Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

MOOSIC LAB

EntaMirage! Movie

禿げたおっさんの輝けるお話ー映画『光と禿』

 

名古屋シネマスコーレで現在上映中の
『MOOSIC LAB』は2012年頃から始まった
新進気鋭の映画監督とアーティストの掛け合わせによる
映画制作企画を具現化する音楽×映画プロジェクトの映画祭。

東京での開催に留まらず、10カ所以上にのぼる地方上映や
関連のライブイベントなども敢行。
参加監督やアーティストの次なるステージへの飛躍、
進化を後押しし続ける新しいスタイルの映画祭だ。

参加作品の一つである『光と禿』の上映が
MOOSIC LAB Bプログラムとして上映された。

青木克齊監督が注目したアーティストは大阪で活動する
クリトリック・リス
ちょっと声に出すのに一瞬ためらいのあるこのアーティスト。
パンツ一丁で心の叫びを歌う男性アーティストなのだ。

このクリトリック・リスとコラボするために
青木監督が考えた脚本はなかなか深いものがあり。
隠されたメッセージもしっかり見えてくる『光と禿』。

目の見えない少女と中年のはげたミュージシャン。
出会うはずのない二人が出会った。

クリトリック・リスのスギムさん、
現在人気上昇中『森山中教習所』、『真田丸』にも出演した
岸井ゆきのさんが難しい役を熱演。

音楽とのコラボということもあり遊び心や笑いも取り入れた
作品となっていた。
熱さもあり、優しさもにじみ出てくる。

青木監督のしっかりとした脚本、的確なカット、音楽の効果的な入れ方に
今後の監督としての活動をさらに期待したいと思った。

とにかくスギムさんの人間性が出ている。
芝居はうまいに越したことはないがその奥にある人柄。
これがいい。
今後も役者でも活動してほしいと思ったほど。

MOOSIC LAB2016で『光と禿』は
観客賞、審査員特別賞、最優秀主演男優賞、

ベストミュージシャン賞、最優秀主演女優賞を受賞。
そしてシネマスコーレでも『名古屋グランプリ』と位置付けられた。

11月20日の上映終了後に青木克齊監督が登場して舞台挨拶が行われた。

舞台挨拶レポ 2016.11.20 名古屋 シネマスコーレ

青木監督は『竜宮、暁のきみ』上映以来のシネマスコーレ。

­MOOSIC LABに参加したのはなぜ?

「前作『竜宮、暁のきみ』を自分で監督しないと監督にはなれない
と思ってやったんですがなんかはじけれなくて。
もう一回自主映画できちんと作って次に繋げたいと考えていて。
そんな時に知人でもあるSPOTTED PRODUCTIONSの
直井さんに聞いたらまだ枠が空いてると
参加していいかと聞いたら『いいよ。』と。」

青木監督

どんな話を考えたんですか?

「MOOSIC LABに参加させてもら­うに当たり、まず考えていたのは
目の見えな­い女の子と耳の聴こえないバンドマンの話だったんですが
当初予定していたミュージシャンの方­と折り合いが付かなくなってしまって

誰か面白い人­いないかと探していたら、
大阪に住む友人が『パンツ一丁のハゲのおっさんおるで!』と
ク­リトリック・リスの事を教えてくれたんです­。
YOUTUBEみたらこんなおじさんが出てきて。(笑)
前作と比較しても全く違う作品が撮れるかなと思って
クリトリック・リスのスギムさんにオファーしました。

初めの目論見とは違ってきたものの、構想を­全部捨てるのは惜しくて、
目の見えない女の­子の設定は生かしました。
演技がしっかりできる人を­キャスティングしたくて、
直感で岸井ゆきのさんならうまくやってくれるんじゃないかと思って
岸井さんの事­務所に脚本を持っていったら、『いいですよ。』と言ってくださって­。
ピュアなキャラクターだったん­ですが、岸井さんが演ってくれるなら
もっと面­白く出来ると思い、ちょっとひねくれたというか棘あるというか、
心を開かない感じが嫌じゃない性格に。
後から岸井さんにその話をしたら
『え、私ってひねくれてます?』って本人は言ってました。
そうじゃないんですよ。本人は。
でもお芝居として微妙なニュアンスをさらっとやってくれて。

スギムさんの成長がリアルにわかる

「スギムさんの芝居がね(笑)
スギムさんは演技には自信がないと言ってまして。
それなのにこういうキャスティングにしたので現場でもガチガチに緊張してました。
­ 撮影期間は11日間で大阪在住のスギムさんに­は
ウィークリーマンションに泊まってもらった­んですが、
後から聞いたんですけど、撮影2、3日目で口内炎が4つできて
左耳は突発性難聴になるぐらい大変で。
僕は『そのまま普段通りでいいですよ。』といっておいて
撮影が始まると『スギムさん、ダメです。』って
結構言ってました(笑)

撮影はおおよそ順撮りで進めていって。
ファーストカットのスギムさんの芝居で『あちゃー。』とか思いましたけど
岸井さんや他の役者さんとのシーンを重ねること­で、
どんどん良くなって行ったんです。

もう役者やらないと言っておられましたが
映画見た方から『スギム下手だけどいい。』とか言われて
最優秀男優賞もらったんですよ。
先日会ったら『監督、続編やりましょうよ。』って。(笑)」

