Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

EntaMirage! Movie

映画以上に映画的 明かされる過去(『将軍様、あなたのために映画を撮ります。』)

2016/10/21

元妻は忽然と姿を消した

韓国国内で知らない人はいない。
そんな国民的女優が旅行先の香港で忽然と姿を消した。
その名は崔銀姫(チェ・ウニ)
別れた夫で映画監督の申相玉(シン・サンオク)が後を追って香港に向かったが
同じく忽然と姿を消した。

数年後、申監督は北朝鮮で映画を発表する。
崔銀姫は拉致されたが、申監督は自発的に北朝鮮に入国したのだと
韓国の人たちも信じていた。

北朝鮮で何本も映画を製作した後の1986年、
オーストリアに滞在中、申監督は崔銀姫と共にアメリカに亡命する。
「私たちは拉致されたのだ」
亡命後に語られた真実。
二度逃亡を計り強制収容所で教育されたこと、
自分と崔銀姫を拉致する命令を出したのは金正日だったこと。

二つの側面を持つ映画

この事件を追った『将軍様、あなたのために映画を撮ります』は
二つの側面を持つ。

申監督の声、関係者からの聞き込み、崔銀姫へのインタビューなど
今まで踏み込むことが困難と言われた
拉致被害者の体験や脱出までの過程が
赤裸々に語られている。

そして二人が見た金正日から
ベールに包まれている金正日という人物を探る。
金日成の跡を継ぎ指導者として君臨した彼の
独裁者としての姿、そして
芸術家としての姿も垣間見える。

愛したがゆえの強行

独裁者として北朝鮮のトップに君臨した金正日。
彼が愛したものは芸術だった。
その中でも映画を特に愛していたという。
音楽会の開催、海外から著名人を積極的に招待している映像は
私たちも報道で目にしている。

招待をすることもできただろう。
だが映画を作るために二人は拉致された。
金正日はどんな考えで拉致を指示したのだろうか。
映画に何を求めたのだろうか。

日本人も撮影参加した

日本の大学で学んだ申監督。日本語も堪能だった。
本作の中でもそれは思いも寄らぬ形で披露されている。

国を出ることはできないが資金だけはたくさんある。
日本からゴジラの特撮スタッフを呼んで製作した作品『プルガサリ』のほか
ヨーロッパやロシアの映画祭にも何作品かが出品され
出演した崔銀姫も賞をもらっている。

この出来事に興味を持ったロス・アダムとロバート・カンナンは
このドキュメンタリーを作る上で、取材に相当苦労したという。

まだ二人が拉致されたことを信じない人もいる韓国では資料が少なく
亡命後に事情聴取に行ったCIAの人物も
なかなか口を開こうとはしなかったからだ。

申監督はすでに他界。崔銀姫とその子供に会うまでに2年の月日をかけ
話を聞くことができた。

そして何よりも最高機密と言われる申監督が残した
金正日との会話を残すテープが
金正日プロデューサーの誘いにどう申監督がのったのかを明らかにする。
韓国では資金難に泣かされた申監督。
北朝鮮では自分の思いのままの機材やたくさんのスタッフを使い
狂ったように映画を撮った。

自由に映画を撮りたいという欲と
故郷に帰りたいという思い。
どちらかを取ればどちらかを失う。
監督の北朝鮮生活はすべてが地獄だったと言えるのか。
日本でも解決の道が開かない拉致被害者問題。
二人の体験から拉致の恐ろしさを改めて感じずにはいられないのだが
この作品の全てを肯定できないところもある気がする。
『将軍様、あなたのために映画を撮ります』は
10月22日より名古屋シネマテーク(名古屋市千種区今池1-16-3)にて公開
http://www.shouguneiga.ayapro.ne.jp/

 

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

centerline1 1
じわじわきているインディーズ映画2本が名古屋で同時上映中!『センターライン』『さらば大戦士トゥギャザーV』初日イベントレポート

映画『さらば大戦士トゥギャザーV』、『センターライン』の名古屋上映が名駅のシネマ ...

place1 2
欲望と欲望が交差するカフェ ザ・プレイス(映画『ザ・プレイス 運命の交差点』)

人は誰でも欲望を持つ。今までに叶わなかった欲望も沢山あるだろう。もし、「これをす ...

