Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

rerentoufa

Movie 岐阜推し!

MIRAGE THEATRE vol.0  映画『恋恋豆花』名演小劇場上映前夜祭!洸美・ミニライブ&今関あきよし監督トークショー 開催決定!

Cafe mirageが今年岐阜柳ケ瀬のカフェ星時とタッグを組んでお送りする企画『MIRAGE THEATRE』の第0弾が決定した。

3月7日(土)に名古屋の名演小劇場で公開の『恋恋豆花』公開前日の3月6日にこの映画に出演し、劇中歌も歌う洸美さんのミニライブ&トークを行う。
企画を進めていたところ、今関あきよし監督も参加することが決定。

『恋恋豆花』公開前夜祭として、洸美さんの劇中歌を含むオリジナルソングのライブを敢行、制作のきっかけや台湾での実際の撮影などの話をお二人から伺う。
このイベントに参加してから翌日から公開の『恋恋豆花』を観賞しよう!

『恋恋豆花』あらすじ

恋愛も人間関係も含め大学生活がつまらなくなり、中退を考えている奈央(モトーラ世理奈)。 そんな中、父・博一(利重剛)の提案で、彼の 3 度目の結婚相手となる綾(大島葉子)と台湾旅行をすることに。父の再婚相手というだけでよく知らない女性となぜ旅行をしなければならないのか?
納得がいかないが、せっかくだから思いっきり楽しんでやろうと思う奈央の台湾旅行には、台湾の魅力的なスイーツやグルメとの出会い、そして思いがけない人々との出会いが待っていた…。

今関あきよし監督プロフィール

映画監督の大林宣彦との親交も厚く、学生時代『ORANGING”79』がぴあフィルムフェスティバルで大林監督の推薦により入選受賞。 若干23才で富田靖子初主演の劇場映画『アイコ十六歳』でプロとしての監督デビューを果たす。 その後、新井素子原作の SF 映画化『グリーン・レクイエム』(坂上忍、鳥居かほり主演)、すばる文学賞受賞小説の映画化『十六歳のマリンブルー』(原作 本城美智子) 、ビッグコミックスピリッツ連載の漫画の実写映画化『ツルモク独身寮』(原作 窪之内英策)、持田真樹初主演、現在では歌手として有名な浜崎あゆみの出演する映画『すももももも』、佐藤藍子初主演のジュブナイル SF映画『タイム・リープ』(原作 高畑京一郎)、初代モーニング娘。の主演映画『モーニング刑事(コップ)』、井上路望原作の『十七歳』などティーンエイジアイドルなどを中心とした映像作品を監督。

近年はベラルーシ共和国に渡り、チェルノブイリの悲劇を取材し映画化した『カリーナの林檎~チェルノブイリの森~』、ウクライナの神秘的な緑のトンネルを舞台にした映画『クレヴァニ、愛のトンネル』など旧ソビエト圏での作品が続く。 さらに現在、モスクワ(ロシア)で全面ロケした映画『ライカ/LAIKA』の撮影を終え、公開が控えている。

近年はベラルーシを舞台に『カリーナの林檎~チェルノブイリの森』、ウクライナの神秘の地で撮影した『クレヴァニ、愛のトンネル』、全編モスクワ撮影の『LAIKA/ライカ』と東欧三部作を完結。新作の舞台は、今人気沸騰中の台湾。今関監督は台湾の食、人、街の空気感などに魅せられ、映画『恋恋豆花(れんれんどうふぁ)』が完成した。

 

洸美-hiromi- プロフィール

台湾生まれ・台湾育ちのハーフ。18才より来日。 独特の情景描写や素直な感情表現を、透明感ある歌声と共に織りなす台湾系J-popシンガーソングライター。 台湾で感じた物事や景色、中国語を織り交ぜた歌詞が特徴的。
ライブをメインに、作詞作曲歌唱・ラジオパーソナリティ・MC・ナレーション・講演など、 日本と台湾を中心に活動。
2020 年 2 月 22 日より公開の「恋恋豆花」劇中歌を書き下ろし・歌唱&本人役で出演。

hiromi

 

星時×Cafe mirage
文基地シリーズ・MIRAGE THEATRE Vol.0

映画『恋恋豆花』名演小劇場上映前夜祭!
洸美・ミニライブ&今関あきよし・トークショー
日時:3 月 6 日(金)18:30open / 19:00start
料金:1,500 円(ワンドリンク付)
場所:喫茶星時(岐阜県岐阜市神田町 3-3 加藤石原ビル2F)
定員:20 人(予約優先)
予約問い合わせ:higusan@gmail.com(樋口)
(件名に必ず「miragetheater vol.0 予約」と入れて下さい)
※予約は定員になり次第受付終了。

映画『恋恋豆花』http://is-field.com/renren/index.htmlは3月7日(土)より名古屋・名演小劇場で公開。

-Movie, 岐阜推し!

