Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

aruki11

EntaMirage! Entertainment Movie

映画『歩きはじめる言葉たち~漂流ポスト3.11をたずねて~』名古屋公開記念舞台挨拶レポート

映画『歩きはじめる言葉たち~漂流ポスト3.11をたずねて~』の公開記念舞台挨拶が10月24日名古屋・名演小劇場で開催された。升毅さん、野村展代監督が登壇。そのレポートをお届けする。

升毅さん
「出演者その1、升毅です。4年ぶりにこの名演小劇場の舞台に立たせていただき、感激しております。本日はよろしくお願いいたします」

野村監督
「皆さん、こんにちは。監督とプロデュースをしております野村です。よろしくお願いいたします」

升毅さん
「今ご覧頂いた映画『歩きはじめる言葉たち』ですが、今回のこの形になるまで紆余曲折ございましてそのあたりを簡単にご説明させていただきたいと思います。そもそもはこの映画は」

野村監督
「陸前高田市で東日本大震災の被災地を舞台にして、劇中に登場した佐々部清監督の劇映画として企画をスタートしたんですけれども、ちょっと資金繰りですとか色々な事情で1回企画が頓挫しました。ただ取材内容を活かして、では私が監督でドキュメンタリーを撮ろうということで再出発したのが2020年初頭でした」

野村展代監督

野村展代監督

升毅さん
「それで撮影がスタート」

野村監督
「はい。それで撮影がスタートして、佐々部監督は東京から応援してくださっていたんですが、20日後ぐらいに佐々部監督が突然亡くなられてしまったところから漂流ポストにお手紙を出された方々と我々が急に同じ立場に、同じ側になったというところで、ドキュメンタリーなのでその姿をもう正直に描こうということになりまして、升毅さんと撮影の早坂伸さんと私と3人で旅に出てこのような形の作品になりました」

升毅さん
「そもそも劇映画になるときには漂流ポストを守っていらっしゃる赤川さんという方の役を演じる予定だったので、そういう意味では一度参加し、途中で抜け、そして再度参加させていただくという形になりました。その話を頂いたのがまだ監督が亡くなってから1ヶ月ちょっとの時だったので、 非常に複雑な気持ちで即座にやりましょうという気持ちにもなかなかなれなくて。それでももしそういう形のものを作るのであれば是非やらせていただきたいという想いがあって参加をさせていただきました。 実際に陸前高田の方へ最初に行かせて頂いて震災から10年近く経っていたんですが、まだまだ復興半ばといいますか、きれいになっているところはなっているし、まだ全然手がつけられていないところはつけられていない。もちろんそこで被災された方たち、大切な方を亡くした方たちの思いはそう簡単には元には戻れないというお手紙も読ませていただいて、自分に何が出来るのかなぁという思いを抱えながら、ただただ皆さんの話を聞き、一体自分は何を感じるかということだけで役者でありながらセリフもなければ台本もなかったので、そういう形での参加になりました」

升毅さん

升毅さん

野村監督
「升さんにお願いしたのは元々の企画段階でもちろんキャスティングされていたというのはもちろんあるんですけれども、亡くしてしまった大切な人に想いを届けるポストということで我々の亡くしてしまった大事な人というのがまさしく佐々部清監督だったんです。升さんはこの6、7年佐々部組で佐々部監督とご一緒して、職業を超えて本当に親友になられていたんですね。皆さんが知る映画監督・佐々部清もそうなんですけれども、人間・佐々部清と人間・升毅の片方はもうこの世にいないんですが、友情の物語をドキュメンタリーとして追いかけたいということで升さんに一緒にとお願いをしてリアルに3人で撮影に行っていたんですよね」

升毅さん
「そうですね。撮影は3人だけで行かせていただいて。音響のマイクとかを監督が持ち、僕がいて街角に立っているとまるで街頭インタビューのような感じで(笑)」

aruki7

野村監督
「まさか映画を撮っているとはという感じで。現場で升さんにも車を運転していただいたり、早坂さんに怒られながら私が撮ってきた音は編集でほとんど使えず(笑)、そういった珍道中でしたけれどもその中で亡くなっているんですけれども、佐々部監督を感じることができながら我々も去年旅を出来たというのが、もしかしたらそういう思いがあの漂流ポストに手紙を出された方たちが歩む行程なのかなと。そういったリアルさもあるんじゃないかと。升さんが最後にお手紙を書かれましたけど」

