Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

EntaMirage! Movie 岐阜推し!

ふたつのぶつかる主張を見つめた先で(映画『おクジラさま ふたつの正義の物語』)

2017/11/16

岐阜新聞映画部主催で開催されているCINEX映画塾も
今回で第13回。
ゲストに『おクジラさま ふたつの正義の物語』
佐々木芽生監督を迎え11月11日に開催された。
本作品の配給をしているである
岐阜出身の増田英明さんが聞き手と進行役で登場。
50分を越えるトークの一部をお届けする。

岐阜CINEXの客席の年代層は様々。
観客から質問を受けて監督が答えるティーチイン方式の時間でも
沢山の質問が挙がった。

クジラは人類共有の財産

増田さん
「ではご挨拶をお願いします。」

佐々木監督
「岐阜は海に面していない県ですが今日は興味を持って見に来てくださって
本当にありがとうございます。
IWC(国際捕鯨委員会)には現在87か国加盟していますが、
そのうち捕鯨をして何百頭も捕獲しているのは3か国だけです。
それは日本とノルウェーとアイスランドです。
IWCには海に面していない国もあります。
いつの間にかクジラは人類共有の財産だから捕っている国だけに
任せておけない、守りたいと思っているわけです。
今日はよろしくお願いいたします。」

話題はまだ数日前にニューヨークから帰ってきたという監督の経歴から。

増田さん
「監督の経歴を簡単に教えてください。」

佐々木監督
「北海道出身です。
高校時代に海外に留学したりしました。大学は東京で
映画会社に就職したんですが体を壊して辞めまして。
インドを放浪して、ニューヨークに行きつき、
住むつもりはなかったんですがニューヨークに住んで
かれこれ30年ぐらいになります。」

増田さん
「撮影するに至った経緯は?」

佐々木監督
「アメリカで捕鯨の話題になると大体反捕鯨の立場で語られます。
日本がひどいことをしているというグリーンピースが撮った映像を使用して、
彼らが主張している内容をそのまま報道番組で流しているんです。
私も仕事で捕鯨を扱った番組を納品することがあり、
何でこんなにほぼ100%と言っていいほど世論が反捕鯨なのか
不思議で仕方なかった時に映画『ザ・コーヴ』が公開されました。
非常に良くできた映画なんです。
こんなひどいことをしていいのかと思わせる内容なんですね。
考え方が一方的だし、作り手の主張をグイグイ推してくる。
私が嫌だなと思ったのはドキュメンタリー映画というのは影響力が
大きいんです。世論を動かすような力を作品によっては持っている。
映画の内容は日本人への偏見で全く日本人の自然観や食文化とか
伝統は理解されていないわけです。」

佐々木監督
「映画『ザ・コーヴ』は自分達が正義だと主張しています。
ハリウッド最先端の技術とスタッフを使って数億円という
ドキュメンタリーとしては破格の製作費用を使ってカメラを向けた先は
人口3千人の日本の漁師町の猟師達でした。
すごく力の差を感じまして嫌だなあと。これはまずいんじゃないかと。
嫌だなと。そう考えている内にこの作品はアカデミー賞を獲って。
でも日本からは全く反論がなくて。有効な反論は聞こえて来ませんでした。
このテーマはいろんな所に地雷が埋まっているような感じで
賛成と言っても反省と言っても逆の意見側から攻撃されるしと思いながらも
ずっと気になっていたんです。」

イルカとクジラはたくさんの種類が生息している

増田さん
「クジラとイルカってあんなに種類があるものなんですね。
4メートル以下のものをイルカ、4メートル以上のものをクジラと言うんですね。」

佐々木監督
「そうなんです。1970年代に「Save The Whale」キャンペーンが
大々的に繰り広げられたんですが
名称に「The」をつけるとクジラを一種類しかないものという
印象を受けます。編集してくれたアメリカ人の女性も
クジラもイルカも1種類だと思っていました。
これがこのキャンペーンのうまいところなんですね。
その一種類しかいないクジラがとても賢くて絶滅危惧種なのに
日本はそれを捕まえているからけしからんという話になっているんですが
実は正確に認められているもので86種類はいるんです。
ヒゲクジラとハクジラという種類分けられます。
イルカはハクジラに分類される肉食なので食べた魚が持っている
水銀が体にたまるというのが問題になったわけです。

欧米人にとっては家畜動物というのは再生産可能で
動物の命があるという考えがなくて食糧資源だと思われていました。
最近は家畜動物でも命があると考えられるようになってきているんですが。
クジラやイルカは世界を回遊している野性動物でしかも
賢い偉大な動物なのに日本近辺を回遊したからといって
獲っていいわけがない、食べないでほしいというのが
反対側の主張です。」

