Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

syottan1

EntaMirage! Movie

しょったんが開いた将棋界への新たな扉(映画『泣き虫しょったんの奇跡』)

人生の様々な時間に出会った相手からの一言が自分の記憶に深く残っていることはないだろうか。その言葉を原動力に再起をかけた男がいる。

瀬川晶司30歳。諦めかけた夢に向かって歩み出す。

なることが難しいプロ棋士の世界

藤井聡太七段のニュースや羽生善治竜王の国民栄誉賞受賞もあり、最近将棋は人気で、プロを目指す人も増えているという。プロ棋士への道はとても厳しい。奨励会に入って21才までに初段、26才までに四段にならなければならない。もしくはアマチュア名人となってプロ棋士と戦って勝ちあがる。この2つしか方法はない。

2006年までは後者はなく奨励会からプロになる道しかなかった。26才までに四段になれなければ一生プロ棋士になることはできなかった。それまで打ち込んでいた夢が藻屑と消えるのだ。

瀬川晶司は奨励会の年令制限で一度将棋を諦めた。アマチュアとして30才を越えて将棋を再開した彼は周りの後押しで前例のないアマチュアからプロ棋士になるという新たな道を開く。弱いけど強い。強いけど弱い。

『泣き虫しょったんの奇跡』が今熱く描かれる。

奨励会を知る監督が描く将棋の世界

監督・脚本は自らも9歳から17歳まで奨励会にいた経歴を持つ豊田利晃監督。奨励会に入ることも残ることも並大抵の努力だけでは難しいことを知っている。そんな監督が原作に惚れ込み、リアルな将棋界を描くこの作品の主演に選んだのは『青い春』から豊田作品には4作目の出演となる松田龍平。彼自身が今年35歳を迎え、しょったんこと瀬川晶司の生き方を体現していく。

松田龍平の佇まいが瀬川晶司五段その人の佇まいに重なる。瀬川五段に会い、瀬川五段自身から将棋指導を受け、将棋を打つ時のしぐさやくせを研究した。

出会った人々がしょったんに残した言葉が印象的にリフレインされる。彼のために異例のプロ編入試験が開催されたことには周りの後押しがある。それには静かだが大好きな将棋に向き合う姿を見せるだけでなく、物腰の柔らかさという人から好かれるしょったんの人間性があった。彼にならその夢を任せられる。そう思ったアマチュア棋士たちが奔走する。

好きなものを追いかけて 少年時代~奨励会時代

将棋が好きな自分を認めてくれる父や担任教師、お互いをライバルだと思っている幼なじみの悠野との切磋琢磨も描かれる少年時代はしょったんと悠野の少年時代を演じた窪塚愛流と後藤奏祐人の芝居が光る。そしてそこにいる(敢えて演じるとは書かない)國村隼やイッセー尾形がとにかくいい。

syottan2

夢を追って入った奨励会。自分との戦い。諦めたくない。しかし刻々と迫るタイムリミット。
大好きな将棋のはずなのに次第に苦しくなっていく。

プロ棋士になるはずだった人たちが続々と奨励会を去り、夢を諦める。

自ら諦める人、諦めざるを得ない人。勝ち抜かなければいけない世界に耐えられない人。違う世界へ向かう人。

そんな人たちの描写もこの作品は忘れてはいない。

座って向き合っているあの一畳に収まりそうな空間で一手一手に精神を集中して勝負にかける思い。
「負けました」
負けたら必ず言わなければいけない。言いたくはないのに悔しい思いと一緒に出てくるこの言葉。奨励会の大会で、自分の未来や自分自身を失うような喪失感を味わう彼ら棋士たちはどれだけ疲弊したのだろう。

わずかな出演時間でも妻夫木聡、早乙女太一、新井浩文、永山絢斗、染谷将太、駒木根隆介、渋川清彦が将棋界に残る男、去る男達を様々に演じてくれたことで私達は仲間でもある奨励会メンバーの中で生き残る厳しさを感じることが出来る。

syottan3

諦めない心

そしてしょったんも勝てず、奨励会を去る。青春を捧げた将棋は社会では役に立たない。晶司は奨励界を辞めてから大学に行き30才を越えて将棋とは無縁の会社に就職する。

しかし。諦めたままでは終われない。好きな気持ちは心の中に残っていた。

小さな頃から抱いた夢のすべてを叶える人間はほとんどいない。大好きなことを職業にしたいと思いながら自分には無理だと思い趣味で留めてしまったり、諦めるが故に嫌いになってしまう人もいる。

