Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

半田蔵

EntaMirage! Movie

知多半島映画祭2016レポート その①

2016/10/08

第6回知多半島映画祭無事閉幕しました。
今回は進行のお手伝いをメインにしておりまして
開演前の場内アナウンスぐらいしか話しておりません。
後は写真を撮ったり、コンペ部門の監督と打合せしたり…。

またいつか司会として登場することも
あるはずです。呼んでください。

ということで映画祭の裏側にいた涼夏が
映画祭をレポートいたします。
(なのでトーク全部は把握していないものもあり、完ぺきではありません。
間違っている箇所があればご指摘ください。
作品レビューも入ったりしますがお付き合いください。)

 

招待作品は落合賢監督の『Dance!Dance!Dance!』

招待作品は落合賢監督の『Dance!Dance!Dance!』
ディーン・フジオカさん、森川葵さん、伊藤歩さん出演の短編です。
中部地区初上映ということで
東京、関西、遠くは中国地方の方にまで
半田にお越しいただけました。
「僕、ロスから来たんですけどそれより遠いという方はいませんね。(笑)」
映画祭のためにロスから来てまた帰っていくという。
落合監督かっこいい…。

音楽も多い作品ですが原案はベルギーのアーティスト。
(ArsenalのHendric Willemyns)
コンサートで流す映像を作るというのがきっかけだったとか。
『NINJA THE MONSTER』で共演したディーンさんと森川さんを
紹介したところ気に入って下さって
そのままお二人の起用になったそうです。

ゆうばりファンタスティック映画祭ではロングバージョンでしたが
今回は25分のショートバージョン。
それでも落合監督の美しい映像がたくさん出てきます。
夜の深さは『太秦ライムライト』でも『消しゴム屋』でも
すごいなと思ってみていましたが今回も独特。
夜があるから白が映える。
音楽方面でも活躍するディーン・フジオカさんにぴったりの
役だったのではないかと思います。

知多半島映画祭は監督のホームグラウンド?

落合監督は知多半島映画祭の1回目、3回目に
コンペ部門で作品を出品しています。
1回目がグランプリ、3回目が準グランプリ。
ということでおかえりなさいな感じもあって
映画祭スタッフとも大変気さくに接していただけますし
よく映画祭のことを知っておられまして
色々フォローしてくださるのです。
3回目のコンペ部門の司会は私がやっていたのですが
落合監督も顔を覚えていてくださいました。
(顔の印象が薄いもので、なかなか覚えてもらえません。)

時間稼ぎにステージに出てお話ししてくださるし、
抽選会のときにはちゃんと商品毎に引いた番号を
分けておいてくださっているし。
運営は大学生中心のボランティアスタッフでやっているので
てんやわんやなのですが
足らないところを補っていただけました。
(本当はこれじゃダメなんですが。)

左:司会の松岡ひとみさん 右:落合賢監督

 

トークショーではディーン・フジオカさんのこと、
先日のスピルバーグ監督の授業を受けたと
話していたインタビューのことなど沢山質問が出ました。
新作のこともちらっとお話しされていましたが、
来た方の中だけの秘密ということで。

最近見た映画では『君の名は。』を絶賛されていました。

観客からの質問も多数。あれ?

水中のシーンについて聞きたいという細かい質問をしたのは…。

あれ?この方何か『9係』とか先日の『侠飯』とか
『スカッとJAPAN』とかで見たことあるような…。
はい。津田寛治さんです。

津田さんはコンペ部門に監督として出品されていて
会場で全部の作品を見ておられました。
映画が本当にお好きなんです。
津田さんの作品の話はまた別の記事にて。

 

落合監督の気配り。
それはDVDプレゼントの抽選にも。
今回はディーン・フジオカさんと落合監督のサイン入りのDVDを
1名様にプレゼントしてくださったんです。
ただ単純な抽選ではなく知多半島にちなんだクイズも出題されるという。

午後のコンペ部門の作品もしっかり鑑賞されて
グランプリ発表の前に総合的な感想をいただけました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サイン会&撮影会開催

そんな監督ですから招待監督初のサイン会&撮影会が
急遽行われることに。
長蛇の列となっておりました。

もう今頃ロスでお仕事されているのだろうと思います。
ありがとうございました。
また知多半島映画祭にも戻ってきてくださいね。

ということでレポはお昼からのコンペ部門へ。
レポート②へ続く。

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

kobani 1
ラジオ・コバニ 戦地の中の放送局(映画『ラジオ・コバニ』)

94.3Mhz ラジオ・コバニが街を取り戻す 94.3Mhz でオンエアされるラ ...

kimikyori 2
地球の裏側のきみに恋して(映画『きみへの距離、1万キロ)

好きな人は地球の裏側。しかも恋人もいて…。 あらすじ 北アフリカの砂漠地帯にある ...

