Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

mrsnoisy1

EntaMirage! Movie

隣人はどんな人?(映画『ミセス・ノイズィ』)

集合住宅に住めば必ずいる隣人。
隣人との良好な関係を保つのも、生活をする上で大切なことだ。
筆者も長年、同じアパートに住んでいるが、首をかしげながら下の住人となんとか良好な関係を保った経験がある。

12月4日公開の『ミセス・ノイズィ』は
小説家の主婦を主人公に現代の隣人トラブルを描いた作品。第32回東京国際映画祭・スプラッシュ部門のワールドプレミアでは大反響を呼び、劇場公開が熱望された衝撃の問題作が、いよいよ全国公開される。

あらすじ

小説家であり、母親でもある吉岡真紀。スランプ中の彼女の前に、ある日突如立ちはだかったのは、引っ越し先の隣の住人・若田美和子による、けたたましい騒音、そして嫌がらせの数々だった。

それは日に日に激しくなり、真紀のストレスは溜まる一方。執筆は一向に進まず、おかげで家族ともギクシャクし、心の平穏が奪われていく。そんな日々が続く中、真紀は、美和子を小説のネタに書くことで反撃に出る。だがそれが予想外の事態を巻き起こすことに。

2人のケンカは日増しに激しくなり、家族や世間を巻き込んでやがてマスコミを騒がす大事件へと発展。果たして、この不条理なバトルに決着はつくのか?!

天野監督の新たな視点は隣の人との争い

『うるう年の彼女』から6年。自身も結婚し、母親となった天野監督が描いたのは日常の中で起こる小さな争い。昔なら近所だけの騒動で終わったものがメディアの広がりによって日本中に広がり、思わぬ事態に発展する。

映画は序盤作品作りに行き詰まった真紀の視点で描かれる。スランプを脱出しようと躍起になるあまり、引っ越しの片づけも二の次にして小説を書き続ける真紀。そんなときに隣人からの迷惑行為。早朝から布団叩きをする、娘を勝手に連れ回す。迷惑な隣人へのイライラが募り、ベランダ越しでの文句の言い合いは売り言葉に買い言葉。周りが見れば笑ってしまうほどエスカレートする。

真正面から対峙してぶつかる二人の姿はテレビでよく見る迷惑な住人とのやりとりにそっくりだ。それを観て何年か前に話題になった騒音おばさんを思いだした。しかし、あの騒動をモチーフにしたコメディと思って観続けると、そこは今までも視点をどこにするかをこだわってきた天野監督。違っていた。この作品は観る人に「あなたはどう考えますか?」と投げかけて来る映画だったのだ。

©「ミセス・ノイズィ」製作委員会

©「ミセス・ノイズィ」製作委員会

中盤から描かれる騒動の一カ月前からの美和子。真紀サイドからと同じシーンを描いている部分では真紀サイドからと美和子サイドからでは微妙に違いがあることに気がつく。美和子の生活を観ることで、この作品は決してコメディではない、現代の社会構造を考える作品へと変化していく。

ものの見方は様々あるが、自身のものの見方を変えることはなかなか難しい。真紀も美和子も自身がしていることは正しいと考え、譲らない。争いとは自身を正当化しようとして生まれるものだと改めて思う。しかし、自身が正しいと思う道を進まなければ生きていけないから今の世の中難しい。

二人の騒動を自身の動画サイトにアップして利益を得ようとする真紀の弟・直哉の行動も今を物語る。小説と動画配信という負のメディアミックスが発動することで当事者が知らぬ間に自分達の争いが日本中に広がる。SNS上でのトラブル、誹謗中傷、メディアの過剰報道による騒動は絶えない。一方向から報道されたことを真実と決めつけてしまう今の社会に痛烈な批判をしているようにも感じた。

©「ミセス・ノイズィ」製作委員会

©「ミセス・ノイズィ」製作委員会

唸るキャスティング

この作品を面白くしているのが天野監督が選んだ俳優陣だ。主人公の主婦には現在ドラマ『相棒』にレギュラー出演中で、『共喰い』、『湯を沸かすほどの熱い愛』など様々な作品で印象を残している女優・篠原ゆき子。子育てと仕事を両立させようとして壁にぶつかり、隣人とのトラブルを抱える主婦を体現している。本作の好演で第59回アジア太平洋映画祭主演女優賞
を受賞した。そして隣人には天野監督がオーディションで選出した大高洋子を起用した。イメージに合わせたキャスティングであり、しっかりとした演技力を持つ二人が醸し出す距離感が絶妙だ。有名な役者を美和子役に起用する方法もあっただろうが、大高の意地悪にも優しそうにも取れる話し方、仕草ははまり役。観る者によって解釈が変わるだろう。

この映画を観ながら我が家の下の住人を思い出していた。彼女の行動にも何か意味があったのではないか。聞いてみたいが彼女はもう下にはいない。今はどこで生きているのだろう。

映画『ミセス・ノイズィ』https://mrsnoisy-movie.com は12月4日より全国順次公開。
東海3県ではTOHOシネマズ(赤池・木曽川・モレラ岐阜)で公開。

【配給】アークエンタテインメント

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

mikaeri1 1
見返りを求める男と恩を仇で返す女。その先にあるもの(映画『神は見返りを求める』)

タイトルを聞いたとき「神は見返りをもとめない」ものじゃないの?と思った。ただ、そ ...

