Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

dotefu

Entertainment

映画『土手と夫婦と幽霊』名古屋舞台挨拶レポート

映画『土手と夫婦と幽霊』の初日舞台挨拶が名古屋シネマスコーレで行われ、星能豊さん、カイマミさんが登壇。その様子をお届けする。
(進行:シネマスコーレ 坪井さん)

星能さん
「本日はご来場いただきましてありがとうございます。『土手と夫婦と幽霊』に出演しました星能豊です」

カイマミさん
「皆さんはじめまして。カイマミと申します。本日はたくさんの方にご鑑賞賜りまして嬉しく思っております」

坪井さん
「僕は2019年の湖畔の映画祭で審査員として観させていただきました。僕はその前に『センターライン』という作品で星能さんを知りまして、いつか星能さんが映画賞を獲るような作品に出会わないかなあと思っていたところで湖畔の映画祭でこの作品に出会って。是非星能さんに賞をあげたいと話していたら他の審査員の方にも同意見の方がいて。それで2019年湖畔の映画祭で主演俳優賞を星能さんが受賞しました。でも製作はそれより前なんですよね?」

星能さん
「はい。作品自体は2016年に撮っていまして。2018年に仕上がりました」

坪井さん
「では2年間は監督が編集とかに費やして」

星能さん
「他の映画を撮っていたりとかして後回しになってしまって(笑)」

坪井さん
「では作品との出会いはどこだったんですか?」

星能さん
「僕は今金沢に住んでいるんですけど、東京で活動していて、金沢に帰っていたんです。僕は小説家の役なんですけど、監督から小説家が書いたという小説がメールで送られて来て。「小説書いたから読んでね」と。その後でこの小説家を演じてほしいとオファーがあって」

dotefu2

坪井さん
「その時は小説を読んで、なんとなく不思議な話と言ったら変ですけど、こういう話を創りたいんだとわかってオファーされた感じですか?」

星能さん
「渡邉監督は自分の子どものこととか結婚されているので夫婦のこととかをそことなく自分の作品に取り入れていることが結構あって。夫婦のお話だとオファーをいただいた時に僕自身は結婚してないんですけど、夫婦を演じたことがなかったので、僕なりに経験になるのかなと思ってやりたいですと答えました」

坪井さん
「カイマミさんはどんなタイミングだったんですか?」

カイマミさん
「構想を練りながらの結構早い段階でお話をいただいていました。私も星能さん同様地方の大阪に住んでいますので、大阪に住みながら東京の監督のところに行ってお話を聞かせていただいた上で参加した感じです」

坪井さん
「お二人はこの作品で初めて共演されたんですか?」

星能さん
「『くにこマイル』という渡邉監督の作品があって。それは僕はオーディションを受けて落ちて(笑)。ワンシーンだけ出ているんですよ。ただカイマミさんとは同じシーンではなかったんです」

坪井さん
「一緒のシーンはなかったけど、現場は一緒ということですか。カイマミさんはどんな役で?」

カイマミさん
「妊婦のヤンキー役で。今回とは全然キャラが違いますね。その作品の時から星能さんのことは存じております。今回一緒に役をいただいた時も嬉しかったですね」

坪井さん
「星能さんと演じてみてどうでしたか?いい辛くても言ってくださいね(笑)」

カイマミさん
「今回の女という役を具体的には捉えていなくて、いろんな群衆の中のただ一人の痛みを抱えた女という感じで演じていたんです。実際女には名前がついていないですし、一男という単語があるんですけど、演じていくうちに女というものは男ありきでこの関係性が成立しているなと掴んだ時点でとても信頼させていただいた感じです」

dotefu3

坪井さん
「なかなか難しい距離感じゃないですか。夫婦として観る人もいれば、これを曖昧に観ている人もいて。それが渡邉監督のいいところなんですが、答えが出ない。観客がどう観てもいいという風になっているところもあるわけですから。そのあたりはお二人はどうだったんですか?どう見せていくとか。印象的なのは食事のシーンです。食事がまずいというあのシーンは映画史の中ではなかなかないですから」

星能さん
「僕自身も撮影に入ると自分自身のことで精一杯のことが多くて。でも目の前で起こっているカイマミさんの演技を見て自分もいい意味でつられるというか。そういう意味では自分の中で相乗効果があるような撮影だったとは思っています」

dotefu4

坪井さん
「渡邉監督が二人を演出されるわけじゃないですか。この作品は僕が勝手に思っているだけかもしれませんけど、そんなに答えは求めないと思うんですよね。観た人がそれが幽霊だという答えも出ないわけだし、観た人の感覚でこういうことかなと感じるわけですが、撮影していく時には二人は明確にしていかないといけない所もあるわけじゃないですか。ご飯がまずいと言っているのは人間じゃないからだとか。観ている側は後からわかるんですけど。なかなか難しいシーンなので、役者さんの中にはこれはどういうシーンですかと聞く方もいらっしゃるでしょうし。お二人は渡邉監督に聞きました?」

