Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

feibru

EntaMirage! Entertainment Movie

アカデミー賞、オスカーは誰に?(松岡ひとみのシネマコレクション『フェイブルマンズ』 ゲストトーク 伊藤さとりさん))

2023/03/17

松岡ひとみのシネマコレクション vol.35 『フェイブルマンズ』が3月12日ミッドランドスクエアシネマ2で開催された。
『フェイブルマンズ』の上映後にはアカデミー賞前日ということで映画パーソナリティ、心理カウンセラーの伊藤さとりさんを迎えて、アカデミー賞受賞予想トークが展開された。その様子をお届けする。

伊藤さとりさん(以下 さとりさん)
「東京で映画紹介しています。伊藤さとりです。よろしくお願いします」

松岡ひとみさん(以下 松岡さん)
「よろしくお願いします。今日はすごい派手ですね」

さとりさん
「この間めざまし8(フジテレビ)で『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』を紹介するときに着ていたんです。その時に着たから、もう着る機会ないかと思って、着て来ました。すごいですよこれ、(後ろを向いて)後ろには龍の刺繡もあります」

伊藤さとりさん

伊藤さとりさん

松岡さん
「びっくりした。何これ、そこですか。あなたしか着れないと思うんです。もうさすが。その中の Tシャツはもしかして私の愛する『RRR』 ではないですか!?」

さとりさん
「これは私も大好きなんですけど、『RRR』のTシャツでございますよ」

松岡さん
「今日はですね、さとりさんをお呼びして明日のアカデミー賞の予想をやろうと考えたんですが、やっぱりスピルバーグ愛が非常に強い『フェイブルマンズ』をまず見ていただこうと思って企画しました。『フェイブルマンズ』これはもう本当にもっとたくさんの方に観て欲しいんですよ」

さとりさん
「そうですね。今回スティーブン・スピルバーグ自身は作品賞と監督賞にもノミネートされていて、下馬評では『エブエブ(エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス)』が一番なわけですよ。そして『フェイブルマンズ』の人気も強いですし、あと『イニシェリン島の精霊』も」

松岡さん
「コリン・ファレルがね。ただおじさんがけんかするだけの話なんですけど」

さとりさん
「私は動物の運命に涙涙なんです。あんな目にもこんな目にも合わせちゃいかんぞよと思いますね。特に北アイルランドの紛争と人間関係をシンクロさせているのがうまい!友人関係だったのが突然、関係性が壊れるというのが今のロシアとウクライナの戦争にも重なってノミネーションされました。アカデミー賞って社会状況を反映させるので、Netflix映画の『西部戦線異状なし』もそうなんですよ」

松岡さん
「今Netflixでやってますね」

さとりさん
「これは、アカデミー賞作品賞のリメイクなんですよ。ただ前回はアメリカ製作でしたけど今回はなんと本国のドイツが作った映画というのもあって、こうやって作品賞にノミネーションされたんですよね」

松岡さん
「さとりさんは本当に皆さんもご存知かと思うんですけれども、もう本当に忙しいですよね。毎日舞台挨拶をして毎日インタビューして、毎日何かコラムを書いて。レギュラーが20本ぐらいあるんじゃないですか?」

松岡ひとみさん

松岡ひとみさん

さとりさん
「そんなことないです。忙しいのは引っ越ししたから、大変なんですよ」

松岡さん
「引っ越してまたいろんなものが出てきて映画グッズとか」

さとりさん
「なんか好きだといっぱい買っちゃうでしょ。だから同じものがいっぱい出てくるんです。気づいたら『グーニーズ』とあとは『ウエストサイド物語』(1961年)のDVDを2、3本見つけたりするんです。ありますよね?そういうの」

松岡さん
「買うのもありますけど、借りたこともありますよね。さとりさんといえばTSUTAYAですね。店内放送で」

さとりさん
「TSUTAYAでやってました。今はもう店内放送はなくなってしまったんですけど。実はあれは私がトークの原稿を書いてるんです。でも私のこういうフリートークじゃなくて、かっこよく喋ってくださいって言われて、書いた原稿をナレーション口調で喋っているという」

松岡さん
「なるほど。いつものこういう喋りじゃないですからね。懐かしいけど、今店舗が減っていますね」

さとりさん
「まだ何店舗かありますが、店内放送はなくなってしまいましたね」

松岡さん
「映画館で観て、また見直したり、買ったり。そんな時代もありました。コロナ禍になって海外からゲストが来ることも少なくなって」

さとりさん
「来日のときは記者会見とか、舞台挨拶とかをやっていました。コロナ前の最後が『パラサイト 半地下の家族』だったんですよ」

松岡さん
「そうですか。ポン・ジュノ監督」

さとりさん
「そう。それが2020年の3月だったんですよ。そこから緊急事態宣言で映画館が休館になったり、来日がストップしたりしたんですよ。それが少しずつ戻ってきて、ドーンと派手なのが戻って来た!っていうのが『トップガン マーヴェリック』ですね。作品賞もノミネートされました」

松岡さん
「もしかしたらね。もしかして『トップガン マーヴェリック』が受賞するかもですよね。いろんな記者会見が東京でありますが、我々のようにローカルから行くときにいつもさとりさんが記者会見の司会をしていて、そこで知り合ったというか、お友達になって早20年ぐらい経つんですね。『フェイブルマンズ』はスピルバーグ監督」

さとりさん
「はい。スピルバーグの来日は、『宇宙戦争』の時は司会じゃなかったので会見場に見に行きました。先輩の襟川クロさんが司会されていて。私の人生を変えているスピルバーグだと思って見てましたよ。『激突』とか『JAWS』とか、『未知との遭遇』、そして『E.T.』 。 これらは特に私の幼心を刺激した作品です」

