Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

20240512204237_IMG_9058_

EntaMirage! Entertainment Movie

やっぱり芝居がやりたい 映画『私が私である場所』今尾偲監督、伊藤由紀さんインタビュー

名古屋シネマスコーレで公開されたドキュメンタリー映画『私が私である場所』は映画『シンデレラガール』に参加した俳優達にスポットを当てる。メインの役を演じる俳優もいれば、制作スタッフを兼任しながらメインの役ではない端役を懸命に生きようとする俳優もいる。彼らはどんな思いでそこにいるのか。

シネマスコーレ公開に合わせて今尾偲監督、出演者の伊藤由紀さんが来場。お話を伺った。

Q.この『私が私である場所』というドキュメンタリー映画は、映画『シンデレラガール』における舞台裏、俳優たちの思いを撮られた映画ですが、このドキュメンタリーを撮ることになったきっかけを教えてください。

今尾偲監督(以後 今尾監督)
「僕は若い時に自主映画を作っていたんですが、1回挫折して、30歳ぐらいの時にもう映画いいやと思って、ずっと映画以外のテレビ番組やCMの映像のディレクションをやってきました。ただ映画だけはあえて触れなかったんですが、40歳を越えた頃に震災があったことも関係しているとは思いますが、もう1回映画をやってもいいかなと思ったんです。もう1回映画をやっておいた方が多分後悔しないだろうと。どんな内容でもいいから、とりあえず自分の作品を作ろうと。番組やCMを作る上で一応ディレクターとして名前は載っていますが、そういう仕事は基本的にサービス業に近いです。番組でもCMでもそうですが、クライアントやプロデューサーがいて、「こういうものを作ってください」と言われることに対して「こういう素材があって、こういうものがあるから、こう料理して差し出すと美味しいですよね」と僕はディレクションして、それで最終的にプロデューサーやクライアントがOKを出す。最終決定権は彼らにあって、僕にはないわけです。ディレクターとして名前が載っていても、多分僕のものでもないし、プロデューサーやクライアントのものだったりするもので、それはそれで楽しい作業ですが、それでいいのかなという思いがずっとありました。そんな中で「そういえば俺、昔映画やってたんだな」と思い出して。もう1回やってもいいなと思って、ショートフィルムを2、3本撮り始めたり、脚本を書いたりしたんですが、俳優さんについてもうちょっと知りたいという思いが生まれました。知るためには俳優のワークショップに行けば何か判るのではと思い、役者ではない僕でもやらせてくれるところがないか探していたところ、ちょうど緒方貴臣監督のワークショップがあることをSNSで知りました。緒方監督とは緩く繋がりがあり、許可をいただいて参加しました。それで役者がわかったかと言われると、全くわからなくて(笑)。『私が私である場所』の中でも役者の皆さんがすごく生き生きと語っていますが、役者はやっぱり演じることが楽しいんですね。僕はまだ全く役者のやの字もわからないところで、ワークショップをやっても辛いだけなんですよ。でも役者にはこれがすごい快感だからみんな続けているわけですよね。やっぱりある程度のキャリア、経験値があって初めてその楽しさがわかる。僕はそこまで多分行っていないんだろうなというのはすごいわかったんです。でも、映画をそれなりに観てきた経緯もあって、これがいい芝居だとかそういうのはわかります。こういう人に才能があるとか、この人は面白い役だというのはわかるから、それでいいのかなと思ったりしました」

今尾偲監督

今尾偲監督

Q.ワークショップでは出会いはあったんですか?

今尾監督
「1つ収穫があったのは、この映画にも出ていただいたプロデューサーの榎本さんがいたことです。彼と知り合って、これがやりたいとか映画の構想や脚本の話をしていくうちに、「今度僕がプロデュースする映画があるんだけど、俳優についてのドキュメンタリーを撮るのはどうですか?」という話をいただいて。それはちょっと面白いかもと思いました。俳優についても知りたいし、映画としてのドキュメンタリーを撮るというのはすごく魅力だったんです。というのもドキュメンタリー番組と呼ばれているものはいくつか作りましたが、テレビのドキュメンタリーというのは概して「説明」なんです。 日本のテレビはいい意味でも悪い意味でも説明で、ドラマを観ていてもそうなんですよ。必ず説明を過剰にする。例えば台所で料理をしながらテレビを流しっぱなしにして、音だけ聞いていても全部わかるんです。それが日本のテレビなんです。そうやって作られた番組の中にも優れた番組ももちろんあります。それでしかできないいい番組もたくさんあります。でも、映画の場合はそうじゃないという思いがずっとあって。僕が好きな映画はたくさんありますが、それは台所で料理をしながら音だけ聞いたらわからないんです。僕にとっては映画は説明するものではなくて「感じる」ものなんです。観て感じて、それが体験となり、自分で考える。それが映画だと思っているので、そういうものを作りたいなと思い、榎本プロデューサーの企画に乗りました」

Q.今の「感じる」という話に、俳優の伊藤さんはかなり共感するところがあると思いますがいかがですか?劇中で過去を掘られてもいいことは何もないと言っている時もありましたが。

