Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

1630987203131

EntaMirage! mirageなお客様 Movie

星能さん、ちょっと聞いてもいいですか?(映画『土手と夫婦と幽霊』星能豊さんインタビュー)

 

インディーズで作品を作り続けてきた渡邉高章監督の中編『土手と夫婦と幽霊』が国内外の様々な映画祭で賞を獲り、ついに全国の映画館での公開が決定。東京での上映を経ていよいよ9月11日から名古屋シネマスコーレで公開される。

主演で渡邉監督作品出演は常連の星能豊さんに映画『センターライン』の現場で出会って以降交流のある涼夏がインタビューした。

映画に出てくる小説を読むことがスタート

涼夏
「『別れるということ』は星能さんの脚本で監督は渡邉さんという形の映画で、お二人の関係の長さを感じました。『土手と夫婦と幽霊』は少し前の作品ですね。この時は渡邉監督からオファーがあった感じですか?」

星能さん
「そうです。もう東京からは離れて金沢に住んでいるときです」

涼夏
「『センターライン』より全然前なんですね。なんか若いなとは思いました(笑)」

星能さん
「2016年に撮影しています。『センターライン』は2017年撮影でした」

涼夏
「どんな風にオファーは来たんですか?」

星能さん
「2015年だったと思うのですが、渡邉監督から「小説『土手と夫婦と幽霊』読んでみてね」
とメールが来まして。「それから、この小説を書いた小説家を演じてね」と」

涼夏
「これ映画の中に出てくる小説が先だったんですか!?まず小説を読んでどう思われました?」

星能さん
「もともと渡邉監督の映画には文学的だなぁと思うところがあったんです。例えば『多摩川サンセット』とかがそうです。なので映画を撮るときははじめにこういうふうに実際に小説(脚本)として書いている方なのかなぁと思いながら読んでいました」

涼夏
「小説を読んで、この小説を書いた小説家を星能さん的にどんな人だと思いましたか?」

星能さん
「やさしい人。小説自体は時折クスっと笑ってしまうところもあるんです。でも、全体的には緊張感もあって、次のページ、次のページと気がつくと急いで読んでいた記憶があります。
で、ふと「あ、これを書いた本人を自分が演じるのか」と気がつきまして(笑)。正直、難しいなというイメージが先行していましたが、役作りには小説を読むことはとても必要なことでした」

涼夏
「脚本が出来てきて、そこにいた小説家の“私”は星能さんが考えていたイメージの人間でしたか?」

星能さん
「事前に読んでいる小説が元ネタになっている脚本なので小説家を演じるのは初めてでしたけど、それなりに渡邉監督とイメージは共有できていたのではないかなと思います。演じているのを見て監督がどう思ったかはわかりませんが(笑)」
1631008110824

涼夏
「渡邉監督とは役作りについて撮影前に話したりしましたか?「この小説家を演じてね」とオファーが来たと言われていましたが、小説家をこう演じてほしいとか」

星能さん
「基本的には渡邉監督って僕の経験によるイメージですけど、役者を信用していらっしゃるのか、そんなに演出つけないんですよね。「こうしてください」とか指示は特別なかったと思います。テイクもあんまり重ねるイメージはないです。「今のシーン、演技よかったのかなぁ」と僕が思っているときには監督は次のシーンの準備をすでに始めていました(笑)」

涼夏
「では、星能さんがイメージした“私”がそのまま映像の中にはいるんですね。今回台詞はなく、表情だけをカメラで抜かれていて、そこにナレーションで“私”の気持ちが入るという形になっているシーンも多くありますが、ここは撮影が先ですか?」

星能さん
「ナレーションは後でしたね。その日の撮影後に撮影したシーンのナレーションを録ったりしていました」

涼夏
「そのあたりの尺は監督が考えてカットをかけていたということですね」

星能さん
「渡邉監督はそういうところは計算されているとは思います。カット割りとか計算されていて素晴らしいセンスで、編集がお好きな方ですし、演者としてはいい瞬間を捉えてくださいます」

