Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

nara1

EntaMirage! Entertainment Movie

家族を思い、探す奈良 三人旅(映画『再会の奈良』)

なら国際映画祭の“今と未来、奈良と世界を繋ぐ”映画製作プロジェクト「NARAtive2020」。今後の活躍が期待される若手の映画監督を招き、奈良を舞台に映画を制作し、世界に奈良を知ってもらうプロジェクトだ。監督はなら国際映画祭のインターナショナルコンペティション部門において受賞した監督の中から選ばれ、その活動を日本の第一線で活躍する映画スタッフやロケ地の地域の人々が支えて撮影される。このプロジェクトから生まれた日中合作『再会の奈良』が公開される。

あらすじ

2005年、中国から陳おばあちゃんが、孫娘のような存在のシャオザーを頼って一人で奈良にやって来る。中国残留孤児の養女・麗華を1994年に日本に帰したが、数年前から連絡が途絶え、心配して探しに来たというのだ。麗華探しを始めた2人に、ほんの偶然の出会いで知り合ったはずの一雄が、元警察官だったという理由で麗華探しを手伝うと申し出る。麗華探しに手を貸す一雄はシャオザーに自身の娘の面影を重ねていた。麗華を想う老女、その老女を想うシャオザー。3人での探索の旅が始まる。麗華の日本名がわからないこともあり、なかなか麗華の行方はわからなかったが……。

日本・中国、絆が繋ぐ家族の物語

この映画のテーマにあるのは中国残留孤児だ。奈良県からも満州への開拓団として向かった家族がいる。終戦後の日本への引き揚げは大人でも過酷で、我が子を泣く泣く中国の人に預けた親も少なくはなかった。

1972年の日中国交正常化を機に残留孤児の調査が行われ、日本人だと判明した孤児達の中で日本に帰国することを選択した人達はその後、どうなっていったのか。当時、帰国して肉親が判明した人達が大きくクローズアップされて報道されたが、彼らがそれからどう生きていたのか、また肉親がわからないまま帰国を決断し、日本で生活を始めた身元未判明孤児たちがいたということはあまり知られていない。

麗華の手がかりを3人が探している中で日本で生きる残留孤児達がどんな生活をしているのか、麗華がどんな暮らしをしていたかが見えてくる。帰国できたのは40代、50代になってからでなかなか日本語も習得できず、同じ日本人なのにコミュニケーションが取れない。飛び出した中国には戻れず、日本にも馴染めず、生きていくために必死で安い賃金で働くしかない。そんな中でも麗華は陳おばあちゃんには明るい内容の手紙しか書いていない。育ててくれた陳おばあちゃんには心配をかけたくないという思いが溢れている。

残留孤児だけではない。中国からやってきた日本人と中国人のハーフのシャオザーも日本語は話せるが、日本では外国人として扱われていることがシャオザーの暮らしからもわかるだろう。

nara3

監督・脚本を手掛けたのは、中国出身の新鋭ポンフェイ監督。戦争を経験した一番最後の世代である八十代の人々が生きている時に、日本と中国2つの国の間に生まれた真の家族愛を描きたいとこのテーマを選んだ。日本での残留孤児の生活をリアルに捉えながら、3人の旅には奈良の本当の美しさと人とのやり取りの面白さがある。

我が子として麗華を育てた陳おばあちゃんは麗華のたどった場所を追いかけていく。養女の麗華探しに奔走する陳おばあちゃんを演じるのは中国を代表する女優、ウー・イエンシュー。言葉がわからないなりに日本での生活に順応し、麗華を探す。あまり感情を表に出すタイプではないが、活きている蟹を料理するのはかわいそうと話したり、酔っ払ったふりをしたり、麗華を思って涙したりととても魅力的だ。陳おばあちゃんを思うシャオザーには中国で注目の若手女優イン・ズー。見返りは全くないのに二人と旅する一雄を演じるのは『哭声/コクソン』、『MINAMATA-ミナマタ-』で近年益々世界的に認知度を高めている國村隼。血の繋がった娘と離れ、娘から手紙が来ることを心待ちにし、シャオザーに娘の姿を重ねて一緒に麗華を探す彼もまた、家族の大切さを老後にひしひしと感じている。だが一雄はそれを出さない。出さないが、観ているこちらがそれを感じるのは國村隼という役者の力だろう。エグゼクティブプロデューサーは『あん』、『朝が来る』を手掛け、なら国際映画祭のエグゼクティブ・ディレクターでもある奈良出身の河瀨直美と、『長江哀歌』、『罪の手ざわり』など中国映画「第六世代」を代表するジャ・ジャンクー。この2人がポンフェイ監督の新作をフォロー。河瀨直美監督の作品の常連である永瀬正敏が友情出演していることにも注目したい。

奈良・御所を舞台に、言葉の壁を越えて不思議な縁で結ばれた3人のおかしくも心温まる旅。異国の地での新たな出会いを通して、果たして陳おばあちゃんは愛する娘との再会を果たせるのだろうか。

nara2

映画『再会の奈良』 https://saikainonara.com/ は2月4日(金)よりシネスイッチ銀座他で全国順次公開。東海3県では伏見ミリオン座で2月4日(金)、伊勢進富座で3月12日(土)より公開。

出演:國村隼、ウー・イエンシュー、イン・ズー、秋山真太郎、永瀬正敏
脚本・監督:ポンフェイ
エグゼクティブプロデューサー:河瀨直美、ジャ・ジャンクー
撮影:リャオ・ペンロン 音楽:鈴木慶一 編集:チェン・ボーウェン
照明:斎藤徹 録音:森英司 美術:塩川節子
共同製作:21インコーポレーション
製作:© 2020 “再会の奈良” Beijing Hengye Herdsman Pictures Co., Ltd, Nara International Film Festival, Xstream Pictures (Beijing)
後援:奈良県御所市 配給:ミモザフィルムズ
中国、日本 / 2020 / 99分 / カラー / 日本語・中国語 / DCP / 1:1.85/ Dolby 5.1 英題:Tracing Her Shadow 中題:又見奈良

-EntaMirage!, Entertainment, Movie

おすすめの記事はこれ!

mikaeri1 1
見返りを求める男と恩を仇で返す女。その先にあるもの(映画『神は見返りを求める』)

タイトルを聞いたとき「神は見返りをもとめない」ものじゃないの?と思った。ただ、そ ...

