Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

rika2

EntaMirage! Entertainment Movie

映画では空飛ぶ純愛モンスター。空を飛ぶのは楽しい!?(映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』高岡早紀さんインタビュー)

第2回ホラーサスペンス大賞を受賞し、累計65万部を突破した五十嵐貴久氏の人気サイコスリラー小説「リカ」シリーズ。2019年10月に東海テレビ・フジテレビ系全国ネットにて連続ドラマ『リカ』が放送され話題となった。そして2021年、エピソード0にあたる『リカ~リバース~』が放映され、映画化が発表された。その映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』が6月18日から公開される。リカシリーズの「リターン」をベースに2019年のドラマの最終回、警察を抜け出して、愛する人の元へと向かったリカのその後が描かれる。自称28才のリカを演じるのはドラマ版に引き続き、高岡早紀さん。純愛モンスター・リカを演じた高岡早紀さんにお話を伺った。

Q.かなり個性的な役柄だと思いますが、役を演じる上で自分で決めていること、ルールはありますか

高岡早紀さん
「あえて言うならば一度こう演じようと思ったことをブレないように最後まで演じ切るということです。台本をいただいてその役を配役された時に自分の役を読み間違えないようにする。どうしたらその役が脚本の中で活きてくるんだろうかとか、どう台本を読むかによって作品の作風も変わってくると思います。今回はメインキャラクターなので、私がどう演じるかによってその作風が全く違うものになると思うんです。だから自分が読んでこういう役にしたいなと思ったことを信じて、その気持ちをブレずに押し通します」

Q.最初に台本を読んだ時はどんな印象を持たれたのでしょうか

高岡早紀さん
「ドラマで言いますと最初は台本をいただいたときにサイコな女性の話ですと紹介されて。「サイコかあ…あんまりそういうのは得意じゃないな」と思いながら読み進めました。「雨宮リカ、28歳です」というセリフがありますが、そこにたどり着いたときに「うん?ちょっと待って。この本は大丈夫なんだろうか」と感じたのが私の最初の感想です。この年齢でサイコだからそうなんですけど、28歳と言い切ってしまうって。長年芝居をやっていると台本を読むだけでわかるんです。この作品はどうなるのか、自分の役柄はどういう風になっていくのかと。それがわかる上で、この役をこの年齢で改めて挑戦しないといけないのかなという感覚もあって。よく考えてやるかやらないかを決めさせていただいた感じです」

rika3

Q.結果的にはハマっていますよね。リカに対して高岡さんが共感できるところはどこですか

高岡早紀さん
「一途に誰かを思うぶれない気持ち、ずっとピュアな心を忘れないとかそういう部分はサイコのだいぶ手前の所にあると思います。そういう部分には共感できますね」

Q.今回アクションもされていて、高岡さんのイメージからは意外性のあるアクションだと思ったんですが、撮影時のエピソードを教えてください。

高岡早紀さん
「映画版以前にドラマをやった時からなぜか走るシーンというのがリカの大きな要素になっている重要なアクションシーンとしてあって、その時から大変だったんです。全速力でタクシーを追いかけたり。走るのが不得意というわけではないんですが、大好きとか得意というわけではないですし、自分の走り方はあまり早く走っているようには見えないと昔から言われていまして、今回監督とカメラマンさんとどうやったらすごく早く走っているように見えるかをいろいろ試したんです。それの最終形があのターミネーターのような感じになりまして(笑)。ターミネーターみたいに走ってとオーダーされたわけではなく、私のいろいろな走り方をやった結果、ターミネーターの敵役みたいな走り方になりました。今回映画ではワイヤーアクションをやりました。あまり得意じゃないとか始めにいろいろ言いましたが、現場で飛ばせてもらったら思った以上に楽しくて、いい感じに飛べたんです。ロープを引っ張ってくださっているスタッフの皆さんともタイミングがばっちり合って。お互い力を入れていないのに「あんなところまでリカ飛んで言っちゃった~」みたいな感じで飛ばせていただいて。ほんの少ししかやっていないんですがもっとやりたいと思えるくらい楽しかったです」

Q.怖くはなかったですか?