1630987164746

涼夏
「カイマミさんとも特には撮影前に役についてのお話はしなかった感じですか?」

星能さん
「はい。あまりしなかった感じです。カイマミさんは大阪在住で、僕は金沢で、お話する機会が撮影前はあまりなかったような。ちょっと間違えていたらすみません(笑)。撮影前だったかな撮影後だったかな。能登に行ったんですよね。「夫婦ってなんだろう」みたいな会話とかしたのかな?あんまりおぼえてないな(笑)。役作りに関しては現場で話したりしていたと思います」
(カイマミさんに確認したところ能登に行ったのは撮影前でした。)

涼夏
「撮影は監督のホームグラウンドな土地だと思われますが、前も違う作品で監督の家に泊まったという話をされていた気がします。この作品もそうですか?」

星能さん
「たしか2016年に監督の家で合宿スタイルでの撮影でした。合宿スタイルと言っても、ひとりひとりに部屋はあって、とても快適でしたよ」

涼夏
「合宿スタイルの撮影は楽しそうですね。ではその時にカイマミさんともお話されたんですね。カイマミさんの佇まいに真似出来ないアンニュイさと脆さが共存している感じがします。カイマミさんのお芝居を受けている役割が“私”にはあると思いますが、現場で変わっていったことはありますか?」

星能さん
「カイマミさんは真摯に役に入り込むのが印象的でした。カイマミさんにしか出せない表情などを目の前にして、うまく言えないんですけど、演じている自分とカイマミさんの世界に入り込んでいく自分がいました。現場は毎日刺激的でしたね。「うまく言えない」っていうのが実はたいせつだと思っていて。その言葉を演じながら探すみたいな。結果、劇中のモノクロームに彷徨う夫婦としてその場にいられたんだと思いました」

涼夏
「その星能さんが演じながら探る感じは劇中の“私”に見事にリンクしていると感じます。二人の距離感が次第に近づいていく、いや違うな、“私”が寄り添う感じになっていく気がして。これはカイマミさんと星能さんの芝居の相乗効果ですね。夫婦を話のテーマに入れたのは渡邉監督ですが、この作品を通して夫婦やパートナーについて考えたりしましたか?」

星能さん
「僕は劇団研修生を経て今に至るのですが、舞台や演じる場所というのはとてもこわいところだとも、ずっと考えるところだとも教えられてきました。そのことに俳優は演じる度に襲われる。この撮影時にそんな時があったと思うんです。その瞬間を監督は(撮影兼任で)カメラを回して記録し、時には不安の中を彷徨いながら演じる僕たちを見守り、映画という方法で表現しました。夫婦として演じることで、考えるというよりは再度セリフを発するときやひとつの動作にしても、「夫婦とは」「夫婦なら」と想像することが多くなりました」

涼夏
「その「夫婦とは」「夫婦なら」と想像する時、イメージする夫婦とは誰かモデルがいますか?」

星能さん
「イメージする夫婦やモデルというのは正直いないです。僕は結婚していないし、離婚歴もないのですが、目の前で一緒に演じているカイマミさんもそうだし、知り合いや友人と話していて「この人と結婚して夫婦になったらどういう言動を自分はするのか」みたいなことは考えたり想像したことはありますね。これは少し失礼かもしれませんが。そして、結婚や離婚経験がないけど、作品でそれを演じるためには想像したり考えたりすることが必要で、演者として楽しみでもあり同時に悩むところなんですよね。それが飽きることなく出来るから俳優を続けていけるんでしょうけど」

土手と川と星能さん

涼夏
「星能さんって出演作の中で土手や川沿いにいること、多くないですか?『別れるということ』もそうでしたよね?」

星能さん
「渡邉監督の作品に出るとそうなりますね(笑)。渡邉監督は当時、二子新地に住んでいて、すぐに多摩川でしたから。渡邉監督は世田谷線に住んでいた時は『高井戸ラバー』という映画を撮ってましたよ。その映画を観て、「次回作のオーディションを受けよう!」と思ったんです。見事に落ちましたけど(笑)。でも、僕の実家(金沢)もちょっと歩けばすぐ川沿いに出ます。プライベートでも散歩したりしますね。セリフをおぼえるためにぶつぶつ言いながら歩いたり」

