Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

deku1

EntaMirage! Entertainment Movie

あいち国際女性映画祭 映画『でくの空』トークレポート&林家ペーさんインタビュー

名古屋 名演小劇場で9月23日から公開される映画『でくの空』。埼玉県秩父市、寄居町を舞台に仕事の事故で部下を死なせてしまい、責任をとって会社をたたんだ男が、姉が営む便利屋を手伝いながら再生していく姿を描く。主演は日本テレビ系「笑点」でおなじみの林家たい平。監督は島春迦。前作『おくれ咲き』と同じコンビが新たなテーマを自身達のなじみ深い地で撮影。

9月8日から開催中のあいち国際女性映画祭で一足早く9月10日に公開され、トークゲストには主人公の父親役で出演した林家ペーさんが登場。トークの様子の一部とトーク後のインタビューを合わせてお届けします。(トーク進行:水野由美子さん)

あいち国際女性映画祭 『でくの空』林家ペーさんトークレポート

水野由美子さん(以下 水野さん)
「ステージでは距離もありますのでマスクは取ってお話させていただきます」

林家ペーさん
「マスクは取っていいんですね?このマスクは海老名香代子さんからいただいたんです。(観客に)知ってます?わたしの師匠、林家三平の奥様です。名古屋に行くと言ったらぜひ使ってくださいとおかみさんが」

水野さん
「マスクもピンクですね。あいち国際女性映画祭へは初参加だと思いますが、名古屋に来られたのは久しぶりですか?」

deku4

林家ペーさん
「名古屋はね、大須演芸場がありますよね。そちらには定期的に出演しています。きっかけは一度大須演芸場が閉館してしまって、復活させるということで街の方々が東京と大阪の落語会に頼んで出てもらったというのがあって。その頃から出ています。でも久しぶりですね。愛知県なら愛知県西春日井郡豊山町……」

水野さん
「それはどこなんでしょう?」

林家ペーさん
「イチローさんのお家(笑)。よく行くんですよ。資料館とかね(笑)。すいません、余談が多くて」

水野さん
「今日はTシャツにも「余談」と」

林家ペーさん
「余談が僕の人生ですからね。余談ですが、今日はセーラームーンの水野亜美さん、欧陽菲菲さんの誕生日です!」

水野さん
「今回たい平さん演じる主人公のお父さんの役ということですが」

林家ペーさん
「たい平さんとは兄弟弟子なんです。兄弟感覚だから年が三つか四つぐらい上の感覚なんです。それが親子の役でしょ。ショックですよ(笑)。一応僕ビジュアル系なんで。死ぬほど恥ずかしくてね」

水野さん
「島監督からは何か父親役についてお話はありましたか」

林家ペーさん
「島監督の作品は小津安二郎的な作品なんですよ。淡々と親子やまちの人たちの絆を描いていてね。だから僕は笠智衆を意識して。『東京物語』での話し方を自分なりに研究してね。」

水野さん
「役作りをされたんですね」

林家ペーさん
「それでね、現場に行ったら島監督とたい平さんに「そんなことしなくていい。地でいい」って言われて(笑)。なので、肩の力を抜いてやりました。いずれにしても自分は死ぬほど恥ずかしいですね。今までもドラマとかに出てはいるんですよ。でも95%ぐらいが林家ペー役。パー子と一緒に出る役でほとんど地のままだから。台本を見るという経験もないですし」

水野さん
「セリフがあって台本があるという役はあまりなかったわけですか」

林家ペーさん
「セリフがあるとなると、プレッシャーなんですよ。役作りしたとはいうものの、現場ですっかり忘れていて怒られました。絡みのあるシーンに台本を持っていくのを忘れてしまって。不謹慎なことになってしまったんです。現場では島監督に言われた通り演じていました。『ゴッドファーザー』のマーロン・ブランドって知ってます?あの人も台本見ないで現場で話していたんです。それでも大スターですけどね。あんな風には行かなくて忸怩たる思いでした」