高岡早紀さん
「ロープを引っ張って飛ばせてくださるスタッフの方が上手なのか全然怖くなくて安心感しかなかったです。だからこれだったらアクションシーン全部行けたんじゃないかと思いました。最初に出来ないと言わなければよかったですね(笑)」

Q.リカと言えばお花。衣装にも必ず花がありましたが、高岡さんからも提案されたのでしょうか

高岡早紀さん
「今回は作品に入る前に衣装というのは人物を作り上げるとても重要な要素になりますので、衣装を選んでくださる人を誰にしようかというところから衣装もどんな風にするのかといろいろ話し合いを重ね、みんなで協議して。リカはこよなくお花を愛している人物なので、お花は一つの要素として出していいという話をした時にプロデューサーが「衣装全て花にしてしまおうか」というアイディアが出てきて決定したんです。衣装に関しては本当に話し合いを重ねました。ポイントで花柄を着るというのはよくあると思うんですね。花柄でなくて何か印象的なものである場合もありますが。ただ全て花柄というのはなかなかないですよね。リカがこうして映画化されるまで成功したこれも重要な要素だと思います。ただ全て花なのでドラマの時からだと相当な衣装の数でスタイリストさんは大変でした。とにかく花の衣装があったら見つけて持ってくるという。イメージは違うかもしれないけどとりあえず持ってきて合わせる。それが毎回変わるリカの衣装になりました」

rika1

Q.『リカ~リバース~』が春にオンエアされていましたが、そちらではリカの母親を演じられていました。それが今回の映画につながる何かになったりしましたか

高岡早紀さん
「映画につながるというよりかは母親をやらせていただくことによって、どう母親がリカと接していたのか、どうやってリカは家の中で生活してきたのかということをより知ることが出来るいい機会になりましたし、リカの役は田辺桃子さんが演じてくださって、それを見ているのも面白かったです。リカの母親役を演じると聞いたときにリカを生んだ張本人を演じるわけで、いろんな意味で作品の中だけではなくて高岡早紀としても責任は全て自分でとりますという思いにもなれました。リカも演じて、リカの母親も演じるということはなかなかないので女優として面白い機会を与えてくださったなと思いましたし、嬉しかったです」

Q.サイコスリラーな作品ですが、現場の雰囲気はどんな感じだったんでしょうか

高岡早紀さん
「ドラマで最初にこの作品に入る時に、サイコスリラーの現場に入ると現場も沈んだ感じ、暗い感じなのかなと思ったのですが、全然そんなことはなくて普段通りでした。作品は作品。作る内容に現場の雰囲気が引っ張られることもなく、みんなで楽しく面白い作品を作ろうという雰囲気で。私がいる現場なので笑い声は絶えません。共演者の方たちも私が初めて「雨宮リカ、28歳です」というセリフのシーンを撮るのを楽しみにしていました。私がどんな感じでいうのかと。そんなセリフ今まで見たことも聞いたこともないので。私もスタッフも共演者もみんな楽しみながら臨んでいました。セリフを私が言った時、みんなが微妙な感覚になるんです。自己紹介をするシーンだったので共演者の方も目を合わせていいのか悪いのかと悩んでいる感じになって。あのシーンのことは現場にいた人は皆さん覚えていると思いますね。「チッ」とか「死ねばいい」というセリフがありますが、言う方も言われる方も周りにいるスタッフもみんなが楽しみにしているという。このセリフをどう言ってくれるのかなと楽しみに待っていてもらえるセリフってなかなかないんですよ。楽しみにすることがいっぱいあって充実した現場でした」

Q.リカは恋愛にまっすぐな人ですが、高岡さんがまっすぐになっている、熱中していることはありますか

高岡早紀さん
「私はあまり熱中するタイプではないんです。楽しくてガーデニングをやったり犬の散歩を日課にしているとか。ただ「熱中しているんですね」と言われると「そんなんじゃないです」と言ってしまいます。いろんなことをやっていますが、熱中はしていないです。ただ楽しくやっているだけなので。…それを熱中してるっていうんですよね(笑)」

