Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

yuuko1

EntaMirage! Entertainment Movie

正義とは?真実とは?現代の問題をえぐり出し、訴えかける作品がいよいよ日本凱旋!(映画『由宇子の天秤』)

報道とは報せる道と書く。テレビ、新聞、雑誌、本がそれにあたり、文字通り様々な出来事を人々に報せる役割を果たしてきた。近年、情報インフラ、SNSなどの普及でそれらメディアだけではなく、インターネット上で誰もが自由に投稿する内容から私たちは情報を得る時代になった。その中には真実だけではなく、嘘の情報、誹謗中傷も含まれている。たくさんの情報の中から自身で真実を選ぶ時代になったとも言える。そしてふと思う。これまで私たちが日々見ていたニュースはありのままの姿で報道されていたものだろうか?自分たちの都合のいい視点で、真実が歪んだ形で伝えられていなかっただろうか。

世界三大映画祭の一つであるべルリン国際映画祭をはじめ、世界中の映画祭を席巻した『由宇子の天秤』がいよいよ日本凱旋。真実を明らかにしたいとドキュメンタリー制作する由宇子の姿が描かれていく。

あらすじ

3年前に起きた女子高生いじめ自殺事件を追うドキュメンタリー監督の由宇子は、テレビ局の方針と対立を繰り返しながらも事件の真相に迫りつつあった。そんな時、学習塾を経営する父から思いもよらぬ“衝撃の事実”を聞かされる。常に真実を明らかにしたいという信念に突き動かされてきた由宇子は、究極の選択を迫られる。ドキュメンタリー監督としての自分と、一人の人間としての自分。その狭間で激しく揺れ動き、迷い苦しみながらもドキュメンタリーを世に送り出すべく突き進む由宇子。最後に彼女を待ち受けていたものとは?

yuuko2

ドキュメンタリー撮影現場から見える日本の今

デビュー作『かぞくへ』が高く評価された春本雄二郎監督の新作は情報過多な社会を生きる私たちが抱える問題や矛盾を真正面から炙り出した。自浄作用のないマスコミの態勢、そこから生まれるドキュメンタリー製作の裏側にある製作者達の葛藤、SNSでの行き過ぎた個人攻撃、日本の格差社会が生んだ貧困。日本人が知っていながら見ないように蓋をしている問題を春本監督は一人のドキュメンタリー監督・由宇子の視点から私たちに訴える。

由宇子の取材を通して加害者家族、被害者家族の生活も描かれる。司法は赦しても社会は赦さない。本人だけではなく、家族も赦されない。ずっと身を隠して生きなければならない家族の姿は目に焼き付き、冒頭で聞こえるグリーンスリーブスが耳に残る。

そして、由宇子に青天の霹靂で襲いかかる父の衝撃告白。ドキュメンタリー取材で様々な人を追い続けたからこそ見えてくるこの先に起こる問題に、由宇子はどう動いていくのか。

yuuko3

春本監督は自身でキャスティングした役者陣と撮影前にしっかりとリハーサルをして臨んだ。

瀧内公美演じる主人公・由宇子は魅力的だ。眼差しは強く、まっすぐに突き進む。取材で加害者家族や被害者家族の話をそっと寄り添いながら聞く柔らかい雰囲気と何としても取材した内容を世に出したいという強い思いで取材に突き進むエネルギーを持ち合わせている。そのエネルギーはどこから来るのか。光石研演じる塾講師の父親との今までの生活は多くは語られないが、二人で生きてきた過去、二人だったからこそ踏ん張って生きてきた、そんな強さからにも見える。また由宇子の父親の塾生・萌役の河合優実、萌の父親役の梅田誠弘、加害者家族として登場する丘みつ子、被害者家族として登場する松浦祐也、由宇子のストッパーでもあり、よき上司で中間管理職的なポジション・富山役の川瀬陽太らがしっかりとこの作品の世界観を作り上げた。

タイトルにある“天秤”。この映画を見ながらギリシャ神話の正義の女神テミスを思い出した。テミスは正義、公正さを表す天秤を持っている。由宇子の心にある天秤は父からの告白以降、均衡を失い始める。何としても守りたいものが出来た時、真実を追い求めることが正義だと生きてきた人間は果たして正義のために真実を告げることが出来るだろうか。由宇子にとっての正しさとは何か。揺れに揺れた天秤は最後にどこで止まるのか。

yuuko4

春本監督は社会の問題を静かに、だが確実に私たちに投げかける。由宇子に降りかかったことは他人事ではない。由宇子の究極の選択をあなたはどう考えるだろうか?

映画『由宇子の天秤』https://bitters.co.jp/tenbin/は9/17よりユーロスペースほかで全国順次公開。東海3県では9/17より伏見ミリオン座、11/6より三重進富座で公開。

-EntaMirage!, Entertainment, Movie

おすすめの記事はこれ!

mikaeri1 1
見返りを求める男と恩を仇で返す女。その先にあるもの(映画『神は見返りを求める』)

タイトルを聞いたとき「神は見返りをもとめない」ものじゃないの?と思った。ただ、そ ...

