Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

title1

EntaMirage! Entertainment Movie

女ってなんでしょうね。(映画『タイトル、拒絶』)

『タイトル、拒絶』というタイトルがまず気になった。
「ワタシの人生に、タイトルなんて必要なんでしょうかーーーーーー?」
キャッチコピーでさらに惹かれて観てみたら心の傷を抉られた。

12月19日から名古屋駅西口・シネマスコーレで公開の『タイトル、拒絶』。
山田佳奈監督の初長編作品が映画監督の登竜門的映画館と言われるこの場所で上映されるというのが感慨深い。

女ってなんでしょうね。女の人生の幸せってなんでしょうか。
女として生きるって…。

あらすじ

雑居ビルにあるデリヘルの事務所。華美な化粧と香水のにおいをさせながら賑やかに話している女たち。 女たちは冷蔵庫に飲み物がないとか、あの客は体臭がキツイとか、さまざまな文句を言い始め、世話係のカノウ(伊藤沙莉)はその対応に右往左往する。 店で一番人気のマヒル(恒松祐里)が仕事を終えて店へ戻ってくる。何があっても楽しそうに笑う彼女を見ながら、カノウは『カチカチ山』を思い出す。「マヒルちゃんはウサギで、自分はタヌキ。みんな賢くて可愛らしいウサギにばかり夢中になる。性悪で嫌われ者のタヌキの役になんて目もくれない」。ある日若い女が入店してきて、それまで何となく均衡が取れていた店の中での人間関係が崩れていく。

この部屋はふきだまり

デリヘルの事務所には様々な理由でそこにいる人間がいる。
デリヘル嬢を志願して来たのに行為の場になって怖じ気づいて逃げ出し、今は世話係として働くカノウ。お金を貯めて自分の思い通りになる人を雇うという夢があるNo.1デリヘル嬢のマヒル。デリヘル嬢だけど、世話係兼運転手の良太に恋するキョウコ、似た者同士だと言われ、キョウコを避けながらも心が揺れる良太、客には中出し禁止と言いながら、自分は店の女と関係を持つ山下、自分がなぜ怒られるのかと問い詰め騒ぎだすアツコ。世話係をしながら自らも金持ちの女に売りを行うハギオ。

©DirectorsBox

©DirectorsBox

集まった人間は皆「こんなところにいる人間だから」と自らがいる場所と自分に対して肯定的ではない。ただこれでしか生きていけないこともわかっていて抜け出せない。まるで風に流されてふきだまりに追い込まれたかのようにそこで生きている。

タヌキが見るウサギ達の本音の世界

自らをカチカチ山のタヌキ=脇役だというカノウは自分が出来ない、商品として女でいられるデリヘル嬢達をウサギ=主役、憧れとして見ていたが、デリヘル嬢達が自身のエゴや心の闇を明らかにしていくことで次第に考え方を変えていく。

デリヘル嬢の本音を私たちが普段聞くことはない。この映画で語られる彼女達の言葉は彼女達の心の叫び。匿名でSNSやブログで書かれたセックスワーカー達の思いがつまっている。商品として女を生きる女性達の力強さを感じることが出来る。

ロ字ックの舞台戯曲を映画化!

監督、脚本は劇団・ロ字ックの主宰でNetflix『全裸監督』の脚本も担当している山田佳奈。2013年にロ字ックで上演した作品を映画化した。長編映画は初めてだが、本作でも第32回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門でワールドプレミアム上映を飾り、海外でも話題を呼んでいる。

カノウを演じるのはこの役を誰にも渡したくなかったという伊藤沙莉。ドラマ『獣になれない私たち』での明るいOLや、ドラマ『いいね!光源氏くん』の光源氏との恋にときめく女子と映画やドラマの話題作にメインキャストとして立て続けに出演しているが、ブレイクまでは、脇役として様々な役を演じてきた。その中で彼女を印象づけるのはハスキーボイス。時には強い口調にも聞こえ、寂しくも聞こえる。『獣道』の時からずっと魅力的だと思っていた。本作でも遺憾なくその魅力がカノウの叫びとして発揮される。東京国際映画祭では東京ジェムストーン賞に選出された。笑顔の裏に深い闇を抱えるマヒロを演じる恒松祐里、キョウコ役の森田想、良太役の田中俊介の演技も光る。

©DirectorsBox

©DirectorsBox

誰しもが物語の主人公だといわれるときもある。

しかしヒロインになれない女だっている。どんなに頑張ったって、どんなに求めたって欲しいものが得られず、脇役しか歩めない女だっている。

かわいいからいい、不細工だからだめ?愛嬌を振り撒ければイイ女、人見知りはイケてない女?

女らしくなれない筆者はカノウに自身を重ね合わせ、クライマックスのカノウの気持ちに同調した。でも女として見てもらえないのも寂しくて、そう思ってしまう自分が嫌いで。観ているとそこに自分がいるみたいで苦しい。そんな生き方でも人生は人生だ。不器用でも生きていくしかないことも知っている。

デリヘル嬢の世界というと腰が引けて観られない人もいるかもしれないが、観て欲しい。彼女達は鏡の向こうの私たちかもしれない。

映画『タイトル、拒絶』(R15+)https://lifeuntitled.info/ は全国順次上映中。12月19日より名古屋駅西口・シネマスコーレ、12月18日よりユナイテッド・シネマ豊橋18にて公開。
2月にはロ字ックの舞台も再上演される。
ロ字ック『タイトル、拒絶』
http://www.roji649.com/kyozetsu/

 

-EntaMirage!, Entertainment, Movie

おすすめの記事はこれ!

mikaeri1 1
見返りを求める男と恩を仇で返す女。その先にあるもの(映画『神は見返りを求める』)

タイトルを聞いたとき「神は見返りをもとめない」ものじゃないの?と思った。ただ、そ ...