松岡さん
「70年から80年代ね」

さとりさん
「だからこの『フェイブルマンズ』を観ると「これ『激突』じゃん!」って冒頭のところで興奮したり、とか。『1941』とか『プライベート・ライアン』もあれがベースで生まれているんだなとか、兄妹関係を見ると『E.T.』 を思い出したりね。『E.T.』 を観るとシングルマザーの家庭になってるじゃないですか。ああこの関係だからねとか、スピルバーグの作品たちがどうやって生まれたのか私達が予測できるのも楽しいですよね」

松岡さん
「妹たちを使って映画を撮るところがすごい好きですよ。やっぱり『E.T.』 をちょっと彷彿させましたよね。もちろん脚色もされているとは思うんですけれども、さとりさんはお母さんでもあるわけでどうですか?ミシェル・ウイリアムズは。今回主演女優賞でノミネートされてますね。主演なんですね。お母さん目線で観るとどうですか?」

さとりさん
「私はこれを見たときに、コラムにもちらっと書きましたけど、スピルバーグの映画愛というよりはスピルバーグが生きるために必要だったのが映画だったという物語のような気がしたんですよ。そこには彼が生きるための喜びを教えてくれたお母さんがいて、お父さんとお母さんの関係も影響している。私が何よりもスピルバーグがすごいと思ったのは脚色もあるでしょうけど、大事なシーンを編集でカットするじゃないですか。あれはなかなかスピルバーグじゃないと思いつかないよねって、本当に見たくないものは見ないという視点を、編集によってフィルムを切るという行動になるわけじゃないですか」

松岡さん
「真実が映っているとかそういうことはスピルバーグすごいなと思って見ていました」

さとりさん
「そうなんですよ。だから生きる喜びって勉強だけじゃないんだよねと。人それぞれの幸せだったり、人それぞれに必要なものが違うんだよねと。スピルバーグもこの歳になっていろいろと理解しているからこういう映画を作ったんじゃないかなって思ったんですよ。だってお母さんのことを全然責めてないじゃないですか」

松岡さん
「今までいろいろ言われていて。お父さんいなかったとか出ていっちゃったと聞いていたんですね。だけどずっと結局寄り添ってましたね」

さとりさん
「こうやって8ミリのカメラを手にして武器みたいに持っていくんだなと。この映画は特に映画を作っている監督とかプロデューサーがめちゃめちゃ好きなんですよ。だから、アカデミー賞って俳優さんとかプロデューサーさんとかそういう人たちが審査員だから、結構いけるかなと思ったんですね」

松岡さん
「そうです。仲間が投票しますね」

さとりさん
「日本のアカデミー賞もそうじゃないですか。製作の人たちが入っているから、仲間の人たちが与える賞だから、私の予想は、監督賞では、スピルバーグが3度目の受賞になるかなと。『シンドラーのリスト』で獲って『プライベート・ライアン』があり、1998年以来、久々に。『ウエストサイド・ストーリー』では作品賞も監督賞も受賞しなかったし」

松岡さん
「『ウエストサイズ・ストーリー』はちょっと難しいかなと思いましたけどね。監督賞はやっぱり私もそうなんですよ。これは絶対スピルバーグさんに。私は会員でも何でもないですけど」

さとりさん
「いや、私 『エブエブ』が大好きなので。おもしろい才能の発掘と言ったらダニエルズ(ダニエル・クワン&ダニエル・シャイナート)だからね、二人の監督ですよ。この監督たちも注目しているけれども、やっぱり今回はスティーブン・スピルバーグじゃないかなって気がするんですよね」

feibru2

松岡さん
「『エブエブ』はちょっとね、分かれるね。なぜか」

さとりさん
「それね、日本全国津々浦々、そうらしいです。『エブエブ』は監督が「僕はADHDだった」と公表しているんですが、いろんなものに興味があって、いろんな想像力を持っていることを自分自身もそうだし、ミシェル・ヨー演じる主人公にも投影しているから、あのパラレルワールドってそういう見方もできるわけですよね。現実逃避の妄想から入るというやり方をSFにしたってすごい。よくあんなもの作ったなと」

松岡さん
「パパッと映像が変わっていきますね。私は試写と映画館で2回見てるんですけど、最後はみんな泣いてましたよ」

さとりさん
「私も号泣でしたね」

松岡さん
「親子の話でもあるので、「これは私とお母さんの話じゃんと」なかなかお互いに近いのに伝わらない、言いたいのにって。ものすごくいい映画だと思います。1回目はね、実はちょっとわからなかったんです」

さとりさん
「あのパラレルワールドのスピード感で」

松岡さん
「スピード感がちょっとついていけなかったです。なぜかというと我々はオンライン試写というので観るんですが、画面が小さいんですよ」

さとりさん
「試写室で観る方法の他に家でオンラインで見れる方法もコロナ禍になって出来たんです」

松岡さん
「そうなんです、そうなんです。あれはね、大きい画面じゃないと駄目!」

さとりさん
「私はミシェル・ヨーがずっと好きだったんです、1980年代、香港アクション映画で育った身です。私はもう本当にユン・ピョウが好きすぎて、ユン・ピョウのアクションを観たくて香港映画を楽しみにしていた感じだったんです。ミシェル・ヨーはサモ・ハン・キンポー、ジャッキー・チェンの『七福星』にも出演しているわけですよ。だからアクションの香港の女優さんだと80年代当時は思っていて、007の『トゥモロー・ネバー・ダイ』で来日したときも大興奮で見ましたよ。あのときもまだ若造で、司会できなかったので会いに行っちゃいました。そのミシェル・ヨーが世界各国のいろんな映画、イギリス映画、アメリカ映画に出るようになっていって。そして『エブエブ』ですよ。ジャッキー・チェン主演という話もあったけれどミシェル・ヨーで正解!」

