Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

グレート・ミュージアム

EntaMirage! Movie

歴史を守る美術館の今(映画『グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状』)

オーストリアの首都ウィーン。
音楽の都と言われているが音楽の都になったのは
音楽家を保護した富裕層が住んでいたからであることを
忘れてはならない。
足を踏み入れた途端
中世にタイムスリップしたのではないかと
錯覚した記憶があるこの都市はハプスブルク朝の都だった。

それだけに沢山の歴史あるものが存在する。
ウィーンにまた行けるのであれば行きたいのは
今回紹介する『グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状』の舞台
ウィーン美術史美術館だ。

シェーンブルン宮殿同様、
日本人にも大変人気のあるスポット。
鑑賞するには少なくとも半日、じっくり見れば優に1日はかかる
大きな美術館だ。

ウィーン美術史美術館とは

1871年、ハプスブルク家皇帝フランツ=ヨーゼフ1世
(ミュージカル『エリザベート』で有名なエリザベート妃の夫)
の命により建設がスタートし、1891年に開館した。
13世紀からオーストリアを実質支配したハプスブルク王朝は
この後1918年、第一次世界大戦後に崩壊するが、
美術館は歴代の君主たちによる収集品をはじめとする数々の美術品を所蔵。
その数は絵画だけで7000点を超える。
ハプスブルク家の歴代皇帝たちが集めた膨大な数の美術品を所蔵し、
今年で創立125周年を迎えた。
収蔵作品は、クラーナハ、フェルメール、カラヴァッジオ、ベラスケスなどの名画から
絢爛豪華な美術工芸品まであらゆるものがある。
ブリューゲル・コレクションは世界最多を誇る。
「バベルの塔」はいつか直に見てみたい作品だ。

製作陣が見た偉大なる美術館の裏側

『グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状』は
創立120年の節目に取り掛かった大規模な改装工事に2年以上にわたり密着した。
天井画や壁画などまるで宮殿のような豪華な装飾だけでなく、
美術品の収蔵庫、修復作業場、閉館後の館内や会議室など、
通常は見ることのできない美術館の姿をとらえていく。
カメラとマイクがとらえたものが全て。
空間の広さや美しい絵画を直接自分の目で見ているような映像。
音楽やインタビューはない。あるのはこの美術館で聞こえる音。
宮殿のような広さの美術館を歩く足音、人々の会話。
そして。美術館運営の裏で展開される美術館を存続させるための
駆け引きの会話が聞こえてくる。

撮影と同時に録音を行い、ナレーションはつけないという「ダイレクトシネマ」
というドキュメンタリーの撮影方式でこの作品は撮影されている。

美術館で働く様々な人々

館長、学芸員、修復家から清掃員に至るまで。
美術館は個性的なスタッフたちが集まる小さなコミュニティ。
組織で働く苦労や、芸術を扱う仕事が持つ困難さをリアルに映し出す。
美術館のブランド戦略をめぐってもめる会議。
収支バランスばかりを気にする経営陣。
完璧主義の修復家。
いいものを見せたいと思う気持ちと
出来るだけ膨れ上がる予算を抑えたい気持ち。
どちらもよくわかる。

芸術にはお金がかかる。
守りか刷新か。
様々な思いが職員達に沸き起こっている。

伝統を守るために。
年々値上がりする入場料。
削られる予算。
やりたいことをやりたい。
でもお金には限りがある。

もっと美しく直したい。でも時間の限界がある。

限りがある中でそれぞれが自分の思いを
叶えたいと奮闘する姿をいくつも見ることができる。gm-sub1

過去の遺産をただ見せているわけではない。
美術館として建てられた場所だからこその利点と新しさの融合
昔のものを新しいものへと変換させる。
ウィーン美術史美術館は新たな時代に入っている。

『グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状』
http://thegreatmuseum.jp/
ヒューマントラストシネマ有楽町他で全国順次公開中。
名古屋地区では名演小劇場で12月3日より公開。

 

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

konosekainew 1
『この世界の片隅に』岐阜CINEXトークショー レポート

岐阜新聞映画部 CINEX映画塾 第10回『この世界の片隅に』   い ...

