そこから今の尺に縮めていろいろ進めていくまではすごく長かったです。こんなことは僕も初めてなので、なかなか難産だったんですけど、悩んだだけのことはあったかなという気がします」

福島監督
「締め切りが決められていたわけじゃなくて自分で気の済むまでやれる状況でしたか?」

東海林監督
「そうですね。とはいえ映画祭出品の締めとかがいろいろあるので、締め切りは一応あるんです。でもその締め切りでいうと、実は1回編集が全部固まって、終わったちょうどそのときに、自民党の議員がいっぱい集まっている場所で、神道政治連盟という神道系の政治団体が自民党の国会議員に LGBT について差別的な冊子を集会で配っていたということが明るみに出た事件があったんですね。そのときに僕も自民党本部前の抗議デモに行ったんですけど、そこの場所でKANE&KOTFEという若いゲイのYouTuberの方がいるんですけど、その2人がスピーチに立っていて。映画の中では現在の若いゲイに対するものすごい差別的な扱いとかはなくて、ある程度社会に包摂された世界を描いたつもりだったんですが、若いKANE&KOTFEは泣きながら、「僕は生まれ変わったらゲイにはなりたくなんかありません」と言ったんですよ。かなり僕はびっくりして。性的マイノリティの当事者がいっぱいいる前でそれを泣きながら彼は言っていて、僕は一体何を撮ったんだと思って。まだ若い当事者がこんなに苦しんでいるのに、僕はある程度社会に包摂されていますよねという感じで撮ってしまったことにものすごく後悔して。そのスピーチを友人が録画していたので、これをもらって、この映画のエンディングクレジットにぶち込んでやろうかと思ったんです。全部固まっていたんですけど、編集を変えて、そういうことをやらなきゃいけないんじゃないかという気持ちになってしまって。それをプロデューサーに「ちょっとそういうことがあって、今からでも遅くないから、そういう日本の現状をここで入れないと駄目なんじゃないかな」と相談したんです。「ちょっと監督落ち着きましょう。気持ちはわかるけど、もう完成しているので、それは今後のトークとかで言ってもらうことにして、しっかりこれを完成させましょう」と言われて、それで結局入れなかったということがありまして」

福島監督
「そして今ようやくそれをトークで言える時が来たわけですね」

東海林監督
「そうです、そうです」

(場内大拍手)

福島監督
「現場の感想というか、正直これはつらかったとかそういう苦労話を教えてください」

寺山さん
「僕の部屋が暑かったことですね。エアコンが壊れていて、ずっと暑かったんです。結構監督はもう何も言わずに、カメラを回してくださる方なので。逆に心配ではあったんですけど、久しぶりに愛し合うシーンの前だけは、「ここはしっかり恥ずかしがるのはやめてね」と鼓舞してくださったので、2人もそこで気合が入るといいますか、監督が納得するものを出したいなという気持ちで演じました」

寺山武志さん

寺山武志さん

福島監督
「東海林さんとは初めて?」

寺山さん
「初めましてです。1回映画が決まる前に食事に行って、本読みが始まってというステップで。もちろん作品は何度か観させてもらいました」

福島監督
「ご存知の方も多いと思うんですけど、この『老ナルキソス』という映画は元々短編映画だったんです。短編映画で世界各国でいろいろと評価されまして、これはそれの長編バージョンです。最初の冒頭の20分ぐらいは、短編版とほぼ同じなんです。でも全部撮り直しているんですよね。なぜ長編にしたんですか?実際1回撮ったものをもう一回作り直すということは大変なんじゃないですか?」

東海林監督
「そもそもなぜ長編になったかというと、短編がいろんな国で上映してもらって、評判も良かったんですよ。評判がいいとですね、いろんな人から「これ長編でやらないんですか?」と割と無責任に言われるんです(笑)。最初は「いやいやもう、完成しているので」と言ったんですが、あまりにも言われるとその気になってきて。70代と20代、その50年の開きがある。でも同じ属性の2人を主人公にして作品を作るということを考えたときに、この設定を使ったら、もっといろんなことが単なる個人的な関係を超えたものとしてもっと描けるなと思ったんです。それをやるんだったらちゃんとやる価値があると思い、長編化を決めたという感じですね」

