Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

blueheaven1

EntaMirage! Movie 岐阜推し!

映画『ブルーヘブンを君に』完成披露舞台挨拶レポート

映画『ブルーヘブンを君に』の完成披露舞台挨拶が 4月24日岐阜市の岐阜清流文化プラザ 長良川ホールで行われた。

今日が一般向けとしては初めての上映となる。

『ブルーヘブンを君に』は作ることは不可能と言われていた青いバラ・ブルーヘブンを作ることに成功したバラ育成家をモデルに新たな夢の実現に孫とその周りの家族や人々と向かっていくストーリー。

上映前の舞台挨拶に主演で冬子役の由紀さおりさん、冬子の孫・蒼汰役の小林豊さん、正樹役の本田剛文さん、秦建日子監督が登壇した。

由紀さおりさん
「本来なら昨年 皆様に見て頂く予定で一昨年撮影した作品ですが、ようやっと皆様に見ていただける機会ができたことを本当に嬉しく思っております 。冬子をやらせていただいて河本さんとご縁を頂戴してブルーヘブンという青いバラをお作りになるという自分の夢を心折れることなく実現させたお方の芯の強さと決意の深さとでも申しましょうか、そんな河本さんにお目にかかってこんな感じの雰囲気が出せたらいいなと、そして地域の皆様と一緒に作らせていただくとても大事な映画でしたので、そういう意味でも楽しく現場に伺わせていただいてたということをご報告させていただきます。これからご挨拶させていただくと思いますが、このボイメンの二人にも本当に支えてもらいました。今日は楽しく見ていただければと思います。よろしくお願いいたします」

由紀さおりさん

由紀さおりさん

小林豊さん
「冬子の孫・蒼汰を演じましたBOYS AND MEN の小林豊です。すごく温かい作品が仕上がったと思っています。それに一年越しに公開になってこうやってまず撮影した場所、岐阜の方に観ていただけるということを嬉しく思っております」

本田剛文さん
「冬子の孫で蒼汰の弟・正樹を演じましたBOYS AND MENの本田剛文です。岐阜県の豊かな自然と 住んでいらっしゃる皆さんの暖かい応援、支えがあって出来上がった映画だと思っています。そんな心温かい物語で皆さんに恩返しできるのではないかと思っております。今日はよろしくお願いいたします」

秦建日子監督
「監督、原作、脚本をやらせていただきました秦建日子です。大好きな岐阜で長年ずっと憧れていた由紀さおりさん主演の映画を撮って、そしてこうして完成披露試写を出来る。僕にとっては第二の故郷に帰ってこられたことを幸せに思っております。今日は最後まで楽しんでいただければと思います」

Q.待ちにまったこの日を迎えましたが、由紀さんとしてはどんなお気持ちですか?

由紀さおりさん
「昨年は私たちも一本もコンサートができない状態でして、本当にこの日を待ち望んで迎えることができたというのが正直な気持ちです。岐阜に来るたびに空が広くて水がきれいでそして河川敷にはゴミ一つない。そういったものが見つからない大好きな岐阜の地でこういう作品に参加させて頂く機会を頂けたということはまずとても幸せなことでございました」

Q.由紀さんは沢山映画に出ておられますが、今回か初主演だそうですね。

由紀さおりさん
「本当に私で大丈夫なのかなという気持ちもありましたが、この作品に出会えてそういう機会を頂けたということで、そこに暮らしていらっしゃる皆さんの中で演じるということがすごく大事なことだったと思います。 ブルーヘブンというバラを作られた方の思いと私たちの年頃でもまだまだ時間をいただけるような時代になりましたので、そこをどう暮らしていくか、夢を持って若い人たちと交流を持ちながら生きていくということの素晴らしさ、楽しさ、 それを感じるためには私たちも努力をしていかなければいけないんじゃないかということを皆様に伝えていければいいと思っていつも現場に行かせていただきました。とてもほっこりした楽しい現場でした」

Q.どうして主役に由紀さんを起用されたんでしょうか?実際に起用されていかがでしたか?