2
生きづらいけど…今を生きる『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』

自分の不器用な生き方を見ているかのようだった。 どうしてこんなにうまく生きていけ ...

3
映画『八重子のハミング』名古屋舞台挨拶 レポート

映画『八重子のハミング』の舞台挨拶が公開2日目の5月7日に 名古屋・名演小劇場で ...

4
刃には花でお相手を 映画『花戦さ』岐阜とのコラボ企画開催中

歴史の教科書に全く出てこない伝統文化-生け花- 日本の伝統文化の一つ、生け花。 ...

konosekainew 5
岐阜&高山で『この世界の片隅に』上映&豪華トークショー決定 のん×片渕須直監督×真木太郎プロデューサー 

岐阜&高山で『この世界の片隅に』上映&豪華トークショー決定 のん×片渕須直監督× ...

6
あなたが私を覚えていてくれる ー夫婦の絆ー 映画『八重子のハミング』佐々部清監督インタビュー

『八重子のハミング』 特に好きなのは冒頭、八重子が誠吾の病気を知り、 寝るときに ...

7
淵に立って描きたいもの(映画『淵に立つ』トークショー)

岐阜の映画館で上質な映画を見てもらいたい。 その思いで立ち上がった岐阜新聞映画部 ...

8
一般映画館で初「フレンドリー上映」開催-名古屋センチュリーシネマ(『ぼくと魔法の言葉たち』)

ディズニーの映画は世界中の老若男女に愛される。 子供と大人が一緒に見ても楽しめる ...

彼らが本気で 9
荻上監督が放つ性を越えた愛情の物語(映画『彼らが本気で編むときは、』)

家族の形は変わりつつある。 世の中でもトランスジェンダーに対する動きは変わりつつ ...

アーラ映画祭 10
アーラ映画祭復活!ボランティアスタッフ募集中

岐阜県可児市。 まず読み方に困ると言われる。岐阜県【ぎふけん】可児市【かにし】だ ...

グッドバイエレジー 11
かなしみの先の光をみて(映画『グッバイエレジー』

ご当地映画が最近よく作られている。 そのおかげでこの街にはこんなものがあるんだと ...

otona5 12
死なないスマホロシアンルーレットが始まる(映画『おとなの事情』)

携帯電話がなかった頃、隠しておきたいことは何処にしまっていたんだろうと この映画 ...

dowai3 13
涼夏のこれが今ツボ。その② さらば土曜ワイド劇場

3月をもってテレビ朝日で長年続いた『土曜ワイド劇場』が幕を閉じるという。 TBS ...

すもも 14
先人の思いを次の世代へ(映画『すもも』)

連続ものの時代劇が民放のテレビ番組表から姿を消してかなり経つ。 昔は月曜から日曜 ...

くも漫。 15
教えてくれてあざーす!(映画『くも漫。」レビュー&名古屋舞台挨拶レポ)

漫画家中川学さんの実体験を描いた作品『くも漫。』が実写化。 「このマンガがすごい ...

16
北川悦吏子×岩井俊二トークショー in 岐阜CINEX

北川悦吏子監督は岐阜県美濃加茂市出身。 脚本家としても知られている。 ドラマ『ロ ...

ショコラ 17
出会いが新たな扉を開ける(映画『ショコラ』)

いくら才能があったってそれを使わなければ 単なる宝の持ち腐れだ。 さらに芸の世界 ...

この世界の片隅に 18
普通に生きられる幸せを感じて(映画『この世界の片隅に』)

どの時代に生まれるか。 それは自分では選べない。 自分が死ぬこと。それも自分では ...

19
Cafe Mirage Radio 第1回 ゲスト『彦とベガ』川津祐介さん、谷口未央監督

Cafe MirageはWebラジオも始めます。   10月29日、名 ...

20
かあちゃんの愛がたまらない(『湯を沸かすほどの熱い愛』)

作品のチラシのイメージが赤だった。 銭湯の風呂場に立つ女性は赤のエプロン。 そし ...