福島監督
「今回、東海林監督がやりたいことをこれに全部ぶっこんだなとい思うんですよ」

東海林監督
「そうですね。特にパートナーシップ制度を細かく描いているというのがあって、今の日本の現状を描きたかったというのがありました」

観客から
「山さんが隼人のことを見ていましたが、隼人が山さんに会うことはあるんでしょうか。どんな風に山さんのことを思っているか知りたいです」

寺山さん
「これは僕が勝手に想像していることなんですけど、隼人はパートナーの携帯を見ているタイプだと思うんですよ。きっと携帯を見ているし、存在も気づいているからこそ携帯を見てたと思っていて。ジェラシーは山さん以上にあったと。だから余計焦ってレオに決断を迫っていたんだと。ただそこは描かれていなかったんですけど、そっちのチョイスでよかったですか?」

東海林監督
「(笑)」

received_1794932904237460

観客から
「短編の『老ナルキソス』を作ってから長編を作るまでに監督の中でどんな心境の変化がありましたか?」

東海林監督
「心境の変化というか、僕自身は LGBTでいうBのバイセクシャルなんですけど、いわゆる老け専という年上の年配の男性が好きなんですね。なので今までお付き合いしたりとか、いわゆるセフレみたいな方は年配の方が多くてですね、そういう人たちを間近で見ていると、皆さんやっぱり外から知らないで見ているとなんか年取ってかわいそうとかもう相手もいないんじゃないかとかいろいろ思うかもしれないですけど、実際には皆さん元気ですし、結構狡猾で。そういうのを見ているとなんかずっと元気でいてほしいなって思うんですよね。例えばその人権意識みたいなことだけでいうと、上の世代の人たちはなかなかそれを持てずに、歳をとってしまった人も多いです。それは社会の問題ですけど、かといってそんな人たちはもういなくなっていいとか、その人たちの考え方を変えなきゃいけないかというと、僕はそうは思わなくて。別にその人たちはその人たちの生きてきた時代をそのまま自分のものとして年をとって最後まで楽しく生きていてほしいなというのはずっと思っていたんです。その自分の考え方や気持ちを形にしようとしてこういう 作品になりました」

観客から
「水の中に落ちていくカットがいくつかありますがこれはCGでしか」

東海林監督
「1カットだけプールにドボンと入っていくのは本当に深いプールで撮っているのがあります。他は全部合成です。黒い部屋で、黒い幕を引いた机の上で、田村さんに動いてもらって、それを撮った後で合成しています。ちなみに本当の水の中に落ちるカットは短編版からの唯一の使い回しカットかなんですけどれなぜ使い回したかというと、いいカットだからというのもあるんですが、その1カットを撮るのにものすごいお金がかかったからです。短編全体の予算の数分の1ぐらいをこのカットのために使ってしまったのでそれを捨てるのは忍びないと思って。これ絶対使い回そうと」

福島監督
「では最後に一言監督から」

東海林監督
「いわゆる単館映画でなかなか見ていただける機会も限られた映画なんですが、こうして多くの皆さんに観ていただいて、さらにここから広がっていけるように、最後まで、諦めずに頑張りますのでちょっと引き続き応援していただけたら嬉しいです。どうも皆さん今日はありがとうございました」

映画『老ナルキソス』https://oldnarcissus.com/

脚本・監督  東海林毅
出演  田村泰二郎 、水石亜飛夢 、寺山武志 、日出郎 、 モロ師岡 、田中理来 、新垣篤 、タカハシシンノスケ 、遠藤史崇 、荒木ロンペー 、湯沢勉 、椎名綾子 、松林慎司 、山下ケイジ 、新海ひろ子 、三輪千明 、根矢涼香 、富士たくや 、津田寛治 、千葉雅子 、村井國夫 他

2022年 110分

-Entertainment

おすすめの記事はこれ!

kutinai1 1
愛知県が舞台。本物の桜の下で芝居してほしくて。(映画『朽ちないサクラ』原廣利監督インタビュー)

「佐方貞人」、「孤狼の血」、「合理的にあり得ない」などたくさんのシリーズが映像化 ...

asuwo1 2
映画『明日を綴る写真館』名古屋公開記念舞台挨拶レポート 平泉成さん、佐野晶哉さん、秋山純監督登壇!