伊藤由紀さん(以後 伊藤さん)
「掘られてもいいことはないと思っていました。それこそこの映画が公開されてお客様に観ていただくまで、正直思っていたと思います。自分が恥ずかしかったり、しんどかったりすることを思い出したくないですし、そういう体験はできるだけ忘れたいじゃないですか。まさにこの映画で映っていた自分の姿は自分としてはすごく恥ずかしいところでした。どうして冒頭「あたし、芝居上手いんで」みたいな根拠のない自信を堂々と、鼻につくような感じで言っているのかなとか、オーディションで落ちてしまったとしても、スタッフでもいいから関わらせていただきたいという気持ちで参加した現場なのに、「いや、正直辛いですよ」とか言っていたりとか、なんて本当に生意気なんだという部分はすごく今までは掘ってほしくないし、見てほしくなかったです。そういう葛藤があっても天才的な俳優さんや色々な作品でメジャーで活躍されている俳優さんたちは、そういうところは見せないイメージがある人がいらっしゃるじゃないですか。、そういう方に憧れていたので最初は恥ずかしい部分は残したくないと思っていましたが、上映をしていただいて、お客様からの反応を聞いて変わりました」

伊藤由紀さん

伊藤由紀さん

Q.どう気持ちが変わったのでしょうか。

伊藤さん
「自分が情けなくて恥ずかしくて、見られたくなくて、掘りたくないなというような思いや過去がこれだけ人に共感を生んで、これだけ感じていただけるものがあるんだなということを、本当に監督や皆様のおかげで今回気づくことが出来まして。本来、自分が映画や舞台でお芝居を見て「うわ、いいな」と思う俳優さんたちは、きっとそういう見せたくないものを引っ張り出して、それがすごく魅力的だなと感じるお芝居をされている方で、心を動かされていたなということにも気づいて。インタビューでは「いや、見せたくないし、過去は掘りたくないですよ」と言っていたんですが、今はちょっと考え方が変わって、自分と違う過去を持っているキャラクターだとしても、自分の苦手だと感じている部分も生かしてお芝居として表現できる俳優でありたいなとすごく思いました」

Q.では今後の一皮向けた演技も期待させていただきます。

伊藤さん
「そうですね。私にとって人生を変えていただいたすごく大切な映画です。これだけ自分が嘘偽りない姿をこの映画で見せてしまっているので、今後きっとこの映画を介して知っていただいた方には、自分の芝居の中の嘘がバレてしまうなというプレッシャーも正直あります。でもそれだけ観ていただいているお客様たちが、今後私が出演した映画や舞台を観た時に、伊藤さんも素敵な部分をちゃんと活かして芝居しているな、ちゃんと作品に溶け込めているなと思っていただけるような芝居をしていきたいなと思います」

Q.芝居がしたいという役者たちですが、聞いてみると、ちょっとずつスタンスが違う方たちが集まっていると感じました。偶然そこにバラバラのスタンスの役者さんが揃っていたんですか?

今尾監督
「そうですね、割と偶然なんです。だから、ちょっとカメラで追いかけた人とかでも編集で落とした人もいるんですよ。あと「私は嫌です」という人もいました。「私は演じるところ以外は撮られたくないです」という人がいるんです。参加いただいた役者の中で、当然グラデーションがあって、そこが面白いんです。僕はこれを編集している時にだんだんわかってきたんですが、映っている役者たちを通して、いろんな時代の僕が映っているなという感じがしたんです。若い時はこういう風に思っていた、もうちょっと年を取った時はこういう風に思っていたとか、こういう気持ちは今もちょっとわかるとか。いろんなグラデーションの人がいることで、誰の話にもなるという感じはすごくしました。 逆にいろんな人がいてくれた方が良かったというのはちょっとあって。人によっては「こういう人はいらないんじゃないの?」という言い方をする人もいるんですよ。ただ、僕としては全員を均等に扱いたかったんです。誰のこともけなさないし、誰のことも持ち上げすぎないようにしたつもりなんです。もちろんその撮れ高によって役者毎の尺は違ってきますし、どうしても伊藤さんを最後は引っ張っちゃう感じにはなりましたが、そこで必要以上に彼女を持ち上げたつもりもないし、必要以上に彼女を落とし入れたつもりもないです。役者全員そういうつもりで僕は編集しました。もっとひどく扱おうと思えば出来ますし、もっと持ち上げようと思って持ち上げることもできた人もいます。でもそれは不公平だなと思いましたし、その人の1番取り上げるべきところを取り上げたつもりではあります」

20240512200900_IMG_9012_

Q.朝から深夜まで追いかけていますね。

伊藤さん
「ここまで追いかけてくるの?というところもありました(笑)」

Q.撮影自体はどれぐらいだったんですか。

今尾監督
「撮影そのものは撮影準備期間が多少あり、オーディションとリハーサルがありました。『シンデレラガール』の撮影自体は10日間だったんです。そこで撮影したデータをざっくり1人1人繋げてみたんです。そうすると、やっぱりこの人はちょっと足りないなとか、これを入れればちょっと繋がるかもしれないみたいなことが出てきて、追加撮影を多分5、6日しているんです。ただドキュメンタリーとしてはすごく短いスパンで撮れたものではあると思います」