松岡さん
「(笑)。ジャッキー・チェンのも観たいとは思ったけど、でもミシェル・ヨーですよね。じゃなかったら多分作品賞まではいってないです」

さとりさん
「私もそう思っています。今年はアカデミー賞主演女優賞初のアジア系の女性として名を載せるのはミシェル・ヨーしかダメ!こんなに世界に貢献しているんですよ」

松岡さん
「そうですよね。ミシェル・ヨーって今60歳くらいですか?」

さとりさん
「そうそう。トム・クルーズと同い年ですから。すごいかっこいいですよね」

松岡さん
「かっこいいというか、普通のおばちゃんなんだけどっていうところも良いよね」

さとりさん
「あとやっぱりこの『エブエブ』が、私は作品賞も獲ると思っているんですけど、理由はやっぱり今、必要なテーマ、LGBTQ+とかクィアとかの映画ということにもアカデミー賞はすごく力を入れているじゃないですか。『エブエブ』 を観るとわかると思うんです。そういったテーマもあって、移民の問題もあるんですよ」

松岡さん
「うん、全部入ってる」

さとりさん
「アカデミー賞にぴったりじゃない。そこにアジアの俳優たちが活躍して。キー・ホイ・クァンですよ。復活劇もあって感動のオンパレード」

松岡さん
「『インディ・ジョーンズ2』の子どもですよ。少年ですよね。『エブエブ』では主人公の旦那さん役」

さとりさん
「そう。私が中学2年だった時に『グーニーズ』が初めて日本で公開されて。その頃からオタクだったので、当時東京では、帝国ホテルか東京プリンスホテルに行けば会えるというのが雑誌「スクリーン」に書いてあって」

松岡さん
「なるほど。皆さん泊まるからね」

さとりさん
「ヤマを張って帝国ホテルで制服を着て待っていたら、本当に『グーニーズ』の一行がやってきたんです。それで、挨拶しに行ったら、彼らも同い年ですよ。向こうも親子連れで来ていたから、お母さんたちが「カモン!」って言って部屋まで連れていってくれて。本当にこれ本当の話ですよ。スイートルームのみんなの部屋でクッキーと紅茶をご馳走になって」

松岡さん
「まだ映画業界に入ってないですよね?」

さとりさん
「だって中学生です(笑)。それで私はキー・ホイ・クァンのお友達のジェフ・コーエンという『グーニーズ』のちょっとぽっちゃりしてるチャンク役だった子が好きで、その子と文通を始めたんです」

松岡さん
「文通?!いいですね」

さとりさん
「そうしたら『エブエブ』の感動秘話なんですが、キー・ホイ・クァンのキャスティングに一役買っているのが、そのジェフ・コーエンなんですよ。今ジェフ・コーエンは弁護士をやっているんですが、エージェントとして一役買っている。感動的ですよ、『グーニーズ』」

松岡さん
「仲間たちがキー・ホイ・クァンを推したということですね。しかも、復活ですからね。一度引退していたんですよね」

さとりさん
「ジャッキー・チェンが好きだから武術の勉強をして、なかなか俳優では食っていけないから武術指導の方の仕事をしていたわけですね。ここでまた素晴らしいアクションを見せてくれるじゃないですか」

松岡さん
「すごいかっこいいですよね。普通の弱気なお父さんが変わるんですよね、このスイッチングも素晴らしいです」

さとりさん
「『エブエブ』はオスカーを獲る本命と言われております」

松岡さん
「私たちの予想ですけど、作品賞が全く一緒ですね『エブエブ』 。監督賞がスティーブン・スピルバーグ」

さとりさん
「でも、もしかしたら大穴で『トップガン マーヴェリック』がきたら面白いんじゃなかろうかと」

松岡さん
「トム・クルーズって、賞はあまり関係ないでしょう」

さとりさん
「アカデミー賞無冠の男ですから。でもプロデュースで入っているので、作品賞でプロデューサーとして」

松岡さん
「なるほど。オスカーを持つ可能性もなきにしもあらずですよ。それはちょっと見たいですね」

さとりさん
「面白いですよね。と言っておきながら『イニシェリン島の精霊』が獲ったら」

松岡さん
「それはそれで嬉しいけど。困りますね。でも、トム様が映画館にお客様を戻してくれたって思ってますよ」

さとりさん
「ただアカデミー賞ってザ・エンターテイメントは賞が行かないですよね。だから去年の『コーダ あいのうた』も「コーダ?!」ってみんな驚いたわけですよね。ただ『コーダ あいのうた』に関しては、やっぱり聴覚障害というのもテーマになっているからそれは納得ですと思うんです。『トップガン マーヴェリック』は戦闘機だったりするので、そこがどう反映するかですよね。今のご時世から考えると。だけど作品賞にノミネートされているんです。他の映画賞には入っていないのに。だからどっちに転ぶか分からないんですよ」