映画『明日を綴る写真館』の公開記念舞台挨拶が6月8日(土)に名古屋ミッドランドス ...

20240601211336_IMG_9318_ 3
映画『告白 コンフェッション』名古屋公開記念舞台挨拶レポート 生田斗真さん、ヤン・イクチュンさん、山下敦弘監督登壇!

映画『告白 コンフェッション』の公開記念舞台挨拶が6月1日(土)に名古屋ミッドラ ...

asuwo1 4
映画『明日を綴る写真館』平泉成さん インタビュー

6月7日(金)公開の映画『明日を綴る写真館』は気鋭の若手カメラマン太一が、一枚の ...

oishi1 5
映画『おいしい給食 Road to イカメシ』市原隼人さん、綾部真弥監督インタビュー

現在公開中の『おいしい給食 Road to イカメシ』は食のドラマとして人気のド ...

20240512204237_IMG_9058_ 6
やっぱり芝居がやりたい 映画『私が私である場所』今尾偲監督、伊藤由紀さんインタビュー

名古屋シネマスコーレで公開されたドキュメンタリー映画『私が私である場所』は映画『 ...

Singula10 7
映画『SINGULA』名古屋公開記念舞台挨拶レポート 

映画『SINGULA』公開記念舞台挨拶が名古屋ミッドランドスクエアシネマで開催さ ...

cotton2 8
第81回CINEX映画塾 映画『コットンテール』リリー・フランキーさんトークレポート

第81回CINEX映画塾 映画『コットンテール』が4月27日岐阜CINEXで開催 ...

685221_seishun_honposter_B1_A 9
台湾→日本 18年越しの思いを連れて 映画『青春18×2 君へと続く道』

国内興行収入30億円超のヒットを記録した『余命10年』の藤井道人監督最新作で、初 ...

© 2023 GOLDMOON PICTURES & STUDIO&NEW. All Rights Reserved. 10
謎の貴公子あらわる。新たな韓国ノワール映画が登場!(映画『貴公子』)

ある日突然、自分が大企業の社長の子どもだと分かり、巨額の遺産争いに巻き込まれ、命 ...

Mothers_001_全体コラージュ 11
母をテーマにした短編映画集『Mothers マザーズ』完成。キャスト発表!

5人の脚本家が、オリジナル脚本を執筆。自らプロデュース・監督し、映画化したオムニ ...

水平線_メイン画像 12
映画『水平線』名古屋シネマスコーレ舞台挨拶 小林且弥監督、足立智充さんトークレポート

映画『水平線』公開記念舞台挨拶が3月23日(土)名古屋シネマスコーレ開催された。 ...

水平線_メイン画像 13
愛する人を思いながら生きる人々を描く(映画『水平線』)

東日本大震災から13年が経つ。 3月23日(土)から名古屋シネマスコーレで公開さ ...

20240317_095635 14
ナゴヤキネマ・ノイ開館!映画『その鼓動に耳を当てよ』舞台挨拶レポート

名古屋今池のナゴヤキネマ・ノイが2024年3月16日、開館した。  入口の段差が ...

©東海テレビ放送 15
ナゴヤキネマ・ノイオープニングを飾るのは断らないERに密着した東海テレビドキュメンタリー(映画『その鼓動に耳を当てよ』)

名古屋・今池。歓楽街にあった映画館名古屋シネマテークが2023年7月に閉館し、同 ...