出来ないと思うきっかけはなんだろう。
自分の力不足を感じた途端に訪れる恐怖心、その時知る心の弱さ。
逃げることが大事なときもある。

違う世界を見てきてもそれでも好きで諦めない人は自分が一度打ちのめされた記憶よりも好きという思いが勝る人だと思う。

しょったんも一度は将棋から遠ざかった。離れてみて分かる将棋の面白さ。自分が夢中になれるものを改めて知った。やっぱり好きだから諦めきれない。今までの慣習を破って新たな道を開いていく姿が清々しい。

syottan4

奇跡を描いても粛々と

将棋を指す音が心地いい。駒を指す一つ一つの音に気持ちがこもる。派手な演出は全編ない。

原作を読んだだけで音楽を作ったという音楽担当の照井利幸(元BLANKY JET CITY)は、豊田監督が描いた映像の世界観にぴったりと合わせてきたという。音楽が寄り添うように流れる。負けたときも勝ったときも人物たちの心をしっかり捉える。その分、対局した二人の間の空気を感じることが出来るだろう。

岐路に立たされたとき人は必ず自分の人生を選択しなければならない。

夢を一度は諦めた人もいるだろう。

この映画は将棋界に起きた奇跡を描きながら好きなことを辞めなかった男の”軌跡”も描いた。

自分には奇跡は起こらないかもしれない。
そう思ってやる前から諦める必要はない。
あなたが頑張った”軌跡”を必ず誰かが観ていてくれるはずだ。

『泣き虫しょったんの奇跡』 http://shottan-movie.jp
原作:瀬川晶司「泣き虫しょったんの奇跡」(講談社文庫刊)
監督・脚本:豊田利晃
音楽:照井利幸
出演:松田龍平 野田洋次郎 永山絢斗 染谷将太 妻夫木聡
松たか子 イッセー尾形 小林薫 國村隼

9月7日(金)より全国ロードショー。
東海地区では9月7日よりTOHOシネマズ(名古屋ベイシティ、木曽川、赤池、津島、モレラ岐阜)、ミッドランドスクエアシネマ、ミッドランドシネマ名古屋空港、伏見ミリオン座、ユナイテッド・シネマ(豊橋18、岡崎、稲沢、阿久比)、コロナシネマワールド(安城、小牧、豊川、半田、大垣)、イオンシネマ(長久手、東員)、
11月24日より伊勢進富座で公開。

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

20190406201104_IMG_0771 1
東海地区の映画館、劇場を応援しよう(応援方法まとめ)

東海地区の映画館、劇場を応援しよう(応援方法まとめ)新型コロナウイルス感染防止の ...

webshopsakura 2
和傘とともに思い出の一枚を。和傘レンタルキャンペーンを和傘CASAが展開中

新型コロナウイルスの関係で様々なイベントが中止になっている。 ライフイベントであ ...

hanamuko encore1 3
国際結婚家族に移住計画勃発?(映画『最高の花婿 アンコール』)

結婚とは結婚する二人だけの話ではない。 二人のそれぞれの家族が大きく関わってくる ...

renren (5) 4
涼夏のここが今ツボ⑦ MIRAGE THEATRE Vol.0 映画『恋恋豆花』名古屋公開前夜祭トーク&ライブによせて

MIRAGE THEATRE VOL.0 映画『恋恋豆花(れんれんどうふぁ)』ト ...

carenin2_1 5
よりよい一日を目指して(映画『ケアニン~こころに咲く花~』)

介護福祉士・大森圭が帰ってきた。2017年の公開から日本全国で上映が続いている『 ...

biglittle5 6
ここは地球に愛される農場(映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』)

自分達で一から作る生活というのは軌道に乗るまでがとても大変だ。 「自然と共存する ...

yamanaka5 7
今だからずっと温めてきたこの映画を撮りたい(映画『山中静夫氏の尊厳死』村橋明郎監督インタビュー)

自分に残された時間があとわずかと知ったらあなたは残りの人生をどう生きるだろうか。 ...

20200307145335_IMG_2835_ 8
映画『恋恋豆花(れんれんどうふぁ)』名古屋初日舞台挨拶レポート

映画『恋恋豆花(れんれんどうふぁ)』名古屋公開初日舞台挨拶が3月7日、名古屋・名 ...

kessan3 9
第37回CINEX映画塾『決算!忠臣蔵』中村義洋監督トークレポート

中村義洋監督が岐阜大学病院をロケ地に撮影した2009年の『ジェネラル・ルージュの ...

rerendoufa1 10
台湾の旅は美味しい出会いの旅(映画『恋恋豆花(れんれんどうふぁ)』)

名古屋から飛行機で約3時間。 日本語がかなり通じる異文化都市・台湾は一度は行って ...

1581834114678 11
涼夏のここが今ツボ⑥ 星能豊がつなげる映画の縁ー特集上映『星能豊 retrospective』ー

私は星能豊のことを今回のイベントチラシにこう書いた。 現場で会った時とスクリーン ...

rerentoufa 12
MIRAGE THEATRE vol.0  映画『恋恋豆花』名演小劇場上映前夜祭!洸美・ミニライブ&今関あきよし監督トークショー 開催決定!

