Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

こころに剣士を

EntaMirage! Movie 岐阜推し!

剣士の心で誇り高く生きる(映画『こころに剣士を』)

2017/03/04

エストニアはロシアに隣接する国だ。
ゆえに過去にはロシア、ソビエト連邦(ソ連)に併合されたり独立したり。
またナチス・ドイツの政権下に置かれたこともあった。

第二次世界大戦中にドイツ対ソ連の戦いの場となったエストニアは
1950年初頭、スターリン指揮下のソ連に併合されている。
『こころに剣士を』はその時代に実際にあった話を基に作られた。
逃げることをやめ、自分にふさわしい生き方を求めた一人の男と
男の生き方を変えた子供たちの姿が描かれている。

あらすじ

1950年初頭、エストニア。
ソ連の秘密警察に追われる元フェンシング選手のエンデルは、
小学校の体育教師として田舎町ハープサルに身を隠す。
ハープサルでは、子供たちの多くがソ連の圧政によって親を奪われていた。
エンデルは課外授業として子供達にフェンシングを教えることになるが、
実は子供が苦手だった。そんなエンデルを変えたのは、
学ぶことの喜びにキラキラと輝く子供たちの瞳だった。
中でも幼い妹たちの面倒を見るマルタと、
祖父と二人暮らしのヤーンは、エンデルを父親のように慕うようになる。
エンデルに不審を抱いた校長は、エンデルの身辺調査を始めていた。
そんな時、レニングラードで開かれる全国大会に出たいと
子供たちからせがまれたエンデルは、
捕まることになるかも知れないことは承知の上で
子供たちの夢を叶えようと
レニングラードに向かうことを決意する。
こころに剣士を

戦争は戦犯を作る

1940年代、ドイツ領からソ連領になったエストニアでは
急激なソ連からの弾圧があり民衆は貧窮していた。

第二次世界大戦終盤にはエストニアがドイツとソ連の戦いの場所になった。
ソ連統治下の暮らしよりはドイツの統治下がいいと
ドイツの隊に入った人、ソ連に求められてソ連の隊に入った人が
エストニア国民にはいる。
エストニアで生きていくにはどちらかを選ぶしかなかった。
主人公エンデルは家族や友人たちとドイツ側につく。
しかしドイツは負けた。
再びソ連統治下となったエストニアでは
ドイツ軍にいた者は秘密警察に追われる身になる。

家族と生きるためにした決断がある日突然罪になる。
戦争の勝ち負けは残酷だ。戦争は戦犯を生み出す。
名前を隠し、目立たないように生きること。
常に追われているという感覚から逃れられない生活。
逃げるしか生きる術はないのか。
友人たちの助けを借りてレニングラードから遠く離れた
ハープサルという町で教師という職を求めたエンデルは
ここで逃げることよりも大事なことを見つける。

この映画の原題は『The Fencer』。剣士。
彼は剣士としてフェンシングを子供たちに伝えた。
どんなときにもあきらめない強い心を持ってもらうために。

フェンシングは誇り高きもの

日本では太田雄貴さんがオリンピックで銀メダルを取ったことで
一気にメジャーになったフェンシング。
日本で剣士といえば剣道を連想させる。
剣道は剣の技術だけではなく武士の心を伝えるが
フェンシングも剣の技術だけではなく騎士の心を伝える。
「我が身を守る、名誉を守る」
自分という存在を守り、主張する誇り高いスポーツだ。

こころに剣士を

自己主張することが許されない

レニングラードから離れた町ハープサルでも
ソビエト連邦政府の目が光っている。

ヤーンの祖父がエンデルに多大なる影響を与えているが
課外授業でのフェンシング継続を問う父兄会のシーンの異様な光景に
政治統制の恐ろしさを感じる。
自己主張することは政府に逆らうことととられてしまう。
戦争は終わっても本当の自由などないのだ。

エストニアの俳優の競演

エンデルを演じているのはエストニアでは知らない人はいないという
マルト・アヴァンディ。
クラウス・ハロ監督は彼が騎士のような雰囲気を持っていたことで選んだという。
エストニアで有名だということを知らなかった。
コメディやミュージカルとエンターテインメント性のある作品に出ている彼だが
今回は抑えた演技が光る。
フェンシングの稽古を2ヶ月行って臨んだ。
ヤーンの祖父を演じたのはエストニアで最も有名な俳優
レンビット・ウルフサク。
自らも騎士の心を持ち、孫を思うヤーンの祖父を
しっかりと演じている。
台詞の奥にある未来へ託す強い思いが
静かな演技の中から湧き上がっている。

教えるということは教えられること

人になにかを教えるということは自分にたくさんのことを気づかせてくれる。
教えることで自分が間違っていたこと、わかっていなかったことを知る。
エンデルは自分が見失っていた剣士の心を
子供たちにフェンシングを教えることで取り戻していく。
後ろに下がらず、まっすぐに立ち向かっていく。

子供たちは敏感だ。大人の不安や警戒心を感じとる。
エンデルの変化に対する子供達の接し方の変化もしっかりと描いている。

レニングラードのフェンシング大会の結果がどうなるのかは皆さんの目でご確認を。

『こころに剣士を』http://kokoronikenshi.jp/
12月24日からヒューマントラストシネマ有楽町ほかで全国順次公開
名古屋地区では12月24日より名演小劇場で公開

-EntaMirage!, Movie, 岐阜推し!

