Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

1581834114678

EntaMirage! Movie

涼夏のここが今ツボ⑥ 星能豊がつなげる映画の縁ー特集上映『星能豊 retrospective』ー

私は星能豊のことを今回のイベントチラシにこう書いた。

現場で会った時とスクリーンに映る彼を同じ人だと気がつかなかった経験が私にはある。作品毎に彼は発する色が違う。彼を通して役の人物の色を感じることが出来るだろう。あなたはどの色の星能豊が好きになるのか。
涼夏(Cafe Mirage 映画ライター)

しかし、渡邉高章監督は「彼は何を演っても「星能豊」」だという。

見る人によって印象が変わるというのは俳優にとって本望ではないか。うらやましい。

普段はとても気さくで、とにかく知り合いが多い。愛されている人だなあと思う。

この人とやってみたいと思わせる何か、この人のためにやってあげたいと思わせる何か。
それは本人の努力だけでは生み出されない。今までの人生から自然と醸し出されるものなので、本人が求めても得られるものではない魅力。

星能豊という人はこの魅力もありつつ、努力も決して忘れない。自らが出演する作品の告知は決して忘れないし、自らが主催する映画上映イベントも毎年金沢で行っている。

役の大小に限らず映画に出演しているが、どんな役でも私たちの心に何かを残す彼は、自分のやりたいことにまっすぐに生きる人。
芯にあるのは、映画が好きだということ。
沢山の人に観て欲しいと思っていること。

昨年湖畔の映画祭で主演俳優賞を受賞した石川県在住の俳優・星能豊が出演する作品の特集上映『星能豊 retrospective』
2月11日、名古屋シネマスコーレで行われた。

上映前、若干緊張気味の星能さん

上映前、若干緊張気味の星能さん

 

故郷金沢ではなく、名古屋から始まったのは
湖畔の映画祭の審査員であるシネマスコーレ副支配人坪井さんからの提案からだった。
上映作品は星能豊自身がチョイスし、2つのプログラムで上映された。

Aプログラムはこだかさり監督の『ウィンターランド』から始まる。
二人の男が詩を読み上げる姿と声が時に重なり、時に別れる。詩を読むと頭の中にふっと現れる断片的イメージのような感覚を感じながら映画の世界に次第に入って行けるオープニングにふさわしい作品だった。

2作目は長谷川汐海監督『repeat in the room』
部屋の中という一人の空間で過去と現在が交差しているのか、これが主人公の心の中そのものなのかなどいろいろ設定を考える。わかりやすくはないストーリーを星能豊演じる男があまり感情を出さないために、一層わかりづらくする。ダンボールやカーテンの使い方、演劇に通じる作風が個人的に好きだ。

3作目は撮り下ろし新作渡邉高章監督『別れるということ』
オーディションで出会い、一緒に何本もの作品を作っている渡邉監督に自らが書いた脚本を委ねた。
大切な人に生きている間に伝えられなかったこと。弔いの後の静かな食事のシーンが非常にリアル。自主映画製作への思いも、別れたあの人への思いも詰まっている作品。

Bプログラム1作目は登り山智志監督『ちかくて、とおい』
ホラーなのかと思ったが、途中から出てきた女を捜す星能豊演じる謎の男の声のトーンで違うのかなと思い始める。
夫婦とは『ちかくて、とおい』でも『いとおしい』そんな関係なのかもしれない。

2作目は東海林毅監督『ピンぼけシティライツ』
夢を追いかけることを諦め、写真を撮ることをやめようとしていたカメラマンの前に水着の女の幽霊が現れ、話しかけてくる。
東海林毅監督の作品の中でかなり好きな作品。自分のやりたいこと、夢への思いを見失いそうになるタイミングでこの作品に再会している気がしてならない。

Aプログラム、Bプログラム後のトークも充実していた。

Aプログラムゲスト(敬称略)
第1パート

辻卓馬(おおぶ映画祭ディレクター)

(映画『センターライン』チーム)
下向拓生監督 倉橋健 涼夏

(映画『repeat in the room』チーム)
長谷川汐海監督、録音・音響効果 三浦紘彰

(映画『別れるということ』)
渡邉高章監督

hosino1 (7)