涼夏
「岐阜のMKE映画祭に打ち上げから駆けつけた作品なんでしたっけ?」

星能さん
「『ジェントリー土手』ですね。あれも多摩川で、僕は一瞬しか出演しない草野球の男(笑)。」

涼夏
「あの一瞬も土手でしたね。あのカットをなんか覚えていて。渡邉監督作品ではないですけど、『センターライン』は土手はなかったでしたっけ?なんかあったような」

星能さん
「最後のシーン川沿いでしたね(笑)。」

涼夏
「記憶間違ってなかったですね(笑)」

涼夏
「渡邉監督の家の近所なのに妙な別世界感があるのはモノクロだからですかね?撮影される側は総天然色でしょうけど」

1630987219529

星能さん
「海とか川沿いって「自主映画あるある」でよく使われますよね。でもそれって今の日本の映画製作の環境が生んだところもあると思うんですよね。予算がもともと自主映画はないということもありますが、商業映画とか、有名な俳優が出る、とかだと堂々と有名な建物や観光地使ってますよね(もちろん好意的かつ厚意的なロケ地などもありますけど)。自主映画にももっと理解を持って、ご協力、ご支援いただけたらと思っています。もともとはカラーで撮っていましたが、実は周りの草とか思いっきり青々としていたりして、カラフルで情報が多いと感じて監督がモノクロに変えたそうです」

涼夏
「後から編集で変えたんですか!これはモノクロがいい絶対。色はない、味がよくわからない。記憶もはっきりしない。渡邉監督の死生観も見えて興味深いです。タイトルに幽霊も出てきますが、星能さんは幽霊ってなんだと思いますか?」

星能さん
「他のインタビューでも話しましたが、幽霊=こわいとか怨念とか成仏できなかったことで現れるとかはもちろんあるとは思いますが、現世にいる人たちを見守っている幽霊もいるんじゃないかなと。それって幽霊じゃなくて守護霊かな」

涼夏
「いや、見守っている浮遊霊とか、地縛霊もいるかも(笑)」

星能さん
「幽体離脱って言葉もありますけど、演じている時だって演じている自分を俯瞰している自分みたいなのがいたりしませんか?」

涼夏
「星能さんは俯瞰出来る役者さんなんですな。さすがです」

星能さん
「いやいや、俯瞰できるというか、演じていて「やばい、セリフ出てこないな、自分」とか素になってるだけかもです(笑)」

人と人とを繋げていると自分にもいい出会いがある

涼夏
「コロナ感染予防時期ではありますが、上映の後、お客様からの感想は聞かれましたか?」

星能さん
「舞台挨拶の回が終了後に直接感想をお伝えいただいたりしました。「もっとお話したいですが、コロナ禍ですから」とサササっと感想をお伝えして帰られるお客様の心遣いもうれしかったです」

涼夏
「SNSでも感想たくさん見かけました。撮影から大分経っていますが、改めて今、渡邉監督と何か話したりしましたか?」

星能さん
「舞台挨拶の移動の際に「こんな感想いただいたよ」とかはしました。あとは新作の話とか、今後の上映のこととか、世間話もしてましたね」

涼夏
「お二人が会うと思い出話より、これからの話をされているのがいいですね。何かまた生まれそう。ロードショーをきっかけに渡邉監督がどんどんメジャーになっていくかもしれません。先日も新作のオーディションをされていたそうですが、『別れるということ』のような星能さん×渡邉監督のタッグは今後も期待していいですか?」

星能さん
「渡邉監督は有名になりたいとかメジャーになりたいとかそういう気持ちがない方(たぶん)ですけど、インディペンデントのシーンでもっと評価されるべきだと思うし、企画などにも柔軟に対応できる方なので、いいプロデューサーがいたらと思います。
例えば岡田深さんは『川を見に来た』は僕と渡邉さんの企画で、僕が岡田さんたちをキャスティングして、そのあとは岡田さんがご自身で渡邉さんに企画を持っていって『そんな別れ。』で映画祭でグランプリを受賞しました。俳優だけじゃなくて、社会であってもそうやって人と人を繋げたりするきっかけがあると結果、いいものが生まれると思っています。積極的に惜しまず、人と人を繋げていると、やっぱり自分にも素晴らしい出会いに恵まれたりする。そうして渡邉さんは出会った俳優に光があたるように尽力されてる監督だと思います。
みんな渡邉さんに撮ってもらったらいいのに(笑)」

