Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

blueheaven8

EntaMirage! Movie 岐阜推し!

岐阜は大好きな場所なんです(映画『ブルーヘブンを君に』由紀さおりさんインタビュー)

岐阜を舞台にブルーヘブンという青いバラの交配に成功した女性が自身の新たな夢を見つけ、実現を目指す映画『ブルーヘブンを君に』がいよいよ6月11日から全国公開される。

公開を前に主演で冬子役の由紀さおりさんにインタビュー。撮影時のエピソードを伺った。

Q.2018年12月に岐阜県庁での製作発表、2019年5月にクランクイン、2020年6月公開の予定でしたが、1年延期してしまいました。満を持しての公開になりますが、今の気持ちをお聞かせください。

由紀さん
「ようやく封切りにこぎつけたという感じですが、昨日も今日も世の中は日本だけでなく世界的にもまだ新型コロナウイルスの影響が大きいのですが、万全を期してお迎え出来るような体制を映画館の皆様が取っていただけると思っているので機会があればぜひ劇場で観ていただきたいと思っています」

Q.バラ育成家の冬子役のオファーが来た時のお気持ち、岐阜の印象、実際にモデルの河本純子さんとお会いになっての感想をお聞かせください。

由紀さん
「まだ誰も作ったことのない、バイオや遺伝子操作ではなくて自然に交配させたブルーヘブンという青いバラを作った河本さんにお目にかかった時は衝撃というか、バラを作る時に心が折れそうになることは幾度もあったと思うんですが、お育てになったバラを淡々と説明しながらバラ園の中を案内してくださる河本さんを見て、「自分の夢を叶える」と言葉にするとすごく簡単なんですけれど、そういう強い思いが私の中にもあるので、この役をやらせていただいてよかったなと思いました。岐阜が私は大好きな場所で、来るたびに青空がきれい、空が広くてビルがなく、風が囁くように頬を撫でて、そして水辺があって。岐阜羽島から岐阜市内に入る時は川沿いを車で走りますよね。いつもお仕事で行くときにその景色を見ながらそう思っていた私だったので、実際にロケーションが始まってその大好きな川でロケをしたり、私がウォーキングしたりするところをたくさん撮影したので、この広い青い空と緑と水辺をぜひ皆さんに観ていただきたいと撮影している間はずっと思っていました」

Q.由紀さんはいろんな映画作品に出ておられますが、今回が初主演なんですね。何か主演としての特別な意識はありましたか?

由紀さん
「清流国体で岐阜に呼んでいただいてから幼稚園に歌いに行ったり、姉とのコンサートを企画してくださったり、飛騨高山に遊びに行ったりと本当に岐阜でのご縁をたくさんいただいていまして、映画に出演させていただくというチャンス、しかもまさか自分が主演させていただく日が来るなんて思ってもいなかったので嬉しいやらびっくりするやらで、本当に出会いは素晴らしいと実感しています。

映画はチームプレーですからね。主演というよりは地域の皆さんも参加してくださっているじゃないですか。いろんなシーンで参加してくださっているので皆さんが気持ちよく「楽しかったね」と言ってくださって、映画が完成することがすごく大事だと思いましたし、河本さんの家でいろんな場所を拝借して撮影しているときに地元の方がいろんなものを差し入れしてくださったり、ケータリングを用意してくださったり。本当においしいお弁当でした。そういう皆さんのおもてなしが撮影中の緊張を解いてくれました。主演というよりは特にそういうことがとても重要な映画だと認識して参加させていただきました。主役は岐阜という土地、人です」

Q.河本さんのバラ園での撮影、池田山でのハンググライダーの撮影でのエピソードをお聞かせください。

由紀さん
「クランクインが河本さんのバラ園であんなにたくさんのバラの種類があるということにまず驚かされましたし、撮影の時にバラが咲き誇るようにバラ園の方が努力してくださって。香りも素晴らしかったですが、私たちが花束でもらうのは真紅のバラが多いので、あんなにたくさんの種類で彩り豊かなバラを河本さんはお作りになっていたんだなということにびっくりしましたね。河本さんのそれを説明してくださるとき、バラを観るときのまなざしが優しいんです。慈しむという言葉がピッタリ。「あなたが好きなものを言ってくださったらそういうバラを作りたいわ」とおっしゃってくださったのがすごく印象に残っています。

池田山のハンググライダーの場所はあそこから飛ばなくてもいいから一度絶対見た方がいいです。広々としていて下界を見下ろすというか。あそこに立って「うわあ」って声が出ました。岐阜の方でもあそこに登ったことがないという方もおいでになるかもしれませんが、東京はどんどんビルが建って空を見られないところもあるんです。見上げて見えるあの空の広さというのは一番大好きです。そして長良川と揖斐川。あのあたりの河川敷にゴルフ練習場とかがないところがまた素敵ですよね。自然のままにしてくださっているのは貴重です。れんげやたんぽぽなどいろんな草花がロケをしているときもあって、「これセリじゃない?」と話しながら撮影していました。いい天気だったのでその時のロケはすごく楽しかったです。ボイメン(BOYS AND MEN)の小林君が運転するオートバイの後ろに乗って風に吹かれて走るシーンも楽しかったですね」
blueheaven9

