Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

kenen1

EntaMirage! Movie

兄弟(姉妹)だから色々あって面白い(映画『犬猿』吉田恵輔監督インタビュー)

2018/02/01

一人っ子の私は兄弟がいる人たちを羨ましく思っていた。
絶対に勝てない親子喧嘩より勝てる希望のある兄弟喧嘩がしたかったし、
困ったときに助けを求められる最も身近な人物だからだ。

映画『犬猿』は二組の兄弟姉妹を描いているのだが
どうやら私が憧れていた兄弟像はほんの一部だったのかもしれない。
兄弟がいるならいたで葛藤もあるようだ。

印刷会社の営業として地道に働く弟・和成(窪田和孝)と
服役中だったが出所したトラブルメーカーの兄・卓司(新井浩文)。

容姿はあまりよくないが印刷工場を経営し、
何でもそつなくこなす姉・由利亜(江上敬子)と
物覚えが苦手で要領は悪いが男性からちやほやされる
タレント活動中の妹・真子(筧美和子)。
この二組の兄弟姉妹の関係が描かれている。

吉田恵輔監督が来名。
脚本や撮影について伺った。

(注:吉田監督の「吉」の字は正確には「士」の部分が「土」(つちのくち))

Q.姉妹と兄弟のバランスの取り方をどのように脚本の段階から
作っていったんでしょうか。

吉田監督
「理想としては四人全員が主役に見えるようにしたかったんです。
観てくださる方が「自分は四人のどこに当てはまるかな。」
という感じを抱いてくださるといいなと。
誰かに肩入れしてしまうとどうしてもその人中心の脚本になってしまうので
自分の視点を各人物側に変えながら書かないといけないんです。
といいつつ和成が一番話を回す中心にいるんですが、
和成自身が行動を起こさないのでバランスは
うまく取れてるんじゃないかと思います。」

 

Q.キャスティングが決まってからキャラクターの設定を
変えたところはありましたか。

吉田監督
「ほんのちょっとですね。基本は脚本ができた時と変わらないです。
プロデューサーにイメージしたキャストを伝えて
オファーしたところ皆さんオファーを受けていただけて、
決定稿を書き上げる時に筧さんの設定だけ
「胸だけしか取り柄がない。」とひどいワードを付け加えて(笑)
筧さんも決定稿を読んだらさらに悪意のこもったものが増えていて
カチンと来たと言ってましたね。
そこは自虐ネタで行こうよと。それを自分で言えるぐらいでないと
『バードマン』でアカデミー賞は取れない。
俺は『バードマン』を撮ろうとしてるんだと話して
筧さんをうなずかせたというか。
隠そうとするのではなく自虐ネタでさらにそこを芝居でおもしろくやる。
「やろうと思ってもできないでしょ?」というところまでやれば
勝てると思いました。」

 

兄弟×姉妹=映画化実現

Q.男女の兄弟姉妹がぶつかる話は新しいと思ったんですが
どんな構想があったのでしょう。

吉田監督
「僕も初めは男兄弟、女姉妹でそれぞれ別の話を考えていたんです。
それでも面白くなる自信はあったんですけど、
映画ってお金を集めないといけないじゃないですか。
その点ではどちらも苦しいなあと感じていた時に
話をくっつけたらどうなるんだろうと思いついて。
今まで兄弟か姉妹の話はたくさんあるけど
兄弟姉妹の出てくる話はやってないなと思って。
ただそれだけのことなんですけど斬新だなと。
「誰もやったことがない。だからお金集まる!ハンコ押して!」という
勢いで企画を出しました。
「四人の顔が並んでイメージが湧きやすいじゃないですか!」
と話したら成立しましたね。(笑)
この企画のおかげで男ならでは、女ならではのギャップ感も
面白く出せました。」

Q.監督は男性ですが女性の姉妹の関係はどのように掴まれたんですか。

吉田監督
「僕は自分の実体験を元に原作を書くんですが
大体主人公は女性なんですよ。「よく女の子の気持ちわかりますね。」って
言われますけど、そもそも男の子の気持ちもわかってないですからね。
わかってないということは男でも女でも関係ないんじゃないのかなと。
ただ見た目だけの差なんじゃないのかなという気もして。
血液型のA型っぽいとかB型っぽいというのが日本人だけという感覚と
近いというか。割ともしかしたら人間であれば男女に関係なく
共通点があるんじゃないかと思いますね。
といいつつ、作品の中ではちょっとはわかりやすくしています。
男だから力でいくとか、女だからじめじめいくとか(笑)」