水野さん
「山の中を歩いて、空を見つめているシーンとかすごくよかったですよね?」

deku3

(観客拍手)

林家ペーさん
「そう?本当に?僕は死ぬほど恥ずかしいんだけど。歩いていくだけだけどなかなかカットがかからなくて、まだ終わらないのかなと思っていました」

水野さん
「セリフがあって、御本人役ではない役がオファーされた時のお気持ちは?」

林家ペーさん
「たい平さんの父親役だったので、兄弟弟子ですからどうも違和感があって正直嫌でしたけど、自分を抑えて、地味な服を着て演じました」

水野さん
「いや、よくお似合いでしたよ」

林家ペーさん
「でもね。芸能界でも僕はミーハーなので、熊谷真実ちゃんとか結城美栄子さんと同じ映画に出られてよかったです。結城さんとは共演シーンはなかったんですけど」

水野さん
「ご家族でのシーンが多かったですよね」

林家ペーさん
「そうなんです。たい平さんが現場でも島監督と役についてディスカッションしているんですよ。ちゃんと自分の意見も話されていてね」

水野さん
「たい平さんといることは多いと思いますが、お芝居するたい平さんはいかがでしたか?」

林家ペーさん
「落語もお上手ですけど、あの人は芸術家ですから。武蔵野美術大学出てますから。淡々と演じることも出来ますからね。たこ焼きを焼くシーンのうまさにはびっくりしてね、唖然として、「うまいな」ってアドリブが出ちゃった。とにかく感心しながらずっと共演シーンはやっていました。長い人生の中でも楽しい経験になりました」

水野さん
「撮影中はたい平さんのYOUTUBEにも出られていましたね」

林家ペーさん
「映画のロケの合間に出てくれませんか?と言われて。映画の家として使った家の中からいろいろ持ってきて、ぶっつけで大喜利みたいに駄洒落をやってます。見て!YouTube」

deku7

水野さん
「共演者の方とお話されたりしたんですか」

林家ペーさん
「結城さんとお話しました。結城さんは映画女優さんとしてもキャリアが長いですが、陶芸も35年ぐらいやられているんです。だから映画の中で陶芸をやるシーンがありますが、全部自分で作られているんですよ。わたしも一つブローチをいただきました。結城さんはデビューが昭和35年なんですよ。東映ニューフェイスでね、同期は三沢あけみさん。彼女がデビューした作品を僕は見ていて。映画の話をたくさんしていたら「あなたは映画評論家なの?」と聞かれました。結城アンナさんって知ってる?岩城滉一さんの奥さん。あの方が結城さんの姪っ子さんなんですよ。余談だけど」

水野さん
「たい平さんが演じた役は歌も歌うし、俳句もやるという役でしたが、ペーさんの趣味は?」

林家ペーさん
「わたしはね、マニアックなことが好きでね。毎日Twitterに今日は誰の誕生日かを呟いてますけど、誕生日に興味があるんですよ。それでテレビに出させてもらっていたりしますね。こんな誕生日とかの余談もしながら撮影は和気あいあいと進む現場でした」

deku5

水野さん
「映画『でくの空』は9月23日から名古屋の名演小劇場で上映が決まっています」

林家ペーさん
「名演小劇場ね。みんな行って!」

林家ペーさんインタビュー

Q.この映画に出演するきっかけは何だったんでしょうか。

林家ペーさん
「たい平さんが島監督の前の作品にも出ていて。試写を観に行って。島監督に「この映画小津安二郎チックでいいですね」と言ったら、今回出演のお話をいただいたんです。全く自分と正反対の役なので、いいのかなとは思いましたが」

Q.料理をするシーンがありましたが

林家ペーさん
「結構、撮影していた時間としては長くて、炒めているものの水分がなくなったりするので、試行錯誤しながらやっていましたが、内心まだ終わらないかな、焦げないかなとか思いながらやっていました。監督からなかなかOKが来ないんです。映画の間というものを学びました。芸能界長いですが、テレビが多いので、映画の場は新鮮な経験でした」

Q.先ほど趣味の話はステージでもされていましたが、写真撮影もされたんですか?

