Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

EntaMirage! Entertainment

涼夏のこれが今ツボ。その① 怒涛の鹿賀丈史週間

ミュージカルの役者さん大活躍中

最近はミュージカルで活躍されている役者さんが
テレビで活躍する姿をよく見ます。
歌番組、ドラマ…。

『真田丸』でも新納慎也さん、新妻聖子さん、元劇団四季の栗原英雄さん。
劇団四季といえば先日下村青さんもドラマデビュー。

この夏のクールはそういえば石丸幹二さんを3つのドラマで見ていたっけ。
『沈まぬ太陽』(WOWOW)、『営業部長 吉原奈津子』(フジテレビ)、
『水族館ガール』(NHK)。
(水族館ガールの課長がお茶目で一番よかったと…。)
そういえば秋クールも『忠臣蔵の恋』に出ておられる…。すごい。

四季出身の役者と言えば。
今回がラスト『ミス・サイゴン』の市村正親さんや鹿賀丈史さんも。

一時期、鹿賀さんを見ないなあと思っていた時があり。
石丸幹二さんの『ジキル&ハイド』を見に行く上で復習しようと聞いていた
鹿賀さん版の『ジキル&ハイド』ハイライト版を聴いては
鹿賀さんのお芝居また見たいなあと思っていたのでした。
(日本での『ジキル&ハイド』初演は2001年。ハイライト版は2003年版。
2012年よりキャスト一新で石丸幹二さんに引き継がれています。)

鹿賀さんの出演作品は色々あるけれど。

鹿賀丈史さんというと皆さんはどういうイメージなのでしょう?
『料理の鉄人』でパプリカをかじっているイメージの人は
それなりに多いと思うのですが、
私が鹿賀さんを認識したのは大河ドラマ『翔ぶが如く』ぐらいからで
劇団四季の看板俳優だったことや
『レ・ミゼラブル』の伝説のダブルキャストのことは
後から知りました。

『翔ぶが如く』の大久保利通で認識した頃
担任の先生がいたく感動したと言って
持ってきたパンフレットが『レ・ミゼラブル』。
ジャン・バルジャンは鹿賀さんと滝田栄さん。
エポニーヌは島田歌穂さん。
マリウスが岐阜のスター野口五郎さんという
今思えば初期の豪華キャストなメンバーだったわけで。

鹿賀さんの映画と言えば『麻雀放浪記』だと思うのですが
私の記憶に強く残っているのは『さすらいのトラブルバスター』。
山城新伍さん演じる上司に
これを片付けたら元の部署に戻してやると言われて
会社のお困りごとを秘密裏に処理する
左遷されたディレクター宇賀神を演じています。
イメージでいうと『特命係長 只野仁』のお色気少な目版。
(いまだったら2時間ドラマで作られるかなという。
テレビで見たのでてっきりドラマだと思っていた作品です。
そういう作品ありませんか?)

 

いつからか2枚目から2枚目半路線を行き来していて
それが魅力でもあって。お茶目な部分も素敵な部分も
両方見られて2度美味しい。
『振り返れば奴がいる』の中川外科部長、『静かなるドン』の鳴門
『ジョーカー 許されざる捜査官』の井筒課長あたりは
いまだに好きな作品です。
(なんかつかめないところがあるキャラですね、3つとも)

まもなく公開の『デスノート Light up the NEW world』は
10年前の『デスノート』の続編で
見に行く前にやはりもう一回元々の『デスノート』を見ておきたいと思っています。
見ておいた方が面白いはずですし。
(映画もミュージカルでも夜神総一郎を演じているのが鹿賀さん)

なぜ今鹿賀さんのことをこんなに書いているかというと
怒濤の出演ラッシュになるから。

もう少しバラけてもいいんじゃない?
と思ったくらいの怒涛の出演週間

今度はどんな役で登場してくださるのかと
待っていたら、いっぺんに来た!