松岡さん
「今回来日した時も「また来るよ」と言ってましたよね」

さとりさん
「言ってますよ。『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング』で」

松岡さん
「あの人本当に多いですよね、十何回か来てますよ。ローカルの私でさえ6回ぐらいインタビューしていますからね。今回も素敵でしたか?」

さとりさん
「そうですね。今回は今まで以上に熱量が高くて。やっぱり思い入れが強いから。あとプロデューサー的な立ち回りもあるから。お喋りもロングトーク(笑)」

松岡さん
「(観客へ)『トップガン マーヴェリック』は皆さんも観に行かれましたか?」

さとりさん
「あれ感動しました。4DXに大興奮ですよ。私4回行ってるんです。日本語吹き替え版も行っちゃったりして。4DXはコックピットに乗っている気になるんですよ。3面だったから。ここに操縦桿があったら最高じゃないかと。これ樋口真嗣監督と飲んだ時に同じことを言ってました」

松岡さん
「(笑)。樋口監督もめちゃめちゃ好きですよね。では主演男優賞にいきましょうか。私は『イニシェリン島の精霊』のコリン・ファレルを入れたい」

さとりさん
「そのこころは?」

松岡さん
「その前の作品も良かったんですけど、今までコリンも賞に恵まれてなくて、今回やっとあの人の実力を発揮したかなって。そんなことも思ったりとか、作品自体がやっぱり好きなのもあるんですけれども、急にずっと仲良かった人に、「今日から絶交だ」って言われて「何で?」と反応したあの情けない顔が、私もそうやって言われたら同じようになると思うんですけど、あのときの顔が本当にうまいなと思って。今回あげたいと思ったんですよ」

feibru3

さとりさん
「主演男優賞は下馬評だとコリン・ファレルと『ザ・ホエール』のブレンダン・フレイザーのこのツートップの戦いと一応言われていますね。『ザ・ホエール』はまだ皆さん観てないと思うんですが(4月7日公開)、270キロ以上の男の人が死期が近いと知った上で絶縁状態の娘と向き合う物語なんですけど、ダーレン・アロノフスキー監督がさすがのカメラワークで見せるんですよ。体が動かないとしたら、カメラってどうすると思います?カメラを回すんですよ、本人の周りを。だからバストアップが多い!」

松岡さん
「ポスターとかチラシもそこしかないですよね」

さとりさん
「見ると分かると思うんですけど、人間って確かに体や行動で表現できないと、トゥーマッチなトークを展開するなと。言葉で一生懸命伝える言い回しがたくさん出てくるんですけど、声のトーンにも感情が絶妙に入っているんです」

松岡さん
「ブレンダンはどっちかっていうと、エンターテイメントな人だったですよね、冒険劇とか『ハムナプトラ』とか。そういったところの方がこんなに演技うまいんだってすごい思って」

さとりさん
「コリン・ファレルはやんちゃをしたから一時期ちょっと仕事がなくて、それで一生懸命頑張って復活劇に今なっているじゃないですか。ブレンダン・フレイザーも違う形で、性被害に自分があったということや精神的にはいろんな経験をして、なかなか仕事に復帰できない状態だったんですよ。2人ともそうなんです。私はアカデミー賞ではそういう理由でブレンダン・フレイザーと思っているんですよ」

松岡さん
「なるほどそうかそうか」

さとりさん
「ハリウッドに戻っておいでというのもあって、主演男優賞を獲るんじゃないかなっていう。だからこの2人の下馬評が高い。仲間たちが賞をプレゼントする賞なので」

松岡さん
「いろんなドラマが今までもありましたね。そうだそうだ。なのでちょっと明日はそれを皆さんに見守っていただいて。助演女優とかもね『エブエブ』の私はジェイミー・リー・カーティスがいいな」

さとりさん
「でも。アカデミー賞だから今回はもしかしたら『ワカンダ・フォーエバー』のアンジェラ・バセットかもしれないですよ」

松岡さん
「『ワカンダ・フォーエバー』はこういった映画がノミネートされる時代になったんですよね」

さとりさん
「2024年からどんどんアカデミー賞は審査方法の基準も変わるんですね。それは肌の色の違う人とか、女性を増やすとか、障がいを持っている人もスタッフに入れることなど基準に合った作品をノミネーションさせますみたいなことを考えているわけです。そういうところを加味すると、やっぱり白すぎる受賞結果はいけないんですよね。アカデミー賞は」

松岡さん
「そうすると、『ブラック・パンサー』にも出ているアンジェラかもなとも思いますね。わからないですね、わからないですねえ。明日が楽しみです。日本時間の朝早い時間から。7時半ぐらいからレッドカーペットで。私はいつもお茶とかも全部持って。9時ぐらいから絶対もう家から出られないですね。ダイジェストは後からやるんですけど駄目なんです」

さとりさん
「今YouTube でも見られるんですよ。今回は『RRR』が歌曲賞を獲りますね。アメリカですごい人気です。日本ではもちろん人気ですけど。私『バーフバリ』が大好きだったので、配給会社にいつ見れるんですかって何度も聞いてめっちゃ早く観ちゃったんですね。嬉しさもあってTBS「ひるおび」 でのインド映画を紹介するときにどこの局よりも早く紹介したんです。語りたかったのにあの時は「へぇ~」みたいな感じで。公開されてから話題になって良かったです」

松岡さん
「わたしも10月にシネマコレクションでやったんです。そのときはちょっとお客さんが少なかったんですけど、増えてきて嬉しいです」

さとりさん
「そうなんですよ。ラージャマウリ監督とラーム・チャランさんとN.T.R Jr. さんという俳優2人と監督が来日して、司会したんですけど、フレンドリーで優しかったですよ」

松岡さん
「チャンスがあったら本当に 『RRR』 は見ていただきたいなと思います」

さとりさん
「明日は俳優二人はダンスしないとか言ってますけど、私はすると信じているんです。曲がかかったら本人たちがちょっと立ってやってくれるんじゃないかという期待だけしています!」

