Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

rika2

EntaMirage! Entertainment Movie

映画では空飛ぶ純愛モンスター。空を飛ぶのは楽しい!?(映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』高岡早紀さんインタビュー)

第2回ホラーサスペンス大賞を受賞し、累計65万部を突破した五十嵐貴久氏の人気サイコスリラー小説「リカ」シリーズ。2019年10月に東海テレビ・フジテレビ系全国ネットにて連続ドラマ『リカ』が放送され話題となった。そして2021年、エピソード0にあたる『リカ~リバース~』が放映され、映画化が発表された。その映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』が6月18日から公開される。リカシリーズの「リターン」をベースに2019年のドラマの最終回、警察を抜け出して、愛する人の元へと向かったリカのその後が描かれる。自称28才のリカを演じるのはドラマ版に引き続き、高岡早紀さん。純愛モンスター・リカを演じた高岡早紀さんにお話を伺った。

Q.かなり個性的な役柄だと思いますが、役を演じる上で自分で決めていること、ルールはありますか

高岡早紀さん
「あえて言うならば一度こう演じようと思ったことをブレないように最後まで演じ切るということです。台本をいただいてその役を配役された時に自分の役を読み間違えないようにする。どうしたらその役が脚本の中で活きてくるんだろうかとか、どう台本を読むかによって作品の作風も変わってくると思います。今回はメインキャラクターなので、私がどう演じるかによってその作風が全く違うものになると思うんです。だから自分が読んでこういう役にしたいなと思ったことを信じて、その気持ちをブレずに押し通します」

Q.最初に台本を読んだ時はどんな印象を持たれたのでしょうか

高岡早紀さん
「ドラマで言いますと最初は台本をいただいたときにサイコな女性の話ですと紹介されて。「サイコかあ…あんまりそういうのは得意じゃないな」と思いながら読み進めました。「雨宮リカ、28歳です」というセリフがありますが、そこにたどり着いたときに「うん?ちょっと待って。この本は大丈夫なんだろうか」と感じたのが私の最初の感想です。この年齢でサイコだからそうなんですけど、28歳と言い切ってしまうって。長年芝居をやっていると台本を読むだけでわかるんです。この作品はどうなるのか、自分の役柄はどういう風になっていくのかと。それがわかる上で、この役をこの年齢で改めて挑戦しないといけないのかなという感覚もあって。よく考えてやるかやらないかを決めさせていただいた感じです」

rika3

Q.結果的にはハマっていますよね。リカに対して高岡さんが共感できるところはどこですか

高岡早紀さん
「一途に誰かを思うぶれない気持ち、ずっとピュアな心を忘れないとかそういう部分はサイコのだいぶ手前の所にあると思います。そういう部分には共感できますね」

Q.今回アクションもされていて、高岡さんのイメージからは意外性のあるアクションだと思ったんですが、撮影時のエピソードを教えてください。

高岡早紀さん
「映画版以前にドラマをやった時からなぜか走るシーンというのがリカの大きな要素になっている重要なアクションシーンとしてあって、その時から大変だったんです。全速力でタクシーを追いかけたり。走るのが不得意というわけではないんですが、大好きとか得意というわけではないですし、自分の走り方はあまり早く走っているようには見えないと昔から言われていまして、今回監督とカメラマンさんとどうやったらすごく早く走っているように見えるかをいろいろ試したんです。それの最終形があのターミネーターのような感じになりまして(笑)。ターミネーターみたいに走ってとオーダーされたわけではなく、私のいろいろな走り方をやった結果、ターミネーターの敵役みたいな走り方になりました。今回映画ではワイヤーアクションをやりました。あまり得意じゃないとか始めにいろいろ言いましたが、現場で飛ばせてもらったら思った以上に楽しくて、いい感じに飛べたんです。ロープを引っ張ってくださっているスタッフの皆さんともタイミングがばっちり合って。お互い力を入れていないのに「あんなところまでリカ飛んで言っちゃった~」みたいな感じで飛ばせていただいて。ほんの少ししかやっていないんですがもっとやりたいと思えるくらい楽しかったです」

Q.怖くはなかったですか?