Q.和成の役の理解が難しいと感じますが
ご自身の周りで兄弟像をリサーチされたりしたんでしょうか。

吉田監督
「僕は埼玉のスラム街と言われるところで育ったので
ダメなお兄ちゃんを持っている人も知ってますし、
その人自体がダメなお兄ちゃんという
知り合いもいます。知り合いの話には面白い話もいっぱいありますので
そこからヒントを得たものもあります。
和成みたいな人って世の中で言えばまともな人なんですよ。
贅沢はしないし。質素に慎ましくちゃんと生きるみたいな感覚が正しいと
思っているけど根っこのところでは欲にまみれたい自分がいて
それを押さえつけようとしているというか。
さらけだせばいいのにそういう人の方がなんだか
根が深そうで気持ち悪いというか。
そういう人が割と自分の友達にいます。
ちょっと飲もうと言っても安い居酒屋に連れて行きたがって。
「食べるものないじゃん!」って言うと
「いや、腹に入ればみんな一緒だし。」と
言われてしまってなんだかなあって。
僕がブルジョワ的に思われても違うんですけど
ただセコ過ぎてもイラつくというか。」

Q.ニッチェの江上さんとは何か撮影前に話はされたんですか。

吉田監督
「今回が本当に初めての演技なので、頑張って練習しようねと
筧さんと一緒にリハーサルをしてもらいました。
本番になったら男二人がうまいし、その空気感につられるのもあるし。
リハーサルをやったときにこれではだめかもしれないと思ったのか
本番はすごく良くなって。
芝居の役のこういう感情で…という指示を出す以前の問題だったんです。
そこはもうちょっと深い所というかある程度芝居ができる人への
それは言葉であって。芝居が成立してない!というところからの
スタートだったんですけど、江上さんは勘はよかったと思います。
現場の空気を読んで気を遣ってくれました。」

 

Q.和成の車のシーンは和成の心の奥底が出ているところだと思いますが
監督から何か指示されたんでしょうか。

吉田監督
「そんなに言ったりはしなかったですね。
僕はあんまりしゃべらないんですね。
特に自分で本を書いているから芝居の上手い人を呼んでいて。
飛び道具の二人を入れることもありますけど(笑)
基本的にはすごい上手い人と飛び道具の組み合わせで作るんです。
上手い人に関しては自分で本を書いているので
何かあったら聞いてというだけでしかない。
だって書いてあるから。あとはとりあえず見せてと。
人によってはすごく聞いてくる役者さんもいますが
やってみないとわからないという感覚もあるし、
今話して現場に行って見たら気が変わる気もするし。
だからどういう気持ちで演じていたのかも知りません。
考えてやっていたのかもわからないんです。
窪田さんも新井さんもこちらの要求を察知する能力があるんじゃないですかね。
別にこっちが思っているのとは違うプランの演技を持ってきてくれたとしても
それは正解だと思いますし、僕が何かちょうだいと言ったものに対して
出してきた球がどれもいい球だなと思えて違っていると思うものはなかったです。」

Q.姉妹の家を印刷工場の設定にしたのはなぜですか。

吉田監督
「とりあえず男と女の二組の兄弟ものをと考えたことはいいんですが
普通では出会わないじゃないですか。
仕事を通じてならどっちか一人とは出会う可能性があると思いついて。
仕事場って結構難しいなと。僕はピカピカしているものが苦手で
ビルのエントランスとかよりも昭和テイストとかの
味わいのあるものが好きでそうすると工場とかがいいなあと思ったときに、
印刷工場は撮ってなかったなと。
自分の家の近所に印刷工場が多くて。そういうところがいいなあと。
印刷工場で働いている姉妹、おっ、いいなあと。
そこに来る人ってどういう人がいるんだろうと思ったら
どうやら印刷営業マンというのがいるらしくて。
本屋さんに行って印刷営業マンハンドブックというのを買って。
その本にはこういうクレームがあるとか
こういうクライアントには気をつけろとか
営業マンになるためのノウハウが書いてあるわけです。
それって和成がどういう目にあうかというのが書いてあるわけで
ああ、板挟みだわ。面白いなと思って。
でもそうすると兄貴が絡まないなと思って
最後に絡ませるように考えました。」