第2パート
坪井篤史(シネマスコーレ副支配人)

長谷川汐海監督、渡邉高章監督

長谷川監督が星能さんに身体を使った芝居をさせたいと言っていたのが印象的。

長谷川監督が星能さんに身体を使った芝居をさせたいと言っていたのが印象的。

 

Bプログラムゲスト(敬称略)
第1パート

辻卓馬(おおぶ映画祭ディレクター)

(映画『センターライン』)
もりとみ舞

(映画『ちかくて、とおい』チーム)
登り山智志監督、柳谷一成

(映画『ピンぼけシティライツ』チーム)
東海林毅監督、平井夏貴

(岐阜バスCMナレーション)
辻村健二監督

活舌が悪いのは悪いことではない、むしろ感情がのりやすいと辻村監督は話していた。ふむふむ。

活舌が悪いのは悪いことではない、むしろ感情がのりやすいと辻村監督は話していた。ふむふむ。

 

第2パート

坪井篤史(シネマスコーレ副支配人)

下向拓生監督、東海林毅監督、登り山智志監督、長谷川汐海監督、渡邉高章監督(五十音順)

こんなに監督が並ぶとなんだか壮観。

こんなに監督が並ぶとなんだか壮観。

 

ひとつのイベントで、こんなに監督や関係者が集まったイベントがあっただろうかという数の参加人数で星能豊を語ると、様々なことが明らかになる。

ゲストとして出ていたため、正確にはレビュー出来ないので、トークについてはゴチソー尾張さんのレビューを観て頂ければ。完全採録がすばらしい。

星能さんはすごいというトークを展開したAプログラムと星能さんは実はこんな人という若干ディスり気味のような気もするBプログラム。
監督からの作品へのこだわり、星能豊をなぜ起用したのかということを聞くことが出来た。

誰かが撮った作品を観た誰かがまた彼を使ってみたいと思い、また新たな役が動きだす。

何より星能豊は愛されているんだなとトークを聞いて改めて思った。

とにかくフットワークの軽い彼は作品の上映があれば出来るだけ上映場所に向かい、交流する。
出会いが出会いを生み、今回のイベントは成立した。

映画は決して一人では出来ない。
誰かと協力して初めて出来るものだ。
映画を作っていく中で彼の魅力と努力が強い信頼関係を生んだ。
これからも役者・星能豊と仕事をしたいという人は増えていくことだろう。

私自身、『センターライン』で星能さんと出会わなければ出会わなかった人が沢山いる。
彼が人と人を繋げ、新たな作品を生み出していく。

イベントの最後には坪井さんから「また来年もやりますか?」と提案があったのに対し、はっきりとは明言しないあたりも星能さんらしい。

だが、今年も監督からのオファーは絶えないに違いないのだから出来るはずだと私は思っている。

地方にいては何も出来ないとずっと言われてきた。
上京しなければ、活躍出来ないと言われてきた。
しかし、彼はUターンし、今は金沢から全国をフィールドに活動する。
地方で活動している私たちの星のような存在であり、目標であり、そして大事な仲間。

星能豊という役者、映画関係者の皆さん、使って損はないですよ!

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

carenin2_1 1
よりよい一日を目指して(映画『ケアニン~こころに咲く花~』)

介護福祉士・大森圭が帰ってきた。2017年の公開から日本全国で上映が続いている『 ...

biglittle5 2
ここは地球に愛される農場(映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』)

自分達で一から作る生活というのは軌道に乗るまでがとても大変だ。 「自然と共存する ...

yamanaka5 3
今だからずっと温めてきたこの映画を撮りたい(映画『山中静夫氏の尊厳死』村橋明郎監督インタビュー)

自分に残された時間があとわずかと知ったらあなたは残りの人生をどう生きるだろうか。 ...