高岡早紀さん
「ロープを引っ張って飛ばせてくださるスタッフの方が上手なのか全然怖くなくて安心感しかなかったです。だからこれだったらアクションシーン全部行けたんじゃないかと思いました。最初に出来ないと言わなければよかったですね(笑)」

Q.リカと言えばお花。衣装にも必ず花がありましたが、高岡さんからも提案されたのでしょうか

高岡早紀さん
「今回は作品に入る前に衣装というのは人物を作り上げるとても重要な要素になりますので、衣装を選んでくださる人を誰にしようかというところから衣装もどんな風にするのかといろいろ話し合いを重ね、みんなで協議して。リカはこよなくお花を愛している人物なので、お花は一つの要素として出していいという話をした時にプロデューサーが「衣装全て花にしてしまおうか」というアイディアが出てきて決定したんです。衣装に関しては本当に話し合いを重ねました。ポイントで花柄を着るというのはよくあると思うんですね。花柄でなくて何か印象的なものである場合もありますが。ただ全て花柄というのはなかなかないですよね。リカがこうして映画化されるまで成功したこれも重要な要素だと思います。ただ全て花なのでドラマの時からだと相当な衣装の数でスタイリストさんは大変でした。とにかく花の衣装があったら見つけて持ってくるという。イメージは違うかもしれないけどとりあえず持ってきて合わせる。それが毎回変わるリカの衣装になりました」

rika1

Q.『リカ~リバース~』が春にオンエアされていましたが、そちらではリカの母親を演じられていました。それが今回の映画につながる何かになったりしましたか

高岡早紀さん
「映画につながるというよりかは母親をやらせていただくことによって、どう母親がリカと接していたのか、どうやってリカは家の中で生活してきたのかということをより知ることが出来るいい機会になりましたし、リカの役は田辺桃子さんが演じてくださって、それを見ているのも面白かったです。リカの母親役を演じると聞いたときにリカを生んだ張本人を演じるわけで、いろんな意味で作品の中だけではなくて高岡早紀としても責任は全て自分でとりますという思いにもなれました。リカも演じて、リカの母親も演じるということはなかなかないので女優として面白い機会を与えてくださったなと思いましたし、嬉しかったです」

Q.サイコスリラーな作品ですが、現場の雰囲気はどんな感じだったんでしょうか

高岡早紀さん
「ドラマで最初にこの作品に入る時に、サイコスリラーの現場に入ると現場も沈んだ感じ、暗い感じなのかなと思ったのですが、全然そんなことはなくて普段通りでした。作品は作品。作る内容に現場の雰囲気が引っ張られることもなく、みんなで楽しく面白い作品を作ろうという雰囲気で。私がいる現場なので笑い声は絶えません。共演者の方たちも私が初めて「雨宮リカ、28歳です」というセリフのシーンを撮るのを楽しみにしていました。私がどんな感じでいうのかと。そんなセリフ今まで見たことも聞いたこともないので。私もスタッフも共演者もみんな楽しみながら臨んでいました。セリフを私が言った時、みんなが微妙な感覚になるんです。自己紹介をするシーンだったので共演者の方も目を合わせていいのか悪いのかと悩んでいる感じになって。あのシーンのことは現場にいた人は皆さん覚えていると思いますね。「チッ」とか「死ねばいい」というセリフがありますが、言う方も言われる方も周りにいるスタッフもみんなが楽しみにしているという。このセリフをどう言ってくれるのかなと楽しみに待っていてもらえるセリフってなかなかないんですよ。楽しみにすることがいっぱいあって充実した現場でした」

