Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

shino1

EntaMirage! Movie

一歩を踏み出すまでの時間(映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』)

一人はさびしいけれど楽な時もある。
誰かと行動することは気を遣うし、疲れる。
誰とも関わらなければ自分のいやなところを人に見せなくていい。
そう思ったことはないだろうか。

自分の中の"嫌い"はいっぱいある。

それはいつできたのだろう?
小さい頃、周りから言われて気にするようになってしまったこともある。
失敗して次も失敗するのが怖くて出来なくなったものもある。
苦手意識が強くなり、嫌いなことを避けて通り始める小学生時代。
自分が出来ないことを出来る人達が輝いて見えた。
ひたすら頑張っても出来ないから自分の中の"嫌い"が私は減ることはなかった。そしてどんどん自分を嫌いになる。
自分の中の嫌いが邪魔をして不安になってやりたいことに踏み出せない。一歩前に踏み出せないのはなぜなのか。

自分にも周りにもむしゃくしゃした気持ちを抱えていた。自分の気持ちに収拾がつけられず生きていた思春期の頃。

映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』にはあの頃の私がいる。

高校一年生の大島志乃は上手く話せない。みんなの前で自分の思いを話したいのに思いが募れば募るほどつまってしまう。言葉が声として出てこない。ばかにされたくないから一人で過ごす。でも心のどこかで友達がほしいとも思っている。

そんな志乃に話すことにこだわらず思いを伝える手段を教えてくれたクラスメイトの岡崎加代。加代は音楽が大好きだ。ギターを弾きながら気持ちよく歌を歌いたい。だけど音痴であることを自分自身の耳が知っている。自分のコンプレックスを抱えて悶々としていた二人が求め合うかのように友達になった。

話せないが美しい歌声を持つ志乃と歌は苦手だが音楽が好きな加代は二人で音楽を始める。

漫画のシーンをリアルに表現

『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』は『ぼくは麻里のなか』、『スイートプールサイド』など話題作の出版、映像化が続いている漫画家・押見修平の作品。青春時代のひりっとした部分もしっかりと描く本作は漫画家・押見修平の自身の経験を題材にした作品だ。様々な思いを抱える若き少女、少年の姿を捉える。

冒頭の新しいクラスでの初めての自己紹介。自分の名前をみんなの前で言うことに激しく不安を覚える志乃の視線は漫画で描かれたものをそのままカメラアングルで表現してくれている。明るくない教室に志乃の思いが投影されているようだ。

今まで一人だった不器用な志乃に出来た大切な友達・加代。一人では踏み出せなかった一歩が二人なら二歩も三歩も踏み出せる。キラキラとした志乃と加代の夏休み、夏の終わりに突然二人の輪に入ってくる菊地。菊地が入ってきたことで崩れていく2人の関係。一方的に自分の殻にこもる志乃を外へ連れ出そうとする加代。お互いの思いが伝わらないもどかしさ、それをどう表現していくかがクライマックスの二人の見せ場でもある。

shino2

同郷タッグで作り上げた作品

監督は今回が商業映画監督デビューとなる湯浅弘章。映画の助監督やドラマの演出を手掛けてきた。脚本は『百円の恋』の足立紳。共に鳥取県出身の先輩後輩で今回はがっちりタッグを組む。『14の夜』で少年たちの思いを勢いよく描いて監督デビューも果たした足立は後輩の依頼を受け、原作のどの部分を取り上げながら映画オリジナルの部分を出していくかを話し合い、脚本を書き上げた。湯浅監督は菊地のキャラクターに足立の色が濃く出ていると語っている。

shino4

これからが期待される若手俳優陣が揃う

キャスティング優先も多い映画界だが、湯浅監督は作品のイメージに合う若手をオーディションで選ぶことにこだわった。

志乃役は南沙良。『幼な子われらに生まれ』で映画デビュー。人気ティーンズ雑誌『nicola』のモデルも務めている。加代役は蒔田彩珠。14歳とは思えない演技力を『三度目の殺人』で披露した彼女を湯浅監督が指名。志乃役のオーディションに一緒に同席してもらい、監督は加代にぴったり合う志乃が現れるのを何度もオーディションを重ね待ち続けたという。南さんも、蒔田さんもその当時共に14才。同い年の二人が同級生を演じることになった。志乃と加代の間に空気を読めず入ってくる菊地強には萩原利久。ドラマ『あなたには帰る家がある』の息子役は記憶に新しい。繊細な演技を見せてくれる3人はこれからの注目株だ。

shino3

吃音という単語をあえて出さない

志乃が吃音であるということは一切語られていない。吃音という言葉は原作にもなく、湯浅監督も使っていない。吃音がどんなものなのかを知ってほしいという映画ではない。自分の中のコンプレックスとどう折り合いをつけるか、葛藤しながらもがきながら生きる若者たちを描いた映画だ。

