Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

uchi3

Entertainment

88歳、70年前に戻る旅(映画『家へ帰ろう』)

人生の終わりが見えて来たとき、人生を振り返り、やり残したことをやろうとする人は多くいる。

88歳の一人旅は忘れられぬ人を探す旅。祖国ポーランドを捨て、戻る場所はないと思って生きてきた。でも人生の最期に会わなければならない人がいる。

自分が生きてきた"もうひとつの人生"に終わりが見えてきたこの映画の主人公はその人生を歩ませてくれた人を探しに旅に出る。今まで帰ろうとしなかった祖国ポーランドへ。人生最期の一人旅。

出会いでつながる祖国への道

ブエノスアイレスに住む88歳の仕立屋・アブラハムはほぼ動かなくなりつつある右足の切断をし、施設に入ることを余儀なくされている。長年住んだ仕立屋兼自宅の売却も子ども達とこの先を見据えて決めたことだが、どこかその決断に納得が行ってなさそうなアブラハムを冒頭の子や孫が集まるシーンで見ることが出来る。家族達はアブラハムへの態度が素っ気ない。そんなアブラハムが決めたのは70年前に別れた親友に会いに行くこと。生きているのか、どこにいるのか知らず、調べることもなく、無謀な旅に出る。インターネットや通信が普及している現代だがアブラハムは携帯も持っておらず、家族とも連絡を取らない。決して「ドイツ」と「ポーランド」という言葉を口にせず、紙に書いて行く先を告げるというおかしなルールのある旅だが、全ては現地の人と人がうまく旅が進むように繋げてくれる。家族よりもまったく知らない他人の方がアブラハムに親身になってくれる。航空券の手配をするのに頼った友人の孫、飛行機で隣り合わせた若者、マドリッドのホテルの女主人、ドイツに足を踏み入れたくないアブラハムの気持ちに応える文化人類学者の女性、アブラハムを生まれた場所に連れて行く看護婦。出会った人々がアブラハムを心配して面倒を見てくれる。自分が計画した通りには体が動かず、大幅にスケジュールも変わってしまう旅だが、だからこそその先々でアブラハムの心に変化をもたらす出会いがある。

© 2016 HERNÁNDEZ y FERNÁNDEZ Producciones cinematograficas S.L., TORNASOL FILMS, S.A RESCATE PRODUCCIONES A.I.E., ZAMPA AUDIOVISUAL, S.L., HADDOCK FILMS, PATAGONIK FILM GROUP S.A.

© 2016 HERNÁNDEZ y FERNÁNDEZ Producciones cinematograficas S.L., TORNASOL FILMS, S.A RESCATE PRODUCCIONES A.I.E., ZAMPA AUDIOVISUAL, S.L., HADDOCK FILMS, PATAGONIK FILM GROUP S.A.

 

絶対に言わない「ドイツ」、「ポーランド」

アブラハムは自分の過去のことになると妙に頑固だ。自分の中で思い出したくないためにそれをイメージする単語まで話さないアブラハム。ある人にとっては単なる国名だが、ユダヤ人にとってはそうではない。第二次世界大戦でヒトラー率いるドイツ軍がポーランドへ侵攻し、ポーランドに住むユダヤ人は財産を没収され捕らえられて収容所に送られた。虐殺を逃れて生き残ったのはポーランド在住のユダヤ人の内の10%ほどだったと言われている。そこから逃げてきたアブラハムを救ったのはそれまで一緒に暮らしていた兄弟同然のポーランド人だった。アブラハムが見る夢や回想が祖国に近づくに連れ、アブラハム自身の幼少の頃からの記憶の断片であることがわかる。自分達は悪いことは何もしていない。ただユダヤ人というだけで疎まれ、家族を失ったアブラハムを親に逆らってでも守り、生かしてくれた大事な友。決して忘れられるわけがない。しかし生きていくために祖国を捨てたアブラハムはずっとその記憶を封印してきた。ポーランドの友に自分が仕立てた最期のスーツを渡すことという目的の裏に隠された友との本当の約束。それを果たすために今までずっと心の奥に閉じ込めていた記憶をアブラハムは少しずつ開けていく。

© 2016 HERNÁNDEZ y FERNÁNDEZ Producciones cinematograficas S.L., TORNASOL FILMS, S.A RESCATE PRODUCCIONES A.I.E., ZAMPA AUDIOVISUAL, S.L., HADDOCK FILMS, PATAGONIK FILM GROUP S.A.

© 2016 HERNÁNDEZ y FERNÁNDEZ Producciones cinematograficas S.L., TORNASOL FILMS, S.A RESCATE PRODUCCIONES A.I.E., ZAMPA AUDIOVISUAL, S.L., HADDOCK FILMS, PATAGONIK FILM GROUP S.A.