増田さん
「過激になるとサンママグロも同じことが言えますよね。」

佐々木監督
「そこまではまだ来ていませんが。
賢いから守るという考え方は日本では不公平だと感じますよね。
日本では八百万の神がいて万物に宿る。
それは山や草木や生き物にも宿るわけで人間はその中のひとつであり
魂はどれも平等だという考えが広く伝わってきている。
人間が優れているという考えではないわけですが
ユダヤ教やキリスト教では人間中心主義で自然界のヒエラルキーは
人間がトップに立っている。人間だけが理性を持っていて賢いので
動物を支配してもいいと唱えられてきました。
ただそれについては何度も学者の中で議論が繰り広げられて
人間に近い動物、群れを作るような社会性のある動物を保護していこうと
いうことになりクジラやイルカ、キリンやゾウ保護されたわけです。
クジラは群れはしないんですけど。」

左:増田プロデューサー 右:佐々木監督

左:増田プロデューサー 右:佐々木監督

佐々木監督

「ですから太地町で捕っているのはイルカなんですね。
ただ太地町で捕っているイルカは映画の中でも説明していますが
絶滅危惧種ではありません。
知らない人たちはクジラとイルカが同じものということも知りませんし、
こんなに種類がいることも知りません。
ですからある一つのくじらやイルカが絶滅危惧種となったために
太地町で捕っているものは絶滅危惧種だと思い込んでしまうんですね。
そのあたりは全く『ザ・コーヴ』では説明されていません。」

観客より
「アメリカでは牛を食べることをどう思っているんですか。慰霊はしないんでしょうか。」

佐々木監督
「欧米では牛は家畜なので慰霊はしません。
「いただきます。」と言ってご飯を食べ始めますが
日本ではそれは命を与えてくれた生き物自体への感謝で言っています。
キリスト教やイスラム教も食べる前にお祈りはしますがこれは神に対してなんです。
自分の著書にも書いたんですが、どっちの考えが正しいとかではなくて
根本的に自然観とか動物との共存の考え方が
キリスト教的な考え方の国と八百万の神を信じる神道や仏教の混ざった国では
違うと思うんです。
欧米ではなるべく牛に痛みのない死をと考えて今は体制を
取っているそうですが、日本の捕鯨もそれは考えてこなかったわけではないんです。
太地町でのイルカの殺し方についても『ザ・コーヴ』で隠し撮りされたような
酷いやり方をしていたのは本当にあれが最後ぐらいのもので
今は映画の中で語られていたなるべく痛みのない方法に
変わっています。」

実は一日で起こった出来事

増田さん
「どれぐらいの時間撮影していたんですか?」

佐々木監督
「撮影した時間は6年ですが2010年だけで
テープが65本あったので65時間ほどあります。
右翼団体に勘違いされていた中平さんが現れて
スコットに話し合いをしようと言ったり、警察が来てルールだけでなく礼儀も守れと
話していたのも同じ日2010年の11月のある1日なんです。
キャストが濃いので、キャスティングしたんですかと聞かれますが違います。
全くこちらはそんなつもりはなく、カメラを回していました。
長い時間テープを回すのはそういう出来事が来る瞬間を収めるために回しています。
IWCに行って取材した部分もあるんですが今回は一切入れずに編集しました。」

観客より
「ジェイさんの思いは監督の思いと重なるのではないですか?」

佐々木監督
「鋭い質問ですね。ジェイと出会ったのは2014年です。
太地町に住んでいる外国人がいると聞いてお会いしました。
話をしているうちにあの2010年の話し合いの会議にも出ていたということを知り、
テープを探したところバッチリ映っていたんです。
膝を引きずって歩いているところまで。
ドキュメンタリーは公平な立場で現状を伝えなければいけない。
そして見る人たちのナビゲートになるような人がいなければいけない。
始めは私が語りでナビゲート役として入ることも考えたんですが
ジェイにあって、ジェイにその役割を担ってもらおうと思いました。
見た方から「合わせ鏡みたいだね。」と言われたことがあって。
そうだなと思うんです。立場が逆なんです。
私は日本人で長く海外に生活していてジェイはアメリカ人なのに長く日本に住んでいる。
お互いの考え方がわかる人間としては
この今の状況をどうにかしてあげたいという考えが一致していました。」

