Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

goze1

EntaMirage! Movie

瞽女として生きた一人の女性の物語(映画『瞽女GOZE』)

日本には、盲人ながら三味線や胡弓を弾き唄い、巡業を生業とした女旅芸人がいた。「瞽女(ごぜ)」と呼ばれた彼女たちは、近世まではほぼ全国的に活躍し、20世紀には新潟県を中心に北陸地方などを転々としながら生活した。

10月23日から全国順次公開の映画『瞽女GOZE』では「瞽女(ごぜ)」として生涯を全うした女性・ハルの人生が描かれる。瞽女として生きるには想像以上の苦労、そして努力と修業の日々があった。

あらすじ

生後3ヶ月で失明したハルは2歳のとき父と死別。盲目であっても一人で生きられるようにと、それまで優しかった母・トメは、瞽女にすると決めた時から心を鬼にしてハルを厳しく躾ける。それは、母親が子を思う愛情の深さだった。だが、その母親の優しさに気がつかないまま8歳でフジ親方と共に初めて巡業の旅に出る。
苛酷な瞽女人生の中でハルは二人の親方から瞽女として生き抜く力と瞽女の心を授かっていく。様々な困難を経て親方になったハルは初めて幼い弟子ハナヨを迎え入れ、瞽女として生きていける様にと厳しく躾をするが・・・。

最後の瞽女・小林ハルの生涯

瞽女の歌声を現代まで残した人がいる。小林ハルだ。彼女は新潟県に生まれ、7歳で瞽女となった。この作品はその小林ハルの人生を描いている。瞽女としての稼業を引退した後、「瞽女唄」が「記録作成等の措置を講ずべき無形文化財」となり、その保持者として78才で認定され、翌年黄綬褒章も授与された。様々な苦難を乗り越えて、105才で死去するまでに、沢山の人に瞽女唄を聴かせた。
「いい人と歩けば祭り、悪い人と歩けば修行」
と彼女は語ったという。
針の穴に糸を通して裁縫をする、一人で荷造りするなど目が見えない状態では難しいことも目が見える人と同じようにできるようにと厳しく躾られ、瞽女の謳いに耐えられる強い喉を作るための寒行にも耐え、瞽女になってからも親方からのきつい仕打ちに耐え、生きぬいた小林ハル。世間に知られるまでは苦労が続いた人生だが、彼女は生きることをやめなかった。

goze4

この映画『瞽女GOZE』は小林ハルが語った沢山のエピソードの中から生まれた作品だ。

盲目で、色も光も知らず、日蔭者として暮らしていたハル。将来一人でも生きていけるようにと瞽女にすることを母親、祖父母達に決められたハル。
ハルの幼少期を演じるのは川北のん。自らの意思ではなく、突然瞽女になるために厳しい躾や修業をすることになり、困惑しながらも自らの運命を受け入れ、懸命に修業するハルを感受性豊かに演じている。諦めることなく雪の中寒行で声を出し続ける姿にハルの持つ強さを感じるだろう。
ハルの少女期から青年期は吉本実優が演じる。瞽女としての旅の道中、女性としては耐えられない苦しみを経験しても生きていこうとするハル。人との出会いがハルの瞽女唄を一層輝かせる。ひどい仕打ちをする親方、瞽女としての幸せを教えてくれた親方。人との出会いが自身の運命を変えていくことを悟り、一人では生きられない自分にはこれしかないという強い覚悟が芽生える。

娘の将来のために鬼の厳しさでハルに接する母・トメは中島ひろ子が演じている。目の見えないハルには鬼のようにしか見えないトメだが、鬼の態度の裏で涙を流す姿にトメのに母親としての愛情を沢山感じることになる。
ハルから発せられる言葉に心を痛める一方で、ハルの成長に涙する。トメの張り裂けそうな胸の内が名優・中島ひろ子の芝居から痛いほど伝わって来る。

goze3

今よりもずっと不自由な時代に瞽女として生きた女性たち。彼女たちは盲目の身だが、険しい山道を越え、山間部の集落に唄という娯楽を届ける女神だった。自身がどんなに辛くても、待っている人がいる限り唄い続ける。歌声には人生がにじみ出る。

どんなに辛くても、前を向いて生きる。
本作の終盤で小林ハル96才の時の瞽女唄を聴いたら涙が止まらなくなった。
瞽女唄には日本の心がある。多様性が叫ばれる現代だが、忘れ去られている日本の文化を知ることも必要なのではないかと感じた。

映画『瞽女GOZE』https://goze-movie.com/goze.htmlは10月23日からシネ・リーブル池袋他で全国順次公開。
東海三県では10月24日から名演小劇場で公開。

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

kurenazume1 1
あの夕暮れ時を仲間と見よう(映画『くれなずめ』)

成田凌、高良健吾、若葉竜也、藤原季節、浜野謙太、目次立樹と聞くと、ここ数年の映画 ...