©2018「孤狼の血」製作委員会 3
東映実録路線を引き継ぐ妥協のない作品(映画『孤狼の血』)

ここまで今の日本でよく作ったと思える映画だった。熱き男達の闘い。それは昭和の時代 ...

IMG_20180503_085253 4
第17回CINEX映画塾開催決定!『ソナチネ』上映&柳島克己トーク

第17回CINEX映画塾の開催が5月12日に決まった。 今回は場所が岐阜CINE ...

5
篠原哲雄監督、文音さん登壇 映画『ばぁちゃんロード』名古屋舞台挨拶レポート

映画『ばぁちゃんロード』の舞台挨拶が4月21日名古屋名演小劇場で開催された。 篠 ...

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 6
CINEX映画塾第16回『一陽来復 Life Goes On』トークショーレポート

第16回CINEX映画塾『一陽来復 Life Goes On』上映と尹美亜(ユン ...

7
第1回加藤るみと映画館で会いましょう レポート

2018年3月17日、岐阜新聞映画部が企画したイベントが新たにスタート。 『加藤 ...

8
みんなが僕のストレージ(映画『クソ野郎と美しき世界』名古屋舞台挨拶レポート)

映画『クソ野郎と美しき世界』公開記念舞台挨拶が名古屋ミッドランドスクエアシネマで ...

IMG_20180205_115556 9
中川運河の魅力を伝える短編集(『Filmusic in 中川運河・秋』)

名古屋都市センター【中川運河助成ARToC10】の助成事業として製作されている短 ...

dav 10
自分の心の中を見たら(『ミュージカル ジキル&ハイド』)

ミュージカル『ジキル&ハイド』 2018年3月25日(日) 13:00  名古屋 ...

11
今を、そしてこれからを生きる(映画『一陽来復 Life Goes On』)

東日本大震災から6年。 6年という月日が早いのか遅いのか。それは人それぞれ感覚が ...

12
映画『レオン』名古屋初日舞台挨拶レポート

映画『レオン』公開初日舞台挨拶が名古屋ミッドランドスクエアシネマで行われた。 こ ...

@2017 ASESORIAS Y PRODUCCIONES FABULA LIMITADA; PARTICIPANT PANAMERICA, LCC; KOMPLIZEN FILM GMBH; SETEMBRO CINE, SLU; AND LELIO Y MAZA LIMITADA 13
あなたが愛した私でいたい(映画『ナチュラルウーマン』)

前情報は全く入れずに鑑賞し始めた映画『ナチュラルウーマン』。 ナイトクラブで歌う ...

ビガイルド 14
女の園に男が一人。さて何が起こる?(映画『ビガイルド 欲望のめざめ』)

女の怖さを知っているのは男より女だと思う。女はいつか敵になるかもしれないのになぜ ...

15
悠久の流れ長江・何度も巡り合う男と女(映画『長江 愛の詩』)

中国・長江。 世界の三大河川に数えられるこの河は全長3600キロ。中国を横断する ...

16
岐阜新聞映画部の新たな企画はアート&加藤るみ

岐阜新聞映画部の2018年最初のイベントと次のイベントが発表になった。 今年は新 ...

17
未来につながる映画を(映画『センターライン』下向拓生監督インタビュー・前編 Mirageなお客様その⑤)

自動車技術は日々進化している。 自動運転はまだまだ先のことと思っていたがCMでも ...

18
未来につながる映画を(映画『センターライン』下向拓生監督インタビュー・後編)

映画『センターライン』 下向拓生監督へのインタビュー後編をお送りする。 前編はこ ...

kenen1 19
兄弟(姉妹)だから色々あって面白い(映画『犬猿』吉田恵輔監督インタビュー)

一人っ子の私は兄弟がいる人たちを羨ましく思っていた。 絶対に勝てない親子喧嘩より ...