グローバリズムとローカリズム

観客より
「ジェイが作品の中で話しているこの太地町のようなコミュニティが
なくなることの方が悲しいと言っています。
これは監督がこの作品に込めた思いでもありますか。」

佐々木監督
「この映画の中で対立構造があるとしたら
欧米と日本とかそういうわけではなくグローバル対ローカル。
これは今世界中で問題になっていることなんです。
ローカル側の声というのはグローバルな所、情報のネットワークには
なかなかあがってこない。SNSや動画を使って自分達の思いを伝えることが
苦手なんですよね。発信できなくて思いがかき消されてしまう。
そういう状況が世界中にはたくさんあります。
そういうことがある現状を伝えたくてこの作品に込めています。」

上映後ロビーにて 作品ポスターと佐々木監督

上映後ロビーにて 作品ポスターと佐々木監督

この映画は物事をある一面から見て一方的に主張しているものを
鵜呑みにしてはいけないことを教えてくれる。
相手はどう思っているのか。双方の間で冷静な目で真実を見極める
必要があることを教えてくれる。
SNSで流れて来る内容は本当のことなのかどうか
判断するのは私達自身だ。
伝統は受け継がれていく。人々の興味はいつしか違う場所に向かう。
「町のことは町に住む人間で決める」
と町長が答えた小さな町は揺さぶられながら新たな道も探り始めている。

『おクジラさま ふたつの正義の物語』(http://okujirasama.com)は
岐阜CINEXで11月24日まで上映中。
11月25日からは太地町の隣である新宮市のジストシネマ新宮と
和歌山市のジストシネマ和歌山でも上映される。

映画の内容をさらに詳しく知りたい方は佐々木監督の映画と
同名の著書もチェックしてみてほしい。

-EntaMirage!, Movie, 岐阜推し!
-

おすすめの記事はこれ!

yuuko5 1
第55回CINEX映画塾『由宇子の天秤』春本雄二郎監督トークレポート

第55回CINEX映画塾『由宇子の天秤』が11月13日、岐阜CINEXで行われた ...

handa8 2
『劇場版 1979 はじまりの物語 はんだ山車まつり誕生秘話』愛知・岐阜先行公開記念舞台挨拶レポート

映画『劇場版 1979 はじまりの物語 はんだ山車まつり誕生秘話』の愛知・岐阜先 ...

umekiranu 3
ずっと二人で生きてきた親子の絆と世間の目(映画『梅切らぬバカ』)

毎日同じ時間に起きて、同じ時間にご飯を食べ、同じ時間に出かける。そんな息子との生 ...

nobutora 4
信玄に追放された男が武田家存続を目指して突き進む!(映画『信虎』)

武田信虎という武将をご存じだろうか。戦国武将・武田信玄の父で、横暴さが目に余り、 ...

yamamuradir 5
第54回 CINEX映画塾 山村浩二監督短編作品7本上映 トークショーレポート 

第54回CINEX映画塾が10月2日岐阜CINEXで開催された。 山村浩二監督特 ...

aruki11 6
映画『歩きはじめる言葉たち~漂流ポスト3.11をたずねて~』名古屋公開記念舞台挨拶レポート

映画『歩きはじめる言葉たち~漂流ポスト3.11をたずねて~』の公開記念舞台挨拶が ...

aruki2 7
伝えたい気持ちを抱えて(映画『歩きはじめる言葉たち~漂流ポスト3.11をたずねて~』)

佐々部清監督の突然の訃報はとにかく信じられなかった。実のところ、今でも 「新作の ...

ONODA_3 8
生きろという命令に従った30年(映画『ONODA 一万夜を越えて』

15年ほど前、テレビでオンエアされた実録ドラマを観て、小野田少尉の長い戦争を知っ ...

IRON_D18_LD_193.ARW 9
最高機密を運ぶのは一介の英国セールスマン(映画『クーリエ 最高機密の運び屋』)

役作りには余念がないベネディクト・カンバーバッチが主演と聞いたら観ないわけにはい ...

