Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

©2020「名も無い日」製作委員会

EntaMirage! Entertainment Movie

名古屋を舞台に製作されたある家族の物語(映画『名も無い日』日比遊一監督インタビュー)

愛知県名古屋市発信の映画『名も無い日』。

記者発表から3年。満を持して公開された(全国公開は6月11日から)。
カメラマンでもある日比遊一監督が自身に起きた実話を元に描いた作品だ。公開を前に日比監督にお話を伺った。

Q.驚くほどの豪華キャストですね。

日比監督
「そうですね。なかなか狙って集まるメンバーじゃないと思います」

Q.永瀬さんは写真も撮っていらっしゃるのでその辺りにシンパシーを持ってオファーされたということもありますか?

日比監督
「今まで写真家が主人公の映画を観てきて「こうしたくないな」というのは色々とありました。ある時、写真家としての永瀬さんに密着する番組を観たんです。それを観てこの人しかいないなと。俳優として小道具の扱い方ってとても大切なことだと思うんです。例えば医者の役を演る時にメスの持ち方を勉強するというのは俳優としては当たり前だと思うんですが、永瀬さんはカメラの扱い方が自然で馴染んでいる。やっぱり自分の分身なので特に今回はそういう部分にはこだわりました」

Q.作品の中でカメラを握っている永瀬さんは本当に使い慣れている感じがします。永瀬さんが実際に陶芸を撮影された作品も拝見したことがありますが、すごく好きです。

日比監督
「映画というのは主人公が背負ったものが実際に見えなくても投影されていないといけないじゃないですか。永瀬さんはそれをセリフなしで背負える数少ない日本の俳優だと思います」

namo7

Q.映画の中でも「写真は撮る人の想いなんだ」という台詞が出てきますね。

日比監督
「僕は魂は写ると思っています。僕は写真の学校にも映画の学校にも行ったことがありません。唯一行ったことがあるのは俳優学校です。俳優になろうと思って東京に行きました。写真については何もわからなくて。当時のフラストレーションを写真に映し込んでいったという記憶があります。写真家になりたいと思って始めたわけではないんですが、皮肉なことに最初に認められたのが写真でした。写真を撮り始めたのはオーディションにいくために宣材写真が必要だけど、写真家に撮ってもらうのが高い上に自分で納得が出来なくて。それなら自分で撮った方がいいと自分の写真を撮り始めたのがきっかけです。俳優としては、自分は才能がないと早いうちに気づいたんですが、なにかが形になるまでは帰国しないと意固地になっていたのかもしれません。自分で舞台をプロデュースして、自分で演じるということをやっていくうちに、演出がやりたいと思うようになりました。それなら舞台じゃなくて映画だと。写真は絵が下手なのでストーリーボードを作るためにも色々撮ってましたね」

Q.観終わった後、写真を撮ったみたいに一つ一つ思い出せるそんな素敵なシーンばかりでした。

日比監督
「写真にも共通しているんですが、絵の切り取り方は意識してます。ポストカードみたいな絵や構図は嫌いなんです。」

Q.家の中の美術についてもこだわりを感じます。時間の経過が見事といいますか。

日比監督
「自分の記憶に残る実家の姿を忠実に再現しています。出来上がったものを見たときは涙が出ましたね。美術担当の方、スタッフの皆さんのお陰です」

Q.監督にとって熱田は故郷です。ご自身をテーマに撮りたいと思われたのはいつ頃からだったんでしょうか。

日比監督
「私は名古屋市熱田区に生まれ、高校卒業後に俳優を志してアメリカに行きました。その後、ニューヨークで写真家としてようやく認められ、念願だった映画監督のチャンスに恵まれました。しかしその矢先に、実家に住む弟の悲報を聞きました。急遽名古屋に戻り、弟の生活の跡を目の当たりにした時、自分がこれまでにしてきたことを考え、罪悪感に苛まれました。それからどうしようもない自分の想いを書き貯めていきました。死んでしまった弟に手紙を書いたこともあります。そんなことを繰り返していくうちに、今、自分が向き合っていることは、実はもっと根本的なことで、普遍的なものではないかと思い始めたんです。