20200307145335_IMG_2835_ 4
映画『恋恋豆花(れんれんどうふぁ)』名古屋初日舞台挨拶レポート

映画『恋恋豆花(れんれんどうふぁ)』名古屋公開初日舞台挨拶が3月7日、名古屋・名 ...

kessan3 5
第37回CINEX映画塾『決算!忠臣蔵』中村義洋監督トークレポート

中村義洋監督が岐阜大学病院をロケ地に撮影した2009年の『ジェネラル・ルージュの ...

rerendoufa1 6
台湾の旅は美味しい出会いの旅(映画『恋恋豆花(れんれんどうふぁ)』)

名古屋から飛行機で約3時間。 日本語がかなり通じる異文化都市・台湾は一度は行って ...

toyohashi2020_1 7
(中止になりました)ええじゃないかとよはし映画祭2020はコンペ部門にも注目!

『ええじゃないかとよはし映画祭2020』が3月13日(金)~15日(日)に開催さ ...

1581834114678 8
涼夏のここが今ツボ⑥ 星能豊がつなげる映画の縁ー特集上映『星能豊 retrospective』ー

私は星能豊のことを今回のイベントチラシにこう書いた。 現場で会った時とスクリーン ...

rerentoufa 9
MIRAGE THEATRE vol.0  映画『恋恋豆花』名演小劇場上映前夜祭!洸美・ミニライブ&今関あきよし監督トークショー 開催決定!

Cafe mirageが今年岐阜柳ケ瀬のカフェ星時とタッグを組んでお送りする企画 ...

goon1 10
Go on 人生は続いていく(映画『轟音』)

片山享という人の作品と出会ったのは2018年のはままつ映画祭だった。 彼の故郷福 ...

hitoyo3 11
第36回CINEX映画塾『ひとよ』白石和彌監督トークレポート

あの日がなければ人生が変わっていたかもしれない、あの日があったから今がある。 そ ...

maeda1 12
我らのブルーオーシャンを開拓せよ!(映画『前田建設ファンタジー営業部』)

永井豪氏原作のアニメ「マジンガーZ」の出撃シーンで登場する地下格納庫兼プールを、 ...

kaze3 13
風は思いを乗せて(映画『風の電話』モトーラ世理奈さん、諏訪敦彦監督インタビュー)

岩手県大槌町のガーデンデザイナーがもう一度死別した従兄弟と話したいと願って自身の ...

his7 14
演じたことで変化する自らの感覚(映画『his』名古屋先行上映舞台挨拶レポート)

昨年『愛がなんだ』が大ヒットし、2020年も監督作が続けて公開される今泉力哉監督 ...

okazaki_main 15
鏡が映す4つの恋愛模様(映画『おかざき恋愛四鏡』)

愛知県岡崎市で撮影された『おかざき恋愛四鏡』が岡崎での先行公開を経ていよいよ1月 ...

midori1 16
「待ってください。ちょっと停めただけじゃない!」「いいえダメです」(映画『ミドリムシの夢』)

ミドリムシとは皆さん、なんのことかご存じだろうか。 普通はユーグレナのことだが今 ...

FF20180522_Stills0219.jpg 17
漁師達のコーラスグループがメジャーデビュー!?(映画『フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて』)

歌が巧いというのは音程が取れるという意味もあるが、それよりも歌をいかに自分のもの ...

theater__d_omote 18
『MIRAGE THEATRE』上映作品募集開始!

  当サイトCafe mirageは2019年に『MIRAGE THE ...

DSC_0409 19
観る者の心をざわつかせる映画『MANRIKI』の引力とは?(名古屋舞台挨拶レポート)

映画『MANRIKI』の公開記念舞台挨拶が12月12日名古屋センチュリーシネマで ...

向こうの家 20
映画『向こうの家』名古屋初日舞台挨拶レポート

映画『向こうの家』の初日舞台挨拶が12月7日名古屋シネマテークで行われた。 『向 ...

CH1 21
3度目の実写シティーハンター、出来栄えは?(『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』)

29日公開『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』は北条司 ...

itukano7 22
第35回CINEX映画塾『いつかのふたり』トークレポート

第35回CINEX映画塾が11月9日岐阜CINEXで開催された。 作品は『いつか ...

inoti2 23
新たな夢は動物園に(映画『いのちスケッチ』)

夢を追っていても、叶えられない人は沢山いる。自身の夢をあきらめることは悔しいが、 ...

