Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

EntaMirage! Movie

映画『八重子のハミング』名古屋舞台挨拶 レポート

映画『八重子のハミング』の舞台挨拶が公開2日目の5月7日に
名古屋・名演小劇場で行われた。
舞台挨拶は2回行われたが2回とも満員御礼。
名演小劇場は入口のある1階から劇場のある3階まで長い行列ができるほどだった。

1回目の舞台挨拶の様子をお届けする。
登壇したのは佐々部清監督と主演の升毅さん。

美味しいお酒を飲みました

佐々部監督
「苦節八年かかってやっと全国公開となりました。
実は昨日、1月1日から封印していたお酒を飲んでしまいまして。
歌は歌っていないんですけど声の調子がよくないんですがよろしくお願いします。」

無事公開するまではと願掛けのように大好きな酒を飲まずにいた佐々部監督。
前日の東京、横浜の初日舞台挨拶を終えて美味しいお酒を飲んだそうだ。

升さん
「大変好きな名古屋で、こうして皆さんの前でご挨拶が出来て本当にうれしく思います。
今日は短い時間ですがよろしくお願いします。」

司会
「今日はドラゴンズの話は封印していただきます(笑)。
監督、お手元にあるのは今日のニッカンスポーツですね。」

(注:知らない方のために。升さんは名古屋圏出身ではないのに大のドラゴンズファン。
その話はせず作品の話へ。)

佐々部監督
「野球の結果を持ってきたわけではありません。(笑)
ニッカンスポーツに全国版でこんなに大きく取り上げていただきました。
『追憶』296スクリーンに対して『八重子のハミング』は8スクリーン。
上映館は少ないですが紙面の位置、大きさは勝っちゃいました。
師匠の降旗さんの作品なので申し訳ないなと思いつつ嬉しかったので
持ってきてしまいました。」

お二人の簡単な挨拶が終わったところで観客からの質問に答える形で進行。

升さんの芝居のスタンスが変わった現場

Q.苦労したのはどこのシーンですか?
升さん
「全シーン苦労しました(笑)。
いつも役に対して自分なりのプランを持って作品に臨むんですが
この作品の場合は事前に脚本もいただいていましたし、原作も読んで
どう取り組んでいいのかというのが自分の中で全くイメージが浮かばず、
撮影が始まる2カ月ぐらい前からずっと悩んでいました。
最終的にこうしよう、ああしようというのが見つからないままに撮影に入りました。
撮影初日にすうっと楽になって特に何も考えず撮影に入れました。
13日間の撮影だったんですが不思議な自然体で最後まで撮影出来ました。
今までに一度もない経験でした。撮影に入る前にすごく色々考えたという意味で
苦労はあったんですが撮影に入ってからは楽になった作品でした。」

司会
「八重子さんを愛していたんですね。」
升さん
「ええ、愛してました(笑)」
にっこりと笑う升さんが素敵だ。

佐々部監督
「今回、本当にゼロからでした。
いつもは映画会社からこういう作品やらないかとオファーが来たり、
自分の企画を映画会社に持っていくとお金集めは自分でしなくていいんですが、
今回大変だったのはお金集めからスタートしたことです。
ホームページで協賛金募集もしました。
そこに1万円、5万円、10万円と協賛してくださった方がいらっしゃいます。
今日来ていただいている方の中にも協賛してくださった方がいます。
大事なお金なので無駄に使いたくなかったんです。
升さんにも大スターですし、立派なホテルを用意して
泊まってもらわないといけないんですけど
『1泊3000円で泊めてください。』と自分の足で探して交渉しました。」

この辺りの話は以前掲載した佐々部監督のインタビューにも書いているので
そちらも是非読んでいただきたい。

あなたが私を覚えていてくれるー夫婦の絆ー映画『八重子のハミング』佐々部清監督インタビュー

 

佐々部監督
「升さんのホテルは暴露すると実は2000円だったんです(笑)。
学生の頃、10万円くらいで自主映画を作っていたのが今回は5000万円規模での自主映画。
自主映画を作っていると言ったらスタッフが
『自主映画とは言ってほしくない。』と言ったので
‟自主的映画”とずっと言っています。
お昼ご飯代も少ないと言ったら
『大丈夫よ、うちからお米持ってくるから。』とか『野菜持ってくるから。』
と地元の方が毎日炊き出しをやってくださって。
13日間の撮影だったんですがカメラマンは4キロ太りました。
とってもおいしいお昼ご飯を毎日いただいておりました。
婦人会の方が家の庭でご飯を作りながら升さんの芝居を外で声だけ聴いてみんな泣いていて。
こちらも涙をこぼして。とても暖かい現場でした。」

夫婦愛から自然に生まれる介護

Q.介護映画ではなく究極のラブストーリーと監督は言われていますが
演じた升さんはどう捉えていましたか?

