Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

1630987203131

EntaMirage! mirageなお客様 Movie

星能さん、ちょっと聞いてもいいですか?(映画『土手と夫婦と幽霊』星能豊さんインタビュー)

 

インディーズで作品を作り続けてきた渡邉高章監督の中編『土手と夫婦と幽霊』が国内外の様々な映画祭で賞を獲り、ついに全国の映画館での公開が決定。東京での上映を経ていよいよ9月11日から名古屋シネマスコーレで公開される。

主演で渡邉監督作品出演は常連の星能豊さんに映画『センターライン』の現場で出会って以降交流のある涼夏がインタビューした。

映画に出てくる小説を読むことがスタート

涼夏
「『別れるということ』は星能さんの脚本で監督は渡邉さんという形の映画で、お二人の関係の長さを感じました。『土手と夫婦と幽霊』は少し前の作品ですね。この時は渡邉監督からオファーがあった感じですか?」

星能さん
「そうです。もう東京からは離れて金沢に住んでいるときです」

涼夏
「『センターライン』より全然前なんですね。なんか若いなとは思いました(笑)」

星能さん
「2016年に撮影しています。『センターライン』は2017年撮影でした」

涼夏
「どんな風にオファーは来たんですか?」

星能さん
「2015年だったと思うのですが、渡邉監督から「小説『土手と夫婦と幽霊』読んでみてね」
とメールが来まして。「それから、この小説を書いた小説家を演じてね」と」

涼夏
「これ映画の中に出てくる小説が先だったんですか!?まず小説を読んでどう思われました?」

星能さん
「もともと渡邉監督の映画には文学的だなぁと思うところがあったんです。例えば『多摩川サンセット』とかがそうです。なので映画を撮るときははじめにこういうふうに実際に小説(脚本)として書いている方なのかなぁと思いながら読んでいました」

涼夏
「小説を読んで、この小説を書いた小説家を星能さん的にどんな人だと思いましたか?」

星能さん
「やさしい人。小説自体は時折クスっと笑ってしまうところもあるんです。でも、全体的には緊張感もあって、次のページ、次のページと気がつくと急いで読んでいた記憶があります。
で、ふと「あ、これを書いた本人を自分が演じるのか」と気がつきまして(笑)。正直、難しいなというイメージが先行していましたが、役作りには小説を読むことはとても必要なことでした」

涼夏
「脚本が出来てきて、そこにいた小説家の“私”は星能さんが考えていたイメージの人間でしたか?」

星能さん
「事前に読んでいる小説が元ネタになっている脚本なので小説家を演じるのは初めてでしたけど、それなりに渡邉監督とイメージは共有できていたのではないかなと思います。演じているのを見て監督がどう思ったかはわかりませんが(笑)」
1631008110824

涼夏
「渡邉監督とは役作りについて撮影前に話したりしましたか?「この小説家を演じてね」とオファーが来たと言われていましたが、小説家をこう演じてほしいとか」

星能さん
「基本的には渡邉監督って僕の経験によるイメージですけど、役者を信用していらっしゃるのか、そんなに演出つけないんですよね。「こうしてください」とか指示は特別なかったと思います。テイクもあんまり重ねるイメージはないです。「今のシーン、演技よかったのかなぁ」と僕が思っているときには監督は次のシーンの準備をすでに始めていました(笑)」

涼夏
「では、星能さんがイメージした“私”がそのまま映像の中にはいるんですね。今回台詞はなく、表情だけをカメラで抜かれていて、そこにナレーションで“私”の気持ちが入るという形になっているシーンも多くありますが、ここは撮影が先ですか?」

星能さん
「ナレーションは後でしたね。その日の撮影後に撮影したシーンのナレーションを録ったりしていました」

涼夏
「そのあたりの尺は監督が考えてカットをかけていたということですね」

星能さん
「渡邉監督はそういうところは計算されているとは思います。カット割りとか計算されていて素晴らしいセンスで、編集がお好きな方ですし、演者としてはいい瞬間を捉えてくださいます」

