Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

tooi3

EntaMirage! Entertainment Movie

彼女たちを知ってほしい。その思いを脚本に込めて(映画『遠いところ』名古屋舞台挨拶レポート)

映画『遠いところ』の公開記念舞台挨拶が7月8日伏見ミリオン座で開催された。

あらすじ

沖縄県・コザ。17歳のアオイは、夫のマサヤと幼い息子の健吾(ケンゴ)と3人暮らし。 おばあに健吾を預け、生活のため友達の海音(ミオ)と朝までキャバクラで働くアオイだが、 建築現場で働いていた夫のマサヤは不満を漏らし仕事を辞め、アオイの収入だけの生活は益々苦しくなっていく。マサヤは新たな仕事を探そうともせず、いつしかアオイへ暴力を振るうようになっていた。その後も悪いことが重なっていき、切羽詰まったアオイは、キャバクラの店長からある仕事の誘いを受ける。若くして母となった少女が、連鎖する貧困や暴力に抗おうともがく日々の中でたどり着いた未来とは?

脚本も担当した工藤将亮監督、來河侑希プロデューサーが登壇した舞台挨拶の模様をお届けする。

映画『遠いところ』舞台挨拶レポート

來河侑希プロデューサー(以下 來河P)
「この映画は2018年から取材を開始いたしまして、2022年の7月にチェコのカルロビ・バリ国際映画祭でメインコンペティションに選ばれました。2023年の6月9日から沖縄先行上映、そして7月7日から全国で上映となりました。本日は舞台挨拶をさせて頂ければと思います。スペシャルゲストを早速お呼びしたいと思います。工藤将亮監督です」

工藤将亮監督(以下 工藤監督)
「この映画を監督しました。工藤将亮です。よろしくお願いいたします」

來河P
「この映画のストーリーは実際にあったことなのでしょうか。それとも完全にフィクションなのでしょうか」

工藤監督
「本作は2018年頃から沖縄で僕と來河プロデューサーと沖縄の中曽根さんという女性のプロデューサーと実際に長期にわたり沖縄に滞在して取材を繰り返しながら書いていった本です。最初沖縄に行く前にある程度のプロットというか、大枠、あらすじみたいなものは決めて行ったんですが、沖縄で取材を繰り返すうちに実際に当事者の少女たちの話を聞いたり、児童相談所、社会福祉の方やいろんな方々から少女たちの話を聞いて全然形が変わっていき、いろんなエピソードを彼女たちから聞いて僕が脚本にそれを紡いでいった形になるので、ここで描かれている言葉、セリフやエピソードというのは限りなく実話に基づいている映画です」

來河P
「この映画の主演の花瀬琴音さんの芝居について、演出でこだわった部分はありますか?」

工藤監督
「演出でこだわったというか、演出の方法として実際に彼女たちに撮影する1ヶ月以上前から沖縄の実際にロケ地になったマンションを僕たちが借りて飾っていたんですが、そこに住んでいただきました。そこで当事者の女の子たちに彼女たち自身が取材を繰り返したり、一緒に生活したりする中で彼女たちに脚本の文字を覚えてもらうのではなくて、彼女たちに実際にフィールドワークをして頂くことを繰り返しながら、その撮影日になったらその日にやる台本を渡していくという手法で撮影をしていました」

來河P
「この映画は花瀬琴音さんと出会うまでに半年間いろいろな場所でオーディションをやりまして、沖縄でもオーディションをやりましてだいたい300人ぐらい来ていただきましたね」

工藤監督
「映画のオーディション全体だと多分1200人ぐらいいたと思うんですけど」

來河P
「沖縄ではそれぐらいではなかったですか?」

工藤監督
「沖縄ではそうですね300人、もっといたかもしれないですね」

來河P
「東京のオーディションも入れると1,400人ぐらいの中から選んだわけなんですが、半年ぐらいかかりましたよね。その時に沖縄の方ももちろん選択肢にいる中で花瀬さんを選んだ理由というのは何だったんですか」

工藤監督
「まず1つの要因としては何百人もいる中で東京でオーディションをやった時に最初から彼女はぶっちぎりに良くて彼女にやっていただきたいという気持ちは持っていたんです。もう一つは実際に沖縄のコザに住んでいるような演技者ではない、素人の方たちも含めてオーディションをしていたんですが、沖縄の人にこのアオイという役を演じてもらうのはかなり危険性があるなと思ったんですね。沖縄のこういった問題、この部分を描くにつれて当事者にかなり近い位置に住んでいる素人の方にこの責任を負わすのはかなりリスクがあるということを途中で自分で気づいて。それ以降はもう花瀬さん一択という感じです」