Toff_Guys_Day_24_173.ARW 2
紳士=ジェントルメンの駆け引きが楽しめるガイ・リッチー監督の快作(映画『ジェントルメン』)

『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』、『スナッチ』、『シ ...

beach1 3
どこまでも自由と愛に生きる(映画『ビーチバム まじめに不真面目』)

ここまで自制心なく、欲望のまま正直に生きることが出来たら、清々しい。どこか羨まし ...

blueheaven1 4
映画『ブルーヘブンを君に』完成披露舞台挨拶レポート

映画『ブルーヘブンを君に』の完成披露舞台挨拶が 4月24日岐阜市の岐阜清流文化プ ...

©2020 “A Garden of Camellias” Film Partners 5
美しい映像の中にある家族の物語(映画『椿の庭』)

とても静かだが、心に残る映画に出会った。 美しい映像もさることながら、見終わった ...

ikiro3 6
沖縄戦時中の事実を知る (映画『生きろ 島田叡ー戦中最後の沖縄県知事』)

アジア太平洋戦争末期。すでに日本軍の敗色が濃厚だった1945年1月31日、一人の ...

sukutte1 7
金魚も彼女もすくいたい(映画『すくってごらん』)

映画紹介を耳で聴いてみませんか? stand.fmでCafemirage Rad ...

アーラ映画祭-1024x924 8
アーラ映画祭は3月20日から22日に開催!

アーラ映画祭が岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催される。 今回は3月20日 ...

main 9
『his』撮影地でドライブインシアター開催!

かつて恋人同士だった男性2人の8年ぶりの再会から物語がスタートする映画、『his ...

IMG_20210117_204050 10
コケシに捧げる愛の歌?(映画『コケシ・セレナーデ』)

2019 年初の長編自主映画となる『みぽりん』がカナザワ映画祭2019「期待の新 ...

minori1 11
第46回CINEX映画塾『実りゆく』田中要次さん×八木順一朗監督トークショーレポート

第46回CINEX映画塾『実りゆく』上映&トークショーが12月6日岐阜C ...

konosekai_chirashi 12
ポストホロコーストで残された人々を描く(映画『この世界に残されて』)

2020年米アカデミー賞国際長編映画賞ショートリストに選出され、ハンガリー映画批 ...

no image 13
明けましておめでとうございます!

Cafe Mirageの記事をご覧いただいている皆様   あけましてお ...

burai 14
昭和から平成。裏社会を生き抜いた男の物語(映画『無頼』)

さまざまなアウトサイダーたちの姿を一貫して描き続けてきた鬼才・井筒和幸監督の新作 ...

©2020『喜劇愛妻物語』製作委員会 15
第45回CINEX映画塾『喜劇 愛妻物語』足立紳監督・代情明彦プロデューサー トークレポート

第45回CINEX映画塾『喜劇 愛妻物語』上映&トークショーが11月28 ...

title1 16
女ってなんでしょうね。(映画『タイトル、拒絶』)

『タイトル、拒絶』というタイトルがまず気になった。 「ワタシの人生に、タイトルな ...

onkyo1 17
そこは奇跡が起きる場所(映画『音響ハウス Melody-Go-Round』)

ビートルズがアビーロードスタジオを愛し、あの横断歩道を渡る写真のアルバムを始め、 ...

honki4 18
第43回CINEX映画塾 『本気のしるし 劇場版』上映&トークショー レポート

第43回CINEX映画塾『本気のしるし 劇場版』の上映が岐阜CINEXで開催され ...

mrsnoisy1 19
隣人はどんな人?(映画『ミセス・ノイズィ』)

集合住宅に住めば必ずいる隣人。 隣人との良好な関係を保つのも、生活をする上で大切 ...

©2019「ばるぼら」製作委員会 20
映画『ばるぼら』は大人のファンタジー(映画『ばるぼら』手塚眞監督インタビュー)

彼女は魔女かそれともミューズか。 都会の片隅で耽美派の小説家・洋介が出会ったばる ...

royal3 21
ホテルローヤルを映像化。武正晴監督のこだわりとは?(映画『ホテルローヤル 武正晴監督インタビュー』)

ラブホテルとは日常から切り離された場所だ。一種の別世界。ここでの二人の時間は他人 ...

goze1 22
瞽女として生きた一人の女性の物語(映画『瞽女GOZE』)

日本には、盲人ながら三味線や胡弓を弾き唄い、巡業を生業とした女旅芸人がいた。「瞽 ...