Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

グレート・ミュージアム

EntaMirage! Movie

歴史を守る美術館の今(映画『グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状』)

オーストリアの首都ウィーン。
音楽の都と言われているが音楽の都になったのは
音楽家を保護した富裕層が住んでいたからであることを
忘れてはならない。
足を踏み入れた途端
中世にタイムスリップしたのではないかと
錯覚した記憶があるこの都市はハプスブルク朝の都だった。

それだけに沢山の歴史あるものが存在する。
ウィーンにまた行けるのであれば行きたいのは
今回紹介する『グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状』の舞台
ウィーン美術史美術館だ。

シェーンブルン宮殿同様、
日本人にも大変人気のあるスポット。
鑑賞するには少なくとも半日、じっくり見れば優に1日はかかる
大きな美術館だ。

ウィーン美術史美術館とは

1871年、ハプスブルク家皇帝フランツ=ヨーゼフ1世
(ミュージカル『エリザベート』で有名なエリザベート妃の夫)
の命により建設がスタートし、1891年に開館した。
13世紀からオーストリアを実質支配したハプスブルク王朝は
この後1918年、第一次世界大戦後に崩壊するが、
美術館は歴代の君主たちによる収集品をはじめとする数々の美術品を所蔵。
その数は絵画だけで7000点を超える。
ハプスブルク家の歴代皇帝たちが集めた膨大な数の美術品を所蔵し、
今年で創立125周年を迎えた。
収蔵作品は、クラーナハ、フェルメール、カラヴァッジオ、ベラスケスなどの名画から
絢爛豪華な美術工芸品まであらゆるものがある。
ブリューゲル・コレクションは世界最多を誇る。
「バベルの塔」はいつか直に見てみたい作品だ。

製作陣が見た偉大なる美術館の裏側

『グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状』は
創立120年の節目に取り掛かった大規模な改装工事に2年以上にわたり密着した。
天井画や壁画などまるで宮殿のような豪華な装飾だけでなく、
美術品の収蔵庫、修復作業場、閉館後の館内や会議室など、
通常は見ることのできない美術館の姿をとらえていく。
カメラとマイクがとらえたものが全て。
空間の広さや美しい絵画を直接自分の目で見ているような映像。
音楽やインタビューはない。あるのはこの美術館で聞こえる音。
宮殿のような広さの美術館を歩く足音、人々の会話。
そして。美術館運営の裏で展開される美術館を存続させるための
駆け引きの会話が聞こえてくる。

撮影と同時に録音を行い、ナレーションはつけないという「ダイレクトシネマ」
というドキュメンタリーの撮影方式でこの作品は撮影されている。

美術館で働く様々な人々

館長、学芸員、修復家から清掃員に至るまで。
美術館は個性的なスタッフたちが集まる小さなコミュニティ。
組織で働く苦労や、芸術を扱う仕事が持つ困難さをリアルに映し出す。
美術館のブランド戦略をめぐってもめる会議。
収支バランスばかりを気にする経営陣。
完璧主義の修復家。
いいものを見せたいと思う気持ちと
出来るだけ膨れ上がる予算を抑えたい気持ち。
どちらもよくわかる。

芸術にはお金がかかる。
守りか刷新か。
様々な思いが職員達に沸き起こっている。

伝統を守るために。
年々値上がりする入場料。
削られる予算。
やりたいことをやりたい。
でもお金には限りがある。

もっと美しく直したい。でも時間の限界がある。

限りがある中でそれぞれが自分の思いを
叶えたいと奮闘する姿をいくつも見ることができる。gm-sub1

過去の遺産をただ見せているわけではない。
美術館として建てられた場所だからこその利点と新しさの融合
昔のものを新しいものへと変換させる。
ウィーン美術史美術館は新たな時代に入っている。

『グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状』
http://thegreatmuseum.jp/
ヒューマントラストシネマ有楽町他で全国順次公開中。
名古屋地区では名演小劇場で12月3日より公開。

 

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

1
みんなが僕のストレージ(映画『クソ野郎と美しき世界』名古屋舞台挨拶レポート)

映画『クソ野郎と美しき世界』公開記念舞台挨拶が名古屋ミッドランドスクエアシネマで ...