ちょっと頑固でちょっとお茶目なおじいちゃんに手を貸したくなる

ちょっと頑固なところもありながら、誰にでも話しかけ、気前もいい。マドリッドのホテルの女主人には口説き文句も言う、文化人類学者のドイツ人女性にキスされて固持していた態度を一変させるなど年を取っても非常に男性らしいところが魅力的だ。それでいて寂しげなところを覗かせるアブラハムのことを出会った人々、特に女性は放っておけず、アブラハムの世話を焼く。アブラハムを演じているのはアルゼンチンの名俳優ミゲル・アンヘル・ソラ。彼自身が持つ愛嬌や男の色気がアブラハムを魅力的にする。実年齢よりかなり年齢の高い役を演じきった。

© 2016 HERNÁNDEZ y FERNÁNDEZ Producciones cinematograficas S.L., TORNASOL FILMS, S.A RESCATE PRODUCCIONES A.I.E., ZAMPA AUDIOVISUAL, S.L., HADDOCK FILMS, PATAGONIK FILM GROUP S.A.

© 2016 HERNÁNDEZ y FERNÁNDEZ Producciones cinematograficas S.L., TORNASOL FILMS, S.A RESCATE PRODUCCIONES A.I.E., ZAMPA AUDIOVISUAL, S.L., HADDOCK FILMS, PATAGONIK FILM GROUP S.A.

 

自らのアイデンティを求めて。事実をモチーフにした作品

監督のパブロ・ソラロスはカフェで聞いた話に心揺さぶられた。それは死を前に戦時中に世話になった自分の恩人をハンガリーに探しに行って奇跡の再会を果たした老人の話。自らの亡くなった祖父が「ポーランド」という言葉が禁句でそのポーランドでのユダヤ人としての出来事を聞かれることに非常に嫌悪を感じていたことが小さな頃から記憶に深く刻まれていた監督はその老人の話を基に祖父の人生を描こうとした。ユダヤ人であったがために祖国を逃れなければならなかった過去と向き合い、約束を果たすために自らの祖国に向かうロードムービーを作った。それは監督自身がユダヤ人であるという事実と向き合うことになる。10年をかけて祖父の生まれた国ポーランドで取材し、いくつかのプロットからストーリーを作りあげた。今自分がここで生きているのは祖父を助けてくれた人がいたから。祖父の代わりに感謝を伝えたい。ロードムービーを通して監督の思いが世界へと広がる。

これはアブラハムの心にかかった鎖と鍵を外す旅。嫌な記憶に蓋をしなければ生きてこられなかった70年。人生最期の旅で自分の心を解き放ち、大事な人と再会するためにまた一歩踏み出す。

この映画の邦題『家へ帰ろう』は作中のセリフだ(原題は『EL ULTIMO TRAJE』、LAST SUITという意味)。若き頃ポーランドで、そして今ブエノスアイレスで自分の帰る家を失くしたアブラハムをこの言葉で迎えてくれたのは誰なのか。強い絆は時間をあの頃へと巻き戻す。

『家(うち)へ帰ろう』 http://uchi-kaero.ayapro.ne.jp は
12月22日からシネスイッチ銀座他で全国公開。
東海地区では12月29日より愛知・伏見ミリオン座、1月26日より岐阜・CINEX、三重・伊勢進富座で公開。

-Entertainment

おすすめの記事はこれ!

musashi1€ 1
己の信じる道を行く 映画『武蔵-むさし-』三上康雄監督インタビュー

『蠢動―しゅんどう―』から6年。リアルな演出と、徹底的なこだわりで時代劇の熱や美 ...

baaba6 2
寺田心くん、地元凱旋!(映画『ばあばは、だいじょうぶ』名古屋舞台挨拶レポート)

映画『ばあばは、だいじょうぶ』の公開記念舞台挨拶が5月18日イオンシネマ名古屋茶 ...

pia 3
人と人とが協力する在宅医療の現場を描く(映画『ピア まちをつなぐもの』)

様々な場所で劇場公開され、上映会としても800カ所以上で上映されている介護従事者 ...

©2019 KAMPAI! SAKE SISTERS PRODUCTION COMMITTEE 4
女性が活躍する日本酒の世界(映画『カンパイ!日本酒に恋した女たち』)

二十歳になった直後、苦いお酒が飲めなくてカクテルや梅酒、杏露酒など甘いお酒ばかり ...

baaba2 5
寺田心くんの熱演が光る!新たな角度から認知症を描いた作品(映画『ばあばは、だいじょうぶ』)

ものを忘れてしまう病気(認知症)で物忘れが多くなり、出来ていたことが出来なくなっ ...

sorokin 6
映画『ソローキンの見た桜』岐阜 大垣舞台挨拶レポート

映画『ソローキンの見た桜』の公開記念舞台挨拶が岐阜・コロナシネマワールド大垣で4 ...

