Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

shino1

EntaMirage! Movie

一歩を踏み出すまでの時間(映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』)

一人はさびしいけれど楽な時もある。
誰かと行動することは気を遣うし、疲れる。
誰とも関わらなければ自分のいやなところを人に見せなくていい。
そう思ったことはないだろうか。

自分の中の"嫌い"はいっぱいある。

それはいつできたのだろう?
小さい頃、周りから言われて気にするようになってしまったこともある。
失敗して次も失敗するのが怖くて出来なくなったものもある。
苦手意識が強くなり、嫌いなことを避けて通り始める小学生時代。
自分が出来ないことを出来る人達が輝いて見えた。
ひたすら頑張っても出来ないから自分の中の"嫌い"が私は減ることはなかった。そしてどんどん自分を嫌いになる。
自分の中の嫌いが邪魔をして不安になってやりたいことに踏み出せない。一歩前に踏み出せないのはなぜなのか。

自分にも周りにもむしゃくしゃした気持ちを抱えていた。自分の気持ちに収拾がつけられず生きていた思春期の頃。

映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』にはあの頃の私がいる。

高校一年生の大島志乃は上手く話せない。みんなの前で自分の思いを話したいのに思いが募れば募るほどつまってしまう。言葉が声として出てこない。ばかにされたくないから一人で過ごす。でも心のどこかで友達がほしいとも思っている。

そんな志乃に話すことにこだわらず思いを伝える手段を教えてくれたクラスメイトの岡崎加代。加代は音楽が大好きだ。ギターを弾きながら気持ちよく歌を歌いたい。だけど音痴であることを自分自身の耳が知っている。自分のコンプレックスを抱えて悶々としていた二人が求め合うかのように友達になった。

話せないが美しい歌声を持つ志乃と歌は苦手だが音楽が好きな加代は二人で音楽を始める。

漫画のシーンをリアルに表現

『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』は『ぼくは麻里のなか』、『スイートプールサイド』など話題作の出版、映像化が続いている漫画家・押見修平の作品。青春時代のひりっとした部分もしっかりと描く本作は漫画家・押見修平の自身の経験を題材にした作品だ。様々な思いを抱える若き少女、少年の姿を捉える。

冒頭の新しいクラスでの初めての自己紹介。自分の名前をみんなの前で言うことに激しく不安を覚える志乃の視線は漫画で描かれたものをそのままカメラアングルで表現してくれている。明るくない教室に志乃の思いが投影されているようだ。

今まで一人だった不器用な志乃に出来た大切な友達・加代。一人では踏み出せなかった一歩が二人なら二歩も三歩も踏み出せる。キラキラとした志乃と加代の夏休み、夏の終わりに突然二人の輪に入ってくる菊地。菊地が入ってきたことで崩れていく2人の関係。一方的に自分の殻にこもる志乃を外へ連れ出そうとする加代。お互いの思いが伝わらないもどかしさ、それをどう表現していくかがクライマックスの二人の見せ場でもある。

shino2

同郷タッグで作り上げた作品

監督は今回が商業映画監督デビューとなる湯浅弘章。映画の助監督やドラマの演出を手掛けてきた。脚本は『百円の恋』の足立紳。共に鳥取県出身の先輩後輩で今回はがっちりタッグを組む。『14の夜』で少年たちの思いを勢いよく描いて監督デビューも果たした足立は後輩の依頼を受け、原作のどの部分を取り上げながら映画オリジナルの部分を出していくかを話し合い、脚本を書き上げた。湯浅監督は菊地のキャラクターに足立の色が濃く出ていると語っている。

shino4

これからが期待される若手俳優陣が揃う

キャスティング優先も多い映画界だが、湯浅監督は作品のイメージに合う若手をオーディションで選ぶことにこだわった。

志乃役は南沙良。『幼な子われらに生まれ』で映画デビュー。人気ティーンズ雑誌『nicola』のモデルも務めている。加代役は蒔田彩珠。14歳とは思えない演技力を『三度目の殺人』で披露した彼女を湯浅監督が指名。志乃役のオーディションに一緒に同席してもらい、監督は加代にぴったり合う志乃が現れるのを何度もオーディションを重ね待ち続けたという。南さんも、蒔田さんもその当時共に14才。同い年の二人が同級生を演じることになった。志乃と加代の間に空気を読めず入ってくる菊地強には萩原利久。ドラマ『あなたには帰る家がある』の息子役は記憶に新しい。繊細な演技を見せてくれる3人はこれからの注目株だ。

shino3

吃音という単語をあえて出さない

志乃が吃音であるということは一切語られていない。吃音という言葉は原作にもなく、湯浅監督も使っていない。吃音がどんなものなのかを知ってほしいという映画ではない。自分の中のコンプレックスとどう折り合いをつけるか、葛藤しながらもがきながら生きる若者たちを描いた映画だ。

若い頃の葛藤を忘れることはない。嫌いな自分を克服した人も嫌いな自分とまだ付き合っている人も。この映画には共感できることが沢山あるだろう。

『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』は現在公開中。

http://www.bitters.co.jp/shinochan/

東海地区では7月21日より愛知 伏見ミリオン座、9月8日より三重 進富座で公開。

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

musashi1€ 1
己の信じる道を行く 映画『武蔵-むさし-』三上康雄監督インタビュー

『蠢動―しゅんどう―』から6年。リアルな演出と、徹底的なこだわりで時代劇の熱や美 ...

baaba6 2
寺田心くん、地元凱旋!(映画『ばあばは、だいじょうぶ』名古屋舞台挨拶レポート)

映画『ばあばは、だいじょうぶ』の公開記念舞台挨拶が5月18日イオンシネマ名古屋茶 ...

pia 3
人と人とが協力する在宅医療の現場を描く(映画『ピア まちをつなぐもの』)

様々な場所で劇場公開され、上映会としても800カ所以上で上映されている介護従事者 ...

