Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

carry7

EntaMirage! Entertainment Movie

松岡ひとみのシネマコネクション『その日、カレーライスができるまで』ゲスト:清水康彦監督 トークレポート

2022/01/31

ミッドランドスクエアシネマで毎月行われている上映&トーク企画
「松岡ひとみのシネマコネクション」。
今月はリリー・フランキー主演の『その日、カレーライスができるまで』を上映。映画パーソナリティの松岡ひとみさんをホストに昨年、映画『CUBE』も公開した清水康彦監督を迎えてトークが行われた。その様子をお届けする。

松岡ひとみさん(以下松岡さん)
「今日観ていただいた作品は中編ということでいいですか?」

清水康彦監督(以下清水監督)
「自分も映画を撮りはじめたばかりなので、長編、中編、短編という線引きがなくて。これは56、7分ぐらいで観るにはちゃんと映画館で観る尺ですよね」

松岡さん
「はい。すごく満足できる作品ですよ」

清水監督
「ちょっと短いからいいですけど、お客様が映画館に2時間という時間を預けて、「ちゃんと何か持って帰るぞ」というものではなくて、一人の日常を覗いて、「ああ、うん」って感じで。焚き火をずっと観ているのは飽きない。その感じに近いのかなと思います」

松岡さん
「リリーさんの細やかな表情もいいですし、あとは演出の音。雨音とか」

清水監督
「今回は斎藤工プロデュースで「映画×ラジオ」という企画だったんです。内容でコラボさせるというのはなかなか課題ではあるんですが、映画の特性上、画と音があるので今回は音にこだわるべきだなと。設定は関東地方に嵐が来ていて外は雨、アパートの中には男が一人。隣の部屋には壁が薄くて女が住んでいるのがわかる感じなんですが、その男がカレーを作っている。作りながらラジオを聞いていて、隣の部屋からも音が聞こえるというそれくらいの感じですが、そこにこだわった音作りをしたらなかなか面白いんじゃないかと。一人の男がアパートでカレーを作ってラジオを聞いているという中でも結構こだわりがあるんじゃないかと。シンプルなカレーという料理に深みがあるのと同じでカレーをことこと作るように作った映画でちょっと隠し味も入れたりしています」

松岡さん
「これは昨年2021年の9月に公開されて。そのあと菅田将暉さん主演で斎藤工さんもご出演の『CUBE』が11月に公開されて。『CUBE』の方が先に企画があったんですか?」

清水監督
「企画としては『CUBE』よりこっちが先です」

carry2

松岡さん
「両方ともすごいピッチで製作された感じですね」

清水監督
「企画があって、いつ撮れるんだろう?スケジュールが合い次第やろうかと。と言っても5日以内で撮る映画で。ただその5日間のスタッフのスケジュールをどのタイミングで撮るのかとか公開時期をいつにするのかがなかなか決められなくて。というのもコロナ禍で劇場が開くのか開かないのかとかやっていた時期だったんです。そんな中で『CUBE』が9月末ぐらいから5週間ぐらいで撮ろうという話になって」

松岡さん
「2020年の9月末ですね」

清水監督
「はい。9月末から撮影を始めて。もう一昨年なんですね。11月の頭には撮り終わって仕上げをしようとしていたときに、これを撮るぞと」

松岡さん
「それは斎藤さんから?」

清水監督
「というよりも色々な足並みが揃ったのがこの時で、ここで撮るか、随分先になるのかのどちらかで。それなら撮ろうと。映画ってそんな簡単に出来るものではないので。普通の監督だったら延期にしていたかもしれないんですが、やんちゃな監督とやんちゃなブレインが集まっていたのもあって出来るでしょと。その前に深夜ドラマで斎藤さんとリリーさんと一緒に絡んでいたのでその感覚で行けるんじゃないかと。「ペンション・恋は桃色」という作品で、こういうムードに向かって行ければいいなというのを描けた作品なんです」

松岡さん
「これは斎藤さんとリリーさんと伊藤沙莉さんの3人が主演で」

清水監督
「はい。その現場で掴めたものが大きくて。リリーさんにとっても「あれは結構衝撃的だった」と。演じている自分がいつ撮られているのかがわからないぐらい、いつのまにかカメラが回っているという。もちろん段取りとかはあるんですが、ワンシーンワンシーンがするっと入って行って、「もうOK出しちゃうの?」というような撮影だったのでリリーさんも驚かれていて。撮り方が面白いと言ってくださっていて、そんなノリで今回も行けるんじゃないかとリリーさんとも話して勢いで撮り始めました。なので現場に入ってからも色々考えていて。これは2.5日で撮影したんです。最初は2日の予定で天気の予備日と言っても雨が降っていなくても降っていても撮れる映画で。録音的には雨が降っていない方がいいんですけど、実際は雨が降ったのでリアルな雨音が入ったりしているんですが、雨が降ったこともあり、ラストの日中のシーンを雨がやんでから撮ったので2.5日で撮りました。リリーさん曰く「こいつら歯医者に行くみたいに映画を撮りやがる」と(笑)。誉め言葉です」