©2020「名も無い日」製作委員会

©2020「名も無い日」製作委員会

人間には一つの共通項がある。それは、この世に生まれてくること、そして死んでいくことです。それは好き嫌いの問題ではない。受け入れる受け入れられないということでもない。人間にとって避けられないテーマです。そんな弟の死が、自分の中で突然一本の木の幹のようなものとして生え始めたのがきっかけでした」

Q.名古屋弁がとてもネイティブなセリフ回しに感じました。永瀬さんが名古屋弁を話している!と新鮮で。指導は地元の方もされたのでしょうか。

日比監督
「指導には地元の方にも入っていただいていますが、主人公の設定は25年間ニューヨークに居るという設定なんで、その辺は私自身のしゃべり方というか、俳優さんが演技をする上で差し支えのない程度にしたつもりです。言葉の持つ音は、ある種の音楽です。コテコテの名古屋弁ではなく、そこに息づく人たちの響きをきちんと表現したいという気持ちがありました」

Q.草村礼子さんの味がある演技が好きです。

日比監督
「草村さんは撮影の前日に名古屋入りしてくださって。名古屋に住む昔からの友人がいらっしゃるみたいで事前にチェックをしてもらったと。実際に、私の祖母がモデルになっているので、一行一行、「本当にこれで良いですか、こんな感じ?」とおっしゃいながら細かくチェックされていましたね」

Q.岡崎紗絵さんは愛知県出身だそうですね。

日比監督
「何十人という人をオーディションさせてもらって、迷いなく彼女に決めました。なんと岡崎さんのお父さんの出身校が名古屋というぐらいならわかるんですけど、熱田区の白鳥小学校。撮影の途中に彼女から言われたんです。「監督って白鳥小学校ですか?」って。「どうして?」と聞き返したら「うちの父親白鳥小学校なんです」って言うんですよ。「えー!」とびっくりして。年齢を聞いたら僕より一つ上だと聞いて心底びっくりしました」

Q.もしかしたら学校の廊下とかですれ違っていたりしていたかもということですね。

日比監督
「あったかもしれないですね。同じ時期に同じ小学校にいたってことですから。凄い偶然ですよね」

Q.大久保佳代子さんは三河地方のご出身ですが、愛知県出身ということでの起用ですか?

日比監督
「大久保さんのことはテレビでしか拝見したことがなかったのですが、最初から彼女がいいなと思っていました。バラエティ番組では一見好き放題言うキャラのタレントさんですが、彼女の持つオーラというか、エネルギーに優しさを感じていました。直子という役のもつ優しさと、大久保さん自身が重なったんです。現場では「私は三河生まれで、生粋の名古屋人じゃないんです」と、名古屋弁には少し手こずっていましたが、真面目に取り組んでくださいました」

Q.オダギリジョーさんの役(章人)はとても難しい役だと思いました。映画のあらすじを観ただけではわからない事実が見えてきて、追い込まれていくと言いますか。

日比監督
「章人というキャラクターがどうしてあの様になってしまったかというのは、多分わかる人にはわかると思うんです。そこの説明が要るかどうかということなんでしょうが、僕は説明的な表現が好きじゃないので、あの表現にしました。当時、オダギリさんは同時進行でまったく違うタイプの役をやっていると聞いていました。もしかしたら切り替えが簡単ではなかったかもしれませんが、演技を超えた、繊細さを見せてくれました。永瀬さんもそうですが、セリフのないところが抜群でしたね。画の中で、ただそこにいるだけで語りかけられるようなモーメントになる。いい俳優ってそういうことだと思います」

namo8

Q.撮影は3年前、記者発表の後すぐにされて、無事クランクアップしたことも聞いていましたが、いつ公開になるのかなとずっと思っていました。コロナ禍だから延期ということだったんですか?