MKE2022_24 2
3年ぶり開催!第9回MKE映画祭レポート

第9回MKE映画祭が6月18日岐阜県図書館多目的ホールで開催されました。 3年ぶ ...

PLAN75_1 3
生き続けていくことはいけないことか(映画『PLAN 75』)

少子高齢化社会となった日本には様々な問題がある。老老介護、孤独死、虐待という家庭 ...

huyusoubi9 4
映画『冬薔薇(ふゆそうび)』伊藤健太郎さん、阪本順治監督登壇名古屋舞台挨拶レポート

映画『冬薔薇(ふゆそうび)』の公開記念舞台挨拶が6月11日名古屋ミッドランドスク ...

kimiton 5
女子高生、日本の経済にもの申す!(映画『君たちはまだ長いトンネルの中』なるせゆうせい監督インタビュー)

2019年に発売されネット上で話題を呼んだ漫画「こんなに危ない!? 消費増税」を ...

officer1 6
自身の信念のもとに冤罪を暴く(映画『オフィサー・アンド・スパイ』)

捏造、冤罪。あってはならないのだが、どの時代にも起こる出来事だ。 フランスで起こ ...

otona_4 7
木竜麻生さん登壇!メ~テレ映画祭『わたし達はおとな』先行上映舞台挨拶レポート

今年開局60周年を迎える名古屋のテレビ局メ~テレは映画製作にも非常に力を入れてい ...

20soul1 8
今も受け継がれる神曲・市船Soul。それは魂がこもる大切な曲(映画『20歳のソウル』)

ある番組の吹奏楽の旅を観る度に号泣している。 私は決して吹奏楽部ではない。コーラ ...

haganeiro9 9
OUTRAGE×現代の若者 名古屋で生きる人達(映画『鋼音色の空の彼方へ』舞台挨拶レポート)

コロナ禍を経て、名古屋発の映画が奇しくも同じ日に2本公開された。一本は先日紹介し ...

mamoriya8 10
僕らの映画はここからはじまったばかり(映画『護り屋「願い」』舞台挨拶レポート)

名古屋発の映画が『護り屋「願い」』が5月20日に公開された。 映画『護り屋「願い ...

creatures 11
人気映画を支えてきた特撮、特殊効果のクリエイター達(映画『クリーチャー・デザイナーズ 特殊効果の魔術師たち』)

映画にはさまざまなジャンルがある。その中でも私たちを日常にはない興奮に誘ってくれ ...

received_2215697365258741 12
「灰色の家族」という台本(物語)が呼び覚ます忌まわしい記憶 KURAGE CLUB新作『灰色の家族』上映会開催

名古屋の自主映画団体KURAGE CLUBが新作『灰色の家族』の上映を5月22日 ...

sanka1 13
撮りたいという強い思いの結晶がいよいよ公開(映画『山歌』)

山の中を漂流して暮らす人々が戦後あたりまでいたことを知ったのは「やすらぎの刻」と ...

bokemasukara1 14
第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあさん』信友直子監督トークレポート

第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあ ...

ashitajyugyou6 15
『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 シアターカフェ 舞台挨拶レポート

『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 が4月30日から ...

Ngoutou1 16
映画『N号棟』公開初日 萩原みのりさん、後藤庸介監督登壇 舞台挨拶レポート

とある地方都市に、かつて霊が出るという噂で有名な団地があった。このとある地方都市 ...

sikei 17
阿部サダヲ×シリアルキラー榛村大和が更なる魅力を生む(映画『死刑にいたる病』白石和彌監督・阿部サダヲさんインタビュー)

白石和彌監督の作品にはいつも心を持っていかれる。 5月6日(金)から公開の新作『 ...

ashitajyugyou6 18
ゴールデンウィークに『あした、授業参観いくから』+安田真奈監督ショートフィルム選 上映 シアターカフェで

安田真奈監督とお会いしたのはあいち国際女性映画祭だった。 『36.8℃ サンジュ ...

cmoncmon 19
『パリ13区』『カモン カモン』モノクロの魅力を知りたい二作品

4月22日(金)公開の作品には偶然にもモノクロ映画が2作品ある。 『ジョーカー』 ...

sikei 20
白石和彌監督、阿部サダヲさん登壇! 映画『死刑にいたる病』名古屋先行上映舞台挨拶レポート

映画『死刑にいたる病』舞台挨拶付き先行上映会が4月16日、名古屋ミッドランドスク ...

truth11 21
第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』堤幸彦監督、広山詞葉さん、生島翔さんトークレポート

第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』が3月27日岐阜CINE ...

received_348460247337278 22
映画の街・岐阜が動き出す  映画『逆光』とのコラボで柳ケ瀬が70年代一色になる?! 映画『逆光』試写会 トークレポート

4月4日、岐阜ロイヤル劇場にて映画『逆光』の試写会と須藤蓮監督の舞台挨拶が行われ ...