若い頃の葛藤を忘れることはない。嫌いな自分を克服した人も嫌いな自分とまだ付き合っている人も。この映画には共感できることが沢山あるだろう。

『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』は現在公開中。

http://www.bitters.co.jp/shinochan/

東海地区では7月21日より愛知 伏見ミリオン座、9月8日より三重 進富座で公開。

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

20190406201104_IMG_0771 1
東海地区の映画館、劇場を応援しよう(応援方法まとめ)

東海地区の映画館、劇場を応援しよう(応援方法まとめ)新型コロナウイルス感染防止の ...

webshopsakura 2
和傘とともに思い出の一枚を。和傘レンタルキャンペーンを和傘CASAが展開中

新型コロナウイルスの関係で様々なイベントが中止になっている。 ライフイベントであ ...

hanamuko encore1 3
国際結婚家族に移住計画勃発?(映画『最高の花婿 アンコール』)

結婚とは結婚する二人だけの話ではない。 二人のそれぞれの家族が大きく関わってくる ...

renren (5) 4
涼夏のここが今ツボ⑦ MIRAGE THEATRE Vol.0 映画『恋恋豆花』名古屋公開前夜祭トーク&ライブによせて

MIRAGE THEATRE VOL.0 映画『恋恋豆花(れんれんどうふぁ)』ト ...

carenin2_1 5
よりよい一日を目指して(映画『ケアニン~こころに咲く花~』)

介護福祉士・大森圭が帰ってきた。2017年の公開から日本全国で上映が続いている『 ...

biglittle5 6
ここは地球に愛される農場(映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』)

自分達で一から作る生活というのは軌道に乗るまでがとても大変だ。 「自然と共存する ...

yamanaka5 7
今だからずっと温めてきたこの映画を撮りたい(映画『山中静夫氏の尊厳死』村橋明郎監督インタビュー)

自分に残された時間があとわずかと知ったらあなたは残りの人生をどう生きるだろうか。 ...

20200307145335_IMG_2835_ 8
映画『恋恋豆花(れんれんどうふぁ)』名古屋初日舞台挨拶レポート

映画『恋恋豆花(れんれんどうふぁ)』名古屋公開初日舞台挨拶が3月7日、名古屋・名 ...

kessan3 9
第37回CINEX映画塾『決算!忠臣蔵』中村義洋監督トークレポート

中村義洋監督が岐阜大学病院をロケ地に撮影した2009年の『ジェネラル・ルージュの ...

rerendoufa1 10
台湾の旅は美味しい出会いの旅(映画『恋恋豆花(れんれんどうふぁ)』)

名古屋から飛行機で約3時間。 日本語がかなり通じる異文化都市・台湾は一度は行って ...

1581834114678 11
涼夏のここが今ツボ⑥ 星能豊がつなげる映画の縁ー特集上映『星能豊 retrospective』ー

私は星能豊のことを今回のイベントチラシにこう書いた。 現場で会った時とスクリーン ...

rerentoufa 12
MIRAGE THEATRE vol.0  映画『恋恋豆花』名演小劇場上映前夜祭!洸美・ミニライブ&今関あきよし監督トークショー 開催決定!