52kujira1 16
松岡ひとみのシネマコレクション 映画『52ヘルツのクジラたち』成島出監督、横山和宏プロデューサートークレポート

松岡ひとみのシネマコレクション vol.56 映画『52ヘルツのクジラたち』が3 ...

pabjyo5 17
映画『フィリピンパブ嬢の社会学』岐阜CINEX 3月16日公開 舞台挨拶決定!

愛知での先行公開時から観客動員を伸ばしてロングラン公開していた映画『フィリピンパ ...

o1184166415407703643 18
名古屋ミッドランドスクエアシネマでブラジル映画祭3月16日より開幕!

ブラジル映画。皆さんは観たことあるだろうか? 南米発の映画はそういえばあまり観た ...

theaterC6 19
シアターカフェが移転&リニューアルオープン4周年記念開放祭での上映作品を募集中!

名古屋のシアターカフェが開放祭の上映作品を現在公募中だ。 今の場所に移転して4年 ...

★メイン_PLAY! 20
映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』でeスポーツの楽しさを知ろう

IOC(国際オリンピック委員会)主催の世界大会も開かれるほど、今や正式なスポーツ ...

EiganoAsagohan14 21
楽しみなのはおいしいごはん。伝説のお弁当屋さん「ポパイ」と映画の裏側を食から捉えるドキュメンタリー(映画『映画の朝ごはん』)

映画を作るには本当にたくさんの人が関わっている。 映画やドラマ撮影のメイキングを ...

sinnemuro9 22
プロレス好きも、そうでない人も見たら好きになる 映画『無理しない ケガしない 明日も仕事! 新根室プロレス物語』シネマスコーレ舞台挨拶レポート

映画『無理しない ケガしない 明日も仕事! 新根室プロレス物語』公開記念舞台挨拶 ...

tumitoaku13 23
映画『罪と悪』公開記念名古屋舞台挨拶レポート 石田卓也さん、齊藤勇起監督登壇

映画『罪と悪』公開記念舞台挨拶が2月10日名古屋ミッドランドスクエアシネマで開催 ...

netsu1 24
愛した日々の熱が冷めていく中で(映画『熱のあとに』)

東京藝術大学大学院での修了制作『小さな声で囁いて』(2018)がマルセイユ国際映 ...

kanata_9 25
映画『彼方の閃光』名古屋公開記念舞台挨拶レポート 眞栄田郷敦さん、半野喜弘監督登壇

映画『彼方の閃光』公開記念舞台挨拶が1月28日(日)にミッドランドスクエアシネマ ...

©2022 彼⽅の閃光 製作パートナーズ 26
映画『彼方の閃光』ミッドランドスクエアシネマにて舞台挨拶決定

ホウ・シャオシェンやジャ・ジャンクーら名匠たちの作品の映画音楽を手掛け、『アグリ ...

© 2020 Mediaproducción S.L.U., Gravier Productions, Inc. & Wildside S.r.L. 27
映画祭は夢の時間。そこで起きる出来事も夢と言えるのか(映画『サン・セバスチャンへ、ようこそ』)

ウディ・アレンはとにかく精力的に作品を作る。その勢いは年を重ねても変わることはな ...

RemasterDirector_1a5c03258 28
ロイヤル劇場思いやるプロジェクト 35ミリフィルム上映 大林宣彦監督『ふたり』石田ひかりさん、大林千茱萸さんトークレポート

ロイヤル劇場思いやるプロジェクト 35ミリフィルム上映 大林宣彦監督『ふたり』が ...

kakamigaharaeigasai2024_omote 29
第一回各務原映画祭 1月7日開催!短編映画11作品上映。初公開作品も

第一回各務原映画祭が2024年1月7日、岐阜県各務原市のあすかホールで開催される ...

ichiko 30
市子というひとりの人間の存在が刺さる(映画『市子』)

第28回 釜山国際映画祭 ジソク部門に正式出品された『市子』が12月8日(金)よ ...