Q.蒼汰役の小林豊さん、正樹役の本田剛文さんとの共演はいかがでしたか? 印象を聞かせてください。

由紀さん
「すごく礼儀正しい方で、実際にロケをする時もそうでしたが、試写を観た時にとても二人とも頼もしい感じに見えておばあちゃんとしては本当に嬉しかったなと感じました。柳ゆり菜さん演じる夏芽が私が飛ぶことに関して色々アイデアを出してくださる筋書きですが、柳さんもとても魅力的な方でした。そして私の家族。おかやまはじめさんは朝の連続テレビ小説でも一緒で、その時も息子役をやってくださったので、あら2度目ねと(笑)。家族愛の溢れる映画になったと思いますし、みんながおばあちゃんを大事にリスペクトしてくれているということが一つの芯になっているのはブルーヘブンを作り上げたという河本さんの存在が大きいんじゃないかと思います」

Q.この映画はどの年代の方が観ても気づきのある映画だと思います。この映画に気づかされたことはありますか?

由紀さん
「自分の実年齢にそってこの役をやらせていただこうと思って、普段家の中でくつろいだり、ささやかだけど自宅のベランダで花を育てているときの私を観ていただきたいというような意識で臨みました。河本さんに対するみんなのリスペクトは自分の夢を叶える、有言実行したことにあると思います。夢を成し遂げられたということに若い人もすごいなと思って、そのおばあちゃまを大事にしたいというリスペクトがベースとしてこの映画にはあると思うんです。ある年齢より上になると、外に出ることや若い人と話をするのも面倒くさかったりしてしまうんですが、そうならないように若い方と交流することはとても意味のある大事なことですし、我々の世代が努力しないと振り向いてくれないなとすごくこの映画を通して感じました。ボイメンの皆さんと柳さんと一緒にご飯を食べた時も話題が全部かみ合うわけではないので、ゲームやスマホの話は私にはわからないですが、わからないなら自分から「どうやるの?」と聞くとかしないと。お店のサービスもスマホを使ってのことが多くてわからなければ店員さんにやってもらうとかそういうことも臆せず皆さんの中に入っていかないとダメなんじゃないかと。私は70代になりましたけれども、そういうことを嫌がらずに皆さんもトライしてみたらいかがでしょうと。公園に遊びにいって若い子がいたら話しかけてみるとか。嫌がられたらごめんなさいってその場を立ち去るでもいいじゃない?何か共通のものを見つける努力をお互いにしないと交流は成り立たないということを意識させられましたね」

Q.由紀さんが今後かなえたい夢は何ですか?

由紀さん
「私はドレスを着てバンドの皆さんと一緒に歌うステージ活動が50周年を迎えました。もうひとつは映画、テレビドラマ、ドリフターズの皆さんとのコントを含め、その分野でも50年を一つ区切っておきたいなと言うことがあって4年以上かかりましたがひとり芝居を東京銀座の観世能楽堂で上演したんです。まず最初にお三味線、踊りの稽古を始めて。試演をしてダメなところは見直して一昨年上演しました。去年再演するつもりが出来なくて今年2月に再演させていただいて。本当は名古屋でもと思っていたんですが、第4波に繋がる流れになって中止せざるを得なくなりました。三味線の面白さ、難しさというのを知ってもっと上手くなりたいなと思っています。幅広いジャンルをやっていきたいですね。「夜明けのスキャット」だけではない新しい私を見つけ続けたいです」
blueheaven

映画『ブルーヘブンを君に』https://blueheaven-movie.jp/ は
6月11日より全国公開。

東海地区ではイオンシネマ(大高、名古屋茶屋、ワンダー、岡崎、豊川、豊田KiTARA、長久手、常滑、各務原、津、津南、桑名、鈴鹿、東員)、コロナシネマワールド(中川、小牧、豊川、大垣)、ミッドランドスクエアシネマ、ユナイテッド・シネマ(豊橋18、稲沢)、岐阜CINEXで公開。

岐阜での舞台挨拶レポートはこちらから

 

《キャスト》
由紀さおり、小林豊( BOYS AND MEN )、柳ゆり菜、本田剛文 BOYS AND MEN )、おかやまはじめ、岩橋道子、柊瑠美、
鈴木信二、関口アナン、松嶋亮太、中田圭祐、小池里奈、田村侑久( BOYS AND MEN )(友情出演)、寺泉憲、大和田獏、寺脇康文
《スタッフ》
監督:秦建日子『キスできる餃子』『クハナ!』 脚本:秦建日子、小林昌 2020 年/ 93 分/アメリカンビスタ
配給:ブロードメディア
©2020 「ブルーヘブンを君に」製作委員会 配給:ブロードメディア
©2020
「ブルーヘブンを君に」製作委員会

-EntaMirage!, Movie, 岐阜推し!
-

おすすめの記事はこれ!

mikaeri1 1
見返りを求める男と恩を仇で返す女。その先にあるもの(映画『神は見返りを求める』)

タイトルを聞いたとき「神は見返りをもとめない」ものじゃないの?と思った。ただ、そ ...