Q.リカは恋愛にまっすぐな人ですが、高岡さんがまっすぐになっている、熱中していることはありますか

高岡早紀さん
「私はあまり熱中するタイプではないんです。楽しくてガーデニングをやったり犬の散歩を日課にしているとか。ただ「熱中しているんですね」と言われると「そんなんじゃないです」と言ってしまいます。いろんなことをやっていますが、熱中はしていないです。ただ楽しくやっているだけなので。…それを熱中してるっていうんですよね(笑)」

Q.リカはサイコと乙女の出し入れの切り替えが絶妙でそれが魅力ですよね。高岡さんからみてリカの魅力とは何だと思いますか

高岡早紀さん
「一歩間違えるとみんなサイコになりえる要素って誰でも持っていると思うんです。理性によってそこまでやるかやらないかがあり、サイコかピュアで留まるかという紙一重。これは『リカ』という映画やドラマだったりするのでサイコになってしまいますが、自分もサイコにはならないけどここまでの気持ちは共感できるなということがいっぱいあるなと思いませんか。男性にも女性にも共感してもらえて受け入れてもらえたのかなと思います」

Q.東海テレビからスタートしたドラマから映画化されたわけですが、こんなところがパワーアップしているよとご紹介いただきたいです

高岡早紀さん
「今回、プロデューサーと映画化が決まった時にお話をしました。映画化する以上はドラマよりパワーアップさせたいと。映画なのでドラマよりさらにエンターテインメント作品として面白いものを作りたいということで空を飛ぶというアイデアをいただいたんです。始めは腑に落ちない部分もありました。ドラマでは走っていますが、それは人力で出来ることなので。飛ぶとなるとなかなか自分の中に受け入れがたかったですけれども、エンターテインメントと考えたらより多くの方たちに楽しんでもらわないといけないですし、サイコスリラーだけで押していくと怖いじゃないですか。私も怖いだけの作品は好きではないのでもちろん「笑ってください」と前面に出すのは違うと思うんですが、笑える要素もあったり、エンターテインメントとしてすごく面白くなっているということは間違いないです。根底のストーリーでリカがどういう気持ちでいるかが描かれていますし、リカの悲哀がストーリーに埋め込まれているので、だからこそちょっと笑えるサイコスリラーだと声を大にして言えるかなと思います」

高岡早紀さん

高岡早紀さん

 

映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』 http://www.rika-28.com/ は6月18日よりTOHOシネマズ日比谷ほかで全国公開。東海3県では109シネマズ名古屋、センチュリーシネマ、コロナシネマワールド(中川、安城、小牧、豊川)、ユナイテッド・シネマ豊橋18、ミッドランドシネマ名古屋空港、TOHOシネマズ(木曽川、赤池、東浦、津島、岐阜、モレラ岐阜)、イオンシネマ津南で公開。

-EntaMirage!, Entertainment, Movie

おすすめの記事はこれ!

mikaeri1 1
見返りを求める男と恩を仇で返す女。その先にあるもの(映画『神は見返りを求める』)

タイトルを聞いたとき「神は見返りをもとめない」ものじゃないの?と思った。ただ、そ ...

MKE2022_24 2
3年ぶり開催!第9回MKE映画祭レポート

第9回MKE映画祭が6月18日岐阜県図書館多目的ホールで開催されました。 3年ぶ ...

PLAN75_1 3
生き続けていくことはいけないことか(映画『PLAN 75』)

少子高齢化社会となった日本には様々な問題がある。老老介護、孤独死、虐待という家庭 ...

huyusoubi9 4
映画『冬薔薇(ふゆそうび)』伊藤健太郎さん、阪本順治監督登壇名古屋舞台挨拶レポート

映画『冬薔薇(ふゆそうび)』の公開記念舞台挨拶が6月11日名古屋ミッドランドスク ...

kimiton 5
女子高生、日本の経済にもの申す!(映画『君たちはまだ長いトンネルの中』なるせゆうせい監督インタビュー)

2019年に発売されネット上で話題を呼んだ漫画「こんなに危ない!? 消費増税」を ...

officer1 6
自身の信念のもとに冤罪を暴く(映画『オフィサー・アンド・スパイ』)

捏造、冤罪。あってはならないのだが、どの時代にも起こる出来事だ。 フランスで起こ ...

otona_4 7
木竜麻生さん登壇!メ~テレ映画祭『わたし達はおとな』先行上映舞台挨拶レポート

今年開局60周年を迎える名古屋のテレビ局メ~テレは映画製作にも非常に力を入れてい ...

