Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

函館珈琲

EntaMirage! mirageなお客様 Movie

生きている世界を作品に いとう菜のはさん (mirageなお客様 第1回)

いとう菜のはさんを知ったのは
『ショート・ストーリーなごや』という短編小説のコンテストの時だった。
コンテストでの受賞作『笑門来福』は2014年に
いとう菜のは脚本、酒井麻衣監督で映画化されることになる。
あの当時惜しまれつつ閉館した大須演芸場を
撮影に使った貴重な作品だ。
(大須演芸場は2014年に一度閉館し、2015年に復活した。)

 

作品を書いた人がそのまま脚本も担当するということは
『ショート・ストーリー・なごや』では珍しく、
よく覚えていたのだった。
そして去年、あいち国際女性映画祭に『笑門来福』が出品されたときに
会場で初めてお会いした。
だからいとう菜のはさんという人をそこまで知っていたわけではない。
でもお近づきになりたい。
その思いで取材をお願いしたところ
今回、『函館珈琲』公開にあたっていとう菜のはさんに
インタビューすることができた。

 

コーヒーをテーマに作品を作る人に悪い人はいないと
自分は常々思っており(単なる思い込みかもしれないが)、図々しくも
名古屋シネマテークの舞台挨拶終了後に
根掘り葉掘りお伺いした。

 

『Cafe mirageなお客様』は映画やコーヒーに関わる人を特集取材するコーナー。
その1回目は名古屋在住、脚本家のいとう菜のはさん。

いとう菜のはさん

”脚本家 いとう菜のは”が生まれた過程

Q:菜のはさんが書いた初めての脚本は?
「さっき名古屋シネマテークで舞台挨拶したときに高校時代、
シネマテークに通っていた話をしましたが、
高校時代に色々お話を作ってみんなに回していたことを同級生に会って思い出しました。
みんなが続きが読みたいと言ってくれて。
妄想するのが好きでした。妄想少女(笑)。それがきっかけだったと思います。」

 

Q:そのまま脚本を書き始めたんですか?
「いえ。今も普通に平日は働いています。
昔はケーブルテレビで製作の仕事をしていて自分で企画して撮って編集して…
ってやっていました。
その後会社を辞めてどっぷり10年専業主婦をして。
離婚して子供2人を自分で育てるってなったときに自分のアイデンティティってなんだろう?
と思って。誰々の奥さんとかそういうものじゃなく。
自分がやりたいものって何だろうと考えたら映像の仕事だったんです。」

 

Q:なぜ小説でなく、脚本だったんでしょう?
「総合芸術が好き。みんなで作る方が楽しいんですね。
私はみんなの知識が色々入って作品を作るのが好きなんです。」

 

Q:脚本の勉強はされたんでしょうか?
「シナリオライター養成講座には通いました。名古屋の文化センターの講座であったんです。
書き方というよりは脚本家としての心構えを教えて頂いた感じです。」

脚本家は待つだけではダメ。動かなければ何も始まらない

Q:書くのに行き詰ったときはどうしますか?
「全然違うことをします。書いている時間だけじゃなくて他のことをやっている
すべてが作品を作る時間になります。
専業主婦をやっているときに書けばよかったって思うときもありますが
主婦をしていた10年がある人生がベースで
"一般の地に足をつけた人の生活を知っているライター"として
私にしかできない仕事があるかなと。
映画を見に来る方たちは満員電車に揺られたり、月曜日は会社に行くのに気が重かったり。
そういう生活をしている方たちが娯楽を求めて映画を見に来る。
そこをわかっている人間じゃないとダメだと思っていますし、
みんなそれぞれ何か抱えて生活しているわけですからそこを描きたい。
後は物事を俯瞰で見られないなとダメだなと。
どっちがいいとか悪いとかではなくどちらにも正論があるわけですから。」

 

Q:脚本はたくさん応募されたんですか?
「はい。コンクール受賞歴はそれなりにあるんです。
賞をもらったら即デビューと思っていたんですけどそうでもないことを学んで。(笑)
これが東京在住であればプロデューサーさんなど製作関係の方に会う機会もあるでしょうから
また次の仕事に発展することもあるとは思うんですが
地方で働きながら書いているとなかなか…。」