1630987164746

涼夏
「カイマミさんとも特には撮影前に役についてのお話はしなかった感じですか?」

星能さん
「はい。あまりしなかった感じです。カイマミさんは大阪在住で、僕は金沢で、お話する機会が撮影前はあまりなかったような。ちょっと間違えていたらすみません(笑)。撮影前だったかな撮影後だったかな。能登に行ったんですよね。「夫婦ってなんだろう」みたいな会話とかしたのかな?あんまりおぼえてないな(笑)。役作りに関しては現場で話したりしていたと思います」
(カイマミさんに確認したところ能登に行ったのは撮影前でした。)

涼夏
「撮影は監督のホームグラウンドな土地だと思われますが、前も違う作品で監督の家に泊まったという話をされていた気がします。この作品もそうですか?」

星能さん
「たしか2016年に監督の家で合宿スタイルでの撮影でした。合宿スタイルと言っても、ひとりひとりに部屋はあって、とても快適でしたよ」

涼夏
「合宿スタイルの撮影は楽しそうですね。ではその時にカイマミさんともお話されたんですね。カイマミさんの佇まいに真似出来ないアンニュイさと脆さが共存している感じがします。カイマミさんのお芝居を受けている役割が“私”にはあると思いますが、現場で変わっていったことはありますか?」

星能さん
「カイマミさんは真摯に役に入り込むのが印象的でした。カイマミさんにしか出せない表情などを目の前にして、うまく言えないんですけど、演じている自分とカイマミさんの世界に入り込んでいく自分がいました。現場は毎日刺激的でしたね。「うまく言えない」っていうのが実はたいせつだと思っていて。その言葉を演じながら探すみたいな。結果、劇中のモノクロームに彷徨う夫婦としてその場にいられたんだと思いました」

涼夏
「その星能さんが演じながら探る感じは劇中の“私”に見事にリンクしていると感じます。二人の距離感が次第に近づいていく、いや違うな、“私”が寄り添う感じになっていく気がして。これはカイマミさんと星能さんの芝居の相乗効果ですね。夫婦を話のテーマに入れたのは渡邉監督ですが、この作品を通して夫婦やパートナーについて考えたりしましたか?」

星能さん
「僕は劇団研修生を経て今に至るのですが、舞台や演じる場所というのはとてもこわいところだとも、ずっと考えるところだとも教えられてきました。そのことに俳優は演じる度に襲われる。この撮影時にそんな時があったと思うんです。その瞬間を監督は(撮影兼任で)カメラを回して記録し、時には不安の中を彷徨いながら演じる僕たちを見守り、映画という方法で表現しました。夫婦として演じることで、考えるというよりは再度セリフを発するときやひとつの動作にしても、「夫婦とは」「夫婦なら」と想像することが多くなりました」

涼夏
「その「夫婦とは」「夫婦なら」と想像する時、イメージする夫婦とは誰かモデルがいますか?」

星能さん
「イメージする夫婦やモデルというのは正直いないです。僕は結婚していないし、離婚歴もないのですが、目の前で一緒に演じているカイマミさんもそうだし、知り合いや友人と話していて「この人と結婚して夫婦になったらどういう言動を自分はするのか」みたいなことは考えたり想像したことはありますね。これは少し失礼かもしれませんが。そして、結婚や離婚経験がないけど、作品でそれを演じるためには想像したり考えたりすることが必要で、演者として楽しみでもあり同時に悩むところなんですよね。それが飽きることなく出来るから俳優を続けていけるんでしょうけど」

土手と川と星能さん

涼夏
「星能さんって出演作の中で土手や川沿いにいること、多くないですか?『別れるということ』もそうでしたよね?」

星能さん
「渡邉監督の作品に出るとそうなりますね(笑)。渡邉監督は当時、二子新地に住んでいて、すぐに多摩川でしたから。渡邉監督は世田谷線に住んでいた時は『高井戸ラバー』という映画を撮ってましたよ。その映画を観て、「次回作のオーディションを受けよう!」と思ったんです。見事に落ちましたけど(笑)。でも、僕の実家(金沢)もちょっと歩けばすぐ川沿いに出ます。プライベートでも散歩したりしますね。セリフをおぼえるためにぶつぶつ言いながら歩いたり」