青木監督

岸井さんの役作りに向けて

「撮影に入る前に障害者の方の生活が書かれた­本を読んでもらい、
中途視覚障害の方の生活をサポートする福祉­施設に協力を頂きまして。
自主映画の内容を話したら
そこの所­長さんは女性の方なので、『クリトリック・­リス!?……大丈夫?』
と仰ってましたけど­(笑)
担当の方に話してくださって。
脚本の内容を『これ合ってますか?』と確認したりもして。
岸井さんと樋井明日­香さんにはそこで実際に1日研修してもらいました。
岸井さんには白杖(はく­じょう)を渡して使い方も練習してもらいました。」

自主製作で培ったもの

「コメディを撮るのは初めてだったので、
お客様に笑ってもらいたいと思って作ったんですけど
試写­の時スタッフが全く笑わなくて不安で仕方なかった­んです。
公開の時に、­お客様から「面白かった」と言っていただけてホ­ッとしました。

『光と禿』も前作の『竜宮、暁­のきみ』も何かしらの“お題”がある作品だった­ので、
お題に対してどう打ち返すかというのを自分なりにやって来て。
これが商業映画にも繋がっていくんではないかと思っています。
そういう意味では今後もプロとしてやっ­ていく上で、
本当に良い経験が出来たと思って­います。」

青木監督

『光と禿』の名古屋シネマスコーレでの上映は
次回は11月29日のレイトショー。
スケジュールはシネマスコーレ公式
にてチェックを。

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

konosekainew 1
『この世界の片隅に』岐阜CINEXトークショー レポート

岐阜新聞映画部 CINEX映画塾 第10回『この世界の片隅に』   い ...

2
生きづらいけど…今を生きる『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』

自分の不器用な生き方を見ているかのようだった。 どうしてこんなにうまく生きていけ ...

3
映画『八重子のハミング』名古屋舞台挨拶 レポート

映画『八重子のハミング』の舞台挨拶が公開2日目の5月7日に 名古屋・名演小劇場で ...

4
刃には花でお相手を 映画『花戦さ』岐阜とのコラボ企画開催中

歴史の教科書に全く出てこない伝統文化-生け花- 日本の伝統文化の一つ、生け花。 ...

konosekainew 5
岐阜&高山で『この世界の片隅に』上映&豪華トークショー決定 のん×片渕須直監督×真木太郎プロデューサー 

岐阜&高山で『この世界の片隅に』上映&豪華トークショー決定 のん×片渕須直監督× ...

6
あなたが私を覚えていてくれる ー夫婦の絆ー 映画『八重子のハミング』佐々部清監督インタビュー

『八重子のハミング』 特に好きなのは冒頭、八重子が誠吾の病気を知り、 寝るときに ...

7
淵に立って描きたいもの(映画『淵に立つ』トークショー)

岐阜の映画館で上質な映画を見てもらいたい。 その思いで立ち上がった岐阜新聞映画部 ...

8
一般映画館で初「フレンドリー上映」開催-名古屋センチュリーシネマ(『ぼくと魔法の言葉たち』)

ディズニーの映画は世界中の老若男女に愛される。 子供と大人が一緒に見ても楽しめる ...

彼らが本気で 9
荻上監督が放つ性を越えた愛情の物語(映画『彼らが本気で編むときは、』)

家族の形は変わりつつある。 世の中でもトランスジェンダーに対する動きは変わりつつ ...

アーラ映画祭 10
アーラ映画祭復活!ボランティアスタッフ募集中

岐阜県可児市。 まず読み方に困ると言われる。岐阜県【ぎふけん】可児市【かにし】だ ...

グッドバイエレジー 11
かなしみの先の光をみて(映画『グッバイエレジー』

ご当地映画が最近よく作られている。 そのおかげでこの街にはこんなものがあるんだと ...

otona5 12
死なないスマホロシアンルーレットが始まる(映画『おとなの事情』)

携帯電話がなかった頃、隠しておきたいことは何処にしまっていたんだろうと この映画 ...

dowai3 13
涼夏のこれが今ツボ。その② さらば土曜ワイド劇場

3月をもってテレビ朝日で長年続いた『土曜ワイド劇場』が幕を閉じるという。 TBS ...

すもも 14
先人の思いを次の世代へ(映画『すもも』)

連続ものの時代劇が民放のテレビ番組表から姿を消してかなり経つ。 昔は月曜から日曜 ...

くも漫。 15
教えてくれてあざーす!(映画『くも漫。」レビュー&名古屋舞台挨拶レポ)

漫画家中川学さんの実体験を描いた作品『くも漫。』が実写化。 「このマンガがすごい ...

16
北川悦吏子×岩井俊二トークショー in 岐阜CINEX

北川悦吏子監督は岐阜県美濃加茂市出身。 脚本家としても知られている。 ドラマ『ロ ...

ショコラ 17
出会いが新たな扉を開ける(映画『ショコラ』)

いくら才能があったってそれを使わなければ 単なる宝の持ち腐れだ。 さらに芸の世界 ...

この世界の片隅に 18
普通に生きられる幸せを感じて(映画『この世界の片隅に』)

どの時代に生まれるか。 それは自分では選べない。 自分が死ぬこと。それも自分では ...

19
Cafe Mirage Radio 第1回 ゲスト『彦とベガ』川津祐介さん、谷口未央監督

Cafe MirageはWebラジオも始めます。   10月29日、名 ...

20
かあちゃんの愛がたまらない(『湯を沸かすほどの熱い愛』)

作品のチラシのイメージが赤だった。 銭湯の風呂場に立つ女性は赤のエプロン。 そし ...