 

Q:函館港イルミナシオン映画祭へのシナリオは初めから映画化が決まっていたんですか?
「自分から映画化してもらえるように動きました。いろんな監督にお声がけして。
返事が返ってきた監督もあればなしのつぶての監督も。
西尾孔志監督は『ぜひやらせてほしい。』と言っていただけたのでお願いしました。
"『ソウルフラワートレイン』がジェリービーンズなら『函館珈琲』は金平糖です"と
イメージを伝えました。
キャストも一子役をいつか自分の作品に出てほしいと思っていた片岡礼子さんに
お願いすることができて。嬉しかったですね。
映画祭ディレクターのあがた森魚さんもお会いしたいと思っていた方で
まさかこんなに親しくさせていただけるようになるとは思っていませんでした。」

函館珈琲

Q:撮影現場に行かれたと聞きましたが作品が形になっていくのを見るのはいかがでしたか?
「12日間のうち10日は現場にいました。車両部として送迎もやりました。
撮影前まで『それはいる、いらない。』と話したところもありましたが
現場では基本的には監督におまかせの状態で。
撮影現場にはいつか自分の作品を撮ってほしいと思っていた
すごいスタッフさんがいたこともあり感激でした。」

 

Q:『函館珈琲』の翡翠館の人々が魅力的ですね
「昔からこういう人たちを描きたいと思っていた人たちを集めて一度に出しました。
収入よりも自分のやりたいことをやる、どこか自分と通じるところもある人たちが
集まっている感じもします。長い人生の一部分を切り取った、
翡翠館にいる間を描いている作品です。」

 

翡翠館に住む人達の人生の1ページが描かれる『函館珈琲』。
そこにはいとう菜のはさんの経験もいくつか含まれているのだろう。
翡翠館に住む人達の1ヶ月での変化が描かれる。
優しさだけではない映画だがどこか温かくほっとする。
共感出来る部分がたくさんあった。
最後に。Cafe mirage独特の質問を投げ掛けてみた。

 

Q:『函館珈琲』でも珈琲が出てきて、とても飲みたくなります。
菜のはさんにとってのコーヒーとは?

「子どもの頃、お砂糖もミルクも入れないコーヒーが飲めるようになるなんて、
想像もできませんでした。それが今では立派な珈琲中毒で、
いつブラックコーヒーが飲めるようになったのか、
その境界線が曖昧なんです。でも自分の中でなにかしらの変化があったはずで、
そのグラデーションを描くのが映画だと思っています。
コーヒーが好き、というよりも丁寧に淹れたコーヒーをゆっくり飲む、
という時間そのものが好きのかもしれません。」

 

映画を愛してやまないいとう菜のはさん。
脚本の中だけではなく普段の話の随所に素敵な言葉がちりばめられた方だった。
またゆっくり美味しいコーヒーを飲みながら
映画やドラマの話をしたいと思う癒しの女性だ。

 

復業(副業)が認められそうな動きの今、地方に住んでいても仕事は出来る。
やりたいことと仕事も両立できる。
それを彼女に教えてもらった気がした。

 

映画『函館珈琲』は現在も公開中。
映画紹介記事はこちら↓
「函館・翡翠館、そこは原石を磨く場所(映画『函館珈琲』)」
http://cafemirage.net/archives/174

-EntaMirage!, mirageなお客様, Movie

おすすめの記事はこれ!

MKE7_15 1
みてくれたっていいじゃない!第7回MKE映画祭レポート

第7回MKE映画祭が6月8日、岐阜県図書館多目的ホールで開かれた。 選考で選ばれ ...

jimoto8 2
地元ピース!岐阜上映は超満席!!

映画『地元ピース!』の岐阜上映会が6月9日岐阜・柳ヶ瀬のCINEXで行われた。 ...