メインビジュアル 31
2019年インディペンデント映画の大本命として劇場公開された 映画『センターライン』続編『INTERFACE -ペルソナ-』上映が名古屋で決定!!そして『センターライン』配信も!

日本中の映画祭で話題をさらい、2019年のインディペンデント映画の大本命として劇 ...

1701248560153 32
スペースオペラ?ヒーローもの?これぞ日本で作る波乱万丈な特撮映画だ!(映画『BY THE WAY-波乱万丈-』)

自身の夢を諦めて、守ろうとした家族との平和な生活が思いもしないことで壊れたら?し ...

©2023 映画「隣人 X 疑惑の彼女」製作委員会 ©パリュスあや子/講談社 33
Xのいる世界を通して気づく大事なもの(映画『隣人X -疑惑の彼女-』熊澤尚人監督インタビュー)

12月1日公開の映画『隣人X -疑惑の彼女-』。故郷を追われた惑星難民Xの受け入 ...

interface1 34
愛知で撮影! 映画『INTERFACE』シネマスコーレ公開初日舞台挨拶レポート

映画『INTERFACE-ペルソナ-』の公開初日舞台挨拶が名古屋・シネマスコーレ ...

nosenkyo1 35
選挙は面白い!候補者の声を聞き、ペンをとる!選挙ライターを通して選挙を知るドキュメンタリーが愛知上陸!(映画『NO 選挙,NO LIFE』)

選挙の面白さを伝えるフリーランスライター・畠山理仁(50)。国政から地方選、海外 ...

train6 36
大森南朋×須藤蓮×庄司哲也 ロイヤル劇場思いやるプロジェクト 映画『トレインスポッティング』トークレポート

ロイヤル劇場思いやるプロジェクト 須藤蓮セレクト35ミリフィルム上映『トレインス ...

fanfare1 37
映画『ファンファーレ』名古屋舞台挨拶・衣装制作担当:箕浦杏さんトークレポート

映画『ファンファーレ』公開記念舞台挨拶が11月18日名古屋センチュリーシネマで開 ...

ringin18 38
映画『隣人X-疑惑の彼女-』名古屋舞台挨拶付先行上映 上野樹里さん、林遣都さん、熊澤尚人監督トークレポート

12月1日公開の映画『隣人X』舞台挨拶付先行上映が11月16日名古屋ミッドランド ...

saturday_main 39
開戦前夜、上海。幕は開くか(映画『サタデー・フィクション』)

2019年第76回ベネチア国際映画祭コンペティション部門に正式出品されたロウ・イ ...

hanakutasi1 40
映画『花腐し』綾野剛さん、荒井晴彦監督インタビュー

11月10日(金)公開、映画『花腐し』。松浦寿輝の原作を荒井晴彦監督が脚色。ピン ...

20231104173817_IMG_7592_ 41
松岡ひとみのシネマコレクション 映画『愛にイナズマ』ゲスト:石井裕也監督 レポート

松岡ひとみのシネマコレクション Vol.51 映画『愛にイナズマ』が11月4日ミ ...

seiyoku1 42
映画『正欲』第36回東京国際映画祭 最優秀監督賞&観客賞ダブル受賞!11月10日(金)いよいよ公開!

岐阜県出身の小説家・朝井リョウによる小説『正欲』を、監督・岸善幸、脚本・港岳彦で ...

20231021172718_IMG_7355_ 43
第77回CINEX映画塾『まなみ100%』川北ゆめき監督、青木柚さん、中村守里さんトークレポート

第77回CINEX映画塾『まなみ100%』が10月21日(土)、岐阜CINEXで ...

tuki 44
映画『月』伏見ミリオン座公開記念 石井裕也監督 舞台挨拶レポート

映画『月』の名古屋公開記念舞台挨拶が10月22日伏見ミリオン座で開催された。石井 ...

inazuma5 45
本音を隠さずココロのままに生きていく!(映画『愛にイナズマ』)

『舟を編む』をはじめ、発表する作品がどれも国内外で高く評価されてきた石井裕也監督 ...

hanakutasi_5 46
映画『花腐し』名古屋伏見ミリオン座先行上映舞台挨拶レポート

11月10日(金)より全国公開される映画『花腐し』名古屋先行上映が10月24日( ...