namonri1 7
地方で働こう-趣味も仕事も充実させる働き方-(映画『波乗りオフィスへようこそ』)

日本は今、自分の時間、生き方を重視する方向へと進み始めている。だが、なかなか自分 ...

centerline1 8
じわじわきているインディーズ映画2本が名古屋で同時上映中!『センターライン』『さらば大戦士トゥギャザーV』初日イベントレポート

映画『さらば大戦士トゥギャザーV』、『センターライン』の名古屋上映が名駅のシネマ ...

place1 9
欲望と欲望が交差するカフェ ザ・プレイス(映画『ザ・プレイス 運命の交差点』)

人は誰でも欲望を持つ。今までに叶わなかった欲望も沢山あるだろう。もし、「これをす ...

55443345_2189956214435052_3257495925353873408_o 10
来週いよいよロードショー・映画『センターライン』吉見茉莉奈さんインタビュー

Cafe mirageが推し続けている映画『センターライン』。 昨年の完成披露か ...

kibaiyanse7 11
映画『きばいやんせ!私』武正晴監督、坂田聡さん、眼鏡太郎さんインタビュー&舞台挨拶レポート

映画『きばいやんせ!私』の舞台挨拶が名古屋のセンチュリーシネマで行われた。 『き ...

yukiguni1 12
カクテルとバーテンダーの人柄からうまれるBARという空間(映画『YUKIGUNI』)

明治時代に海外から日本に伝わり、時間をかけて日本で愛される飲み物になったカクテル ...

together1 13
ヒーローが役目を終える時、真のストーリーが始まる(映画『さらば大戦士トゥギャザーV』松本純弥監督インタビュー)

3月23日から1週間池袋シネマ・ロサで上映される『さらば大戦士トゥギャザーV』。 ...

zan6 14
第27回CINEX映画塾『斬、』池松壮亮さん×塚本晋也監督トークショー レポート

岐阜で良質の映画をと岐阜新聞映画部が企画し、出演者、監督などのトークと一緒にお届 ...

kazokuwari1 15
映画『かぞくわり』塩崎祥平監督×弓手研平さん 名古屋舞台挨拶レポート

名古屋・名演小劇場で絶賛公開中の映画『かぞくわり』。2月28日上映後には劇中の絵 ...

kazokuwari1 16
歴史が残る奈良で今の家族のあり方を見つめる(映画『かぞくわり』塩崎祥平監督インタビュー)

中将姫が出てくると聞いたのがこの映画を観るきっかけだった。岐阜市には中将姫誓願桜 ...

bokuiko_o7 17
ぼくいこ公開記念 大垣試写会 宮川サトシさん×大森立嗣監督トークショー公開!

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』の試写会が2月3日映画の撮影 ...

bon1 18
受け継がれる唄と共に生きる(映画『盆唄』)

2011年の東日本大震災からまもなく8年。震災後の人々を描く新たなドキュメンタリ ...

nekkojii3 19
猫との撮影の裏側を聞く(映画『ねことじいちゃん』立川志の輔さん、岩合光昭監督インタビュー)

心が温まるコミック『ねことじいちゃん』が実写化。監督は猫を撮らせるならこのひと。 ...

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。
2019年2月22日(金)全国順次ロードショー 配給:アスミック・エース 20
お母さんへの愛があふれとるよ、この映画(映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』大森立嗣監督インタビュー)

岐阜が舞台の作品がまた一つ出来上がった。 岐阜と言えばアニメというイメージが強い ...

kazokuwari1 21
歴史が残る奈良で今の家族のあり方を見つめる(映画『かぞくわり』塩崎祥平監督インタビュー)

中将姫が出てくると聞いたのがこの映画を観るきっかけだった。岐阜市には中将姫誓願桜 ...

DSC_0058 22
役者も観客もしびれるとがった作品をー『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』三上博史&宅間孝行監督インタビュー

1月18日から公開中の『LOVEHOELに於ける情事とPLANの涯て』。 昔のレ ...

DSC_0055 23
岐阜ふらっと探訪②‐思い出の釜めしに偶然出会う‐

釜めしって味加減とか火加減とかがとても難しい食べ物だと思う。 小さな頃、母が若い ...

zan 24
CINEX映画塾に池松壮亮さん登壇決定!(第27回CINEX映画塾『斬、』上映&トークショー)

2019年1回目の「CINEX映画塾」となる第27回目CINEX映画塾の追加ゲス ...

25
閉店を前に感謝祭を開催ー大須・シアターカフェ

2012年4月に大須にオープンしたシアターカフェは映画を製作する人々にとって大切 ...

uchi3 26
88歳、70年前に戻る旅(映画『家へ帰ろう』)

人生の終わりが見えて来たとき、人生を振り返り、やり残したことをやろうとする人は多 ...