升さん
「僕は一生懸命介護をする役だとは思ってなかったんですね。
実際何をしていたかというと大好きな奥さんが何を求めているかを感じたい。
求めていることに応えたい。どちらかというと自分がこうしたい、ああしたいと思う。
常に妻に寄り添っていたい。結局残された時間が限られていて
いつ終わるかわからないんですけど
そばにいたい。その思いだけでそばにいました。
なので介護したという感覚はなかったです。結果的にはかなり介護した感じですが。
トイレに連れて行くことも、食事をさせることも
やらなければいけないではなくやりたいと思ってやっているので
僕としては凝縮された12年間。八重子さんとの幸せな時間だった気がします。」

佐々部監督
「クランクイン前に僕から升さんにお願いしたのはたった一つ。
『撮影期間中だけでいいので、高橋洋子さん演じる八重子さんを好きでいてください。』
ということ。それだけで特に演技指導はしていません。
洋子さんには『ずっとかわいらしい八重子を演じてほしい。』とそれだけお願いしました。
それがうまく溶け合えばラブストーリーになるなと思っていました。」

 

佐々部監督を支える高倉健さんの言葉

Q.監督はいつもどんな風にテーマを選びますか?
佐々部監督
「テレビドラマでやれないことを選びます。映画でしかやれないことをやりたい。
助監督時代最後の作品が『鉄道員(ぽっぽや)』や『ホタル』で
高倉健さんから『何を撮ったかじゃなくて何のために映画を撮るんだ?』と言われて。
それが僕の中でずっと宿題でした。
この映画は究極の夫婦のラブストーリーを撮りたいと思ったんですが
その背景に介護があります。
この国は必ず10年、20年経っていくと更に介護の時代になっていく。
この作品で介護で闘っている人、疲弊した人たちのちょっと背中が押せればいいなと思って。
そのために撮ったと言えば『ツレがうつになりまして。』の時もそうです。
自分の周りでうつ病で命を絶った人が2人もいて。
自分の周りだけでこんなに苦しんでいる人がいる。
たくさんの人にエールを送りたい。そのために映画を作りたい。そう思っています。

あとはラブホテルのシーンとか排泄のシーンとかとてもリアルなんですが、
今だとテレビドラマではやらせてもらえないんです。
子供が見たらどうするんだとか、食事の時間にぶつかったらどうするんだとか
制約がありますし…。
映画ならドラマでは出来ないことも出来ると思ったんです。
高倉健さんの宿題を監督をやり続ける限りは続けていくんだと思っています。」

フォトセッションでは観客も撮影OKに。
観客から手渡された花束を持っての撮影。

佐々部監督
「SNSで感想を入れてぜひ広めてください!」

上映後には名演小劇場のテラスでサイン会も開催された。
観客一人一人の感想を聞きながら丁寧にサインに応じていく。

「僕たちツービートではないですが"きよしとたけし"でずっとコンビでやってきたんです。」
佐々部監督と升さんの地道なプロモーションが更なる上映館の拡大に繋がるに違いない。
まだまだ二人の舞台挨拶は続いていく。
シニア向けに作った映画だというがいろいろな世代の方に見ていただきたいと思う。

5月6日に封切りされた8館以外にも順次全国で上映される。
http://yaeko-humming.jp/theater.html で確認を。

名演小劇場での上映スケジュールはこちらで確認を。

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

1
友人の恋人に会いに行く(映画『婚約者の友人』)

あなたは友人といえばどのあたりまでの関係なら友人と呼ぶのだろう。 知人と友人と恋 ...

2
映画『リングサイド・ストーリー』武正晴監督インタビュー

リングの上の景色を見る人とリングの下からその人を見つめる人がいる。 あなたはどち ...

3
CINEX映画塾第13回開催決定!『おクジラさま ふたつの正義の物語』上映&トークショー

地元出身の映画関係者の作品を上映することを大切にしている岐阜新聞映画部が 主催す ...

4
涼夏のこれが今ツボ。その③ 『HER MOTHER』

ある日のことだ。 映画館ではなくとあるオーディション会場で オーディションの終わ ...

