Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

his7

EntaMirage! Movie 岐阜推し!

演じたことで変化する自らの感覚(映画『his』名古屋先行上映舞台挨拶レポート)

昨年『愛がなんだ』が大ヒットし、2020年も監督作が続けて公開される今泉力哉監督がLGBTQテーマに取り組んだ映画『his』。

周囲にゲイと知られることを恐れ、ひっそりと田舎で暮らしていた迅のもとに大学卒業と同時に別れた渚が6歳の娘・空を連れて突然現れる。渚は妻と離婚、親権の調停中だと迅に明かす。

離婚調停に伴い、自分達が置かれている立場を二人は改めて感じることになる。

主演の宮沢氷魚さん、藤原季節さんが先行上映舞台挨拶に登壇。その模様をお届けする。

主題歌『マリアロード』(Sano ibuki)が流れる中、宮沢さん、藤原さんが登場。上映後に舞台挨拶が行われた。

藤原季節さん
「やっぱり『マリアロード』を聞くとあの感動が蘇りますね」

宮沢氷魚さん
「蘇るね。今日ずっと季節くん、歌ってるんですよ」

藤原季節さん
「朝からずっと歌ってます(笑)」

MC
「名古屋の皆様にご挨拶をお願いします」

宮沢氷魚さん
「皆様初めまして。宮沢氷魚と申します。実は名古屋に仕事で来るのは2回目でして。とても新鮮な気持ちで今日この場に立っています。よろしくお願いします」

藤原季節さん
「さっき、氷魚くんとも話していたんですけど、この映画に出演して自分達が少しずつ正直にいられるようになってきたと感じています。渚という役をやってから自分が着たい服を着たりとか、花を部屋に飾ったりとか。自分の生活の中に彩りを取り戻すことが出来て。そういった意味でこの映画に出られてよかったなと思っています」

MC
「そんなにお二人にとって影響力のある作品だったんですね」

宮沢氷魚さん
「皆さんの顔を見たらほっとしたというか、参加させていただいた作品が、皆様に届いたかなとほっとした気持ちでいます」

宮沢氷魚さん

宮沢氷魚さん

 

MC
「プレッシャーを感じながら精一杯作った作品なんですね」

宮沢氷魚さん
「自信を持って作った作品なんですが、この作品がどう世の中に出ていって、どういう形で皆さんが受け入れてくれるかというのがまだ公開されていないのでわからないところもありますが、いかがでしたか?」

(場内大拍手)

MC
「映画の中で印象に残っているシーン、大変だったシーンはありますか?」

藤原季節さん
「全部印象的過ぎて…」

(二人ともしばらく考える)

his8

藤原季節さん
「僕が個人的に好きだったシーンは空ちゃんと迅と渚と緒方さんが鍋を食べているシーンです。渚は常に何かを背負いながら、抱えながら生きている。偏見や差別から逃げながら生活しているんですが、緒方さんといるとそのプレッシャーがちょっと和らぐというか。自分に少しだけ素直に、正直になれるんです。特に鍋のシーンは好きですね」

MC
「鍋も美味しかったですか?」

二人
「美味しかったですね」

藤原季節さん
「空ちゃんが食べ過ぎちゃって本番で食べられなくなって「お腹いっぱい」って(笑)」

藤原季節さん

藤原季節さん

 

MC
「藤原さんは父親役は初めてですか?」

藤原季節さん
「初めてです」

MC
「空ちゃんにどんな風に歩み寄ったんですか?」

藤原季節さん
「歩み寄りはしなかったです。なんか…。対等」

宮沢氷魚さん
「初日からすごく仲よかったよね?」

藤原季節さん
「友達みたいな。僕が歩み寄ろうという気持ちで歩み寄ればすぐわかってしまうので。「君が俺のこと嫌いなら嫌いでいいし、好きだったら好きでいい。好きなら友達になろうという感じです」