星能さん
「始めに元々小説をもらって、小説で見たものと脚本はまた別でもらうんですけど、それを読んで僕らが用意してくるものに対してあまり否定しないというか、ガチガチに演出をつけないんですね。その場で生まれたものも大事にしてくれる監督で、そこは役者との信頼関係の上でやっていただいているところもあって、よっぽど離れていることをすればそれは違うとおっしゃるんですけど、あんまりそれも言われたことがないというか。それは二人で演じてみて映っているものを素直に見てくださって。怒られたりとか、ガチガチに演出つけるとかはなかったですね」

カイマミさん
「私も具体的には演出は受けていない状態です。私の目の前にいるのは男だという軸を持っているだけであとはブレずにすんなり演じていくという流れが出来ました。その前提で監督を信頼して、目の前に星能さんがいて、ただ私はそれに受けたことをするという一本線が通っていたので、あまり演出でお言葉をいただかなかった分、監督に信頼していただけていたのかなとは思います」

dotefu1

坪井さん
「そうすると、お二人で演技していくわけじゃないですか。エチュードではないですが二人の芝居を監督は楽しみにされていたんではないですか?食事のシーンも楽しく切り取られていったんじゃないかなと」

星能さん
「監督は自分で言わないだけで、実は韓国映画も好きなので、韓国映画は食べるシーンも多いですし、自分で脚本を書いていますけど、オマージュみたいなものを入れていると思うんですね。現場も普段ピリピリしていないですし、撮ってニヤニヤして(笑)。僕たちはこれでいいのかなと思っている時にはもう次の撮影の準備をしているので、楽しんでやられていたのではないかと思います」

坪井さん
「あの風呂のシーンとかも最高ですけどね。ぬるいっていう(笑)」

星能さん
「あれは本当はいい湯加減だったんですけど、演じてみることでそれがぬるいと皆さんに伝わるかどうかとか、演じながら考える時間は多かった気がしますね。夫婦を演じることにしても、演じながら夫婦ってなんだろうと自分たちで考えながら素になって、夫婦になったらどう動くんだろうとか、あんまり監督からの演出はない分、自分たちで考えるしかなかったので、いいのか悪いのかわからないんですけど、演じている部分と素の部分が出るところがあって。それはカイマミさんと演じることで生まれてくることで、難しいと言えば難しいし、楽しいと言えば楽しいですし、それが観ている人達に対して理解してもらえるのかと。観ている方々がバラバラな考えになってもいいと思いますし、そういう部分もこの映画は楽しんでもらえるのではないかと思います」

坪井さん
「最後に皆さんに一言お願いします」

カイマミさん
「この映画の中で演じた女は痛みを持っておりました。その痛みをぐっとつかんだまま持っておりました。でもこのたくさんの握りしめた痛みをゆっくりとゆっくりと手放した時に開いた手が未来を掴めるということがありますので、皆さまの明日からの生活にも幸あれと願っております。本日はご参集賜りましてありがとうございました」

星能さん
「今日から一週間シネマスコーレさんで公開となります。2020年に僕の特集上映をここでしていただいたんですよね。それを思い出すと泣きそうになってしまうんですが、今回もなかなか大変な状況の中で皆さんが映画館に来ていただけて嬉しく思います。大変な世の中になってしまいましたけど、無事頑張ってまたここで会えるように頑張ります。上映は一週間続きますのでお知り合いの方にも伝えていただいて少しでもシネマスコーレさんに来ていただけると僕も嬉しいですし、僕自身もこれから頑張れる糧になりますのでよろしくお願いいたします。本日はありがとうございました」

映画『土手と夫婦と幽霊』https://www.dotefufu.com/  は9月17日までシネマスコーレで公開中。

上映後、サイン会。Cafeスコーレにて

上映後、サイン会。Cafeスコーレにて

こちらもお読みください↓
星能さんへのCafe Mirageインタビューは
こちらから

-Entertainment

おすすめの記事はこれ!

IRON_D18_LD_193.ARW 1
最高機密を運ぶのは一介の英国セールスマン(映画『クーリエ 最高機密の運び屋』)

役作りには余念がないベネディクト・カンバーバッチが主演と聞いたら観ないわけにはい ...