©2023 映画「隣人 X 疑惑の彼女」製作委員会 ©パリュスあや子/講談社 47
映画『隣人 X -疑惑の彼女-』滋賀ロケ撮影現場レポート

2022年10月から滋賀県で熊澤尚人監督が新作撮影をしているという情報を聞いてい ...

bishu1 48
【愛知・岐阜】2024年劇場公開映画『BISHU〜世界でいちばん優しい服〜』エキストラ募集!

以前現場レポートをお送りした2024年劇場公開映画『BISHU〜世界でいちばん優 ...

aalt 49
フィンランドの建築家・デザイナー アアルト その仕事の裏に愛する妻がいた(映画『アアルト』

北欧家具は日本でも根強い人気がある。それはおしゃれであることはもちろん、実用性で ...

somedays6 50
映画『SOMEDAYS』名古屋先行上映舞台挨拶レポート

10月6日、映画『SOMEDAYS』の名古屋先行公開を記念してミッドランドスクエ ...

no image 51
岐阜の刃物のまち・関市で特撮怪獣映画始動! 映画『怪獣ヤロウ!』製作開始

岐阜県関市を舞台にした映画の製作が決まった。タイトルは『怪獣ヤロウ!』。ご当地怪 ...

undercurrent1 52
女、突然やってきた男、消えた夫。三人が抱える心の奥底にある思いは……(映画『アンダーカレント』)

映画一本よりなお深い作品だと発表当時評された豊田徹也の漫画「アンダーカレント」が ...

mendou1 53
映画「ぼくらのレシピ図鑑」シリーズ特集上映 大阪・名古屋・神戸で開催決定! 新作『メンドウな人々』他2作品 

地域のおいしいもの×地元の高校生×映画をテーマに地元と協力して制作される映画「ぼ ...

houtei1 54
映画『親のお金は誰のもの 法定相続人』三重先行上映舞台挨拶レポート

映画『親のお金は誰のもの 法定相続人』の三重先行上映、舞台挨拶が9月22日三重県 ...

Screenshot_20230922_200759_Drive 55
映画『私はどこから来たのか、何者なのか、どこへ行くのか、そしてあなたは…』名古屋凱旋上映決定!

映画『私はどこから来たのか、何者なのか、どこへ行くのか、そしてあなたは…』が ...

20230902_141200 56
ロイヤル劇場存続をかけてクラウドファンディング開始! 【ロイヤル劇場】思いやるプロジェクト~ロイヤル、オモイヤル~

岐阜市・柳ケ瀬商店街にあるロイヤル劇場は35ミリフィルム専門映画館として常設上映 ...

hamon12 57
第76回 CINEX映画塾 映画『波紋』 筒井真理子さんトークレポート

第76回CINEX映画塾『波紋』が7月22日に岐阜CINEXで開催された。上映後 ...

seiyou1 58
岐阜CINEX 第17回アートサロン『わたしたちの国立西洋美術館 奇跡のコレクションの舞台裏』トークレポート

岐阜CINEX 第17回アートサロン『わたしたちの国立西洋美術館 奇跡のコレクシ ...

doll5 59
女性監督4人が撮る女性をとりまく今『人形たち~Dear Dolls』×短編『Bird Woman』シアターカフェで上映

名古屋清水口のシアターカフェで9月23日(土)~29日(金)に長編オムニバス映画 ...

sister 60
映画『私の大嫌いな弟へ ブラザー&シスター』公開記念 アルノー・デプレシャン監督舞台挨拶付き上映 伏見ミリオン座で開催決定!