トークショーの最後には映画グッズや伊藤さとりさんの著者『映画セリフ本「愛の告白100選」』があたる抽選会も行われた。

feibru6

2人のアカデミー賞予想

さとりさん予想 松岡さん予想
作品賞 『エブエブ』 『エブエブ』
監督賞 スティーブン・スピルバーグ スティーブン・スピルバーグ
主演男優賞 ブレンダン・フレイザー コリン・ファレル
主演女優賞 ミシェル・ヨー ミシェル・ヨー

実際の結果(トークで出てきた部門のみ)

作品賞 『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』
監督賞 ダニエルズ
主演男優賞 ブレンダン・フレイザー
主演女優賞 ミシェル・ヨー
助演男優賞 キー・ホイ・クァン
助演女優賞 ジェイミー・リー・カーティス
歌曲賞 『RRR』

 

-EntaMirage!, Entertainment, Movie

おすすめの記事はこれ!

© 2023 GOLDMOON PICTURES & STUDIO&NEW. All Rights Reserved. 1
謎の貴公子あらわる。新たな韓国ノワール映画が登場!(映画『貴公子』)

ある日突然、自分が大企業の社長の子どもだと分かり、巨額の遺産争いに巻き込まれ、命 ...

Mothers_001_全体コラージュ 2
母をテーマにした短編映画集『Mothers マザーズ』完成。キャスト発表!

5人の脚本家が、オリジナル脚本を執筆。自らプロデュース・監督し、映画化したオムニ ...

水平線_メイン画像 3
映画『水平線』名古屋シネマスコーレ舞台挨拶 小林且弥監督、足立智充さんトークレポート

映画『水平線』公開記念舞台挨拶が3月23日(土)名古屋シネマスコーレ開催された。 ...

水平線_メイン画像 4
愛する人を思いながら生きる人々を描く(映画『水平線』)

東日本大震災から13年が経つ。 3月23日(土)から名古屋シネマスコーレで公開さ ...

20240317_095635 5
ナゴヤキネマ・ノイ開館!映画『その鼓動に耳を当てよ』舞台挨拶レポート

名古屋今池のナゴヤキネマ・ノイが2024年3月16日、開館した。  入口の段差が ...

©東海テレビ放送 6
ナゴヤキネマ・ノイオープニングを飾るのは断らないERに密着した東海テレビドキュメンタリー(映画『その鼓動に耳を当てよ』)

名古屋・今池。歓楽街にあった映画館名古屋シネマテークが2023年7月に閉館し、同 ...

52kujira1 7
松岡ひとみのシネマコレクション 映画『52ヘルツのクジラたち』成島出監督、横山和宏プロデューサートークレポート

松岡ひとみのシネマコレクション vol.56 映画『52ヘルツのクジラたち』が3 ...

pabjyo5 8
映画『フィリピンパブ嬢の社会学』岐阜CINEX 3月16日公開 舞台挨拶決定!

愛知での先行公開時から観客動員を伸ばしてロングラン公開していた映画『フィリピンパ ...

o1184166415407703643 9
名古屋ミッドランドスクエアシネマでブラジル映画祭3月16日より開幕!

ブラジル映画。皆さんは観たことあるだろうか? 南米発の映画はそういえばあまり観た ...

theaterC6 10
シアターカフェが移転&リニューアルオープン4周年記念開放祭での上映作品を募集中!

名古屋のシアターカフェが開放祭の上映作品を現在公募中だ。 今の場所に移転して4年 ...

★メイン_PLAY! 11
映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』でeスポーツの楽しさを知ろう

IOC(国際オリンピック委員会)主催の世界大会も開かれるほど、今や正式なスポーツ ...

EiganoAsagohan14 12
楽しみなのはおいしいごはん。伝説のお弁当屋さん「ポパイ」と映画の裏側を食から捉えるドキュメンタリー(映画『映画の朝ごはん』)

映画を作るには本当にたくさんの人が関わっている。 映画やドラマ撮影のメイキングを ...

sinnemuro9 13
プロレス好きも、そうでない人も見たら好きになる 映画『無理しない ケガしない 明日も仕事! 新根室プロレス物語』シネマスコーレ舞台挨拶レポート

映画『無理しない ケガしない 明日も仕事! 新根室プロレス物語』公開記念舞台挨拶 ...

tumitoaku13 14
映画『罪と悪』公開記念名古屋舞台挨拶レポート 石田卓也さん、齊藤勇起監督登壇

映画『罪と悪』公開記念舞台挨拶が2月10日名古屋ミッドランドスクエアシネマで開催 ...

netsu1 15
愛した日々の熱が冷めていく中で(映画『熱のあとに』)

東京藝術大学大学院での修了制作『小さな声で囁いて』(2018)がマルセイユ国際映 ...

kanata_9 16
映画『彼方の閃光』名古屋公開記念舞台挨拶レポート 眞栄田郷敦さん、半野喜弘監督登壇

映画『彼方の閃光』公開記念舞台挨拶が1月28日(日)にミッドランドスクエアシネマ ...

©2022 彼⽅の閃光 製作パートナーズ 17
映画『彼方の閃光』ミッドランドスクエアシネマにて舞台挨拶決定

ホウ・シャオシェンやジャ・ジャンクーら名匠たちの作品の映画音楽を手掛け、『アグリ ...

© 2020 Mediaproducción S.L.U., Gravier Productions, Inc. & Wildside S.r.L. 18
映画祭は夢の時間。そこで起きる出来事も夢と言えるのか(映画『サン・セバスチャンへ、ようこそ』)

ウディ・アレンはとにかく精力的に作品を作る。その勢いは年を重ねても変わることはな ...