東海林毅監督 2
映画『片袖の魚』名古屋シネマテーク 東海林毅監督 舞台挨拶レポート

映画『片袖の魚』の上映が名古屋シネマテークで9月18日から始まった。 この作品は ...

bokutokanonjyotomain 3
ラリーを通して繋がる人々の輪(映画『僕と彼女とラリーと』森崎ウィンさん インタビュー)

WRC(FIA 世界ラリー選手権)をご存じだろうか。 今年11月に愛知県豊田市、 ...

yuuko1 4
正義とは?真実とは?現代の問題をえぐり出し、訴えかける作品がいよいよ日本凱旋!(映画『由宇子の天秤』)

報道とは報せる道と書く。テレビ、新聞、雑誌、本がそれにあたり、文字通り様々な出来 ...

rinjin 5
諜報員、大統領候補の生活を盗聴する(映画『偽りの隣人~ある諜報員の告白』)

日本では昨今韓国の文化が人気だ。ファッション、グルメ、アイドル、ドラマが日本のト ...

dotefu 6
映画『土手と夫婦と幽霊』名古屋舞台挨拶レポート

映画『土手と夫婦と幽霊』の初日舞台挨拶が名古屋シネマスコーレで行われ、星能豊さん ...

1630987203131 7
星能さん、ちょっと聞いてもいいですか?(映画『土手と夫婦と幽霊』星能豊さんインタビュー)

  インディーズで作品を作り続けてきた渡邉高章監督の中編『土手と夫婦と ...

watasinotonari2 8
【岐阜推し】映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』堀江貴大監督インタビュー

漫画家夫婦、5年目の危機。 妻の新作のテーマは不倫。しかもどう読んでも自分たちの ...

hamanoasahimain 9
タナダユキ監督最新作は嘘から始まった南相馬の映画館を立て直す人たちの物語(映画『浜の朝日の噓つきどもと』)

『百万円と苦虫女』、『四十九日のレシピ』や『ロマンスドール』のタナダユキ監督によ ...

ala2021_1 10
アーラ映画祭2021 ラインナップ発表!今年は5日間8作品。

岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催されるアーラ映画祭2021の全ラインナッ ...

maria1 11
原爆投下後の長崎で生きる人々を描く(映画『祈り-幻に長崎を想う刻(とき)-』)

日本には忘れてはならない過去がある。 1945年8月。広島、長崎に原子力爆弾が落 ...

IMG_20210728_134155 12
あいち国際女性映画祭2021ラインナップ発表 今年は9月2日~9月5日

あいち国際女性映画祭2021の記者発表が7月28日ウィルあいちで行われ、映画祭の ...

Bittersand3 13
映画『Bittersand』井上祐貴さん、溝口奈菜さん、搗宮姫奈さんインタビュー

映画『Bittersand』の公開記念舞台挨拶が名古屋・伏見ミリオン座で行われた ...

bokukimi 14
人を思う心は壁を超える(映画『僕が君の耳になる』)

「僕が君の耳になる」という曲をご存知だろうか。ボーカル&手話パフォーマンスグルー ...

nosari10 15
映画『のさりの島』名古屋上映初日舞台挨拶レポート

映画『のさりの島』名古屋上映初日舞台挨拶が6月19日、名古屋・名演小劇場で行われ ...

rika2 16
映画では空飛ぶ純愛モンスター。空を飛ぶのは楽しい!?(映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』高岡早紀さんインタビュー)

第2回ホラーサスペンス大賞を受賞し、累計65万部を突破した五十嵐貴久氏の人気サイ ...

©2020「名も無い日」製作委員会 17
名古屋を舞台に製作されたある家族の物語(映画『名も無い日』日比遊一監督インタビュー)

愛知県名古屋市発信の映画『名も無い日』。 記者発表から3年。満を持して公開された ...

blueheaven8 18
岐阜は大好きな場所なんです(映画『ブルーヘブンを君に』由紀さおりさんインタビュー)

岐阜を舞台にブルーヘブンという青いバラの交配に成功した女性が自身の新たな夢を見つ ...

hutuu 19
誰にでも普通の生活を送るという権利はある(映画『普通に死ぬ~いのちの自立~)』

昨年あいち国際女性映画祭で上映されたドキュメンタリー『普通に死ぬ~いのちの自立~ ...

hati1 20
映画『ハチとパルマの物語』岐阜 公開記念舞台挨拶レポート

映画『ハチとパルマの物語』上映記念舞台が5月30日岐阜大垣コロナシネマワールドで ...

nosari1 21
優しい嘘はいかが?今だからこそ『のさりの心』を伝えたい(映画『のさりの島』山本起也監督インタビュー)

熊本県島原市にある銀天街は昭和には沢山の人が集まる商店街だった。令和の今、シャッ ...

hati1 22
ロシア発。忠犬パルマと少年の友情と家族の物語(映画『ハチとパルマの物語』)

映画サイトCafe mirageでは地元岐阜で短編映画を上映するイベントMIRA ...

kurenazume1 23
あの夕暮れ時を仲間と見よう(映画『くれなずめ』)

成田凌、高良健吾、若葉竜也、藤原季節、浜野謙太、目次立樹と聞くと、ここ数年の映画 ...

