Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

@2017 ASESORIAS Y PRODUCCIONES FABULA LIMITADA; PARTICIPANT PANAMERICA, LCC; KOMPLIZEN FILM GMBH; SETEMBRO CINE, SLU; AND LELIO Y MAZA LIMITADA

EntaMirage! Movie

あなたが愛した私でいたい(映画『ナチュラルウーマン』)

前情報は全く入れずに鑑賞し始めた映画『ナチュラルウーマン』。
ナイトクラブで歌う彼女は低音部の響きがすばらしく、なかなかあの声は出せないと思いながら聞いた。

そこに現れる素敵な男性が誕生日を祝ってくれる。ちょっと年配の男性と一途に愛を育んでいるその彼女に悲しい事件が起きた。隣で眠っていた最愛の人は突然体調不良を訴え、病院に運んだがそのまま亡くなってしまう。パートナーでしかなかった上、年齢差もあり、親族とは認められず、警察からは怪しまれ、前妻や子供から偏見や差別に溢れた言葉を浴びせられる。

遺族との会話辺りまで彼女がトランスジェンダーであることに全く気がつかなかった。だって彼女はどう見たって私から見れば女性だったから。

歌うしぐさも話す時のしぐさも。美しい女性だったのだ。

@2017 ASESORIAS Y PRODUCCIONES FABULA LIMITADA; PARTICIPANT PANAMERICA, LCC; KOMPLIZEN FILM GMBH; SETEMBRO CINE, SLU; AND LELIO Y MAZA LIMITADA

@2017 ASESORIAS Y PRODUCCIONES FABULA LIMITADA; PARTICIPANT PANAMERICA, LCC; KOMPLIZEN FILM GMBH; SETEMBRO CINE, SLU; AND LELIO Y MAZA LIMITADA

 

『ナチュラルウーマン』 あらすじ

ウェイトレスをしながらナイトクラブで歌っているマリーナは年の離れた恋人オルランドと暮らしていた。マリーナの誕生日を祝った夜、自宅のベッドでオルランドは体調を崩し、そのまま亡くなってしまう。最愛の人を亡くした悲しみの最中にも関わらずマリーナはトランスジェンダーであるが故に偏見や差別の言葉を浴びせられ、警察にも疑われてしまう。二人で暮らしていた家を追い出され、葬儀への参列をも拒否される。ただ愛する人に最後のお別れを告げたい。マリーナは挫けずに動きはじめる。

 

これは一人の女性が愛するパートナーに別れを告げるまでの数日間の出来事だ。その中では世の中でトランスジェンダーなどのいわゆるLGBTの人たちに対する偏見がたくさん描かれている。

魅力ある女優の誕生

セバスティアン・レリオ監督はチリ出身の監督で、前作『グロリアの青春』を自らハリウッドリメイクすることが決まっている才能の持ち主だ。そんなレリオ監督がトランスジェンダーをテーマに映画を描こうとした時に相談したのが、歌手兼女優のダニエラ・ヴェガだった。話を聞いて脚本に取り入れていくうちにマリーナ役はダニエラにしかできないと思いオファーしたという。

ダニエラは8歳でオペラ歌手としての才能を認められ、ヘアスタイリストとして働く傍ら演劇活動もスタート。2017年にはテアトロ・ア・ミル国際演劇祭の最高賞の一つを受賞するなど歌だけでなく、芝居も評価されている。本作でもマリーナは表情で様々な思いを私たちに伝えてくる。強いまなざし、その裏にあるトランスジェンダー故の過去の悲しい出来事が見えてくるのだ。彼女が歌う歌にも人生がぎっしり詰まっている。冒頭のナイトクラブのシーンでこの歌はまねできないと感じたのはそれが原因だった。しかも彼女は泣き寝入りはしない。どんなに非難されても愛するオルランドとの別れをなんとか果たそうとする強い心を持っていて、屈しない姿に勇気づけられ、応援したくなる。

ダニエラの体当たりな演技が素晴らしい。本作で鮮烈な映画デビューを飾った彼女は、次回作では女性を演じているという。

@2017 ASESORIAS Y PRODUCCIONES FABULA LIMITADA; PARTICIPANT PANAMERICA, LCC; KOMPLIZEN FILM GMBH; SETEMBRO CINE, SLU; AND LELIO Y MAZA LIMITADA

@2017 ASESORIAS Y PRODUCCIONES FABULA LIMITADA; PARTICIPANT PANAMERICA, LCC; KOMPLIZEN FILM GMBH; SETEMBRO CINE, SLU; AND LELIO Y MAZA LIMITADA

彼の魅力が最後まで話を引っ張る

もちろんマリーナを理解してくれる人もいる。オルランドの弟や働いているレストランのオーナー、そして愛するオルランド。オルランドは何度もマリーナの前に現れ、マリーナが前に進むために導いてくれる。マリーナという人物に惹かれて、純粋に愛したオルランド。冒頭、クラブで歌うマリーナへの優しい眼差しがマリーナへの愛を感じる。このオルランドの愛があったからこそマリーナは生きて来られたのだろう。