 

Q.窪田さんと新井さんの役者としての化学反応は監督の目から見てどう感じられましたか。

吉田監督
「特に喧嘩のシーンの言い合いのところなんですが
「自分の方が芝居上手いし。」
「いや、俺の方が上手いし。」っていう感じで
やり合っている感じがするんですけど、
「やりすぎるとなんかずれるよね。」って
お互いバランスを取りながら戦っているというかちょっと面白かったですね。
「あ、プロとプロが戦ってる!」という感じで。
「新井君がすごい!」って思ったら
「窪田君が食って掛かろうとしてる!」という
迫力があって。ただこっちがすごすぎると
カットバックする姉妹は大丈夫か。
これから撮るけど大丈夫かって思いながら見てましたね(笑)」

 

Q.兄はキレやすく、弟はおどおどしている。でも二人で言い争っていくうちにキレる感じは
同じDNAだなって思いますね。

吉田監督
「ま、それは本に書いてあるから逆算して芝居しているんだろうと思いますけど
「今はこれぐらいにしておきますね。」なんてあえてお互い言わないけど
なんとなく雰囲気で出してくる感じがありますね。
だから感覚というかバランスというかが絶妙にいいんですよね。
窪田君はものすごくいい子で笑顔で優しい感じ。
だからこういう役回りちょうどいいんじゃないかなって。
だけどそういう人ほど一歩間違えると危ないかも知れないぞって言う。
新井君は顔面が強いですよね。(笑)
姉妹が顔面を突き合わせるシーンを最初の方に撮っていて
兄弟のシーンは最後の方に撮るので顔面強い人が後だから
これもバランス大丈夫かなあと思いながら撮っていました。」

 

冒頭のキラキラ感あふれる予告編の思惑

Q.冒頭違う作品かと思ってしまった『恋とな』予告を入れ込んだのはなぜですか。

吉田監督
「映画の1カット目をどうするかなと。
初めは和成の車のシーンから始まる予定で
カーラジオから『なごり雪』がかかって
著作権を払っているのにこれから一番いいところという直前で
ぶった切ってやろう、やらなくていいことをやろうと思っていたら
プロデューサーから「無駄なことはやめてください。」って言われて。
それじゃあ車の中から始める意味がない。
絶対やっちゃいけないことをやってみようかなと思って
決定稿であの予告編を差し込んでしまいました。(笑)」

Q.監督が撮りそうにもない作品ですよね(笑)

吉田監督
「そうなんですよ。なので出演している健太郎くんから
「これどんな設定なんですかね。」って聞かれて
「俺だってわかんねえよ。多分タイムリープ系なんだよ。
こういうときはとにかく叫べばいいんだよ!」
とか言いながら自分も何を撮っているか全然わからなくって。
「なんかそれっぽくない?キラキラしてない?」
とか言いながら楽しく撮影しました。
これが実はクランクインで、
1日目は『恋とな』で2日目から『犬猿』が始まるという(笑)
『犬猿』はしかもすべてハンディカメラで撮影しているのに
『恋とな』だけは特機カメラとかを使っていて
一番贅沢な撮影をしているという。」

顔も見たくない関係 → 犬猿の仲

Q.『犬猿』というタイトルはいつつけたんですか。

吉田監督
「これはプロデューサーのアイディアです。
僕はタイトルをつけるのが苦手で。
初めは『顔も見たくない』というタイトルだったんですが
それだと難しそうに見えるのでもっとキャッチーな感じないですかね?
って言われたんですけど思いつかなくて。
プロデューサーから『犬猿』ってどうですか?
と提案があって。それにしようと。
ただ、この『犬猿』っていうタイトル、自分でエゴサーチみたいに
‟犬猿サーチ”しようとすると
この作品だけではなくて「芸能人が犬猿の仲」とか
そういうのが入ってきてしまうんですが(笑)
僕は気に入っています。」

吉田恵輔監督

吉田恵輔監督

 

同じ親から生まれたのにどうしてこんなに違うの?
自分に似ているところもあるから
自分にないものを持つ血を分けた相手が好きになれない。
天敵でもあり、よき理解者でもあり、いや…だからムカつく。

