Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

『天国と地獄』

EntaMirage! Movie

あいち国際女性映画祭2018ラインナップ発表

「あいち国際女性映画祭2018」の記者会見&ラインナップ発表が7月11日、映画祭の開場にもなる名古屋市のウィルあいちで行われた。

「あいち国際女性映画祭」は国内外の女性監督による作品、女性に注目した作品を集めた国内唯一の国際女性映画祭で今年で23回目の開催。今年は9月5日(水)~9月9日(日)に行われる。

記者発表では今年のポスターデザイン、ラインナップの発表、ゲストの発表が行われた。


今年は日本初公開3作品、愛知初公開13作品を含む全32作品を名古屋市のウィル愛知、ミッドランドスクエアシネマ、弥富市、半田市で上映する。

特別企画のゲストは仲代達矢さん、橋爪功さん、はるな愛さん

特別企画は4つ。山田洋次監督の『妻よ薔薇のように 家族はつらいよ3』、黒澤明監督の『天国と地獄』の上映では聞き手を元黒澤映画製作助手で本映画祭の運営委員会顧問でもある野上照代さんがつとめ、ゲストに橋爪功さん(『妻よバラのように』)、仲代達矢さん(『天国と地獄』)を迎えて映画の現場の様子や今までの俳優人生を伺う。『MIFUNE:THE LAST SAMURAI』の上映後は野上照代さんとシネマスコーレの支配人で本映画祭のディレクターである木全純治さんが三船敏郎さんの魅力や映画撮影の裏側についてトークを行う。『ポッピー ハリウッドに行く Redux』でははるな愛さんをゲストに迎え国内外のLGBTの状況や問題を考える。

名古屋を舞台にした映画を上映する企画も

名古屋などの地元を舞台とした作品が上映されることも今年の注目点だ。いつも違う都市の一部としてロケ地になることが多い名古屋。
その名古屋をしっかりと名古屋として描いている作品を今回は上映する。
第二次世界大戦中に名古屋の強制収容所で過酷な体験をしたイタリア人家族を追うドキュメンタリー『梅の木の俳句』、名古屋市、長久手市、美浜町で撮影されたチェ・スヨン、田中俊介(BOYS AND MEN)出演の『デッドエンドの思い出』の特別試写会が開催される。

『デッドエンドの思い出』

『デッドエンドの思い出』

 

国内外から監督が来場予定。コンペ部門も。

上映に伴い、国内外から監督も来場予定で、上映後には質問もできるトークが企画されている。
コンペティション部門は長編3作品、短編10作品がノミネートされており、短編部門は9月7日(金)に一挙10作品を上映し、翌9月8日(土)に結果が発表される。観客賞も設けられており、観客が投票できるのでぜひ足を運んでほしい。

トークイベントや舞台挨拶は全て手話通訳付き。『MIFUNE THE LAST SAMURAI』、『天国と地獄』にはシーンボイスガイドがつく。託児も事前予約制だが先着順で受け付ける。

 

共催市である弥富市では9月8日(土)に国内初公開となるドキュメンタリー『いのちの深呼吸』(ミッドランドスクエアシネマでも9月5日(水)に上映)、半田市では9月8日(土)に愛知初公開となる『36.8℃ サンジュウロクドハチブ』(ウィルあいちでも9月9日(日)に上映)が上映される。

『いのちの深呼吸』

『いのちの深呼吸』

 

チケットの発売は7月25日よりあいち国際女性映画祭事務局他で発売(共催市については各市での発売)。作品によってチケットの販売金額が違うため上映作品スケジュールとチケット料金はあいち国際女性映画祭公式ホームページ(http://www.aiwff.com/2018/)で確認してほしい。

 

 

-EntaMirage!, Movie
-

おすすめの記事はこれ!

centerline1 1
じわじわきているインディーズ映画2本が名古屋で同時上映中!『センターライン』『さらば大戦士トゥギャザーV』初日イベントレポート

映画『さらば大戦士トゥギャザーV』、『センターライン』の名古屋上映が名駅のシネマ ...

place1 2
欲望と欲望が交差するカフェ ザ・プレイス(映画『ザ・プレイス 運命の交差点』)

人は誰でも欲望を持つ。今までに叶わなかった欲望も沢山あるだろう。もし、「これをす ...

