Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

EntaMirage! Movie

ラーメンマニアの上を行く。その名もラーメンヘッズ(映画『ラーメンヘッズ』)

2018/01/26

日本人は世界中のどこの国よりもラーメン好きだ。
手軽で美味しい。その一杯のために数時間並ぶことを
厭わない人もたくさんいる。

こだわりを持ち提供する店はこの数十年でかなり増えた。
家の近くに大勝軒ののれん分けされた店があるが
いつ見ても開店前から行列ができている。
ラーメンは日本のソウルフードとして完全に定着し、
海外からもラーメンを食べに来る人たちがいるという。

扉を開けるとちょっとした緊張感があり、
今から食べるんだ!と腹を決めてラーメンを食べる。
わずかな時間だがラーメンとしっかりと向き合い
味を感じられる幸せな時間だ。

好きにもレベルがある。
その好きの中でファンやマニアを上回るこだわりを持つ人たちのことを
ヘッズという。

ラーメン界のトップを走り続ける人たちに密着した
ドキュメンタリー映画『ラーメンヘッズ』。
海外の複数の映画祭でも上映され大好評、
日本でついに上映される。

この映画のメインは中華蕎麦とみ田の店主富田治。
中華蕎麦とみ田はたくさんあるラーメン店の中で
四年連続でTRY(東京ラーメン・オブ・ザ・イヤー)大賞に輝いた
走り続ける男に密着している。

隠す必要なんてない

「企業秘密っていうじゃないですか。大したことやってないから
見せられないだけなんですよ。」
そういいながら店主の富田がこだわりのスープの仕込みの材料や作り方を
惜しげもなくこの作品では見せてくれる。

何を使ってどんな仕込みをすればいいのかが
わかってしまうのだが絶対に富田には同じ味を真似されない
職人としての自信と技術がある。

そんなスープがありながらも
スープよりも麺が主役といい
つけ麺の麺の材料にもこだわりを見せる。
毎日同じ麺はつくれない。

とみ田の1日を追うことで見えてくるもの

わずかカウンター10席ほどしかない店内。
無言でスープまで完食する客たちは
その麺の変化さえも美味しさであり、通う理由だと話す。
彼らは朝6時半から行列に並び、食べる権利を得た人たちだ。

食べに来る人たちの表情もしっかりとこのドキュメンタリーは捉えている。
富田の周りの人々を捉えることで彼の思いがどう伝わっているかを
知ることが出来るだろう。

弟子の教育にも隙はない。ラーメンのこと以外の店のことすべてに気を配れる。
集中しているからこそ全てが見える。富田の集中力は半端ない。
ラーメンの作り方は一切教えない。
見て盗む、食べて知る。
こうして富田が育て一人立ちした弟子たちが何人もいる。

休日の富田の過ごし方や
十周年記念で企画されたコラボラーメンの製作の裏側にも
密着しており、富田という一人のラーメンヘッズな男の生き様を
見ることができる。

作品内では富田以外のラーメンヘッズたちと
その店のラーメンも登場する。

多いときは千杯販売する築地の中華そば井上、
ラーメンは芸術だという鯛塩そば灯花。
らぁーめん一福はこだわりの味噌ととんこつ。
中華そば葉山は煮干しラーメンの店。
福寿には文化遺産とも言える道具が揃っている。
どこも並々ならぬこだわりを見せてくれる。
ここまで厨房の奥まで入って撮影されたものは
ないのではないだろうか。

『情熱大陸』、『課外授業 ようこそ先輩』など
様々なドキュメンタリーを演出してきた重乃康紀監督が
根気強く密着し、ラーメンマニアの上をいく
ラーメンヘッズの姿を描く。
重乃監督自身の語りが朴訥としていて作品に味を出す。

この店のラーメンは美味しい。それだけでもいいかもしれない。
しかしぜひあの一杯への店主たちの情熱を知ってほしい。
その思いが詰まったドキュメンタリーだ。

見終わった後、あなたはどこのラーメンを食べに行きたくなるだろうか。
今日もまたラーメンが私たちを呼んでいる。

 

映画『ラーメンヘッズ』http://www.ramenheads.com/
シネマート新宿、シネ・リーブル池袋、MOVIX亀有、千葉劇場他で全国公開。
東海地区では1月27日より名演小劇場、ユナイテッド・シネマ豊橋18で公開。

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

1
みんなが僕のストレージ(映画『クソ野郎と美しき世界』名古屋舞台挨拶レポート)

映画『クソ野郎と美しき世界』公開記念舞台挨拶が名古屋ミッドランドスクエアシネマで ...