岐阜での撮影期間は二人で生活

MC
「この作品はお二人だからこそこの雰囲気が出ていて、お二人だからこそ完成したと思うんですが、撮影中はコテージで一緒に暮らしていたと伺いました。その中での意外な一面や、助けられたこととかありますか?」

宮沢氷魚さん
「何にも持って来ないんですよ。10日間行くって知ってたよね?旅のしおりもらったよね?」

藤原季節さん
「あ、はい。もらいました(笑)」

宮沢氷魚さん
「バスタオルやドライヤーとかはないと書かれていたのに、パンツ1枚とTシャツと歯ブラシだけ?」

his2_

藤原季節さん
「歯ブラシだけ。本とかは沢山持って行きましたけどね」

宮沢氷魚さん
「本も大事だけどさ、持ってきてくださいというのは持って来て欲しいよね」

藤原季節さん
「今日初めて知ったんですけど、氷魚くんの歯磨き粉を勝手に使っていたのがバレていたらしくて(笑)」

宮沢氷魚さん
「そりゃバレるよ。携帯用の歯磨き粉を10日間なら保つという量だけ持って行ったのに4日目か5日目ぐらいにはなくなって。誰か使ってるな。季節しかいないかって(笑)」

藤原季節さん
「歯磨き粉使わないでって言えなかったんだって切なかったですね(笑)」

宮沢氷魚さん
「言えなかったというか…。まあいっか、使いたいならどうぞご自由にって」

MC
「役柄に似ている感じかもしれないですね」

藤原季節さん
「僕と氷魚くんは話せば話すほど正反対なんです。趣味も人間としてのタイプも。でもどこかつながっているんでしょうね」

his3_

宮沢氷魚さん
「それが『his』だと思う」

藤原季節さん
「もし『his』で出会ってなかったら僕達はこんなに交わらなかったかもしれないです」

MC
「いきなり知らない人と10日間って言われたらちょっといやですよね?」

宮沢氷魚さん
「絶対いやですよね(笑)」

藤原季節さん
「でも会うのが2回目で「一緒に暮らしてください」って言われたんです」

宮沢氷魚さん
「撮影前の本読みで初めてお会いして、2時間、3時間ぐらい一緒にいただけであとは撮影初日に「じゃあ一緒に住んで」って言われても。「それはちょっと…本当ですか?」と言いつつ、なんとかなりました」

MC
「一緒に住んでなかったらこんなに撮影うまくいかなかったかもしれないですね」

宮沢氷魚さん
「いかなかっただろうと思いますね」

藤原季節さん
「僕は氷魚くんと10日間一緒に暮らした後で、東京での裁判シーンがあって、今泉監督に「東京の渚は全然顔が違う」と言われて。迅がいないとあんなに渚は変わってしまうというのがありました。美里といる迅も、玲奈といる渚も全然表情が違って。人ってそうやって生きているんだなあって思いますね」

MC
「宮沢さんはお友達にもLGBTQの方がいらっしゃると伺いました。その方にも観ていただけたらと思いますが、この映画がどうなってくれたらいいと思いますか?」

宮沢氷魚さん
「この映画に参加させていただいて、この映画が答えではないと思うし、この映画が世に出ることによって今の現状が変わるかどうか聞かれたら変わらないかもしれない。何か考えるきっかけになってくれたらいいなと。そういう人間がいて、果たして当たり前というか、普通って何なんだろう?普通というものが存在するんだろうかって自分に問うてみるというか、そんな時間が1分でも、もちろんそれ以上あったら嬉しいですけど、あると嬉しいなって思います」

MC
「藤原さんは渚を演じるにあたって自身が、LGBTQでないことで、悩まれたと伺いました。ご自身で葛藤するものはあったんですか?」

藤原季節さん
「そうですね、今も葛藤しています。ただ僕も、氷魚くんも世間のそういうニュースとか言葉に敏感になりました。この言葉を聞いたら迅と渚は傷つくよなって。そういうセンサーが自分の中で持てるようになって、そこは一歩成長かなと。100パーセント理解出来ない自分を責めるんじゃなくて、26年で自分が培ってきた当たり前という価値観、普通という価値観について、自分のことも1回受け入れて無理に自分の価値観を変えようとするんじゃなくて、こういう考え方もあるんだなって発見出来ただけで、今は良しとするかという風に折り合いをつけています」