Q.映画の裏側も見られるところが面白いのですが、アライジンさんのハードさに脱帽でした。

伊藤さん
「私も大変でしたけど、ジンさんがすごかったですね。さっきまで制作スタッフしていたかと思えば、衣装のまま「今からインカム外すんで、しばらく連絡とれません」と言って芝居入りのギリギリまでやっていたところとか、トラックを転がしながら、すごい話をしていたりとか。かっこいいなと思いました」

今尾監督
「でもある意味、これはすごく日本のインディーズ映画界の特徴的というか、特殊な現場です。役者は役者、スタッフはスタッフみたいな空気が他の国ではあるので、そんなことはありえない話です。日本のインディーズ界の現実という意味ではすごくリアルなところかなと思います」

Q.メインの役者以外の役者達の出番待ちの様子が観られるのも貴重ですね。

今尾監督
「映っていない役者さんが演技以外のところで何をしているか、他の人が演技をしている時に待っている役者さんは何をしているかを撮ったものは意外とないんです。それが撮れたのは、今回は僕的にはすごい面白くて、 特に印象的なのはポスターでも使いましたが、伊藤さんの待っている姿。これが撮れてよかったなと。これはなかなか得難い画だなと思いました。撮っていたとしても、使うことはなかったわけですね」

Q.ターニングポイントになった感じですか?

伊藤さん
「ターニングポイントです。売れている俳優さんで「情熱大陸」とか「プロフェッショナル仕事の流儀」とかで密着されている方はいますが、多分まだ世に出ていないような俳優がこんなに密着してもらえる機会なんてないと思いますし、かつドキュメンタリーで本当の自分の苦手な部分を映し出されるようなことって、そんなにないと思います。だからすごく私にとって貴重で、感謝しかない映画です」

Q.今尾監督にとっても、榎本プロデューサーからの企画ではありますが、これから映画を撮り続けるという意味ではターニングポイントですか?

今尾監督
「そうですね。榎本さんから声をかけていただきましたが、榎本さん的には作戦もすごいあったと思うんですよ。自分では俳優としての自分のドキュメンタリーは撮れない。自分が知っている役者さんを含めて、制作スタッフも兼ねるというニーズで映画に関わる俳優さんたちの真摯な姿を描きたいという意図が絶対あったと思いますが、それを残しておきたいという思いが僕にはありました。映画は1人じゃ作れないですよね。僕だけでは撮れないカットもたくさんありました。僕も撮っていますが、特に伊藤さんについては林純也さんというもう1人の監督がいて、彼が結構いいところを撮ってくれたところがあります。僕はそれをまとめただけだと思うんです。そういう意味では決して映画は1人で作れるものでもないし、ターニングポイントになっていると思います。ドキュメンタリーを撮るという機会はなかなか1人だけでやっていたらできないです。だから今後僕がどういう映画を撮るかわからないですが、ドキュメンタリーを1本撮ったという経験値はその後の作品で絶対変わってきます。ドキュメンタリーを撮っている人と撮っていない人では、その後の映画が違ってくるという感じがあります。やっぱりすごい体験を僕もさせてもらったなと思います」

Q.この映画がきっかけに変わったということですが、映画の裏方の仕事もやっていきますか?

伊藤さん
「求められれば、 自分が力になれるのであれば、制作の仕事でもすると思いますが、 やっぱり1番好きなのはお芝居なので、自分がお芝居をできること、何か自分が形として表に出て表現できるものを中心にやっていきたいです。今回の『シンデレラガール』も小道具担当として役者である経験を生かして取り組みました。例えば作品前半の方のドラマパートの区切りで、お母さんがお弁当を作ってくれるシーンがあったんですが、そのお弁当を作ったのは私で、多分お母さんが試行錯誤しながら、わからないなりに頑張って作ったんだろうなというイメージで、私の中のお芝居の経験を込めて作っていたりとか、劇中で寄せ書きみたいな小道具がありますが、全部同じ書体で書いてあったら自分が俳優部で入ってぱっと見た時に冷めるなと思ったので、右手だけではなく、左手で書いてみたりとか、多分こういうクラスには、なんかちょっとやんちゃな子がいたり、音羽ちゃんのこと好きなんだろうなという子がいたとしてもいいし、その他の俳優部さんに協力して書いてもらったりしました。俳優としてこういうことがあったら嬉しいなと考えて1つ1つ作ったたので、俳優ということがプラスになるような制作関係のお仕事なら協力できるタイミングがあればとは思っています」

20240512201255_IMG_9013_

Q.やっぱり芝居がやりたい。

伊藤さん
「芝居がやりたいです」

Q.この作品のテーマは俳優だけではなく、誰にも当てはまると思います。居場所はどこなのかを探り、そこを目指す方はたくさんいます。作品を観ていない方に対してメッセージをいただきたいです。