離れたくても離れられない腐れ縁な関係。
あなたならこの四人の誰に共感するだろうか。

映画『犬猿』http://kenen-movie.jp/
2018年2月10日よりテアトル新宿ほかで全国ロードショー。
東海地区では愛知・センチュリーシネマ、ミッドランドシネマ名古屋空港、
安城コロナシネマワールド、ユナイテッド・シネマ豊橋18
岐阜・大垣コロナシネマワールド、静岡・シネシティ ザートで2月10日より公開。
三重・伊勢進富座、静岡・シネマイーラは順次公開予定。

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

20200919_015438 1
MIRAGE THEATRE Vol.1 開催決定! サブカルチャーに浸れ

Cafe mirageが岐阜・柳ヶ瀬の喫茶星時とコラボレーションして開催する一日 ...

villavan2 2
映画&ドラマ公開放送記念!ヴィレッジヴァンガード スーパーファンフェスタ イベントレポート

名古屋が生んだ遊べる本屋「ヴィレッジヴァンガード」。その個性出し過ぎ、そして誰か ...

©2020「名も無い日」製作委員会 3
未来チケット購入で来年公開の名古屋が舞台の映画を応援しよう 映画『名も無い日』日比遊一監督インタビュー①(Mirageなお客様その⑩)

名古屋市の熱田周辺で作られる映画の製作発表があると聞いて取材に行ったのは2018 ...

challenged7 4
映画『Challenged チャレンジド』小栗謙一監督舞台挨拶レポート&インタビュー

映画『Challenged チャレンジド』の公開記念舞台挨拶が9月13日名古屋・ ...

Midway ©2019 Midway Island Productions, LLC All Rights Reserved. 5
映画『ミッドウェイ』公開記念初日トークイベントレポート

第二次世界大戦の中でも、歴史を左右するターニングポイントとなった激戦として知られ ...

©2020『喜劇愛妻物語』製作委員会 6
夫婦のやり取りに笑いがこみ上げる 映画『喜劇 愛妻物語』濱田岳さん 水川あさみさんインタビュー

悲喜こもごもという言葉がある。結婚し、家族として暮らしていると様々な喜怒哀楽があ ...

©2020ソワレフィルムパートナーズ 7
居場所のない二人のかりそめの逃避行(映画『ソワレ』)

彼女に会ったのはある映画の現場だった。 彼女はブルーハワイのクリームソーダをニコ ...

0824福徳神社_032 8
映画『人数の町』完成記者会見レポート

9月4日(金)より全国公開を迎える映画『人数の町』完成記者会見が8月24日行われ ...

©チューリップテレビ 9
映画『はりぼて』 名古屋初日リモート舞台挨拶レポート

映画『はりぼて』名古屋初日リモート舞台挨拶が名古屋・名演小劇場で8月22日10時 ...

©チューリップテレビ 10
身近に広がるはりぼてな世界(映画『はりぼて』)

2016年、富山市議会で次々と議員が辞職する事件が起こった。政務活動費を架空請求 ...

yamanaka5 11
第38回CINEX映画塾 映画『山中静夫氏の尊敬死』村橋明郎監督トークショーレポート

第38回CINEX映画塾『山中静夫氏の尊厳死』村橋明郎監督トークショーが8月1日 ...

©2020「名も無い日」製作委員会 12
映画『名も無い日』キャストコメント到着!

来年公開予定、名古屋で撮影された映画『名も無い日』の場面写真とキャストコメントが ...

コピーライトマーク映画「時の行路」製作委員会 13
非正規雇用を改めて考える(映画『時の行路』)

神山征二郎監督は岐阜出身の監督だ。 今までも家族と共に生きる人々を丁寧に描いてき ...

14
僕らのヴィレヴァンが映画になる!遊べる本屋でサブカル・ウォーズ?(映画『リトル・サブカル・ウォーズ~ヴィレヴァン!の逆襲~』)

名古屋が生んだ、遊べる本屋「ヴィレッジヴァンガード」。本屋に来たのか?雑貨屋に来 ...

namo7 15
名古屋を舞台に3兄弟の数奇な運命を描く『名も無い日』公開決定!名古屋の映画を応援するチケットも発売決定!