carry3

松岡さん
「息子との公園のシーンはどのタイミングで撮っているんですか?」

清水監督
「1日目の朝です。これを過去のものにして、それ以外はほぼ順撮りで。朝イチで息子との公園のシーンを撮り、その30分後にはもうその付近のアパートに移動して撮影です。夜のシーンなので光が入らないようにして撮影。それで夜になったら本当に雨が降ってきて。録音部大丈夫かなと思ったんですけど、雨だれとかを逆手に取って音として録って」

松岡さん
「カレーは仕込みながら」

清水監督
「そうです。あれも順撮りで。全部用意して仕上げまで」

松岡さん
「あれはフードスタイリストさんがいらっしゃって」

清水監督
「そうです。ちゃんと相談しながら。男の料理だとこうなんだとか」

松岡さん
「リリーさん、料理を普段からやられているので上手ですよね」

清水監督
「正直、自分はいきなり切れって言われてもあんな風に肉を切れないですからね(笑)」

松岡さん
「ラジオはbayfmが流れていましたが、あの番組は実際にある番組なんですか?」

清水監督
「あの番組は実際にはないんですが、企画自体が「ラジオ×映画」で、斎藤さんが実際にbayfmで「TAKMIZM」というラジオをやっているんですね。その番組の人たちと映画の中の番組を作っていて、「TAKMIZM」をジャックして公開の何週間前から番組の最後5分ぐらいにこの番組を流すということをして。実際に流れたものを聞いている人からすると映画が公開されて「あ!」っと分かる人には分かる。分からなくても自分たちの気分を盛り上げるためにやっておこうと言ってコマーシャルもしっかり作ったりして。開花情報とかたまんないですよね(笑)」

松岡さん
「リリーさんの自分の投稿が読まれたときの嬉しそうな顔。あれはリリーさん、過去に読まれたことがある顔ですね(笑)」

清水監督
「ラジオ世代なんですよね。「やった!」っていう独り言がね。台本には結構独り言も沢山あったんです。この男の状況を独り言で伝えないと状況がわからないかなと。そのあたりをリリーさんと話してこれはない方がいいんじゃないかとなって独り言がどんどん減っていったんですよ。息子の写真に話す時に独り言は取っておこうと。そこまで全部独り言はなくそうかとみんなで話して当日臨んだんですけど、あそこで「やった!」って独り言言ってましたね(笑)」

松岡さん
「あれはアドリブだったんですね」

清水監督
「当然そうです。ああいうことも起きるわけです」

松岡さん
「清水監督は元々はコマーシャルやミュージックビデオを撮っていらっしゃったんですよね」

清水監督
「そうです。最近映画が多くなりましたけども」

松岡さん
「映画の世界に引き込んだのは斎藤さん」

清水監督
「そうですね。自分なんかが映画監督になるなんて思っていなかったですからね。映像監督ではありましたが、まさか映画を撮るなんて」

松岡さん
「福井ご出身で。デザイン学校を出られて」

清水監督
「はい。石川県のデザイン学校を出て。そこでは映像も学んではいたんですが、あの当時はマッキントッシュがいろんなクリエイターのサポートを出来るようになった、ほぼ今の形になったG4世代の最初の世代で、その波に思い切り乗って、Webデザイン、グラフィックデザイン、3DCDもやって音も作ってと全て学んでいたので、映像も面白いなとは思っていたんですけど、マッキントッシュがあればなんでもできるなと学んで。それで東京へ出てきたんです。最初は自分が何をやりたいのかがわからなかったので、ミュージックビデオの会社にアルバイトで入って、バイトですが低予算で引っ張ってきた仕事の監督をやりなさいと言われてやっていたわけです。一番最初はバンドのミュージックビデオを作って。二十歳になった半年後ぐらいの時にシーナ&ロケッツのミュージックビデオを作ったんです。それを言うとみんな驚かれるんですけど。あとは斉藤和義さんとか。好きにやっていいよとミュージシャンの方に言っていただけてやっていたという。その頃は自分でまだ撮影していました。いいカメラでもなくハンディカムとかで撮っていました。それをパソコンに取り込んで編集して。あとコマーシャルのアニメのモーションロボを作ったりして。それが結構お金になったのでそれで生活していた感じです。ファッション系の撮影もその頃からしていました。あれ?映画の話に全然行かないですね」

松岡さん
「斉藤工とはいつ出会うの?(笑)」

carry1

清水監督
「20代後半にCM撮影をやり始めて。CMが一番消費が早かったですね。努力して作ってもその瞬間のためにだけ流すものだったりするので、出来たら、あれ?もうなくなってしまうみたいな感じで」