今尾監督
「確かに役者に限らない話だと思っています。俳優とか映画に興味ある方はもちろんですが、お仕事を普通にしている人でも観ていただけるようになるべく分かるように作ったつもりです。どんな仕事をしていても、結構居場所がない人はいます。昔みたいに会社がすごく家族的なわけでもないですし、家庭も居場所になりづらいところが増えている現状で、自分のよりどころをどう作るかというのはすごく今は難しいなと思っています。それが仕事なのか、それとも愛情なのか、もしくは別のものなのか、そういったことを含めて役者たちの生きざまを観ていただきたいです。この中にちょっとずつ自分がいるなということを感じてもらえると、生きることのちょっとヒントになったりするのではないかと思います」

伊藤さん
「最初にも言いましたが、本当はこういう自分がかっこ悪いと思っているような姿は見せたくなかったし、嫌だなと思っていたんですが、意外にも観ていただいた方々にはそういう部分がかっこいいと言ってくれたり、そういう部分が素敵だなという風に観ていただいたことで、自分自身も居場所が見つけられたなと思う瞬間がすごくあります。もちろん俳優業であったり、夢を追いかけている方が観れば、すごく共感できる部分もあると思いますし、日々の生活で生きることはとても大変じゃないですか。自分のこういうところは嫌だなとか、かっこ悪いなと思ったとしても、違う人から見たら素敵だなと思う部分はたくさんあるので、日常生活でなんかうまくいかないなと思っても、こういう姿で、こうやってアホらしく、でも頑張って生きている人もいるんだなという風に観てもらって、どこかで何か感じていただける部分や共感できる部分があったらいいなと思います」

20240512204058_IMG_9043_

『私が私である場所』https://officebureau.net/ は5/24〜5/30まで東京 Morc阿佐ヶ谷でリバイバル上映。

-EntaMirage!, Entertainment, Movie

おすすめの記事はこれ!

20240616192912_IMG_9670_ 1
第83回CINEX映画塾『東京カウボーイ』井浦新さんトークレポート

第83回CINEX映画塾『東京カウボーイ』が6月16日(日)に開催された。サカイ ...

20240616153120_IMG_9528_ 2
第82回CINEX映画塾『青春ジャック 止められるか、俺たちを2』井浦新さん、井上淳一監督トークレポート

第82回CINEX映画塾『青春ジャック 止められるか、俺たちを2』が6月16日( ...

kutinai1 3
愛知県が舞台。本物の桜の下で芝居してほしくて。(映画『朽ちないサクラ』原廣利監督インタビュー)

「佐方貞人」、「孤狼の血」、「合理的にあり得ない」などたくさんのシリーズが映像化 ...

asuwo1 4
映画『明日を綴る写真館』名古屋公開記念舞台挨拶レポート 平泉成さん、佐野晶哉さん、秋山純監督登壇!

映画『明日を綴る写真館』の公開記念舞台挨拶が6月8日(土)に名古屋ミッドランドス ...

20240601211336_IMG_9318_ 5
映画『告白 コンフェッション』名古屋公開記念舞台挨拶レポート 生田斗真さん、ヤン・イクチュンさん、山下敦弘監督登壇!

映画『告白 コンフェッション』の公開記念舞台挨拶が6月1日(土)に名古屋ミッドラ ...

asuwo1 6
映画『明日を綴る写真館』平泉成さん インタビュー

6月7日(金)公開の映画『明日を綴る写真館』は気鋭の若手カメラマン太一が、一枚の ...

oishi1 7
映画『おいしい給食 Road to イカメシ』市原隼人さん、綾部真弥監督インタビュー

現在公開中の『おいしい給食 Road to イカメシ』は食のドラマとして人気のド ...

20240512204237_IMG_9058_ 8
やっぱり芝居がやりたい 映画『私が私である場所』今尾偲監督、伊藤由紀さんインタビュー

名古屋シネマスコーレで公開されたドキュメンタリー映画『私が私である場所』は映画『 ...

Singula10 9
映画『SINGULA』名古屋公開記念舞台挨拶レポート 

映画『SINGULA』公開記念舞台挨拶が名古屋ミッドランドスクエアシネマで開催さ ...

cotton2 10
第81回CINEX映画塾 映画『コットンテール』リリー・フランキーさんトークレポート

第81回CINEX映画塾 映画『コットンテール』が4月27日岐阜CINEXで開催 ...

685221_seishun_honposter_B1_A 11
台湾→日本 18年越しの思いを連れて 映画『青春18×2 君へと続く道』

国内興行収入30億円超のヒットを記録した『余命10年』の藤井道人監督最新作で、初 ...

© 2023 GOLDMOON PICTURES & STUDIO&NEW. All Rights Reserved. 12
謎の貴公子あらわる。新たな韓国ノワール映画が登場!(映画『貴公子』)

ある日突然、自分が大企業の社長の子どもだと分かり、巨額の遺産争いに巻き込まれ、命 ...

Mothers_001_全体コラージュ 13
母をテーマにした短編映画集『Mothers マザーズ』完成。キャスト発表!

5人の脚本家が、オリジナル脚本を執筆。自らプロデュース・監督し、映画化したオムニ ...

水平線_メイン画像 14
映画『水平線』名古屋シネマスコーレ舞台挨拶 小林且弥監督、足立智充さんトークレポート

映画『水平線』公開記念舞台挨拶が3月23日(土)名古屋シネマスコーレ開催された。 ...

