Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

Cafe mirage presents

Cafe mirage presents
-Cafe mirage が主催するイベント告知ページ-

喫茶星時×Cafe mirage 文基地シリーズ
『MIRAGE THEATRE』Vol.3 とどけ!あなたへの思い

MIRAGETHEATRE3

大切なあなたへ。

届け!この思い

誰かを思う3作品を上映します。

 

<上映作品>

『空花瓶』(高畑颯人監督 12分) 高畑監督来場。ゲストトークあり

空花瓶

・あらすじ

月面観光船の事故で幼馴染み、蓮池紗理奈を亡くした城戸理仁は
いつも彼女に花を手向けていた。

数年後、宇宙飛行士となった彼は探査のために向かった太陽系外の惑星で
思わぬものと遭遇する。

・主要キャスト

宮田航平/吉岡莉来/北田沙織/森岡匠

 

『たぶん僕は幸せなんだと思う。』(繁田健治監督 13分)繁田監督来場 ゲストトークあり

多分僕は06

・あらすじ

僕には「誰もが持っている甘酸っぱい青春の記憶」とかありません。
気がつけばもういい歳になってしまいました。
そんなある日・・・。

・キャスト
さかまさみ/繁田健治

 

『Memories』(鎌倉幸男監督 大野達也総監督 10分)鎌倉監督、安達紘治さん来場 ゲストトークあり

memories

・あらすじ

父の火葬を待つ3人の姉弟。父親との楽しかった出来事が次々と思い出される。
あの世へ旅立つ父のために姉弟がしたこととは……?
岐阜各務原で撮影された作品。

・キャスト
安達紘治/柿内知恵/箕浦恭子

 

<日時・料金>

5月1日(土) 19:00~(18:30開場)
場所:喫茶星時(岐阜市神田町3-3 加藤石原ビル2F)
料金:2000円(1ドリンク付) 予約優先 席が埋まり次第販売終了

<予約方法>

予約はメールにて higusan@gmail.com (件名に「ミラージュシアター Vol.3予約」と明記して送信)

<新型コロナ感染予防対策>

席数を通常より減らして販売しております。予約優先です。

マスク着用で来場をお願いいたします。来場時にアルコール消毒、検温を行います。
上映当日は作品の合間に換気タイムを設けます。

万が一感染者が出た場合を考え、当日連絡先を伺います。

 

 

 

------------

過去のイベント

喫茶星時×Cafe mirage 文基地シリーズ
『MIRAGE THEATRE』Vol.2 Winter's Horror  冬のホラーはいかが?

hontira2

冬は寒い。岐阜の冬もご多聞に漏れず。

そんな冬にさらにぞーっとしてみませんか。

偶然にも海外著名作家原作の短編が到着。

日本とロシアのホラー2作品をお送りします。

 

<上映作品>

『手』(古田恵子監督 9分) ゲストトークあり

手

・作品解説

W・W・ジェイコブズの短編「猿の手」を原作にしたホラー。
商店街の裏通り、小さな怪しげな店に置いてある「手」は、願いを三つ叶えてくれるという。
軽い気持ちで女は金が欲しいと言ってみたが…。岐阜で製作された本作は今回が初上映となる。

・キャスト

もりとみ舞/大橋裕幸

 

『Pustite detei』(アレクサンドル・ドモガロフ・ジュニア監督・30分)

pasu

・作品解説
ティーブン・キング原作。ある女性教師は自分の学級の子どもたちが悪魔のような行動をとっていることに気づく。
子どもたちは悪魔に取憑かれてしまったbのか?それとも彼女の思い込みか?
悪魔から子どもたちを守ろうと彼女はこの謎に立ち向かう。しかし悪魔のように振る舞う子どもは増えていき…。
追い詰められた彼女が取った行動とは? ロシア発のホラーが岐阜に登場!