林家ペーさん
「ロケの現場でも撮影の合間に撮りました。いつも撮る側なので、被写体として写っているのは少ないんです。監督、スタッフさん、寄居町の方々。撮りましたね」

Q.映画をよく観ていらっしゃるペーさんから見てこの映画の良さは何だと思いますか?

林家ペーさん
「芸能界に入る前は映画たくさん見ていましたからね。時代も変わって、映画からテレビに主流が変わってしまっていますが、久しぶりに映画に出るという経験もして、びっくりしたんですよ。この映画、音楽とかは少なめで会話だけで、淡々と人間の心のふれあいで進んでいく。それが寄居町やたい平さんの故郷秩父市の風景と相まっていいですよね。人の優しさを感じますね。テレビドラマでは出来ない作品ですよね」

Q.笑いを封印して出演されましたがいかがでしたか?

林家ペーさん
「自分を封印して演じるのは不思議な感覚でした。一行しかないセリフが逆にプレッシャーになって。過去にドラマに出た時も自分の役はアドリブでよかったことが多くて。今回は笑いを封印していました。たい平さんもずっと笑いを封印してずっとシリアスな顔をしていました。アドリブも封印して。二人とも林家じゃない一個の俳優で。映画はチームワークで作りますよね。自分の今までの現場ではなかなかそういうことがないのでいい経験になりました」

林家ペーさん

林家ペーさん

トークでも余談をたくさん披露してくださった林家ペーさん。その余談を封印して演じた、息子を温かく見守る父親役がはまっています。

御本人は恥ずかしいと連発されていましたが、島監督の演出も効いていて見事に寄居町で生きていらっしゃいます。林家たい平さんの芸の広さも改めて感じた映画です。

残された人々が去った人々を思いながら、前を向いて歩いていく姿を島監督が静かにじっくり映し出します。

映画『でくの空』https://dekunosora.jimdofree.com/
は9月23日より名演小劇場で公開。

-EntaMirage!, Entertainment, Movie
-

おすすめの記事はこれ!

IMG_20220916_162130 1
舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」を観に行ったので、観る前にやっておくといいかもしれないことを書きました

現在、東京 TBS赤坂ACTシアターでは舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」をロン ...

20220828170445_IMG_4777_ 2
第66回CINEX映画塾 映画『島守の塔』五十嵐匠監督 トークレポート

第66回CINEX映画塾が8月28日岐阜CINEXで開催された。上映作品は『島守 ...

deku1 3
あいち国際女性映画祭 映画『でくの空』トークレポート&林家ペーさんインタビュー

名古屋 名演小劇場で9月23日から公開される映画『でくの空』。埼玉県秩父市、寄居 ...

0714_GCW_B1poster_outline 4
生きるために。狂える人々の終わらない争い(映画『グッバイ・クルエル・ワールド』

とにかくぶっ飛んでいる。まともな奴はほとんどいない。ノリのいいノワールものが久し ...

ala2022 5
アーラ映画祭2022 ラインナップ発表!今年は4日間6作品。

岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催されるアーラ映画祭2022の全ラインナッ ...

配給:ハピネットファントム・スタジオ © 2022「この子は邪悪」製作委員会 6
真実を知れば知るほど信じたくない…ありえない(映画『このこは邪悪』)

『嘘を愛する女』、『哀愁しんでれら』か映画化されたオリジナル作品の企画コンテスト ...

horuonna9 7
映画『掘る女  縄文人の落とし物』名演小劇場トークイベントレポート

映画『掘る女 縄文人の落とし物』公開記念トークイベントが8月21日名古屋 名演小 ...

zenbubokuno3 8
相手のことをちゃんと想像できるような人になりたい(映画『ぜんぶ、ボクのせい』松本優作監督 インタビュー)

現在公開中の映画『ぜんぶ、ボクのせい』。 母親に会うために児童養護施設を飛び出し ...

