Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

jam3

Entertainment

3人の男の話が交錯する因果応報エンターテイメント 映画『jam』先行上映&舞台挨拶レポート

映画『jam』の先行上映と舞台挨拶が109シネマズ名古屋で開催された。

鬼才として国内でも海外でも注目されているSABU監督が劇団EXILEの全メンバーを起用して北九州の街を舞台に疾走感あふれる作品を作り出している映画『jam』。

アイドル演歌歌手のヒロシ、瀕死の重傷の彼女の意識回復を望むタケル、刑務所からシャバに戻ったテツオ。同時間に同じ街にいた3人の男の行動が次第に交差し絡み合っていく。

劇団EXILEでテツオ役の鈴木伸之さん、世良役の小澤雄太さん、滝口役の小野塚勇人さんが登壇した。その様子の一部をお届けする。

登場早々話題は名古屋ネタへ。

Q.名古屋はいつぶりですか?

鈴木さん
「僕は『リベンジgirl』の舞台挨拶で去年クリスマスイブに来ました。ひつまぶしを食べさせていただいて。すごくおいしかったです。僕はひつまぶしを食べたのがそれが初めてで。食べ方がわからなくてサイドにあった薬味を入れるのを知らなくて最後まで入れずに食べてしまって。食べた後でこれ入れるんだよって教えてもらったのを思い出しました(笑)」

小澤さん
「僕はかれこれ5、6年前、御園座がリニューアルされる前の建物の時にこっちで1カ月ぐらい住みました。大須観音の裏でマンスリーマンションを借りて舞台本番に通っていました。その時にみそカツとかどて煮とかを食べました。大須なので名物的なものがいろいろあるんですよ。それとかえるの唐揚げも食べました。栄の居酒屋で名古屋めしを全部食べられる店があって。普通の鳥の味がするんです。鶏肉に似ています。名物と書いてあったのでてっきりこれも名古屋名物だと思っていました」

小澤雄太さん冒頭一人で登場して場を盛り上げてくださいました。

小澤雄太さん冒頭一人で登場して場を盛り上げてくださいました。

 

小野塚さん
「僕は『仮面ライダーエグゼイド』の映画版の舞台挨拶では来ているんですけど、そのまますぐ大阪でも舞台挨拶があったのでゆっくりできていないんです。今日も帰っちゃいますしね・・・」

小澤さん
「あれ?(名古屋市科学館の)プラネタリウムは行かないんですか?」

小野塚さん
「プラネタリウムって有名なんですか?それは」

小澤さん
「え!?有名ですよね?(観客に向かって)皆さん!?日本一大きいんですよ」

小野塚さん
「小澤さんは行かれたんですか?」

小澤さん
「行きましたよ、もちろん。すごいですよ。ほんとに」

名古屋ネタで盛り上がった後は映画の話へ。

Q.ずっと鈴木さんはアクションシーンが続きましたよね

鈴木さん
「台本を開いたらセリフが一言もなかったんです。そういう役が初めてなので衝撃を受けました。アクションが好きなのでやりがいがすごくある役だったんですが、とにかくずっとアクションをしているので体が痛かったですね。筋肉痛もありましたし」

鈴木伸之さん

鈴木伸之さん

 

Q.SABU監督とはどんな話をされたんですか?

鈴木さん
「そこまで多くを語らないタイプの方で僕は現場で挨拶以外は一言も話していない気がしますね。演出みたいなものはほとんどなくてとにかく暴れ回ってくれと言われてやらせてもらいました。小澤さんは何かありましたか?あの衣装似合ってましたね。ヴェルサーチの…」

小澤さん
「ヴェルサーチじゃない。ペレペレ!」

鈴木さん
「ペレペレって昔すごく流行ったんですよ」

小澤さん
「ペレペレの衣装を着てお金を数えているシーンが一番始めのシーンだったんですが「わー、すごい。見えるねえそんな風に」と監督に言っていただいて。僕らはアクションシーンが多かったんですけど、セリフはもちろんあって。その中で監督がセリフを増やしてくださったりとか、ここアドリブでやっていいよと言っていただいてシーンの長さが伸びていたりするシーンもあります」

鈴木さんが小澤さんをイジってトークはヒートアップ

鈴木さんが小澤さんをイジってトークはヒートアップ

 

Q.小野塚さんの衣装は黄色いジャージが目立ってどこにいてもわかりました

小野塚さん
「チンピラの中でも下っ端の方なので今風にやらせてもらえばいいなと思ってあんな感じになりました」

小野塚隼人さん

小野塚勇人さん

 

Q.池だったり事務所だったり商店街だったりとロケも色々ありました。深夜のシーンもありますよね?