・キャスト

タチヤナ・クズネツォヴァ/アレクサンドル・アイリン

・スタッフ

監督 アレクサンドル・ドモガロフ・ジュニア 脚本 アレクサンドル・ドモガロフ・ジュニア/アルトゥール・ミグラノフ
制作 Big Time Filmes

<トークゲスト>

『手』
古田恵子 監督

古田恵子監督プロフィール
各務原cmワークショップに参加。そのワークショップで監督を2度経験。
映画としてはは今作が初監督となる。

<日時・料金>

12月12日(土) 19:00~(18:30開場)
場所:喫茶星時(岐阜市神田町3-3 加藤石原ビル2F)
料金:2000円(1ドリンク付) 予約優先 席が埋まり次第販売終了

<予約方法>

予約はメールにて higusan@gmail.com (件名に「ミラージュシアター Vol.2予約」と明記して送信)

<新型コロナ感染予防対策>

席数を通常より減らして販売しております。予約優先です。

マスク着用で来場をお願いいたします。来場時にアルコール消毒、検温を行います。
上映当日は作品の合間に換気タイムを設けます。

万が一感染者が出た場合を考え、当日連絡先を伺います。

 

 

 

喫茶星時×Cafe mirage 文基地シリーズ
『MIRAGE THEATRE』Vol.1 サブカル ア ゴーゴー!

20200919_015438

こんな時ですが。こんな時だから。始めます。

心の中にくすぶる何か。

あなたの思いのひとつの行き場になれば。

愛して止まぬサブカルチャーから2作品をお送りします。

 

<上映作品>

『宇宙干物 対 地球乾物屋三代目』(中嶋政彦監督 13分) ゲストトークあり

utyuu (2)

・あらすじ

1970年に制作されフィルムが紛失したと思われていた特撮映画の一部が発見され、当時の資料を基に修復された。
突如現れた未確認飛行物体と謎の巨大不明生物!迎え撃つは自衛隊と地球乾物屋三代目。果たして巨大不明生物の正体とは?日本は危機を脱することはできるのか?
ハイビジョン撮影でCGが当たり前の時代に、まさかのフィルム撮影!まさかのアナログ特撮!
1980年代に制作された8ミリ特撮映画を再構築。年配の人には懐かしく若い人には逆に新しい21世紀に復活する昭和特撮の世界。

・キャスト

椙本匡/山下敦/八木哲生/戸谷年也/水野由章/福井隆夫/本多康秀/森仁美

utyuu (3)

・スタッフ

監督:中嶋政彦/プロデューサー:市川良也、小森雅之/脚本:中島竜介/特技監督:八木哲生/

制作:MASAHIKO NAKAJIMA WORKS、TERENKO FILM 、YOSHIYA ICHIKAWA PICTURES

 

『Vtuber 渚』(GAZEBO監督) ゲストトークあり

vtubernagisa_005

・作品解説

Vtuberという現代的な自己実現の場を舞台にした短編映画。主人公のアキコはインディーズア
イドルとして活動するも挫折。その後も自分の存在を認めてくれる場所を求め、Vtuberの「中
の人」に応募する。自分の可能性と他者の評価のあいだで揺れ動く主人公の姿を通して、誰か
を応援する/応援されるという互恵関係や承認欲求を描いた作品。

・キャスト

佐藤睦 野澤剣人 藤崎卓也 池田愛

vtubernagisa_007

・スタッフ

製作・NETGEAR Japan  企画・佐世保映像社
プロデューサー・志岐誠 マツオヒロタダ
監督・脚本GAZEBO 撮影・蔦井孝洋 照明・石田健司 美術・水谷洋一 録音・川村大介 鈴木優作
助監督・柴田徹也 ヘアメイク・古澤萌子 編集・木下隼 ミキサー・川村大介 音楽・橋本晋也 小谷和秀
カラリスト・長谷川将広 音響効果・深井翠子
制作プロダクション・マツオ計画 Vtuber機材協力・BitStar

<トークゲスト>

『宇宙干物 対 地球乾物屋三代目』
中嶋政彦 監督 市川良也プロデューサー 小森雅之プロデューサー

中嶋政彦監督 プロフィール
1963年生まれ、大阪府出身。
1980年代に8ミリフィルムで映画制作を開始。
現在は監督業より出演者として映画で活躍することが多い。
下向拓生監督の 映画「センターライン」(2018)では、重要な役である裁判長役を好演し高い評価を得ている。