MC
「この作品に出ることに一切迷いがなかったと口を揃えてお二人が言われたのがかっこいいなって思いました」

宮沢氷魚さん
「なかったですね」

藤原季節さん
「うん、なかった」

宮沢氷魚さん
「映画が初主演ということもありましたし、いろんな意味で重圧を感じていたんですけど、それに勝るこの作品に参加出来る喜びだったりとか、この時代に出来る喜びとかそういうものがプレッシャーを打ち消してくれて、前向きに作品に取りかかりたいなという風に思いました」

藤原季節さん
「それは自分が無知だったところもあると思います。演じている時も無知だったと思うんですが、今になってその時の自分の当たり前とか普通とかの価値観がいかに一方通行であるものだったかというのを思い出すだけで心が痛いですね。この映画を経験してそれが少しだけ見えたので…。何となく言いたいことわかる?」

宮沢氷魚さん
「すごくわかる」

藤原季節さん
「うまく言葉に出来ないんです」

MC
「そろそろお時間になってしまいました。最後に一言皆様へお願いいたします」

宮沢氷魚さん
「今日が上映後の舞台挨拶は初めてで、皆さんの顔を観て、その表情がとても嬉しく思いました。公開は1月24日からですが、周りの皆さんに『his』いいよと言っていただいたり、もう一回と言わず、二回三回観ていただけたら嬉しいです」

藤原季節さん
「僕はこの映画が皆さんに愛されればいいと思っています。嫌いということもあるかもしれませんが、無関心で、映画館がガラガラなのが一番悲しいです。嫌いでもいいからこの映画を沢山の人に愛して欲しいです。迅や渚や空が今も白川町で生活しているんじゃないかと感じているんですが、彼らを好きになってくれたのなら一緒に『his』を広めて欲しいです」

宮沢氷魚さん藤原季節さん
「よろしくお願いします!」

his6

映画『his』https://www.phantom-film.com/his-movie/ は1月24日(金)から新宿武蔵野館他で全国公開。

東海三県ではTOHOシネマズ名古屋ベイシティ、センチュリーシネマ、ユナイテッド・シネマ豊橋18、TOHOシネマズ赤池、ミッドランドシネマ名古屋空港、TOHOシネマズ岐阜にて公開。

-EntaMirage!, Movie, 岐阜推し!

おすすめの記事はこれ!

carenin2_1 1
よりよい一日を目指して(映画『ケアニン~こころに咲く花~』)

介護福祉士・大森圭が帰ってきた。2017年の公開から日本全国で上映が続いている『 ...

biglittle5 2
ここは地球に愛される農場(映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』)

自分達で一から作る生活というのは軌道に乗るまでがとても大変だ。 「自然と共存する ...

yamanaka5 3
今だからずっと温めてきたこの映画を撮りたい(映画『山中静夫氏の尊厳死』村橋明郎監督インタビュー)

自分に残された時間があとわずかと知ったらあなたは残りの人生をどう生きるだろうか。 ...

20200307145335_IMG_2835_ 4
映画『恋恋豆花(れんれんどうふぁ)』名古屋初日舞台挨拶レポート

映画『恋恋豆花(れんれんどうふぁ)』名古屋公開初日舞台挨拶が3月7日、名古屋・名 ...

kessan3 5
第37回CINEX映画塾『決算!忠臣蔵』中村義洋監督トークレポート

中村義洋監督が岐阜大学病院をロケ地に撮影した2009年の『ジェネラル・ルージュの ...

rerendoufa1 6
台湾の旅は美味しい出会いの旅(映画『恋恋豆花(れんれんどうふぁ)』)

名古屋から飛行機で約3時間。 日本語がかなり通じる異文化都市・台湾は一度は行って ...

toyohashi2020_1 7
(中止になりました)ええじゃないかとよはし映画祭2020はコンペ部門にも注目!