IMG_20190526_124410 3
映画『嵐電』鈴木卓爾監督&キャストインタビュー

先日舞台挨拶レポートをお届けした映画『嵐電』。 鈴木卓爾監督と川本明輝尾役の福本 ...

koria1 4
名古屋開催は今年で10回目!『花開くコリア・アニメーション』

「花開くコリア・アニメーション2019+アジア」の名古屋での上映が7月6日、7日 ...

dance1 5
一人で踊るダンスの出来栄えは?映画『1人のダンス』安楽涼監督インタビュー(Mirageなお客様⑧)

毎年音楽と映画でタッグを組み制作されているMOOSIC LAB2018短編部門で ...

peer7 6
『ピア~まちをつなぐもの~』細田善彦さん、松本若菜さん登壇名古屋舞台挨拶レポート

映画『ピア~まちをつなぐもの~』の公開記念舞台挨拶が6月1日名古屋シネマスコーレ ...

ani1 7
40年という時代を超えて。時は動き出す(映画『兄消える』)

兄弟というのは愛すべき肉親である。弟にとって兄は一番身近な人生の先輩であり、見本 ...

MKE7tops 8
岐阜で今年も短編映画上映!MKE映画祭

今年もMKE映画祭が6月8日に開催される。 MKE映画祭は7回目。 M(見て)K ...

randen3 9
映画『嵐電』名古屋舞台挨拶レポート

映画『嵐電』の公開記念舞台挨拶が5月26日名古屋・名演小劇場で行われた。 登壇し ...

jimoto4 10
役者の出身地で作るオムニバス映画『地元ピース!』上映会のお知らせ 『柳ケ瀬ダンジョン』撮影レポート

岐阜市柳ケ瀬。 昭和の時代、この柳ケ瀬は多くの人でにぎわった。 美川憲一が歌う『 ...

musashi1€ 11
己の信じる道を行く 映画『武蔵-むさし-』三上康雄監督インタビュー

『蠢動―しゅんどう―』から6年。リアルな演出と、徹底的なこだわりで時代劇の熱や美 ...

baaba6 12
寺田心くん、地元凱旋!(映画『ばあばは、だいじょうぶ』名古屋舞台挨拶レポート)

映画『ばあばは、だいじょうぶ』の公開記念舞台挨拶が5月18日イオンシネマ名古屋茶 ...

pia 13
人と人とが協力する在宅医療の現場を描く(映画『ピア まちをつなぐもの』)

様々な場所で劇場公開され、上映会としても800カ所以上で上映されている介護従事者 ...

©2019 KAMPAI! SAKE SISTERS PRODUCTION COMMITTEE 14
女性が活躍する日本酒の世界(映画『カンパイ!日本酒に恋した女たち』)

二十歳になった直後、苦いお酒が飲めなくてカクテルや梅酒、杏露酒など甘いお酒ばかり ...

baaba2 15
寺田心くんの熱演が光る!新たな角度から認知症を描いた作品(映画『ばあばは、だいじょうぶ』)

ものを忘れてしまう病気(認知症)で物忘れが多くなり、出来ていたことが出来なくなっ ...

sorokin 16
映画『ソローキンの見た桜』岐阜 大垣舞台挨拶レポート

映画『ソローキンの見た桜』の公開記念舞台挨拶が岐阜・コロナシネマワールド大垣で4 ...

namonri1 17
地方で働こう-趣味も仕事も充実させる働き方-(映画『波乗りオフィスへようこそ』)

日本は今、自分の時間、生き方を重視する方向へと進み始めている。だが、なかなか自分 ...

centerline1 18
じわじわきているインディーズ映画2本が名古屋で同時上映中!『センターライン』『さらば大戦士トゥギャザーV』初日イベントレポート

映画『さらば大戦士トゥギャザーV』、『センターライン』の名古屋上映が名駅のシネマ ...

place1 19
欲望と欲望が交差するカフェ ザ・プレイス(映画『ザ・プレイス 運命の交差点』)

人は誰でも欲望を持つ。今までに叶わなかった欲望も沢山あるだろう。もし、「これをす ...