IMG_20191111_080319 24
金沢の夜がアツい!ROJIURAシネマ鑑賞レポート(涼夏のこれが今ツボ⑤)

「ROJIURA CINEMA」を観に金沢に出かけた。 岐阜からは特急しらさぎで ...

左:中川龍太郎監督 右:松本穂香さん 25
映画『わたしは光をにぎっている』松本穂香さん、中川龍太郎監督インタビュー

CMや様々なジャンルの映画に多数出演し、注目を集める松本穂香を主演に迎え、中川龍 ...

kagehumi1 26
『月とキャベツ』の縁から生まれた新たな山崎まさよし×篠原哲雄監督作品(映画『影踏み』篠原哲雄監督インタビュー)

映画『月とキャベツ』を毎年上映している映画祭がある。群馬県中之条町で開催される伊 ...

GARO_GEKKOU_0 27
『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』名古屋舞台挨拶レポート&中山麻聖さん、雨宮慶太監督、勇翔さん(BOYS AND MEN)インタビュー

『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』の公開記念舞台挨拶が10月6日109シネマズ名 ...

sousiki1 28
友よ、皆に送られて安らかに逝け(映画『葬式の名人』)

『おくりびと』以降、逝く人を見送る職業の人々を描く映画は沢山作られており、今回も ...

mukounoie1 29
僕の知らないもう一つの森田家(映画『向こうの家』西川監督インタビュー追加)

食卓というのは家族の雰囲気がわかる場所だ。 家族四人で朝ご飯を囲む、幸せな家庭に ...

ala2019_01 30
アーラ映画祭2019ラインナップ発表!

岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催されるアーラ映画祭2019の全ラインナッ ...

nagai3 31
第30回CINEX映画塾 映画『長いお別れ』中野量太監督トークショーレポート

第30回CINEX映画塾が6月30日岐阜CINEXで開催された。30回目の作品は ...

kohaku3 32
映画『こはく』井浦新さん×横尾初喜監督 名古屋 シネマスコーレ 舞台挨拶レポート

井浦新という役者は観る作品によって出てくる色が違う。役そのものが出す色を井浦新と ...

AIWFF2019_02 33
あいち国際女性映画祭2019の開催が決定!明日からチケット発売

「あいち国際女性映画祭2019」の記者会見&ラインナップ発表が7月11日、映画祭 ...

inukoro4 34
住宅顕信という俳人を知っていますか?若き俳人の心を描く(映画『ずぶぬれて犬ころ』本田孝義監督インタビュー)

自由律俳句をあなたは知っているだろうか。 五七五にとらわれないリズムと自由な感覚 ...

anomachi1 35
映画『あのまちの夫婦』津田寛治監督インタビュー&舞台挨拶レポート

映画『あのまちの夫婦』の上映が名古屋・シネマスコーレで19日まで行われている。 ...

ichigo10 36
映画『いちごの唄』公開記念名古屋舞台挨拶レポート

映画『いちごの唄』の公開記念舞台挨拶が7月7日ミッドランドスクエアシネマで開催さ ...

ichigo1 37
今日から公開『いちごの唄』鑑賞者にしか買えないCDをゲットしよう!

今日7月5日(金)から公開される映画『いちごの唄』の公開記念舞台挨拶が7月7日( ...

nagimati1 38
波の立たない人生などない(映画『凪待ち』)

凪とは…。風がやんで波がおさまり、海が静まること。 心という海が静かになる日はい ...

hotgimic1 39
堀未央奈さん(乃木坂46)岐阜に凱旋!映画『ホットギミック ガール ミーツ ボーイ』舞台挨拶レポート

映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』の先行上映が岐阜県のTOHOシネマズモ ...

MKE7_15 40
みてくれたっていいじゃない!第7回MKE映画祭レポート

第7回MKE映画祭が6月8日、岐阜県図書館多目的ホールで開かれた。 選考で選ばれ ...

jimoto8 41
地元ピース!岐阜上映は超満席!!

映画『地元ピース!』の岐阜上映会が6月9日岐阜・柳ヶ瀬のCINEXで行われた。 ...