Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

uchi3

Entertainment

88歳、70年前に戻る旅(映画『家へ帰ろう』)

人生の終わりが見えて来たとき、人生を振り返り、やり残したことをやろうとする人は多くいる。

88歳の一人旅は忘れられぬ人を探す旅。祖国ポーランドを捨て、戻る場所はないと思って生きてきた。でも人生の最期に会わなければならない人がいる。

自分が生きてきた"もうひとつの人生"に終わりが見えてきたこの映画の主人公はその人生を歩ませてくれた人を探しに旅に出る。今まで帰ろうとしなかった祖国ポーランドへ。人生最期の一人旅。

出会いでつながる祖国への道

ブエノスアイレスに住む88歳の仕立屋・アブラハムはほぼ動かなくなりつつある右足の切断をし、施設に入ることを余儀なくされている。長年住んだ仕立屋兼自宅の売却も子ども達とこの先を見据えて決めたことだが、どこかその決断に納得が行ってなさそうなアブラハムを冒頭の子や孫が集まるシーンで見ることが出来る。家族達はアブラハムへの態度が素っ気ない。そんなアブラハムが決めたのは70年前に別れた親友に会いに行くこと。生きているのか、どこにいるのか知らず、調べることもなく、無謀な旅に出る。インターネットや通信が普及している現代だがアブラハムは携帯も持っておらず、家族とも連絡を取らない。決して「ドイツ」と「ポーランド」という言葉を口にせず、紙に書いて行く先を告げるというおかしなルールのある旅だが、全ては現地の人と人がうまく旅が進むように繋げてくれる。家族よりもまったく知らない他人の方がアブラハムに親身になってくれる。航空券の手配をするのに頼った友人の孫、飛行機で隣り合わせた若者、マドリッドのホテルの女主人、ドイツに足を踏み入れたくないアブラハムの気持ちに応える文化人類学者の女性、アブラハムを生まれた場所に連れて行く看護婦。出会った人々がアブラハムを心配して面倒を見てくれる。自分が計画した通りには体が動かず、大幅にスケジュールも変わってしまう旅だが、だからこそその先々でアブラハムの心に変化をもたらす出会いがある。

© 2016 HERNÁNDEZ y FERNÁNDEZ Producciones cinematograficas S.L., TORNASOL FILMS, S.A RESCATE PRODUCCIONES A.I.E., ZAMPA AUDIOVISUAL, S.L., HADDOCK FILMS, PATAGONIK FILM GROUP S.A.

© 2016 HERNÁNDEZ y FERNÁNDEZ Producciones cinematograficas S.L., TORNASOL FILMS, S.A RESCATE PRODUCCIONES A.I.E., ZAMPA AUDIOVISUAL, S.L., HADDOCK FILMS, PATAGONIK FILM GROUP S.A.

 

絶対に言わない「ドイツ」、「ポーランド」

アブラハムは自分の過去のことになると妙に頑固だ。自分の中で思い出したくないためにそれをイメージする単語まで話さないアブラハム。ある人にとっては単なる国名だが、ユダヤ人にとってはそうではない。第二次世界大戦でヒトラー率いるドイツ軍がポーランドへ侵攻し、ポーランドに住むユダヤ人は財産を没収され捕らえられて収容所に送られた。虐殺を逃れて生き残ったのはポーランド在住のユダヤ人の内の10%ほどだったと言われている。そこから逃げてきたアブラハムを救ったのはそれまで一緒に暮らしていた兄弟同然のポーランド人だった。アブラハムが見る夢や回想が祖国に近づくに連れ、アブラハム自身の幼少の頃からの記憶の断片であることがわかる。自分達は悪いことは何もしていない。ただユダヤ人というだけで疎まれ、家族を失ったアブラハムを親に逆らってでも守り、生かしてくれた大事な友。決して忘れられるわけがない。しかし生きていくために祖国を捨てたアブラハムはずっとその記憶を封印してきた。ポーランドの友に自分が仕立てた最期のスーツを渡すことという目的の裏に隠された友との本当の約束。それを果たすために今までずっと心の奥に閉じ込めていた記憶をアブラハムは少しずつ開けていく。

© 2016 HERNÁNDEZ y FERNÁNDEZ Producciones cinematograficas S.L., TORNASOL FILMS, S.A RESCATE PRODUCCIONES A.I.E., ZAMPA AUDIOVISUAL, S.L., HADDOCK FILMS, PATAGONIK FILM GROUP S.A.

