Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

EntaMirage! Movie

映画『八重子のハミング』名古屋舞台挨拶 レポート

映画『八重子のハミング』の舞台挨拶が公開2日目の5月7日に
名古屋・名演小劇場で行われた。
舞台挨拶は2回行われたが2回とも満員御礼。
名演小劇場は入口のある1階から劇場のある3階まで長い行列ができるほどだった。

1回目の舞台挨拶の様子をお届けする。
登壇したのは佐々部清監督と主演の升毅さん。

美味しいお酒を飲みました

佐々部監督
「苦節八年かかってやっと全国公開となりました。
実は昨日、1月1日から封印していたお酒を飲んでしまいまして。
歌は歌っていないんですけど声の調子がよくないんですがよろしくお願いします。」

無事公開するまではと願掛けのように大好きな酒を飲まずにいた佐々部監督。
前日の東京、横浜の初日舞台挨拶を終えて美味しいお酒を飲んだそうだ。

升さん
「大変好きな名古屋で、こうして皆さんの前でご挨拶が出来て本当にうれしく思います。
今日は短い時間ですがよろしくお願いします。」

司会
「今日はドラゴンズの話は封印していただきます(笑)。
監督、お手元にあるのは今日のニッカンスポーツですね。」

(注:知らない方のために。升さんは名古屋圏出身ではないのに大のドラゴンズファン。
その話はせず作品の話へ。)

佐々部監督
「野球の結果を持ってきたわけではありません。(笑)
ニッカンスポーツに全国版でこんなに大きく取り上げていただきました。
『追憶』296スクリーンに対して『八重子のハミング』は8スクリーン。
上映館は少ないですが紙面の位置、大きさは勝っちゃいました。
師匠の降旗さんの作品なので申し訳ないなと思いつつ嬉しかったので
持ってきてしまいました。」

お二人の簡単な挨拶が終わったところで観客からの質問に答える形で進行。

升さんの芝居のスタンスが変わった現場

Q.苦労したのはどこのシーンですか?
升さん
「全シーン苦労しました(笑)。
いつも役に対して自分なりのプランを持って作品に臨むんですが
この作品の場合は事前に脚本もいただいていましたし、原作も読んで
どう取り組んでいいのかというのが自分の中で全くイメージが浮かばず、
撮影が始まる2カ月ぐらい前からずっと悩んでいました。
最終的にこうしよう、ああしようというのが見つからないままに撮影に入りました。
撮影初日にすうっと楽になって特に何も考えず撮影に入れました。
13日間の撮影だったんですが不思議な自然体で最後まで撮影出来ました。
今までに一度もない経験でした。撮影に入る前にすごく色々考えたという意味で
苦労はあったんですが撮影に入ってからは楽になった作品でした。」

司会
「八重子さんを愛していたんですね。」
升さん
「ええ、愛してました(笑)」
にっこりと笑う升さんが素敵だ。

佐々部監督
「今回、本当にゼロからでした。
いつもは映画会社からこういう作品やらないかとオファーが来たり、
自分の企画を映画会社に持っていくとお金集めは自分でしなくていいんですが、
今回大変だったのはお金集めからスタートしたことです。
ホームページで協賛金募集もしました。
そこに1万円、5万円、10万円と協賛してくださった方がいらっしゃいます。
今日来ていただいている方の中にも協賛してくださった方がいます。
大事なお金なので無駄に使いたくなかったんです。
升さんにも大スターですし、立派なホテルを用意して
泊まってもらわないといけないんですけど
『1泊3000円で泊めてください。』と自分の足で探して交渉しました。」

この辺りの話は以前掲載した佐々部監督のインタビューにも書いているので
そちらも是非読んでいただきたい。

あなたが私を覚えていてくれるー夫婦の絆ー映画『八重子のハミング』佐々部清監督インタビュー

 

佐々部監督
「升さんのホテルは暴露すると実は2000円だったんです(笑)。
学生の頃、10万円くらいで自主映画を作っていたのが今回は5000万円規模での自主映画。
自主映画を作っていると言ったらスタッフが
『自主映画とは言ってほしくない。』と言ったので
‟自主的映画”とずっと言っています。
お昼ご飯代も少ないと言ったら
『大丈夫よ、うちからお米持ってくるから。』とか『野菜持ってくるから。』
と地元の方が毎日炊き出しをやってくださって。
13日間の撮影だったんですがカメラマンは4キロ太りました。
とってもおいしいお昼ご飯を毎日いただいておりました。
婦人会の方が家の庭でご飯を作りながら升さんの芝居を外で声だけ聴いてみんな泣いていて。
こちらも涙をこぼして。とても暖かい現場でした。」

夫婦愛から自然に生まれる介護

Q.介護映画ではなく究極のラブストーリーと監督は言われていますが
演じた升さんはどう捉えていましたか?

