Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

sukutte1

EntaMirage! Entertainment Movie

金魚も彼女もすくいたい(映画『すくってごらん』)

映画紹介を耳で聴いてみませんか?
stand.fmでCafemirage Radioやってます。

左遷されたエリート銀行マンが飛ばされたのは田舎の金魚がいる町。そこで出会った和服の美女に心を掴まれて……。

左遷先で運命の出会い?!

酒も飲めない、仕事一筋。

エリート街道まっしぐらだった銀行員・香芝は自分の心からつい出てしまった暴言で田舎の支店に飛ばされる。
恋心なんて東京に置いて来たはずなのに。そこで出会った不思議な魅力の吉乃に惹かれ、心乱れ、落ち着かない。
「おにいさんゆっくり遊んでいってくださいね」
そう誘う吉乃は金魚すくいの店・紅燈屋の女主人。この町の唯一の娯楽である金魚すくいには全く興味が持てない香芝だったが、吉乃から金魚すくいのコツや金魚すくい用の金魚「小赤」の境遇を聞いて共感を持つようになる。
「数字は裏切らない」と仕事に没頭しようとする香芝だったが、やはり気持ちが抑えられない。吉乃への思いを歌に乗せ、香芝は吉乃に向かっていく。しかし吉乃には秘めた思いを寄せる人がいて……。

sukutte2

全編リズムと曲に彩られたエンターテイメント映画『すくってごらん』。
大谷紀子氏の同名漫画原作から主人公の感情や金魚すくいへの情熱はそのままに新たな世界が生まれた。

ヒロイン吉乃が営む金魚屋・紅燈屋がまるで花街にあるような妖艶な雰囲気で主人公を引き込んでいく。
歌あり、ダンスあり。流れはまるでミュージカルや舞台を観ているかのよう。
この作品の世界に観る側も冒頭から引き込まれていく。

主人公の心の声は見事に韻を踏み、呟きは次第にラップや歌になっていく。それが始めはちょっと違和感だなと感じつつ、どんどん観ているのがおもしろくなり笑いが込み上げる。歌詞が字幕で出てくるので聞き取れないからわからないなんてこともない。

監督は『ボクは坊さん。』の真壁幸紀監督。
短編映画『THESUNANDTHEMOON』で世界で評価された真壁監督が邦画でミュージカルは難しいと言われている中、ポップなミュージカル映画を作り上げた。
原作の舞台は奈良県大和郡山。それに倣い大和郡山をはじめとする奈良の古い町並みでも撮影され、時にはノスタルジックに、時にはMV(ミュージックビデオ)を観ているかのようなスタイリッシュさを感じることが出来る。時間の経過を表すのに変わった映像手法を取り入れたり、映画の途中で休憩時間があったりと観る側を飽きさせない。とにかくいろんなものが詰まった作品だ。

sukutte3

こだわりは映像だけじゃない

映像と同じく楽しめるのが音。
主人公の呟きや水の音は映画館だと一層楽しめるようにこだわって作られている。
劇中の音楽はAAA、東方神起、倖田來未などへの楽曲提供をしている鈴木大輔が担当。
サウンドトラックを手に入れたくなる充実度がある。

キャストの歌唱力は太鼓判。ミュージカルや音楽界で活躍する人達が集まった。
主人公・香芝にはドラマ『半沢直樹』での若きIT社長役が記憶に新しく、『エリザベート』、『メタルマクベス disk2』と話題のミュージカルに出演しながら歌舞伎界でも若手歌舞伎役者として活躍する2代目尾上松也。本作が映画初主演となる。歌唱力もさることながら劇中でのコロコロ変わる表情がとても魅力的だ。

ヒロイン・吉乃にはももいろクローバーZのリーダー百田夏菜子。可愛らしさと妖艶さを併せ持つ吉乃。ピアノを弾くシーンも自身でピアノを習得し演じ切った。
香芝の前にふらっと現れるさすらい人・王寺には『デスノート』、『フランケンシュタイン』にも出演、ミュージカル界の若手人気俳優柿澤勇人。香芝に思いを寄せるカフェ経営者の妹・明日香にはミュージカルにも活躍の場を広げるモデル石田ニコル、香芝の先輩には『ジャージーボーイズ』など舞台で活躍する矢崎広が起用された。それぞれのソロだけでなく、デュエットも気持ちよく楽しめる。

sukutte5

たかが金魚すくい、されど金魚すくい。
都会から田舎にやって来た元エリート銀行マンはここで何をすくい手に入れるのか。
金魚を掬う、彼女を救う?
香芝は男になれるのか。

映画『すくってごらん』https://sukuttegoran.com/index.html
3月12日(金)からTOHOシネマズ日比谷他で全国公開。東海3県ではイオンシネマ(名古屋茶屋、ワンダー、津南)、ミッドランドスクエアシネマ、ユナイテッド・シネマ(豊橋18、稲沢、阿久比)、TOHOシネマズ(木曽川、赤池、東浦、岐阜)で公開。

-EntaMirage!, Entertainment, Movie

おすすめの記事はこれ!

kurenazume1 1
あの夕暮れ時を仲間と見よう(映画『くれなずめ』)

成田凌、高良健吾、若葉竜也、藤原季節、浜野謙太、目次立樹と聞くと、ここ数年の映画 ...