RemasterDirector_1a5c03258 19
ロイヤル劇場思いやるプロジェクト 35ミリフィルム上映 大林宣彦監督『ふたり』石田ひかりさん、大林千茱萸さんトークレポート

ロイヤル劇場思いやるプロジェクト 35ミリフィルム上映 大林宣彦監督『ふたり』が ...

kakamigaharaeigasai2024_omote 20
第一回各務原映画祭 1月7日開催!短編映画11作品上映。初公開作品も

第一回各務原映画祭が2024年1月7日、岐阜県各務原市のあすかホールで開催される ...

ichiko 21
市子というひとりの人間の存在が刺さる(映画『市子』)

第28回 釜山国際映画祭 ジソク部門に正式出品された『市子』が12月8日(金)よ ...

メインビジュアル 22
2019年インディペンデント映画の大本命として劇場公開された 映画『センターライン』続編『INTERFACE -ペルソナ-』上映が名古屋で決定!!そして『センターライン』配信も!

日本中の映画祭で話題をさらい、2019年のインディペンデント映画の大本命として劇 ...

1701248560153 23
スペースオペラ?ヒーローもの?これぞ日本で作る波乱万丈な特撮映画だ!(映画『BY THE WAY-波乱万丈-』)

自身の夢を諦めて、守ろうとした家族との平和な生活が思いもしないことで壊れたら?し ...

©2023 映画「隣人 X 疑惑の彼女」製作委員会 ©パリュスあや子/講談社 24
Xのいる世界を通して気づく大事なもの(映画『隣人X -疑惑の彼女-』熊澤尚人監督インタビュー)

12月1日公開の映画『隣人X -疑惑の彼女-』。故郷を追われた惑星難民Xの受け入 ...

interface1 25
愛知で撮影! 映画『INTERFACE』シネマスコーレ公開初日舞台挨拶レポート

映画『INTERFACE-ペルソナ-』の公開初日舞台挨拶が名古屋・シネマスコーレ ...

nosenkyo1 26
選挙は面白い!候補者の声を聞き、ペンをとる!選挙ライターを通して選挙を知るドキュメンタリーが愛知上陸!(映画『NO 選挙,NO LIFE』)

選挙の面白さを伝えるフリーランスライター・畠山理仁(50)。国政から地方選、海外 ...

train6 27
大森南朋×須藤蓮×庄司哲也 ロイヤル劇場思いやるプロジェクト 映画『トレインスポッティング』トークレポート

ロイヤル劇場思いやるプロジェクト 須藤蓮セレクト35ミリフィルム上映『トレインス ...

fanfare1 28
映画『ファンファーレ』名古屋舞台挨拶・衣装制作担当:箕浦杏さんトークレポート

映画『ファンファーレ』公開記念舞台挨拶が11月18日名古屋センチュリーシネマで開 ...

ringin18 29
映画『隣人X-疑惑の彼女-』名古屋舞台挨拶付先行上映 上野樹里さん、林遣都さん、熊澤尚人監督トークレポート

12月1日公開の映画『隣人X』舞台挨拶付先行上映が11月16日名古屋ミッドランド ...

saturday_main 30
開戦前夜、上海。幕は開くか(映画『サタデー・フィクション』)

2019年第76回ベネチア国際映画祭コンペティション部門に正式出品されたロウ・イ ...

hanakutasi1 31
映画『花腐し』綾野剛さん、荒井晴彦監督インタビュー

11月10日(金)公開、映画『花腐し』。松浦寿輝の原作を荒井晴彦監督が脚色。ピン ...

20231104173817_IMG_7592_ 32
松岡ひとみのシネマコレクション 映画『愛にイナズマ』ゲスト:石井裕也監督 レポート

松岡ひとみのシネマコレクション Vol.51 映画『愛にイナズマ』が11月4日ミ ...

seiyoku1 33
映画『正欲』第36回東京国際映画祭 最優秀監督賞&観客賞ダブル受賞!11月10日(金)いよいよ公開!

岐阜県出身の小説家・朝井リョウによる小説『正欲』を、監督・岸善幸、脚本・港岳彦で ...

20231021172718_IMG_7355_ 34
第77回CINEX映画塾『まなみ100%』川北ゆめき監督、青木柚さん、中村守里さんトークレポート

第77回CINEX映画塾『まなみ100%』が10月21日(土)、岐阜CINEXで ...

tuki 35
映画『月』伏見ミリオン座公開記念 石井裕也監督 舞台挨拶レポート

映画『月』の名古屋公開記念舞台挨拶が10月22日伏見ミリオン座で開催された。石井 ...

inazuma5 36
本音を隠さずココロのままに生きていく!(映画『愛にイナズマ』)

『舟を編む』をはじめ、発表する作品がどれも国内外で高く評価されてきた石井裕也監督 ...

hanakutasi_5 37
映画『花腐し』名古屋伏見ミリオン座先行上映舞台挨拶レポート

11月10日(金)より全国公開される映画『花腐し』名古屋先行上映が10月24日( ...

©2023 映画「隣人 X 疑惑の彼女」製作委員会 ©パリュスあや子/講談社 38
映画『隣人 X -疑惑の彼女-』滋賀ロケ撮影現場レポート

2022年10月から滋賀県で熊澤尚人監督が新作撮影をしているという情報を聞いてい ...

bishu1 39
【愛知・岐阜】2024年劇場公開映画『BISHU〜世界でいちばん優しい服〜』エキストラ募集!