松岡さん
「3時間かけて作った料理を旦那が2分で食べちゃうみたいな感じ?」

清水監督
「それです!だからと言ってご飯を作らないというと大事になってしまうという(笑)。それに近いですね。大変な苦労をしてやっていて。とても興味のある仕事ではあるんですが、ある日、なんだか自分が枯れてしまった感じになったんです。それまではCMを撮っていてもミュージックビデオを作っていても今度はこれをやりたいあれをやりたいと思っていたし、目標を達成するということも好きだったんですけど、自分の中にあるもやっとしたものを映像に置き換えていくということを出来なくなって。「これが欲しい」という世の中の構造のためにめがけて作っているという当たり前のことの中に自分の思いを入れていくことには結構限界があって。上司に求められていないのにより良くしようとすることってとても大事なことではあるんですけど、結構難しくないですか。求められている以上のことをやるって。自分ではやりたいですけど、求められないとできないというか。それが結構苦しい業界ではあるので、経済活動に置き換わっていけばいくほど難しくて。なかなか飛び出すことも出来なくて。その中で結構頑張って暴れてみたりしたんです。それが31歳ぐらいですかね。好かれたり嫌われたりして。このままでいいかなと思った時にちょうど結婚したんですよ、僕。結婚したらそんなこと言ってられないですね。才能に対してお金を払いますと言われたら「待ってました!」ってなってめちゃくちゃ働いて収入も上がって。ただそれだけでいいのかなって。社会と会話していくポイントが何かずれたなあと感じて。何かもっと言いたいことがあったんじゃないかと。もっと自分が思っていることをみんなと共有したいんじゃないかと悶々としていて。そんな時にテレビがなかった我が家にテレビが来たんですよ。僕は地元の人と結婚したので、しばらく単身赴任だったんです。それが同居することになった時にテレビが届いて。接続してパッとテレビをつけたら、斎藤工さんだった。情けない走り方をしてどこかに向かっているぞと。走った先に上戸彩さんがいて。「昼顔」だったんです。これが工くんが一番好きな僕の話です(笑)。そこから僕は「昼顔」を全部観たんです。面白かったですね。テレビがなかったので久々に観たドラマだったんです。元々はドラマっ子で野島世代なんです。「101回目のプロポーズ」とか「この世の果て」とかの時代が好きだったことを思い出して「昼顔」を食い入るように観たんですよ」

松岡さん
「お仕事で会うモデルさんとかは知っていたけど斎藤工さんは知らなかったわけですね」

清水監督
「だからめちゃくちゃ斎藤工さんがいいイメージで。そのうち永野さんと一緒にコントを原作にした短編映画を撮ろうとなって。そこで永野さんと僕が知っている役者をそれぞれ連れて撮ろうということになりまして。僕は金子ノブアキさんを連れて行って、永野さんが斎藤工さんを連れてきて。「わ!本物だ!」と。そこで短編を撮ったわけです。完成した作品を斎藤さんがやられている移動映画館でプレミア上映したいと言ってくださって。プレミア上映会が何なのかも僕は映画に詳しくないのでわからなくて。ただもう上映してもらえるならぜひと。それで熊本まで行って上映したりして。斎藤さんには「清水さんが映画監督になると思います。もし僕がお手伝いして出来るのであればぜひ映画監督にしたい」と言ってくださって。こんなかっこいい人にこんなかっこいいこと言われたことないじゃないですか。ドキッとしましたね。「監督、世界行きましょう」って言われたんです。それを奥さんに伝えたら「じゃあなっていいんじゃない」と言ってくれて。なので僕が映画監督になったのは斎藤さんとうちの奥さんのおかげなんです」

松岡さん
「去年もう2本撮ってますもんね」

清水監督
「それだけじゃなくて短編であれば10本ぐらい撮っています。『MANRIKI』が意外と先に進まなくてその間にも撮っています。『MANRIKI』も斎藤さんと永野さんとチームで企画して撮っているものなんですが。去年くらいまでは映画監督なんですねと聞かれると「あ、ああまあ色々と映像やっています」と返していたのが「はい」と答えられるようになりました。なんか自分の自覚よりも状況が先にそうなってしまった感じで映画監督らしくない映画監督ですよね(笑)」
carry4

松岡さん
「本当に色々恵まれていらっしゃいますよ。斎藤さんの出会いもそうですし、リリーさんとも。リリーさんとはどんなお話をされるんですか?」

清水監督
「自分は映画を撮るために集まって、映画の話を通して自分たちの思いを会話したいタイプなので、内容を通してお互いに知るということを望んでいます。一緒にご飯食べてとかそういうのは嫌で。なので斎藤さんとも現場でしかご飯食べたことありません」

