Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

エルクラン

EntaMirage! Movie

幸せな家族には裏があるー映画『エル・クラン』

2016/09/29

驚くべき家族の裏の顔 ―彼らは誘拐犯

 

確信犯という言葉の意味についての話題がニュースで流れてきていた。
(確信犯の意味 昔から伝わったもの:それが正しいと信じて犯罪をおかすこと
最近の解釈    :悪いとわかっていて犯罪をおかすこと。)

果たして彼は確信犯だったのか否か。

今の生活を保つために。生活のために家長がとった行動は
とんでもないものだった。

あらすじ

誰からも愛される裕福な一家。しかし彼らにはとんでもないもうひとつの顔があった。
ヴェネチア国際映画祭2015で銀獅子賞を受賞した『エル・クラン』。
独裁政権が倒れ、民主化が進む1980年代のアルゼンチン。
独裁政権で働いていたアルキメデスは無職になる。

見知らぬ男に殴られ、誘拐されそうになったアルハンドロ。
友人はトランクに入れられたのに
自分は助手席に座らされ、怪我はないかと心配される。
誘拐犯は父親のアルキメデス。
民主化で裕福になった人々を誘拐して身代金をせしめている。
そして、いつしか生活のために誘拐は家業になっていった。
アルハンドロは友人の誘拐を手伝ったのだ。

この無茶苦茶な父親を畏れていたアルハンドロだったが
恋人との平凡な、普通の暮らしがしたいと考えるようになる。

驚くなかれ。これは実話。

周りに全く怪しまれないで家族ぐるみで犯罪をしていたというのが
ドラマの世界のようだ。
だが、これが現実。実際に起こったというのだから事実は小説よりも奇なり。
生きるために仕方なかったのか、自分達の代わりに裕福になる人々が憎かったのか。
アルキメデスの狂気は家族をも巻き込んだ。

子供部屋の横に人質の監禁部屋があっても、母や娘たちは見て見ぬふり。
平常心でなぜいられたのか。
それが疑問のままスクリーンに描かれる光景に唖然として話が進んでいく。

そのスピード感をもたらしているのが音楽。
ジャンルにとらわれない。
入るタイミング、選曲が素晴らしく、
思わずサウンドトラックをチェックしてしまったほど。
(公式サイトに音楽の一覧があります。)

パブロ・トラベロ監督は実際に被害者家族や近所の人々会って
アルキメデス家を描く。
アルキメデスを演じたのはギレルモ・フランセーヤ。
アルゼンチンではコメディ俳優としても有名な彼だが
今回の作品ではそんな姿は微塵もない。

アルキメデスは新しい仕事を生きるための仕事としてこなす。
独裁政治の世の中に心を置き忘れたのか。
最後の最後までアルキメデスは普通なのだ。
それが怖い。

アルキメデスはどっちの意味の確信犯だったのだろう。
答えはスクリーンで確認を。

 

作品情報

『エル・クラン』

現在公開中

東海地区は名古屋栄センチュリーシネマで現在公開中

岐阜 CINEXは10月22日より公開

公式HPはこちら

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

netemo3 1
日常の中の非日常な恋に落ちて(映画『寝ても覚めても』東出昌大さん、濱口竜介監督インタビュー)

昔突然消えた恋人とそっくりな男が目の前に現れて自分を好きになってくれたらあなたは ...

syottan1 2
しょったんが開いた将棋界への新たな扉(映画『泣き虫しょったんの奇跡』)

人生の様々な時間に出会った相手からの一言が自分の記憶に深く残っていることはないだ ...

received_1906226122756449 3
地域×映画ー自分の街での映画作りの可能性(『MACHI×FILM GO!GO!「Life works」6作品上映&トークセッション』)

8月5日岐阜県可児市文化創造センターで『ROCKFILLJAM2018』が開かれ ...

恋する小説家 4
『カメラを止めるな!』上田監督の短編もチェックしよう!

現在名古屋シネマスコーレで上映中の『カメラを止めるな!』は連日チケットが速攻完売 ...

5
私たちはここで生きたい(映画『ヒトラーを欺いた黄色い星』)

ヒトラーが第二次世界大戦中に行ったホロコーストでも知られる虐殺はあまりにも有名で ...

