Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

biglittle5

EntaMirage! Movie

ここは地球に愛される農場(映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』)

自分達で一から作る生活というのは軌道に乗るまでがとても大変だ。

「自然と共存する農場を作る」

妻の夢に共感した夫は投資家たちの力を借りながらロサンゼルスから1時間のところにある広大な場所を手に入れた。しかし、土地は荒れていて全く生物が育たない。そこから時間をかけて農場を作り上げていくことは簡単なことではなかった。

映画監督だった夫のジョン・チェスターはその8年の軌跡を逐一記録として映像に収め、一つのドキュメンタリー映画を作った。それが映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』だ。

きっかけは一匹の保護犬

ロサンゼルスのアパートに住んでいるジョンとモリーの夫妻は殺処分寸前の犬を保護し、トッドと名付け、一緒に生活し始めるが、トッドの鳴き声が原因でアパートを追い出されてしまう。どこに住んでも近所迷惑になってしまい、料理家の妻モリーは、それを契機に本当に体にいい食べ物を育てるという夢を持って夫婦で郊外へと移り住むことを決心する。しかし、そこに広がっていたのは200エーカー(東京ドーム約17個分)もの荒れ果てた農地だった。

師匠の教えを信じて

大きな場所を手に入れ、荒廃した土地を有機農法の一つであるバイオダイナミック農法を用いて再生し、循環させる農業を営む計画を立てていた妻のモリー。自分たちで石ころを排除したり、地下水を汲み上げて灌漑設備を整えたりしていたが、なかなかうまくいかず、バイオダイナミックスの第一人者であるアラン・ヨークに助言を求める。死んだ土を生き返らせるというアランの言葉を信じてモリーは一度植えた植物を伐採し、土と一緒に混ぜ合わせる。鳥や豚、羊を飼い、それらの糞を葉や草と混ぜ、大量のミミズに分解させて自然の肥料にしていく。地面を覆う被覆作物を植え、それを家畜が食べ、糞をし、それを肥料に果実を育てる。モリーはアランを師匠と仰ぎ、アランの言葉を信じて突き進んでいく。本当に出来るのかと半信半疑な気持ちで手伝いながら夫のジョンは少しずつ変化していく農場を映像に記録していった。

自然の摂理に向き合うために観察する

一つ何かが順調に進んだと思えば何かがうまくいかないということの繰り返しの数年間。
果実を食べる鳥たち、樹木を枯らすカタツムリ。家畜を食べにやってくるコヨーテ。人間が駆除して一旦は収まってもまた同じことが起こる。命を大切にしようと犬のトッドを助けたはずなのにコヨーテを撃ち殺してしまったジョンはどうすればうまく共生できるのかを改めて考える。モリーとジョンは動物たちや鳥たちを観察し、カモはカタツムリが大好きであること、コヨーテは土地を荒らすホリネズミも食べることに気がつき、次第に農場内の食物連鎖の流れをうまく変えていくことに成功する。
生物達はどうすればよいのかを人間に教えてくれていたのだ。
干ばつや突然の水害を被りながらもジョンとモリーは自分たちと同じ考えを持つ仲間たちに支えられ、8年目には豊潤な土地から生まれた果実を出荷する大きく豊かなアプリコット・レーン農場を経営していた。

DCIM100GOPRO

これからも地球で生きていくために

地球で生きている生物の一つとしてこれからも長く持続可能な社会を作る。モリーの「自然と共存する農場を作る」という夢は世界で今推奨されている活動スタイルだ。サスティナブルという言葉を聞いたことがあるだろうか。サスティナブル(英語: sustainable)とは、人間の活動が自然環境や資源に悪影響を与えず、かつその活動を維持できる様を表している。人間の利益のために生態系を無理矢理歪めることをせず、生態系の循環の中に人間がうまく入り込み、自然の流れに合わせて自分達の食糧を得ることが理想の姿だ。

その正しい循環を得るには確かに時間はかかる。だが人間がしっかりと地球の生態系に向き合い、取り組めばちゃんと地球は応えてくれる。

biglittle6

地球に優しい生き方をモリーは目指し、ジョンはそれに共感して映画にし、世界に広めた。アプリコット・レーン農場には世界中から見学者が訪れるという。

ジョンとモリーのように実践するのはすぐには難しいが、小さなことから、身近なことから自分に出来る活動をしたいと思った。少しでもゴミをなくす、電気を節約する、人に優しくする。