日比監督
「まったくそういうことではありません。なんとかクランクインして、撮影も無事終了したんですが、やはり自分にとっては重いプロジェクトで、撮り終わった後に僕自身が監督したものを、まともに見られなかったんです。すぐ編集作業に入っても、俳優さんたちのしてくれた仕事に対して、しっかりと受けて立つことが出来ないと思ったんです。8ヶ月近く見られませんでした。幸いなことに映画会社が入っていなかったので、いついつまでに完成しないといけないとかの制約はなかったので、そこはラッキーでした」

Q.監督ご自身の物語を撮られるということの重さというのがどれぐらいなのかを観終えて考えました。

日比監督
「弟の死によって出来た作品。兄として、一人の人間として、そしてアーティストとして、どう受け止めるべきか正直定かではありません。「オレの題材で、映画を撮りやがって……自分だけかっこいい思いをして」なんて思っているかもしれません。なかなか消化は出来ていません。本当は作品ともしっかり向き合う時間が取れないのかもしれません。これから先、少しずつ感情が湧いてくるんじゃないかと思っています」

Q.兄弟3人でのシーンは本当によかったです。

日比監督
「あのシーンはいろんな場所に置いてみました。試行錯誤をして幾つものバージョンを作りました。場面場面を並び替えてみてどう変わるか。例えば歩くだけのシーンを今は3秒あるけど1秒半にしたらどうだろうかとか。全体的に短くしたバージョンも作ったりして、やっと最後の編集に辿り着きました。自分の中ですべての答えに行き着かないと気がすまなかったんです」

Q.カメラを持っていながら写真を撮れない主人公の思いが伝わってきて、家族という存在を改めて考えました。

日比監督
「かつて「シャッターを切る」という言葉がありました。主人公の使うカメラはフィルムカメラです。SDカードに保存するデジタルカメラと違って、フィルムは焼き付けてしまえば消えることはないし、消すことも出来ない。たとえそれが ”過ち” であっても「ああ、そう言えば、そんなこともあったな……」 と、まるで他人事のように、都合よく過去をデリートして生きる現代人が増えてはいないでしょうか。シャッターを切った瞬間、フィルムはファインダーに写った絵を切り取って焼き付ける。そんなワンショットの重み、そして大切さは、人生そのものと似ている、そういう想いも込めたつもりです」

Q.いよいよ公開ですね。

日比監督
「偶然とはあまりにも言い難いコロナという目に見えない敵が立ちはだかる中、生と死というものが他人事ではなく、年齢別でもなく、背中合わせに皆、同等にある……そんなことを体感しながら日々が過ぎていく。

『名も無い日』は、私の私小説から始まったプロジェクトではありますが、これを読む皆さんのストーリーでもあると思っています。地元名古屋の方、熱田区の皆さんに観てほしいという気持ちがあります。そこから東海地方、全国、世界に向けて発信したいですね。宜しくお願いします!!!」

映画『名も無い日』https://www.namonaihi.com/は現在ミッドランドスクエアシネマほか東海3県先行公開中。6月11日より全国公開。

namo10

-EntaMirage!, Entertainment, Movie

おすすめの記事はこれ!

IRON_D18_LD_193.ARW 1
最高機密を運ぶのは一介の英国セールスマン(映画『クーリエ 最高機密の運び屋』)

役作りには余念がないベネディクト・カンバーバッチが主演と聞いたら観ないわけにはい ...

東海林毅監督 2
映画『片袖の魚』名古屋シネマテーク 東海林毅監督 舞台挨拶レポート

映画『片袖の魚』の上映が名古屋シネマテークで9月18日から始まった。 この作品は ...

bokutokanonjyotomain 3
ラリーを通して繋がる人々の輪(映画『僕と彼女とラリーと』森崎ウィンさん インタビュー)

WRC(FIA 世界ラリー選手権)をご存じだろうか。 今年11月に愛知県豊田市、 ...

yuuko1 4
正義とは?真実とは?現代の問題をえぐり出し、訴えかける作品がいよいよ日本凱旋!(映画『由宇子の天秤』)

報道とは報せる道と書く。テレビ、新聞、雑誌、本がそれにあたり、文字通り様々な出来 ...

rinjin 5
諜報員、大統領候補の生活を盗聴する(映画『偽りの隣人~ある諜報員の告白』)

日本では昨今韓国の文化が人気だ。ファッション、グルメ、アイドル、ドラマが日本のト ...

dotefu 6
映画『土手と夫婦と幽霊』名古屋舞台挨拶レポート

映画『土手と夫婦と幽霊』の初日舞台挨拶が名古屋シネマスコーレで行われ、星能豊さん ...