ということで以下ラインナップ。

9月30日(金)
湊かなえ×TBS ドラマ特別企画
往復書簡~十五年目の復習
http://www.tbs.co.jp/ofukushokan/

10月5日(水)
地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子
http://www.ntv.co.jp/jimisugo/

10月8日(土)
とげ 小市民 倉永晴之の逆襲
http://tokai-tv.com/toge/

 

まとめて来すぎてきっとファンの方はチェックが大変ですが
嬉しい悲鳴だと思います。

年始のNHKの『富士ファミリー2017』、『相棒 ‐劇場版Ⅳ‐』もあるので
楽しみにしています。

-EntaMirage!, Entertainment

おすすめの記事はこれ!

kibaiyanse7 1
映画『きばいやんせ!私』武正晴監督、坂田聡さん、眼鏡太郎さんインタビュー&舞台挨拶レポート

映画『きばいやんせ!私』の舞台挨拶が名古屋のセンチュリーシネマで行われた。 『き ...

yukiguni1 2
カクテルとバーテンダーの人柄からうまれるBARという空間(映画『YUKIGUNI』)

明治時代に海外から日本に伝わり、時間をかけて日本で愛される飲み物になったカクテル ...

together1 3
ヒーローが役目を終える時、真のストーリーが始まる(映画『さらば大戦士トゥギャザーV』松本純弥監督インタビュー)

3月23日から1週間池袋シネマ・ロサで上映される『さらば大戦士トゥギャザーV』。 ...

zan6 4
第27回CINEX映画塾『斬、』池松壮亮さん×塚本晋也監督トークショー レポート

岐阜で良質の映画をと岐阜新聞映画部が企画し、出演者、監督などのトークと一緒にお届 ...

kazokuwari1 5
映画『かぞくわり』塩崎祥平監督×弓手研平さん 名古屋舞台挨拶レポート

名古屋・名演小劇場で絶賛公開中の映画『かぞくわり』。2月28日上映後には劇中の絵 ...

kazokuwari1 6
歴史が残る奈良で今の家族のあり方を見つめる(映画『かぞくわり』塩崎祥平監督インタビュー)

中将姫が出てくると聞いたのがこの映画を観るきっかけだった。岐阜市には中将姫誓願桜 ...

bokuiko_o7 7
ぼくいこ公開記念 大垣試写会 宮川サトシさん×大森立嗣監督トークショー公開!

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』の試写会が2月3日映画の撮影 ...

bon1 8
受け継がれる唄と共に生きる(映画『盆唄』)

2011年の東日本大震災からまもなく8年。震災後の人々を描く新たなドキュメンタリ ...

nekkojii3 9
猫との撮影の裏側を聞く(映画『ねことじいちゃん』立川志の輔さん、岩合光昭監督インタビュー)

心が温まるコミック『ねことじいちゃん』が実写化。監督は猫を撮らせるならこのひと。 ...

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。
2019年2月22日(金)全国順次ロードショー 配給:アスミック・エース 10
お母さんへの愛があふれとるよ、この映画(映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』大森立嗣監督インタビュー)

岐阜が舞台の作品がまた一つ出来上がった。 岐阜と言えばアニメというイメージが強い ...

kazokuwari1 11
歴史が残る奈良で今の家族のあり方を見つめる(映画『かぞくわり』塩崎祥平監督インタビュー)

中将姫が出てくると聞いたのがこの映画を観るきっかけだった。岐阜市には中将姫誓願桜 ...

DSC_0058 12
役者も観客もしびれるとがった作品をー『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』三上博史&宅間孝行監督インタビュー

1月18日から公開中の『LOVEHOELに於ける情事とPLANの涯て』。 昔のレ ...

DSC_0055 13
岐阜ふらっと探訪②‐思い出の釜めしに偶然出会う‐

釜めしって味加減とか火加減とかがとても難しい食べ物だと思う。 小さな頃、母が若い ...

zan 14
CINEX映画塾に池松壮亮さん登壇決定!(第27回CINEX映画塾『斬、』上映&トークショー)

2019年1回目の「CINEX映画塾」となる第27回目CINEX映画塾の追加ゲス ...

15
閉店を前に感謝祭を開催ー大須・シアターカフェ

2012年4月に大須にオープンしたシアターカフェは映画を製作する人々にとって大切 ...

uchi3 16
88歳、70年前に戻る旅(映画『家へ帰ろう』)

人生の終わりが見えて来たとき、人生を振り返り、やり残したことをやろうとする人は多 ...