升毅さん
「書かれましたと言いますか、漂流ポストのある森の小屋という所に皆さんが送られた手紙を読める小さい部屋があるんですが、そこに便箋とペンを置いて。「升さん、書いても書けなくてもいいですから座ってください」と言われて座ったら監督と撮影監督が扉を締めて鍵をかけて。軟禁状態ですよね(笑)」

野村監督
「ちょっと閉じ込めたんですね(笑)」

升毅さん
「その中で自分なりになんとか言葉にしようと思ってでもなかなか出てこなくて、最終的に書けたのが、皆さんに観て頂けたのは「連絡待ってます たけし」だったんですけれども、どう見ても手紙じゃないですよね」

野村監督
「普通の会話ですね。ただ漂流ポストに送られてくる手紙は升さんにも全部読んでいただいてるんですけれども、そういうお手紙なんですよね」

升毅さん
「そうですね。最初は何で亡くなってしまったの?会いたい会いたいという手紙からスタートしてだんだんだんだん亡くなってないよ、まだいるよという風に書かれる方の気持ちも変わってこられて。今日はこんなことがあったよ、こんなことがあったよ。そっちどう?みたいな遠くにいるから会えないからという手紙のやりとりに変化していっているのを感じながらだったので、まだ自分の中でけじめがついていないのでああいう風になってしまいましたけど」

野村監督
「でもすごく升さんが本当に普通にまたどこそこにご飯に行きましょうとかまたカラオケ一緒にしたいなみたいなそんなようなことがぼやっとしていた上に書かれていたんです」

升毅さん
「そう、あの上2行にね、まだあるんですよ。野村監督も初監督なので編集作業に初めて携わったんですよね?上の2行を使わなかったのはなぜですか?ふざけてるなと思ったからですか?」

野村監督
「違います(笑)。本当にすごく普通の会話だったんですよ。お手紙ということではなく本当に佐々部さんに語りかけている内容だったので、すごく感動したんですね。なので隠しました(笑)」

aruki8

升毅さん
「そういうところが随所にあるので、映画をご覧になった方とか取材の方から映画の最後の方に監督の地元である下関で監督がいつも行っていたスナックで監督がいない中でカラオケを歌って、皆で涙してしまったあそこの音楽、音がなかったので、「あの曲は何だったんですか」と質問されるんですけど、なぜですか?」

野村監督
「それもいい演出ですねと言われるんですが、大人の事情です(笑)。曲がちょっと使うだけでも高くて」

升毅さん
「ああいうシーンでちょっと使うだけでもすっごいかかるらしいんです。でもそれが功を奏じて」

野村監督
「隠したり、そういうことをしていたら「いいですね」って言っていただけて良かったなと」

升毅さん
「音響で編集に携わってくれた臼井勝さんも佐々部組の方で『八重子のハミング』も一緒にやらせていただいたんですけど、今回のこの映画の中に『八重子のハミング』で使っていた音を随所に取り入れてくださっているという話を聞いて」

野村監督
「ちょっと厚みを持たせるために少し空気の感じとか鳥の声とかちょっと足してくださっているのがあるんですけど、それを「野村さん、ここはね『八重子のハミング』から使ったよ」とか、編集中にさらっとおっしゃるのに愛を感じました。そんなことを今回発売しているミニリーフレットに入れさせていただきました」

升毅さん
「このリーフレットの中に4年前『八重子のハミング』の時に佐々部清監督と名演小劇場に来させていただいたんですが、その時にサイン会をさせて頂いたんですね。その時の写真が実は載っていまして」

野村監督
「そうなんです。毅と清のツービートって言って(笑)。2人でずっと回られていた時の写真をいろいろ探したんですけど、こちらの名演小劇場さんでサイン会をさせて頂いている写真が本当に2人のいいおじさまぶりが自然に出ていて使わせて頂いておりますのでぜひご覧ください」

