Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

EntaMirage! Movie

かあちゃんの愛がたまらない(『湯を沸かすほどの熱い愛』)

作品のチラシのイメージが赤だった。
銭湯の風呂場に立つ女性は赤のエプロン。
そして昔の『トラック野郎』『仁義なき戦い』で
出てきそうなフォントで
『湯を沸かすほどの熱い愛』
と書かれている。
この話の主人公の双葉は赤色が好きな女性だ。
双葉の情熱はこの赤色のように美しい。

 

(舞台挨拶付き先行上映で鑑賞。ネタバレしない程度で
先行レビューいたします。)

あらすじ

双葉は銭湯を経営する夫が失踪し、高校生の娘・安澄を働きながら育てている。
ある日めまいで倒れた双葉は自分があと2、3ヶ月の命と知る。
悲しんでいる時間はない。体が動くうちにやることをやる。

そう決めた双葉はまず失踪した夫・一浩を呼び戻し、
銭湯を再開することを実行する。
戻ってきた一浩は小学生の女の子を連れていて…。

 

双葉かあちゃん、家族の幸せを考える

明日が当たり前に来ると思っていたのに
そうでなくなる日がこんなに早くやって来るなんて。
まだ早いと思っていたことも
自分がいなくなった先を思うと
実行に移すことになる。

双葉かあちゃんは強い。
死の恐怖にとらわれるよりも
病気を何とかしようとするよりも
自分の家族、周りにいる人々を幸せにするために動き出す。
血の繋がりとかそういうものより今一緒に生きている人々が
生きていけるように。

とんでもない事実が突然家族全員に降りかかる。
それでも双葉かあちゃんがいるから
皆、それを受け止めていく。

食事のシーンが度々出てくる。
はじめは二人だった食卓が変わっていく。

食卓に出てくるものが話の伏線のひとつ。
映画を見終わるとカニかしゃぶしゃぶが
食べたくなる人もいるかもしれない。

家族のことを何よりも考える双葉かあちゃんを
演じるのは宮沢りえ。
自分の弱いところは決して見せない。
だからこそスクリーン越しにそれを見る
私たちは胸を打たれる。
自分がいなくなったときあの子は
ちゃんとやれるだろうか。
あの人は大丈夫だろうか。
今言っておかなければ
きっとこの子はダメになる。
去らねばならぬからこそ、
果たさなければならないことがある。

卓越した演技力で
双葉というお母ちゃんを、妻を、娘を演じる。
舞台挨拶で見た宮沢りえさんの美しさとは
違う双葉の美しさがある。

娘の安澄を演じるのは『とと姉ちゃん』の好演も
記憶に新しい杉咲花。
お母ちゃん子の安澄は悩み深き高校生。

失踪して戻ってくる
どこか頼りないがなんだか憎めない夫・浩一はオダギリジョー。
双葉はなぜこの男を選んだのか。
次第にそれはわかってくる。

松坂桃李、駿河太郎が脇を固める豪華布陣。
双葉に出会うべくして出会う男たちを演じる。

銭湯には心が詰まっている

名古屋の舞台挨拶付上映には
宮沢りえさん、杉咲花さん、中野量太監督が登場。

本作が商業映画デビューの中野量太監督。
自身が初めて撮った映画も銭湯が舞台だった。
家族の愛の繋がりのあるところを舞台にしたくて
再度、銭湯を選んだという。
脚本は中野量太監督のオリジナル。
銭湯は実際に使っていた銭湯を使用。
番台のある銭湯は日本人の心。
行ったことのない人も懐かしさを感じずにはいられない。

 

配給がクロックスワークと聞いて
『アフタースクール』『鍵泥棒のメソッド』の
内田けんじ監督を思いだし。
内田けんじ監督が舌を巻く伏線回収の脚本なら
中野量太監督の脚本はじわっと気がついたら伏線が回収されている。
何の違和感もなく繋がっているシーンが
とてつもない事実に繋がるのだ。

 

家族としての距離を縮めるために中野監督は
撮影の前に宮沢さんと杉咲さんの距離を縮めようと
一緒に食事をしてもらったり
メールの交換をするようにしてもらったとか。
毎日面白い顔を送ることが日課になったそう。
敬語をやめるということも指示した。
こうして母娘になった二人。
撮影しながら中野監督自身が
宮沢さんと杉咲さんの芝居に胸を打たれた。

中野監督:
「作って見てもらって映画は映画になります。
とにかくこの御二人の芝居を見てください。
よかったらぜひSNSで薦めてください。」

杉咲さん:
「自分でこの作品を見たとき、自分の大事な家族や友達に
見てもらいたいと思いました。
私のマネジャーは映画の撮影の後に変わって今の方になっているんですが
この映画を見てもらった後にこの話をする度に泣いちゃうんです。
時間がたっても思い出に残る映画です。」

宮沢さん:
「この映画に携わって日常は当たり前ではない特別なもの。
薄紙のような奇跡が重なってきている。そう思うようになって
やることが毎日増えました。
明日じゃなくて今日やることが増えました。」

奇跡のような毎日が重なって今の暮らしがある。
そう思えばどんな過去も素敵な出来事に見えてくる。

双葉かあちゃんがとにかくサイコー。
双葉かあちゃんに自分の母親を重ねるシーンが
何ヵ所もあった。
親はいつでもいくつになっても子のことを思う。

タイトルの本当の意味は最後にわかるので。
劇場で笑いあり、涙ありの家族の映画を観に行ってほしい。

 

『湯を沸かすほどの熱い愛』
http://atsui-ai.com/index.html
10月29日から新宿バルト9他で公開。
名古屋地区は伏見ミリオン座、
イオンシネマ各務原他で公開
(岐阜CINEXでの公開は来年の予定)

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

1
脚本家と監督の駆け引きが魅力 『XXX KISS KISS KISS』シアターカフェで上映中

名古屋大須のシアターカフェで『XXX KISS KISS KISS』が25日まで ...