松岡さん
「すごく仲良しさんだと思っていました」

清水監督
「仲良くしたいから映画を撮っているということがお互いありますね(笑)。会いたいから映画を撮るという感覚ですね。最近元気かな、会いたいな。じゃあお茶しようじゃなくて、映画撮ろうって感じです」

松岡さん
「次回作のご予定は?」

清水監督
「出来ても来年かなあ…といった感じですね。また発表になるのを楽しみにしていただければと思います」

松岡さん
「CMはどうですか?」

清水監督
「7、8年やっているんですけど、楽天スーパーセールは僕が作っているCMです。年に4回あるんですよ。あのサザエさんのアナゴさんの声で「約200万点以上が半額!」って言っているCMですね。この映画と全くつながらないんですけど(笑)。僕はきれいな映像ももちろん好きなんですが、ああいう映像も好きなんです。色々楽天さんのセール内容がわかって面白いですよ」

松岡さん
「ではここで抽選会を」

ここで映画のポスターやノベルティグッズのプレゼント抽選会が行われた。

carry6

松岡さん
「では監督、最後に一言お願いします」

清水監督
「こうやって皆さんとお会いできるのは映画館で上映していただけるからなんだと今日改めて思いました。一緒に映画を楽しむ。作った側、観る側関係なく一つの映画を観て皆さんとこうやってお会いできて今日楽しかったです。コロナでオミクロン株とか色々ある中で、会える場所というのは自分が映画を撮る前より確実に大切になってきているなと。なので映画館で自分の演出したものが流れるということに今までピンと来なかったんですけど、だいぶ実感が湧いてきて。こういう中でも通ってきてくださっている方のリテラシーにやっと追いついてきたなという気分で、お客様から学ばせていただいている感じです。こういう機会を与えてくださった皆さん、ミッドランドスクエアシネマさんに感謝しております。こういう機会にまた呼ばれるように新たな作品を作り続けますので応援していただきたいですし、一緒に映画を楽しんでいきたいです。今日は本当にありがとうございました」

映画『その日、カレーライスができるまで』公式サイトはこちら

-EntaMirage!, Entertainment, Movie

おすすめの記事はこれ!

cotton2 1
第81回CINEX映画塾 映画『コットンテール』リリー・フランキーさんトークレポート

第81回CINEX映画塾 映画『コットンテール』が4月27日岐阜CINEXで開催 ...

685221_seishun_honposter_B1_A 2
台湾→日本 18年越しの思いを連れて 映画『青春18×2 君へと続く道』

国内興行収入30億円超のヒットを記録した『余命10年』の藤井道人監督最新作で、初 ...

© 2023 GOLDMOON PICTURES & STUDIO&NEW. All Rights Reserved. 3
謎の貴公子あらわる。新たな韓国ノワール映画が登場!(映画『貴公子』)

ある日突然、自分が大企業の社長の子どもだと分かり、巨額の遺産争いに巻き込まれ、命 ...

Mothers_001_全体コラージュ 4
母をテーマにした短編映画集『Mothers マザーズ』完成。キャスト発表!

5人の脚本家が、オリジナル脚本を執筆。自らプロデュース・監督し、映画化したオムニ ...

水平線_メイン画像 5
映画『水平線』名古屋シネマスコーレ舞台挨拶 小林且弥監督、足立智充さんトークレポート

映画『水平線』公開記念舞台挨拶が3月23日(土)名古屋シネマスコーレ開催された。 ...

水平線_メイン画像 6
愛する人を思いながら生きる人々を描く(映画『水平線』)

東日本大震災から13年が経つ。 3月23日(土)から名古屋シネマスコーレで公開さ ...

20240317_095635 7
ナゴヤキネマ・ノイ開館!映画『その鼓動に耳を当てよ』舞台挨拶レポート

名古屋今池のナゴヤキネマ・ノイが2024年3月16日、開館した。  入口の段差が ...

©東海テレビ放送 8
ナゴヤキネマ・ノイオープニングを飾るのは断らないERに密着した東海テレビドキュメンタリー(映画『その鼓動に耳を当てよ』)

名古屋・今池。歓楽街にあった映画館名古屋シネマテークが2023年7月に閉館し、同 ...

52kujira1 9
松岡ひとみのシネマコレクション 映画『52ヘルツのクジラたち』成島出監督、横山和宏プロデューサートークレポート

松岡ひとみのシネマコレクション vol.56 映画『52ヘルツのクジラたち』が3 ...

pabjyo5 10
映画『フィリピンパブ嬢の社会学』岐阜CINEX 3月16日公開 舞台挨拶決定!

愛知での先行公開時から観客動員を伸ばしてロングラン公開していた映画『フィリピンパ ...

o1184166415407703643 11
名古屋ミッドランドスクエアシネマでブラジル映画祭3月16日より開幕!