IMG_20180205_115556 2
中川運河の魅力を伝える短編集(『Filmusic in 中川運河・秋』)

名古屋都市センター【中川運河助成ARToC10】の助成事業として製作されている短 ...

dav 3
自分の心の中を見たら(『ミュージカル ジキル&ハイド』)

ミュージカル『ジキル&ハイド』 2018年3月25日(日) 13:00  名古屋 ...

4
今を、そしてこれからを生きる(映画『一陽来復 Life Goes On』)

東日本大震災から6年。 6年という月日が早いのか遅いのか。それは人それぞれ感覚が ...

5
映画『レオン』名古屋初日舞台挨拶レポート

映画『レオン』公開初日舞台挨拶が名古屋ミッドランドスクエアシネマで行われた。 こ ...

@2017 ASESORIAS Y PRODUCCIONES FABULA LIMITADA; PARTICIPANT PANAMERICA, LCC; KOMPLIZEN FILM GMBH; SETEMBRO CINE, SLU; AND LELIO Y MAZA LIMITADA 6
あなたが愛した私でいたい(映画『ナチュラルウーマン』)

前情報は全く入れずに鑑賞し始めた映画『ナチュラルウーマン』。 ナイトクラブで歌う ...

ビガイルド 7
女の園に男が一人。さて何が起こる?(映画『ビガイルド 欲望のめざめ』)

女の怖さを知っているのは男より女だと思う。女はいつか敵になるかもしれないのになぜ ...

8
悠久の流れ長江・何度も巡り合う男と女(映画『長江 愛の詩』)

中国・長江。 世界の三大河川に数えられるこの河は全長3600キロ。中国を横断する ...

9
岐阜新聞映画部の新たな企画はアート&加藤るみ

岐阜新聞映画部の2018年最初のイベントと次のイベントが発表になった。 今年は新 ...

10
未来につながる映画を(映画『センターライン』下向拓生監督インタビュー・前編 Mirageなお客様その⑤)

自動車技術は日々進化している。 自動運転はまだまだ先のことと思っていたがCMでも ...

11
未来につながる映画を(映画『センターライン』下向拓生監督インタビュー・後編)

映画『センターライン』 下向拓生監督へのインタビュー後編をお送りする。 前編はこ ...

kenen1 12
兄弟(姉妹)だから色々あって面白い(映画『犬猿』吉田恵輔監督インタビュー)

一人っ子の私は兄弟がいる人たちを羨ましく思っていた。 絶対に勝てない親子喧嘩より ...

13
ラーメンマニアの上を行く。その名もラーメンヘッズ(映画『ラーメンヘッズ』)

日本人は世界中のどこの国よりもラーメン好きだ。 手軽で美味しい。その一杯のために ...

14
求めあう心に導かれて(映画『風の色』)

「もう一人の私は北海道で流氷を見ている。」 恋人のゆりが意味深な言葉を残し、自殺 ...

15
『悪と仮面のルール』玉木宏インタビュー「幸せの感覚」

この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために 創られた存在だと父から告げられ ...

16
『牙狼〈GARO〉神ノ牙-KAMINOKIBA-』名古屋舞台挨拶レポート

映画『牙狼〈GARO〉神ノ牙-KAMINOKIBA-』の公開記念舞台挨拶が 1月 ...

17
あなたの人生このままでいいですか?(映画『ルージュの手紙』レビュー)

酒も飲まず、恋愛もしない。 仕事と子供のために生きてきた女性の元に 思いもよらぬ ...

18
CINEX映画塾 第15回 『米国が最も恐れた男~その名は、カメジロー~』トークショー レポート

CINEX映画塾 第15回 『米国が最も恐れた男~その名は、カメジロー~』 佐古 ...

19
CINEX映画塾 第14回『こいのわ 婚活クルージング』トークショーレポート

CINEX映画塾 第14回『こいのわ 婚活クルージング』 及川奈央×益田祐美子プ ...

20
一本の糸からつながる世界(映画『YARN 人生を彩る糸』)

冬になると得意ではないのに編み物をやりたくなるのはなぜだろう? 一本の毛糸を編む ...

21
オペラで彩られるモーツァルトを描く新たな作品(映画『プラハのモーツァルト』)

  ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト。 作曲家としてあまりにも ...

22
知多半島映画祭2017 レポートその1 『あのまちの夫婦』

11月19日に知多半島映画祭2017が東海市芸術劇場大ホールで開催された。 7年 ...