涼夏
「いよいよ9/10日から名古屋シネマスコーレで上映が始まります。前回の星能豊特集上映のきっかけがこの作品ですが、名古屋の方に星能さんから作品を紹介してください」

湖畔の映画祭にて 右:渡邉監督 左:星能さん

湖畔の映画祭にて
右:渡邉監督 左:星能さん

星能さん
「名古屋シネマスコーレでロードショーということですが、『土手と夫婦と幽霊』は湖畔の映画祭で主演俳優賞をいただきました。自分の演技って作品に出れば出るほど、そのときはもちろんベストを尽くしていますが、上手いと思うことはほぼないし、次こそは次こそはと続けています。そのときの審査員にシネマスコーレの坪井さんがいて、特集上映のお話があり、まさか実現すると思いませんでした。「金沢在住の俳優・ホシノ」って誰だよ?って感じなんですけど(笑)

そんな無名の役者にも光やチャンスを与えてくださいました。もう、感謝しかないですよね。少し時間がかかりましたが、こうしてシネマスコーレに再び帰ってきました!あ、作品のこと全然紹介してないですね(汗)

小説家が自身が書いた小説の世界に迷いこむパラレルストーリー。渡邉監督の屋号であるザンパノシアターではおなじみのキャストさんたちも素晴らしい演技合戦を繰り広げます。
ぜひ僕の思い出のミニシアター・シネマスコーレにお越しください。お待ちしております!」

 

彼を通して知る“私”が書いた私小説の世界。
今生きている世界は虚構か現実か。
この世界に彷徨う私たちに不思議な感覚を与えてくれる。

映画『土手と夫婦と幽霊』https://www.dotefufu.com/  は9月11日~17日シネマスコーレで公開(15:10~16:10で上映)。
11日、12日は星能豊さん、カイマミさんの舞台挨拶がある。

-EntaMirage!, mirageなお客様, Movie

おすすめの記事はこれ!

EiganoAsagohan14 1
楽しみなのはおいしいごはん。伝説のお弁当屋さん「ポパイ」と映画の裏側を食から捉えるドキュメンタリー(映画『映画の朝ごはん』)

映画を作るには本当にたくさんの人が関わっている。 映画やドラマ撮影のメイキングを ...

sinnemuro9 2
プロレス好きも、そうでない人も見たら好きになる 映画『無理しない ケガしない 明日も仕事! 新根室プロレス物語』シネマスコーレ舞台挨拶レポート

映画『無理しない ケガしない 明日も仕事! 新根室プロレス物語』公開記念舞台挨拶 ...

tumitoaku13 3
映画『罪と悪』公開記念名古屋舞台挨拶レポート 石田卓也さん、齊藤勇起監督登壇

映画『罪と悪』公開記念舞台挨拶が2月10日名古屋ミッドランドスクエアシネマで開催 ...

netsu1 4
愛した日々の熱が冷めていく中で(映画『熱のあとに』)

東京藝術大学大学院での修了制作『小さな声で囁いて』(2018)がマルセイユ国際映 ...

kanata_9 5
映画『彼方の閃光』名古屋公開記念舞台挨拶レポート 眞栄田郷敦さん、半野喜弘監督登壇

映画『彼方の閃光』公開記念舞台挨拶が1月28日(日)にミッドランドスクエアシネマ ...

©2022 彼⽅の閃光 製作パートナーズ 6
映画『彼方の閃光』ミッドランドスクエアシネマにて舞台挨拶決定

ホウ・シャオシェンやジャ・ジャンクーら名匠たちの作品の映画音楽を手掛け、『アグリ ...

© 2020 Mediaproducción S.L.U., Gravier Productions, Inc. & Wildside S.r.L. 7
映画祭は夢の時間。そこで起きる出来事も夢と言えるのか(映画『サン・セバスチャンへ、ようこそ』)

ウディ・アレンはとにかく精力的に作品を作る。その勢いは年を重ねても変わることはな ...