55443345_2189956214435052_3257495925353873408_o 3
来週いよいよロードショー・映画『センターライン』吉見茉莉奈さんインタビュー

Cafe mirageが推し続けている映画『センターライン』。 昨年の完成披露か ...

kibaiyanse7 4
映画『きばいやんせ!私』武正晴監督、坂田聡さん、眼鏡太郎さんインタビュー&舞台挨拶レポート

映画『きばいやんせ!私』の舞台挨拶が名古屋のセンチュリーシネマで行われた。 『き ...

yukiguni1 5
カクテルとバーテンダーの人柄からうまれるBARという空間(映画『YUKIGUNI』)

明治時代に海外から日本に伝わり、時間をかけて日本で愛される飲み物になったカクテル ...

together1 6
ヒーローが役目を終える時、真のストーリーが始まる(映画『さらば大戦士トゥギャザーV』松本純弥監督インタビュー)

3月23日から1週間池袋シネマ・ロサで上映される『さらば大戦士トゥギャザーV』。 ...

zan6 7
第27回CINEX映画塾『斬、』池松壮亮さん×塚本晋也監督トークショー レポート

岐阜で良質の映画をと岐阜新聞映画部が企画し、出演者、監督などのトークと一緒にお届 ...

kazokuwari1 8
映画『かぞくわり』塩崎祥平監督×弓手研平さん 名古屋舞台挨拶レポート

名古屋・名演小劇場で絶賛公開中の映画『かぞくわり』。2月28日上映後には劇中の絵 ...

kazokuwari1 9
歴史が残る奈良で今の家族のあり方を見つめる(映画『かぞくわり』塩崎祥平監督インタビュー)

中将姫が出てくると聞いたのがこの映画を観るきっかけだった。岐阜市には中将姫誓願桜 ...

bokuiko_o7 10
ぼくいこ公開記念 大垣試写会 宮川サトシさん×大森立嗣監督トークショー公開!

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』の試写会が2月3日映画の撮影 ...

bon1 11
受け継がれる唄と共に生きる(映画『盆唄』)

2011年の東日本大震災からまもなく8年。震災後の人々を描く新たなドキュメンタリ ...

nekkojii3 12
猫との撮影の裏側を聞く(映画『ねことじいちゃん』立川志の輔さん、岩合光昭監督インタビュー)

心が温まるコミック『ねことじいちゃん』が実写化。監督は猫を撮らせるならこのひと。 ...

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。
2019年2月22日(金)全国順次ロードショー 配給:アスミック・エース 13
お母さんへの愛があふれとるよ、この映画(映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』大森立嗣監督インタビュー)

岐阜が舞台の作品がまた一つ出来上がった。 岐阜と言えばアニメというイメージが強い ...

kazokuwari1 14
歴史が残る奈良で今の家族のあり方を見つめる(映画『かぞくわり』塩崎祥平監督インタビュー)

中将姫が出てくると聞いたのがこの映画を観るきっかけだった。岐阜市には中将姫誓願桜 ...

DSC_0058 15
役者も観客もしびれるとがった作品をー『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』三上博史&宅間孝行監督インタビュー

1月18日から公開中の『LOVEHOELに於ける情事とPLANの涯て』。 昔のレ ...

DSC_0055 16
岐阜ふらっと探訪②‐思い出の釜めしに偶然出会う‐

釜めしって味加減とか火加減とかがとても難しい食べ物だと思う。 小さな頃、母が若い ...

zan 17
CINEX映画塾に池松壮亮さん登壇決定!(第27回CINEX映画塾『斬、』上映&トークショー)

2019年1回目の「CINEX映画塾」となる第27回目CINEX映画塾の追加ゲス ...

18
閉店を前に感謝祭を開催ー大須・シアターカフェ

2012年4月に大須にオープンしたシアターカフェは映画を製作する人々にとって大切 ...

uchi3 19
88歳、70年前に戻る旅(映画『家へ帰ろう』)

人生の終わりが見えて来たとき、人生を振り返り、やり残したことをやろうとする人は多 ...