Q.リカはサイコと乙女の出し入れの切り替えが絶妙でそれが魅力ですよね。高岡さんからみてリカの魅力とは何だと思いますか

高岡早紀さん
「一歩間違えるとみんなサイコになりえる要素って誰でも持っていると思うんです。理性によってそこまでやるかやらないかがあり、サイコかピュアで留まるかという紙一重。これは『リカ』という映画やドラマだったりするのでサイコになってしまいますが、自分もサイコにはならないけどここまでの気持ちは共感できるなということがいっぱいあるなと思いませんか。男性にも女性にも共感してもらえて受け入れてもらえたのかなと思います」

Q.東海テレビからスタートしたドラマから映画化されたわけですが、こんなところがパワーアップしているよとご紹介いただきたいです

高岡早紀さん
「今回、プロデューサーと映画化が決まった時にお話をしました。映画化する以上はドラマよりパワーアップさせたいと。映画なのでドラマよりさらにエンターテインメント作品として面白いものを作りたいということで空を飛ぶというアイデアをいただいたんです。始めは腑に落ちない部分もありました。ドラマでは走っていますが、それは人力で出来ることなので。飛ぶとなるとなかなか自分の中に受け入れがたかったですけれども、エンターテインメントと考えたらより多くの方たちに楽しんでもらわないといけないですし、サイコスリラーだけで押していくと怖いじゃないですか。私も怖いだけの作品は好きではないのでもちろん「笑ってください」と前面に出すのは違うと思うんですが、笑える要素もあったり、エンターテインメントとしてすごく面白くなっているということは間違いないです。根底のストーリーでリカがどういう気持ちでいるかが描かれていますし、リカの悲哀がストーリーに埋め込まれているので、だからこそちょっと笑えるサイコスリラーだと声を大にして言えるかなと思います」

高岡早紀さん

高岡早紀さん

 

映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』 http://www.rika-28.com/ は6月18日よりTOHOシネマズ日比谷ほかで全国公開。東海3県では109シネマズ名古屋、センチュリーシネマ、コロナシネマワールド(中川、安城、小牧、豊川)、ユナイテッド・シネマ豊橋18、ミッドランドシネマ名古屋空港、TOHOシネマズ(木曽川、赤池、東浦、津島、岐阜、モレラ岐阜)、イオンシネマ津南で公開。

-EntaMirage!, Entertainment, Movie

おすすめの記事はこれ!

houtei1 1
映画『親のお金は誰のもの 法定相続人』三重先行上映舞台挨拶レポート

映画『親のお金は誰のもの 法定相続人』の三重先行上映、舞台挨拶が9月22日三重県 ...

Screenshot_20230922_200759_Drive 2
映画『私はどこから来たのか、何者なのか、どこへ行くのか、そしてあなたは…』名古屋凱旋上映決定!

映画『私はどこから来たのか、何者なのか、どこへ行くのか、そしてあなたは…』が ...

20230902_141200 3
ロイヤル劇場存続をかけてクラウドファンディング開始! 【ロイヤル劇場】思いやるプロジェクト~ロイヤル、オモイヤル~

岐阜市・柳ケ瀬商店街にあるロイヤル劇場は35ミリフィルム専門映画館として常設上映 ...

hamon12 4
第76回 CINEX映画塾 映画『波紋』 筒井真理子さんトークレポート

第76回CINEX映画塾『波紋』が7月22日に岐阜CINEXで開催された。上映後 ...

seiyou1 5
岐阜CINEX 第17回アートサロン『わたしたちの国立西洋美術館 奇跡のコレクションの舞台裏』トークレポート

岐阜CINEX 第17回アートサロン『わたしたちの国立西洋美術館 奇跡のコレクシ ...

doll5 6
女性監督4人が撮る女性をとりまく今『人形たち~Dear Dolls』×短編『Bird Woman』シアターカフェで上映

名古屋清水口のシアターカフェで9月23日(土)~29日(金)に長編オムニバス映画 ...

sister 7
映画『私の大嫌いな弟へ ブラザー&シスター』公開記念 アルノー・デプレシャン監督舞台挨拶付き上映 伏見ミリオン座で開催決定!