涼夏
「岐阜のMKE映画祭に打ち上げから駆けつけた作品なんでしたっけ?」

星能さん
「『ジェントリー土手』ですね。あれも多摩川で、僕は一瞬しか出演しない草野球の男(笑)。」

涼夏
「あの一瞬も土手でしたね。あのカットをなんか覚えていて。渡邉監督作品ではないですけど、『センターライン』は土手はなかったでしたっけ?なんかあったような」

星能さん
「最後のシーン川沿いでしたね(笑)。」

涼夏
「記憶間違ってなかったですね(笑)」

涼夏
「渡邉監督の家の近所なのに妙な別世界感があるのはモノクロだからですかね?撮影される側は総天然色でしょうけど」

1630987219529

星能さん
「海とか川沿いって「自主映画あるある」でよく使われますよね。でもそれって今の日本の映画製作の環境が生んだところもあると思うんですよね。予算がもともと自主映画はないということもありますが、商業映画とか、有名な俳優が出る、とかだと堂々と有名な建物や観光地使ってますよね(もちろん好意的かつ厚意的なロケ地などもありますけど)。自主映画にももっと理解を持って、ご協力、ご支援いただけたらと思っています。もともとはカラーで撮っていましたが、実は周りの草とか思いっきり青々としていたりして、カラフルで情報が多いと感じて監督がモノクロに変えたそうです」

涼夏
「後から編集で変えたんですか!これはモノクロがいい絶対。色はない、味がよくわからない。記憶もはっきりしない。渡邉監督の死生観も見えて興味深いです。タイトルに幽霊も出てきますが、星能さんは幽霊ってなんだと思いますか?」

星能さん
「他のインタビューでも話しましたが、幽霊=こわいとか怨念とか成仏できなかったことで現れるとかはもちろんあるとは思いますが、現世にいる人たちを見守っている幽霊もいるんじゃないかなと。それって幽霊じゃなくて守護霊かな」

涼夏
「いや、見守っている浮遊霊とか、地縛霊もいるかも(笑)」

星能さん
「幽体離脱って言葉もありますけど、演じている時だって演じている自分を俯瞰している自分みたいなのがいたりしませんか?」

涼夏
「星能さんは俯瞰出来る役者さんなんですな。さすがです」

星能さん
「いやいや、俯瞰できるというか、演じていて「やばい、セリフ出てこないな、自分」とか素になってるだけかもです(笑)」

人と人とを繋げていると自分にもいい出会いがある

涼夏
「コロナ感染予防時期ではありますが、上映の後、お客様からの感想は聞かれましたか?」

星能さん
「舞台挨拶の回が終了後に直接感想をお伝えいただいたりしました。「もっとお話したいですが、コロナ禍ですから」とサササっと感想をお伝えして帰られるお客様の心遣いもうれしかったです」

涼夏
「SNSでも感想たくさん見かけました。撮影から大分経っていますが、改めて今、渡邉監督と何か話したりしましたか?」

星能さん
「舞台挨拶の移動の際に「こんな感想いただいたよ」とかはしました。あとは新作の話とか、今後の上映のこととか、世間話もしてましたね」

涼夏
「お二人が会うと思い出話より、これからの話をされているのがいいですね。何かまた生まれそう。ロードショーをきっかけに渡邉監督がどんどんメジャーになっていくかもしれません。先日も新作のオーディションをされていたそうですが、『別れるということ』のような星能さん×渡邉監督のタッグは今後も期待していいですか?」

星能さん
「渡邉監督は有名になりたいとかメジャーになりたいとかそういう気持ちがない方(たぶん)ですけど、インディペンデントのシーンでもっと評価されるべきだと思うし、企画などにも柔軟に対応できる方なので、いいプロデューサーがいたらと思います。
例えば岡田深さんは『川を見に来た』は僕と渡邉さんの企画で、僕が岡田さんたちをキャスティングして、そのあとは岡田さんがご自身で渡邉さんに企画を持っていって『そんな別れ。』で映画祭でグランプリを受賞しました。俳優だけじゃなくて、社会であってもそうやって人と人を繋げたりするきっかけがあると結果、いいものが生まれると思っています。積極的に惜しまず、人と人を繋げていると、やっぱり自分にも素晴らしい出会いに恵まれたりする。そうして渡邉さんは出会った俳優に光があたるように尽力されてる監督だと思います。
みんな渡邉さんに撮ってもらったらいいのに(笑)」