秦建日子監督
「今回話の中では切ない部分や悲しい部分もあるんですが、映画としてはとっても明るくてハッピーなオーラに満ちた映画にしたかったので、主演の女優さんには登場されるだけで明るさで皆さんが包ま れるような方がいいなと思っていたんですね。それは僕の中では由紀さおりさんしかいらっしゃらなくて一度もお会いしたことはなかったんですが、図々しくもオファーしに行きたいとお願いして。スタッフからもそれは素晴らしいんじゃないかとオファーをしていただけて。由紀さんにもご快諾いただいて 本当に第一希望のキャスティングで映画が撮ることができました。由紀さんが現場で不機嫌だったところを見たところことがないですし、本当に仕事に対する緊張感がありまして由紀さんが入られると、現場がピッと引き締まる空気になりまして非常に心地よく緊張感をもってみんなで楽しく撮影ができました。本当に素晴らしくてそれ以上の言葉がないですね」

秦建日子監督

秦建日子監督

Q.由紀さんと共演いかがでしたか?

小林豊さん
「由紀さんが初の主演ということで僕たちも盛り上げていかないとと初めは思っていたんですが、撮影に行って由紀さんとご一緒しているとすごいハッピーなオーラに包まれて良いのか悪いのかわかりませんが、そういった思いというのは忘れてしまうぐらいすごく楽しくて。こうやって楽しんで撮影することが地域の皆さんと映画を盛り上げていくことになりますし、岐阜を盛り上げたりることに繋がっていくのかなと思いました。 僕自身はもうあまり深く、固くは考えず楽しく一緒に過ごさせていただきました」

秦建日子監督
「撮影していないときも孫みたいでした」

小林豊さん
「甘えさせていただきました。大丈夫でしたか?」

由紀さおりさん
「バッチリよ!」

本田剛文さん
「僕は役柄的に兄貴よりもしっかり者の立ち位置だったこともあるんですけれども、由紀さんとご一緒させて頂いて思ったのがシーンが始まった瞬間から僕はおばあちゃんのために何とかしてあげたいという気持ちになって。時には甘えたい気持ちにもなっていたんですけれども、それは由紀さんのお人柄だとも思いますし、由紀さんが演じられた冬子さんの姿があまりにも魅力的だからだったんだなと試写で見て改めて感じました」

由紀さおりさん
「実際に現場で彼らと関わったわけですけれども、試写で彼らを観たときに二人とも逞しいんだなと思って見直したところもあって。すごく素敵な男の子達でした。なのでこれからも長くお友達でいたいと思いました(笑)。かわいらしくて逞しくって。こういうお孫さんがいる家は羨ましいなと思いました。おばあちゃんと呼ばれることは初めはドキッとしましたが嫌ではなかったです。愉しゅうございました」

Q.これは全部岐阜での撮影ですか?

秦建日子監督
「オール岐阜ロケです」

由紀さおりさん
「池田山に登ったことがおありになる方いらっしゃいますか?(客席を観て)少ないわね。あそこに是非行ってみてください。今どうしても気持ちがふつふつと前かがみになってしまいますけれども、あそこに行くと眼下に街並みが広がっていて空が高くてわーってなって自分の胸元がパッと広がるような感じでそこで深呼吸をするとすごく気持ちがいい場所だと思います。飛ばなくてもいいけれどもぜひ行ってみて頂きたいと思う素敵な場所でしたね」

秦建日子監督
「映画の中でもそういうシーンがあるんですが、着いた瞬間に由紀さんがわーってパラグライダーが飛ぶところに走っていかれてちょっと慌てたくらいです」

小林豊さん
「場面写真で何枚かもう公開されていますが、あの写真を観るだけでその景色が思い浮かぶんですよ。映画の撮影地としてだけではなく、心に残る景色が沢山ありました」

小林豊さん

小林豊さん

本田剛文さん
「大自然の中の撮影もありましたが、街のショッピングモールとか岐阜の地域に根付いた皆さんが普段生活している場所で撮影出来たのは、自分の役柄にも深く入ってきた気がします。岐阜の人間なんだと落とし込むことが出来て楽しかったです。あと、おいしいものが沢山ありましたね」