©2017「パーフェクト・レボリューション」製作委員会 5
障害者だって恋したいー映画『パーフェクト・レボリューション』ー

これは誰にでもありえる運命の出会いだ。 今日から公開『パーフェクト・レボリューシ ...

6
『リベリアの白い血』上映&トークショーレポート

リベリアという国がどこにあるか知っているだろうか。 今回、この作品を見るというと ...

7
第12回CINEX映画塾決定!『リベリアの白い血』上映&福永壮志監督トークショー

岐阜新聞映画部主催CINEX映画塾第12回目の開催が決定した。 岐阜新聞映画部は ...

8
少年の初恋と憂鬱(映画『草原に黄色い花を見つける』)

あらすじ ティエウとトゥオンは仲の良い兄弟だ。 兄のティエウは12才。近所に住ん ...

9
【映画祭応援】アーラ映画祭2017 全ラインナップ発表

2年ぶりの開催となる岐阜県可児市文化創造センターアーラでの アーラ映画祭2017 ...

10
西軍から描く関ヶ原(映画『関ヶ原』)

岐阜県関ヶ原町の大イベント「関ヶ原ナイト2017」のイベントの一つとして 映画『 ...

11
映画『きみの声をとどけたい』名古屋舞台挨拶レポート

言葉にはタマシイが宿っている。それはコトダマと言われている。 願っていることを言 ...

©2015-ALL Rights Reserved Dorje Film 12
お母さんを3万ペソで買います(映画『ブランカとギター弾き』)

人との出会いはその後の人生を大きく変える。 これは一人の少女の出会いと成長の物語 ...

13
アーラ映画祭2017 上映作品 第1弾発表!

岐阜県にある可児市文化創造センター(通称:アーラ)で行われる アーラ映画祭が2年 ...

14
大須にじいろ映画祭2017開催、2018コンペ作品募集

大須にじいろ映画祭は2015年から始まった映画祭だ。 映画祭の場所は名古屋・大須 ...

15
女性の暮らしにかかわる映画をーあいち国際女性映画祭2017ー

あいち国際女性映画祭2017の記者発表が7月12日 ウィルあいちで行われた。 今 ...

16
『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』上映&松風理咲さん舞台挨拶トークイベントレポート

全長6.4kmしかない千葉県の銚子電気鉄道(銚子電鉄)。 幾度の経営難を地元の様 ...

ラインナップ第1弾より
『この世界の片隅に』 17
『この世界の片隅に』岐阜CINEXトークショー レポート

岐阜新聞映画部 CINEX映画塾 第10回『この世界の片隅に』   い ...

18
生きづらいけど…今を生きる『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』

自分の不器用な生き方を見ているかのようだった。 どうしてこんなにうまく生きていけ ...

19
映画『八重子のハミング』名古屋舞台挨拶 レポート

映画『八重子のハミング』の舞台挨拶が公開2日目の5月7日に 名古屋・名演小劇場で ...

20
あなたが私を覚えていてくれる ー夫婦の絆ー 映画『八重子のハミング』佐々部清監督インタビュー

『八重子のハミング』 特に好きなのは冒頭、八重子が誠吾の病気を知り、 寝るときに ...

21
淵に立って描きたいもの(映画『淵に立つ』トークショー)

岐阜の映画館で上質な映画を見てもらいたい。 その思いで立ち上がった岐阜新聞映画部 ...

彼らが本気で 22
荻上監督が放つ性を越えた愛情の物語(映画『彼らが本気で編むときは、』)

家族の形は変わりつつある。 世の中でもトランスジェンダーに対する動きは変わりつつ ...

dowai3 23
涼夏のこれが今ツボ。その② さらば土曜ワイド劇場

3月をもってテレビ朝日で長年続いた『土曜ワイド劇場』が幕を閉じるという。 TBS ...

くも漫。 24
教えてくれてあざーす!(映画『くも漫。」レビュー&名古屋舞台挨拶レポ)

漫画家中川学さんの実体験を描いた作品『くも漫。』が実写化。 「このマンガがすごい ...

25
北川悦吏子×岩井俊二トークショー in 岐阜CINEX

北川悦吏子監督は岐阜県美濃加茂市出身。 脚本家としても知られている。 ドラマ『ロ ...

26
Cafe Mirage Radio 第1回 ゲスト『彦とベガ』川津祐介さん、谷口未央監督

Cafe MirageはWebラジオも始めます。   10月29日、名 ...

27
かあちゃんの愛がたまらない(『湯を沸かすほどの熱い愛』)

作品のチラシのイメージが赤だった。 銭湯の風呂場に立つ女性は赤のエプロン。 そし ...