Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

グレート・ミュージアム

EntaMirage! Movie

歴史を守る美術館の今(映画『グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状』)

オーストリアの首都ウィーン。
音楽の都と言われているが音楽の都になったのは
音楽家を保護した富裕層が住んでいたからであることを
忘れてはならない。
足を踏み入れた途端
中世にタイムスリップしたのではないかと
錯覚した記憶があるこの都市はハプスブルク朝の都だった。

それだけに沢山の歴史あるものが存在する。
ウィーンにまた行けるのであれば行きたいのは
今回紹介する『グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状』の舞台
ウィーン美術史美術館だ。

シェーンブルン宮殿同様、
日本人にも大変人気のあるスポット。
鑑賞するには少なくとも半日、じっくり見れば優に1日はかかる
大きな美術館だ。

ウィーン美術史美術館とは

1871年、ハプスブルク家皇帝フランツ=ヨーゼフ1世
(ミュージカル『エリザベート』で有名なエリザベート妃の夫)
の命により建設がスタートし、1891年に開館した。
13世紀からオーストリアを実質支配したハプスブルク王朝は
この後1918年、第一次世界大戦後に崩壊するが、
美術館は歴代の君主たちによる収集品をはじめとする数々の美術品を所蔵。
その数は絵画だけで7000点を超える。
ハプスブルク家の歴代皇帝たちが集めた膨大な数の美術品を所蔵し、
今年で創立125周年を迎えた。
収蔵作品は、クラーナハ、フェルメール、カラヴァッジオ、ベラスケスなどの名画から
絢爛豪華な美術工芸品まであらゆるものがある。
ブリューゲル・コレクションは世界最多を誇る。
「バベルの塔」はいつか直に見てみたい作品だ。

製作陣が見た偉大なる美術館の裏側

『グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状』は
創立120年の節目に取り掛かった大規模な改装工事に2年以上にわたり密着した。
天井画や壁画などまるで宮殿のような豪華な装飾だけでなく、
美術品の収蔵庫、修復作業場、閉館後の館内や会議室など、
通常は見ることのできない美術館の姿をとらえていく。
カメラとマイクがとらえたものが全て。
空間の広さや美しい絵画を直接自分の目で見ているような映像。
音楽やインタビューはない。あるのはこの美術館で聞こえる音。
宮殿のような広さの美術館を歩く足音、人々の会話。
そして。美術館運営の裏で展開される美術館を存続させるための
駆け引きの会話が聞こえてくる。

撮影と同時に録音を行い、ナレーションはつけないという「ダイレクトシネマ」
というドキュメンタリーの撮影方式でこの作品は撮影されている。

美術館で働く様々な人々

館長、学芸員、修復家から清掃員に至るまで。
美術館は個性的なスタッフたちが集まる小さなコミュニティ。
組織で働く苦労や、芸術を扱う仕事が持つ困難さをリアルに映し出す。
美術館のブランド戦略をめぐってもめる会議。
収支バランスばかりを気にする経営陣。
完璧主義の修復家。
いいものを見せたいと思う気持ちと
出来るだけ膨れ上がる予算を抑えたい気持ち。
どちらもよくわかる。

芸術にはお金がかかる。
守りか刷新か。
様々な思いが職員達に沸き起こっている。

伝統を守るために。
年々値上がりする入場料。
削られる予算。
やりたいことをやりたい。
でもお金には限りがある。

もっと美しく直したい。でも時間の限界がある。

限りがある中でそれぞれが自分の思いを
叶えたいと奮闘する姿をいくつも見ることができる。gm-sub1

過去の遺産をただ見せているわけではない。
美術館として建てられた場所だからこその利点と新しさの融合
昔のものを新しいものへと変換させる。
ウィーン美術史美術館は新たな時代に入っている。

『グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状』
http://thegreatmuseum.jp/
ヒューマントラストシネマ有楽町他で全国順次公開中。
名古屋地区では名演小劇場で12月3日より公開。

 

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

mikaeri1 1
見返りを求める男と恩を仇で返す女。その先にあるもの(映画『神は見返りを求める』)

タイトルを聞いたとき「神は見返りをもとめない」ものじゃないの?と思った。ただ、そ ...

MKE2022_24 2
3年ぶり開催!第9回MKE映画祭レポート

第9回MKE映画祭が6月18日岐阜県図書館多目的ホールで開催されました。 3年ぶ ...