世界の映画ファンを熱狂させる名匠アルノー・デプレシャンが新作『私の大嫌いな弟へ  ...

bakanuri1 8
自分の生きる道を探して(映画『バカ塗りの娘』)

「バカ塗りの娘」というタイトルはインパクトがある。気になってバカ塗りの意味を調べ ...

bishu1 9
「シントウカイシネマ聖地化計画」始動!第一弾「BISHU〜世界でいちばん優しい服〜」(仮)愛知県⼀宮市にて撮影決定‼

株式会社フォワードがプロデュースし、東海地方を舞台にした全国公開映画を毎年1本ず ...

erithabeth1 10
エリザベート40歳。これからどう生きる?(映画『エリザベート1878』)

クレオパトラ、楊貴妃と並んで世界の三大美女として名高いエリザベート皇妃。 彼女の ...

mitoyamane4 11
ポップな映像と音楽の中に見る現代の人の心の闇(映画『#ミトヤマネ』)

ネット社会ならではの職業「インフルエンサー」を生業にする女性を主人公に、ネット社 ...

高野豆腐店の春_場面写真 12
豆腐店を営む父娘にやってきた新たな出会い(映画『高野豆腐店の春』)

尾道で小さな豆腐店を営む父と娘を描いた映画『高野(たかの)豆腐店の春』が8月18 ...

pabjyo5 13
映画『フィリピンパブ嬢の社会学』11/10(金)より名古屋先行公開が決定!海外展開に向けたクラウドファンディングもスタート!

映画『フィリピンパブ嬢の社会学』が 11月10日(金)より、ミッドランドスクエア ...

Yokosuka10 14
『Yokosuka1953』名演小劇場上映会イベントレポート

ドキュメンタリー映画『Yokosuka1953』の上映会が7月29日(土)、30 ...

Yokosuka1 15
海外から届いたメッセージ。66年前の日本をたどる『Yokosuka1953』名古屋上映会開催!

同じ苗字だからといって親戚だとは限らないのは世界中どこでも一緒だ。 「木川洋子を ...

youko4 16
彼女を外に連れ出したい。そう思いました(映画『658km、陽子の旅』 熊切和嘉監督インタビュー)

42才、東京で一人暮らし。青森県出身の陽子はいとこから24年も関係を断絶していた ...

egoist_5 17
第75回CINEX映画塾 『エゴイスト』松永大司監督が登場。7月29日からリバイバル上映決定!

第75回CINEX映画塾 映画『エゴイスト』が開催された。ゲストには松永大司監督 ...

komuragaeri14 18
映画を撮りたい。夢を追う二人を通して伝えたいのは(映画『愛のこむらがえり』髙橋正弥監督、吉橋航也さんインタビュー)

7月15日ミッドランドスクエアシネマにて映画『愛のこむらがえり』の公開記念舞台挨 ...

PSX_20230713_212926 19
あいち国際女性映画祭2023 開催決定!今年は37作品上映

あいち国際女性映画祭2023の記者発表が7月12日ウィルあいちで行われ、映画祭の ...

komuragaeri5 20
映画『愛のこむらがえり』名古屋舞台挨拶レポート 磯山さやかさん、吉橋航也さん、髙橋正弥監督登壇!

7月15日ミッドランドスクエアシネマにて映画『愛のこむらがえり』の公開記念舞台挨 ...

tooi3 21
彼女たちを知ってほしい。その思いを脚本に込めて(映画『遠いところ』名古屋舞台挨拶レポート)

映画『遠いところ』の公開記念舞台挨拶が7月8日伏見ミリオン座で開催された。 あら ...

MKE10-3 22
観てくれたっていいじゃない! 第10回MKE映画祭レポート

第10回MKE映画祭が7月8日岐阜県図書館多目的ホールで開催された。 今回は13 ...