オルランド役はチリの名俳優フランシスコ・レジェス。出演シーンは多くないが、非常に強いインパクトを残す。

印象あるシーンは何を訴えているのか

予告にもあったマリーナが向かい風に立ち向かう演出は昔の作品へのオマージュだが、マリーナの立場を表すにはぴったりの演出だ。作品の中にはいくつかそういったインパクトある演出があり、レリオ監督がなぜこの演出を入れてきたのか考えることが面白い。マリーナが飛び込んだクラブの演出、オルランドが残した鍵で開けたロッカーの中身。随所に考えさせられるシーンもある。

@2017 ASESORIAS Y PRODUCCIONES FABULA LIMITADA; PARTICIPANT PANAMERICA, LCC; KOMPLIZEN FILM GMBH; SETEMBRO CINE, SLU; AND LELIO Y MAZA LIMITADA

@2017 ASESORIAS Y PRODUCCIONES FABULA LIMITADA; PARTICIPANT PANAMERICA, LCC; KOMPLIZEN FILM GMBH; SETEMBRO CINE, SLU; AND LELIO Y MAZA LIMITADA

 

ベルリン国際映画祭での上映を経て、アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされ、最有力候補と言われている本作。

自分が、自分であること。あなたが愛してくれた私であるために。
トランスジェンダーの姿を通して自分らしい生き方で生きていくことを訴えてくる。

 

映画『ナチュラルウーマン』 http://naturalwoman-movie.com/ は2月24日(土)よりシネスイッチ銀座、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほかで全国公開。
東海地区では2月24日より愛知 名演小劇場、ユナイテッド・シネマ豊橋18、3月17日より静岡 シネ・ギャラリーにて公開。三重 伊勢進富座、静岡 シネマイーラでも順次公開予定。

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

kibaiyanse7 1
映画『きばいやんせ!私』武正晴監督、坂田聡さん、眼鏡太郎さんインタビュー&舞台挨拶レポート

映画『きばいやんせ!私』の舞台挨拶が名古屋のセンチュリーシネマで行われた。 『き ...

yukiguni1 2
カクテルとバーテンダーの人柄からうまれるBARという空間(映画『YUKIGUNI』)

明治時代に海外から日本に伝わり、時間をかけて日本で愛される飲み物になったカクテル ...

together1 3
ヒーローが役目を終える時、真のストーリーが始まる(映画『さらば大戦士トゥギャザーV』松本純弥監督インタビュー)

3月23日から1週間池袋シネマ・ロサで上映される『さらば大戦士トゥギャザーV』。 ...

zan6 4
第27回CINEX映画塾『斬、』池松壮亮さん×塚本晋也監督トークショー レポート

岐阜で良質の映画をと岐阜新聞映画部が企画し、出演者、監督などのトークと一緒にお届 ...

kazokuwari1 5
映画『かぞくわり』塩崎祥平監督×弓手研平さん 名古屋舞台挨拶レポート

名古屋・名演小劇場で絶賛公開中の映画『かぞくわり』。2月28日上映後には劇中の絵 ...

kazokuwari1 6
歴史が残る奈良で今の家族のあり方を見つめる(映画『かぞくわり』塩崎祥平監督インタビュー)

中将姫が出てくると聞いたのがこの映画を観るきっかけだった。岐阜市には中将姫誓願桜 ...

bokuiko_o7 7
ぼくいこ公開記念 大垣試写会 宮川サトシさん×大森立嗣監督トークショー公開!

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』の試写会が2月3日映画の撮影 ...

bon1 8
受け継がれる唄と共に生きる(映画『盆唄』)

2011年の東日本大震災からまもなく8年。震災後の人々を描く新たなドキュメンタリ ...

nekkojii3 9
猫との撮影の裏側を聞く(映画『ねことじいちゃん』立川志の輔さん、岩合光昭監督インタビュー)

心が温まるコミック『ねことじいちゃん』が実写化。監督は猫を撮らせるならこのひと。 ...

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。
2019年2月22日(金)全国順次ロードショー 配給:アスミック・エース 10
お母さんへの愛があふれとるよ、この映画(映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』大森立嗣監督インタビュー)

岐阜が舞台の作品がまた一つ出来上がった。 岐阜と言えばアニメというイメージが強い ...

kazokuwari1 11
歴史が残る奈良で今の家族のあり方を見つめる(映画『かぞくわり』塩崎祥平監督インタビュー)

中将姫が出てくると聞いたのがこの映画を観るきっかけだった。岐阜市には中将姫誓願桜 ...

DSC_0058 12
役者も観客もしびれるとがった作品をー『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』三上博史&宅間孝行監督インタビュー

1月18日から公開中の『LOVEHOELに於ける情事とPLANの涯て』。 昔のレ ...

DSC_0055 13
岐阜ふらっと探訪②‐思い出の釜めしに偶然出会う‐

釜めしって味加減とか火加減とかがとても難しい食べ物だと思う。 小さな頃、母が若い ...

zan 14
CINEX映画塾に池松壮亮さん登壇決定!(第27回CINEX映画塾『斬、』上映&トークショー)

2019年1回目の「CINEX映画塾」となる第27回目CINEX映画塾の追加ゲス ...

15
閉店を前に感謝祭を開催ー大須・シアターカフェ

2012年4月に大須にオープンしたシアターカフェは映画を製作する人々にとって大切 ...

uchi3 16
88歳、70年前に戻る旅(映画『家へ帰ろう』)

人生の終わりが見えて来たとき、人生を振り返り、やり残したことをやろうとする人は多 ...