涼夏
「いよいよ9/10日から名古屋シネマスコーレで上映が始まります。前回の星能豊特集上映のきっかけがこの作品ですが、名古屋の方に星能さんから作品を紹介してください」

湖畔の映画祭にて 右:渡邉監督 左:星能さん

湖畔の映画祭にて
右:渡邉監督 左:星能さん

星能さん
「名古屋シネマスコーレでロードショーということですが、『土手と夫婦と幽霊』は湖畔の映画祭で主演俳優賞をいただきました。自分の演技って作品に出れば出るほど、そのときはもちろんベストを尽くしていますが、上手いと思うことはほぼないし、次こそは次こそはと続けています。そのときの審査員にシネマスコーレの坪井さんがいて、特集上映のお話があり、まさか実現すると思いませんでした。「金沢在住の俳優・ホシノ」って誰だよ?って感じなんですけど(笑)

そんな無名の役者にも光やチャンスを与えてくださいました。もう、感謝しかないですよね。少し時間がかかりましたが、こうしてシネマスコーレに再び帰ってきました!あ、作品のこと全然紹介してないですね(汗)

小説家が自身が書いた小説の世界に迷いこむパラレルストーリー。渡邉監督の屋号であるザンパノシアターではおなじみのキャストさんたちも素晴らしい演技合戦を繰り広げます。
ぜひ僕の思い出のミニシアター・シネマスコーレにお越しください。お待ちしております!」

 

彼を通して知る“私”が書いた私小説の世界。
今生きている世界は虚構か現実か。
この世界に彷徨う私たちに不思議な感覚を与えてくれる。

映画『土手と夫婦と幽霊』https://www.dotefufu.com/  は9月11日~17日シネマスコーレで公開(15:10~16:10で上映)。
11日、12日は星能豊さん、カイマミさんの舞台挨拶がある。

-EntaMirage!, mirageなお客様, Movie

おすすめの記事はこれ!

IRON_D18_LD_193.ARW 1
最高機密を運ぶのは一介の英国セールスマン(映画『クーリエ 最高機密の運び屋』)

役作りには余念がないベネディクト・カンバーバッチが主演と聞いたら観ないわけにはい ...

東海林毅監督 2
映画『片袖の魚』名古屋シネマテーク 東海林毅監督 舞台挨拶レポート

映画『片袖の魚』の上映が名古屋シネマテークで9月18日から始まった。 この作品は ...

bokutokanonjyotomain 3
ラリーを通して繋がる人々の輪(映画『僕と彼女とラリーと』森崎ウィンさん インタビュー)

WRC(FIA 世界ラリー選手権)をご存じだろうか。 今年11月に愛知県豊田市、 ...

yuuko1 4
正義とは?真実とは?現代の問題をえぐり出し、訴えかける作品がいよいよ日本凱旋!(映画『由宇子の天秤』)

報道とは報せる道と書く。テレビ、新聞、雑誌、本がそれにあたり、文字通り様々な出来 ...

rinjin 5
諜報員、大統領候補の生活を盗聴する(映画『偽りの隣人~ある諜報員の告白』)

日本では昨今韓国の文化が人気だ。ファッション、グルメ、アイドル、ドラマが日本のト ...

dotefu 6
映画『土手と夫婦と幽霊』名古屋舞台挨拶レポート

映画『土手と夫婦と幽霊』の初日舞台挨拶が名古屋シネマスコーレで行われ、星能豊さん ...