1minutes_5 23
京都はファンタジーが受け入れられる場所(映画『1秒先の彼』山下敦弘監督インタビュー)

台湾発の大ヒット映画『1秒先の彼女』が日本の京都でリメイク。しかも男女の設定が反 ...

received_259295013361207 24
映画『老ナルキソス』シネマテーク舞台挨拶レポート

映画『老ナルキソス』の公開記念舞台挨拶が名古屋今池のシネマテークで行われた。 あ ...

PSX_20230429_093447 25
「ジキル&ハイド」。観た後しばらく世界から抜けられない虜になるミュージカル

ミュージカルソングという世界を知り、大好きになった「ジキル&ハイド」とい ...

math 26
『オールド・ボーイ』のチェ・ミンシク久しぶりの映画はワケあり数学者役(映画『不思議の国の数学者』)

映画館でポスターを観て気になった2本の韓国映画。『不思議の国の数学者』と『高速道 ...

nortoredame 27
全編IMAX®️認証デジタルカメラで撮影。再現率98% あの火災の裏側(映画『ノートルダム 炎の大聖堂』)

2019年4月15日、ノートルダム大聖堂で、大規模火災が発生した。世界を駆け巡っ ...

baby14 28
松岡ひとみのシネマコレクション  映画『ベイビーわるきゅーれ 2ベイビー』 阪元裕吾監督トークレポート

松岡ひとみのシネマコレクション 映画『ベイビーわるきゅーれ 2ベイビー』が4月1 ...

sidebyside1 29
映画『サイド バイ サイド』坂口健太郎さん、伊藤ちひろ監督登壇 舞台挨拶付先行上映レポート 

映画『サイド バイ サイド』舞台挨拶付先行上映が4月1日名古屋ミッドランドスクエ ...

zakodomo1 30
第72回CINEX映画塾 映画『雑魚どもよ、大志を抱け!』足立紳監督トークレポート

第72回CINEX映画塾が3月25日岐阜CINEXで開催された。上映作品は岐阜県 ...

mogiri1 31
片桐はいりさん来場。センチュリーシネマでもぎり(映画『「もぎりさん」「もぎりさんsession2」上映+もぎり&アフタートークイベント』)

センチュリーシネマ22周年記念企画 『「もぎりさん」「もぎりさんsession2 ...

PSX_20230319_165037 32
カンヌ国際映画祭75周年記念大賞を受賞したダルデンヌ兄弟 新作インタビュー(映画(『トリとロキタ』)

パルムドール大賞と主演女優賞をW受賞した『ロゼッタ』以降、全作品がカンヌのコンペ ...

feibru 33
アカデミー賞、オスカーは誰に?(松岡ひとみのシネマコレクション『フェイブルマンズ』 ゲストトーク 伊藤さとりさん))

松岡ひとみのシネマコレクション vol.35 『フェイブルマンズ』が3月12日ミ ...

son 34
親子とは。近いからこそ難しい(映画『The Son/息子)』

ヒュー・ジャックマンの新作は3月17日から日本公開される『The Son/息子』 ...

tyanomi1 35
先の見えない日々を生きる中で寂しさ、孤独を感じる人々。やすらぎはどこにあるのか(映画『茶飲友達』外山文治監督インタビュー)

東京で公開された途端、3週間の間に上映館が42館にまで広がっている映画『茶飲友達 ...

tyanomi5 36
映画『茶飲友達』名古屋 名演小劇場 公開記念舞台挨拶レポート

映画『茶飲友達』公開記念舞台挨拶が2月25日、名演小劇場で開催された。 外山文治 ...

ginpei8 37
第71回 CINEX映画塾 映画『銀平町シネマブルース』小出恵介さん、宇野祥平さんトークレポート

第71回CINEX映画塾『銀平町シネマブルース』が2月17日、岐阜CINEXで開 ...

gokudaru7 38
名古屋シアターカフェ 映画『極道系Vチューバー達磨』舞台挨拶レポート

映画『極道系Vチューバー達磨』が名古屋清水口のシアターカフェで公開中だ。 映画『 ...

wakareru 39
パク・チャヌク監督の新作は今までとは一味も二味も違う大人の恋慕を描く(映画『別れる決心』)

2月17日から公開の映画『別れる決心』はパク・チャヌク監督の新作だ。今までのイメ ...