Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

gokko1

EntaMirage! Movie

親子の証とは何か かりそめの親子のささやかな時間(映画『ごっこ』)

千原ジュニア主演、熊澤尚人監督で製作された映画『ごっこ』が公開されることになった。2015年に撮影された作品だが、原作者の急逝や撮影仕上げまでの資金繰りなど様々な問題があり、公開されるのかどうかもわからなかった作品だった。いわゆる"お蔵入り"となってしまうところだったこの作品が公開にこぎつけたのは今の時代に観てほしい作品、時代に呼ばれた作品だからだ。

あらすじ

引きこもりで一人暮らしをしていた城宮(千原ジュニア)はある日、前の家のベランダで傷だらけで立っている幼児(平尾菜々花)を見つける。衝動的にその幼児を連れ去り、襲おうとしたが、「パパやん」と呼ばれて衝動が止まる。ヨヨ子と名付け、二人で親子として生活をし始めるが、働いていない城宮の資金はすぐに底をつく。ヨヨ子と実家に帰った城宮は老人ホームに行くと周りには伝えてひっそりと死んだ父親(秋野太作)の年金を不正受給しながら家業の帽子屋を営む。城宮のことをよく知っている幼馴染みで警察官のマチ(優香)はヨヨ子が城宮の本当の娘ではないのではないかと疑い始める。不正受給をマチに咎められ、ヨヨ子の本当の父親になろうと働き始めた城宮だったが…。

gokko2

原作は小路啓之。小路氏はこの映画の完成を観ることなく急逝した。監督は原作ものの映画化が続く熊澤尚人。今回は高橋泉と脚本を手掛けただけではなく編集も担当している。奇しくも小路の命日10月20日から公開される。

熊澤尚人監督と言えば青春ドラマやラブストーリーもののイメージがあったが、この『ごっこ』にはかなり驚いた。幼児虐待、誘拐、年金不正受給、暴力など様々な問題が原作以上に際どく映画の中に映し出されており、キラキラ輝く青春時代はどこにもない。しかしかりそめの父娘の生活は不安定だがささやかに生きていこうとする姿を捉えていて学園ものや恋愛ものとはまた違う心打たれる作品になっている。

 

お蔵入りを免れた作品

撮影後、すぐに編集に移りたかった熊澤監督だったが、そうはいかない状況であることを知り愕然としたという。全てが滞っていた。監督は自らの手でなんとか編集し、公開に向けて新たなプロデューサーや支援者を探した。芳賀プロデューサーは監督が編集した『ごっこ』を観て感動し、プロデューサーを引き受けた。撮影から2年。やっと公開が決まった。

引きこもり男、衝動的に父親になる

仕事をやめてから引きこもりだった城宮はヨヨ子の父親になったことで大人として世間との繋がりを取り戻すことになった。
不器用な男の不器用なりに一生懸命な姿が映し出される。子は親を見て育つ。それまで引きこもっていたときには出来なかったことを城宮はヨヨ子の前で見せていく。ヨヨ子が見ている時はキレないで耐える。ヨヨ子がいるから耐えられる。休む間もなくヨヨ子のために働くが、元来自分のことだけでも精一杯な城宮の心は、次第に"限界"を超えていく。

あの時だから出来た芝居

役者は経験していないことも演じなければいけないが、実体験があればそこから役へのアプローチも可能になる。この作品は2015年の撮影。千原ジュニアが結婚した年。子育ての経験はないまさに“ごっこ”な時間が撮影の中にはあった。もし、今撮影したのなら千原ジュニアはこの芝居をしなかったのではないかと思うシーンがいくつもあった。“ごっこ”が次第に本物になっていく様がこの作品の中でじっくり描かれる。

gokko3

その千原ジュニアの父性を引き出したのはヨヨ子役の平尾菜々花。言葉は多くないが城宮の不器用さを捉え、はっきりと見抜き、癒す。そして観る者の心を離さない。まっすぐな強い眼差しに見つめられる。城宮の抱えた闇、ヨヨ子が背負う負い目。お互いがそれを見せないように懸命に生きるからこそ、ヨヨ子が隠した真実が明らかになった時、切なくなる。小さな心でそんなことを考えていたのかと。