升さん
「僕は一生懸命介護をする役だとは思ってなかったんですね。
実際何をしていたかというと大好きな奥さんが何を求めているかを感じたい。
求めていることに応えたい。どちらかというと自分がこうしたい、ああしたいと思う。
常に妻に寄り添っていたい。結局残された時間が限られていて
いつ終わるかわからないんですけど
そばにいたい。その思いだけでそばにいました。
なので介護したという感覚はなかったです。結果的にはかなり介護した感じですが。
トイレに連れて行くことも、食事をさせることも
やらなければいけないではなくやりたいと思ってやっているので
僕としては凝縮された12年間。八重子さんとの幸せな時間だった気がします。」

佐々部監督
「クランクイン前に僕から升さんにお願いしたのはたった一つ。
『撮影期間中だけでいいので、高橋洋子さん演じる八重子さんを好きでいてください。』
ということ。それだけで特に演技指導はしていません。
洋子さんには『ずっとかわいらしい八重子を演じてほしい。』とそれだけお願いしました。
それがうまく溶け合えばラブストーリーになるなと思っていました。」

 

佐々部監督を支える高倉健さんの言葉

Q.監督はいつもどんな風にテーマを選びますか?
佐々部監督
「テレビドラマでやれないことを選びます。映画でしかやれないことをやりたい。
助監督時代最後の作品が『鉄道員(ぽっぽや)』や『ホタル』で
高倉健さんから『何を撮ったかじゃなくて何のために映画を撮るんだ?』と言われて。
それが僕の中でずっと宿題でした。
この映画は究極の夫婦のラブストーリーを撮りたいと思ったんですが
その背景に介護があります。
この国は必ず10年、20年経っていくと更に介護の時代になっていく。
この作品で介護で闘っている人、疲弊した人たちのちょっと背中が押せればいいなと思って。
そのために撮ったと言えば『ツレがうつになりまして。』の時もそうです。
自分の周りでうつ病で命を絶った人が2人もいて。
自分の周りだけでこんなに苦しんでいる人がいる。
たくさんの人にエールを送りたい。そのために映画を作りたい。そう思っています。

あとはラブホテルのシーンとか排泄のシーンとかとてもリアルなんですが、
今だとテレビドラマではやらせてもらえないんです。
子供が見たらどうするんだとか、食事の時間にぶつかったらどうするんだとか
制約がありますし…。
映画ならドラマでは出来ないことも出来ると思ったんです。
高倉健さんの宿題を監督をやり続ける限りは続けていくんだと思っています。」

フォトセッションでは観客も撮影OKに。
観客から手渡された花束を持っての撮影。

佐々部監督
「SNSで感想を入れてぜひ広めてください!」

上映後には名演小劇場のテラスでサイン会も開催された。
観客一人一人の感想を聞きながら丁寧にサインに応じていく。

「僕たちツービートではないですが"きよしとたけし"でずっとコンビでやってきたんです。」
佐々部監督と升さんの地道なプロモーションが更なる上映館の拡大に繋がるに違いない。
まだまだ二人の舞台挨拶は続いていく。
シニア向けに作った映画だというがいろいろな世代の方に見ていただきたいと思う。

5月6日に封切りされた8館以外にも順次全国で上映される。
http://yaeko-humming.jp/theater.html で確認を。

名演小劇場での上映スケジュールはこちらで確認を。

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

musashi1€ 1
己の信じる道を行く 映画『武蔵-むさし-』三上康雄監督インタビュー

『蠢動―しゅんどう―』から6年。リアルな演出と、徹底的なこだわりで時代劇の熱や美 ...

baaba6 2
寺田心くん、地元凱旋!(映画『ばあばは、だいじょうぶ』名古屋舞台挨拶レポート)

映画『ばあばは、だいじょうぶ』の公開記念舞台挨拶が5月18日イオンシネマ名古屋茶 ...

pia 3
人と人とが協力する在宅医療の現場を描く(映画『ピア まちをつなぐもの』)

様々な場所で劇場公開され、上映会としても800カ所以上で上映されている介護従事者 ...

©2019 KAMPAI! SAKE SISTERS PRODUCTION COMMITTEE 4
女性が活躍する日本酒の世界(映画『カンパイ!日本酒に恋した女たち』)

二十歳になった直後、苦いお酒が飲めなくてカクテルや梅酒、杏露酒など甘いお酒ばかり ...

baaba2 5
寺田心くんの熱演が光る!新たな角度から認知症を描いた作品(映画『ばあばは、だいじょうぶ』)

ものを忘れてしまう病気(認知症)で物忘れが多くなり、出来ていたことが出来なくなっ ...

sorokin 6
映画『ソローキンの見た桜』岐阜 大垣舞台挨拶レポート

映画『ソローキンの見た桜』の公開記念舞台挨拶が岐阜・コロナシネマワールド大垣で4 ...