MKE2022_24 2
3年ぶり開催!第9回MKE映画祭レポート

第9回MKE映画祭が6月18日岐阜県図書館多目的ホールで開催されました。 3年ぶ ...

PLAN75_1 3
生き続けていくことはいけないことか(映画『PLAN 75』)

少子高齢化社会となった日本には様々な問題がある。老老介護、孤独死、虐待という家庭 ...

huyusoubi9 4
映画『冬薔薇(ふゆそうび)』伊藤健太郎さん、阪本順治監督登壇名古屋舞台挨拶レポート

映画『冬薔薇(ふゆそうび)』の公開記念舞台挨拶が6月11日名古屋ミッドランドスク ...

kimiton 5
女子高生、日本の経済にもの申す!(映画『君たちはまだ長いトンネルの中』なるせゆうせい監督インタビュー)

2019年に発売されネット上で話題を呼んだ漫画「こんなに危ない!? 消費増税」を ...

officer1 6
自身の信念のもとに冤罪を暴く(映画『オフィサー・アンド・スパイ』)

捏造、冤罪。あってはならないのだが、どの時代にも起こる出来事だ。 フランスで起こ ...

otona_4 7
木竜麻生さん登壇!メ~テレ映画祭『わたし達はおとな』先行上映舞台挨拶レポート

今年開局60周年を迎える名古屋のテレビ局メ~テレは映画製作にも非常に力を入れてい ...

20soul1 8
今も受け継がれる神曲・市船Soul。それは魂がこもる大切な曲(映画『20歳のソウル』)

ある番組の吹奏楽の旅を観る度に号泣している。 私は決して吹奏楽部ではない。コーラ ...

haganeiro9 9
OUTRAGE×現代の若者 名古屋で生きる人達(映画『鋼音色の空の彼方へ』舞台挨拶レポート)

コロナ禍を経て、名古屋発の映画が奇しくも同じ日に2本公開された。一本は先日紹介し ...

mamoriya8 10
僕らの映画はここからはじまったばかり(映画『護り屋「願い」』舞台挨拶レポート)

名古屋発の映画が『護り屋「願い」』が5月20日に公開された。 映画『護り屋「願い ...

creatures 11
人気映画を支えてきた特撮、特殊効果のクリエイター達(映画『クリーチャー・デザイナーズ 特殊効果の魔術師たち』)

映画にはさまざまなジャンルがある。その中でも私たちを日常にはない興奮に誘ってくれ ...

received_2215697365258741 12
「灰色の家族」という台本(物語)が呼び覚ます忌まわしい記憶 KURAGE CLUB新作『灰色の家族』上映会開催

名古屋の自主映画団体KURAGE CLUBが新作『灰色の家族』の上映を5月22日 ...

sanka1 13
撮りたいという強い思いの結晶がいよいよ公開(映画『山歌』)

山の中を漂流して暮らす人々が戦後あたりまでいたことを知ったのは「やすらぎの刻」と ...

bokemasukara1 14
第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあさん』信友直子監督トークレポート

第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあ ...

ashitajyugyou6 15
『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 シアターカフェ 舞台挨拶レポート

『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 が4月30日から ...

Ngoutou1 16
映画『N号棟』公開初日 萩原みのりさん、後藤庸介監督登壇 舞台挨拶レポート

とある地方都市に、かつて霊が出るという噂で有名な団地があった。このとある地方都市 ...

sikei 17
阿部サダヲ×シリアルキラー榛村大和が更なる魅力を生む(映画『死刑にいたる病』白石和彌監督・阿部サダヲさんインタビュー)

白石和彌監督の作品にはいつも心を持っていかれる。 5月6日(金)から公開の新作『 ...

ashitajyugyou6 18
ゴールデンウィークに『あした、授業参観いくから』+安田真奈監督ショートフィルム選 上映 シアターカフェで

安田真奈監督とお会いしたのはあいち国際女性映画祭だった。 『36.8℃ サンジュ ...

cmoncmon 19
『パリ13区』『カモン カモン』モノクロの魅力を知りたい二作品

4月22日(金)公開の作品には偶然にもモノクロ映画が2作品ある。 『ジョーカー』 ...

sikei 20
白石和彌監督、阿部サダヲさん登壇! 映画『死刑にいたる病』名古屋先行上映舞台挨拶レポート

映画『死刑にいたる病』舞台挨拶付き先行上映会が4月16日、名古屋ミッドランドスク ...

truth11 21
第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』堤幸彦監督、広山詞葉さん、生島翔さんトークレポート

第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』が3月27日岐阜CINE ...

received_348460247337278 22
映画の街・岐阜が動き出す  映画『逆光』とのコラボで柳ケ瀬が70年代一色になる?! 映画『逆光』試写会 トークレポート

4月4日、岐阜ロイヤル劇場にて映画『逆光』の試写会と須藤蓮監督の舞台挨拶が行われ ...