もっと女優として評価されてもいい優香の芝居に注目

脇役陣のキャスティングも絶妙。城宮の父親に秋野太作、城宮家の内情を知る隣人に石橋蓮司。そして注目は城宮の幼馴染みマチを演じる優香。バラエティ、司会、役者と様々なジャンルで活躍する彼女は素晴らしいバイプレイヤーであることを忘れてはならない。TBS 『青の時代』でドラマデビュー後、役者としてのキャリアは20年。主役も出来るが脇役として主役を際立たせる役者として評価したい。夫である青木崇高との共演で話題になったNHK『ちかえもん』での年増の遊女役はとにかく素敵だった。今回は城宮のことをわかっているがゆえに警察官としての立場と幼馴染みとしての思いに揺れ動きながら城宮父娘と接する役。台詞では表せない微妙な表情の変化に注目したい。

gokko4

血の繋がりだけが親子の証では決してない。絆が親子の証だ。城宮とヨヨ子は誘拐という世間では許されない行動で出会った。だが強い絆で結ばれた親子だ。

偽物が本物になる映画『ペーパームーン』のようにはうまくいかないのが現実。誘拐が罰せられないことはないのが現実。だが『ごっこ』を観ると許してやってほしいと願ってしまう。

清水富美加(千眼美子)演じる紅葉が登場するラストシーンは13年の空白を埋めていく。ヨヨ子のために黙秘する城宮。このラストシーンで城宮は本物の父親になる。

 

『ごっこ』 http://gokko-movie.jp は10月20日より公開
東海地区では10月20日より愛知・名演小劇場で公開

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

ikiro3 1
沖縄戦時中の事実を知る (映画『生きろ 島田叡ー戦中最後の沖縄県知事』)

アジア太平洋戦争末期。すでに日本軍の敗色が濃厚だった1945年1月31日、一人の ...

sukutte1 2
金魚も彼女もすくいたい(映画『すくってごらん』)

映画紹介を耳で聴いてみませんか? stand.fmでCafemirage Rad ...

アーラ映画祭-1024x924 3
アーラ映画祭は3月20日から22日に開催!

アーラ映画祭が岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催される。 今回は3月20日 ...

main 4
『his』撮影地でドライブインシアター開催!

かつて恋人同士だった男性2人の8年ぶりの再会から物語がスタートする映画、『his ...

IMG_20210117_204050 5
コケシに捧げる愛の歌?(映画『コケシ・セレナーデ』)

2019 年初の長編自主映画となる『みぽりん』がカナザワ映画祭2019「期待の新 ...

minori1 6
第46回CINEX映画塾『実りゆく』田中要次さん×八木順一朗監督トークショーレポート

第46回CINEX映画塾『実りゆく』上映&トークショーが12月6日岐阜C ...

konosekai_chirashi 7
ポストホロコーストで残された人々を描く(映画『この世界に残されて』)

2020年米アカデミー賞国際長編映画賞ショートリストに選出され、ハンガリー映画批 ...

no image 8
明けましておめでとうございます!

Cafe Mirageの記事をご覧いただいている皆様   あけましてお ...

burai 9
昭和から平成。裏社会を生き抜いた男の物語(映画『無頼』)

さまざまなアウトサイダーたちの姿を一貫して描き続けてきた鬼才・井筒和幸監督の新作 ...

©2020『喜劇愛妻物語』製作委員会 10
第45回CINEX映画塾『喜劇 愛妻物語』足立紳監督・代情明彦プロデューサー トークレポート

第45回CINEX映画塾『喜劇 愛妻物語』上映&トークショーが11月28 ...

title1 11
女ってなんでしょうね。(映画『タイトル、拒絶』)

『タイトル、拒絶』というタイトルがまず気になった。 「ワタシの人生に、タイトルな ...

onkyo1 12
そこは奇跡が起きる場所(映画『音響ハウス Melody-Go-Round』)

ビートルズがアビーロードスタジオを愛し、あの横断歩道を渡る写真のアルバムを始め、 ...

honki4 13
第43回CINEX映画塾 『本気のしるし 劇場版』上映&トークショー レポート

第43回CINEX映画塾『本気のしるし 劇場版』の上映が岐阜CINEXで開催され ...

mrsnoisy1 14
隣人はどんな人?(映画『ミセス・ノイズィ』)

集合住宅に住めば必ずいる隣人。 隣人との良好な関係を保つのも、生活をする上で大切 ...

©2019「ばるぼら」製作委員会 15
映画『ばるぼら』は大人のファンタジー(映画『ばるぼら』手塚眞監督インタビュー)

彼女は魔女かそれともミューズか。 都会の片隅で耽美派の小説家・洋介が出会ったばる ...

royal3 16
ホテルローヤルを映像化。武正晴監督のこだわりとは?(映画『ホテルローヤル 武正晴監督インタビュー』)

ラブホテルとは日常から切り離された場所だ。一種の別世界。ここでの二人の時間は他人 ...

goze1 17
瞽女として生きた一人の女性の物語(映画『瞽女GOZE』)

日本には、盲人ながら三味線や胡弓を弾き唄い、巡業を生業とした女旅芸人がいた。「瞽 ...