1630987203131 7
星能さん、ちょっと聞いてもいいですか?(映画『土手と夫婦と幽霊』星能豊さんインタビュー)

  インディーズで作品を作り続けてきた渡邉高章監督の中編『土手と夫婦と ...

watasinotonari2 8
【岐阜推し】映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』堀江貴大監督インタビュー

漫画家夫婦、5年目の危機。 妻の新作のテーマは不倫。しかもどう読んでも自分たちの ...

hamanoasahimain 9
タナダユキ監督最新作は嘘から始まった南相馬の映画館を立て直す人たちの物語(映画『浜の朝日の噓つきどもと』)

『百万円と苦虫女』、『四十九日のレシピ』や『ロマンスドール』のタナダユキ監督によ ...

ala2021_1 10
アーラ映画祭2021 ラインナップ発表!今年は5日間8作品。

岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催されるアーラ映画祭2021の全ラインナッ ...

maria1 11
原爆投下後の長崎で生きる人々を描く(映画『祈り-幻に長崎を想う刻(とき)-』)

日本には忘れてはならない過去がある。 1945年8月。広島、長崎に原子力爆弾が落 ...

IMG_20210728_134155 12
あいち国際女性映画祭2021ラインナップ発表 今年は9月2日~9月5日

あいち国際女性映画祭2021の記者発表が7月28日ウィルあいちで行われ、映画祭の ...

Bittersand3 13
映画『Bittersand』井上祐貴さん、溝口奈菜さん、搗宮姫奈さんインタビュー

映画『Bittersand』の公開記念舞台挨拶が名古屋・伏見ミリオン座で行われた ...

bokukimi 14
人を思う心は壁を超える(映画『僕が君の耳になる』)

「僕が君の耳になる」という曲をご存知だろうか。ボーカル&手話パフォーマンスグルー ...

nosari10 15
映画『のさりの島』名古屋上映初日舞台挨拶レポート

映画『のさりの島』名古屋上映初日舞台挨拶が6月19日、名古屋・名演小劇場で行われ ...

rika2 16
映画では空飛ぶ純愛モンスター。空を飛ぶのは楽しい!?(映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』高岡早紀さんインタビュー)

第2回ホラーサスペンス大賞を受賞し、累計65万部を突破した五十嵐貴久氏の人気サイ ...

©2020「名も無い日」製作委員会 17
名古屋を舞台に製作されたある家族の物語(映画『名も無い日』日比遊一監督インタビュー)

愛知県名古屋市発信の映画『名も無い日』。 記者発表から3年。満を持して公開された ...

blueheaven8 18
岐阜は大好きな場所なんです(映画『ブルーヘブンを君に』由紀さおりさんインタビュー)

岐阜を舞台にブルーヘブンという青いバラの交配に成功した女性が自身の新たな夢を見つ ...

hutuu 19
誰にでも普通の生活を送るという権利はある(映画『普通に死ぬ~いのちの自立~)』

昨年あいち国際女性映画祭で上映されたドキュメンタリー『普通に死ぬ~いのちの自立~ ...

hati1 20
映画『ハチとパルマの物語』岐阜 公開記念舞台挨拶レポート

映画『ハチとパルマの物語』上映記念舞台が5月30日岐阜大垣コロナシネマワールドで ...

nosari1 21
優しい嘘はいかが?今だからこそ『のさりの心』を伝えたい(映画『のさりの島』山本起也監督インタビュー)

熊本県島原市にある銀天街は昭和には沢山の人が集まる商店街だった。令和の今、シャッ ...

hati1 22
ロシア発。忠犬パルマと少年の友情と家族の物語(映画『ハチとパルマの物語』)

映画サイトCafe mirageでは地元岐阜で短編映画を上映するイベントMIRA ...

kurenazume1 23
あの夕暮れ時を仲間と見よう(映画『くれなずめ』)

成田凌、高良健吾、若葉竜也、藤原季節、浜野謙太、目次立樹と聞くと、ここ数年の映画 ...

Toff_Guys_Day_24_173.ARW 24
紳士=ジェントルメンの駆け引きが楽しめるガイ・リッチー監督の快作(映画『ジェントルメン』)

『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』、『スナッチ』、『シ ...

beach1 25
どこまでも自由と愛に生きる(映画『ビーチバム まじめに不真面目』)

ここまで自制心なく、欲望のまま正直に生きることが出来たら、清々しい。どこか羨まし ...

blueheaven1 26
映画『ブルーヘブンを君に』完成披露舞台挨拶レポート

映画『ブルーヘブンを君に』の完成披露舞台挨拶が 4月24日岐阜市の岐阜清流文化プ ...