おすすめの記事はこれ!

ikiro3 1
沖縄戦時中の事実を知る (映画『生きろ 島田叡ー戦中最後の沖縄県知事』)

アジア太平洋戦争末期。すでに日本軍の敗色が濃厚だった1945年1月31日、一人の ...

sukutte1 2
金魚も彼女もすくいたい(映画『すくってごらん』)

映画紹介を耳で聴いてみませんか? stand.fmでCafemirage Rad ...

アーラ映画祭-1024x924 3
アーラ映画祭は3月20日から22日に開催!

アーラ映画祭が岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催される。 今回は3月20日 ...

main 4
『his』撮影地でドライブインシアター開催!

かつて恋人同士だった男性2人の8年ぶりの再会から物語がスタートする映画、『his ...

IMG_20210117_204050 5
コケシに捧げる愛の歌?(映画『コケシ・セレナーデ』)

2019 年初の長編自主映画となる『みぽりん』がカナザワ映画祭2019「期待の新 ...

minori1 6
第46回CINEX映画塾『実りゆく』田中要次さん×八木順一朗監督トークショーレポート

第46回CINEX映画塾『実りゆく』上映&トークショーが12月6日岐阜C ...

konosekai_chirashi 7
ポストホロコーストで残された人々を描く(映画『この世界に残されて』)

2020年米アカデミー賞国際長編映画賞ショートリストに選出され、ハンガリー映画批 ...

no image 8
明けましておめでとうございます!

Cafe Mirageの記事をご覧いただいている皆様   あけましてお ...

burai 9
昭和から平成。裏社会を生き抜いた男の物語(映画『無頼』)

さまざまなアウトサイダーたちの姿を一貫して描き続けてきた鬼才・井筒和幸監督の新作 ...

©2020『喜劇愛妻物語』製作委員会 10
第45回CINEX映画塾『喜劇 愛妻物語』足立紳監督・代情明彦プロデューサー トークレポート

第45回CINEX映画塾『喜劇 愛妻物語』上映&トークショーが11月28 ...

title1 11
女ってなんでしょうね。(映画『タイトル、拒絶』)

『タイトル、拒絶』というタイトルがまず気になった。 「ワタシの人生に、タイトルな ...

onkyo1 12
そこは奇跡が起きる場所(映画『音響ハウス Melody-Go-Round』)

ビートルズがアビーロードスタジオを愛し、あの横断歩道を渡る写真のアルバムを始め、 ...

honki4 13
第43回CINEX映画塾 『本気のしるし 劇場版』上映&トークショー レポート

第43回CINEX映画塾『本気のしるし 劇場版』の上映が岐阜CINEXで開催され ...

mrsnoisy1 14
隣人はどんな人?(映画『ミセス・ノイズィ』)

集合住宅に住めば必ずいる隣人。 隣人との良好な関係を保つのも、生活をする上で大切 ...

©2019「ばるぼら」製作委員会 15
映画『ばるぼら』は大人のファンタジー(映画『ばるぼら』手塚眞監督インタビュー)

彼女は魔女かそれともミューズか。 都会の片隅で耽美派の小説家・洋介が出会ったばる ...

royal3 16
ホテルローヤルを映像化。武正晴監督のこだわりとは?(映画『ホテルローヤル 武正晴監督インタビュー』)

ラブホテルとは日常から切り離された場所だ。一種の別世界。ここでの二人の時間は他人 ...

goze1 17
瞽女として生きた一人の女性の物語(映画『瞽女GOZE』)

日本には、盲人ながら三味線や胡弓を弾き唄い、巡業を生業とした女旅芸人がいた。「瞽 ...