55443345_2189956214435052_3257495925353873408_o 3
来週いよいよロードショー・映画『センターライン』吉見茉莉奈さんインタビュー

Cafe mirageが推し続けている映画『センターライン』。 昨年の完成披露か ...

kibaiyanse7 4
映画『きばいやんせ!私』武正晴監督、坂田聡さん、眼鏡太郎さんインタビュー&舞台挨拶レポート

映画『きばいやんせ!私』の舞台挨拶が名古屋のセンチュリーシネマで行われた。 『き ...

yukiguni1 5
カクテルとバーテンダーの人柄からうまれるBARという空間(映画『YUKIGUNI』)

明治時代に海外から日本に伝わり、時間をかけて日本で愛される飲み物になったカクテル ...

together1 6
ヒーローが役目を終える時、真のストーリーが始まる(映画『さらば大戦士トゥギャザーV』松本純弥監督インタビュー)

3月23日から1週間池袋シネマ・ロサで上映される『さらば大戦士トゥギャザーV』。 ...

zan6 7
第27回CINEX映画塾『斬、』池松壮亮さん×塚本晋也監督トークショー レポート

岐阜で良質の映画をと岐阜新聞映画部が企画し、出演者、監督などのトークと一緒にお届 ...

kazokuwari1 8
映画『かぞくわり』塩崎祥平監督×弓手研平さん 名古屋舞台挨拶レポート

名古屋・名演小劇場で絶賛公開中の映画『かぞくわり』。2月28日上映後には劇中の絵 ...

kazokuwari1 9
歴史が残る奈良で今の家族のあり方を見つめる(映画『かぞくわり』塩崎祥平監督インタビュー)

中将姫が出てくると聞いたのがこの映画を観るきっかけだった。岐阜市には中将姫誓願桜 ...

bokuiko_o7 10
ぼくいこ公開記念 大垣試写会 宮川サトシさん×大森立嗣監督トークショー公開!

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』の試写会が2月3日映画の撮影 ...

bon1 11
受け継がれる唄と共に生きる(映画『盆唄』)

2011年の東日本大震災からまもなく8年。震災後の人々を描く新たなドキュメンタリ ...

nekkojii3 12
猫との撮影の裏側を聞く(映画『ねことじいちゃん』立川志の輔さん、岩合光昭監督インタビュー)

心が温まるコミック『ねことじいちゃん』が実写化。監督は猫を撮らせるならこのひと。 ...

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。
2019年2月22日(金)全国順次ロードショー 配給:アスミック・エース 13
お母さんへの愛があふれとるよ、この映画(映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』大森立嗣監督インタビュー)

岐阜が舞台の作品がまた一つ出来上がった。 岐阜と言えばアニメというイメージが強い ...

kazokuwari1 14
歴史が残る奈良で今の家族のあり方を見つめる(映画『かぞくわり』塩崎祥平監督インタビュー)

中将姫が出てくると聞いたのがこの映画を観るきっかけだった。岐阜市には中将姫誓願桜 ...

DSC_0058 15
役者も観客もしびれるとがった作品をー『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』三上博史&宅間孝行監督インタビュー

1月18日から公開中の『LOVEHOELに於ける情事とPLANの涯て』。 昔のレ ...

DSC_0055 16
岐阜ふらっと探訪②‐思い出の釜めしに偶然出会う‐

釜めしって味加減とか火加減とかがとても難しい食べ物だと思う。 小さな頃、母が若い ...

zan 17
CINEX映画塾に池松壮亮さん登壇決定!(第27回CINEX映画塾『斬、』上映&トークショー)

2019年1回目の「CINEX映画塾」となる第27回目CINEX映画塾の追加ゲス ...

18
閉店を前に感謝祭を開催ー大須・シアターカフェ

2012年4月に大須にオープンしたシアターカフェは映画を製作する人々にとって大切 ...

uchi3 19
88歳、70年前に戻る旅(映画『家へ帰ろう』)

人生の終わりが見えて来たとき、人生を振り返り、やり残したことをやろうとする人は多 ...