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 6
第18回CINEX映画塾『パンとバスと2度目のハツコイ』深川麻衣トークショーレポート

7月1日岐阜CINEXにて第18回CINEX映画塾が開催された。作品は『パンとバ ...

shino1 7
一歩を踏み出すまでの時間(映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』)

一人はさびしいけれど楽な時もある。 誰かと行動することは気を遣うし、疲れる。 誰 ...

『天国と地獄』 8
あいち国際女性映画祭2018ラインナップ発表

「あいち国際女性映画祭2018」の記者会見&ラインナップ発表が7月11日、映画祭 ...

9
沖縄返還の交渉を行った一人の外交員の物語 (映画『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す』)

昨年NHKBSプレミアムで放映されたドラマが映画になって帰ってきた。 沖縄返還の ...

IMG_20180630_234305 10
【映画祭応援】アーラ映画祭2018 ラインナップ発表!

岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催されるアーラ映画祭2018の全ラインナッ ...

Punk_main 11
パンクな世界に身を投じろ!(映画『パンク侍、斬られて候』)

言葉に出来ない"半端ないって!"の作品が久しぶりに来た。もうこれはとにかく観て! ...

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 12
名古屋で撮影中 映画『名も無い日』

映画『名も無い日』の撮影が現在名古屋で行われている。 監督は名古屋市熱田区出身の ...

room6 13
映画『ルームロンダリング』×池田エライザ トーク&インタビュー at 名古屋

6月5日名古屋PARCOで【映画『ルームロンダリング』×PARCO SWIM D ...

14
ようこそ岐阜へ。今年も秀作揃い 第6回MKE映画祭 レポート

第6回MKE映画祭が6月9日岐阜県図書館多目的ホールで行われた。 上映されたのは ...

yuzuriha1 15
葬儀の現場に涙は見せない(映画『ゆずりは』)

どの時代でも文化や仕事の技は受け継がれていく。 人から人へ。意思を継ぐ者達の命の ...

16
声から広がる作品の世界・中川龍太郎監督インタビュー(映画『四月の永い夢』)

世界四大映画祭の一つと言われるモスクワ国際映画祭で国際映画批評家連盟賞とロシア映 ...

17
迷うのも決めるのも私(映画『29歳問題』)

あらすじ 2005年の香港。あと1ヶ月で30才を迎えようとしているクリスティは仕 ...

dav 18
第17回CINEX映画塾-撮影監督・柳島克己トーク レポート

第17回CINEX映画塾が岐阜柳ケ瀬ロイヤル劇場で5月12日開催された。 ロイヤ ...

1525665750821 19
渡辺哲、再びカクエイを演じる(舞台『カクエイはかく語りき』)

『カクエイはかく語りき』が12年ぶりに上演される。 この作品は星屑の会でもタッグ ...

kobani 20
ラジオ・コバニ 戦地の中の放送局(映画『ラジオ・コバニ』)

94.3Mhz ラジオ・コバニが街を取り戻す 94.3Mhz でオンエアされるラ ...

kimikyori 21
地球の裏側のきみに恋して(映画『きみへの距離、1万キロ)

好きな人は地球の裏側。しかも恋人もいて…。 あらすじ 北アフリカの砂漠地帯にある ...

©2018「孤狼の血」製作委員会 22
東映実録路線を引き継ぐ妥協のない作品(映画『孤狼の血』)

ここまで今の日本でよく作ったと思える映画だった。熱き男達の闘い。それは昭和の時代 ...

IMG_20180503_085253 23
第17回CINEX映画塾開催決定!『ソナチネ』上映&柳島克己トーク

第17回CINEX映画塾の開催が5月12日に決まった。 今回は場所が岐阜CINE ...

24
篠原哲雄監督、文音さん登壇 映画『ばぁちゃんロード』名古屋舞台挨拶レポート

映画『ばぁちゃんロード』の舞台挨拶が4月21日名古屋名演小劇場で開催された。 篠 ...

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 25
CINEX映画塾第16回『一陽来復 Life Goes On』トークショーレポート

第16回CINEX映画塾『一陽来復 Life Goes On』上映と尹美亜(ユン ...