1630987203131 7
星能さん、ちょっと聞いてもいいですか?(映画『土手と夫婦と幽霊』星能豊さんインタビュー)

  インディーズで作品を作り続けてきた渡邉高章監督の中編『土手と夫婦と ...

watasinotonari2 8
【岐阜推し】映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』堀江貴大監督インタビュー

漫画家夫婦、5年目の危機。 妻の新作のテーマは不倫。しかもどう読んでも自分たちの ...

hamanoasahimain 9
タナダユキ監督最新作は嘘から始まった南相馬の映画館を立て直す人たちの物語(映画『浜の朝日の噓つきどもと』)

『百万円と苦虫女』、『四十九日のレシピ』や『ロマンスドール』のタナダユキ監督によ ...

ala2021_1 10
アーラ映画祭2021 ラインナップ発表!今年は5日間8作品。

岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催されるアーラ映画祭2021の全ラインナッ ...

maria1 11
原爆投下後の長崎で生きる人々を描く(映画『祈り-幻に長崎を想う刻(とき)-』)

日本には忘れてはならない過去がある。 1945年8月。広島、長崎に原子力爆弾が落 ...

IMG_20210728_134155 12
あいち国際女性映画祭2021ラインナップ発表 今年は9月2日~9月5日

あいち国際女性映画祭2021の記者発表が7月28日ウィルあいちで行われ、映画祭の ...

Bittersand3 13
映画『Bittersand』井上祐貴さん、溝口奈菜さん、搗宮姫奈さんインタビュー

映画『Bittersand』の公開記念舞台挨拶が名古屋・伏見ミリオン座で行われた ...

bokukimi 14
人を思う心は壁を超える(映画『僕が君の耳になる』)

「僕が君の耳になる」という曲をご存知だろうか。ボーカル&手話パフォーマンスグルー ...

nosari10 15
映画『のさりの島』名古屋上映初日舞台挨拶レポート

映画『のさりの島』名古屋上映初日舞台挨拶が6月19日、名古屋・名演小劇場で行われ ...

rika2 16
映画では空飛ぶ純愛モンスター。空を飛ぶのは楽しい!?(映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』高岡早紀さんインタビュー)

第2回ホラーサスペンス大賞を受賞し、累計65万部を突破した五十嵐貴久氏の人気サイ ...

©2020「名も無い日」製作委員会 17
名古屋を舞台に製作されたある家族の物語(映画『名も無い日』日比遊一監督インタビュー)

愛知県名古屋市発信の映画『名も無い日』。 記者発表から3年。満を持して公開された ...

blueheaven8 18
岐阜は大好きな場所なんです(映画『ブルーヘブンを君に』由紀さおりさんインタビュー)

岐阜を舞台にブルーヘブンという青いバラの交配に成功した女性が自身の新たな夢を見つ ...

hutuu 19
誰にでも普通の生活を送るという権利はある(映画『普通に死ぬ~いのちの自立~)』

昨年あいち国際女性映画祭で上映されたドキュメンタリー『普通に死ぬ~いのちの自立~ ...

hati1 20
映画『ハチとパルマの物語』岐阜 公開記念舞台挨拶レポート

映画『ハチとパルマの物語』上映記念舞台が5月30日岐阜大垣コロナシネマワールドで ...

nosari1 21
優しい嘘はいかが?今だからこそ『のさりの心』を伝えたい(映画『のさりの島』山本起也監督インタビュー)

熊本県島原市にある銀天街は昭和には沢山の人が集まる商店街だった。令和の今、シャッ ...

hati1 22
ロシア発。忠犬パルマと少年の友情と家族の物語(映画『ハチとパルマの物語』)

映画サイトCafe mirageでは地元岐阜で短編映画を上映するイベントMIRA ...

kurenazume1 23
あの夕暮れ時を仲間と見よう(映画『くれなずめ』)

成田凌、高良健吾、若葉竜也、藤原季節、浜野謙太、目次立樹と聞くと、ここ数年の映画 ...