水平線_メイン画像 15
愛する人を思いながら生きる人々を描く(映画『水平線』)

東日本大震災から13年が経つ。 3月23日(土)から名古屋シネマスコーレで公開さ ...

20240317_095635 16
ナゴヤキネマ・ノイ開館!映画『その鼓動に耳を当てよ』舞台挨拶レポート

名古屋今池のナゴヤキネマ・ノイが2024年3月16日、開館した。  入口の段差が ...

©東海テレビ放送 17
ナゴヤキネマ・ノイオープニングを飾るのは断らないERに密着した東海テレビドキュメンタリー(映画『その鼓動に耳を当てよ』)

名古屋・今池。歓楽街にあった映画館名古屋シネマテークが2023年7月に閉館し、同 ...

52kujira1 18
松岡ひとみのシネマコレクション 映画『52ヘルツのクジラたち』成島出監督、横山和宏プロデューサートークレポート

松岡ひとみのシネマコレクション vol.56 映画『52ヘルツのクジラたち』が3 ...

pabjyo5 19
映画『フィリピンパブ嬢の社会学』岐阜CINEX 3月16日公開 舞台挨拶決定!

愛知での先行公開時から観客動員を伸ばしてロングラン公開していた映画『フィリピンパ ...

o1184166415407703643 20
名古屋ミッドランドスクエアシネマでブラジル映画祭3月16日より開幕!

ブラジル映画。皆さんは観たことあるだろうか? 南米発の映画はそういえばあまり観た ...

theaterC6 21
シアターカフェが移転&リニューアルオープン4周年記念開放祭での上映作品を募集中!

名古屋のシアターカフェが開放祭の上映作品を現在公募中だ。 今の場所に移転して4年 ...

★メイン_PLAY! 22
映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』でeスポーツの楽しさを知ろう

IOC(国際オリンピック委員会)主催の世界大会も開かれるほど、今や正式なスポーツ ...

EiganoAsagohan14 23
楽しみなのはおいしいごはん。伝説のお弁当屋さん「ポパイ」と映画の裏側を食から捉えるドキュメンタリー(映画『映画の朝ごはん』)

映画を作るには本当にたくさんの人が関わっている。 映画やドラマ撮影のメイキングを ...

sinnemuro9 24
プロレス好きも、そうでない人も見たら好きになる 映画『無理しない ケガしない 明日も仕事! 新根室プロレス物語』シネマスコーレ舞台挨拶レポート

映画『無理しない ケガしない 明日も仕事! 新根室プロレス物語』公開記念舞台挨拶 ...

tumitoaku13 25
映画『罪と悪』公開記念名古屋舞台挨拶レポート 石田卓也さん、齊藤勇起監督登壇

映画『罪と悪』公開記念舞台挨拶が2月10日名古屋ミッドランドスクエアシネマで開催 ...

netsu1 26
愛した日々の熱が冷めていく中で(映画『熱のあとに』)

東京藝術大学大学院での修了制作『小さな声で囁いて』(2018)がマルセイユ国際映 ...

kanata_9 27
映画『彼方の閃光』名古屋公開記念舞台挨拶レポート 眞栄田郷敦さん、半野喜弘監督登壇

映画『彼方の閃光』公開記念舞台挨拶が1月28日(日)にミッドランドスクエアシネマ ...

©2022 彼⽅の閃光 製作パートナーズ 28
映画『彼方の閃光』ミッドランドスクエアシネマにて舞台挨拶決定

ホウ・シャオシェンやジャ・ジャンクーら名匠たちの作品の映画音楽を手掛け、『アグリ ...

© 2020 Mediaproducción S.L.U., Gravier Productions, Inc. & Wildside S.r.L. 29
映画祭は夢の時間。そこで起きる出来事も夢と言えるのか(映画『サン・セバスチャンへ、ようこそ』)

ウディ・アレンはとにかく精力的に作品を作る。その勢いは年を重ねても変わることはな ...

RemasterDirector_1a5c03258 30
ロイヤル劇場思いやるプロジェクト 35ミリフィルム上映 大林宣彦監督『ふたり』石田ひかりさん、大林千茱萸さんトークレポート

ロイヤル劇場思いやるプロジェクト 35ミリフィルム上映 大林宣彦監督『ふたり』が ...

kakamigaharaeigasai2024_omote 31
第一回各務原映画祭 1月7日開催!短編映画11作品上映。初公開作品も

第一回各務原映画祭が2024年1月7日、岐阜県各務原市のあすかホールで開催される ...

ichiko 32
市子というひとりの人間の存在が刺さる(映画『市子』)

第28回 釜山国際映画祭 ジソク部門に正式出品された『市子』が12月8日(金)よ ...

メインビジュアル 33
2019年インディペンデント映画の大本命として劇場公開された 映画『センターライン』続編『INTERFACE -ペルソナ-』上映が名古屋で決定!!そして『センターライン』配信も!

日本中の映画祭で話題をさらい、2019年のインディペンデント映画の大本命として劇 ...