ブラジル映画。皆さんは観たことあるだろうか? 南米発の映画はそういえばあまり観た ...

theaterC6 12
シアターカフェが移転&リニューアルオープン4周年記念開放祭での上映作品を募集中!

名古屋のシアターカフェが開放祭の上映作品を現在公募中だ。 今の場所に移転して4年 ...

★メイン_PLAY! 13
映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』でeスポーツの楽しさを知ろう

IOC(国際オリンピック委員会)主催の世界大会も開かれるほど、今や正式なスポーツ ...

EiganoAsagohan14 14
楽しみなのはおいしいごはん。伝説のお弁当屋さん「ポパイ」と映画の裏側を食から捉えるドキュメンタリー(映画『映画の朝ごはん』)

映画を作るには本当にたくさんの人が関わっている。 映画やドラマ撮影のメイキングを ...

sinnemuro9 15
プロレス好きも、そうでない人も見たら好きになる 映画『無理しない ケガしない 明日も仕事! 新根室プロレス物語』シネマスコーレ舞台挨拶レポート

映画『無理しない ケガしない 明日も仕事! 新根室プロレス物語』公開記念舞台挨拶 ...

tumitoaku13 16
映画『罪と悪』公開記念名古屋舞台挨拶レポート 石田卓也さん、齊藤勇起監督登壇

映画『罪と悪』公開記念舞台挨拶が2月10日名古屋ミッドランドスクエアシネマで開催 ...

netsu1 17
愛した日々の熱が冷めていく中で(映画『熱のあとに』)

東京藝術大学大学院での修了制作『小さな声で囁いて』(2018)がマルセイユ国際映 ...

kanata_9 18
映画『彼方の閃光』名古屋公開記念舞台挨拶レポート 眞栄田郷敦さん、半野喜弘監督登壇

映画『彼方の閃光』公開記念舞台挨拶が1月28日(日)にミッドランドスクエアシネマ ...

©2022 彼⽅の閃光 製作パートナーズ 19
映画『彼方の閃光』ミッドランドスクエアシネマにて舞台挨拶決定

ホウ・シャオシェンやジャ・ジャンクーら名匠たちの作品の映画音楽を手掛け、『アグリ ...

© 2020 Mediaproducción S.L.U., Gravier Productions, Inc. & Wildside S.r.L. 20
映画祭は夢の時間。そこで起きる出来事も夢と言えるのか(映画『サン・セバスチャンへ、ようこそ』)

ウディ・アレンはとにかく精力的に作品を作る。その勢いは年を重ねても変わることはな ...

RemasterDirector_1a5c03258 21
ロイヤル劇場思いやるプロジェクト 35ミリフィルム上映 大林宣彦監督『ふたり』石田ひかりさん、大林千茱萸さんトークレポート

ロイヤル劇場思いやるプロジェクト 35ミリフィルム上映 大林宣彦監督『ふたり』が ...

kakamigaharaeigasai2024_omote 22
第一回各務原映画祭 1月7日開催!短編映画11作品上映。初公開作品も

第一回各務原映画祭が2024年1月7日、岐阜県各務原市のあすかホールで開催される ...

ichiko 23
市子というひとりの人間の存在が刺さる(映画『市子』)

第28回 釜山国際映画祭 ジソク部門に正式出品された『市子』が12月8日(金)よ ...

メインビジュアル 24
2019年インディペンデント映画の大本命として劇場公開された 映画『センターライン』続編『INTERFACE -ペルソナ-』上映が名古屋で決定!!そして『センターライン』配信も!

日本中の映画祭で話題をさらい、2019年のインディペンデント映画の大本命として劇 ...

1701248560153 25
スペースオペラ?ヒーローもの?これぞ日本で作る波乱万丈な特撮映画だ!(映画『BY THE WAY-波乱万丈-』)

自身の夢を諦めて、守ろうとした家族との平和な生活が思いもしないことで壊れたら?し ...

©2023 映画「隣人 X 疑惑の彼女」製作委員会 ©パリュスあや子/講談社 26
Xのいる世界を通して気づく大事なもの(映画『隣人X -疑惑の彼女-』熊澤尚人監督インタビュー)

12月1日公開の映画『隣人X -疑惑の彼女-』。故郷を追われた惑星難民Xの受け入 ...

interface1 27
愛知で撮影! 映画『INTERFACE』シネマスコーレ公開初日舞台挨拶レポート

映画『INTERFACE-ペルソナ-』の公開初日舞台挨拶が名古屋・シネマスコーレ ...

nosenkyo1 28
選挙は面白い!候補者の声を聞き、ペンをとる!選挙ライターを通して選挙を知るドキュメンタリーが愛知上陸!(映画『NO 選挙,NO LIFE』)

選挙の面白さを伝えるフリーランスライター・畠山理仁(50)。国政から地方選、海外 ...

