Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

ニコラス

EntaMirage! Movie

ニコラス・ウィントンが救ったたくさんの命(映画『ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち』)

くまのパディントンのモデルは

くまのパディントンがパディントン駅で見つかったとき
首から札をかけていた。
「このくまをよろしくお願いします。」
そう書かれた札を付けたくまをブラウン夫妻は
イギリスの自宅へ連れ帰る。
そこから「くまのパディントン」の物話は始まる。

パディントンの原作者のマイケル・ボンドは子どもの時に
イギリスに疎開してきた子どもたちが名札を首からぶら下げて、
スーツケースを持ってたたずんでいる姿をニュース映像で見たことがあった。
このシーンを元に創作したと語っている。

ニコラス

この子どもたちは実はチェコからやってきた
ユダヤ人の子どもだった。
【キンダートランスポート】
という名でユダヤ人の子どもをナチスの手の届かない国外へ
逃がそうとした人たちがいた。
ドイツのようにユダヤ人出国組織がなかった
チェコスロヴァキアの難民キャンプを訪れたイギリスのビジネスマン
ニコラス・ウィントンは子どもたちだけでも助けたいと
仲間たちと【キンダートランスポート】を実行。
母国イギリスへ向けて約3ヶ月の間に669人の子どもたちを送った。
そのイギリスでの光景がマイケル・ボンドの「パディントン」に繋がるのだ。

語られなかった事実が明らかになる

この素晴らしい活動は岐阜出身の外交員杉原千畝の活動や、
シンドラーの活動同様長年明るみにならなかった。
それはなぜか。
ニコラスはこの活動を家族にすら話さなかったからだ。

ニコラスには悔やんでも悔やみきれない
最後の【キンダートランスポート】があった。
1939年9月に予定されていた250人の子どものたちの輸送が、
第二次世界大戦勃発のため中止を余儀なくされ、
その時列車に乗るはずだった子どもたちのほぼ全員が
その後、強制収容所などで命を落とした。
作戦の中止に心を痛め、後悔の念に苛まれつつ
戦後もニコラスは様々な慈善活動を続けていた。

約50年が経過する1988年のある日、
ニコラスの妻グレタは屋根裏部屋で
埃まみれのスクラップブックを見つけた。
グレタは夫がした活動を知り、友人に子どもたちの名簿を
託し、探し始めた。それをイギリスの放送局BBCが聞きつける。
BBCはイギリスへ送られた子どもたちを探し、
ニコラスに会わせようとサプライズを計画する。

マテイ・ミナーチュ監督は1999年に母親の戦争体験を映画にしているが
その際に読んだ資料であるヴェラ・ギッシング著
「キンダートランスポートの少女」に感銘を受け、
劇中にニコラス・ウィントンを登場させた。

その後2002年、ニコラスの偉業を追ったテレビドキュメンタリーを発表し、
ニコラスが救った子どもたちからの手紙や情報の整理を行い
集大成として本作が製作された。
1988年のBCCのドキュメンタリー番組も挟みながら
監督が独自に取材したインタビュー、
当時を回想するドラマ仕立てのシーンも入っており、
ニコラスの心や精神、人としての魅力を
じっくりと描き出す。

インタビューでは
生き残った子どもたちの鮮明な記憶で
戦前、戦中のチェコとイギリスへの電車の中の様子を教えてくれる。
ナチス・ドイツがじわじわと侵攻してくる様子、
自分たちではどうすることもできないことを
分かって必死に海外へのビザを求める
ユダヤ人たちの様子も語られている。
またBBCが追った子どもたちの成長、
世界に広がるニコラスが繋げた命も教えてくれる。

本当にすごいことをやる人は
それがすごいことだと思わず
当たり前だと思ってやる。

誰かのためになるから。そんなことは考えない。
今、目の前に起きていること。
何の罪もない子どもたちを救いたい。
国や民族の壁なんかない。

ニコラスの偉業を紹介しながら
生き残った子どもたちが同じ心で活動を続けているところを
ありのまま描いているところが素晴らしい。

ニコラス

この映画は2011年に作られた。
“英国のシンドラー”と呼ばれたニコラスは
2015年に106才で天寿を全うして亡くなったが
ニコラスの心は生き残った子どもたちに今も受け継がれている。

『ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち』は
11月26日より、YEBISU GARDEN CINEMA他全国順次公開。
名古屋地区では名演小劇場にて11月26日より公開。
公式サイト
http://nicholaswinton.jp/

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

room6 1
映画『ルームロンダリング』×池田エライザ トーク&インタビュー at 名古屋

6月5日名古屋PARCOで【映画『ルームロンダリング』×PARCO SWIM D ...

2
ようこそ岐阜へ。今年も秀作揃い 第6回MKE映画祭 レポート

第6回MKE映画祭が6月9日岐阜県図書館多目的ホールで行われた。 上映されたのは ...

yuzuriha1 3
葬儀の現場に涙は見せない(映画『ゆずりは』)

どの時代でも文化や仕事の技は受け継がれていく。 人から人へ。意思を継ぐ者達の命の ...