Cafe mirageが今年岐阜柳ケ瀬のカフェ星時とタッグを組んでお送りする企画 ...

goon1 13
Go on 人生は続いていく(映画『轟音』)

片山享という人の作品と出会ったのは2018年のはままつ映画祭だった。 彼の故郷福 ...

hitoyo3 14
第36回CINEX映画塾『ひとよ』白石和彌監督トークレポート

あの日がなければ人生が変わっていたかもしれない、あの日があったから今がある。 そ ...

maeda1 15
我らのブルーオーシャンを開拓せよ!(映画『前田建設ファンタジー営業部』)

永井豪氏原作のアニメ「マジンガーZ」の出撃シーンで登場する地下格納庫兼プールを、 ...

kaze3 16
風は思いを乗せて(映画『風の電話』モトーラ世理奈さん、諏訪敦彦監督インタビュー)

岩手県大槌町のガーデンデザイナーがもう一度死別した従兄弟と話したいと願って自身の ...

his7 17
演じたことで変化する自らの感覚(映画『his』名古屋先行上映舞台挨拶レポート)

昨年『愛がなんだ』が大ヒットし、2020年も監督作が続けて公開される今泉力哉監督 ...

okazaki_main 18
鏡が映す4つの恋愛模様(映画『おかざき恋愛四鏡』)

愛知県岡崎市で撮影された『おかざき恋愛四鏡』が岡崎での先行公開を経ていよいよ1月 ...

midori1 19
「待ってください。ちょっと停めただけじゃない!」「いいえダメです」(映画『ミドリムシの夢』)

ミドリムシとは皆さん、なんのことかご存じだろうか。 普通はユーグレナのことだが今 ...

FF20180522_Stills0219.jpg 20
漁師達のコーラスグループがメジャーデビュー!?(映画『フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて』)

歌が巧いというのは音程が取れるという意味もあるが、それよりも歌をいかに自分のもの ...

theater__d_omote 21
『MIRAGE THEATRE』上映作品募集開始!

  当サイトCafe mirageは2019年に『MIRAGE THE ...

DSC_0409 22
観る者の心をざわつかせる映画『MANRIKI』の引力とは?(名古屋舞台挨拶レポート)

映画『MANRIKI』の公開記念舞台挨拶が12月12日名古屋センチュリーシネマで ...

向こうの家 23
映画『向こうの家』名古屋初日舞台挨拶レポート

映画『向こうの家』の初日舞台挨拶が12月7日名古屋シネマテークで行われた。 『向 ...

CH1 24
3度目の実写シティーハンター、出来栄えは?(『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』)

29日公開『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』は北条司 ...

itukano7 25
第35回CINEX映画塾『いつかのふたり』トークレポート

第35回CINEX映画塾が11月9日岐阜CINEXで開催された。 作品は『いつか ...

inoti2 26
新たな夢は動物園に(映画『いのちスケッチ』)

夢を追っていても、叶えられない人は沢山いる。自身の夢をあきらめることは悔しいが、 ...

IMG_20191111_080319 27
金沢の夜がアツい!ROJIURAシネマ鑑賞レポート(涼夏のこれが今ツボ⑤)

「ROJIURA CINEMA」を観に金沢に出かけた。 岐阜からは特急しらさぎで ...

左:中川龍太郎監督 右:松本穂香さん 28
映画『わたしは光をにぎっている』松本穂香さん、中川龍太郎監督インタビュー

CMや様々なジャンルの映画に多数出演し、注目を集める松本穂香を主演に迎え、中川龍 ...

kagehumi1 29
『月とキャベツ』の縁から生まれた新たな山崎まさよし×篠原哲雄監督作品(映画『影踏み』篠原哲雄監督インタビュー)

映画『月とキャベツ』を毎年上映している映画祭がある。群馬県中之条町で開催される伊 ...

GARO_GEKKOU_0 30
『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』名古屋舞台挨拶レポート&中山麻聖さん、雨宮慶太監督、勇翔さん(BOYS AND MEN)インタビュー

『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』の公開記念舞台挨拶が10月6日109シネマズ名 ...

sousiki1 31
友よ、皆に送られて安らかに逝け(映画『葬式の名人』)

『おくりびと』以降、逝く人を見送る職業の人々を描く映画は沢山作られており、今回も ...

mukounoie1 32
僕の知らないもう一つの森田家(映画『向こうの家』西川監督インタビュー追加)

食卓というのは家族の雰囲気がわかる場所だ。 家族四人で朝ご飯を囲む、幸せな家庭に ...

jimoto8 33
地元ピース!岐阜上映は超満席!!

映画『地元ピース!』の岐阜上映会が6月9日岐阜・柳ヶ瀬のCINEXで行われた。 ...