20soul1 8
今も受け継がれる神曲・市船Soul。それは魂がこもる大切な曲(映画『20歳のソウル』)

ある番組の吹奏楽の旅を観る度に号泣している。 私は決して吹奏楽部ではない。コーラ ...

haganeiro9 9
OUTRAGE×現代の若者 名古屋で生きる人達(映画『鋼音色の空の彼方へ』舞台挨拶レポート)

コロナ禍を経て、名古屋発の映画が奇しくも同じ日に2本公開された。一本は先日紹介し ...

mamoriya8 10
僕らの映画はここからはじまったばかり(映画『護り屋「願い」』舞台挨拶レポート)

名古屋発の映画が『護り屋「願い」』が5月20日に公開された。 映画『護り屋「願い ...

creatures 11
人気映画を支えてきた特撮、特殊効果のクリエイター達(映画『クリーチャー・デザイナーズ 特殊効果の魔術師たち』)

映画にはさまざまなジャンルがある。その中でも私たちを日常にはない興奮に誘ってくれ ...

received_2215697365258741 12
「灰色の家族」という台本(物語)が呼び覚ます忌まわしい記憶 KURAGE CLUB新作『灰色の家族』上映会開催

名古屋の自主映画団体KURAGE CLUBが新作『灰色の家族』の上映を5月22日 ...

sanka1 13
撮りたいという強い思いの結晶がいよいよ公開(映画『山歌』)

山の中を漂流して暮らす人々が戦後あたりまでいたことを知ったのは「やすらぎの刻」と ...

bokemasukara1 14
第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあさん』信友直子監督トークレポート

第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあ ...

ashitajyugyou6 15
『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 シアターカフェ 舞台挨拶レポート

『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 が4月30日から ...

Ngoutou1 16
映画『N号棟』公開初日 萩原みのりさん、後藤庸介監督登壇 舞台挨拶レポート

とある地方都市に、かつて霊が出るという噂で有名な団地があった。このとある地方都市 ...

sikei 17
阿部サダヲ×シリアルキラー榛村大和が更なる魅力を生む(映画『死刑にいたる病』白石和彌監督・阿部サダヲさんインタビュー)

白石和彌監督の作品にはいつも心を持っていかれる。 5月6日(金)から公開の新作『 ...

ashitajyugyou6 18
ゴールデンウィークに『あした、授業参観いくから』+安田真奈監督ショートフィルム選 上映 シアターカフェで

安田真奈監督とお会いしたのはあいち国際女性映画祭だった。 『36.8℃ サンジュ ...

cmoncmon 19
『パリ13区』『カモン カモン』モノクロの魅力を知りたい二作品

4月22日(金)公開の作品には偶然にもモノクロ映画が2作品ある。 『ジョーカー』 ...

sikei 20
白石和彌監督、阿部サダヲさん登壇! 映画『死刑にいたる病』名古屋先行上映舞台挨拶レポート

映画『死刑にいたる病』舞台挨拶付き先行上映会が4月16日、名古屋ミッドランドスク ...

truth11 21
第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』堤幸彦監督、広山詞葉さん、生島翔さんトークレポート

第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』が3月27日岐阜CINE ...

received_348460247337278 22
映画の街・岐阜が動き出す  映画『逆光』とのコラボで柳ケ瀬が70年代一色になる?! 映画『逆光』試写会 トークレポート

4月4日、岐阜ロイヤル劇場にて映画『逆光』の試写会と須藤蓮監督の舞台挨拶が行われ ...