2
岐阜発!短編映画祭MKE映画祭を見に行ってきた

今回のMKE映画祭。6月10日土曜日に全国から集まった80作品のうち 選ばれた1 ...

20170519_131717-1 3
風はどこから湧き起こるのか(映画『心に吹く風』インタビュー)

松竹ブロードキャスティング第4弾の監督はユン・ソクホ氏による『心に吹く風』。 日 ...

4
トンネルの出口は何処だ? 映画『トンネル 闇に鎖された男』

昨年韓国で公開し、年間興行成績第4位の成績をおさめた 『トンネル 闇に鎖(とざ) ...

tomosibi2 5
岐阜出身・松風理咲さんに話を聞こう 『トモシビ』上映&舞台挨拶トークイベント決定!

地元出身の映画関係者の作品を上映することを大切にしている岐阜新聞映画部が 主催す ...

MKE5-1 6
見てくれたっていいじゃない僕たちの映画(『MKE映画祭』)

MKEって何の略?? 今年もMKE映画祭が6月10日に開催される。 MKE映画祭 ...

konosekainew 7
『この世界の片隅に』岐阜CINEXトークショー レポート

岐阜新聞映画部 CINEX映画塾 第10回『この世界の片隅に』   い ...

8
生きづらいけど…今を生きる『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』

自分の不器用な生き方を見ているかのようだった。 どうしてこんなにうまく生きていけ ...

9
映画『八重子のハミング』名古屋舞台挨拶 レポート

映画『八重子のハミング』の舞台挨拶が公開2日目の5月7日に 名古屋・名演小劇場で ...

10
刃には花でお相手を 映画『花戦さ』岐阜とのコラボ企画開催中

歴史の教科書に全く出てこない伝統文化-生け花- 日本の伝統文化の一つ、生け花。 ...

konosekainew 11
岐阜&高山で『この世界の片隅に』上映&豪華トークショー決定 のん×片渕須直監督×真木太郎プロデューサー 

岐阜&高山で『この世界の片隅に』上映&豪華トークショー決定 のん×片渕須直監督× ...

12
あなたが私を覚えていてくれる ー夫婦の絆ー 映画『八重子のハミング』佐々部清監督インタビュー

『八重子のハミング』 特に好きなのは冒頭、八重子が誠吾の病気を知り、 寝るときに ...

13
淵に立って描きたいもの(映画『淵に立つ』トークショー)

岐阜の映画館で上質な映画を見てもらいたい。 その思いで立ち上がった岐阜新聞映画部 ...

14
一般映画館で初「フレンドリー上映」開催-名古屋センチュリーシネマ(『ぼくと魔法の言葉たち』)

ディズニーの映画は世界中の老若男女に愛される。 子供と大人が一緒に見ても楽しめる ...

彼らが本気で 15
荻上監督が放つ性を越えた愛情の物語(映画『彼らが本気で編むときは、』)

家族の形は変わりつつある。 世の中でもトランスジェンダーに対する動きは変わりつつ ...

アーラ映画祭 16
アーラ映画祭復活!ボランティアスタッフ募集中

岐阜県可児市。 まず読み方に困ると言われる。岐阜県【ぎふけん】可児市【かにし】だ ...

グッドバイエレジー 17
かなしみの先の光をみて(映画『グッバイエレジー』

ご当地映画が最近よく作られている。 そのおかげでこの街にはこんなものがあるんだと ...

otona5 18
死なないスマホロシアンルーレットが始まる(映画『おとなの事情』)

携帯電話がなかった頃、隠しておきたいことは何処にしまっていたんだろうと この映画 ...

dowai3 19
涼夏のこれが今ツボ。その② さらば土曜ワイド劇場

3月をもってテレビ朝日で長年続いた『土曜ワイド劇場』が幕を閉じるという。 TBS ...

すもも 20
先人の思いを次の世代へ(映画『すもも』)

連続ものの時代劇が民放のテレビ番組表から姿を消してかなり経つ。 昔は月曜から日曜 ...

くも漫。 21
教えてくれてあざーす!(映画『くも漫。」レビュー&名古屋舞台挨拶レポ)

漫画家中川学さんの実体験を描いた作品『くも漫。』が実写化。 「このマンガがすごい ...

22
北川悦吏子×岩井俊二トークショー in 岐阜CINEX

北川悦吏子監督は岐阜県美濃加茂市出身。 脚本家としても知られている。 ドラマ『ロ ...

ショコラ 23
出会いが新たな扉を開ける(映画『ショコラ』)

いくら才能があったってそれを使わなければ 単なる宝の持ち腐れだ。 さらに芸の世界 ...

この世界の片隅に 24
普通に生きられる幸せを感じて(映画『この世界の片隅に』)

どの時代に生まれるか。 それは自分では選べない。 自分が死ぬこと。それも自分では ...

25
Cafe Mirage Radio 第1回 ゲスト『彦とベガ』川津祐介さん、谷口未央監督

Cafe MirageはWebラジオも始めます。   10月29日、名 ...

26
かあちゃんの愛がたまらない(『湯を沸かすほどの熱い愛』)

作品のチラシのイメージが赤だった。 銭湯の風呂場に立つ女性は赤のエプロン。 そし ...