1701248560153 34
スペースオペラ?ヒーローもの?これぞ日本で作る波乱万丈な特撮映画だ!(映画『BY THE WAY-波乱万丈-』)

自身の夢を諦めて、守ろうとした家族との平和な生活が思いもしないことで壊れたら?し ...

©2023 映画「隣人 X 疑惑の彼女」製作委員会 ©パリュスあや子/講談社 35
Xのいる世界を通して気づく大事なもの(映画『隣人X -疑惑の彼女-』熊澤尚人監督インタビュー)

12月1日公開の映画『隣人X -疑惑の彼女-』。故郷を追われた惑星難民Xの受け入 ...

interface1 36
愛知で撮影! 映画『INTERFACE』シネマスコーレ公開初日舞台挨拶レポート

映画『INTERFACE-ペルソナ-』の公開初日舞台挨拶が名古屋・シネマスコーレ ...

nosenkyo1 37
選挙は面白い!候補者の声を聞き、ペンをとる!選挙ライターを通して選挙を知るドキュメンタリーが愛知上陸!(映画『NO 選挙,NO LIFE』)

選挙の面白さを伝えるフリーランスライター・畠山理仁(50)。国政から地方選、海外 ...

train6 38
大森南朋×須藤蓮×庄司哲也 ロイヤル劇場思いやるプロジェクト 映画『トレインスポッティング』トークレポート

ロイヤル劇場思いやるプロジェクト 須藤蓮セレクト35ミリフィルム上映『トレインス ...

fanfare1 39
映画『ファンファーレ』名古屋舞台挨拶・衣装制作担当:箕浦杏さんトークレポート

映画『ファンファーレ』公開記念舞台挨拶が11月18日名古屋センチュリーシネマで開 ...

ringin18 40
映画『隣人X-疑惑の彼女-』名古屋舞台挨拶付先行上映 上野樹里さん、林遣都さん、熊澤尚人監督トークレポート

12月1日公開の映画『隣人X』舞台挨拶付先行上映が11月16日名古屋ミッドランド ...

saturday_main 41
開戦前夜、上海。幕は開くか(映画『サタデー・フィクション』)

2019年第76回ベネチア国際映画祭コンペティション部門に正式出品されたロウ・イ ...

hanakutasi1 42
映画『花腐し』綾野剛さん、荒井晴彦監督インタビュー

11月10日(金)公開、映画『花腐し』。松浦寿輝の原作を荒井晴彦監督が脚色。ピン ...

20231104173817_IMG_7592_ 43
松岡ひとみのシネマコレクション 映画『愛にイナズマ』ゲスト:石井裕也監督 レポート

松岡ひとみのシネマコレクション Vol.51 映画『愛にイナズマ』が11月4日ミ ...

seiyoku1 44
映画『正欲』第36回東京国際映画祭 最優秀監督賞&観客賞ダブル受賞!11月10日(金)いよいよ公開!

岐阜県出身の小説家・朝井リョウによる小説『正欲』を、監督・岸善幸、脚本・港岳彦で ...

20231021172718_IMG_7355_ 45
第77回CINEX映画塾『まなみ100%』川北ゆめき監督、青木柚さん、中村守里さんトークレポート

第77回CINEX映画塾『まなみ100%』が10月21日(土)、岐阜CINEXで ...

tuki 46
映画『月』伏見ミリオン座公開記念 石井裕也監督 舞台挨拶レポート

映画『月』の名古屋公開記念舞台挨拶が10月22日伏見ミリオン座で開催された。石井 ...

inazuma5 47
本音を隠さずココロのままに生きていく!(映画『愛にイナズマ』)

『舟を編む』をはじめ、発表する作品がどれも国内外で高く評価されてきた石井裕也監督 ...

hanakutasi_5 48
映画『花腐し』名古屋伏見ミリオン座先行上映舞台挨拶レポート

11月10日(金)より全国公開される映画『花腐し』名古屋先行上映が10月24日( ...

©2023 映画「隣人 X 疑惑の彼女」製作委員会 ©パリュスあや子/講談社 49
映画『隣人 X -疑惑の彼女-』滋賀ロケ撮影現場レポート

2022年10月から滋賀県で熊澤尚人監督が新作撮影をしているという情報を聞いてい ...

bishu1 50
【愛知・岐阜】2024年劇場公開映画『BISHU〜世界でいちばん優しい服〜』エキストラ募集!

以前現場レポートをお送りした2024年劇場公開映画『BISHU〜世界でいちばん優 ...

aalt 51
フィンランドの建築家・デザイナー アアルト その仕事の裏に愛する妻がいた(映画『アアルト』

北欧家具は日本でも根強い人気がある。それはおしゃれであることはもちろん、実用性で ...

somedays6 52
映画『SOMEDAYS』名古屋先行上映舞台挨拶レポート

10月6日、映画『SOMEDAYS』の名古屋先行公開を記念してミッドランドスクエ ...

no image 53
岐阜の刃物のまち・関市で特撮怪獣映画始動! 映画『怪獣ヤロウ!』製作開始

岐阜県関市を舞台にした映画の製作が決まった。タイトルは『怪獣ヤロウ!』。ご当地怪 ...

undercurrent1 54
女、突然やってきた男、消えた夫。三人が抱える心の奥底にある思いは……(映画『アンダーカレント』)

映画一本よりなお深い作品だと発表当時評された豊田徹也の漫画「アンダーカレント」が ...

mendou1 55
映画「ぼくらのレシピ図鑑」シリーズ特集上映 大阪・名古屋・神戸で開催決定! 新作『メンドウな人々』他2作品 

地域のおいしいもの×地元の高校生×映画をテーマに地元と協力して制作される映画「ぼ ...

houtei1 56
映画『親のお金は誰のもの 法定相続人』三重先行上映舞台挨拶レポート

映画『親のお金は誰のもの 法定相続人』の三重先行上映、舞台挨拶が9月22日三重県 ...