train6 29
大森南朋×須藤蓮×庄司哲也 ロイヤル劇場思いやるプロジェクト 映画『トレインスポッティング』トークレポート

ロイヤル劇場思いやるプロジェクト 須藤蓮セレクト35ミリフィルム上映『トレインス ...

fanfare1 30
映画『ファンファーレ』名古屋舞台挨拶・衣装制作担当:箕浦杏さんトークレポート

映画『ファンファーレ』公開記念舞台挨拶が11月18日名古屋センチュリーシネマで開 ...

ringin18 31
映画『隣人X-疑惑の彼女-』名古屋舞台挨拶付先行上映 上野樹里さん、林遣都さん、熊澤尚人監督トークレポート

12月1日公開の映画『隣人X』舞台挨拶付先行上映が11月16日名古屋ミッドランド ...

saturday_main 32
開戦前夜、上海。幕は開くか(映画『サタデー・フィクション』)

2019年第76回ベネチア国際映画祭コンペティション部門に正式出品されたロウ・イ ...

hanakutasi1 33
映画『花腐し』綾野剛さん、荒井晴彦監督インタビュー

11月10日(金)公開、映画『花腐し』。松浦寿輝の原作を荒井晴彦監督が脚色。ピン ...

20231104173817_IMG_7592_ 34
松岡ひとみのシネマコレクション 映画『愛にイナズマ』ゲスト:石井裕也監督 レポート

松岡ひとみのシネマコレクション Vol.51 映画『愛にイナズマ』が11月4日ミ ...

seiyoku1 35
映画『正欲』第36回東京国際映画祭 最優秀監督賞&観客賞ダブル受賞!11月10日(金)いよいよ公開!

岐阜県出身の小説家・朝井リョウによる小説『正欲』を、監督・岸善幸、脚本・港岳彦で ...

20231021172718_IMG_7355_ 36
第77回CINEX映画塾『まなみ100%』川北ゆめき監督、青木柚さん、中村守里さんトークレポート

第77回CINEX映画塾『まなみ100%』が10月21日(土)、岐阜CINEXで ...

tuki 37
映画『月』伏見ミリオン座公開記念 石井裕也監督 舞台挨拶レポート

映画『月』の名古屋公開記念舞台挨拶が10月22日伏見ミリオン座で開催された。石井 ...

inazuma5 38
本音を隠さずココロのままに生きていく!(映画『愛にイナズマ』)

『舟を編む』をはじめ、発表する作品がどれも国内外で高く評価されてきた石井裕也監督 ...

hanakutasi_5 39
映画『花腐し』名古屋伏見ミリオン座先行上映舞台挨拶レポート

11月10日(金)より全国公開される映画『花腐し』名古屋先行上映が10月24日( ...

©2023 映画「隣人 X 疑惑の彼女」製作委員会 ©パリュスあや子/講談社 40
映画『隣人 X -疑惑の彼女-』滋賀ロケ撮影現場レポート

2022年10月から滋賀県で熊澤尚人監督が新作撮影をしているという情報を聞いてい ...

bishu1 41
【愛知・岐阜】2024年劇場公開映画『BISHU〜世界でいちばん優しい服〜』エキストラ募集!

以前現場レポートをお送りした2024年劇場公開映画『BISHU〜世界でいちばん優 ...

aalt 42
フィンランドの建築家・デザイナー アアルト その仕事の裏に愛する妻がいた(映画『アアルト』

北欧家具は日本でも根強い人気がある。それはおしゃれであることはもちろん、実用性で ...

somedays6 43
映画『SOMEDAYS』名古屋先行上映舞台挨拶レポート

10月6日、映画『SOMEDAYS』の名古屋先行公開を記念してミッドランドスクエ ...

no image 44
岐阜の刃物のまち・関市で特撮怪獣映画始動! 映画『怪獣ヤロウ!』製作開始

岐阜県関市を舞台にした映画の製作が決まった。タイトルは『怪獣ヤロウ!』。ご当地怪 ...

undercurrent1 45
女、突然やってきた男、消えた夫。三人が抱える心の奥底にある思いは……(映画『アンダーカレント』)

映画一本よりなお深い作品だと発表当時評された豊田徹也の漫画「アンダーカレント」が ...

mendou1 46
映画「ぼくらのレシピ図鑑」シリーズ特集上映 大阪・名古屋・神戸で開催決定! 新作『メンドウな人々』他2作品 

地域のおいしいもの×地元の高校生×映画をテーマに地元と協力して制作される映画「ぼ ...

houtei1 47
映画『親のお金は誰のもの 法定相続人』三重先行上映舞台挨拶レポート

映画『親のお金は誰のもの 法定相続人』の三重先行上映、舞台挨拶が9月22日三重県 ...

