Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

_1120114

EntaMirage! Movie

さあ胸を張って颯爽と(映画『ハイヒール革命!』名古屋舞台挨拶レポ)

『ハイヒール革命!』作品紹介

『3年B組金八先生』の伝説の第6シリーズを涙して見ていた過去がある。
自分は体は女だけど男だからセーラー服ではなく学ランを着たい。
そう言い続け、訴えた生徒がいた。あれはドラマだ。
だが現実にも同じように訴えた中学生がいた。

真境名ナツキ(本名:薫)
彼は男の体を持って生まれたが 心は女の子だった。
ヒーローよりヒロインが好き。 かわいいものが好き。
男子生徒の前で裸になるなんてできない。 女の子の気持ちはよくわかる。
中学で先生に怒られてばかりの薫は ついに自分の思いを打ち明けた。
「私はスカートをはいて登校したいんです。」
普通ではない、異質なものだと理解しようとせずにいる教師達に
薫と一緒に立ち向かったのは薫を誰よりも理解する母親だった。
LGBT(レズ、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)。
世間から偏見の目で見られることの多い人たちは
『自分らしさ』を勝ち取るために計り知れない経験をしてきた。

真境名さんの小さい頃からの経験、そして今までの生活を
真境名さん本人、母親、兄、親友、パートナーの
インタビューで構成されたドキュメンタリーと
濱田龍臣さんが真境名さんを演じるドラマパートでつくられた作品 『ハイヒール革命!』。
監督は古波津陽。
『築城せよ!』『WAYA!宇宙一のおせっかい大作戦』と創作ものだけではなく
『1/10 Fukushimaをきいてみる』などドキュメンタリー作品も
精力的に撮影する監督の新作は古波津監督だから撮れるセンセーショナルな作品だった。

舞台挨拶の際にお母様にもお会いした。
この自然体なお母様が真境名さんの今の礎を作っている。
スクリーンの中で話していたお母様は今でも自然体な方だった。

『ハイヒール革命!』名古屋初日舞台挨拶レポート

「寝てないハイテンション」

・登場からとても饒舌なナツキさん。周りを引き込む明るさですね。

(舞台挨拶登壇者 真境名ナツキさん、古波津陽監督)

真境名さん:
「昨日東京で深夜のラジオに出演してそのまま一睡もせずきたのでナチュラルハイ。
寝てないだけです。(笑)」
古波津監督:
「はじめてお会いしたときにサービス精神とか明るい部分もあれば真面目な部分も
あってその第一印象を大事にしながらこの映画のコンセプトや全体の流れを考えて。
ナツキちゃんから出てくる要素を取り上げたらこんな感じの映画になりました。」

ハイヒール革命

 

「どうして『ハイヒール革命!』に?」

・タイトルだけ聞くとファッション関係とか女性の成長の映画かと思いましたが。

真境名さん:
「私のパートナーとプロデューサーさんが知り合いでご飯を食べに行ったときに
私の経験を話したら『面白いね、映画作ろう!』と言われて。
こんな冗談をいう愉快な方がいらっしゃるんだなあと 話し半分に聞いていたら
次にお会いしたときに『こんな感じで、こんな予算で作るから』って。
具体的だなと思いました。タイトルも考えてると言われて。
思わず『出るのやめます。』って言おうかと思ったタイトルだったんです。」

古波津監督:
「結局、作品の中にハイヒールが出てくるのでそれをタイトルに使えないかなと思って
脚本家と考えました。」

・監督の第2の故郷は愛知です。愛知って映画を撮る場所としては魅力的ですか?