9
スリリングな148のツイート。真実は物語より奇なり。48時間の悪夢を映画化(映画『Zola ゾラ』)

2015年、Twitterに投稿され、大きな話題となったスリリングな148のツイ ...

horuonna1 10
縄文に魅せられ汗だくになって発掘作業をする「掘る女」に密着したドキュメンタリー(映画『掘る女 縄文人の落とし物』)

昔、考古学に憧れて、真剣にその方面の大学に進学しようと考えたことがある(いろいろ ...

theater2022_2 11
シアターカフェ移転&リニューアルオープン2周年記念開放祭 Aプログラム舞台挨拶レポート

名古屋・清水口のシアターカフェでは移転&リニューアルオープン2周年記念開放祭が今 ...

gyakkou3 12
第64回CINEX映画塾『逆光』須藤蓮監督トークレポート

第64回CINEX映画塾『逆光』が7月16日岐阜CINEXで開催された。監督、主 ...

IMG_20220727_134705 13
あいち国際女性映画祭2022 開催決定!今年は31作品上映

あいち国際女性映画祭2022の記者発表が7月27日ウィルあいちで行われ、映画祭の ...

mugen1 14
只見線とともに奥会津でみる美しい景色を守るために(映画『霧幻鉄道 只見線を300日撮る男』)

日本のローカル線は赤字路線が多く、毎年存続の危機に瀕しながらその土地で生活する人 ...

CVS4 15
コンビニは異世界!?コンビニで起こる不思議な出来事(映画『コンビニエンス・ストーリー』三木聡監督インタビュー)

日本のコンビニエンスストアとはとても便利な店である。値段は定価だが、大体何でも揃 ...

theaterC6 16
シアターカフェ移転&リニューアルオープン2周年記念開放祭上映作品決定!

名古屋のシアターカフェが大須から清水口に移転、リニューアルオープン2周年を記念し ...

hakai_main_B2poster 17
島崎藤村の名作が60年ぶりに映画化 自分らしく生きるとは?(映画『破戒』)

1948年・木下恵介監督、1962年・市川崑監督と名だたる巨匠が映画化してきた、 ...

IMG_20220705_185811_573 18
映画『逆光』須藤蓮監督、脚本家渡辺あやさんインタビュー 岐阜柳ケ瀬 再会から夏祭り×映画という企画が生まれた 

名古屋で上映されることはあっても、岐阜の映画館で上映されるミニシアター系の映画は ...

mikaeri1 19
見返りを求める男と恩を仇で返す女。その先にあるもの(映画『神は見返りを求める』)

タイトルを聞いたとき「神は見返りをもとめない」ものじゃないの?と思った。ただ、そ ...

MKE2022_24 20
3年ぶり開催!第9回MKE映画祭レポート

第9回MKE映画祭が6月18日岐阜県図書館多目的ホールで開催されました。 3年ぶ ...

PLAN75_1 21
生き続けていくことはいけないことか(映画『PLAN 75』)

少子高齢化社会となった日本には様々な問題がある。老老介護、孤独死、虐待という家庭 ...

huyusoubi9 22
映画『冬薔薇(ふゆそうび)』伊藤健太郎さん、阪本順治監督登壇名古屋舞台挨拶レポート

映画『冬薔薇(ふゆそうび)』の公開記念舞台挨拶が6月11日名古屋ミッドランドスク ...

kimiton 23
女子高生、日本の経済にもの申す!(映画『君たちはまだ長いトンネルの中』なるせゆうせい監督インタビュー)

2019年に発売されネット上で話題を呼んだ漫画「こんなに危ない!? 消費増税」を ...

officer1 24
自身の信念のもとに冤罪を暴く(映画『オフィサー・アンド・スパイ』)

捏造、冤罪。あってはならないのだが、どの時代にも起こる出来事だ。 フランスで起こ ...

otona_4 25
木竜麻生さん登壇!メ~テレ映画祭『わたし達はおとな』先行上映舞台挨拶レポート

今年開局60周年を迎える名古屋のテレビ局メ~テレは映画製作にも非常に力を入れてい ...