MKE2022_24 2
3年ぶり開催!第9回MKE映画祭レポート

第9回MKE映画祭が6月18日岐阜県図書館多目的ホールで開催されました。 3年ぶ ...

PLAN75_1 3
生き続けていくことはいけないことか(映画『PLAN 75』)

少子高齢化社会となった日本には様々な問題がある。老老介護、孤独死、虐待という家庭 ...

huyusoubi9 4
映画『冬薔薇(ふゆそうび)』伊藤健太郎さん、阪本順治監督登壇名古屋舞台挨拶レポート

映画『冬薔薇(ふゆそうび)』の公開記念舞台挨拶が6月11日名古屋ミッドランドスク ...

kimiton 5
女子高生、日本の経済にもの申す!(映画『君たちはまだ長いトンネルの中』なるせゆうせい監督インタビュー)

2019年に発売されネット上で話題を呼んだ漫画「こんなに危ない!? 消費増税」を ...

officer1 6
自身の信念のもとに冤罪を暴く(映画『オフィサー・アンド・スパイ』)

捏造、冤罪。あってはならないのだが、どの時代にも起こる出来事だ。 フランスで起こ ...

otona_4 7
木竜麻生さん登壇!メ~テレ映画祭『わたし達はおとな』先行上映舞台挨拶レポート

今年開局60周年を迎える名古屋のテレビ局メ~テレは映画製作にも非常に力を入れてい ...

20soul1 8
今も受け継がれる神曲・市船Soul。それは魂がこもる大切な曲(映画『20歳のソウル』)

ある番組の吹奏楽の旅を観る度に号泣している。 私は決して吹奏楽部ではない。コーラ ...

haganeiro9 9
OUTRAGE×現代の若者 名古屋で生きる人達(映画『鋼音色の空の彼方へ』舞台挨拶レポート)

コロナ禍を経て、名古屋発の映画が奇しくも同じ日に2本公開された。一本は先日紹介し ...

mamoriya8 10
僕らの映画はここからはじまったばかり(映画『護り屋「願い」』舞台挨拶レポート)

名古屋発の映画が『護り屋「願い」』が5月20日に公開された。 映画『護り屋「願い ...

creatures 11
人気映画を支えてきた特撮、特殊効果のクリエイター達(映画『クリーチャー・デザイナーズ 特殊効果の魔術師たち』)

映画にはさまざまなジャンルがある。その中でも私たちを日常にはない興奮に誘ってくれ ...

received_2215697365258741 12
「灰色の家族」という台本(物語)が呼び覚ます忌まわしい記憶 KURAGE CLUB新作『灰色の家族』上映会開催

名古屋の自主映画団体KURAGE CLUBが新作『灰色の家族』の上映を5月22日 ...

sanka1 13
撮りたいという強い思いの結晶がいよいよ公開(映画『山歌』)

山の中を漂流して暮らす人々が戦後あたりまでいたことを知ったのは「やすらぎの刻」と ...

bokemasukara1 14
第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあさん』信友直子監督トークレポート

第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあ ...

ashitajyugyou6 15
『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 シアターカフェ 舞台挨拶レポート

『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 が4月30日から ...

Ngoutou1 16
映画『N号棟』公開初日 萩原みのりさん、後藤庸介監督登壇 舞台挨拶レポート

とある地方都市に、かつて霊が出るという噂で有名な団地があった。このとある地方都市 ...

sikei 17
阿部サダヲ×シリアルキラー榛村大和が更なる魅力を生む(映画『死刑にいたる病』白石和彌監督・阿部サダヲさんインタビュー)

白石和彌監督の作品にはいつも心を持っていかれる。 5月6日(金)から公開の新作『 ...

ashitajyugyou6 18
ゴールデンウィークに『あした、授業参観いくから』+安田真奈監督ショートフィルム選 上映 シアターカフェで

安田真奈監督とお会いしたのはあいち国際女性映画祭だった。 『36.8℃ サンジュ ...

cmoncmon 19
『パリ13区』『カモン カモン』モノクロの魅力を知りたい二作品

4月22日(金)公開の作品には偶然にもモノクロ映画が2作品ある。 『ジョーカー』 ...

sikei 20
白石和彌監督、阿部サダヲさん登壇! 映画『死刑にいたる病』名古屋先行上映舞台挨拶レポート

映画『死刑にいたる病』舞台挨拶付き先行上映会が4月16日、名古屋ミッドランドスク ...

truth11 21
第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』堤幸彦監督、広山詞葉さん、生島翔さんトークレポート

第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』が3月27日岐阜CINE ...

received_348460247337278 22
映画の街・岐阜が動き出す  映画『逆光』とのコラボで柳ケ瀬が70年代一色になる?! 映画『逆光』試写会 トークレポート

4月4日、岐阜ロイヤル劇場にて映画『逆光』の試写会と須藤蓮監督の舞台挨拶が行われ ...