PLAN75_1 3
生き続けていくことはいけないことか(映画『PLAN 75』)

少子高齢化社会となった日本には様々な問題がある。老老介護、孤独死、虐待という家庭 ...

huyusoubi9 4
映画『冬薔薇(ふゆそうび)』伊藤健太郎さん、阪本順治監督登壇名古屋舞台挨拶レポート

映画『冬薔薇(ふゆそうび)』の公開記念舞台挨拶が6月11日名古屋ミッドランドスク ...

kimiton 5
女子高生、日本の経済にもの申す!(映画『君たちはまだ長いトンネルの中』なるせゆうせい監督インタビュー)

2019年に発売されネット上で話題を呼んだ漫画「こんなに危ない!? 消費増税」を ...

officer1 6
自身の信念のもとに冤罪を暴く(映画『オフィサー・アンド・スパイ』)

捏造、冤罪。あってはならないのだが、どの時代にも起こる出来事だ。 フランスで起こ ...

otona_4 7
木竜麻生さん登壇!メ~テレ映画祭『わたし達はおとな』先行上映舞台挨拶レポート

今年開局60周年を迎える名古屋のテレビ局メ~テレは映画製作にも非常に力を入れてい ...

20soul1 8
今も受け継がれる神曲・市船Soul。それは魂がこもる大切な曲(映画『20歳のソウル』)

ある番組の吹奏楽の旅を観る度に号泣している。 私は決して吹奏楽部ではない。コーラ ...

haganeiro9 9
OUTRAGE×現代の若者 名古屋で生きる人達(映画『鋼音色の空の彼方へ』舞台挨拶レポート)

コロナ禍を経て、名古屋発の映画が奇しくも同じ日に2本公開された。一本は先日紹介し ...

mamoriya8 10
僕らの映画はここからはじまったばかり(映画『護り屋「願い」』舞台挨拶レポート)

名古屋発の映画が『護り屋「願い」』が5月20日に公開された。 映画『護り屋「願い ...

creatures 11
人気映画を支えてきた特撮、特殊効果のクリエイター達(映画『クリーチャー・デザイナーズ 特殊効果の魔術師たち』)

映画にはさまざまなジャンルがある。その中でも私たちを日常にはない興奮に誘ってくれ ...

received_2215697365258741 12
「灰色の家族」という台本(物語)が呼び覚ます忌まわしい記憶 KURAGE CLUB新作『灰色の家族』上映会開催

名古屋の自主映画団体KURAGE CLUBが新作『灰色の家族』の上映を5月22日 ...

sanka1 13
撮りたいという強い思いの結晶がいよいよ公開(映画『山歌』)

山の中を漂流して暮らす人々が戦後あたりまでいたことを知ったのは「やすらぎの刻」と ...

bokemasukara1 14
第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあさん』信友直子監督トークレポート

第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあ ...

ashitajyugyou6 15
『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 シアターカフェ 舞台挨拶レポート

『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 が4月30日から ...

Ngoutou1 16
映画『N号棟』公開初日 萩原みのりさん、後藤庸介監督登壇 舞台挨拶レポート

とある地方都市に、かつて霊が出るという噂で有名な団地があった。このとある地方都市 ...

sikei 17
阿部サダヲ×シリアルキラー榛村大和が更なる魅力を生む(映画『死刑にいたる病』白石和彌監督・阿部サダヲさんインタビュー)

白石和彌監督の作品にはいつも心を持っていかれる。 5月6日(金)から公開の新作『 ...

ashitajyugyou6 18
ゴールデンウィークに『あした、授業参観いくから』+安田真奈監督ショートフィルム選 上映 シアターカフェで

安田真奈監督とお会いしたのはあいち国際女性映画祭だった。 『36.8℃ サンジュ ...

cmoncmon 19
『パリ13区』『カモン カモン』モノクロの魅力を知りたい二作品

4月22日(金)公開の作品には偶然にもモノクロ映画が2作品ある。 『ジョーカー』 ...

sikei 20
白石和彌監督、阿部サダヲさん登壇! 映画『死刑にいたる病』名古屋先行上映舞台挨拶レポート

映画『死刑にいたる病』舞台挨拶付き先行上映会が4月16日、名古屋ミッドランドスク ...

truth11 21
第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』堤幸彦監督、広山詞葉さん、生島翔さんトークレポート

第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』が3月27日岐阜CINE ...

received_348460247337278 22
映画の街・岐阜が動き出す  映画『逆光』とのコラボで柳ケ瀬が70年代一色になる?! 映画『逆光』試写会 トークレポート

4月4日、岐阜ロイヤル劇場にて映画『逆光』の試写会と須藤蓮監督の舞台挨拶が行われ ...