Screenshot_20230922_200759_Drive 48
映画『私はどこから来たのか、何者なのか、どこへ行くのか、そしてあなたは…』名古屋凱旋上映決定!

映画『私はどこから来たのか、何者なのか、どこへ行くのか、そしてあなたは…』が ...

20230902_141200 49
ロイヤル劇場存続をかけてクラウドファンディング開始! 【ロイヤル劇場】思いやるプロジェクト~ロイヤル、オモイヤル~

岐阜市・柳ケ瀬商店街にあるロイヤル劇場は35ミリフィルム専門映画館として常設上映 ...

hamon12 50
第76回 CINEX映画塾 映画『波紋』 筒井真理子さんトークレポート

第76回CINEX映画塾『波紋』が7月22日に岐阜CINEXで開催された。上映後 ...

seiyou1 51
岐阜CINEX 第17回アートサロン『わたしたちの国立西洋美術館 奇跡のコレクションの舞台裏』トークレポート

岐阜CINEX 第17回アートサロン『わたしたちの国立西洋美術館 奇跡のコレクシ ...

doll5 52
女性監督4人が撮る女性をとりまく今『人形たち~Dear Dolls』×短編『Bird Woman』シアターカフェで上映

名古屋清水口のシアターカフェで9月23日(土)~29日(金)に長編オムニバス映画 ...

sister 53
映画『私の大嫌いな弟へ ブラザー&シスター』公開記念 アルノー・デプレシャン監督舞台挨拶付き上映 伏見ミリオン座で開催決定!

世界の映画ファンを熱狂させる名匠アルノー・デプレシャンが新作『私の大嫌いな弟へ  ...

bakanuri1 54
自分の生きる道を探して(映画『バカ塗りの娘』)

「バカ塗りの娘」というタイトルはインパクトがある。気になってバカ塗りの意味を調べ ...

bishu1 55
「シントウカイシネマ聖地化計画」始動!第一弾「BISHU〜世界でいちばん優しい服〜」(仮)愛知県⼀宮市にて撮影決定‼

株式会社フォワードがプロデュースし、東海地方を舞台にした全国公開映画を毎年1本ず ...

erithabeth1 56
エリザベート40歳。これからどう生きる?(映画『エリザベート1878』)

クレオパトラ、楊貴妃と並んで世界の三大美女として名高いエリザベート皇妃。 彼女の ...

mitoyamane4 57
ポップな映像と音楽の中に見る現代の人の心の闇(映画『#ミトヤマネ』)

ネット社会ならではの職業「インフルエンサー」を生業にする女性を主人公に、ネット社 ...

高野豆腐店の春_場面写真 58
豆腐店を営む父娘にやってきた新たな出会い(映画『高野豆腐店の春』)

尾道で小さな豆腐店を営む父と娘を描いた映画『高野(たかの)豆腐店の春』が8月18 ...

pabjyo5 59
映画『フィリピンパブ嬢の社会学』11/10(金)より名古屋先行公開が決定!海外展開に向けたクラウドファンディングもスタート!

映画『フィリピンパブ嬢の社会学』が 11月10日(金)より、ミッドランドスクエア ...

Yokosuka10 60
『Yokosuka1953』名演小劇場上映会イベントレポート

ドキュメンタリー映画『Yokosuka1953』の上映会が7月29日(土)、30 ...

Yokosuka1 61
海外から届いたメッセージ。66年前の日本をたどる『Yokosuka1953』名古屋上映会開催!

同じ苗字だからといって親戚だとは限らないのは世界中どこでも一緒だ。 「木川洋子を ...

youko4 62
彼女を外に連れ出したい。そう思いました(映画『658km、陽子の旅』 熊切和嘉監督インタビュー)

42才、東京で一人暮らし。青森県出身の陽子はいとこから24年も関係を断絶していた ...

egoist_5 63
第75回CINEX映画塾 『エゴイスト』松永大司監督が登場。7月29日からリバイバル上映決定!

第75回CINEX映画塾 映画『エゴイスト』が開催された。ゲストには松永大司監督 ...

komuragaeri14 64
映画を撮りたい。夢を追う二人を通して伝えたいのは(映画『愛のこむらがえり』髙橋正弥監督、吉橋航也さんインタビュー)

7月15日ミッドランドスクエアシネマにて映画『愛のこむらがえり』の公開記念舞台挨 ...

PSX_20230713_212926 65
あいち国際女性映画祭2023 開催決定!今年は37作品上映

あいち国際女性映画祭2023の記者発表が7月12日ウィルあいちで行われ、映画祭の ...

komuragaeri5 66
映画『愛のこむらがえり』名古屋舞台挨拶レポート 磯山さやかさん、吉橋航也さん、髙橋正弥監督登壇!