RemasterDirector_1a5c03258 8
ロイヤル劇場思いやるプロジェクト 35ミリフィルム上映 大林宣彦監督『ふたり』石田ひかりさん、大林千茱萸さんトークレポート

ロイヤル劇場思いやるプロジェクト 35ミリフィルム上映 大林宣彦監督『ふたり』が ...

kakamigaharaeigasai2024_omote 9
第一回各務原映画祭 1月7日開催!短編映画11作品上映。初公開作品も

第一回各務原映画祭が2024年1月7日、岐阜県各務原市のあすかホールで開催される ...

ichiko 10
市子というひとりの人間の存在が刺さる(映画『市子』)

第28回 釜山国際映画祭 ジソク部門に正式出品された『市子』が12月8日(金)よ ...

メインビジュアル 11
2019年インディペンデント映画の大本命として劇場公開された 映画『センターライン』続編『INTERFACE -ペルソナ-』上映が名古屋で決定!!そして『センターライン』配信も!

日本中の映画祭で話題をさらい、2019年のインディペンデント映画の大本命として劇 ...

1701248560153 12
スペースオペラ?ヒーローもの?これぞ日本で作る波乱万丈な特撮映画だ!(映画『BY THE WAY-波乱万丈-』)

自身の夢を諦めて、守ろうとした家族との平和な生活が思いもしないことで壊れたら?し ...

©2023 映画「隣人 X 疑惑の彼女」製作委員会 ©パリュスあや子/講談社 13
Xのいる世界を通して気づく大事なもの(映画『隣人X -疑惑の彼女-』熊澤尚人監督インタビュー)

12月1日公開の映画『隣人X -疑惑の彼女-』。故郷を追われた惑星難民Xの受け入 ...

interface1 14
愛知で撮影! 映画『INTERFACE』シネマスコーレ公開初日舞台挨拶レポート

映画『INTERFACE-ペルソナ-』の公開初日舞台挨拶が名古屋・シネマスコーレ ...

nosenkyo1 15
選挙は面白い!候補者の声を聞き、ペンをとる!選挙ライターを通して選挙を知るドキュメンタリーが愛知上陸!(映画『NO 選挙,NO LIFE』)

選挙の面白さを伝えるフリーランスライター・畠山理仁(50)。国政から地方選、海外 ...

train6 16
大森南朋×須藤蓮×庄司哲也 ロイヤル劇場思いやるプロジェクト 映画『トレインスポッティング』トークレポート

ロイヤル劇場思いやるプロジェクト 須藤蓮セレクト35ミリフィルム上映『トレインス ...

fanfare1 17
映画『ファンファーレ』名古屋舞台挨拶・衣装制作担当:箕浦杏さんトークレポート

映画『ファンファーレ』公開記念舞台挨拶が11月18日名古屋センチュリーシネマで開 ...

ringin18 18
映画『隣人X-疑惑の彼女-』名古屋舞台挨拶付先行上映 上野樹里さん、林遣都さん、熊澤尚人監督トークレポート

12月1日公開の映画『隣人X』舞台挨拶付先行上映が11月16日名古屋ミッドランド ...

saturday_main 19
開戦前夜、上海。幕は開くか(映画『サタデー・フィクション』)

2019年第76回ベネチア国際映画祭コンペティション部門に正式出品されたロウ・イ ...

hanakutasi1 20
映画『花腐し』綾野剛さん、荒井晴彦監督インタビュー

11月10日(金)公開、映画『花腐し』。松浦寿輝の原作を荒井晴彦監督が脚色。ピン ...

20231104173817_IMG_7592_ 21
松岡ひとみのシネマコレクション 映画『愛にイナズマ』ゲスト:石井裕也監督 レポート

松岡ひとみのシネマコレクション Vol.51 映画『愛にイナズマ』が11月4日ミ ...

seiyoku1 22
映画『正欲』第36回東京国際映画祭 最優秀監督賞&観客賞ダブル受賞!11月10日(金)いよいよ公開!

岐阜県出身の小説家・朝井リョウによる小説『正欲』を、監督・岸善幸、脚本・港岳彦で ...