4
声から広がる作品の世界・中川龍太郎監督インタビュー(映画『四月の永い夢』)

世界四大映画祭の一つと言われるモスクワ国際映画祭で国際映画批評家連盟賞とロシア映 ...

5
迷うのも決めるのも私(映画『29歳問題』)

あらすじ 2005年の香港。あと1ヶ月で30才を迎えようとしているクリスティは仕 ...

dav 6
第17回CINEX映画塾-撮影監督・柳島克己トーク レポート

第17回CINEX映画塾が岐阜柳ケ瀬ロイヤル劇場で5月12日開催された。 ロイヤ ...

1525665750821 7
渡辺哲、再びカクエイを演じる(舞台『カクエイはかく語りき』)

『カクエイはかく語りき』が12年ぶりに上演される。 この作品は星屑の会でもタッグ ...

kobani 8
ラジオ・コバニ 戦地の中の放送局(映画『ラジオ・コバニ』)

94.3Mhz ラジオ・コバニが街を取り戻す 94.3Mhz でオンエアされるラ ...

kimikyori 9
地球の裏側のきみに恋して(映画『きみへの距離、1万キロ)

好きな人は地球の裏側。しかも恋人もいて…。 あらすじ 北アフリカの砂漠地帯にある ...

©2018「孤狼の血」製作委員会 10
東映実録路線を引き継ぐ妥協のない作品(映画『孤狼の血』)

ここまで今の日本でよく作ったと思える映画だった。熱き男達の闘い。それは昭和の時代 ...

IMG_20180503_085253 11
第17回CINEX映画塾開催決定!『ソナチネ』上映&柳島克己トーク

第17回CINEX映画塾の開催が5月12日に決まった。 今回は場所が岐阜CINE ...

12
篠原哲雄監督、文音さん登壇 映画『ばぁちゃんロード』名古屋舞台挨拶レポート

映画『ばぁちゃんロード』の舞台挨拶が4月21日名古屋名演小劇場で開催された。 篠 ...

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 13
CINEX映画塾第16回『一陽来復 Life Goes On』トークショーレポート

第16回CINEX映画塾『一陽来復 Life Goes On』上映と尹美亜(ユン ...

14
第1回加藤るみと映画館で会いましょう レポート

2018年3月17日、岐阜新聞映画部が企画したイベントが新たにスタート。 『加藤 ...

15
みんなが僕のストレージ(映画『クソ野郎と美しき世界』名古屋舞台挨拶レポート)

映画『クソ野郎と美しき世界』公開記念舞台挨拶が名古屋ミッドランドスクエアシネマで ...

IMG_20180205_115556 16
中川運河の魅力を伝える短編集(『Filmusic in 中川運河・秋』)

名古屋都市センター【中川運河助成ARToC10】の助成事業として製作されている短 ...

dav 17
自分の心の中を見たら(『ミュージカル ジキル&ハイド』)

ミュージカル『ジキル&ハイド』 2018年3月25日(日) 13:00  名古屋 ...

18
今を、そしてこれからを生きる(映画『一陽来復 Life Goes On』)

東日本大震災から6年。 6年という月日が早いのか遅いのか。それは人それぞれ感覚が ...

19
映画『レオン』名古屋初日舞台挨拶レポート

映画『レオン』公開初日舞台挨拶が名古屋ミッドランドスクエアシネマで行われた。 こ ...

@2017 ASESORIAS Y PRODUCCIONES FABULA LIMITADA; PARTICIPANT PANAMERICA, LCC; KOMPLIZEN FILM GMBH; SETEMBRO CINE, SLU; AND LELIO Y MAZA LIMITADA 20
あなたが愛した私でいたい(映画『ナチュラルウーマン』)

前情報は全く入れずに鑑賞し始めた映画『ナチュラルウーマン』。 ナイトクラブで歌う ...

ビガイルド 21
女の園に男が一人。さて何が起こる?(映画『ビガイルド 欲望のめざめ』)

女の怖さを知っているのは男より女だと思う。女はいつか敵になるかもしれないのになぜ ...

22
悠久の流れ長江・何度も巡り合う男と女(映画『長江 愛の詩』)

中国・長江。 世界の三大河川に数えられるこの河は全長3600キロ。中国を横断する ...

23
岐阜新聞映画部の新たな企画はアート&加藤るみ

岐阜新聞映画部の2018年最初のイベントと次のイベントが発表になった。 今年は新 ...

24
未来につながる映画を(映画『センターライン』下向拓生監督インタビュー・前編 Mirageなお客様その⑤)

自動車技術は日々進化している。 自動運転はまだまだ先のことと思っていたがCMでも ...

25
未来につながる映画を(映画『センターライン』下向拓生監督インタビュー・後編)

映画『センターライン』 下向拓生監督へのインタビュー後編をお送りする。 前編はこ ...

kenen1 26
兄弟(姉妹)だから色々あって面白い(映画『犬猿』吉田恵輔監督インタビュー)

一人っ子の私は兄弟がいる人たちを羨ましく思っていた。 絶対に勝てない親子喧嘩より ...