Q.観ていただく上でのポイントを教えてください

由紀さおりさん
「実年齢の普段の私を観ていただくことはあまりありませんが、自分の家のベランダで花のお手入れをしているそんな私がいると思いますので、そのままの私を観ていただければと思います」

小林豊さん
「一番大好きなシーンは冬子と蒼汰が一緒にバイクに乗っているシーンです。耳元で聞こえてくる由紀さんの声にすごくときめきます。そのシーンはキュンキュンして観てもらえるのではないかと思います。恋愛ストーリーになっています」

本田剛文さん
「嘘つき!お孫さんでしょ?」

小林豊さん
「(笑)。素敵なシーンなので目に焼き付けていただければと思います」

本田剛文さん
「ときめきと言う言葉がありましたが、正樹には本当にときめきキュンキュンシーンがあります。撮影中僕もドキドキしておりました。その緊張感が露骨に滲み出たシーンがありますので、ウブで奥手な本田が演じる正樹という男を注目していただければと思います」

本多剛文さん

本多剛文さん

小林豊さん
「こんな笑顔の表情ないですから(笑)」

秦建日子監督
「今回エンドロールが流れた後にもうワンシーンあります。由紀さんお一人のシーンなんですが、台本にはなくて撮影中に閃きまして、撮影のスケジュールには入ってないけど絶対撮りたいとダメ元で由紀さんにお願いしました。あのシーンがあるのとないのとではこの映画は大きく違うと思っていてどうかエンドロールでお立ちにならずにまだあるんだなと楽しみにしていただければ嬉しいです」

blueheaven7

映画『ブルーヘブンを君に』https://blueheaven-movie.jp/ は
6月11日より全国公開。

東海地区ではイオンシネマ(大高、名古屋茶屋、ワンダー、岡崎、豊川、豊田KiTARA、長久手、常滑、各務原、津、津南、桑名、鈴鹿、東員)、コロナシネマワールド(中川、小牧、豊川、大垣)、ミッドランドスクエアシネマ、ユナイテッド・シネマ(豊橋18、稲沢)、岐阜CINEXで公開。

《キャスト》
由紀さおり、小林豊( BOYS AND MEN )、柳ゆり菜、本田剛文 BOYS AND MEN )、おかやまはじめ、岩橋道子、柊瑠美、
鈴木信二、関口アナン、松嶋亮太、中田圭祐、小池里奈、田村侑久( BOYS AND MEN )(友情出演)、寺泉憲、大和田獏、寺脇康文
《スタッフ》
監督:秦建日子『キスできる餃子』『クハナ!』 脚本:秦建日子、小林昌 2020 年/ 93 分/アメリカンビスタ
配給:ブロードメディア
©2020 「ブルーヘブンを君に」製作委員 会 配給:ブロードメディア
©2020
「ブルーヘブンを君に」製作委員会

-EntaMirage!, Movie, 岐阜推し!
-

おすすめの記事はこれ!

mikaeri1 1
見返りを求める男と恩を仇で返す女。その先にあるもの(映画『神は見返りを求める』)

タイトルを聞いたとき「神は見返りをもとめない」ものじゃないの?と思った。ただ、そ ...

MKE2022_24 2
3年ぶり開催!第9回MKE映画祭レポート

第9回MKE映画祭が6月18日岐阜県図書館多目的ホールで開催されました。 3年ぶ ...

PLAN75_1 3
生き続けていくことはいけないことか(映画『PLAN 75』)

少子高齢化社会となった日本には様々な問題がある。老老介護、孤独死、虐待という家庭 ...

huyusoubi9 4
映画『冬薔薇(ふゆそうび)』伊藤健太郎さん、阪本順治監督登壇名古屋舞台挨拶レポート

映画『冬薔薇(ふゆそうび)』の公開記念舞台挨拶が6月11日名古屋ミッドランドスク ...

kimiton 5
女子高生、日本の経済にもの申す!(映画『君たちはまだ長いトンネルの中』なるせゆうせい監督インタビュー)

2019年に発売されネット上で話題を呼んだ漫画「こんなに危ない!? 消費増税」を ...

officer1 6
自身の信念のもとに冤罪を暴く(映画『オフィサー・アンド・スパイ』)

捏造、冤罪。あってはならないのだが、どの時代にも起こる出来事だ。 フランスで起こ ...

otona_4 7
木竜麻生さん登壇!メ~テレ映画祭『わたし達はおとな』先行上映舞台挨拶レポート

今年開局60周年を迎える名古屋のテレビ局メ~テレは映画製作にも非常に力を入れてい ...