熱田神宮での記者発表から2年。いよいよ名古屋で撮影された作品が公開されることが決 ...

ninzuu1 16
欲望が満たされる町の秘密とは?(映画『人数の町』予告映像、ビジュアル解禁)

河瀨直美監督(河瀨の瀨は瀬の旧字体)を審査員長に迎え、2017年に発表された第1 ...

kodera1 17
のぼる姿が美しい小寺さん(映画『のぼる小寺さん』)

自分のすぐ近くで輝いている人はどんな人? 卓球部の近藤が惹かれたのはただただ上を ...

kimigairu5 18
痛みと共に生きていく(映画『君がいる、いた、そんな時。』迫田公介監督舞台挨拶レポート)

日本人とフィリピン人のハーフというだけでいじめられる正哉、給食時間の空気が読めな ...

Die Familien Strelzyk und Wetzel starten den Ballon - Peter Strelzyk (Friedrich Mücke, l.), Doris Strelzyk (Karoline Schuch, r.) und Andreas Strelzyk (Tilman Döbler) 19
気球に乗って国境の壁をこえろ(映画『バルーン 奇蹟の脱出飛行』)

ドイツという国も戦争で翻弄された国の一つだ。東西冷戦の中、ドイツは共産主義の東ド ...

itidomo1 20
伝説の殺し屋、最大の危機!?石橋蓮司が魅せる表と裏の顔(映画『一度も撃ってません』)

石橋蓮司という役者を知ったのはいつの頃なのかもう覚えていない。時代劇や2時間ドラ ...

20190406201104_IMG_0771 21
東海地区の映画館、劇場を応援しよう(応援方法まとめ)

東海地区の映画館、劇場を応援しよう(応援方法まとめ)新型コロナウイルス感染防止の ...

hanamuko encore1 22
国際結婚家族に移住計画勃発?(映画『最高の花婿 アンコール』)

結婚とは結婚する二人だけの話ではない。 二人のそれぞれの家族が大きく関わってくる ...

renren (5) 23
涼夏のここが今ツボ⑦ MIRAGE THEATRE Vol.0 映画『恋恋豆花』名古屋公開前夜祭トーク&ライブによせて

MIRAGE THEATRE VOL.0 映画『恋恋豆花(れんれんどうふぁ)』ト ...

carenin2_1 24
よりよい一日を目指して(映画『ケアニン~こころに咲く花~』)

介護福祉士・大森圭が帰ってきた。2017年の公開から日本全国で上映が続いている『 ...

biglittle5 25
ここは地球に愛される農場(映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』)

自分達で一から作る生活というのは軌道に乗るまでがとても大変だ。 「自然と共存する ...

yamanaka5 26
今だからずっと温めてきたこの映画を撮りたい(映画『山中静夫氏の尊厳死』村橋明郎監督インタビュー)

自分に残された時間があとわずかと知ったらあなたは残りの人生をどう生きるだろうか。 ...

20200307145335_IMG_2835_ 27
映画『恋恋豆花(れんれんどうふぁ)』名古屋初日舞台挨拶レポート

映画『恋恋豆花(れんれんどうふぁ)』名古屋公開初日舞台挨拶が3月7日、名古屋・名 ...

kessan3 28
第37回CINEX映画塾『決算!忠臣蔵』中村義洋監督トークレポート

中村義洋監督が岐阜大学病院をロケ地に撮影した2009年の『ジェネラル・ルージュの ...

rerendoufa1 29
台湾の旅は美味しい出会いの旅(映画『恋恋豆花(れんれんどうふぁ)』)

名古屋から飛行機で約3時間。 日本語がかなり通じる異文化都市・台湾は一度は行って ...

1581834114678 30
涼夏のここが今ツボ⑥ 星能豊がつなげる映画の縁ー特集上映『星能豊 retrospective』ー

私は星能豊のことを今回のイベントチラシにこう書いた。 現場で会った時とスクリーン ...

rerentoufa 31
MIRAGE THEATRE vol.0  映画『恋恋豆花』名演小劇場上映前夜祭!洸美・ミニライブ&今関あきよし監督トークショー 開催決定!