©2019 KAMPAI! SAKE SISTERS PRODUCTION COMMITTEE 4
女性が活躍する日本酒の世界(映画『カンパイ!日本酒に恋した女たち』)

二十歳になった直後、苦いお酒が飲めなくてカクテルや梅酒、杏露酒など甘いお酒ばかり ...

baaba2 5
寺田心くんの熱演が光る!新たな角度から認知症を描いた作品(映画『ばあばは、だいじょうぶ』)

ものを忘れてしまう病気(認知症)で物忘れが多くなり、出来ていたことが出来なくなっ ...

sorokin 6
映画『ソローキンの見た桜』岐阜 大垣舞台挨拶レポート

映画『ソローキンの見た桜』の公開記念舞台挨拶が岐阜・コロナシネマワールド大垣で4 ...

namonri1 7
地方で働こう-趣味も仕事も充実させる働き方-(映画『波乗りオフィスへようこそ』)

日本は今、自分の時間、生き方を重視する方向へと進み始めている。だが、なかなか自分 ...

centerline1 8
じわじわきているインディーズ映画2本が名古屋で同時上映中!『センターライン』『さらば大戦士トゥギャザーV』初日イベントレポート

映画『さらば大戦士トゥギャザーV』、『センターライン』の名古屋上映が名駅のシネマ ...

place1 9
欲望と欲望が交差するカフェ ザ・プレイス(映画『ザ・プレイス 運命の交差点』)

人は誰でも欲望を持つ。今までに叶わなかった欲望も沢山あるだろう。もし、「これをす ...

55443345_2189956214435052_3257495925353873408_o 10
来週いよいよロードショー・映画『センターライン』吉見茉莉奈さんインタビュー

Cafe mirageが推し続けている映画『センターライン』。 昨年の完成披露か ...

kibaiyanse7 11
映画『きばいやんせ!私』武正晴監督、坂田聡さん、眼鏡太郎さんインタビュー&舞台挨拶レポート

映画『きばいやんせ!私』の舞台挨拶が名古屋のセンチュリーシネマで行われた。 『き ...

yukiguni1 12
カクテルとバーテンダーの人柄からうまれるBARという空間(映画『YUKIGUNI』)

明治時代に海外から日本に伝わり、時間をかけて日本で愛される飲み物になったカクテル ...

together1 13
ヒーローが役目を終える時、真のストーリーが始まる(映画『さらば大戦士トゥギャザーV』松本純弥監督インタビュー)

3月23日から1週間池袋シネマ・ロサで上映される『さらば大戦士トゥギャザーV』。 ...

zan6 14
第27回CINEX映画塾『斬、』池松壮亮さん×塚本晋也監督トークショー レポート

岐阜で良質の映画をと岐阜新聞映画部が企画し、出演者、監督などのトークと一緒にお届 ...

kazokuwari1 15
映画『かぞくわり』塩崎祥平監督×弓手研平さん 名古屋舞台挨拶レポート

名古屋・名演小劇場で絶賛公開中の映画『かぞくわり』。2月28日上映後には劇中の絵 ...

kazokuwari1 16
歴史が残る奈良で今の家族のあり方を見つめる(映画『かぞくわり』塩崎祥平監督インタビュー)

中将姫が出てくると聞いたのがこの映画を観るきっかけだった。岐阜市には中将姫誓願桜 ...

bokuiko_o7 17
ぼくいこ公開記念 大垣試写会 宮川サトシさん×大森立嗣監督トークショー公開!

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』の試写会が2月3日映画の撮影 ...

bon1 18
受け継がれる唄と共に生きる(映画『盆唄』)

2011年の東日本大震災からまもなく8年。震災後の人々を描く新たなドキュメンタリ ...

nekkojii3 19
猫との撮影の裏側を聞く(映画『ねことじいちゃん』立川志の輔さん、岩合光昭監督インタビュー)

心が温まるコミック『ねことじいちゃん』が実写化。監督は猫を撮らせるならこのひと。 ...

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。
2019年2月22日(金)全国順次ロードショー 配給:アスミック・エース 20
お母さんへの愛があふれとるよ、この映画(映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』大森立嗣監督インタビュー)

岐阜が舞台の作品がまた一つ出来上がった。 岐阜と言えばアニメというイメージが強い ...

kazokuwari1 21
歴史が残る奈良で今の家族のあり方を見つめる(映画『かぞくわり』塩崎祥平監督インタビュー)

中将姫が出てくると聞いたのがこの映画を観るきっかけだった。岐阜市には中将姫誓願桜 ...

DSC_0058 22
役者も観客もしびれるとがった作品をー『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』三上博史&宅間孝行監督インタビュー

1月18日から公開中の『LOVEHOELに於ける情事とPLANの涯て』。 昔のレ ...

DSC_0055 23
岐阜ふらっと探訪②‐思い出の釜めしに偶然出会う‐

釜めしって味加減とか火加減とかがとても難しい食べ物だと思う。 小さな頃、母が若い ...

zan 24
CINEX映画塾に池松壮亮さん登壇決定!(第27回CINEX映画塾『斬、』上映&トークショー)

2019年1回目の「CINEX映画塾」となる第27回目CINEX映画塾の追加ゲス ...

25
閉店を前に感謝祭を開催ー大須・シアターカフェ

2012年4月に大須にオープンしたシアターカフェは映画を製作する人々にとって大切 ...

uchi3 26
88歳、70年前に戻る旅(映画『家へ帰ろう』)

人生の終わりが見えて来たとき、人生を振り返り、やり残したことをやろうとする人は多 ...