東海林毅監督 10
映画『片袖の魚』名古屋シネマテーク 東海林毅監督 舞台挨拶レポート

映画『片袖の魚』の上映が名古屋シネマテークで9月18日から始まった。 この作品は ...

bokutokanonjyotomain 11
ラリーを通して繋がる人々の輪(映画『僕と彼女とラリーと』森崎ウィンさん インタビュー)

WRC(FIA 世界ラリー選手権)をご存じだろうか。 今年11月に愛知県豊田市、 ...

yuuko1 12
正義とは?真実とは?現代の問題をえぐり出し、訴えかける作品がいよいよ日本凱旋!(映画『由宇子の天秤』)

報道とは報せる道と書く。テレビ、新聞、雑誌、本がそれにあたり、文字通り様々な出来 ...

rinjin 13
諜報員、大統領候補の生活を盗聴する(映画『偽りの隣人~ある諜報員の告白』)

日本では昨今韓国の文化が人気だ。ファッション、グルメ、アイドル、ドラマが日本のト ...

dotefu 14
映画『土手と夫婦と幽霊』名古屋舞台挨拶レポート

映画『土手と夫婦と幽霊』の初日舞台挨拶が名古屋シネマスコーレで行われ、星能豊さん ...

1630987203131 15
星能さん、ちょっと聞いてもいいですか?(映画『土手と夫婦と幽霊』星能豊さんインタビュー)

  インディーズで作品を作り続けてきた渡邉高章監督の中編『土手と夫婦と ...

watasinotonari2 16
【岐阜推し】映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』堀江貴大監督インタビュー

漫画家夫婦、5年目の危機。 妻の新作のテーマは不倫。しかもどう読んでも自分たちの ...

hamanoasahimain 17
タナダユキ監督最新作は嘘から始まった南相馬の映画館を立て直す人たちの物語(映画『浜の朝日の噓つきどもと』)

『百万円と苦虫女』、『四十九日のレシピ』や『ロマンスドール』のタナダユキ監督によ ...

ala2021_1 18
アーラ映画祭2021 ラインナップ発表!今年は5日間8作品。

岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催されるアーラ映画祭2021の全ラインナッ ...

maria1 19
原爆投下後の長崎で生きる人々を描く(映画『祈り-幻に長崎を想う刻(とき)-』)

日本には忘れてはならない過去がある。 1945年8月。広島、長崎に原子力爆弾が落 ...

IMG_20210728_134155 20
あいち国際女性映画祭2021ラインナップ発表 今年は9月2日~9月5日

あいち国際女性映画祭2021の記者発表が7月28日ウィルあいちで行われ、映画祭の ...

Bittersand3 21
映画『Bittersand』井上祐貴さん、溝口奈菜さん、搗宮姫奈さんインタビュー

映画『Bittersand』の公開記念舞台挨拶が名古屋・伏見ミリオン座で行われた ...

bokukimi 22
人を思う心は壁を超える(映画『僕が君の耳になる』)

「僕が君の耳になる」という曲をご存知だろうか。ボーカル&手話パフォーマンスグルー ...

nosari10 23
映画『のさりの島』名古屋上映初日舞台挨拶レポート

映画『のさりの島』名古屋上映初日舞台挨拶が6月19日、名古屋・名演小劇場で行われ ...

rika2 24
映画では空飛ぶ純愛モンスター。空を飛ぶのは楽しい!?(映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』高岡早紀さんインタビュー)

第2回ホラーサスペンス大賞を受賞し、累計65万部を突破した五十嵐貴久氏の人気サイ ...

©2020「名も無い日」製作委員会 25
名古屋を舞台に製作されたある家族の物語(映画『名も無い日』日比遊一監督インタビュー)

愛知県名古屋市発信の映画『名も無い日』。 記者発表から3年。満を持して公開された ...

blueheaven8 26
岐阜は大好きな場所なんです(映画『ブルーヘブンを君に』由紀さおりさんインタビュー)

岐阜を舞台にブルーヘブンという青いバラの交配に成功した女性が自身の新たな夢を見つ ...

hutuu 27
誰にでも普通の生活を送るという権利はある(映画『普通に死ぬ~いのちの自立~)』

昨年あいち国際女性映画祭で上映されたドキュメンタリー『普通に死ぬ~いのちの自立~ ...

hati1 28
映画『ハチとパルマの物語』岐阜 公開記念舞台挨拶レポート

映画『ハチとパルマの物語』上映記念舞台が5月30日岐阜大垣コロナシネマワールドで ...

nosari1 29
優しい嘘はいかが?今だからこそ『のさりの心』を伝えたい(映画『のさりの島』山本起也監督インタビュー)

熊本県島原市にある銀天街は昭和には沢山の人が集まる商店街だった。令和の今、シャッ ...

hati1 30
ロシア発。忠犬パルマと少年の友情と家族の物語(映画『ハチとパルマの物語』)

映画サイトCafe mirageでは地元岐阜で短編映画を上映するイベントMIRA ...

kurenazume1 31
あの夕暮れ時を仲間と見よう(映画『くれなずめ』)

成田凌、高良健吾、若葉竜也、藤原季節、浜野謙太、目次立樹と聞くと、ここ数年の映画 ...