Cafe mirageが今年岐阜柳ケ瀬のカフェ星時とタッグを組んでお送りする企画 ...

goon1 32
Go on 人生は続いていく(映画『轟音』)

片山享という人の作品と出会ったのは2018年のはままつ映画祭だった。 彼の故郷福 ...

hitoyo3 33
第36回CINEX映画塾『ひとよ』白石和彌監督トークレポート

あの日がなければ人生が変わっていたかもしれない、あの日があったから今がある。 そ ...

maeda1 34
我らのブルーオーシャンを開拓せよ!(映画『前田建設ファンタジー営業部』)

永井豪氏原作のアニメ「マジンガーZ」の出撃シーンで登場する地下格納庫兼プールを、 ...

kaze3 35
風は思いを乗せて(映画『風の電話』モトーラ世理奈さん、諏訪敦彦監督インタビュー)

岩手県大槌町のガーデンデザイナーがもう一度死別した従兄弟と話したいと願って自身の ...

his7 36
演じたことで変化する自らの感覚(映画『his』名古屋先行上映舞台挨拶レポート)

昨年『愛がなんだ』が大ヒットし、2020年も監督作が続けて公開される今泉力哉監督 ...

okazaki_main 37
鏡が映す4つの恋愛模様(映画『おかざき恋愛四鏡』)

愛知県岡崎市で撮影された『おかざき恋愛四鏡』が岡崎での先行公開を経ていよいよ1月 ...

midori1 38
「待ってください。ちょっと停めただけじゃない!」「いいえダメです」(映画『ミドリムシの夢』)

ミドリムシとは皆さん、なんのことかご存じだろうか。 普通はユーグレナのことだが今 ...

FF20180522_Stills0219.jpg 39
漁師達のコーラスグループがメジャーデビュー!?(映画『フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて』)

歌が巧いというのは音程が取れるという意味もあるが、それよりも歌をいかに自分のもの ...

theater__d_omote 40
『MIRAGE THEATRE』上映作品募集開始!

  当サイトCafe mirageは2019年に『MIRAGE THE ...

DSC_0409 41
観る者の心をざわつかせる映画『MANRIKI』の引力とは?(名古屋舞台挨拶レポート)

映画『MANRIKI』の公開記念舞台挨拶が12月12日名古屋センチュリーシネマで ...

向こうの家 42
映画『向こうの家』名古屋初日舞台挨拶レポート

映画『向こうの家』の初日舞台挨拶が12月7日名古屋シネマテークで行われた。 『向 ...

CH1 43
3度目の実写シティーハンター、出来栄えは?(『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』)

29日公開『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』は北条司 ...

itukano7 44
第35回CINEX映画塾『いつかのふたり』トークレポート

第35回CINEX映画塾が11月9日岐阜CINEXで開催された。 作品は『いつか ...

inoti2 45
新たな夢は動物園に(映画『いのちスケッチ』)

夢を追っていても、叶えられない人は沢山いる。自身の夢をあきらめることは悔しいが、 ...

IMG_20191111_080319 46
金沢の夜がアツい!ROJIURAシネマ鑑賞レポート(涼夏のこれが今ツボ⑤)

「ROJIURA CINEMA」を観に金沢に出かけた。 岐阜からは特急しらさぎで ...

左:中川龍太郎監督 右:松本穂香さん 47
映画『わたしは光をにぎっている』松本穂香さん、中川龍太郎監督インタビュー

CMや様々なジャンルの映画に多数出演し、注目を集める松本穂香を主演に迎え、中川龍 ...

kagehumi1 48
『月とキャベツ』の縁から生まれた新たな山崎まさよし×篠原哲雄監督作品(映画『影踏み』篠原哲雄監督インタビュー)

映画『月とキャベツ』を毎年上映している映画祭がある。群馬県中之条町で開催される伊 ...

GARO_GEKKOU_0 49
『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』名古屋舞台挨拶レポート&中山麻聖さん、雨宮慶太監督、勇翔さん(BOYS AND MEN)インタビュー

『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』の公開記念舞台挨拶が10月6日109シネマズ名 ...

sousiki1 50
友よ、皆に送られて安らかに逝け(映画『葬式の名人』)

『おくりびと』以降、逝く人を見送る職業の人々を描く映画は沢山作られており、今回も ...

mukounoie1 51
僕の知らないもう一つの森田家(映画『向こうの家』西川監督インタビュー追加)

食卓というのは家族の雰囲気がわかる場所だ。 家族四人で朝ご飯を囲む、幸せな家庭に ...

jimoto8 52
地元ピース!岐阜上映は超満席!!

映画『地元ピース!』の岐阜上映会が6月9日岐阜・柳ヶ瀬のCINEXで行われた。 ...