世界の映画ファンを熱狂させる名匠アルノー・デプレシャンが新作『私の大嫌いな弟へ  ...

bakanuri1 61
自分の生きる道を探して(映画『バカ塗りの娘』)

「バカ塗りの娘」というタイトルはインパクトがある。気になってバカ塗りの意味を調べ ...

bishu1 62
「シントウカイシネマ聖地化計画」始動!第一弾「BISHU〜世界でいちばん優しい服〜」(仮)愛知県⼀宮市にて撮影決定‼

株式会社フォワードがプロデュースし、東海地方を舞台にした全国公開映画を毎年1本ず ...

erithabeth1 63
エリザベート40歳。これからどう生きる?(映画『エリザベート1878』)

クレオパトラ、楊貴妃と並んで世界の三大美女として名高いエリザベート皇妃。 彼女の ...

mitoyamane4 64
ポップな映像と音楽の中に見る現代の人の心の闇(映画『#ミトヤマネ』)

ネット社会ならではの職業「インフルエンサー」を生業にする女性を主人公に、ネット社 ...

高野豆腐店の春_場面写真 65
豆腐店を営む父娘にやってきた新たな出会い(映画『高野豆腐店の春』)

尾道で小さな豆腐店を営む父と娘を描いた映画『高野(たかの)豆腐店の春』が8月18 ...

pabjyo5 66
映画『フィリピンパブ嬢の社会学』11/10(金)より名古屋先行公開が決定!海外展開に向けたクラウドファンディングもスタート!

映画『フィリピンパブ嬢の社会学』が 11月10日(金)より、ミッドランドスクエア ...

Yokosuka10 67
『Yokosuka1953』名演小劇場上映会イベントレポート

ドキュメンタリー映画『Yokosuka1953』の上映会が7月29日(土)、30 ...

Yokosuka1 68
海外から届いたメッセージ。66年前の日本をたどる『Yokosuka1953』名古屋上映会開催!

同じ苗字だからといって親戚だとは限らないのは世界中どこでも一緒だ。 「木川洋子を ...

youko4 69
彼女を外に連れ出したい。そう思いました(映画『658km、陽子の旅』 熊切和嘉監督インタビュー)

42才、東京で一人暮らし。青森県出身の陽子はいとこから24年も関係を断絶していた ...

egoist_5 70
第75回CINEX映画塾 『エゴイスト』松永大司監督が登場。7月29日からリバイバル上映決定!

第75回CINEX映画塾 映画『エゴイスト』が開催された。ゲストには松永大司監督 ...

komuragaeri14 71
映画を撮りたい。夢を追う二人を通して伝えたいのは(映画『愛のこむらがえり』髙橋正弥監督、吉橋航也さんインタビュー)

7月15日ミッドランドスクエアシネマにて映画『愛のこむらがえり』の公開記念舞台挨 ...

PSX_20230713_212926 72
あいち国際女性映画祭2023 開催決定!今年は37作品上映

あいち国際女性映画祭2023の記者発表が7月12日ウィルあいちで行われ、映画祭の ...

komuragaeri5 73
映画『愛のこむらがえり』名古屋舞台挨拶レポート 磯山さやかさん、吉橋航也さん、髙橋正弥監督登壇!

7月15日ミッドランドスクエアシネマにて映画『愛のこむらがえり』の公開記念舞台挨 ...

tooi3 74
彼女たちを知ってほしい。その思いを脚本に込めて(映画『遠いところ』名古屋舞台挨拶レポート)

映画『遠いところ』の公開記念舞台挨拶が7月8日伏見ミリオン座で開催された。 あら ...

MKE10-3 75
観てくれたっていいじゃない! 第10回MKE映画祭レポート

第10回MKE映画祭が7月8日岐阜県図書館多目的ホールで開催された。 今回は13 ...

1minutes_5 76
京都はファンタジーが受け入れられる場所(映画『1秒先の彼』山下敦弘監督インタビュー)

台湾発の大ヒット映画『1秒先の彼女』が日本の京都でリメイク。しかも男女の設定が反 ...

received_259295013361207 77
映画『老ナルキソス』シネマテーク舞台挨拶レポート

映画『老ナルキソス』の公開記念舞台挨拶が名古屋今池のシネマテークで行われた。 あ ...