MKE2022_24 2
3年ぶり開催!第9回MKE映画祭レポート

第9回MKE映画祭が6月18日岐阜県図書館多目的ホールで開催されました。 3年ぶ ...

PLAN75_1 3
生き続けていくことはいけないことか(映画『PLAN 75』)

少子高齢化社会となった日本には様々な問題がある。老老介護、孤独死、虐待という家庭 ...

huyusoubi9 4
映画『冬薔薇(ふゆそうび)』伊藤健太郎さん、阪本順治監督登壇名古屋舞台挨拶レポート

映画『冬薔薇(ふゆそうび)』の公開記念舞台挨拶が6月11日名古屋ミッドランドスク ...

kimiton 5
女子高生、日本の経済にもの申す!(映画『君たちはまだ長いトンネルの中』なるせゆうせい監督インタビュー)

2019年に発売されネット上で話題を呼んだ漫画「こんなに危ない!? 消費増税」を ...

officer1 6
自身の信念のもとに冤罪を暴く(映画『オフィサー・アンド・スパイ』)

捏造、冤罪。あってはならないのだが、どの時代にも起こる出来事だ。 フランスで起こ ...

otona_4 7
木竜麻生さん登壇!メ~テレ映画祭『わたし達はおとな』先行上映舞台挨拶レポート

今年開局60周年を迎える名古屋のテレビ局メ~テレは映画製作にも非常に力を入れてい ...

20soul1 8
今も受け継がれる神曲・市船Soul。それは魂がこもる大切な曲(映画『20歳のソウル』)

ある番組の吹奏楽の旅を観る度に号泣している。 私は決して吹奏楽部ではない。コーラ ...

haganeiro9 9
OUTRAGE×現代の若者 名古屋で生きる人達(映画『鋼音色の空の彼方へ』舞台挨拶レポート)

コロナ禍を経て、名古屋発の映画が奇しくも同じ日に2本公開された。一本は先日紹介し ...

mamoriya8 10
僕らの映画はここからはじまったばかり(映画『護り屋「願い」』舞台挨拶レポート)

名古屋発の映画が『護り屋「願い」』が5月20日に公開された。 映画『護り屋「願い ...

creatures 11
人気映画を支えてきた特撮、特殊効果のクリエイター達(映画『クリーチャー・デザイナーズ 特殊効果の魔術師たち』)

映画にはさまざまなジャンルがある。その中でも私たちを日常にはない興奮に誘ってくれ ...

received_2215697365258741 12
「灰色の家族」という台本(物語)が呼び覚ます忌まわしい記憶 KURAGE CLUB新作『灰色の家族』上映会開催

名古屋の自主映画団体KURAGE CLUBが新作『灰色の家族』の上映を5月22日 ...

sanka1 13
撮りたいという強い思いの結晶がいよいよ公開(映画『山歌』)

山の中を漂流して暮らす人々が戦後あたりまでいたことを知ったのは「やすらぎの刻」と ...

bokemasukara1 14
第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあさん』信友直子監督トークレポート

第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあ ...

ashitajyugyou6 15
『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 シアターカフェ 舞台挨拶レポート

『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 が4月30日から ...

Ngoutou1 16
映画『N号棟』公開初日 萩原みのりさん、後藤庸介監督登壇 舞台挨拶レポート

とある地方都市に、かつて霊が出るという噂で有名な団地があった。このとある地方都市 ...

sikei 17
阿部サダヲ×シリアルキラー榛村大和が更なる魅力を生む(映画『死刑にいたる病』白石和彌監督・阿部サダヲさんインタビュー)

白石和彌監督の作品にはいつも心を持っていかれる。 5月6日(金)から公開の新作『 ...

ashitajyugyou6 18
ゴールデンウィークに『あした、授業参観いくから』+安田真奈監督ショートフィルム選 上映 シアターカフェで

安田真奈監督とお会いしたのはあいち国際女性映画祭だった。 『36.8℃ サンジュ ...

cmoncmon 19
『パリ13区』『カモン カモン』モノクロの魅力を知りたい二作品

4月22日(金)公開の作品には偶然にもモノクロ映画が2作品ある。 『ジョーカー』 ...

sikei 20
白石和彌監督、阿部サダヲさん登壇! 映画『死刑にいたる病』名古屋先行上映舞台挨拶レポート

映画『死刑にいたる病』舞台挨拶付き先行上映会が4月16日、名古屋ミッドランドスク ...

truth11 21
第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』堤幸彦監督、広山詞葉さん、生島翔さんトークレポート

第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』が3月27日岐阜CINE ...

received_348460247337278 22
映画の街・岐阜が動き出す  映画『逆光』とのコラボで柳ケ瀬が70年代一色になる?! 映画『逆光』試写会 トークレポート

4月4日、岐阜ロイヤル劇場にて映画『逆光』の試写会と須藤蓮監督の舞台挨拶が行われ ...