『Vtuber 渚』
GAZEBO 監督

GAZEBO監督プロフィール
1978年生まれ。静岡県出身。
大学卒業後、映画・CMの現場で助監督・制作進行として15年ほど経験を積んだのち、GAZEBOと名乗り演出に転向。
新橋の占い師に大器晩成と言われた事を心の支えとしている。深夜ラジオ・深夜アニメを鑑賞している時が一番の癒しの時間である。

<日時・料金>

10月31日(土) 19:00~(18:30開場)
場所:喫茶星時(岐阜市神田町3-3 加藤石原ビル2F)
料金:2000円(1ドリンク付) 予約優先 席が埋まり次第販売終了

<予約方法>

予約はメールにて higusan@gmail.com (件名に「MIRAGE THEATRE Vol.1予約」と明記して送信)

<新型コロナ感染予防対策>

席数を通常より減らして販売しております。予約優先です。

マスク着用で来場をお願いいたします。来場時にアルコール消毒、検温を行います。
上映当日は作品の合間に換気タイムを設けます。

万が一感染者が出た場合を考え、当日連絡先を伺います。

 

 

 

『MIRAGE THEATRE-1日だけのインディーズ劇場』×星時文基地シリーズ

カフェ星時で開催する『MIRAGE THEATRE』にて上映する短編作品を募集します!

「撮影した!」
でも上映する場所がない…。
「撮り立てほやほや!」
とにかく観て欲しい!
「岐阜で撮った気がする…。」
「昔はダメだったけど今ならウケるかもしれないから観て欲しい!」

などなど上映されず、埋もれている短編映画作品はありませんか?
MIRAGETHEATREではそんな短編をスタッフと星時のマスターで選考し、一日だけの映画館で上映したいと考えました。もちろん埋もれていない、最新作でも大歓迎。

短編30分以下でDVD、もしくはブルーレイで上映できる作品であれば応募OK。
岐阜ってどこかわからないけど応募してみようかなという方、お待ちしております!

応募要件
・30分以内の短編作品
・DVD、ブルーレイで上映出来るものであれば製作年は問いません。

応募方法
以下のフォームに必要事項をご記入の上、ご応募ください。

Webで作品が観られる場合
以下の応募フォームに情報をご記入ください。

DVD、もしくはブルーレイ郵送

以下の応募フォームに情報をご記入ください。
作品を以下の住所へ作品を郵送してください。
(注:郵送作品は返却出来ません)

〒5008833
岐阜県岐阜市神田町3-3 加藤石原ビル2階
星時 『MIRAGE THEATRE』係

持ち込み

以下の応募フォームに情報をご記入ください。
星時営業時間内にマスターに丁寧に手渡しをお願い致します。

締め切り
2020年3月31日(火) 必着 (Web応募は23:59まで)

結果発表
応募者には個別にご連絡いたします。
上映決定作品は5月の『MIRAGE THEATRE』もしくはそれ以降の回の『MIRAGE THEATRE』で上映します。

応募フォーム(応募フォームが上手く表示されない方はこちらから)

『MIRAGE THEATRE』   一日だけのインディーズ劇場

ご予約はこちらから(席に限りがあります。お早めにご予約ください)

20190717_083621_0000
岐阜の柳ケ瀬には昔沢山の映画館がありました。今も郊外のシネコンを合わせれば沢山の映画館があります。小さい頃から映画を観る習慣が岐阜の人にはある気がする。きっと映画好きな方が実はいっぱいいるんじゃないか。

という思い込みからこの企画は始まりました。

地方都市である岐阜にはなかなか自主映画が上映される機会がありません。
劇場公開されるものは観ていても、自主映画というものが今どんなレベルでどんな作品があるのか。
それもあまり知られてはいません。

でも『カメラを止めるな!』がインディーズからメジャーになった今なら
インディーズ製作で頑張り、自分たちでいい映画を作って広めたいと思っている皆さんの作品を興味を持って観ていただけるのではないかと考えました。

最近、自分の朗読イベントを快く開く許可を出してくださった柳ケ瀬にあるカフェ星時のマスターに「やってみたいんですよね」 と話をしたところ、「ここで気楽にやればいいんじゃないか」と言っていただきました。