以前現場レポートをお送りした2024年劇場公開映画『BISHU〜世界でいちばん優 ...

aalt 40
フィンランドの建築家・デザイナー アアルト その仕事の裏に愛する妻がいた(映画『アアルト』

北欧家具は日本でも根強い人気がある。それはおしゃれであることはもちろん、実用性で ...

somedays6 41
映画『SOMEDAYS』名古屋先行上映舞台挨拶レポート

10月6日、映画『SOMEDAYS』の名古屋先行公開を記念してミッドランドスクエ ...

no image 42
岐阜の刃物のまち・関市で特撮怪獣映画始動! 映画『怪獣ヤロウ!』製作開始

岐阜県関市を舞台にした映画の製作が決まった。タイトルは『怪獣ヤロウ!』。ご当地怪 ...

undercurrent1 43
女、突然やってきた男、消えた夫。三人が抱える心の奥底にある思いは……(映画『アンダーカレント』)

映画一本よりなお深い作品だと発表当時評された豊田徹也の漫画「アンダーカレント」が ...

mendou1 44
映画「ぼくらのレシピ図鑑」シリーズ特集上映 大阪・名古屋・神戸で開催決定! 新作『メンドウな人々』他2作品 

地域のおいしいもの×地元の高校生×映画をテーマに地元と協力して制作される映画「ぼ ...

houtei1 45
映画『親のお金は誰のもの 法定相続人』三重先行上映舞台挨拶レポート

映画『親のお金は誰のもの 法定相続人』の三重先行上映、舞台挨拶が9月22日三重県 ...

Screenshot_20230922_200759_Drive 46
映画『私はどこから来たのか、何者なのか、どこへ行くのか、そしてあなたは…』名古屋凱旋上映決定!

映画『私はどこから来たのか、何者なのか、どこへ行くのか、そしてあなたは…』が ...

20230902_141200 47
ロイヤル劇場存続をかけてクラウドファンディング開始! 【ロイヤル劇場】思いやるプロジェクト~ロイヤル、オモイヤル~

岐阜市・柳ケ瀬商店街にあるロイヤル劇場は35ミリフィルム専門映画館として常設上映 ...

hamon12 48
第76回 CINEX映画塾 映画『波紋』 筒井真理子さんトークレポート

第76回CINEX映画塾『波紋』が7月22日に岐阜CINEXで開催された。上映後 ...

seiyou1 49
岐阜CINEX 第17回アートサロン『わたしたちの国立西洋美術館 奇跡のコレクションの舞台裏』トークレポート

岐阜CINEX 第17回アートサロン『わたしたちの国立西洋美術館 奇跡のコレクシ ...

doll5 50
女性監督4人が撮る女性をとりまく今『人形たち~Dear Dolls』×短編『Bird Woman』シアターカフェで上映

名古屋清水口のシアターカフェで9月23日(土)~29日(金)に長編オムニバス映画 ...

sister 51
映画『私の大嫌いな弟へ ブラザー&シスター』公開記念 アルノー・デプレシャン監督舞台挨拶付き上映 伏見ミリオン座で開催決定!

世界の映画ファンを熱狂させる名匠アルノー・デプレシャンが新作『私の大嫌いな弟へ  ...

bakanuri1 52
自分の生きる道を探して(映画『バカ塗りの娘』)

「バカ塗りの娘」というタイトルはインパクトがある。気になってバカ塗りの意味を調べ ...

bishu1 53
「シントウカイシネマ聖地化計画」始動!第一弾「BISHU〜世界でいちばん優しい服〜」(仮)愛知県⼀宮市にて撮影決定‼

株式会社フォワードがプロデュースし、東海地方を舞台にした全国公開映画を毎年1本ず ...

erithabeth1 54
エリザベート40歳。これからどう生きる?(映画『エリザベート1878』)

クレオパトラ、楊貴妃と並んで世界の三大美女として名高いエリザベート皇妃。 彼女の ...

mitoyamane4 55
ポップな映像と音楽の中に見る現代の人の心の闇(映画『#ミトヤマネ』)

ネット社会ならではの職業「インフルエンサー」を生業にする女性を主人公に、ネット社 ...

高野豆腐店の春_場面写真 56
豆腐店を営む父娘にやってきた新たな出会い(映画『高野豆腐店の春』)

尾道で小さな豆腐店を営む父と娘を描いた映画『高野(たかの)豆腐店の春』が8月18 ...

pabjyo5 57
映画『フィリピンパブ嬢の社会学』11/10(金)より名古屋先行公開が決定!海外展開に向けたクラウドファンディングもスタート!

映画『フィリピンパブ嬢の社会学』が 11月10日(金)より、ミッドランドスクエア ...

Yokosuka10 58
『Yokosuka1953』名演小劇場上映会イベントレポート

ドキュメンタリー映画『Yokosuka1953』の上映会が7月29日(土)、30 ...

Yokosuka1 59
海外から届いたメッセージ。66年前の日本をたどる『Yokosuka1953』名古屋上映会開催!

同じ苗字だからといって親戚だとは限らないのは世界中どこでも一緒だ。 「木川洋子を ...

youko4 60
彼女を外に連れ出したい。そう思いました(映画『658km、陽子の旅』 熊切和嘉監督インタビュー)

42才、東京で一人暮らし。青森県出身の陽子はいとこから24年も関係を断絶していた ...

egoist_5 61
第75回CINEX映画塾 『エゴイスト』松永大司監督が登場。7月29日からリバイバル上映決定!