小澤さん
「遅い時間の撮影で午前3時ぐらいまで撮影していました。池に入ってテツオを刺すシーンとかは皆さんが思っている以上にすごく冷たいです」

鈴木さん
「それなのに刺す場所が4回ぐらい違ってもう1回、もう1回って撮り直しになってしまって。寒くて僕ヤバかったです」

小澤さん
「ごめんね・・・。ごめん」

Q.テツオパートの部分では誰がムードメーカーだったんですか?

鈴木さん
「アクションなので集中していないと怪我しちゃったりするので現場ではそんなに和気藹々でもなく集中して撮影していた感じですね」

Q.他のパートと比べて人数も多かったですし、小澤さんがムードメーカーになっていたんじゃないですか?

小澤さん
「僕はさっと来て、さっと仕事して帰っていったんで。必殺仕事人みたいな感じで。ただ池のシーンは4テイクしました(笑)」

鈴木さん
「全然サッとじゃないじゃないですか(笑)」

Q.小野塚さんは鈴木さんに引きずられるシーンもありましたが。

小野塚さん
「真剣にやることにプラスして怪我を気にするよりは思い切りやろうと」

鈴木さん
「あの時怪我はなかったですか?」

小野塚さん
「全く。軽く鎖骨がいっちゃったぐらいです(笑)」

Q.一緒にご飯を食べに行ったりとかはないんですか?

鈴木さん
「全員ではないんですが、一緒にいたメンバーとは撮影現場でお弁当を食べました。舞台であればそういう時は多いんですが撮影現場では初めてだったんじゃないですかね」

Q.この映画は善いことをすれば善いことが、悪いことをすれば悪いことが返ってくるという因果応報がテーマになっていますが、最近因果応報的な話題はありますか?

鈴木さん
「僕は朝早い時とかあるじゃないですか。6時に家を出るという予定なのに4時ぐらいに目が覚めちゃって。もう寝ないでおこうと思ってソファに座ってテレビを見ていると寝ちゃうとか。うーん、なかなか思いつかないですね」

小澤さん
「よくみんなが「お腹すきました」といって家にご飯を食べに来るので即席なものを作るんです。「うまいっす」と言って食べてくれるのでああ、いいことしたなあって思うんですけど、こういう場に来て「SPAM1個だったんですよね」と2人に言われるので良かれと思ってしたのにネタにされるんだなあと(笑)。俺、一応先輩なんですけど」

鈴木さん
「だってSPAMを本当にフライパンで焼いただけのが出てきたんですよ」

小澤さん
「僕なりには一生懸命やったんですけどね(笑)」

小野塚さん
「僕の場合は野菜とかプラスワンしてアレンジはしてくれてましたけど」

鈴木さん
「確かに。プラスワンではなかった。いつも以上にSPAMに塩がいっぱいかかってた(笑)」

フォトセッションは「ここで善いことをしよう!」と鈴木さんからの提案で観客と一緒に写真撮影が行われた。

ポーズの掛け声は『jam!』

最後に鈴木さんから一言。

鈴木さん
「今日は来ていただいたありがとうございました。短い時間でしたが楽しかったです。12月1日からこの映画は公開しますので友達や知り合いにも勧めていただきたいと思います」

舞台挨拶では和気藹々と笑いを交えながら楽しいトークを展開した鈴木さん、小澤さん、小野塚さんの3人。が映画ではどんなアクションや演技を見せているかはぜひ劇場で確認してほしい。