おすすめの記事はこれ!

centerline1 1
じわじわきているインディーズ映画2本が名古屋で同時上映中!『センターライン』『さらば大戦士トゥギャザーV』初日イベントレポート

映画『さらば大戦士トゥギャザーV』、『センターライン』の名古屋上映が名駅のシネマ ...

place1 2
欲望と欲望が交差するカフェ ザ・プレイス(映画『ザ・プレイス 運命の交差点』)

人は誰でも欲望を持つ。今までに叶わなかった欲望も沢山あるだろう。もし、「これをす ...

55443345_2189956214435052_3257495925353873408_o 3
来週いよいよロードショー・映画『センターライン』吉見茉莉奈さんインタビュー

Cafe mirageが推し続けている映画『センターライン』。 昨年の完成披露か ...

kibaiyanse7 4
映画『きばいやんせ!私』武正晴監督、坂田聡さん、眼鏡太郎さんインタビュー&舞台挨拶レポート

映画『きばいやんせ!私』の舞台挨拶が名古屋のセンチュリーシネマで行われた。 『き ...

yukiguni1 5
カクテルとバーテンダーの人柄からうまれるBARという空間(映画『YUKIGUNI』)

明治時代に海外から日本に伝わり、時間をかけて日本で愛される飲み物になったカクテル ...

together1 6
ヒーローが役目を終える時、真のストーリーが始まる(映画『さらば大戦士トゥギャザーV』松本純弥監督インタビュー)

3月23日から1週間池袋シネマ・ロサで上映される『さらば大戦士トゥギャザーV』。 ...

zan6 7
第27回CINEX映画塾『斬、』池松壮亮さん×塚本晋也監督トークショー レポート

岐阜で良質の映画をと岐阜新聞映画部が企画し、出演者、監督などのトークと一緒にお届 ...

kazokuwari1 8
映画『かぞくわり』塩崎祥平監督×弓手研平さん 名古屋舞台挨拶レポート

名古屋・名演小劇場で絶賛公開中の映画『かぞくわり』。2月28日上映後には劇中の絵 ...

kazokuwari1 9
歴史が残る奈良で今の家族のあり方を見つめる(映画『かぞくわり』塩崎祥平監督インタビュー)

中将姫が出てくると聞いたのがこの映画を観るきっかけだった。岐阜市には中将姫誓願桜 ...

bokuiko_o7 10
ぼくいこ公開記念 大垣試写会 宮川サトシさん×大森立嗣監督トークショー公開!

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』の試写会が2月3日映画の撮影 ...

bon1 11
受け継がれる唄と共に生きる(映画『盆唄』)

2011年の東日本大震災からまもなく8年。震災後の人々を描く新たなドキュメンタリ ...

nekkojii3 12
猫との撮影の裏側を聞く(映画『ねことじいちゃん』立川志の輔さん、岩合光昭監督インタビュー)

心が温まるコミック『ねことじいちゃん』が実写化。監督は猫を撮らせるならこのひと。 ...

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。
2019年2月22日(金)全国順次ロードショー 配給:アスミック・エース 13
お母さんへの愛があふれとるよ、この映画(映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』大森立嗣監督インタビュー)

岐阜が舞台の作品がまた一つ出来上がった。 岐阜と言えばアニメというイメージが強い ...

kazokuwari1 14
歴史が残る奈良で今の家族のあり方を見つめる(映画『かぞくわり』塩崎祥平監督インタビュー)

中将姫が出てくると聞いたのがこの映画を観るきっかけだった。岐阜市には中将姫誓願桜 ...

DSC_0058 15
役者も観客もしびれるとがった作品をー『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』三上博史&宅間孝行監督インタビュー

1月18日から公開中の『LOVEHOELに於ける情事とPLANの涯て』。 昔のレ ...

DSC_0055 16
岐阜ふらっと探訪②‐思い出の釜めしに偶然出会う‐

釜めしって味加減とか火加減とかがとても難しい食べ物だと思う。 小さな頃、母が若い ...

zan 17
CINEX映画塾に池松壮亮さん登壇決定!(第27回CINEX映画塾『斬、』上映&トークショー)

2019年1回目の「CINEX映画塾」となる第27回目CINEX映画塾の追加ゲス ...

18
閉店を前に感謝祭を開催ー大須・シアターカフェ

2012年4月に大須にオープンしたシアターカフェは映画を製作する人々にとって大切 ...

uchi3 19
88歳、70年前に戻る旅(映画『家へ帰ろう』)

人生の終わりが見えて来たとき、人生を振り返り、やり残したことをやろうとする人は多 ...