Toff_Guys_Day_24_173.ARW 32
紳士=ジェントルメンの駆け引きが楽しめるガイ・リッチー監督の快作(映画『ジェントルメン』)

『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』、『スナッチ』、『シ ...

beach1 33
どこまでも自由と愛に生きる(映画『ビーチバム まじめに不真面目』)

ここまで自制心なく、欲望のまま正直に生きることが出来たら、清々しい。どこか羨まし ...

blueheaven1 34
映画『ブルーヘブンを君に』完成披露舞台挨拶レポート

映画『ブルーヘブンを君に』の完成披露舞台挨拶が 4月24日岐阜市の岐阜清流文化プ ...

©2020 “A Garden of Camellias” Film Partners 35
美しい映像の中にある家族の物語(映画『椿の庭』)

とても静かだが、心に残る映画に出会った。 美しい映像もさることながら、見終わった ...

ikiro3 36
沖縄戦時中の事実を知る (映画『生きろ 島田叡ー戦中最後の沖縄県知事』)

アジア太平洋戦争末期。すでに日本軍の敗色が濃厚だった1945年1月31日、一人の ...

sukutte1 37
金魚も彼女もすくいたい(映画『すくってごらん』)

映画紹介を耳で聴いてみませんか? stand.fmでCafemirage Rad ...

アーラ映画祭-1024x924 38
アーラ映画祭は3月20日から22日に開催!

アーラ映画祭が岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催される。 今回は3月20日 ...

main 39
『his』撮影地でドライブインシアター開催!

かつて恋人同士だった男性2人の8年ぶりの再会から物語がスタートする映画、『his ...

IMG_20210117_204050 40
コケシに捧げる愛の歌?(映画『コケシ・セレナーデ』)

2019 年初の長編自主映画となる『みぽりん』がカナザワ映画祭2019「期待の新 ...

minori1 41
第46回CINEX映画塾『実りゆく』田中要次さん×八木順一朗監督トークショーレポート

第46回CINEX映画塾『実りゆく』上映&トークショーが12月6日岐阜C ...

konosekai_chirashi 42
ポストホロコーストで残された人々を描く(映画『この世界に残されて』)

2020年米アカデミー賞国際長編映画賞ショートリストに選出され、ハンガリー映画批 ...

no image 43
明けましておめでとうございます!

Cafe Mirageの記事をご覧いただいている皆様   あけましてお ...

burai 44
昭和から平成。裏社会を生き抜いた男の物語(映画『無頼』)

さまざまなアウトサイダーたちの姿を一貫して描き続けてきた鬼才・井筒和幸監督の新作 ...

©2020『喜劇愛妻物語』製作委員会 45
第45回CINEX映画塾『喜劇 愛妻物語』足立紳監督・代情明彦プロデューサー トークレポート

第45回CINEX映画塾『喜劇 愛妻物語』上映&トークショーが11月28 ...

title1 46
女ってなんでしょうね。(映画『タイトル、拒絶』)

『タイトル、拒絶』というタイトルがまず気になった。 「ワタシの人生に、タイトルな ...

onkyo1 47
そこは奇跡が起きる場所(映画『音響ハウス Melody-Go-Round』)

ビートルズがアビーロードスタジオを愛し、あの横断歩道を渡る写真のアルバムを始め、 ...

honki4 48
第43回CINEX映画塾 『本気のしるし 劇場版』上映&トークショー レポート

第43回CINEX映画塾『本気のしるし 劇場版』の上映が岐阜CINEXで開催され ...

mrsnoisy1 49
隣人はどんな人?(映画『ミセス・ノイズィ』)

集合住宅に住めば必ずいる隣人。 隣人との良好な関係を保つのも、生活をする上で大切 ...

©2019「ばるぼら」製作委員会 50
映画『ばるぼら』は大人のファンタジー(映画『ばるぼら』手塚眞監督インタビュー)

彼女は魔女かそれともミューズか。 都会の片隅で耽美派の小説家・洋介が出会ったばる ...

royal3 51
ホテルローヤルを映像化。武正晴監督のこだわりとは?(映画『ホテルローヤル 武正晴監督インタビュー』)

ラブホテルとは日常から切り離された場所だ。一種の別世界。ここでの二人の時間は他人 ...

goze1 52
瞽女として生きた一人の女性の物語(映画『瞽女GOZE』)

日本には、盲人ながら三味線や胡弓を弾き唄い、巡業を生業とした女旅芸人がいた。「瞽 ...