第75回CINEX映画塾 映画『エゴイスト』が開催された。ゲストには松永大司監督 ...

komuragaeri14 62
映画を撮りたい。夢を追う二人を通して伝えたいのは(映画『愛のこむらがえり』髙橋正弥監督、吉橋航也さんインタビュー)

7月15日ミッドランドスクエアシネマにて映画『愛のこむらがえり』の公開記念舞台挨 ...

PSX_20230713_212926 63
あいち国際女性映画祭2023 開催決定!今年は37作品上映

あいち国際女性映画祭2023の記者発表が7月12日ウィルあいちで行われ、映画祭の ...

komuragaeri5 64
映画『愛のこむらがえり』名古屋舞台挨拶レポート 磯山さやかさん、吉橋航也さん、髙橋正弥監督登壇!

7月15日ミッドランドスクエアシネマにて映画『愛のこむらがえり』の公開記念舞台挨 ...

tooi3 65
彼女たちを知ってほしい。その思いを脚本に込めて(映画『遠いところ』名古屋舞台挨拶レポート)

映画『遠いところ』の公開記念舞台挨拶が7月8日伏見ミリオン座で開催された。 あら ...

MKE10-3 66
観てくれたっていいじゃない! 第10回MKE映画祭レポート

第10回MKE映画祭が7月8日岐阜県図書館多目的ホールで開催された。 今回は13 ...

1minutes_5 67
京都はファンタジーが受け入れられる場所(映画『1秒先の彼』山下敦弘監督インタビュー)

台湾発の大ヒット映画『1秒先の彼女』が日本の京都でリメイク。しかも男女の設定が反 ...

received_259295013361207 68
映画『老ナルキソス』シネマテーク舞台挨拶レポート

映画『老ナルキソス』の公開記念舞台挨拶が名古屋今池のシネマテークで行われた。 あ ...

PSX_20230429_093447 69
「ジキル&ハイド」。観た後しばらく世界から抜けられない虜になるミュージカル

ミュージカルソングという世界を知り、大好きになった「ジキル&ハイド」とい ...

math 70
『オールド・ボーイ』のチェ・ミンシク久しぶりの映画はワケあり数学者役(映画『不思議の国の数学者』)

映画館でポスターを観て気になった2本の韓国映画。『不思議の国の数学者』と『高速道 ...

nortoredame 71
全編IMAX®️認証デジタルカメラで撮影。再現率98% あの火災の裏側(映画『ノートルダム 炎の大聖堂』)

2019年4月15日、ノートルダム大聖堂で、大規模火災が発生した。世界を駆け巡っ ...

baby14 72
松岡ひとみのシネマコレクション  映画『ベイビーわるきゅーれ 2ベイビー』 阪元裕吾監督トークレポート

松岡ひとみのシネマコレクション 映画『ベイビーわるきゅーれ 2ベイビー』が4月1 ...

sidebyside1 73
映画『サイド バイ サイド』坂口健太郎さん、伊藤ちひろ監督登壇 舞台挨拶付先行上映レポート 

映画『サイド バイ サイド』舞台挨拶付先行上映が4月1日名古屋ミッドランドスクエ ...

zakodomo1 74
第72回CINEX映画塾 映画『雑魚どもよ、大志を抱け!』足立紳監督トークレポート

第72回CINEX映画塾が3月25日岐阜CINEXで開催された。上映作品は岐阜県 ...

mogiri1 75
片桐はいりさん来場。センチュリーシネマでもぎり(映画『「もぎりさん」「もぎりさんsession2」上映+もぎり&アフタートークイベント』)

センチュリーシネマ22周年記念企画 『「もぎりさん」「もぎりさんsession2 ...

PSX_20230319_165037 76
カンヌ国際映画祭75周年記念大賞を受賞したダルデンヌ兄弟 新作インタビュー(映画(『トリとロキタ』)

パルムドール大賞と主演女優賞をW受賞した『ロゼッタ』以降、全作品がカンヌのコンペ ...

feibru 77
アカデミー賞、オスカーは誰に?(松岡ひとみのシネマコレクション『フェイブルマンズ』 ゲストトーク 伊藤さとりさん))

松岡ひとみのシネマコレクション vol.35 『フェイブルマンズ』が3月12日ミ ...

son 78
親子とは。近いからこそ難しい(映画『The Son/息子)』

ヒュー・ジャックマンの新作は3月17日から日本公開される『The Son/息子』 ...

tyanomi1 79
先の見えない日々を生きる中で寂しさ、孤独を感じる人々。やすらぎはどこにあるのか(映画『茶飲友達』外山文治監督インタビュー)

東京で公開された途端、3週間の間に上映館が42館にまで広がっている映画『茶飲友達 ...

tyanomi5 80
映画『茶飲友達』名古屋 名演小劇場 公開記念舞台挨拶レポート

映画『茶飲友達』公開記念舞台挨拶が2月25日、名演小劇場で開催された。 外山文治 ...

ginpei8 81
第71回 CINEX映画塾 映画『銀平町シネマブルース』小出恵介さん、宇野祥平さんトークレポート

第71回CINEX映画塾『銀平町シネマブルース』が2月17日、岐阜CINEXで開 ...

gokudaru7 82
名古屋シアターカフェ 映画『極道系Vチューバー達磨』舞台挨拶レポート

映画『極道系Vチューバー達磨』が名古屋清水口のシアターカフェで公開中だ。 映画『 ...

wakareru 83
パク・チャヌク監督の新作は今までとは一味も二味も違う大人の恋慕を描く(映画『別れる決心』)

2月17日から公開の映画『別れる決心』はパク・チャヌク監督の新作だ。今までのイメ ...