舞台挨拶後名演小劇場ロビーにて

舞台挨拶後名演小劇場ロビーにて

升毅さん
「『歩きはじめる言葉たち』は佐々部清が亡くならなければ出来なかった映画です。亡くならなければ出来なかった映画ということで、自分の中では宝物になりつつあります。この映画を一人でも多くの方に観ていただけますようにこれからも全国を行脚して参りますので、一言で結構です、お力をいただければと思います。本日は誠にご鑑賞いただきましてありがとうございました」

映画『歩きはじめる言葉たち~漂流ポスト3.11をたずねて~』は名演小劇場で公開中。全国順次公開予定。

-EntaMirage!, Entertainment, Movie

おすすめの記事はこれ!

yuuko5 1
第55回CINEX映画塾『由宇子の天秤』春本雄二郎監督トークレポート

第55回CINEX映画塾『由宇子の天秤』が11月13日、岐阜CINEXで行われた ...

handa8 2
『劇場版 1979 はじまりの物語 はんだ山車まつり誕生秘話』愛知・岐阜先行公開記念舞台挨拶レポート

映画『劇場版 1979 はじまりの物語 はんだ山車まつり誕生秘話』の愛知・岐阜先 ...

umekiranu 3
ずっと二人で生きてきた親子の絆と世間の目(映画『梅切らぬバカ』)

毎日同じ時間に起きて、同じ時間にご飯を食べ、同じ時間に出かける。そんな息子との生 ...

nobutora 4
信玄に追放された男が武田家存続を目指して突き進む!(映画『信虎』)

武田信虎という武将をご存じだろうか。戦国武将・武田信玄の父で、横暴さが目に余り、 ...

yamamuradir 5
第54回 CINEX映画塾 山村浩二監督短編作品7本上映 トークショーレポート 

第54回CINEX映画塾が10月2日岐阜CINEXで開催された。 山村浩二監督特 ...

aruki11 6
映画『歩きはじめる言葉たち~漂流ポスト3.11をたずねて~』名古屋公開記念舞台挨拶レポート

映画『歩きはじめる言葉たち~漂流ポスト3.11をたずねて~』の公開記念舞台挨拶が ...

aruki2 7
伝えたい気持ちを抱えて(映画『歩きはじめる言葉たち~漂流ポスト3.11をたずねて~』)

佐々部清監督の突然の訃報はとにかく信じられなかった。実のところ、今でも 「新作の ...

ONODA_3 8
生きろという命令に従った30年(映画『ONODA 一万夜を越えて』

15年ほど前、テレビでオンエアされた実録ドラマを観て、小野田少尉の長い戦争を知っ ...

IRON_D18_LD_193.ARW 9
最高機密を運ぶのは一介の英国セールスマン(映画『クーリエ 最高機密の運び屋』)

役作りには余念がないベネディクト・カンバーバッチが主演と聞いたら観ないわけにはい ...

東海林毅監督 10
映画『片袖の魚』名古屋シネマテーク 東海林毅監督 舞台挨拶レポート

映画『片袖の魚』の上映が名古屋シネマテークで9月18日から始まった。 この作品は ...

bokutokanonjyotomain 11
ラリーを通して繋がる人々の輪(映画『僕と彼女とラリーと』森崎ウィンさん インタビュー)

WRC(FIA 世界ラリー選手権)をご存じだろうか。 今年11月に愛知県豊田市、 ...

yuuko1 12
正義とは?真実とは?現代の問題をえぐり出し、訴えかける作品がいよいよ日本凱旋!(映画『由宇子の天秤』)

報道とは報せる道と書く。テレビ、新聞、雑誌、本がそれにあたり、文字通り様々な出来 ...

rinjin 13
諜報員、大統領候補の生活を盗聴する(映画『偽りの隣人~ある諜報員の告白』)

日本では昨今韓国の文化が人気だ。ファッション、グルメ、アイドル、ドラマが日本のト ...

dotefu 14
映画『土手と夫婦と幽霊』名古屋舞台挨拶レポート

映画『土手と夫婦と幽霊』の初日舞台挨拶が名古屋シネマスコーレで行われ、星能豊さん ...