(監督の『築城せよ!』『WAYA!宇宙一のおせっかい大作戦』は愛知県で撮影された作品)
古波津監督:
「映画を作る視点からいうと都会もあるし、少し離れれば山もある。商業地も工業地もある。
いろんな材料があるし、歴史もある。まだまだ僕も使いきれてないですね。
三部作撮りたいと思っているんです。
撮影場所を見つけてはいるんですけど…。まだ言えません。」

・作中では自分を演じた濱田龍臣さんとの対談もありますが。

真境名さん:
「どういうタイプの方ですか?ってざっくり質問をされて。
感情が顔に出やすいタイプだよとお話ししただけで掴んでいたので
さすが天才子役って思いました(笑)」

 

トリセツは2ページ?

真境名さん:
「真冬というか、2月秋葉原の交差点を歩くのに5月の風を感じる感じでと言われたんです。
寒いから歯もガチガチしちゃうし、目も笑えなくって。寒い中往復して。」
古波津監督:
「ナツキちゃんは機嫌が悪いとドスーンとした、ものすごい表情で入ってきますからね。
分かりやすいです。機嫌が悪いとナツキちゃんとコミュニケーションとって。(笑)」
真境名さん:
「甘いものとお酒が好きなので撮影後に飲みに行けると聞くと機嫌がよくなります。
わかりやすいんです。私のトリセツは2ページぐらいしかないです。(笑)」

 

『ハイヒール革命!』はLGBTをテーマにしているわけではない

古波津監督:
「LGBTを意識しているわけではなく、ナツキちゃんの個性に興味を持ったんです。
それだけのコンプレックス持っていた人がなぜのびのびと個性的に暮らしていけるのか
興味が湧いたし、これはみんなそう思うんじゃないかと。
みんなコンプレックスは持っているじゃないですか?
コンプレックスを個性に変えられればそんな素敵なことはないんですけど
方法も分かりにくいし、その扱いに困っている人もいる。
世の中に自分をはめていこうという風潮ですけど、
ナツキさんを見てもらってまず自分は何が好きか、
どうしたらのびのび生きていけるかをプレゼンテーションしたくて。
LGBTを推したかったではなく偶然ナツキさんがそのカテゴライズにいたんです。」

真境名さん:
「みんな生きていれば絶対悩みがあるから私たちだけが大変だって
スポットライトを当てちゃうというのはおかしい。
映画がきっかけになって私は前に進むことが出来た。母のおかげで前に進むことができたので
この映画をきっかけに勇気を持っていただきたいなと思います。」

 

もう一人の出演者登場

劇場とファンからのお花の贈呈。
古波津ファンだという女性は映画に出演されている名古屋在住高校1年の女優・高畠千夏さん。
古波津監督の『築城せよ!』のエキストラ出演をきっかけに女優を目指していたところ、
この映画のオーディションがあったとか。

古波津監督:
「プロフィールに‟築城経験あり”と書いてあってなんだろうと思ったら
そういうことでした。(笑)」
東京でのオーディションでも愛知の方に出会う。やっぱり愛知に縁が深い。
愛知が第二の故郷という古波津監督。
久しぶりの凱旋では真境名さんと共に多くのファンや知人に囲まれていた。

 

ハイヒール革命

 

映画『ハイヒール革命!』http://highheels.espace-sarou.com/
名古屋ミッドランドスクエアシネマで10月1日より2週間限定公開中(10/14迄)。

 

 

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

1
みんなが僕のストレージ(映画『クソ野郎と美しき世界』名古屋舞台挨拶レポート)

映画『クソ野郎と美しき世界』公開記念舞台挨拶が名古屋ミッドランドスクエアシネマで ...

IMG_20180205_115556 2
中川運河の魅力を伝える短編集(『Filmusic in 中川運河・秋』)

名古屋都市センター【中川運河助成ARToC10】の助成事業として製作されている短 ...

dav 3
自分の心の中を見たら(『ミュージカル ジキル&ハイド』)

ミュージカル『ジキル&ハイド』 2018年3月25日(日) 13:00  名古屋 ...

4
今を、そしてこれからを生きる(映画『一陽来復 Life Goes On』)

東日本大震災から6年。 6年という月日が早いのか遅いのか。それは人それぞれ感覚が ...