20231021172718_IMG_7355_ 23
第77回CINEX映画塾『まなみ100%』川北ゆめき監督、青木柚さん、中村守里さんトークレポート

第77回CINEX映画塾『まなみ100%』が10月21日(土)、岐阜CINEXで ...

tuki 24
映画『月』伏見ミリオン座公開記念 石井裕也監督 舞台挨拶レポート

映画『月』の名古屋公開記念舞台挨拶が10月22日伏見ミリオン座で開催された。石井 ...

inazuma5 25
本音を隠さずココロのままに生きていく!(映画『愛にイナズマ』)

『舟を編む』をはじめ、発表する作品がどれも国内外で高く評価されてきた石井裕也監督 ...

hanakutasi_5 26
映画『花腐し』名古屋伏見ミリオン座先行上映舞台挨拶レポート

11月10日(金)より全国公開される映画『花腐し』名古屋先行上映が10月24日( ...

©2023 映画「隣人 X 疑惑の彼女」製作委員会 ©パリュスあや子/講談社 27
映画『隣人 X -疑惑の彼女-』滋賀ロケ撮影現場レポート

2022年10月から滋賀県で熊澤尚人監督が新作撮影をしているという情報を聞いてい ...

bishu1 28
【愛知・岐阜】2024年劇場公開映画『BISHU〜世界でいちばん優しい服〜』エキストラ募集!

以前現場レポートをお送りした2024年劇場公開映画『BISHU〜世界でいちばん優 ...

aalt 29
フィンランドの建築家・デザイナー アアルト その仕事の裏に愛する妻がいた(映画『アアルト』

北欧家具は日本でも根強い人気がある。それはおしゃれであることはもちろん、実用性で ...

somedays6 30
映画『SOMEDAYS』名古屋先行上映舞台挨拶レポート

10月6日、映画『SOMEDAYS』の名古屋先行公開を記念してミッドランドスクエ ...

no image 31
岐阜の刃物のまち・関市で特撮怪獣映画始動! 映画『怪獣ヤロウ!』製作開始

岐阜県関市を舞台にした映画の製作が決まった。タイトルは『怪獣ヤロウ!』。ご当地怪 ...

undercurrent1 32
女、突然やってきた男、消えた夫。三人が抱える心の奥底にある思いは……(映画『アンダーカレント』)

映画一本よりなお深い作品だと発表当時評された豊田徹也の漫画「アンダーカレント」が ...

mendou1 33
映画「ぼくらのレシピ図鑑」シリーズ特集上映 大阪・名古屋・神戸で開催決定! 新作『メンドウな人々』他2作品 

地域のおいしいもの×地元の高校生×映画をテーマに地元と協力して制作される映画「ぼ ...

houtei1 34
映画『親のお金は誰のもの 法定相続人』三重先行上映舞台挨拶レポート

映画『親のお金は誰のもの 法定相続人』の三重先行上映、舞台挨拶が9月22日三重県 ...

Screenshot_20230922_200759_Drive 35
映画『私はどこから来たのか、何者なのか、どこへ行くのか、そしてあなたは…』名古屋凱旋上映決定!

映画『私はどこから来たのか、何者なのか、どこへ行くのか、そしてあなたは…』が ...

20230902_141200 36
ロイヤル劇場存続をかけてクラウドファンディング開始! 【ロイヤル劇場】思いやるプロジェクト~ロイヤル、オモイヤル~

岐阜市・柳ケ瀬商店街にあるロイヤル劇場は35ミリフィルム専門映画館として常設上映 ...

hamon12 37
第76回 CINEX映画塾 映画『波紋』 筒井真理子さんトークレポート

第76回CINEX映画塾『波紋』が7月22日に岐阜CINEXで開催された。上映後 ...

seiyou1 38
岐阜CINEX 第17回アートサロン『わたしたちの国立西洋美術館 奇跡のコレクションの舞台裏』トークレポート

岐阜CINEX 第17回アートサロン『わたしたちの国立西洋美術館 奇跡のコレクシ ...

doll5 39
女性監督4人が撮る女性をとりまく今『人形たち~Dear Dolls』×短編『Bird Woman』シアターカフェで上映

名古屋清水口のシアターカフェで9月23日(土)~29日(金)に長編オムニバス映画 ...

sister 40
映画『私の大嫌いな弟へ ブラザー&シスター』公開記念 アルノー・デプレシャン監督舞台挨拶付き上映 伏見ミリオン座で開催決定!