20soul1 8
今も受け継がれる神曲・市船Soul。それは魂がこもる大切な曲(映画『20歳のソウル』)

ある番組の吹奏楽の旅を観る度に号泣している。 私は決して吹奏楽部ではない。コーラ ...

haganeiro9 9
OUTRAGE×現代の若者 名古屋で生きる人達(映画『鋼音色の空の彼方へ』舞台挨拶レポート)

コロナ禍を経て、名古屋発の映画が奇しくも同じ日に2本公開された。一本は先日紹介し ...

mamoriya8 10
僕らの映画はここからはじまったばかり(映画『護り屋「願い」』舞台挨拶レポート)

名古屋発の映画が『護り屋「願い」』が5月20日に公開された。 映画『護り屋「願い ...

creatures 11
人気映画を支えてきた特撮、特殊効果のクリエイター達(映画『クリーチャー・デザイナーズ 特殊効果の魔術師たち』)

映画にはさまざまなジャンルがある。その中でも私たちを日常にはない興奮に誘ってくれ ...

received_2215697365258741 12
「灰色の家族」という台本(物語)が呼び覚ます忌まわしい記憶 KURAGE CLUB新作『灰色の家族』上映会開催

名古屋の自主映画団体KURAGE CLUBが新作『灰色の家族』の上映を5月22日 ...

sanka1 13
撮りたいという強い思いの結晶がいよいよ公開(映画『山歌』)

山の中を漂流して暮らす人々が戦後あたりまでいたことを知ったのは「やすらぎの刻」と ...

bokemasukara1 14
第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあさん』信友直子監督トークレポート

第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあ ...

ashitajyugyou6 15
『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 シアターカフェ 舞台挨拶レポート

『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 が4月30日から ...

Ngoutou1 16
映画『N号棟』公開初日 萩原みのりさん、後藤庸介監督登壇 舞台挨拶レポート

とある地方都市に、かつて霊が出るという噂で有名な団地があった。このとある地方都市 ...

sikei 17
阿部サダヲ×シリアルキラー榛村大和が更なる魅力を生む(映画『死刑にいたる病』白石和彌監督・阿部サダヲさんインタビュー)

白石和彌監督の作品にはいつも心を持っていかれる。 5月6日(金)から公開の新作『 ...

ashitajyugyou6 18
ゴールデンウィークに『あした、授業参観いくから』+安田真奈監督ショートフィルム選 上映 シアターカフェで

安田真奈監督とお会いしたのはあいち国際女性映画祭だった。 『36.8℃ サンジュ ...

cmoncmon 19
『パリ13区』『カモン カモン』モノクロの魅力を知りたい二作品

4月22日(金)公開の作品には偶然にもモノクロ映画が2作品ある。 『ジョーカー』 ...

sikei 20
白石和彌監督、阿部サダヲさん登壇! 映画『死刑にいたる病』名古屋先行上映舞台挨拶レポート

映画『死刑にいたる病』舞台挨拶付き先行上映会が4月16日、名古屋ミッドランドスク ...

truth11 21
第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』堤幸彦監督、広山詞葉さん、生島翔さんトークレポート

第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』が3月27日岐阜CINE ...

received_348460247337278 22
映画の街・岐阜が動き出す  映画『逆光』とのコラボで柳ケ瀬が70年代一色になる?! 映画『逆光』試写会 トークレポート

4月4日、岐阜ロイヤル劇場にて映画『逆光』の試写会と須藤蓮監督の舞台挨拶が行われ ...