3人の男たちとその周りの人物たちがどのように絡んでどんな結末を迎えるのか。最初から最後まで目が離せない。

映画『jam』は12月1日(土)より新宿バルト9他で全国公開。

東海地区では109シネマズ(名古屋・明和)、TOHOシネマズ(名古屋ベイシティ、モレラ岐阜)、ミッドランドシネマ名古屋空港、ユナイテッド・シネマ(豊橋18、岡崎、稲沢、阿久比)、大垣コロナシネマワールドで公開。

映画『jam』https://ldhpictures.co.jp/movie/jam/

青柳 翔 町田 啓太 鈴木 伸之
秋山 真太郎 八木 将康 小澤 雄太 小野塚 勇人 佐藤 寛太 野替 愁平
清水 くるみ 筒井 真理子

監督・脚本・編集:SABU
エグゼクティブプロデューサー:EXILE HIRO

スペック:2018/日本/カラー/シネスコサイズ/5.1ch/102分/PG-12

-Entertainment

おすすめの記事はこれ!

アーラ映画祭-1024x924 1
アーラ映画祭は3月20日から22日に開催!

アーラ映画祭が岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催される。 今回は3月20日 ...

main 2
『his』撮影地でドライブインシアター開催!

かつて恋人同士だった男性2人の8年ぶりの再会から物語がスタートする映画、『his ...

IMG_20210117_204050 3
コケシに捧げる愛の歌?(映画『コケシ・セレナーデ』)

2019 年初の長編自主映画となる『みぽりん』がカナザワ映画祭2019「期待の新 ...

minori1 4
第46回CINEX映画塾『実りゆく』田中要次さん×八木順一朗監督トークショーレポート

第46回CINEX映画塾『実りゆく』上映&トークショーが12月6日岐阜C ...

konosekai_chirashi 5
ポストホロコーストで残された人々を描く(映画『この世界に残されて』)

2020年米アカデミー賞国際長編映画賞ショートリストに選出され、ハンガリー映画批 ...

no image 6
明けましておめでとうございます!

Cafe Mirageの記事をご覧いただいている皆様   あけましてお ...

burai 7
昭和から平成。裏社会を生き抜いた男の物語(映画『無頼』)

さまざまなアウトサイダーたちの姿を一貫して描き続けてきた鬼才・井筒和幸監督の新作 ...

©2020『喜劇愛妻物語』製作委員会 8
第45回CINEX映画塾『喜劇 愛妻物語』足立紳監督・代情明彦プロデューサー トークレポート

第45回CINEX映画塾『喜劇 愛妻物語』上映&トークショーが11月28 ...

title1 9
女ってなんでしょうね。(映画『タイトル、拒絶』)

『タイトル、拒絶』というタイトルがまず気になった。 「ワタシの人生に、タイトルな ...

onkyo1 10
そこは奇跡が起きる場所(映画『音響ハウス Melody-Go-Round』)

ビートルズがアビーロードスタジオを愛し、あの横断歩道を渡る写真のアルバムを始め、 ...

honki4 11
第43回CINEX映画塾 『本気のしるし 劇場版』上映&トークショー レポート

第43回CINEX映画塾『本気のしるし 劇場版』の上映が岐阜CINEXで開催され ...

mrsnoisy1 12
隣人はどんな人?(映画『ミセス・ノイズィ』)

集合住宅に住めば必ずいる隣人。 隣人との良好な関係を保つのも、生活をする上で大切 ...

©2019「ばるぼら」製作委員会 13
映画『ばるぼら』は大人のファンタジー(映画『ばるぼら』手塚眞監督インタビュー)

彼女は魔女かそれともミューズか。 都会の片隅で耽美派の小説家・洋介が出会ったばる ...

royal3 14
ホテルローヤルを映像化。武正晴監督のこだわりとは?(映画『ホテルローヤル 武正晴監督インタビュー』)

ラブホテルとは日常から切り離された場所だ。一種の別世界。ここでの二人の時間は他人 ...

goze1 15
瞽女として生きた一人の女性の物語(映画『瞽女GOZE』)

日本には、盲人ながら三味線や胡弓を弾き唄い、巡業を生業とした女旅芸人がいた。「瞽 ...