Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

函館珈琲

EntaMirage! mirageなお客様 Movie

生きている世界を作品に いとう菜のはさん (mirageなお客様 第1回)

いとう菜のはさんを知ったのは
『ショート・ストーリーなごや』という短編小説のコンテストの時だった。
コンテストでの受賞作『笑門来福』は2014年に
いとう菜のは脚本、酒井麻衣監督で映画化されることになる。
あの当時惜しまれつつ閉館した大須演芸場を
撮影に使った貴重な作品だ。
(大須演芸場は2014年に一度閉館し、2015年に復活した。)

 

作品を書いた人がそのまま脚本も担当するということは
『ショート・ストーリー・なごや』では珍しく、
よく覚えていたのだった。
そして去年、あいち国際女性映画祭に『笑門来福』が出品されたときに
会場で初めてお会いした。
だからいとう菜のはさんという人をそこまで知っていたわけではない。
でもお近づきになりたい。
その思いで取材をお願いしたところ
今回、『函館珈琲』公開にあたっていとう菜のはさんに
インタビューすることができた。

 

コーヒーをテーマに作品を作る人に悪い人はいないと
自分は常々思っており(単なる思い込みかもしれないが)、図々しくも
名古屋シネマテークの舞台挨拶終了後に
根掘り葉掘りお伺いした。

 

『Cafe mirageなお客様』は映画やコーヒーに関わる人を特集取材するコーナー。
その1回目は名古屋在住、脚本家のいとう菜のはさん。

いとう菜のはさん

”脚本家 いとう菜のは”が生まれた過程

Q:菜のはさんが書いた初めての脚本は?
「さっき名古屋シネマテークで舞台挨拶したときに高校時代、
シネマテークに通っていた話をしましたが、
高校時代に色々お話を作ってみんなに回していたことを同級生に会って思い出しました。
みんなが続きが読みたいと言ってくれて。
妄想するのが好きでした。妄想少女(笑)。それがきっかけだったと思います。」

 

Q:そのまま脚本を書き始めたんですか?
「いえ。今も普通に平日は働いています。
昔はケーブルテレビで製作の仕事をしていて自分で企画して撮って編集して…
ってやっていました。
その後会社を辞めてどっぷり10年専業主婦をして。
離婚して子供2人を自分で育てるってなったときに自分のアイデンティティってなんだろう?
と思って。誰々の奥さんとかそういうものじゃなく。
自分がやりたいものって何だろうと考えたら映像の仕事だったんです。」

 

Q:なぜ小説でなく、脚本だったんでしょう?
「総合芸術が好き。みんなで作る方が楽しいんですね。
私はみんなの知識が色々入って作品を作るのが好きなんです。」

 

Q:脚本の勉強はされたんでしょうか?
「シナリオライター養成講座には通いました。名古屋の文化センターの講座であったんです。
書き方というよりは脚本家としての心構えを教えて頂いた感じです。」

脚本家は待つだけではダメ。動かなければ何も始まらない

Q:書くのに行き詰ったときはどうしますか?
「全然違うことをします。書いている時間だけじゃなくて他のことをやっている
すべてが作品を作る時間になります。
専業主婦をやっているときに書けばよかったって思うときもありますが
主婦をしていた10年がある人生がベースで
"一般の地に足をつけた人の生活を知っているライター"として
私にしかできない仕事があるかなと。
映画を見に来る方たちは満員電車に揺られたり、月曜日は会社に行くのに気が重かったり。
そういう生活をしている方たちが娯楽を求めて映画を見に来る。
そこをわかっている人間じゃないとダメだと思っていますし、
みんなそれぞれ何か抱えて生活しているわけですからそこを描きたい。
後は物事を俯瞰で見られないなとダメだなと。
どっちがいいとか悪いとかではなくどちらにも正論があるわけですから。」

 

Q:脚本はたくさん応募されたんですか?
「はい。コンクール受賞歴はそれなりにあるんです。
賞をもらったら即デビューと思っていたんですけどそうでもないことを学んで。(笑)
これが東京在住であればプロデューサーさんなど製作関係の方に会う機会もあるでしょうから
また次の仕事に発展することもあるとは思うんですが
地方で働きながら書いているとなかなか…。」

 

Q:函館港イルミナシオン映画祭へのシナリオは初めから映画化が決まっていたんですか?
「自分から映画化してもらえるように動きました。いろんな監督にお声がけして。
返事が返ってきた監督もあればなしのつぶての監督も。
西尾孔志監督は『ぜひやらせてほしい。』と言っていただけたのでお願いしました。
"『ソウルフラワートレイン』がジェリービーンズなら『函館珈琲』は金平糖です"と
イメージを伝えました。
キャストも一子役をいつか自分の作品に出てほしいと思っていた片岡礼子さんに
お願いすることができて。嬉しかったですね。
映画祭ディレクターのあがた森魚さんもお会いしたいと思っていた方で
まさかこんなに親しくさせていただけるようになるとは思っていませんでした。」

函館珈琲

Q:撮影現場に行かれたと聞きましたが作品が形になっていくのを見るのはいかがでしたか?
「12日間のうち10日は現場にいました。車両部として送迎もやりました。
撮影前まで『それはいる、いらない。』と話したところもありましたが
現場では基本的には監督におまかせの状態で。
撮影現場にはいつか自分の作品を撮ってほしいと思っていた
すごいスタッフさんがいたこともあり感激でした。」

 

Q:『函館珈琲』の翡翠館の人々が魅力的ですね
「昔からこういう人たちを描きたいと思っていた人たちを集めて一度に出しました。
収入よりも自分のやりたいことをやる、どこか自分と通じるところもある人たちが
集まっている感じもします。長い人生の一部分を切り取った、
翡翠館にいる間を描いている作品です。」

 

翡翠館に住む人達の人生の1ページが描かれる『函館珈琲』。
そこにはいとう菜のはさんの経験もいくつか含まれているのだろう。
翡翠館に住む人達の1ヶ月での変化が描かれる。
優しさだけではない映画だがどこか温かくほっとする。
共感出来る部分がたくさんあった。
最後に。Cafe mirage独特の質問を投げ掛けてみた。

 

Q:『函館珈琲』でも珈琲が出てきて、とても飲みたくなります。
菜のはさんにとってのコーヒーとは?