世界の映画ファンを熱狂させる名匠アルノー・デプレシャンが新作『私の大嫌いな弟へ  ...

bakanuri1 41
自分の生きる道を探して(映画『バカ塗りの娘』)

「バカ塗りの娘」というタイトルはインパクトがある。気になってバカ塗りの意味を調べ ...

bishu1 42
「シントウカイシネマ聖地化計画」始動!第一弾「BISHU〜世界でいちばん優しい服〜」(仮)愛知県⼀宮市にて撮影決定‼

株式会社フォワードがプロデュースし、東海地方を舞台にした全国公開映画を毎年1本ず ...

erithabeth1 43
エリザベート40歳。これからどう生きる?(映画『エリザベート1878』)

クレオパトラ、楊貴妃と並んで世界の三大美女として名高いエリザベート皇妃。 彼女の ...

mitoyamane4 44
ポップな映像と音楽の中に見る現代の人の心の闇(映画『#ミトヤマネ』)

ネット社会ならではの職業「インフルエンサー」を生業にする女性を主人公に、ネット社 ...

高野豆腐店の春_場面写真 45
豆腐店を営む父娘にやってきた新たな出会い(映画『高野豆腐店の春』)

尾道で小さな豆腐店を営む父と娘を描いた映画『高野(たかの)豆腐店の春』が8月18 ...

pabjyo5 46
映画『フィリピンパブ嬢の社会学』11/10(金)より名古屋先行公開が決定!海外展開に向けたクラウドファンディングもスタート!

映画『フィリピンパブ嬢の社会学』が 11月10日(金)より、ミッドランドスクエア ...

Yokosuka10 47
『Yokosuka1953』名演小劇場上映会イベントレポート

ドキュメンタリー映画『Yokosuka1953』の上映会が7月29日(土)、30 ...

Yokosuka1 48
海外から届いたメッセージ。66年前の日本をたどる『Yokosuka1953』名古屋上映会開催!

同じ苗字だからといって親戚だとは限らないのは世界中どこでも一緒だ。 「木川洋子を ...

youko4 49
彼女を外に連れ出したい。そう思いました(映画『658km、陽子の旅』 熊切和嘉監督インタビュー)

42才、東京で一人暮らし。青森県出身の陽子はいとこから24年も関係を断絶していた ...

egoist_5 50
第75回CINEX映画塾 『エゴイスト』松永大司監督が登場。7月29日からリバイバル上映決定!

第75回CINEX映画塾 映画『エゴイスト』が開催された。ゲストには松永大司監督 ...

komuragaeri14 51
映画を撮りたい。夢を追う二人を通して伝えたいのは(映画『愛のこむらがえり』髙橋正弥監督、吉橋航也さんインタビュー)

7月15日ミッドランドスクエアシネマにて映画『愛のこむらがえり』の公開記念舞台挨 ...

PSX_20230713_212926 52
あいち国際女性映画祭2023 開催決定!今年は37作品上映

あいち国際女性映画祭2023の記者発表が7月12日ウィルあいちで行われ、映画祭の ...

komuragaeri5 53
映画『愛のこむらがえり』名古屋舞台挨拶レポート 磯山さやかさん、吉橋航也さん、髙橋正弥監督登壇!

7月15日ミッドランドスクエアシネマにて映画『愛のこむらがえり』の公開記念舞台挨 ...

tooi3 54
彼女たちを知ってほしい。その思いを脚本に込めて(映画『遠いところ』名古屋舞台挨拶レポート)

映画『遠いところ』の公開記念舞台挨拶が7月8日伏見ミリオン座で開催された。 あら ...

MKE10-3 55
観てくれたっていいじゃない! 第10回MKE映画祭レポート

第10回MKE映画祭が7月8日岐阜県図書館多目的ホールで開催された。 今回は13 ...