Toff_Guys_Day_24_173.ARW 2
紳士=ジェントルメンの駆け引きが楽しめるガイ・リッチー監督の快作(映画『ジェントルメン』)

『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』、『スナッチ』、『シ ...

beach1 3
どこまでも自由と愛に生きる(映画『ビーチバム まじめに不真面目』)

ここまで自制心なく、欲望のまま正直に生きることが出来たら、清々しい。どこか羨まし ...

blueheaven1 4
映画『ブルーヘブンを君に』完成披露舞台挨拶レポート

映画『ブルーヘブンを君に』の完成披露舞台挨拶が 4月24日岐阜市の岐阜清流文化プ ...

©2020 “A Garden of Camellias” Film Partners 5
美しい映像の中にある家族の物語(映画『椿の庭』)

とても静かだが、心に残る映画に出会った。 美しい映像もさることながら、見終わった ...

ikiro3 6
沖縄戦時中の事実を知る (映画『生きろ 島田叡ー戦中最後の沖縄県知事』)

アジア太平洋戦争末期。すでに日本軍の敗色が濃厚だった1945年1月31日、一人の ...

sukutte1 7
金魚も彼女もすくいたい(映画『すくってごらん』)

映画紹介を耳で聴いてみませんか? stand.fmでCafemirage Rad ...

アーラ映画祭-1024x924 8
アーラ映画祭は3月20日から22日に開催!

アーラ映画祭が岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催される。 今回は3月20日 ...

main 9
『his』撮影地でドライブインシアター開催!

かつて恋人同士だった男性2人の8年ぶりの再会から物語がスタートする映画、『his ...

IMG_20210117_204050 10
コケシに捧げる愛の歌?(映画『コケシ・セレナーデ』)

2019 年初の長編自主映画となる『みぽりん』がカナザワ映画祭2019「期待の新 ...

minori1 11
第46回CINEX映画塾『実りゆく』田中要次さん×八木順一朗監督トークショーレポート

第46回CINEX映画塾『実りゆく』上映&トークショーが12月6日岐阜C ...

konosekai_chirashi 12
ポストホロコーストで残された人々を描く(映画『この世界に残されて』)

2020年米アカデミー賞国際長編映画賞ショートリストに選出され、ハンガリー映画批 ...

no image 13
明けましておめでとうございます!

Cafe Mirageの記事をご覧いただいている皆様   あけましてお ...

burai 14
昭和から平成。裏社会を生き抜いた男の物語(映画『無頼』)

さまざまなアウトサイダーたちの姿を一貫して描き続けてきた鬼才・井筒和幸監督の新作 ...

©2020『喜劇愛妻物語』製作委員会 15
第45回CINEX映画塾『喜劇 愛妻物語』足立紳監督・代情明彦プロデューサー トークレポート

第45回CINEX映画塾『喜劇 愛妻物語』上映&トークショーが11月28 ...

title1 16
女ってなんでしょうね。(映画『タイトル、拒絶』)

『タイトル、拒絶』というタイトルがまず気になった。 「ワタシの人生に、タイトルな ...

onkyo1 17
そこは奇跡が起きる場所(映画『音響ハウス Melody-Go-Round』)

ビートルズがアビーロードスタジオを愛し、あの横断歩道を渡る写真のアルバムを始め、 ...

honki4 18
第43回CINEX映画塾 『本気のしるし 劇場版』上映&トークショー レポート

第43回CINEX映画塾『本気のしるし 劇場版』の上映が岐阜CINEXで開催され ...

mrsnoisy1 19
隣人はどんな人?(映画『ミセス・ノイズィ』)

集合住宅に住めば必ずいる隣人。 隣人との良好な関係を保つのも、生活をする上で大切 ...

©2019「ばるぼら」製作委員会 20
映画『ばるぼら』は大人のファンタジー(映画『ばるぼら』手塚眞監督インタビュー)

彼女は魔女かそれともミューズか。 都会の片隅で耽美派の小説家・洋介が出会ったばる ...

royal3 21
ホテルローヤルを映像化。武正晴監督のこだわりとは?(映画『ホテルローヤル 武正晴監督インタビュー』)

ラブホテルとは日常から切り離された場所だ。一種の別世界。ここでの二人の時間は他人 ...

goze1 22
瞽女として生きた一人の女性の物語(映画『瞽女GOZE』)

日本には、盲人ながら三味線や胡弓を弾き唄い、巡業を生業とした女旅芸人がいた。「瞽 ...