來河P
「僕も取材にずっとついて行っていたので、本当に印象に残っていますが、この映画は「ドキュメンタリーのようだ」とよく言われることがあります。もちろんドキュメンタリーとフィクションは全く撮影方法も違いますし、そもそもアプローチの仕方も違うと思うんですが、監督の取材の仕方が取材をしている感じで取材をしないというか。「あれ?これそういえば何をしていたんだっけ?」というぐらい本当にアオイのモデルになった人の取材もそうなんですが、本当に一緒に遊んでいるような、自然にそうなっていた感じで取材していますよね。取材で気をつけていることはありますか」

工藤監督
「僕たちは児童相談所の職員や、社会福祉の機関の人間ではないですし、教育者でもないです。ましてや政治家でも警察とかでもないので、一人の人間としてこの子たちにパーソナルな部分を聞くにあたって、本当にまず腹を割って普通の会話ができるところからでないと、こういったエピソードを聞けないと思っていたので、そこからのスタートだなと」

來河P
「いきなりカメラを向けたりすることも取材では全くしなかったですし、持っていくこともなかったのではないかなと。本当にメモもほとんど目の前では取っているような感じもしなくて。ただ客観的に聞いてきたものを脚本に反映させていたという感覚がすごくあり、取材対象を傷つけないという感覚が強くあるんだなと。僕は本当にそのやり方にびっくりしたんですが、どこでどうやって脚本を書いたのでしょうか。話を聞いて、普通の会話をしていく中でどういう風にこれは脚本になるなと判断したのでしょうか。コツがあれば教えていただいてもよろしいですか」

工藤監督
「アオイのモデルになった子が何人かいましたが、その子達と仲良くなって、話を聞いていくうちにアオイと自分を同化させていって、自分がアオイ達の気持ちになるまで自分とシンクロさせて脚本を書いていく。シナリオに関してはそういう段階で書いていきました。限りなく彼女たちの目線で書くという明確な答えを導き出しているわけではないんですが、僕が好きな映画は大体お客さんが観て、自分で何か持って帰る映画だったんですよ。アオイのような子たちが実際にいることを知ってもらいたい。死ぬと死なないでやっぱり違うと思うんですよ。そういうことは映画でできる1つの可能性だと思っていて。それがお客さんとの対話だと思っているんです。この映画は絶望して撮ってしまったら、多分絶望なんですよ。ですがこの子たちが希望になる、映画のラストが希望になっていることで、どういった社会がなければダメなのかをほんの少しでも考えるきっかけになってもらえれば嬉しいなと思っています」

沖縄での問題のように見えているが、そうではない。これは日本のどこででも起きている。一人の若き女性、そして母親であるアオイの生き方から今の日本を描いている。アオイが生きるために選択したこと。もっと他に方法があったのではないかとも思うだろう。しかし、彼女にはそれしか術がなかった。自身で選択した生き方が間違っていたと思っても、戻れない。遠いところに行きたい。その心の叫びは観る人の心に痛いくらいに届くだろう。

映画『遠いところ』 https://afarshore.jp/ は現在伏見ミリオン座他で全国順次公開中。

左:工藤将亮監督 右:來河侑希プロデューサー

左:工藤将亮監督 右:來河侑希プロデューサー

tooi1

監督・脚本:工藤将亮
出演:花瀬琴音、石田夢実、佐久間祥朗、長谷川月起、松岡依都美、小倉綾乃、NENE、奥平紫乃、高橋雄祐、カトウシンスケ、中島歩、谷健司、岩永洋昭、米本学仁、浜田信也、尚玄、上地春奈、きゃんひとみ、早織、宇野祥平、池田成志、吉田妙子
配給:ラビットハウス
PG12 ©2022「遠いところ」フィルムパートナーズ

-EntaMirage!, Entertainment, Movie

おすすめの記事はこれ!

houtei1 1
映画『親のお金は誰のもの 法定相続人』三重先行上映舞台挨拶レポート

映画『親のお金は誰のもの 法定相続人』の三重先行上映、舞台挨拶が9月22日三重県 ...

Screenshot_20230922_200759_Drive 2
映画『私はどこから来たのか、何者なのか、どこへ行くのか、そしてあなたは…』名古屋凱旋上映決定!

映画『私はどこから来たのか、何者なのか、どこへ行くのか、そしてあなたは…』が ...