Toff_Guys_Day_24_173.ARW 24
紳士=ジェントルメンの駆け引きが楽しめるガイ・リッチー監督の快作(映画『ジェントルメン』)

『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』、『スナッチ』、『シ ...

beach1 25
どこまでも自由と愛に生きる(映画『ビーチバム まじめに不真面目』)

ここまで自制心なく、欲望のまま正直に生きることが出来たら、清々しい。どこか羨まし ...

blueheaven1 26
映画『ブルーヘブンを君に』完成披露舞台挨拶レポート

映画『ブルーヘブンを君に』の完成披露舞台挨拶が 4月24日岐阜市の岐阜清流文化プ ...

©2020 “A Garden of Camellias” Film Partners 27
美しい映像の中にある家族の物語(映画『椿の庭』)

とても静かだが、心に残る映画に出会った。 美しい映像もさることながら、見終わった ...

ikiro3 28
沖縄戦時中の事実を知る (映画『生きろ 島田叡ー戦中最後の沖縄県知事』)

アジア太平洋戦争末期。すでに日本軍の敗色が濃厚だった1945年1月31日、一人の ...

sukutte1 29
金魚も彼女もすくいたい(映画『すくってごらん』)

映画紹介を耳で聴いてみませんか? stand.fmでCafemirage Rad ...

アーラ映画祭-1024x924 30
アーラ映画祭は3月20日から22日に開催!

アーラ映画祭が岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催される。 今回は3月20日 ...

main 31
『his』撮影地でドライブインシアター開催!

かつて恋人同士だった男性2人の8年ぶりの再会から物語がスタートする映画、『his ...

IMG_20210117_204050 32
コケシに捧げる愛の歌?(映画『コケシ・セレナーデ』)

2019 年初の長編自主映画となる『みぽりん』がカナザワ映画祭2019「期待の新 ...

minori1 33
第46回CINEX映画塾『実りゆく』田中要次さん×八木順一朗監督トークショーレポート

第46回CINEX映画塾『実りゆく』上映&トークショーが12月6日岐阜C ...

konosekai_chirashi 34
ポストホロコーストで残された人々を描く(映画『この世界に残されて』)

2020年米アカデミー賞国際長編映画賞ショートリストに選出され、ハンガリー映画批 ...

no image 35
明けましておめでとうございます!

Cafe Mirageの記事をご覧いただいている皆様   あけましてお ...

burai 36
昭和から平成。裏社会を生き抜いた男の物語(映画『無頼』)

さまざまなアウトサイダーたちの姿を一貫して描き続けてきた鬼才・井筒和幸監督の新作 ...

©2020『喜劇愛妻物語』製作委員会 37
第45回CINEX映画塾『喜劇 愛妻物語』足立紳監督・代情明彦プロデューサー トークレポート

第45回CINEX映画塾『喜劇 愛妻物語』上映&トークショーが11月28 ...

title1 38
女ってなんでしょうね。(映画『タイトル、拒絶』)

『タイトル、拒絶』というタイトルがまず気になった。 「ワタシの人生に、タイトルな ...

onkyo1 39
そこは奇跡が起きる場所(映画『音響ハウス Melody-Go-Round』)

ビートルズがアビーロードスタジオを愛し、あの横断歩道を渡る写真のアルバムを始め、 ...

honki4 40
第43回CINEX映画塾 『本気のしるし 劇場版』上映&トークショー レポート

第43回CINEX映画塾『本気のしるし 劇場版』の上映が岐阜CINEXで開催され ...

mrsnoisy1 41
隣人はどんな人?(映画『ミセス・ノイズィ』)

集合住宅に住めば必ずいる隣人。 隣人との良好な関係を保つのも、生活をする上で大切 ...

©2019「ばるぼら」製作委員会 42
映画『ばるぼら』は大人のファンタジー(映画『ばるぼら』手塚眞監督インタビュー)

彼女は魔女かそれともミューズか。 都会の片隅で耽美派の小説家・洋介が出会ったばる ...

royal3 43
ホテルローヤルを映像化。武正晴監督のこだわりとは?(映画『ホテルローヤル 武正晴監督インタビュー』)

ラブホテルとは日常から切り離された場所だ。一種の別世界。ここでの二人の時間は他人 ...

goze1 44
瞽女として生きた一人の女性の物語(映画『瞽女GOZE』)

日本には、盲人ながら三味線や胡弓を弾き唄い、巡業を生業とした女旅芸人がいた。「瞽 ...