Toff_Guys_Day_24_173.ARW 24
紳士=ジェントルメンの駆け引きが楽しめるガイ・リッチー監督の快作(映画『ジェントルメン』)

『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』、『スナッチ』、『シ ...

beach1 25
どこまでも自由と愛に生きる(映画『ビーチバム まじめに不真面目』)

ここまで自制心なく、欲望のまま正直に生きることが出来たら、清々しい。どこか羨まし ...

blueheaven1 26
映画『ブルーヘブンを君に』完成披露舞台挨拶レポート

映画『ブルーヘブンを君に』の完成披露舞台挨拶が 4月24日岐阜市の岐阜清流文化プ ...

©2020 “A Garden of Camellias” Film Partners 27
美しい映像の中にある家族の物語(映画『椿の庭』)

とても静かだが、心に残る映画に出会った。 美しい映像もさることながら、見終わった ...

ikiro3 28
沖縄戦時中の事実を知る (映画『生きろ 島田叡ー戦中最後の沖縄県知事』)

アジア太平洋戦争末期。すでに日本軍の敗色が濃厚だった1945年1月31日、一人の ...

sukutte1 29
金魚も彼女もすくいたい(映画『すくってごらん』)

映画紹介を耳で聴いてみませんか? stand.fmでCafemirage Rad ...

アーラ映画祭-1024x924 30
アーラ映画祭は3月20日から22日に開催!

アーラ映画祭が岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催される。 今回は3月20日 ...

main 31
『his』撮影地でドライブインシアター開催!

かつて恋人同士だった男性2人の8年ぶりの再会から物語がスタートする映画、『his ...

IMG_20210117_204050 32
コケシに捧げる愛の歌?(映画『コケシ・セレナーデ』)

2019 年初の長編自主映画となる『みぽりん』がカナザワ映画祭2019「期待の新 ...

minori1 33
第46回CINEX映画塾『実りゆく』田中要次さん×八木順一朗監督トークショーレポート

第46回CINEX映画塾『実りゆく』上映&トークショーが12月6日岐阜C ...

konosekai_chirashi 34
ポストホロコーストで残された人々を描く(映画『この世界に残されて』)

2020年米アカデミー賞国際長編映画賞ショートリストに選出され、ハンガリー映画批 ...

no image 35
明けましておめでとうございます!

Cafe Mirageの記事をご覧いただいている皆様   あけましてお ...

burai 36
昭和から平成。裏社会を生き抜いた男の物語(映画『無頼』)

さまざまなアウトサイダーたちの姿を一貫して描き続けてきた鬼才・井筒和幸監督の新作 ...

©2020『喜劇愛妻物語』製作委員会 37
第45回CINEX映画塾『喜劇 愛妻物語』足立紳監督・代情明彦プロデューサー トークレポート

第45回CINEX映画塾『喜劇 愛妻物語』上映&トークショーが11月28 ...

title1 38
女ってなんでしょうね。(映画『タイトル、拒絶』)

『タイトル、拒絶』というタイトルがまず気になった。 「ワタシの人生に、タイトルな ...

onkyo1 39
そこは奇跡が起きる場所(映画『音響ハウス Melody-Go-Round』)

ビートルズがアビーロードスタジオを愛し、あの横断歩道を渡る写真のアルバムを始め、 ...

honki4 40
第43回CINEX映画塾 『本気のしるし 劇場版』上映&トークショー レポート

第43回CINEX映画塾『本気のしるし 劇場版』の上映が岐阜CINEXで開催され ...

mrsnoisy1 41
隣人はどんな人?(映画『ミセス・ノイズィ』)

集合住宅に住めば必ずいる隣人。 隣人との良好な関係を保つのも、生活をする上で大切 ...

©2019「ばるぼら」製作委員会 42
映画『ばるぼら』は大人のファンタジー(映画『ばるぼら』手塚眞監督インタビュー)

彼女は魔女かそれともミューズか。 都会の片隅で耽美派の小説家・洋介が出会ったばる ...

royal3 43
ホテルローヤルを映像化。武正晴監督のこだわりとは?(映画『ホテルローヤル 武正晴監督インタビュー』)

ラブホテルとは日常から切り離された場所だ。一種の別世界。ここでの二人の時間は他人 ...

goze1 44
瞽女として生きた一人の女性の物語(映画『瞽女GOZE』)

日本には、盲人ながら三味線や胡弓を弾き唄い、巡業を生業とした女旅芸人がいた。「瞽 ...