20230902_141200 3
ロイヤル劇場存続をかけてクラウドファンディング開始! 【ロイヤル劇場】思いやるプロジェクト~ロイヤル、オモイヤル~

岐阜市・柳ケ瀬商店街にあるロイヤル劇場は35ミリフィルム専門映画館として常設上映 ...

hamon12 4
第76回 CINEX映画塾 映画『波紋』 筒井真理子さんトークレポート

第76回CINEX映画塾『波紋』が7月22日に岐阜CINEXで開催された。上映後 ...

seiyou1 5
岐阜CINEX 第17回アートサロン『わたしたちの国立西洋美術館 奇跡のコレクションの舞台裏』トークレポート

岐阜CINEX 第17回アートサロン『わたしたちの国立西洋美術館 奇跡のコレクシ ...

doll5 6
女性監督4人が撮る女性をとりまく今『人形たち~Dear Dolls』×短編『Bird Woman』シアターカフェで上映

名古屋清水口のシアターカフェで9月23日(土)~29日(金)に長編オムニバス映画 ...

sister 7
映画『私の大嫌いな弟へ ブラザー&シスター』公開記念 アルノー・デプレシャン監督舞台挨拶付き上映 伏見ミリオン座で開催決定!

世界の映画ファンを熱狂させる名匠アルノー・デプレシャンが新作『私の大嫌いな弟へ  ...

bakanuri1 8
自分の生きる道を探して(映画『バカ塗りの娘』)

「バカ塗りの娘」というタイトルはインパクトがある。気になってバカ塗りの意味を調べ ...

bishu1 9
「シントウカイシネマ聖地化計画」始動!第一弾「BISHU〜世界でいちばん優しい服〜」(仮)愛知県⼀宮市にて撮影決定‼

株式会社フォワードがプロデュースし、東海地方を舞台にした全国公開映画を毎年1本ず ...

erithabeth1 10
エリザベート40歳。これからどう生きる?(映画『エリザベート1878』)

クレオパトラ、楊貴妃と並んで世界の三大美女として名高いエリザベート皇妃。 彼女の ...

mitoyamane4 11
ポップな映像と音楽の中に見る現代の人の心の闇(映画『#ミトヤマネ』)

ネット社会ならではの職業「インフルエンサー」を生業にする女性を主人公に、ネット社 ...

高野豆腐店の春_場面写真 12
豆腐店を営む父娘にやってきた新たな出会い(映画『高野豆腐店の春』)

尾道で小さな豆腐店を営む父と娘を描いた映画『高野(たかの)豆腐店の春』が8月18 ...

pabjyo5 13
映画『フィリピンパブ嬢の社会学』11/10(金)より名古屋先行公開が決定!海外展開に向けたクラウドファンディングもスタート!

映画『フィリピンパブ嬢の社会学』が 11月10日(金)より、ミッドランドスクエア ...

Yokosuka10 14
『Yokosuka1953』名演小劇場上映会イベントレポート

ドキュメンタリー映画『Yokosuka1953』の上映会が7月29日(土)、30 ...

Yokosuka1 15
海外から届いたメッセージ。66年前の日本をたどる『Yokosuka1953』名古屋上映会開催!

同じ苗字だからといって親戚だとは限らないのは世界中どこでも一緒だ。 「木川洋子を ...

youko4 16
彼女を外に連れ出したい。そう思いました(映画『658km、陽子の旅』 熊切和嘉監督インタビュー)

42才、東京で一人暮らし。青森県出身の陽子はいとこから24年も関係を断絶していた ...

egoist_5 17
第75回CINEX映画塾 『エゴイスト』松永大司監督が登場。7月29日からリバイバル上映決定!

第75回CINEX映画塾 映画『エゴイスト』が開催された。ゲストには松永大司監督 ...

komuragaeri14 18
映画を撮りたい。夢を追う二人を通して伝えたいのは(映画『愛のこむらがえり』髙橋正弥監督、吉橋航也さんインタビュー)

7月15日ミッドランドスクエアシネマにて映画『愛のこむらがえり』の公開記念舞台挨 ...

PSX_20230713_212926 19
あいち国際女性映画祭2023 開催決定!今年は37作品上映

あいち国際女性映画祭2023の記者発表が7月12日ウィルあいちで行われ、映画祭の ...

komuragaeri5 20
映画『愛のこむらがえり』名古屋舞台挨拶レポート 磯山さやかさん、吉橋航也さん、髙橋正弥監督登壇!

7月15日ミッドランドスクエアシネマにて映画『愛のこむらがえり』の公開記念舞台挨 ...

tooi3 21
彼女たちを知ってほしい。その思いを脚本に込めて(映画『遠いところ』名古屋舞台挨拶レポート)

映画『遠いところ』の公開記念舞台挨拶が7月8日伏見ミリオン座で開催された。 あら ...