「子どもの頃、お砂糖もミルクも入れないコーヒーが飲めるようになるなんて、
想像もできませんでした。それが今では立派な珈琲中毒で、
いつブラックコーヒーが飲めるようになったのか、
その境界線が曖昧なんです。でも自分の中でなにかしらの変化があったはずで、
そのグラデーションを描くのが映画だと思っています。
コーヒーが好き、というよりも丁寧に淹れたコーヒーをゆっくり飲む、
という時間そのものが好きのかもしれません。」

 

映画を愛してやまないいとう菜のはさん。
脚本の中だけではなく普段の話の随所に素敵な言葉がちりばめられた方だった。
またゆっくり美味しいコーヒーを飲みながら
映画やドラマの話をしたいと思う癒しの女性だ。

 

復業(副業)が認められそうな動きの今、地方に住んでいても仕事は出来る。
やりたいことと仕事も両立できる。
それを彼女に教えてもらった気がした。

 

映画『函館珈琲』は現在も公開中。
映画紹介記事はこちら↓
「函館・翡翠館、そこは原石を磨く場所(映画『函館珈琲』)」
http://cafemirage.net/archives/174

-EntaMirage!, mirageなお客様, Movie

おすすめの記事はこれ!

ikiro3 1
沖縄戦時中の事実を知る (映画『生きろ 島田叡ー戦中最後の沖縄県知事』)

アジア太平洋戦争末期。すでに日本軍の敗色が濃厚だった1945年1月31日、一人の ...

sukutte1 2
金魚も彼女もすくいたい(映画『すくってごらん』)

映画紹介を耳で聴いてみませんか? stand.fmでCafemirage Rad ...

アーラ映画祭-1024x924 3
アーラ映画祭は3月20日から22日に開催!

アーラ映画祭が岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催される。 今回は3月20日 ...

main 4
『his』撮影地でドライブインシアター開催!

かつて恋人同士だった男性2人の8年ぶりの再会から物語がスタートする映画、『his ...

IMG_20210117_204050 5
コケシに捧げる愛の歌?(映画『コケシ・セレナーデ』)

2019 年初の長編自主映画となる『みぽりん』がカナザワ映画祭2019「期待の新 ...

minori1 6
第46回CINEX映画塾『実りゆく』田中要次さん×八木順一朗監督トークショーレポート

第46回CINEX映画塾『実りゆく』上映&トークショーが12月6日岐阜C ...

konosekai_chirashi 7
ポストホロコーストで残された人々を描く(映画『この世界に残されて』)

2020年米アカデミー賞国際長編映画賞ショートリストに選出され、ハンガリー映画批 ...

no image 8
明けましておめでとうございます!

Cafe Mirageの記事をご覧いただいている皆様   あけましてお ...

burai 9
昭和から平成。裏社会を生き抜いた男の物語(映画『無頼』)

さまざまなアウトサイダーたちの姿を一貫して描き続けてきた鬼才・井筒和幸監督の新作 ...

©2020『喜劇愛妻物語』製作委員会 10
第45回CINEX映画塾『喜劇 愛妻物語』足立紳監督・代情明彦プロデューサー トークレポート

第45回CINEX映画塾『喜劇 愛妻物語』上映&トークショーが11月28 ...

title1 11
女ってなんでしょうね。(映画『タイトル、拒絶』)

『タイトル、拒絶』というタイトルがまず気になった。 「ワタシの人生に、タイトルな ...

onkyo1 12
そこは奇跡が起きる場所(映画『音響ハウス Melody-Go-Round』)

ビートルズがアビーロードスタジオを愛し、あの横断歩道を渡る写真のアルバムを始め、 ...

honki4 13
第43回CINEX映画塾 『本気のしるし 劇場版』上映&トークショー レポート

第43回CINEX映画塾『本気のしるし 劇場版』の上映が岐阜CINEXで開催され ...

mrsnoisy1 14
隣人はどんな人?(映画『ミセス・ノイズィ』)

集合住宅に住めば必ずいる隣人。 隣人との良好な関係を保つのも、生活をする上で大切 ...

©2019「ばるぼら」製作委員会 15
映画『ばるぼら』は大人のファンタジー(映画『ばるぼら』手塚眞監督インタビュー)

彼女は魔女かそれともミューズか。 都会の片隅で耽美派の小説家・洋介が出会ったばる ...

royal3 16
ホテルローヤルを映像化。武正晴監督のこだわりとは?(映画『ホテルローヤル 武正晴監督インタビュー』)

ラブホテルとは日常から切り離された場所だ。一種の別世界。ここでの二人の時間は他人 ...

goze1 17
瞽女として生きた一人の女性の物語(映画『瞽女GOZE』)

日本には、盲人ながら三味線や胡弓を弾き唄い、巡業を生業とした女旅芸人がいた。「瞽 ...