『ええじゃないかとよはし映画祭2020』が3月13日(金)~15日(日)に開催さ ...

1581834114678 8
涼夏のここが今ツボ⑥ 星能豊がつなげる映画の縁ー特集上映『星能豊 retrospective』ー

私は星能豊のことを今回のイベントチラシにこう書いた。 現場で会った時とスクリーン ...

rerentoufa 9
MIRAGE THEATRE vol.0  映画『恋恋豆花』名演小劇場上映前夜祭!洸美・ミニライブ&今関あきよし監督トークショー 開催決定!

Cafe mirageが今年岐阜柳ケ瀬のカフェ星時とタッグを組んでお送りする企画 ...

goon1 10
Go on 人生は続いていく(映画『轟音』)

片山享という人の作品と出会ったのは2018年のはままつ映画祭だった。 彼の故郷福 ...

hitoyo3 11
第36回CINEX映画塾『ひとよ』白石和彌監督トークレポート

あの日がなければ人生が変わっていたかもしれない、あの日があったから今がある。 そ ...

maeda1 12
我らのブルーオーシャンを開拓せよ!(映画『前田建設ファンタジー営業部』)

永井豪氏原作のアニメ「マジンガーZ」の出撃シーンで登場する地下格納庫兼プールを、 ...

kaze3 13
風は思いを乗せて(映画『風の電話』モトーラ世理奈さん、諏訪敦彦監督インタビュー)

岩手県大槌町のガーデンデザイナーがもう一度死別した従兄弟と話したいと願って自身の ...

his7 14
演じたことで変化する自らの感覚(映画『his』名古屋先行上映舞台挨拶レポート)

昨年『愛がなんだ』が大ヒットし、2020年も監督作が続けて公開される今泉力哉監督 ...

okazaki_main 15
鏡が映す4つの恋愛模様(映画『おかざき恋愛四鏡』)

愛知県岡崎市で撮影された『おかざき恋愛四鏡』が岡崎での先行公開を経ていよいよ1月 ...

midori1 16
「待ってください。ちょっと停めただけじゃない!」「いいえダメです」(映画『ミドリムシの夢』)

ミドリムシとは皆さん、なんのことかご存じだろうか。 普通はユーグレナのことだが今 ...

FF20180522_Stills0219.jpg 17
漁師達のコーラスグループがメジャーデビュー!?(映画『フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて』)

歌が巧いというのは音程が取れるという意味もあるが、それよりも歌をいかに自分のもの ...

theater__d_omote 18
『MIRAGE THEATRE』上映作品募集開始!

  当サイトCafe mirageは2019年に『MIRAGE THE ...

DSC_0409 19
観る者の心をざわつかせる映画『MANRIKI』の引力とは?(名古屋舞台挨拶レポート)

映画『MANRIKI』の公開記念舞台挨拶が12月12日名古屋センチュリーシネマで ...

向こうの家 20
映画『向こうの家』名古屋初日舞台挨拶レポート

映画『向こうの家』の初日舞台挨拶が12月7日名古屋シネマテークで行われた。 『向 ...

CH1 21
3度目の実写シティーハンター、出来栄えは?(『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』)

29日公開『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』は北条司 ...

itukano7 22
第35回CINEX映画塾『いつかのふたり』トークレポート

第35回CINEX映画塾が11月9日岐阜CINEXで開催された。 作品は『いつか ...

inoti2 23
新たな夢は動物園に(映画『いのちスケッチ』)

夢を追っていても、叶えられない人は沢山いる。自身の夢をあきらめることは悔しいが、 ...

IMG_20191111_080319 24
金沢の夜がアツい!ROJIURAシネマ鑑賞レポート(涼夏のこれが今ツボ⑤)

「ROJIURA CINEMA」を観に金沢に出かけた。 岐阜からは特急しらさぎで ...