Cafe mirageが今年岐阜柳ケ瀬のカフェ星時とタッグを組んでお送りする企画 ...

goon1 13
Go on 人生は続いていく(映画『轟音』)

片山享という人の作品と出会ったのは2018年のはままつ映画祭だった。 彼の故郷福 ...

hitoyo3 14
第36回CINEX映画塾『ひとよ』白石和彌監督トークレポート

あの日がなければ人生が変わっていたかもしれない、あの日があったから今がある。 そ ...

maeda1 15
我らのブルーオーシャンを開拓せよ!(映画『前田建設ファンタジー営業部』)

永井豪氏原作のアニメ「マジンガーZ」の出撃シーンで登場する地下格納庫兼プールを、 ...

kaze3 16
風は思いを乗せて(映画『風の電話』モトーラ世理奈さん、諏訪敦彦監督インタビュー)

岩手県大槌町のガーデンデザイナーがもう一度死別した従兄弟と話したいと願って自身の ...

his7 17
演じたことで変化する自らの感覚(映画『his』名古屋先行上映舞台挨拶レポート)

昨年『愛がなんだ』が大ヒットし、2020年も監督作が続けて公開される今泉力哉監督 ...

okazaki_main 18
鏡が映す4つの恋愛模様(映画『おかざき恋愛四鏡』)

愛知県岡崎市で撮影された『おかざき恋愛四鏡』が岡崎での先行公開を経ていよいよ1月 ...

midori1 19
「待ってください。ちょっと停めただけじゃない!」「いいえダメです」(映画『ミドリムシの夢』)

ミドリムシとは皆さん、なんのことかご存じだろうか。 普通はユーグレナのことだが今 ...

FF20180522_Stills0219.jpg 20
漁師達のコーラスグループがメジャーデビュー!?(映画『フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて』)

歌が巧いというのは音程が取れるという意味もあるが、それよりも歌をいかに自分のもの ...

theater__d_omote 21
『MIRAGE THEATRE』上映作品募集開始!

  当サイトCafe mirageは2019年に『MIRAGE THE ...

DSC_0409 22
観る者の心をざわつかせる映画『MANRIKI』の引力とは?(名古屋舞台挨拶レポート)

映画『MANRIKI』の公開記念舞台挨拶が12月12日名古屋センチュリーシネマで ...

向こうの家 23
映画『向こうの家』名古屋初日舞台挨拶レポート

映画『向こうの家』の初日舞台挨拶が12月7日名古屋シネマテークで行われた。 『向 ...

CH1 24
3度目の実写シティーハンター、出来栄えは?(『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』)

29日公開『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』は北条司 ...

itukano7 25
第35回CINEX映画塾『いつかのふたり』トークレポート

第35回CINEX映画塾が11月9日岐阜CINEXで開催された。 作品は『いつか ...

inoti2 26
新たな夢は動物園に(映画『いのちスケッチ』)

夢を追っていても、叶えられない人は沢山いる。自身の夢をあきらめることは悔しいが、 ...

IMG_20191111_080319 27
金沢の夜がアツい!ROJIURAシネマ鑑賞レポート(涼夏のこれが今ツボ⑤)

「ROJIURA CINEMA」を観に金沢に出かけた。 岐阜からは特急しらさぎで ...

左:中川龍太郎監督 右:松本穂香さん 28
映画『わたしは光をにぎっている』松本穂香さん、中川龍太郎監督インタビュー

CMや様々なジャンルの映画に多数出演し、注目を集める松本穂香を主演に迎え、中川龍 ...

kagehumi1 29
『月とキャベツ』の縁から生まれた新たな山崎まさよし×篠原哲雄監督作品(映画『影踏み』篠原哲雄監督インタビュー)

映画『月とキャベツ』を毎年上映している映画祭がある。群馬県中之条町で開催される伊 ...

GARO_GEKKOU_0 30
『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』名古屋舞台挨拶レポート&中山麻聖さん、雨宮慶太監督、勇翔さん(BOYS AND MEN)インタビュー

『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』の公開記念舞台挨拶が10月6日109シネマズ名 ...

sousiki1 31
友よ、皆に送られて安らかに逝け(映画『葬式の名人』)

『おくりびと』以降、逝く人を見送る職業の人々を描く映画は沢山作られており、今回も ...

mukounoie1 32
僕の知らないもう一つの森田家(映画『向こうの家』西川監督インタビュー追加)

食卓というのは家族の雰囲気がわかる場所だ。 家族四人で朝ご飯を囲む、幸せな家庭に ...

jimoto8 33
地元ピース!岐阜上映は超満席!!

映画『地元ピース!』の岐阜上映会が6月9日岐阜・柳ヶ瀬のCINEXで行われた。 ...