5
映画『レオン』名古屋初日舞台挨拶レポート

映画『レオン』公開初日舞台挨拶が名古屋ミッドランドスクエアシネマで行われた。 こ ...

@2017 ASESORIAS Y PRODUCCIONES FABULA LIMITADA; PARTICIPANT PANAMERICA, LCC; KOMPLIZEN FILM GMBH; SETEMBRO CINE, SLU; AND LELIO Y MAZA LIMITADA 6
あなたが愛した私でいたい(映画『ナチュラルウーマン』)

前情報は全く入れずに鑑賞し始めた映画『ナチュラルウーマン』。 ナイトクラブで歌う ...

ビガイルド 7
女の園に男が一人。さて何が起こる?(映画『ビガイルド 欲望のめざめ』)

女の怖さを知っているのは男より女だと思う。女はいつか敵になるかもしれないのになぜ ...

8
悠久の流れ長江・何度も巡り合う男と女(映画『長江 愛の詩』)

中国・長江。 世界の三大河川に数えられるこの河は全長3600キロ。中国を横断する ...

9
岐阜新聞映画部の新たな企画はアート&加藤るみ

岐阜新聞映画部の2018年最初のイベントと次のイベントが発表になった。 今年は新 ...

10
未来につながる映画を(映画『センターライン』下向拓生監督インタビュー・前編 Mirageなお客様その⑤)

自動車技術は日々進化している。 自動運転はまだまだ先のことと思っていたがCMでも ...

11
未来につながる映画を(映画『センターライン』下向拓生監督インタビュー・後編)

映画『センターライン』 下向拓生監督へのインタビュー後編をお送りする。 前編はこ ...

kenen1 12
兄弟(姉妹)だから色々あって面白い(映画『犬猿』吉田恵輔監督インタビュー)

一人っ子の私は兄弟がいる人たちを羨ましく思っていた。 絶対に勝てない親子喧嘩より ...

13
ラーメンマニアの上を行く。その名もラーメンヘッズ(映画『ラーメンヘッズ』)

日本人は世界中のどこの国よりもラーメン好きだ。 手軽で美味しい。その一杯のために ...

14
求めあう心に導かれて(映画『風の色』)

「もう一人の私は北海道で流氷を見ている。」 恋人のゆりが意味深な言葉を残し、自殺 ...

15
『悪と仮面のルール』玉木宏インタビュー「幸せの感覚」

この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために 創られた存在だと父から告げられ ...

16
『牙狼〈GARO〉神ノ牙-KAMINOKIBA-』名古屋舞台挨拶レポート

映画『牙狼〈GARO〉神ノ牙-KAMINOKIBA-』の公開記念舞台挨拶が 1月 ...

17
あなたの人生このままでいいですか?(映画『ルージュの手紙』レビュー)

酒も飲まず、恋愛もしない。 仕事と子供のために生きてきた女性の元に 思いもよらぬ ...

18
CINEX映画塾 第15回 『米国が最も恐れた男~その名は、カメジロー~』トークショー レポート

CINEX映画塾 第15回 『米国が最も恐れた男~その名は、カメジロー~』 佐古 ...

19
CINEX映画塾 第14回『こいのわ 婚活クルージング』トークショーレポート

CINEX映画塾 第14回『こいのわ 婚活クルージング』 及川奈央×益田祐美子プ ...

20
一本の糸からつながる世界(映画『YARN 人生を彩る糸』)

冬になると得意ではないのに編み物をやりたくなるのはなぜだろう? 一本の毛糸を編む ...

21
オペラで彩られるモーツァルトを描く新たな作品(映画『プラハのモーツァルト』)

  ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト。 作曲家としてあまりにも ...

22
知多半島映画祭2017 レポートその1 『あのまちの夫婦』

11月19日に知多半島映画祭2017が東海市芸術劇場大ホールで開催された。 7年 ...