左:中川龍太郎監督 右:松本穂香さん 25
映画『わたしは光をにぎっている』松本穂香さん、中川龍太郎監督インタビュー

CMや様々なジャンルの映画に多数出演し、注目を集める松本穂香を主演に迎え、中川龍 ...

kagehumi1 26
『月とキャベツ』の縁から生まれた新たな山崎まさよし×篠原哲雄監督作品(映画『影踏み』篠原哲雄監督インタビュー)

映画『月とキャベツ』を毎年上映している映画祭がある。群馬県中之条町で開催される伊 ...

GARO_GEKKOU_0 27
『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』名古屋舞台挨拶レポート&中山麻聖さん、雨宮慶太監督、勇翔さん(BOYS AND MEN)インタビュー

『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』の公開記念舞台挨拶が10月6日109シネマズ名 ...

sousiki1 28
友よ、皆に送られて安らかに逝け(映画『葬式の名人』)

『おくりびと』以降、逝く人を見送る職業の人々を描く映画は沢山作られており、今回も ...

mukounoie1 29
僕の知らないもう一つの森田家(映画『向こうの家』西川監督インタビュー追加)

食卓というのは家族の雰囲気がわかる場所だ。 家族四人で朝ご飯を囲む、幸せな家庭に ...

ala2019_01 30
アーラ映画祭2019ラインナップ発表!

岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催されるアーラ映画祭2019の全ラインナッ ...

nagai3 31
第30回CINEX映画塾 映画『長いお別れ』中野量太監督トークショーレポート

第30回CINEX映画塾が6月30日岐阜CINEXで開催された。30回目の作品は ...

kohaku3 32
映画『こはく』井浦新さん×横尾初喜監督 名古屋 シネマスコーレ 舞台挨拶レポート

井浦新という役者は観る作品によって出てくる色が違う。役そのものが出す色を井浦新と ...

AIWFF2019_02 33
あいち国際女性映画祭2019の開催が決定!明日からチケット発売

「あいち国際女性映画祭2019」の記者会見&ラインナップ発表が7月11日、映画祭 ...

inukoro4 34
住宅顕信という俳人を知っていますか?若き俳人の心を描く(映画『ずぶぬれて犬ころ』本田孝義監督インタビュー)

自由律俳句をあなたは知っているだろうか。 五七五にとらわれないリズムと自由な感覚 ...

anomachi1 35
映画『あのまちの夫婦』津田寛治監督インタビュー&舞台挨拶レポート

映画『あのまちの夫婦』の上映が名古屋・シネマスコーレで19日まで行われている。 ...

ichigo10 36
映画『いちごの唄』公開記念名古屋舞台挨拶レポート

映画『いちごの唄』の公開記念舞台挨拶が7月7日ミッドランドスクエアシネマで開催さ ...

ichigo1 37
今日から公開『いちごの唄』鑑賞者にしか買えないCDをゲットしよう!

今日7月5日(金)から公開される映画『いちごの唄』の公開記念舞台挨拶が7月7日( ...

nagimati1 38
波の立たない人生などない(映画『凪待ち』)

凪とは…。風がやんで波がおさまり、海が静まること。 心という海が静かになる日はい ...

hotgimic1 39
堀未央奈さん(乃木坂46)岐阜に凱旋!映画『ホットギミック ガール ミーツ ボーイ』舞台挨拶レポート

映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』の先行上映が岐阜県のTOHOシネマズモ ...

MKE7_15 40
みてくれたっていいじゃない!第7回MKE映画祭レポート

第7回MKE映画祭が6月8日、岐阜県図書館多目的ホールで開かれた。 選考で選ばれ ...

jimoto8 41
地元ピース!岐阜上映は超満席!!

映画『地元ピース!』の岐阜上映会が6月9日岐阜・柳ヶ瀬のCINEXで行われた。 ...