MKE2022_24 2
3年ぶり開催!第9回MKE映画祭レポート

第9回MKE映画祭が6月18日岐阜県図書館多目的ホールで開催されました。 3年ぶ ...

PLAN75_1 3
生き続けていくことはいけないことか(映画『PLAN 75』)

少子高齢化社会となった日本には様々な問題がある。老老介護、孤独死、虐待という家庭 ...

huyusoubi9 4
映画『冬薔薇(ふゆそうび)』伊藤健太郎さん、阪本順治監督登壇名古屋舞台挨拶レポート

映画『冬薔薇(ふゆそうび)』の公開記念舞台挨拶が6月11日名古屋ミッドランドスク ...

kimiton 5
女子高生、日本の経済にもの申す!(映画『君たちはまだ長いトンネルの中』なるせゆうせい監督インタビュー)

2019年に発売されネット上で話題を呼んだ漫画「こんなに危ない!? 消費増税」を ...

officer1 6
自身の信念のもとに冤罪を暴く(映画『オフィサー・アンド・スパイ』)

捏造、冤罪。あってはならないのだが、どの時代にも起こる出来事だ。 フランスで起こ ...

otona_4 7
木竜麻生さん登壇!メ~テレ映画祭『わたし達はおとな』先行上映舞台挨拶レポート

今年開局60周年を迎える名古屋のテレビ局メ~テレは映画製作にも非常に力を入れてい ...

20soul1 8
今も受け継がれる神曲・市船Soul。それは魂がこもる大切な曲(映画『20歳のソウル』)

ある番組の吹奏楽の旅を観る度に号泣している。 私は決して吹奏楽部ではない。コーラ ...

haganeiro9 9
OUTRAGE×現代の若者 名古屋で生きる人達(映画『鋼音色の空の彼方へ』舞台挨拶レポート)

コロナ禍を経て、名古屋発の映画が奇しくも同じ日に2本公開された。一本は先日紹介し ...

mamoriya8 10
僕らの映画はここからはじまったばかり(映画『護り屋「願い」』舞台挨拶レポート)

名古屋発の映画が『護り屋「願い」』が5月20日に公開された。 映画『護り屋「願い ...

creatures 11
人気映画を支えてきた特撮、特殊効果のクリエイター達(映画『クリーチャー・デザイナーズ 特殊効果の魔術師たち』)

映画にはさまざまなジャンルがある。その中でも私たちを日常にはない興奮に誘ってくれ ...

received_2215697365258741 12
「灰色の家族」という台本(物語)が呼び覚ます忌まわしい記憶 KURAGE CLUB新作『灰色の家族』上映会開催

名古屋の自主映画団体KURAGE CLUBが新作『灰色の家族』の上映を5月22日 ...

sanka1 13
撮りたいという強い思いの結晶がいよいよ公開(映画『山歌』)

山の中を漂流して暮らす人々が戦後あたりまでいたことを知ったのは「やすらぎの刻」と ...

bokemasukara1 14
第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあさん』信友直子監督トークレポート

第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあ ...

ashitajyugyou6 15
『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 シアターカフェ 舞台挨拶レポート

『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 が4月30日から ...

Ngoutou1 16
映画『N号棟』公開初日 萩原みのりさん、後藤庸介監督登壇 舞台挨拶レポート

とある地方都市に、かつて霊が出るという噂で有名な団地があった。このとある地方都市 ...

sikei 17
阿部サダヲ×シリアルキラー榛村大和が更なる魅力を生む(映画『死刑にいたる病』白石和彌監督・阿部サダヲさんインタビュー)

白石和彌監督の作品にはいつも心を持っていかれる。 5月6日(金)から公開の新作『 ...

ashitajyugyou6 18
ゴールデンウィークに『あした、授業参観いくから』+安田真奈監督ショートフィルム選 上映 シアターカフェで

安田真奈監督とお会いしたのはあいち国際女性映画祭だった。 『36.8℃ サンジュ ...

cmoncmon 19
『パリ13区』『カモン カモン』モノクロの魅力を知りたい二作品

4月22日(金)公開の作品には偶然にもモノクロ映画が2作品ある。 『ジョーカー』 ...

sikei 20
白石和彌監督、阿部サダヲさん登壇! 映画『死刑にいたる病』名古屋先行上映舞台挨拶レポート

映画『死刑にいたる病』舞台挨拶付き先行上映会が4月16日、名古屋ミッドランドスク ...

truth11 21
第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』堤幸彦監督、広山詞葉さん、生島翔さんトークレポート

第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』が3月27日岐阜CINE ...

received_348460247337278 22
映画の街・岐阜が動き出す  映画『逆光』とのコラボで柳ケ瀬が70年代一色になる?! 映画『逆光』試写会 トークレポート

4月4日、岐阜ロイヤル劇場にて映画『逆光』の試写会と須藤蓮監督の舞台挨拶が行われ ...