1630987203131 15
星能さん、ちょっと聞いてもいいですか?(映画『土手と夫婦と幽霊』星能豊さんインタビュー)

  インディーズで作品を作り続けてきた渡邉高章監督の中編『土手と夫婦と ...

watasinotonari2 16
【岐阜推し】映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』堀江貴大監督インタビュー

漫画家夫婦、5年目の危機。 妻の新作のテーマは不倫。しかもどう読んでも自分たちの ...

hamanoasahimain 17
タナダユキ監督最新作は嘘から始まった南相馬の映画館を立て直す人たちの物語(映画『浜の朝日の噓つきどもと』)

『百万円と苦虫女』、『四十九日のレシピ』や『ロマンスドール』のタナダユキ監督によ ...

ala2021_1 18
アーラ映画祭2021 ラインナップ発表!今年は5日間8作品。

岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催されるアーラ映画祭2021の全ラインナッ ...

maria1 19
原爆投下後の長崎で生きる人々を描く(映画『祈り-幻に長崎を想う刻(とき)-』)

日本には忘れてはならない過去がある。 1945年8月。広島、長崎に原子力爆弾が落 ...

IMG_20210728_134155 20
あいち国際女性映画祭2021ラインナップ発表 今年は9月2日~9月5日

あいち国際女性映画祭2021の記者発表が7月28日ウィルあいちで行われ、映画祭の ...

Bittersand3 21
映画『Bittersand』井上祐貴さん、溝口奈菜さん、搗宮姫奈さんインタビュー

映画『Bittersand』の公開記念舞台挨拶が名古屋・伏見ミリオン座で行われた ...

bokukimi 22
人を思う心は壁を超える(映画『僕が君の耳になる』)

「僕が君の耳になる」という曲をご存知だろうか。ボーカル&手話パフォーマンスグルー ...

nosari10 23
映画『のさりの島』名古屋上映初日舞台挨拶レポート

映画『のさりの島』名古屋上映初日舞台挨拶が6月19日、名古屋・名演小劇場で行われ ...

rika2 24
映画では空飛ぶ純愛モンスター。空を飛ぶのは楽しい!?(映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』高岡早紀さんインタビュー)

第2回ホラーサスペンス大賞を受賞し、累計65万部を突破した五十嵐貴久氏の人気サイ ...

©2020「名も無い日」製作委員会 25
名古屋を舞台に製作されたある家族の物語(映画『名も無い日』日比遊一監督インタビュー)

愛知県名古屋市発信の映画『名も無い日』。 記者発表から3年。満を持して公開された ...

blueheaven8 26
岐阜は大好きな場所なんです(映画『ブルーヘブンを君に』由紀さおりさんインタビュー)

岐阜を舞台にブルーヘブンという青いバラの交配に成功した女性が自身の新たな夢を見つ ...

hutuu 27
誰にでも普通の生活を送るという権利はある(映画『普通に死ぬ~いのちの自立~)』

昨年あいち国際女性映画祭で上映されたドキュメンタリー『普通に死ぬ~いのちの自立~ ...

hati1 28
映画『ハチとパルマの物語』岐阜 公開記念舞台挨拶レポート

映画『ハチとパルマの物語』上映記念舞台が5月30日岐阜大垣コロナシネマワールドで ...

nosari1 29
優しい嘘はいかが?今だからこそ『のさりの心』を伝えたい(映画『のさりの島』山本起也監督インタビュー)

熊本県島原市にある銀天街は昭和には沢山の人が集まる商店街だった。令和の今、シャッ ...

hati1 30
ロシア発。忠犬パルマと少年の友情と家族の物語(映画『ハチとパルマの物語』)

映画サイトCafe mirageでは地元岐阜で短編映画を上映するイベントMIRA ...

kurenazume1 31
あの夕暮れ時を仲間と見よう(映画『くれなずめ』)

成田凌、高良健吾、若葉竜也、藤原季節、浜野謙太、目次立樹と聞くと、ここ数年の映画 ...