MKE10-3 22
観てくれたっていいじゃない! 第10回MKE映画祭レポート

第10回MKE映画祭が7月8日岐阜県図書館多目的ホールで開催された。 今回は13 ...

1minutes_5 23
京都はファンタジーが受け入れられる場所(映画『1秒先の彼』山下敦弘監督インタビュー)

台湾発の大ヒット映画『1秒先の彼女』が日本の京都でリメイク。しかも男女の設定が反 ...

received_259295013361207 24
映画『老ナルキソス』シネマテーク舞台挨拶レポート

映画『老ナルキソス』の公開記念舞台挨拶が名古屋今池のシネマテークで行われた。 あ ...

PSX_20230429_093447 25
「ジキル&ハイド」。観た後しばらく世界から抜けられない虜になるミュージカル

ミュージカルソングという世界を知り、大好きになった「ジキル&ハイド」とい ...

math 26
『オールド・ボーイ』のチェ・ミンシク久しぶりの映画はワケあり数学者役(映画『不思議の国の数学者』)

映画館でポスターを観て気になった2本の韓国映画。『不思議の国の数学者』と『高速道 ...

nortoredame 27
全編IMAX®️認証デジタルカメラで撮影。再現率98% あの火災の裏側(映画『ノートルダム 炎の大聖堂』)

2019年4月15日、ノートルダム大聖堂で、大規模火災が発生した。世界を駆け巡っ ...

baby14 28
松岡ひとみのシネマコレクション  映画『ベイビーわるきゅーれ 2ベイビー』 阪元裕吾監督トークレポート

松岡ひとみのシネマコレクション 映画『ベイビーわるきゅーれ 2ベイビー』が4月1 ...

sidebyside1 29
映画『サイド バイ サイド』坂口健太郎さん、伊藤ちひろ監督登壇 舞台挨拶付先行上映レポート 

映画『サイド バイ サイド』舞台挨拶付先行上映が4月1日名古屋ミッドランドスクエ ...

zakodomo1 30
第72回CINEX映画塾 映画『雑魚どもよ、大志を抱け!』足立紳監督トークレポート

第72回CINEX映画塾が3月25日岐阜CINEXで開催された。上映作品は岐阜県 ...

mogiri1 31
片桐はいりさん来場。センチュリーシネマでもぎり(映画『「もぎりさん」「もぎりさんsession2」上映+もぎり&アフタートークイベント』)

センチュリーシネマ22周年記念企画 『「もぎりさん」「もぎりさんsession2 ...

PSX_20230319_165037 32
カンヌ国際映画祭75周年記念大賞を受賞したダルデンヌ兄弟 新作インタビュー(映画(『トリとロキタ』)

パルムドール大賞と主演女優賞をW受賞した『ロゼッタ』以降、全作品がカンヌのコンペ ...

feibru 33
アカデミー賞、オスカーは誰に?(松岡ひとみのシネマコレクション『フェイブルマンズ』 ゲストトーク 伊藤さとりさん))

松岡ひとみのシネマコレクション vol.35 『フェイブルマンズ』が3月12日ミ ...

son 34
親子とは。近いからこそ難しい(映画『The Son/息子)』

ヒュー・ジャックマンの新作は3月17日から日本公開される『The Son/息子』 ...

tyanomi1 35
先の見えない日々を生きる中で寂しさ、孤独を感じる人々。やすらぎはどこにあるのか(映画『茶飲友達』外山文治監督インタビュー)

東京で公開された途端、3週間の間に上映館が42館にまで広がっている映画『茶飲友達 ...

tyanomi5 36
映画『茶飲友達』名古屋 名演小劇場 公開記念舞台挨拶レポート

映画『茶飲友達』公開記念舞台挨拶が2月25日、名演小劇場で開催された。 外山文治 ...

ginpei8 37
第71回 CINEX映画塾 映画『銀平町シネマブルース』小出恵介さん、宇野祥平さんトークレポート

第71回CINEX映画塾『銀平町シネマブルース』が2月17日、岐阜CINEXで開 ...

gokudaru7 38
名古屋シアターカフェ 映画『極道系Vチューバー達磨』舞台挨拶レポート

映画『極道系Vチューバー達磨』が名古屋清水口のシアターカフェで公開中だ。 映画『 ...

wakareru 39
パク・チャヌク監督の新作は今までとは一味も二味も違う大人の恋慕を描く(映画『別れる決心』)

2月17日から公開の映画『別れる決心』はパク・チャヌク監督の新作だ。今までのイメ ...