PSX_20230429_093447 78
「ジキル&ハイド」。観た後しばらく世界から抜けられない虜になるミュージカル

ミュージカルソングという世界を知り、大好きになった「ジキル&ハイド」とい ...

math 79
『オールド・ボーイ』のチェ・ミンシク久しぶりの映画はワケあり数学者役(映画『不思議の国の数学者』)

映画館でポスターを観て気になった2本の韓国映画。『不思議の国の数学者』と『高速道 ...

nortoredame 80
全編IMAX®️認証デジタルカメラで撮影。再現率98% あの火災の裏側(映画『ノートルダム 炎の大聖堂』)

2019年4月15日、ノートルダム大聖堂で、大規模火災が発生した。世界を駆け巡っ ...

baby14 81
松岡ひとみのシネマコレクション  映画『ベイビーわるきゅーれ 2ベイビー』 阪元裕吾監督トークレポート

松岡ひとみのシネマコレクション 映画『ベイビーわるきゅーれ 2ベイビー』が4月1 ...

sidebyside1 82
映画『サイド バイ サイド』坂口健太郎さん、伊藤ちひろ監督登壇 舞台挨拶付先行上映レポート 

映画『サイド バイ サイド』舞台挨拶付先行上映が4月1日名古屋ミッドランドスクエ ...

zakodomo1 83
第72回CINEX映画塾 映画『雑魚どもよ、大志を抱け!』足立紳監督トークレポート

第72回CINEX映画塾が3月25日岐阜CINEXで開催された。上映作品は岐阜県 ...

mogiri1 84
片桐はいりさん来場。センチュリーシネマでもぎり(映画『「もぎりさん」「もぎりさんsession2」上映+もぎり&アフタートークイベント』)

センチュリーシネマ22周年記念企画 『「もぎりさん」「もぎりさんsession2 ...

PSX_20230319_165037 85
カンヌ国際映画祭75周年記念大賞を受賞したダルデンヌ兄弟 新作インタビュー(映画(『トリとロキタ』)

パルムドール大賞と主演女優賞をW受賞した『ロゼッタ』以降、全作品がカンヌのコンペ ...

feibru 86
アカデミー賞、オスカーは誰に?(松岡ひとみのシネマコレクション『フェイブルマンズ』 ゲストトーク 伊藤さとりさん))

松岡ひとみのシネマコレクション vol.35 『フェイブルマンズ』が3月12日ミ ...

son 87
親子とは。近いからこそ難しい(映画『The Son/息子)』

ヒュー・ジャックマンの新作は3月17日から日本公開される『The Son/息子』 ...

tyanomi1 88
先の見えない日々を生きる中で寂しさ、孤独を感じる人々。やすらぎはどこにあるのか(映画『茶飲友達』外山文治監督インタビュー)

東京で公開された途端、3週間の間に上映館が42館にまで広がっている映画『茶飲友達 ...

tyanomi5 89
映画『茶飲友達』名古屋 名演小劇場 公開記念舞台挨拶レポート

映画『茶飲友達』公開記念舞台挨拶が2月25日、名演小劇場で開催された。 外山文治 ...

ginpei8 90
第71回 CINEX映画塾 映画『銀平町シネマブルース』小出恵介さん、宇野祥平さんトークレポート

第71回CINEX映画塾『銀平町シネマブルース』が2月17日、岐阜CINEXで開 ...

gokudaru7 91
名古屋シアターカフェ 映画『極道系Vチューバー達磨』舞台挨拶レポート

映画『極道系Vチューバー達磨』が名古屋清水口のシアターカフェで公開中だ。 映画『 ...

wakareru 92
パク・チャヌク監督の新作は今までとは一味も二味も違う大人の恋慕を描く(映画『別れる決心』)

2月17日から公開の映画『別れる決心』はパク・チャヌク監督の新作だ。今までのイメ ...