namonri1 7
地方で働こう-趣味も仕事も充実させる働き方-(映画『波乗りオフィスへようこそ』)

日本は今、自分の時間、生き方を重視する方向へと進み始めている。だが、なかなか自分 ...

centerline1 8
じわじわきているインディーズ映画2本が名古屋で同時上映中!『センターライン』『さらば大戦士トゥギャザーV』初日イベントレポート

映画『さらば大戦士トゥギャザーV』、『センターライン』の名古屋上映が名駅のシネマ ...

place1 9
欲望と欲望が交差するカフェ ザ・プレイス(映画『ザ・プレイス 運命の交差点』)

人は誰でも欲望を持つ。今までに叶わなかった欲望も沢山あるだろう。もし、「これをす ...

55443345_2189956214435052_3257495925353873408_o 10
来週いよいよロードショー・映画『センターライン』吉見茉莉奈さんインタビュー

Cafe mirageが推し続けている映画『センターライン』。 昨年の完成披露か ...

kibaiyanse7 11
映画『きばいやんせ!私』武正晴監督、坂田聡さん、眼鏡太郎さんインタビュー&舞台挨拶レポート

映画『きばいやんせ!私』の舞台挨拶が名古屋のセンチュリーシネマで行われた。 『き ...

yukiguni1 12
カクテルとバーテンダーの人柄からうまれるBARという空間(映画『YUKIGUNI』)

明治時代に海外から日本に伝わり、時間をかけて日本で愛される飲み物になったカクテル ...

together1 13
ヒーローが役目を終える時、真のストーリーが始まる(映画『さらば大戦士トゥギャザーV』松本純弥監督インタビュー)

3月23日から1週間池袋シネマ・ロサで上映される『さらば大戦士トゥギャザーV』。 ...

zan6 14
第27回CINEX映画塾『斬、』池松壮亮さん×塚本晋也監督トークショー レポート

岐阜で良質の映画をと岐阜新聞映画部が企画し、出演者、監督などのトークと一緒にお届 ...

kazokuwari1 15
映画『かぞくわり』塩崎祥平監督×弓手研平さん 名古屋舞台挨拶レポート

名古屋・名演小劇場で絶賛公開中の映画『かぞくわり』。2月28日上映後には劇中の絵 ...

kazokuwari1 16
歴史が残る奈良で今の家族のあり方を見つめる(映画『かぞくわり』塩崎祥平監督インタビュー)

中将姫が出てくると聞いたのがこの映画を観るきっかけだった。岐阜市には中将姫誓願桜 ...

bokuiko_o7 17
ぼくいこ公開記念 大垣試写会 宮川サトシさん×大森立嗣監督トークショー公開!

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』の試写会が2月3日映画の撮影 ...

bon1 18
受け継がれる唄と共に生きる(映画『盆唄』)

2011年の東日本大震災からまもなく8年。震災後の人々を描く新たなドキュメンタリ ...

nekkojii3 19
猫との撮影の裏側を聞く(映画『ねことじいちゃん』立川志の輔さん、岩合光昭監督インタビュー)

心が温まるコミック『ねことじいちゃん』が実写化。監督は猫を撮らせるならこのひと。 ...

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。
2019年2月22日(金)全国順次ロードショー 配給:アスミック・エース 20
お母さんへの愛があふれとるよ、この映画(映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』大森立嗣監督インタビュー)

岐阜が舞台の作品がまた一つ出来上がった。 岐阜と言えばアニメというイメージが強い ...

kazokuwari1 21
歴史が残る奈良で今の家族のあり方を見つめる(映画『かぞくわり』塩崎祥平監督インタビュー)

中将姫が出てくると聞いたのがこの映画を観るきっかけだった。岐阜市には中将姫誓願桜 ...

DSC_0058 22
役者も観客もしびれるとがった作品をー『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』三上博史&宅間孝行監督インタビュー

1月18日から公開中の『LOVEHOELに於ける情事とPLANの涯て』。 昔のレ ...

DSC_0055 23
岐阜ふらっと探訪②‐思い出の釜めしに偶然出会う‐

釜めしって味加減とか火加減とかがとても難しい食べ物だと思う。 小さな頃、母が若い ...

zan 24
CINEX映画塾に池松壮亮さん登壇決定!(第27回CINEX映画塾『斬、』上映&トークショー)

2019年1回目の「CINEX映画塾」となる第27回目CINEX映画塾の追加ゲス ...

25
閉店を前に感謝祭を開催ー大須・シアターカフェ

2012年4月に大須にオープンしたシアターカフェは映画を製作する人々にとって大切 ...

uchi3 26
88歳、70年前に戻る旅(映画『家へ帰ろう』)

人生の終わりが見えて来たとき、人生を振り返り、やり残したことをやろうとする人は多 ...