7月15日ミッドランドスクエアシネマにて映画『愛のこむらがえり』の公開記念舞台挨 ...

tooi3 67
彼女たちを知ってほしい。その思いを脚本に込めて(映画『遠いところ』名古屋舞台挨拶レポート)

映画『遠いところ』の公開記念舞台挨拶が7月8日伏見ミリオン座で開催された。 あら ...

MKE10-3 68
観てくれたっていいじゃない! 第10回MKE映画祭レポート

第10回MKE映画祭が7月8日岐阜県図書館多目的ホールで開催された。 今回は13 ...

1minutes_5 69
京都はファンタジーが受け入れられる場所(映画『1秒先の彼』山下敦弘監督インタビュー)

台湾発の大ヒット映画『1秒先の彼女』が日本の京都でリメイク。しかも男女の設定が反 ...

received_259295013361207 70
映画『老ナルキソス』シネマテーク舞台挨拶レポート

映画『老ナルキソス』の公開記念舞台挨拶が名古屋今池のシネマテークで行われた。 あ ...

PSX_20230429_093447 71
「ジキル&ハイド」。観た後しばらく世界から抜けられない虜になるミュージカル

ミュージカルソングという世界を知り、大好きになった「ジキル&ハイド」とい ...

math 72
『オールド・ボーイ』のチェ・ミンシク久しぶりの映画はワケあり数学者役(映画『不思議の国の数学者』)

映画館でポスターを観て気になった2本の韓国映画。『不思議の国の数学者』と『高速道 ...

nortoredame 73
全編IMAX®️認証デジタルカメラで撮影。再現率98% あの火災の裏側(映画『ノートルダム 炎の大聖堂』)

2019年4月15日、ノートルダム大聖堂で、大規模火災が発生した。世界を駆け巡っ ...

baby14 74
松岡ひとみのシネマコレクション  映画『ベイビーわるきゅーれ 2ベイビー』 阪元裕吾監督トークレポート

松岡ひとみのシネマコレクション 映画『ベイビーわるきゅーれ 2ベイビー』が4月1 ...

sidebyside1 75
映画『サイド バイ サイド』坂口健太郎さん、伊藤ちひろ監督登壇 舞台挨拶付先行上映レポート 

映画『サイド バイ サイド』舞台挨拶付先行上映が4月1日名古屋ミッドランドスクエ ...

zakodomo1 76
第72回CINEX映画塾 映画『雑魚どもよ、大志を抱け!』足立紳監督トークレポート

第72回CINEX映画塾が3月25日岐阜CINEXで開催された。上映作品は岐阜県 ...

mogiri1 77
片桐はいりさん来場。センチュリーシネマでもぎり(映画『「もぎりさん」「もぎりさんsession2」上映+もぎり&アフタートークイベント』)

センチュリーシネマ22周年記念企画 『「もぎりさん」「もぎりさんsession2 ...

PSX_20230319_165037 78
カンヌ国際映画祭75周年記念大賞を受賞したダルデンヌ兄弟 新作インタビュー(映画(『トリとロキタ』)

パルムドール大賞と主演女優賞をW受賞した『ロゼッタ』以降、全作品がカンヌのコンペ ...

feibru 79
アカデミー賞、オスカーは誰に?(松岡ひとみのシネマコレクション『フェイブルマンズ』 ゲストトーク 伊藤さとりさん))

松岡ひとみのシネマコレクション vol.35 『フェイブルマンズ』が3月12日ミ ...

son 80
親子とは。近いからこそ難しい(映画『The Son/息子)』

ヒュー・ジャックマンの新作は3月17日から日本公開される『The Son/息子』 ...

tyanomi1 81
先の見えない日々を生きる中で寂しさ、孤独を感じる人々。やすらぎはどこにあるのか(映画『茶飲友達』外山文治監督インタビュー)

東京で公開された途端、3週間の間に上映館が42館にまで広がっている映画『茶飲友達 ...

tyanomi5 82
映画『茶飲友達』名古屋 名演小劇場 公開記念舞台挨拶レポート

映画『茶飲友達』公開記念舞台挨拶が2月25日、名演小劇場で開催された。 外山文治 ...

ginpei8 83
第71回 CINEX映画塾 映画『銀平町シネマブルース』小出恵介さん、宇野祥平さんトークレポート

第71回CINEX映画塾『銀平町シネマブルース』が2月17日、岐阜CINEXで開 ...

gokudaru7 84
名古屋シアターカフェ 映画『極道系Vチューバー達磨』舞台挨拶レポート

映画『極道系Vチューバー達磨』が名古屋清水口のシアターカフェで公開中だ。 映画『 ...

wakareru 85
パク・チャヌク監督の新作は今までとは一味も二味も違う大人の恋慕を描く(映画『別れる決心』)

2月17日から公開の映画『別れる決心』はパク・チャヌク監督の新作だ。今までのイメ ...