Screenshot_20230922_200759_Drive 57
映画『私はどこから来たのか、何者なのか、どこへ行くのか、そしてあなたは…』名古屋凱旋上映決定!

映画『私はどこから来たのか、何者なのか、どこへ行くのか、そしてあなたは…』が ...

20230902_141200 58
ロイヤル劇場存続をかけてクラウドファンディング開始! 【ロイヤル劇場】思いやるプロジェクト~ロイヤル、オモイヤル~

岐阜市・柳ケ瀬商店街にあるロイヤル劇場は35ミリフィルム専門映画館として常設上映 ...

hamon12 59
第76回 CINEX映画塾 映画『波紋』 筒井真理子さんトークレポート

第76回CINEX映画塾『波紋』が7月22日に岐阜CINEXで開催された。上映後 ...

seiyou1 60
岐阜CINEX 第17回アートサロン『わたしたちの国立西洋美術館 奇跡のコレクションの舞台裏』トークレポート

岐阜CINEX 第17回アートサロン『わたしたちの国立西洋美術館 奇跡のコレクシ ...

doll5 61
女性監督4人が撮る女性をとりまく今『人形たち~Dear Dolls』×短編『Bird Woman』シアターカフェで上映

名古屋清水口のシアターカフェで9月23日(土)~29日(金)に長編オムニバス映画 ...

sister 62
映画『私の大嫌いな弟へ ブラザー&シスター』公開記念 アルノー・デプレシャン監督舞台挨拶付き上映 伏見ミリオン座で開催決定!

世界の映画ファンを熱狂させる名匠アルノー・デプレシャンが新作『私の大嫌いな弟へ  ...

bakanuri1 63
自分の生きる道を探して(映画『バカ塗りの娘』)

「バカ塗りの娘」というタイトルはインパクトがある。気になってバカ塗りの意味を調べ ...

bishu1 64
「シントウカイシネマ聖地化計画」始動!第一弾「BISHU〜世界でいちばん優しい服〜」(仮)愛知県⼀宮市にて撮影決定‼

株式会社フォワードがプロデュースし、東海地方を舞台にした全国公開映画を毎年1本ず ...

erithabeth1 65
エリザベート40歳。これからどう生きる?(映画『エリザベート1878』)

クレオパトラ、楊貴妃と並んで世界の三大美女として名高いエリザベート皇妃。 彼女の ...

mitoyamane4 66
ポップな映像と音楽の中に見る現代の人の心の闇(映画『#ミトヤマネ』)

ネット社会ならではの職業「インフルエンサー」を生業にする女性を主人公に、ネット社 ...

高野豆腐店の春_場面写真 67
豆腐店を営む父娘にやってきた新たな出会い(映画『高野豆腐店の春』)

尾道で小さな豆腐店を営む父と娘を描いた映画『高野(たかの)豆腐店の春』が8月18 ...

pabjyo5 68
映画『フィリピンパブ嬢の社会学』11/10(金)より名古屋先行公開が決定!海外展開に向けたクラウドファンディングもスタート!

映画『フィリピンパブ嬢の社会学』が 11月10日(金)より、ミッドランドスクエア ...

Yokosuka10 69
『Yokosuka1953』名演小劇場上映会イベントレポート

ドキュメンタリー映画『Yokosuka1953』の上映会が7月29日(土)、30 ...

Yokosuka1 70
海外から届いたメッセージ。66年前の日本をたどる『Yokosuka1953』名古屋上映会開催!

同じ苗字だからといって親戚だとは限らないのは世界中どこでも一緒だ。 「木川洋子を ...

youko4 71
彼女を外に連れ出したい。そう思いました(映画『658km、陽子の旅』 熊切和嘉監督インタビュー)

42才、東京で一人暮らし。青森県出身の陽子はいとこから24年も関係を断絶していた ...

egoist_5 72
第75回CINEX映画塾 『エゴイスト』松永大司監督が登場。7月29日からリバイバル上映決定!

第75回CINEX映画塾 映画『エゴイスト』が開催された。ゲストには松永大司監督 ...

komuragaeri14 73
映画を撮りたい。夢を追う二人を通して伝えたいのは(映画『愛のこむらがえり』髙橋正弥監督、吉橋航也さんインタビュー)

7月15日ミッドランドスクエアシネマにて映画『愛のこむらがえり』の公開記念舞台挨 ...