55443345_2189956214435052_3257495925353873408_o 20
来週いよいよロードショー・映画『センターライン』吉見茉莉奈さんインタビュー

Cafe mirageが推し続けている映画『センターライン』。 昨年の完成披露か ...

kibaiyanse7 21
映画『きばいやんせ!私』武正晴監督、坂田聡さん、眼鏡太郎さんインタビュー&舞台挨拶レポート

映画『きばいやんせ!私』の舞台挨拶が名古屋のセンチュリーシネマで行われた。 『き ...

yukiguni1 22
カクテルとバーテンダーの人柄からうまれるBARという空間(映画『YUKIGUNI』)

明治時代に海外から日本に伝わり、時間をかけて日本で愛される飲み物になったカクテル ...

together1 23
ヒーローが役目を終える時、真のストーリーが始まる(映画『さらば大戦士トゥギャザーV』松本純弥監督インタビュー)

3月23日から1週間池袋シネマ・ロサで上映される『さらば大戦士トゥギャザーV』。 ...

zan6 24
第27回CINEX映画塾『斬、』池松壮亮さん×塚本晋也監督トークショー レポート

岐阜で良質の映画をと岐阜新聞映画部が企画し、出演者、監督などのトークと一緒にお届 ...

kazokuwari1 25
映画『かぞくわり』塩崎祥平監督×弓手研平さん 名古屋舞台挨拶レポート

名古屋・名演小劇場で絶賛公開中の映画『かぞくわり』。2月28日上映後には劇中の絵 ...

kazokuwari1 26
歴史が残る奈良で今の家族のあり方を見つめる(映画『かぞくわり』塩崎祥平監督インタビュー)

中将姫が出てくると聞いたのがこの映画を観るきっかけだった。岐阜市には中将姫誓願桜 ...

bokuiko_o7 27
ぼくいこ公開記念 大垣試写会 宮川サトシさん×大森立嗣監督トークショー公開!

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』の試写会が2月3日映画の撮影 ...

bon1 28
受け継がれる唄と共に生きる(映画『盆唄』)

2011年の東日本大震災からまもなく8年。震災後の人々を描く新たなドキュメンタリ ...

nekkojii3 29
猫との撮影の裏側を聞く(映画『ねことじいちゃん』立川志の輔さん、岩合光昭監督インタビュー)

心が温まるコミック『ねことじいちゃん』が実写化。監督は猫を撮らせるならこのひと。 ...

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。
2019年2月22日(金)全国順次ロードショー 配給:アスミック・エース 30
お母さんへの愛があふれとるよ、この映画(映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』大森立嗣監督インタビュー)

岐阜が舞台の作品がまた一つ出来上がった。 岐阜と言えばアニメというイメージが強い ...

kazokuwari1 31
歴史が残る奈良で今の家族のあり方を見つめる(映画『かぞくわり』塩崎祥平監督インタビュー)

中将姫が出てくると聞いたのがこの映画を観るきっかけだった。岐阜市には中将姫誓願桜 ...

DSC_0058 32
役者も観客もしびれるとがった作品をー『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』三上博史&宅間孝行監督インタビュー

1月18日から公開中の『LOVEHOELに於ける情事とPLANの涯て』。 昔のレ ...

DSC_0055 33
岐阜ふらっと探訪②‐思い出の釜めしに偶然出会う‐

釜めしって味加減とか火加減とかがとても難しい食べ物だと思う。 小さな頃、母が若い ...

zan 34
CINEX映画塾に池松壮亮さん登壇決定!(第27回CINEX映画塾『斬、』上映&トークショー)

2019年1回目の「CINEX映画塾」となる第27回目CINEX映画塾の追加ゲス ...

35
閉店を前に感謝祭を開催ー大須・シアターカフェ

2012年4月に大須にオープンしたシアターカフェは映画を製作する人々にとって大切 ...

uchi3 36
88歳、70年前に戻る旅(映画『家へ帰ろう』)

人生の終わりが見えて来たとき、人生を振り返り、やり残したことをやろうとする人は多 ...