IMG_20180205_115556 2
中川運河の魅力を伝える短編集(『Filmusic in 中川運河・秋』)

名古屋都市センター【中川運河助成ARToC10】の助成事業として製作されている短 ...

dav 3
自分の心の中を見たら(『ミュージカル ジキル&ハイド』)

ミュージカル『ジキル&ハイド』 2018年3月25日(日) 13:00  名古屋 ...

4
今を、そしてこれからを生きる(映画『一陽来復 Life Goes On』)

東日本大震災から6年。 6年という月日が早いのか遅いのか。それは人それぞれ感覚が ...

5
映画『レオン』名古屋初日舞台挨拶レポート

映画『レオン』公開初日舞台挨拶が名古屋ミッドランドスクエアシネマで行われた。 こ ...

@2017 ASESORIAS Y PRODUCCIONES FABULA LIMITADA; PARTICIPANT PANAMERICA, LCC; KOMPLIZEN FILM GMBH; SETEMBRO CINE, SLU; AND LELIO Y MAZA LIMITADA 6
あなたが愛した私でいたい(映画『ナチュラルウーマン』)

前情報は全く入れずに鑑賞し始めた映画『ナチュラルウーマン』。 ナイトクラブで歌う ...

ビガイルド 7
女の園に男が一人。さて何が起こる?(映画『ビガイルド 欲望のめざめ』)

女の怖さを知っているのは男より女だと思う。女はいつか敵になるかもしれないのになぜ ...

8
悠久の流れ長江・何度も巡り合う男と女(映画『長江 愛の詩』)

中国・長江。 世界の三大河川に数えられるこの河は全長3600キロ。中国を横断する ...

9
岐阜新聞映画部の新たな企画はアート&加藤るみ

岐阜新聞映画部の2018年最初のイベントと次のイベントが発表になった。 今年は新 ...

10
未来につながる映画を(映画『センターライン』下向拓生監督インタビュー・前編 Mirageなお客様その⑤)

自動車技術は日々進化している。 自動運転はまだまだ先のことと思っていたがCMでも ...

11
未来につながる映画を(映画『センターライン』下向拓生監督インタビュー・後編)

映画『センターライン』 下向拓生監督へのインタビュー後編をお送りする。 前編はこ ...

kenen1 12
兄弟(姉妹)だから色々あって面白い(映画『犬猿』吉田恵輔監督インタビュー)

一人っ子の私は兄弟がいる人たちを羨ましく思っていた。 絶対に勝てない親子喧嘩より ...

13
ラーメンマニアの上を行く。その名もラーメンヘッズ(映画『ラーメンヘッズ』)

日本人は世界中のどこの国よりもラーメン好きだ。 手軽で美味しい。その一杯のために ...

14
求めあう心に導かれて(映画『風の色』)

「もう一人の私は北海道で流氷を見ている。」 恋人のゆりが意味深な言葉を残し、自殺 ...

15
『悪と仮面のルール』玉木宏インタビュー「幸せの感覚」

この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために 創られた存在だと父から告げられ ...

16
『牙狼〈GARO〉神ノ牙-KAMINOKIBA-』名古屋舞台挨拶レポート

映画『牙狼〈GARO〉神ノ牙-KAMINOKIBA-』の公開記念舞台挨拶が 1月 ...

17
あなたの人生このままでいいですか?(映画『ルージュの手紙』レビュー)

酒も飲まず、恋愛もしない。 仕事と子供のために生きてきた女性の元に 思いもよらぬ ...

18
CINEX映画塾 第15回 『米国が最も恐れた男~その名は、カメジロー~』トークショー レポート

CINEX映画塾 第15回 『米国が最も恐れた男~その名は、カメジロー~』 佐古 ...

19
CINEX映画塾 第14回『こいのわ 婚活クルージング』トークショーレポート

CINEX映画塾 第14回『こいのわ 婚活クルージング』 及川奈央×益田祐美子プ ...

20
一本の糸からつながる世界(映画『YARN 人生を彩る糸』)

冬になると得意ではないのに編み物をやりたくなるのはなぜだろう? 一本の毛糸を編む ...

21
オペラで彩られるモーツァルトを描く新たな作品(映画『プラハのモーツァルト』)

  ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト。 作曲家としてあまりにも ...

22
知多半島映画祭2017 レポートその1 『あのまちの夫婦』

11月19日に知多半島映画祭2017が東海市芸術劇場大ホールで開催された。 7年 ...