映画館で上映するのももちろん夢ではありますが、まずは企画の第一歩。

映画を観た後、映画関係者の製作秘話を聞いたり、今後の活動予定を聞くことでもっと製作している方々に興味を持っていただきたい。
そんな思いでとりあえず始めてしまえ!と企画を始めてしまいました。

まずはこの1回。
自分とご縁のある監督にお声がけして作品を提供していただきました。
映画を観て、話を聞いて映画製作する方々に興味を持っていただいたり、何か出会いがあるといいなと思っています。

お呼びするゲストの方には岐阜のプレゼンをがっつりしてお帰り頂く予定です。

インディーズ映画に興味があるという方も、なんか面白そうだなと思った方もぜひ気軽にお越しください。

MIRAGE THEATRE 支配人 涼夏

〈イベント詳細〉

『MIRAGE THEATRE』 一日だけのインディーズ劇場

日時 9月14日(土) 19:00~
場所 岐阜 カフェ 星時(岐阜市神田町3-3 加藤石原ビル 2F)
料金 1500円(ドリンク別)

ご予約はこちらから(席に限りがあります。お早めにご予約ください)

〈上映作品〉

『いきうつし』田中晴菜監督 2018年/30分

received_2347062522216973

〈あらすじ〉
仏師として立ち行かず、見世物小屋の生人形制作で糊口をしのぐ亀八。ある土地の名士から不治の病の 娘を美しいまま写した人形制作を依頼される。一度も家の外に出たことのない椿と、興行で土地を 転々とする亀八は次第に惹かれ合うが、人形の完成が近づくにつれ、椿の身体は動かなくなっていく。

〈田中晴菜監督 プロフィール〉
栃木県で会社員として働きながら映画制作を行っている。 2016年伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞2016『いきうつし』中編部門審査員奨励賞 2018年 『いきうつし』(製作・脚本・監督・編集)、『はつ恋はいつ』 (製作・脚本・監督・編集)
『いきうつし』第20回ドイツハンブルク日本映画祭公式上映、The 42nd
Asian American International Film Festival 公式上映、あいち国際女性映画祭短編部門グランプリ (金のカキツバタ賞)、Kishhh-Kishhhhh映画祭 短編部門グランプリ 他受賞・入選多数

田中晴菜監督の来場が決定しました!製作裏話、次回作展望など伺います。

『桑の実』 2018年/37分

kuwa_image1

〈あらすじ〉
大学を中退した時生は、地元の「長浜曳山まつり」に参加することになるが、祭りに馴染めないでいた。ある日、祭りの最大の呼び物である「子ども狂言」の子ども役者・渉太(しょうだい)の世話をするなかで、亡き祖父との記憶がよみがえる。それは幼き日の“桑の実”にまつわる記憶だった……。

〈谷口未央監督 プロフィール〉
2歳より小学校6年生まで滋賀県長浜市で育つ。2008年より上京し映画製作を学ぶ。2011年、主に長浜市で撮影した『仇討ち』が多くの映画祭で高い評価を得る。2012年、『矢田川のバッハ』(伊藤由美子原作/ショートストーリーなごや)の監督公募に選出。2013年、『彦とベガ』の脚本が「伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞2013/中編の部大賞」を受賞し、2014年に自ら監督し映画化(川津祐介、原知佐子主演)。「あいち国際女性映画祭2015/フィルム・コンぺティション長編フィルム部門グランプリ《金のコノハズク賞》」に輝き、2016年夏より東京を皮切りに全国で劇場公開された。2018年、長浜曳山まつり短編映画『桑の実』を監督。現在、長浜曳山まつり長編映画『いぶきの祭り(仮題)』を準備中である。

 

ご予約はこちらから(席に限りがあります。お早めにご予約ください)

 

『なみぎわ』 2018年/20分

1565395034218

〈あらすじ〉
高校卒業をまじかに控えた大吾(18)と、高校に通うことのできなかった大翔(18)は小さな港町で暮らしていた。友達である2人にとっての何気ない日常が、これからの2人とって特別な1日へと変わっていく。『大人』と『子供』、その間で揺れながら生きる2人の物語。