1minutes_5 56
京都はファンタジーが受け入れられる場所(映画『1秒先の彼』山下敦弘監督インタビュー)

台湾発の大ヒット映画『1秒先の彼女』が日本の京都でリメイク。しかも男女の設定が反 ...

received_259295013361207 57
映画『老ナルキソス』シネマテーク舞台挨拶レポート

映画『老ナルキソス』の公開記念舞台挨拶が名古屋今池のシネマテークで行われた。 あ ...

PSX_20230429_093447 58
「ジキル&ハイド」。観た後しばらく世界から抜けられない虜になるミュージカル

ミュージカルソングという世界を知り、大好きになった「ジキル&ハイド」とい ...

math 59
『オールド・ボーイ』のチェ・ミンシク久しぶりの映画はワケあり数学者役(映画『不思議の国の数学者』)

映画館でポスターを観て気になった2本の韓国映画。『不思議の国の数学者』と『高速道 ...

nortoredame 60
全編IMAX®️認証デジタルカメラで撮影。再現率98% あの火災の裏側(映画『ノートルダム 炎の大聖堂』)

2019年4月15日、ノートルダム大聖堂で、大規模火災が発生した。世界を駆け巡っ ...

baby14 61
松岡ひとみのシネマコレクション  映画『ベイビーわるきゅーれ 2ベイビー』 阪元裕吾監督トークレポート

松岡ひとみのシネマコレクション 映画『ベイビーわるきゅーれ 2ベイビー』が4月1 ...

sidebyside1 62
映画『サイド バイ サイド』坂口健太郎さん、伊藤ちひろ監督登壇 舞台挨拶付先行上映レポート 

映画『サイド バイ サイド』舞台挨拶付先行上映が4月1日名古屋ミッドランドスクエ ...

zakodomo1 63
第72回CINEX映画塾 映画『雑魚どもよ、大志を抱け!』足立紳監督トークレポート

第72回CINEX映画塾が3月25日岐阜CINEXで開催された。上映作品は岐阜県 ...

mogiri1 64
片桐はいりさん来場。センチュリーシネマでもぎり(映画『「もぎりさん」「もぎりさんsession2」上映+もぎり&アフタートークイベント』)

センチュリーシネマ22周年記念企画 『「もぎりさん」「もぎりさんsession2 ...

PSX_20230319_165037 65
カンヌ国際映画祭75周年記念大賞を受賞したダルデンヌ兄弟 新作インタビュー(映画(『トリとロキタ』)

パルムドール大賞と主演女優賞をW受賞した『ロゼッタ』以降、全作品がカンヌのコンペ ...

feibru 66
アカデミー賞、オスカーは誰に?(松岡ひとみのシネマコレクション『フェイブルマンズ』 ゲストトーク 伊藤さとりさん))

松岡ひとみのシネマコレクション vol.35 『フェイブルマンズ』が3月12日ミ ...

son 67
親子とは。近いからこそ難しい(映画『The Son/息子)』

ヒュー・ジャックマンの新作は3月17日から日本公開される『The Son/息子』 ...

tyanomi1 68
先の見えない日々を生きる中で寂しさ、孤独を感じる人々。やすらぎはどこにあるのか(映画『茶飲友達』外山文治監督インタビュー)

東京で公開された途端、3週間の間に上映館が42館にまで広がっている映画『茶飲友達 ...

tyanomi5 69
映画『茶飲友達』名古屋 名演小劇場 公開記念舞台挨拶レポート

映画『茶飲友達』公開記念舞台挨拶が2月25日、名演小劇場で開催された。 外山文治 ...

ginpei8 70
第71回 CINEX映画塾 映画『銀平町シネマブルース』小出恵介さん、宇野祥平さんトークレポート

第71回CINEX映画塾『銀平町シネマブルース』が2月17日、岐阜CINEXで開 ...

gokudaru7 71
名古屋シアターカフェ 映画『極道系Vチューバー達磨』舞台挨拶レポート

映画『極道系Vチューバー達磨』が名古屋清水口のシアターカフェで公開中だ。 映画『 ...

wakareru 72
パク・チャヌク監督の新作は今までとは一味も二味も違う大人の恋慕を描く(映画『別れる決心』)

2月17日から公開の映画『別れる決心』はパク・チャヌク監督の新作だ。今までのイメ ...