© 2016 HERNÁNDEZ y FERNÁNDEZ Producciones cinematograficas S.L., TORNASOL FILMS, S.A RESCATE PRODUCCIONES A.I.E., ZAMPA AUDIOVISUAL, S.L., HADDOCK FILMS, PATAGONIK FILM GROUP S.A.

ちょっと頑固でちょっとお茶目なおじいちゃんに手を貸したくなる

ちょっと頑固なところもありながら、誰にでも話しかけ、気前もいい。マドリッドのホテルの女主人には口説き文句も言う、文化人類学者のドイツ人女性にキスされて固持していた態度を一変させるなど年を取っても非常に男性らしいところが魅力的だ。それでいて寂しげなところを覗かせるアブラハムのことを出会った人々、特に女性は放っておけず、アブラハムの世話を焼く。アブラハムを演じているのはアルゼンチンの名俳優ミゲル・アンヘル・ソラ。彼自身が持つ愛嬌や男の色気がアブラハムを魅力的にする。実年齢よりかなり年齢の高い役を演じきった。

© 2016 HERNÁNDEZ y FERNÁNDEZ Producciones cinematograficas S.L., TORNASOL FILMS, S.A RESCATE PRODUCCIONES A.I.E., ZAMPA AUDIOVISUAL, S.L., HADDOCK FILMS, PATAGONIK FILM GROUP S.A.

© 2016 HERNÁNDEZ y FERNÁNDEZ Producciones cinematograficas S.L., TORNASOL FILMS, S.A RESCATE PRODUCCIONES A.I.E., ZAMPA AUDIOVISUAL, S.L., HADDOCK FILMS, PATAGONIK FILM GROUP S.A.

 

自らのアイデンティを求めて。事実をモチーフにした作品

監督のパブロ・ソラロスはカフェで聞いた話に心揺さぶられた。それは死を前に戦時中に世話になった自分の恩人をハンガリーに探しに行って奇跡の再会を果たした老人の話。自らの亡くなった祖父が「ポーランド」という言葉が禁句でそのポーランドでのユダヤ人としての出来事を聞かれることに非常に嫌悪を感じていたことが小さな頃から記憶に深く刻まれていた監督はその老人の話を基に祖父の人生を描こうとした。ユダヤ人であったがために祖国を逃れなければならなかった過去と向き合い、約束を果たすために自らの祖国に向かうロードムービーを作った。それは監督自身がユダヤ人であるという事実と向き合うことになる。10年をかけて祖父の生まれた国ポーランドで取材し、いくつかのプロットからストーリーを作りあげた。今自分がここで生きているのは祖父を助けてくれた人がいたから。祖父の代わりに感謝を伝えたい。ロードムービーを通して監督の思いが世界へと広がる。

これはアブラハムの心にかかった鎖と鍵を外す旅。嫌な記憶に蓋をしなければ生きてこられなかった70年。人生最期の旅で自分の心を解き放ち、大事な人と再会するためにまた一歩踏み出す。

この映画の邦題『家へ帰ろう』は作中のセリフだ(原題は『EL ULTIMO TRAJE』、LAST SUITという意味)。若き頃ポーランドで、そして今ブエノスアイレスで自分の帰る家を失くしたアブラハムをこの言葉で迎えてくれたのは誰なのか。強い絆は時間をあの頃へと巻き戻す。

『家(うち)へ帰ろう』 http://uchi-kaero.ayapro.ne.jp は
12月22日からシネスイッチ銀座他で全国公開。
東海地区では12月29日より愛知・伏見ミリオン座、1月26日より岐阜・CINEX、三重・伊勢進富座で公開。

-Entertainment

おすすめの記事はこれ!

mikaeri1 1
見返りを求める男と恩を仇で返す女。その先にあるもの(映画『神は見返りを求める』)

タイトルを聞いたとき「神は見返りをもとめない」ものじゃないの?と思った。ただ、そ ...

MKE2022_24 2
3年ぶり開催!第9回MKE映画祭レポート

第9回MKE映画祭が6月18日岐阜県図書館多目的ホールで開催されました。 3年ぶ ...