©2020 “A Garden of Camellias” Film Partners 27
美しい映像の中にある家族の物語(映画『椿の庭』)

とても静かだが、心に残る映画に出会った。 美しい映像もさることながら、見終わった ...

ikiro3 28
沖縄戦時中の事実を知る (映画『生きろ 島田叡ー戦中最後の沖縄県知事』)

アジア太平洋戦争末期。すでに日本軍の敗色が濃厚だった1945年1月31日、一人の ...

sukutte1 29
金魚も彼女もすくいたい(映画『すくってごらん』)

映画紹介を耳で聴いてみませんか? stand.fmでCafemirage Rad ...

アーラ映画祭-1024x924 30
アーラ映画祭は3月20日から22日に開催!

アーラ映画祭が岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催される。 今回は3月20日 ...

main 31
『his』撮影地でドライブインシアター開催!

かつて恋人同士だった男性2人の8年ぶりの再会から物語がスタートする映画、『his ...

IMG_20210117_204050 32
コケシに捧げる愛の歌?(映画『コケシ・セレナーデ』)

2019 年初の長編自主映画となる『みぽりん』がカナザワ映画祭2019「期待の新 ...

minori1 33
第46回CINEX映画塾『実りゆく』田中要次さん×八木順一朗監督トークショーレポート

第46回CINEX映画塾『実りゆく』上映&トークショーが12月6日岐阜C ...

konosekai_chirashi 34
ポストホロコーストで残された人々を描く(映画『この世界に残されて』)

2020年米アカデミー賞国際長編映画賞ショートリストに選出され、ハンガリー映画批 ...

no image 35
明けましておめでとうございます!

Cafe Mirageの記事をご覧いただいている皆様   あけましてお ...

burai 36
昭和から平成。裏社会を生き抜いた男の物語(映画『無頼』)

さまざまなアウトサイダーたちの姿を一貫して描き続けてきた鬼才・井筒和幸監督の新作 ...

©2020『喜劇愛妻物語』製作委員会 37
第45回CINEX映画塾『喜劇 愛妻物語』足立紳監督・代情明彦プロデューサー トークレポート

第45回CINEX映画塾『喜劇 愛妻物語』上映&トークショーが11月28 ...

title1 38
女ってなんでしょうね。(映画『タイトル、拒絶』)

『タイトル、拒絶』というタイトルがまず気になった。 「ワタシの人生に、タイトルな ...

onkyo1 39
そこは奇跡が起きる場所(映画『音響ハウス Melody-Go-Round』)

ビートルズがアビーロードスタジオを愛し、あの横断歩道を渡る写真のアルバムを始め、 ...

honki4 40
第43回CINEX映画塾 『本気のしるし 劇場版』上映&トークショー レポート

第43回CINEX映画塾『本気のしるし 劇場版』の上映が岐阜CINEXで開催され ...

mrsnoisy1 41
隣人はどんな人?(映画『ミセス・ノイズィ』)

集合住宅に住めば必ずいる隣人。 隣人との良好な関係を保つのも、生活をする上で大切 ...

©2019「ばるぼら」製作委員会 42
映画『ばるぼら』は大人のファンタジー(映画『ばるぼら』手塚眞監督インタビュー)

彼女は魔女かそれともミューズか。 都会の片隅で耽美派の小説家・洋介が出会ったばる ...

royal3 43
ホテルローヤルを映像化。武正晴監督のこだわりとは?(映画『ホテルローヤル 武正晴監督インタビュー』)

ラブホテルとは日常から切り離された場所だ。一種の別世界。ここでの二人の時間は他人 ...

goze1 44
瞽女として生きた一人の女性の物語(映画『瞽女GOZE』)

日本には、盲人ながら三味線や胡弓を弾き唄い、巡業を生業とした女旅芸人がいた。「瞽 ...