PSX_20230713_212926 74
あいち国際女性映画祭2023 開催決定!今年は37作品上映

あいち国際女性映画祭2023の記者発表が7月12日ウィルあいちで行われ、映画祭の ...

komuragaeri5 75
映画『愛のこむらがえり』名古屋舞台挨拶レポート 磯山さやかさん、吉橋航也さん、髙橋正弥監督登壇!

7月15日ミッドランドスクエアシネマにて映画『愛のこむらがえり』の公開記念舞台挨 ...

tooi3 76
彼女たちを知ってほしい。その思いを脚本に込めて(映画『遠いところ』名古屋舞台挨拶レポート)

映画『遠いところ』の公開記念舞台挨拶が7月8日伏見ミリオン座で開催された。 あら ...

MKE10-3 77
観てくれたっていいじゃない! 第10回MKE映画祭レポート

第10回MKE映画祭が7月8日岐阜県図書館多目的ホールで開催された。 今回は13 ...

1minutes_5 78
京都はファンタジーが受け入れられる場所(映画『1秒先の彼』山下敦弘監督インタビュー)

台湾発の大ヒット映画『1秒先の彼女』が日本の京都でリメイク。しかも男女の設定が反 ...

received_259295013361207 79
映画『老ナルキソス』シネマテーク舞台挨拶レポート

映画『老ナルキソス』の公開記念舞台挨拶が名古屋今池のシネマテークで行われた。 あ ...

PSX_20230429_093447 80
「ジキル&ハイド」。観た後しばらく世界から抜けられない虜になるミュージカル

ミュージカルソングという世界を知り、大好きになった「ジキル&ハイド」とい ...

math 81
『オールド・ボーイ』のチェ・ミンシク久しぶりの映画はワケあり数学者役(映画『不思議の国の数学者』)

映画館でポスターを観て気になった2本の韓国映画。『不思議の国の数学者』と『高速道 ...

nortoredame 82
全編IMAX®️認証デジタルカメラで撮影。再現率98% あの火災の裏側(映画『ノートルダム 炎の大聖堂』)

2019年4月15日、ノートルダム大聖堂で、大規模火災が発生した。世界を駆け巡っ ...

baby14 83
松岡ひとみのシネマコレクション  映画『ベイビーわるきゅーれ 2ベイビー』 阪元裕吾監督トークレポート

松岡ひとみのシネマコレクション 映画『ベイビーわるきゅーれ 2ベイビー』が4月1 ...

sidebyside1 84
映画『サイド バイ サイド』坂口健太郎さん、伊藤ちひろ監督登壇 舞台挨拶付先行上映レポート 

映画『サイド バイ サイド』舞台挨拶付先行上映が4月1日名古屋ミッドランドスクエ ...

zakodomo1 85
第72回CINEX映画塾 映画『雑魚どもよ、大志を抱け!』足立紳監督トークレポート

第72回CINEX映画塾が3月25日岐阜CINEXで開催された。上映作品は岐阜県 ...

mogiri1 86
片桐はいりさん来場。センチュリーシネマでもぎり(映画『「もぎりさん」「もぎりさんsession2」上映+もぎり&アフタートークイベント』)

センチュリーシネマ22周年記念企画 『「もぎりさん」「もぎりさんsession2 ...

PSX_20230319_165037 87
カンヌ国際映画祭75周年記念大賞を受賞したダルデンヌ兄弟 新作インタビュー(映画(『トリとロキタ』)

パルムドール大賞と主演女優賞をW受賞した『ロゼッタ』以降、全作品がカンヌのコンペ ...

feibru 88
アカデミー賞、オスカーは誰に?(松岡ひとみのシネマコレクション『フェイブルマンズ』 ゲストトーク 伊藤さとりさん))

松岡ひとみのシネマコレクション vol.35 『フェイブルマンズ』が3月12日ミ ...

son 89
親子とは。近いからこそ難しい(映画『The Son/息子)』

ヒュー・ジャックマンの新作は3月17日から日本公開される『The Son/息子』 ...

tyanomi1 90
先の見えない日々を生きる中で寂しさ、孤独を感じる人々。やすらぎはどこにあるのか(映画『茶飲友達』外山文治監督インタビュー)

東京で公開された途端、3週間の間に上映館が42館にまで広がっている映画『茶飲友達 ...

tyanomi5 91
映画『茶飲友達』名古屋 名演小劇場 公開記念舞台挨拶レポート

映画『茶飲友達』公開記念舞台挨拶が2月25日、名演小劇場で開催された。 外山文治 ...

ginpei8 92
第71回 CINEX映画塾 映画『銀平町シネマブルース』小出恵介さん、宇野祥平さんトークレポート

第71回CINEX映画塾『銀平町シネマブルース』が2月17日、岐阜CINEXで開 ...

gokudaru7 93
名古屋シアターカフェ 映画『極道系Vチューバー達磨』舞台挨拶レポート

映画『極道系Vチューバー達磨』が名古屋清水口のシアターカフェで公開中だ。 映画『 ...

wakareru 94
パク・チャヌク監督の新作は今までとは一味も二味も違う大人の恋慕を描く(映画『別れる決心』)

2月17日から公開の映画『別れる決心』はパク・チャヌク監督の新作だ。今までのイメ ...