Toff_Guys_Day_24_173.ARW 32
紳士=ジェントルメンの駆け引きが楽しめるガイ・リッチー監督の快作(映画『ジェントルメン』)

『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』、『スナッチ』、『シ ...

beach1 33
どこまでも自由と愛に生きる(映画『ビーチバム まじめに不真面目』)

ここまで自制心なく、欲望のまま正直に生きることが出来たら、清々しい。どこか羨まし ...

blueheaven1 34
映画『ブルーヘブンを君に』完成披露舞台挨拶レポート

映画『ブルーヘブンを君に』の完成披露舞台挨拶が 4月24日岐阜市の岐阜清流文化プ ...

©2020 “A Garden of Camellias” Film Partners 35
美しい映像の中にある家族の物語(映画『椿の庭』)

とても静かだが、心に残る映画に出会った。 美しい映像もさることながら、見終わった ...

ikiro3 36
沖縄戦時中の事実を知る (映画『生きろ 島田叡ー戦中最後の沖縄県知事』)

アジア太平洋戦争末期。すでに日本軍の敗色が濃厚だった1945年1月31日、一人の ...

sukutte1 37
金魚も彼女もすくいたい(映画『すくってごらん』)

映画紹介を耳で聴いてみませんか? stand.fmでCafemirage Rad ...

アーラ映画祭-1024x924 38
アーラ映画祭は3月20日から22日に開催!

アーラ映画祭が岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催される。 今回は3月20日 ...

main 39
『his』撮影地でドライブインシアター開催!

かつて恋人同士だった男性2人の8年ぶりの再会から物語がスタートする映画、『his ...

IMG_20210117_204050 40
コケシに捧げる愛の歌?(映画『コケシ・セレナーデ』)

2019 年初の長編自主映画となる『みぽりん』がカナザワ映画祭2019「期待の新 ...

minori1 41
第46回CINEX映画塾『実りゆく』田中要次さん×八木順一朗監督トークショーレポート

第46回CINEX映画塾『実りゆく』上映&トークショーが12月6日岐阜C ...

konosekai_chirashi 42
ポストホロコーストで残された人々を描く(映画『この世界に残されて』)

2020年米アカデミー賞国際長編映画賞ショートリストに選出され、ハンガリー映画批 ...

no image 43
明けましておめでとうございます!

Cafe Mirageの記事をご覧いただいている皆様   あけましてお ...

burai 44
昭和から平成。裏社会を生き抜いた男の物語(映画『無頼』)

さまざまなアウトサイダーたちの姿を一貫して描き続けてきた鬼才・井筒和幸監督の新作 ...

©2020『喜劇愛妻物語』製作委員会 45
第45回CINEX映画塾『喜劇 愛妻物語』足立紳監督・代情明彦プロデューサー トークレポート

第45回CINEX映画塾『喜劇 愛妻物語』上映&トークショーが11月28 ...

title1 46
女ってなんでしょうね。(映画『タイトル、拒絶』)

『タイトル、拒絶』というタイトルがまず気になった。 「ワタシの人生に、タイトルな ...

onkyo1 47
そこは奇跡が起きる場所(映画『音響ハウス Melody-Go-Round』)

ビートルズがアビーロードスタジオを愛し、あの横断歩道を渡る写真のアルバムを始め、 ...

honki4 48
第43回CINEX映画塾 『本気のしるし 劇場版』上映&トークショー レポート

第43回CINEX映画塾『本気のしるし 劇場版』の上映が岐阜CINEXで開催され ...

mrsnoisy1 49
隣人はどんな人?(映画『ミセス・ノイズィ』)

集合住宅に住めば必ずいる隣人。 隣人との良好な関係を保つのも、生活をする上で大切 ...

©2019「ばるぼら」製作委員会 50
映画『ばるぼら』は大人のファンタジー(映画『ばるぼら』手塚眞監督インタビュー)

彼女は魔女かそれともミューズか。 都会の片隅で耽美派の小説家・洋介が出会ったばる ...

royal3 51
ホテルローヤルを映像化。武正晴監督のこだわりとは?(映画『ホテルローヤル 武正晴監督インタビュー』)

ラブホテルとは日常から切り離された場所だ。一種の別世界。ここでの二人の時間は他人 ...

goze1 52
瞽女として生きた一人の女性の物語(映画『瞽女GOZE』)

日本には、盲人ながら三味線や胡弓を弾き唄い、巡業を生業とした女旅芸人がいた。「瞽 ...