Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

EntaMirage! Movie

映画『八重子のハミング』名古屋舞台挨拶 レポート

映画『八重子のハミング』の舞台挨拶が公開2日目の5月7日に
名古屋・名演小劇場で行われた。
舞台挨拶は2回行われたが2回とも満員御礼。
名演小劇場は入口のある1階から劇場のある3階まで長い行列ができるほどだった。

1回目の舞台挨拶の様子をお届けする。
登壇したのは佐々部清監督と主演の升毅さん。

美味しいお酒を飲みました

佐々部監督
「苦節八年かかってやっと全国公開となりました。
実は昨日、1月1日から封印していたお酒を飲んでしまいまして。
歌は歌っていないんですけど声の調子がよくないんですがよろしくお願いします。」

無事公開するまではと願掛けのように大好きな酒を飲まずにいた佐々部監督。
前日の東京、横浜の初日舞台挨拶を終えて美味しいお酒を飲んだそうだ。

升さん
「大変好きな名古屋で、こうして皆さんの前でご挨拶が出来て本当にうれしく思います。
今日は短い時間ですがよろしくお願いします。」

司会
「今日はドラゴンズの話は封印していただきます(笑)。
監督、お手元にあるのは今日のニッカンスポーツですね。」

(注:知らない方のために。升さんは名古屋圏出身ではないのに大のドラゴンズファン。
その話はせず作品の話へ。)

佐々部監督
「野球の結果を持ってきたわけではありません。(笑)
ニッカンスポーツに全国版でこんなに大きく取り上げていただきました。
『追憶』296スクリーンに対して『八重子のハミング』は8スクリーン。
上映館は少ないですが紙面の位置、大きさは勝っちゃいました。
師匠の降旗さんの作品なので申し訳ないなと思いつつ嬉しかったので
持ってきてしまいました。」

お二人の簡単な挨拶が終わったところで観客からの質問に答える形で進行。

升さんの芝居のスタンスが変わった現場

Q.苦労したのはどこのシーンですか?
升さん
「全シーン苦労しました(笑)。
いつも役に対して自分なりのプランを持って作品に臨むんですが
この作品の場合は事前に脚本もいただいていましたし、原作も読んで
どう取り組んでいいのかというのが自分の中で全くイメージが浮かばず、
撮影が始まる2カ月ぐらい前からずっと悩んでいました。
最終的にこうしよう、ああしようというのが見つからないままに撮影に入りました。
撮影初日にすうっと楽になって特に何も考えず撮影に入れました。
13日間の撮影だったんですが不思議な自然体で最後まで撮影出来ました。
今までに一度もない経験でした。撮影に入る前にすごく色々考えたという意味で
苦労はあったんですが撮影に入ってからは楽になった作品でした。」

司会
「八重子さんを愛していたんですね。」
升さん
「ええ、愛してました(笑)」
にっこりと笑う升さんが素敵だ。

佐々部監督
「今回、本当にゼロからでした。
いつもは映画会社からこういう作品やらないかとオファーが来たり、
自分の企画を映画会社に持っていくとお金集めは自分でしなくていいんですが、
今回大変だったのはお金集めからスタートしたことです。
ホームページで協賛金募集もしました。
そこに1万円、5万円、10万円と協賛してくださった方がいらっしゃいます。
今日来ていただいている方の中にも協賛してくださった方がいます。
大事なお金なので無駄に使いたくなかったんです。
升さんにも大スターですし、立派なホテルを用意して
泊まってもらわないといけないんですけど
『1泊3000円で泊めてください。』と自分の足で探して交渉しました。」

この辺りの話は以前掲載した佐々部監督のインタビューにも書いているので
そちらも是非読んでいただきたい。

あなたが私を覚えていてくれるー夫婦の絆ー映画『八重子のハミング』佐々部清監督インタビュー

 

佐々部監督
「升さんのホテルは暴露すると実は2000円だったんです(笑)。
学生の頃、10万円くらいで自主映画を作っていたのが今回は5000万円規模での自主映画。
自主映画を作っていると言ったらスタッフが
『自主映画とは言ってほしくない。』と言ったので
‟自主的映画”とずっと言っています。
お昼ご飯代も少ないと言ったら
『大丈夫よ、うちからお米持ってくるから。』とか『野菜持ってくるから。』
と地元の方が毎日炊き出しをやってくださって。
13日間の撮影だったんですがカメラマンは4キロ太りました。
とってもおいしいお昼ご飯を毎日いただいておりました。
婦人会の方が家の庭でご飯を作りながら升さんの芝居を外で声だけ聴いてみんな泣いていて。
こちらも涙をこぼして。とても暖かい現場でした。」

夫婦愛から自然に生まれる介護

Q.介護映画ではなく究極のラブストーリーと監督は言われていますが
演じた升さんはどう捉えていましたか?

升さん
「僕は一生懸命介護をする役だとは思ってなかったんですね。
実際何をしていたかというと大好きな奥さんが何を求めているかを感じたい。
求めていることに応えたい。どちらかというと自分がこうしたい、ああしたいと思う。
常に妻に寄り添っていたい。結局残された時間が限られていて
いつ終わるかわからないんですけど
そばにいたい。その思いだけでそばにいました。
なので介護したという感覚はなかったです。結果的にはかなり介護した感じですが。
トイレに連れて行くことも、食事をさせることも
やらなければいけないではなくやりたいと思ってやっているので
僕としては凝縮された12年間。八重子さんとの幸せな時間だった気がします。」

佐々部監督
「クランクイン前に僕から升さんにお願いしたのはたった一つ。
『撮影期間中だけでいいので、高橋洋子さん演じる八重子さんを好きでいてください。』
ということ。それだけで特に演技指導はしていません。
洋子さんには『ずっとかわいらしい八重子を演じてほしい。』とそれだけお願いしました。
それがうまく溶け合えばラブストーリーになるなと思っていました。」