〈常間地裕 (ツネマチユタカ)監督 プロフィール〉
1997年神奈川県生まれ。2015年俳優活動を開始。現在は多摩美術大学(在学中4年生)にて演劇を学ぶ。大学2年次に映画美学校フィクションコースに入学。同校初等科修了制作作品『なみぎわ』が国内多くの映画祭にて入選、上映され現在5つの映画祭でグランプリを獲得している。

ご予約はこちらから(席に限りがあります。お早めにご予約ください)

 

 

 

おすすめの記事はこれ!

ikiro3 1
沖縄戦時中の事実を知る (映画『生きろ 島田叡ー戦中最後の沖縄県知事』)

アジア太平洋戦争末期。すでに日本軍の敗色が濃厚だった1945年1月31日、一人の ...

sukutte1 2
金魚も彼女もすくいたい(映画『すくってごらん』)

映画紹介を耳で聴いてみませんか? stand.fmでCafemirage Rad ...

アーラ映画祭-1024x924 3
アーラ映画祭は3月20日から22日に開催!

アーラ映画祭が岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催される。 今回は3月20日 ...

main 4
『his』撮影地でドライブインシアター開催!

かつて恋人同士だった男性2人の8年ぶりの再会から物語がスタートする映画、『his ...

IMG_20210117_204050 5
コケシに捧げる愛の歌?(映画『コケシ・セレナーデ』)

2019 年初の長編自主映画となる『みぽりん』がカナザワ映画祭2019「期待の新 ...

minori1 6
第46回CINEX映画塾『実りゆく』田中要次さん×八木順一朗監督トークショーレポート

第46回CINEX映画塾『実りゆく』上映&トークショーが12月6日岐阜C ...

konosekai_chirashi 7
ポストホロコーストで残された人々を描く(映画『この世界に残されて』)

2020年米アカデミー賞国際長編映画賞ショートリストに選出され、ハンガリー映画批 ...

no image 8
明けましておめでとうございます!

Cafe Mirageの記事をご覧いただいている皆様   あけましてお ...

burai 9
昭和から平成。裏社会を生き抜いた男の物語(映画『無頼』)

さまざまなアウトサイダーたちの姿を一貫して描き続けてきた鬼才・井筒和幸監督の新作 ...

©2020『喜劇愛妻物語』製作委員会 10
第45回CINEX映画塾『喜劇 愛妻物語』足立紳監督・代情明彦プロデューサー トークレポート

第45回CINEX映画塾『喜劇 愛妻物語』上映&トークショーが11月28 ...

title1 11
女ってなんでしょうね。(映画『タイトル、拒絶』)

『タイトル、拒絶』というタイトルがまず気になった。 「ワタシの人生に、タイトルな ...

onkyo1 12
そこは奇跡が起きる場所(映画『音響ハウス Melody-Go-Round』)

ビートルズがアビーロードスタジオを愛し、あの横断歩道を渡る写真のアルバムを始め、 ...

honki4 13
第43回CINEX映画塾 『本気のしるし 劇場版』上映&トークショー レポート

第43回CINEX映画塾『本気のしるし 劇場版』の上映が岐阜CINEXで開催され ...

mrsnoisy1 14
隣人はどんな人?(映画『ミセス・ノイズィ』)

集合住宅に住めば必ずいる隣人。 隣人との良好な関係を保つのも、生活をする上で大切 ...

©2019「ばるぼら」製作委員会 15
映画『ばるぼら』は大人のファンタジー(映画『ばるぼら』手塚眞監督インタビュー)

彼女は魔女かそれともミューズか。 都会の片隅で耽美派の小説家・洋介が出会ったばる ...

royal3 16
ホテルローヤルを映像化。武正晴監督のこだわりとは?(映画『ホテルローヤル 武正晴監督インタビュー』)

ラブホテルとは日常から切り離された場所だ。一種の別世界。ここでの二人の時間は他人 ...

goze1 17
瞽女として生きた一人の女性の物語(映画『瞽女GOZE』)

日本には、盲人ながら三味線や胡弓を弾き唄い、巡業を生業とした女旅芸人がいた。「瞽 ...

2021/03/30