PLAN75_1 3
生き続けていくことはいけないことか(映画『PLAN 75』)

少子高齢化社会となった日本には様々な問題がある。老老介護、孤独死、虐待という家庭 ...

huyusoubi9 4
映画『冬薔薇(ふゆそうび)』伊藤健太郎さん、阪本順治監督登壇名古屋舞台挨拶レポート

映画『冬薔薇(ふゆそうび)』の公開記念舞台挨拶が6月11日名古屋ミッドランドスク ...

kimiton 5
女子高生、日本の経済にもの申す!(映画『君たちはまだ長いトンネルの中』なるせゆうせい監督インタビュー)

2019年に発売されネット上で話題を呼んだ漫画「こんなに危ない!? 消費増税」を ...

officer1 6
自身の信念のもとに冤罪を暴く(映画『オフィサー・アンド・スパイ』)

捏造、冤罪。あってはならないのだが、どの時代にも起こる出来事だ。 フランスで起こ ...

otona_4 7
木竜麻生さん登壇!メ~テレ映画祭『わたし達はおとな』先行上映舞台挨拶レポート

今年開局60周年を迎える名古屋のテレビ局メ~テレは映画製作にも非常に力を入れてい ...

20soul1 8
今も受け継がれる神曲・市船Soul。それは魂がこもる大切な曲(映画『20歳のソウル』)

ある番組の吹奏楽の旅を観る度に号泣している。 私は決して吹奏楽部ではない。コーラ ...

haganeiro9 9
OUTRAGE×現代の若者 名古屋で生きる人達(映画『鋼音色の空の彼方へ』舞台挨拶レポート)

コロナ禍を経て、名古屋発の映画が奇しくも同じ日に2本公開された。一本は先日紹介し ...

mamoriya8 10
僕らの映画はここからはじまったばかり(映画『護り屋「願い」』舞台挨拶レポート)

名古屋発の映画が『護り屋「願い」』が5月20日に公開された。 映画『護り屋「願い ...

creatures 11
人気映画を支えてきた特撮、特殊効果のクリエイター達(映画『クリーチャー・デザイナーズ 特殊効果の魔術師たち』)

映画にはさまざまなジャンルがある。その中でも私たちを日常にはない興奮に誘ってくれ ...

received_2215697365258741 12
「灰色の家族」という台本(物語)が呼び覚ます忌まわしい記憶 KURAGE CLUB新作『灰色の家族』上映会開催

名古屋の自主映画団体KURAGE CLUBが新作『灰色の家族』の上映を5月22日 ...

sanka1 13
撮りたいという強い思いの結晶がいよいよ公開(映画『山歌』)

山の中を漂流して暮らす人々が戦後あたりまでいたことを知ったのは「やすらぎの刻」と ...

bokemasukara1 14
第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあさん』信友直子監督トークレポート

第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあ ...

ashitajyugyou6 15
『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 シアターカフェ 舞台挨拶レポート

『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 が4月30日から ...

Ngoutou1 16
映画『N号棟』公開初日 萩原みのりさん、後藤庸介監督登壇 舞台挨拶レポート

とある地方都市に、かつて霊が出るという噂で有名な団地があった。このとある地方都市 ...

sikei 17
阿部サダヲ×シリアルキラー榛村大和が更なる魅力を生む(映画『死刑にいたる病』白石和彌監督・阿部サダヲさんインタビュー)

白石和彌監督の作品にはいつも心を持っていかれる。 5月6日(金)から公開の新作『 ...

ashitajyugyou6 18
ゴールデンウィークに『あした、授業参観いくから』+安田真奈監督ショートフィルム選 上映 シアターカフェで

安田真奈監督とお会いしたのはあいち国際女性映画祭だった。 『36.8℃ サンジュ ...

cmoncmon 19
『パリ13区』『カモン カモン』モノクロの魅力を知りたい二作品

4月22日(金)公開の作品には偶然にもモノクロ映画が2作品ある。 『ジョーカー』 ...

sikei 20
白石和彌監督、阿部サダヲさん登壇! 映画『死刑にいたる病』名古屋先行上映舞台挨拶レポート

映画『死刑にいたる病』舞台挨拶付き先行上映会が4月16日、名古屋ミッドランドスク ...

truth11 21
第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』堤幸彦監督、広山詞葉さん、生島翔さんトークレポート

第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』が3月27日岐阜CINE ...

received_348460247337278 22
映画の街・岐阜が動き出す  映画『逆光』とのコラボで柳ケ瀬が70年代一色になる?! 映画『逆光』試写会 トークレポート

4月4日、岐阜ロイヤル劇場にて映画『逆光』の試写会と須藤蓮監督の舞台挨拶が行われ ...