 

佐々部監督を支える高倉健さんの言葉

Q.監督はいつもどんな風にテーマを選びますか?
佐々部監督
「テレビドラマでやれないことを選びます。映画でしかやれないことをやりたい。
助監督時代最後の作品が『鉄道員(ぽっぽや)』や『ホタル』で
高倉健さんから『何を撮ったかじゃなくて何のために映画を撮るんだ?』と言われて。
それが僕の中でずっと宿題でした。
この映画は究極の夫婦のラブストーリーを撮りたいと思ったんですが
その背景に介護があります。
この国は必ず10年、20年経っていくと更に介護の時代になっていく。
この作品で介護で闘っている人、疲弊した人たちのちょっと背中が押せればいいなと思って。
そのために撮ったと言えば『ツレがうつになりまして。』の時もそうです。
自分の周りでうつ病で命を絶った人が2人もいて。
自分の周りだけでこんなに苦しんでいる人がいる。
たくさんの人にエールを送りたい。そのために映画を作りたい。そう思っています。

あとはラブホテルのシーンとか排泄のシーンとかとてもリアルなんですが、
今だとテレビドラマではやらせてもらえないんです。
子供が見たらどうするんだとか、食事の時間にぶつかったらどうするんだとか
制約がありますし…。
映画ならドラマでは出来ないことも出来ると思ったんです。
高倉健さんの宿題を監督をやり続ける限りは続けていくんだと思っています。」

フォトセッションでは観客も撮影OKに。
観客から手渡された花束を持っての撮影。

佐々部監督
「SNSで感想を入れてぜひ広めてください!」

上映後には名演小劇場のテラスでサイン会も開催された。
観客一人一人の感想を聞きながら丁寧にサインに応じていく。

「僕たちツービートではないですが"きよしとたけし"でずっとコンビでやってきたんです。」
佐々部監督と升さんの地道なプロモーションが更なる上映館の拡大に繋がるに違いない。
まだまだ二人の舞台挨拶は続いていく。
シニア向けに作った映画だというがいろいろな世代の方に見ていただきたいと思う。

5月6日に封切りされた8館以外にも順次全国で上映される。
http://yaeko-humming.jp/theater.html で確認を。

名演小劇場での上映スケジュールはこちらで確認を。

-EntaMirage!, Movie

おすすめの記事はこれ!

ビガイルド 1
女の園に男が一人。さて何が起こる?(映画『ビガイルド 欲望のめざめ』)

女の怖さを知っているのは男より女だと思う。女はいつか敵になるかもしれないのになぜ ...

2
悠久の流れ長江・何度も巡り合う男と女(映画『長江 愛の詩』)

中国・長江。 世界の三大河川に数えられるこの河は全長3600キロ。中国を横断する ...

3
岐阜新聞映画部の新たな企画はアート&加藤るみ

岐阜新聞映画部の2018年最初のイベントと次のイベントが発表になった。 今年は新 ...

4
未来につながる映画を(映画『センターライン』下向拓生監督インタビュー・前編 Mirageなお客様その⑤)

自動車技術は日々進化している。 自動運転はまだまだ先のことと思っていたがCMでも ...

5
未来につながる映画を(映画『センターライン』下向拓生監督インタビュー・後編)

映画『センターライン』 下向拓生監督へのインタビュー後編をお送りする。 前編はこ ...

kenen1 6
兄弟(姉妹)だから色々あって面白い(映画『犬猿』吉田恵輔監督インタビュー)

一人っ子の私は兄弟がいる人たちを羨ましく思っていた。 絶対に勝てない親子喧嘩より ...

7
ラーメンマニアの上を行く。その名もラーメンヘッズ(映画『ラーメンヘッズ』)

日本人は世界中のどこの国よりもラーメン好きだ。 手軽で美味しい。その一杯のために ...

8
求めあう心に導かれて(映画『風の色』)

「もう一人の私は北海道で流氷を見ている。」 恋人のゆりが意味深な言葉を残し、自殺 ...

9
『悪と仮面のルール』玉木宏インタビュー「幸せの感覚」

この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために 創られた存在だと父から告げられ ...

10
『牙狼〈GARO〉神ノ牙-KAMINOKIBA-』名古屋舞台挨拶レポート

映画『牙狼〈GARO〉神ノ牙-KAMINOKIBA-』の公開記念舞台挨拶が 1月 ...

11
あなたの人生このままでいいですか?(映画『ルージュの手紙』レビュー)

酒も飲まず、恋愛もしない。 仕事と子供のために生きてきた女性の元に 思いもよらぬ ...

12
CINEX映画塾 第15回 『米国が最も恐れた男~その名は、カメジロー~』トークショー レポート

CINEX映画塾 第15回 『米国が最も恐れた男~その名は、カメジロー~』 佐古 ...

13
CINEX映画塾 第14回『こいのわ 婚活クルージング』トークショーレポート

CINEX映画塾 第14回『こいのわ 婚活クルージング』 及川奈央×益田祐美子プ ...

14
一本の糸からつながる世界(映画『YARN 人生を彩る糸』)

冬になると得意ではないのに編み物をやりたくなるのはなぜだろう? 一本の毛糸を編む ...

15
オペラで彩られるモーツァルトを描く新たな作品(映画『プラハのモーツァルト』)

  ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト。 作曲家としてあまりにも ...

16
知多半島映画祭2017 レポートその1 『あのまちの夫婦』

11月19日に知多半島映画祭2017が東海市芸術劇場大ホールで開催された。 7年 ...