20soul1 26
今も受け継がれる神曲・市船Soul。それは魂がこもる大切な曲(映画『20歳のソウル』)

ある番組の吹奏楽の旅を観る度に号泣している。 私は決して吹奏楽部ではない。コーラ ...

haganeiro9 27
OUTRAGE×現代の若者 名古屋で生きる人達(映画『鋼音色の空の彼方へ』舞台挨拶レポート)

コロナ禍を経て、名古屋発の映画が奇しくも同じ日に2本公開された。一本は先日紹介し ...

mamoriya8 28
僕らの映画はここからはじまったばかり(映画『護り屋「願い」』舞台挨拶レポート)

名古屋発の映画が『護り屋「願い」』が5月20日に公開された。 映画『護り屋「願い ...

creatures 29
人気映画を支えてきた特撮、特殊効果のクリエイター達(映画『クリーチャー・デザイナーズ 特殊効果の魔術師たち』)

映画にはさまざまなジャンルがある。その中でも私たちを日常にはない興奮に誘ってくれ ...

received_2215697365258741 30
「灰色の家族」という台本(物語)が呼び覚ます忌まわしい記憶 KURAGE CLUB新作『灰色の家族』上映会開催

名古屋の自主映画団体KURAGE CLUBが新作『灰色の家族』の上映を5月22日 ...

sanka1 31
撮りたいという強い思いの結晶がいよいよ公開(映画『山歌』)

山の中を漂流して暮らす人々が戦後あたりまでいたことを知ったのは「やすらぎの刻」と ...

bokemasukara1 32
第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあさん』信友直子監督トークレポート

第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあ ...

ashitajyugyou6 33
『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 シアターカフェ 舞台挨拶レポート

『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 が4月30日から ...

Ngoutou1 34
映画『N号棟』公開初日 萩原みのりさん、後藤庸介監督登壇 舞台挨拶レポート

とある地方都市に、かつて霊が出るという噂で有名な団地があった。このとある地方都市 ...

sikei 35
阿部サダヲ×シリアルキラー榛村大和が更なる魅力を生む(映画『死刑にいたる病』白石和彌監督・阿部サダヲさんインタビュー)

白石和彌監督の作品にはいつも心を持っていかれる。 5月6日(金)から公開の新作『 ...

ashitajyugyou6 36
ゴールデンウィークに『あした、授業参観いくから』+安田真奈監督ショートフィルム選 上映 シアターカフェで

安田真奈監督とお会いしたのはあいち国際女性映画祭だった。 『36.8℃ サンジュ ...

cmoncmon 37
『パリ13区』『カモン カモン』モノクロの魅力を知りたい二作品

4月22日(金)公開の作品には偶然にもモノクロ映画が2作品ある。 『ジョーカー』 ...

sikei 38
白石和彌監督、阿部サダヲさん登壇! 映画『死刑にいたる病』名古屋先行上映舞台挨拶レポート

映画『死刑にいたる病』舞台挨拶付き先行上映会が4月16日、名古屋ミッドランドスク ...

truth11 39
第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』堤幸彦監督、広山詞葉さん、生島翔さんトークレポート

第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』が3月27日岐阜CINE ...

received_348460247337278 40
映画の街・岐阜が動き出す  映画『逆光』とのコラボで柳ケ瀬が70年代一色になる?! 映画『逆光』試写会 トークレポート

4月4日、岐阜ロイヤル劇場にて映画『逆光』の試写会と須藤蓮監督の舞台挨拶が行われ ...