みんなが少しずつやれば小さな力も大きくなる。

ジョンとモリーの活動を通して自然や生き物との本当の共生の意味を教えられた気がした。

映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』http://synca.jp/biglittle/は現在全国順次公開中。
3月28日より愛知 伏見ミリオン座、ミッドランドシネマ名古屋空港、MOVIX三好で
4月25日より三重 伊勢進富座で公開。岐阜CINEXでも順次公開予定。

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

ikiro3 1
沖縄戦時中の事実を知る (映画『生きろ 島田叡ー戦中最後の沖縄県知事』)

アジア太平洋戦争末期。すでに日本軍の敗色が濃厚だった1945年1月31日、一人の ...

sukutte1 2
金魚も彼女もすくいたい(映画『すくってごらん』)

映画紹介を耳で聴いてみませんか? stand.fmでCafemirage Rad ...

アーラ映画祭-1024x924 3
アーラ映画祭は3月20日から22日に開催!

アーラ映画祭が岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催される。 今回は3月20日 ...

main 4
『his』撮影地でドライブインシアター開催!

かつて恋人同士だった男性2人の8年ぶりの再会から物語がスタートする映画、『his ...

IMG_20210117_204050 5
コケシに捧げる愛の歌?(映画『コケシ・セレナーデ』)

2019 年初の長編自主映画となる『みぽりん』がカナザワ映画祭2019「期待の新 ...

minori1 6
第46回CINEX映画塾『実りゆく』田中要次さん×八木順一朗監督トークショーレポート

第46回CINEX映画塾『実りゆく』上映&トークショーが12月6日岐阜C ...

konosekai_chirashi 7
ポストホロコーストで残された人々を描く(映画『この世界に残されて』)

2020年米アカデミー賞国際長編映画賞ショートリストに選出され、ハンガリー映画批 ...

no image 8
明けましておめでとうございます!

Cafe Mirageの記事をご覧いただいている皆様   あけましてお ...

burai 9
昭和から平成。裏社会を生き抜いた男の物語(映画『無頼』)

さまざまなアウトサイダーたちの姿を一貫して描き続けてきた鬼才・井筒和幸監督の新作 ...

©2020『喜劇愛妻物語』製作委員会 10
第45回CINEX映画塾『喜劇 愛妻物語』足立紳監督・代情明彦プロデューサー トークレポート

第45回CINEX映画塾『喜劇 愛妻物語』上映&トークショーが11月28 ...

title1 11
女ってなんでしょうね。(映画『タイトル、拒絶』)

『タイトル、拒絶』というタイトルがまず気になった。 「ワタシの人生に、タイトルな ...

onkyo1 12
そこは奇跡が起きる場所(映画『音響ハウス Melody-Go-Round』)

ビートルズがアビーロードスタジオを愛し、あの横断歩道を渡る写真のアルバムを始め、 ...

honki4 13
第43回CINEX映画塾 『本気のしるし 劇場版』上映&トークショー レポート

第43回CINEX映画塾『本気のしるし 劇場版』の上映が岐阜CINEXで開催され ...

mrsnoisy1 14
隣人はどんな人?(映画『ミセス・ノイズィ』)

集合住宅に住めば必ずいる隣人。 隣人との良好な関係を保つのも、生活をする上で大切 ...

©2019「ばるぼら」製作委員会 15
映画『ばるぼら』は大人のファンタジー(映画『ばるぼら』手塚眞監督インタビュー)

彼女は魔女かそれともミューズか。 都会の片隅で耽美派の小説家・洋介が出会ったばる ...

royal3 16
ホテルローヤルを映像化。武正晴監督のこだわりとは?(映画『ホテルローヤル 武正晴監督インタビュー』)

ラブホテルとは日常から切り離された場所だ。一種の別世界。ここでの二人の時間は他人 ...

goze1 17
瞽女として生きた一人の女性の物語(映画『瞽女GOZE』)

日本には、盲人ながら三味線や胡弓を弾き唄い、巡業を生業とした女旅芸人がいた。「瞽 ...