Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

uchi3

Entertainment

88歳、70年前に戻る旅(映画『家へ帰ろう』)

人生の終わりが見えて来たとき、人生を振り返り、やり残したことをやろうとする人は多くいる。

88歳の一人旅は忘れられぬ人を探す旅。祖国ポーランドを捨て、戻る場所はないと思って生きてきた。でも人生の最期に会わなければならない人がいる。

自分が生きてきた"もうひとつの人生"に終わりが見えてきたこの映画の主人公はその人生を歩ませてくれた人を探しに旅に出る。今まで帰ろうとしなかった祖国ポーランドへ。人生最期の一人旅。

出会いでつながる祖国への道

ブエノスアイレスに住む88歳の仕立屋・アブラハムはほぼ動かなくなりつつある右足の切断をし、施設に入ることを余儀なくされている。長年住んだ仕立屋兼自宅の売却も子ども達とこの先を見据えて決めたことだが、どこかその決断に納得が行ってなさそうなアブラハムを冒頭の子や孫が集まるシーンで見ることが出来る。家族達はアブラハムへの態度が素っ気ない。そんなアブラハムが決めたのは70年前に別れた親友に会いに行くこと。生きているのか、どこにいるのか知らず、調べることもなく、無謀な旅に出る。インターネットや通信が普及している現代だがアブラハムは携帯も持っておらず、家族とも連絡を取らない。決して「ドイツ」と「ポーランド」という言葉を口にせず、紙に書いて行く先を告げるというおかしなルールのある旅だが、全ては現地の人と人がうまく旅が進むように繋げてくれる。家族よりもまったく知らない他人の方がアブラハムに親身になってくれる。航空券の手配をするのに頼った友人の孫、飛行機で隣り合わせた若者、マドリッドのホテルの女主人、ドイツに足を踏み入れたくないアブラハムの気持ちに応える文化人類学者の女性、アブラハムを生まれた場所に連れて行く看護婦。出会った人々がアブラハムを心配して面倒を見てくれる。自分が計画した通りには体が動かず、大幅にスケジュールも変わってしまう旅だが、だからこそその先々でアブラハムの心に変化をもたらす出会いがある。

© 2016 HERNÁNDEZ y FERNÁNDEZ Producciones cinematograficas S.L., TORNASOL FILMS, S.A RESCATE PRODUCCIONES A.I.E., ZAMPA AUDIOVISUAL, S.L., HADDOCK FILMS, PATAGONIK FILM GROUP S.A.

© 2016 HERNÁNDEZ y FERNÁNDEZ Producciones cinematograficas S.L., TORNASOL FILMS, S.A RESCATE PRODUCCIONES A.I.E., ZAMPA AUDIOVISUAL, S.L., HADDOCK FILMS, PATAGONIK FILM GROUP S.A.

 

絶対に言わない「ドイツ」、「ポーランド」

アブラハムは自分の過去のことになると妙に頑固だ。自分の中で思い出したくないためにそれをイメージする単語まで話さないアブラハム。ある人にとっては単なる国名だが、ユダヤ人にとってはそうではない。第二次世界大戦でヒトラー率いるドイツ軍がポーランドへ侵攻し、ポーランドに住むユダヤ人は財産を没収され捕らえられて収容所に送られた。虐殺を逃れて生き残ったのはポーランド在住のユダヤ人の内の10%ほどだったと言われている。そこから逃げてきたアブラハムを救ったのはそれまで一緒に暮らしていた兄弟同然のポーランド人だった。アブラハムが見る夢や回想が祖国に近づくに連れ、アブラハム自身の幼少の頃からの記憶の断片であることがわかる。自分達は悪いことは何もしていない。ただユダヤ人というだけで疎まれ、家族を失ったアブラハムを親に逆らってでも守り、生かしてくれた大事な友。決して忘れられるわけがない。しかし生きていくために祖国を捨てたアブラハムはずっとその記憶を封印してきた。ポーランドの友に自分が仕立てた最期のスーツを渡すことという目的の裏に隠された友との本当の約束。それを果たすために今までずっと心の奥に閉じ込めていた記憶をアブラハムは少しずつ開けていく。

© 2016 HERNÁNDEZ y FERNÁNDEZ Producciones cinematograficas S.L., TORNASOL FILMS, S.A RESCATE PRODUCCIONES A.I.E., ZAMPA AUDIOVISUAL, S.L., HADDOCK FILMS, PATAGONIK FILM GROUP S.A.

© 2016 HERNÁNDEZ y FERNÁNDEZ Producciones cinematograficas S.L., TORNASOL FILMS, S.A RESCATE PRODUCCIONES A.I.E., ZAMPA AUDIOVISUAL, S.L., HADDOCK FILMS, PATAGONIK FILM GROUP S.A.

ちょっと頑固でちょっとお茶目なおじいちゃんに手を貸したくなる

ちょっと頑固なところもありながら、誰にでも話しかけ、気前もいい。マドリッドのホテルの女主人には口説き文句も言う、文化人類学者のドイツ人女性にキスされて固持していた態度を一変させるなど年を取っても非常に男性らしいところが魅力的だ。それでいて寂しげなところを覗かせるアブラハムのことを出会った人々、特に女性は放っておけず、アブラハムの世話を焼く。アブラハムを演じているのはアルゼンチンの名俳優ミゲル・アンヘル・ソラ。彼自身が持つ愛嬌や男の色気がアブラハムを魅力的にする。実年齢よりかなり年齢の高い役を演じきった。

© 2016 HERNÁNDEZ y FERNÁNDEZ Producciones cinematograficas S.L., TORNASOL FILMS, S.A RESCATE PRODUCCIONES A.I.E., ZAMPA AUDIOVISUAL, S.L., HADDOCK FILMS, PATAGONIK FILM GROUP S.A.

© 2016 HERNÁNDEZ y FERNÁNDEZ Producciones cinematograficas S.L., TORNASOL FILMS, S.A RESCATE PRODUCCIONES A.I.E., ZAMPA AUDIOVISUAL, S.L., HADDOCK FILMS, PATAGONIK FILM GROUP S.A.

 

自らのアイデンティを求めて。事実をモチーフにした作品

監督のパブロ・ソラロスはカフェで聞いた話に心揺さぶられた。それは死を前に戦時中に世話になった自分の恩人をハンガリーに探しに行って奇跡の再会を果たした老人の話。自らの亡くなった祖父が「ポーランド」という言葉が禁句でそのポーランドでのユダヤ人としての出来事を聞かれることに非常に嫌悪を感じていたことが小さな頃から記憶に深く刻まれていた監督はその老人の話を基に祖父の人生を描こうとした。ユダヤ人であったがために祖国を逃れなければならなかった過去と向き合い、約束を果たすために自らの祖国に向かうロードムービーを作った。それは監督自身がユダヤ人であるという事実と向き合うことになる。10年をかけて祖父の生まれた国ポーランドで取材し、いくつかのプロットからストーリーを作りあげた。今自分がここで生きているのは祖父を助けてくれた人がいたから。祖父の代わりに感謝を伝えたい。ロードムービーを通して監督の思いが世界へと広がる。

これはアブラハムの心にかかった鎖と鍵を外す旅。嫌な記憶に蓋をしなければ生きてこられなかった70年。人生最期の旅で自分の心を解き放ち、大事な人と再会するためにまた一歩踏み出す。

この映画の邦題『家へ帰ろう』は作中のセリフだ(原題は『EL ULTIMO TRAJE』、LAST SUITという意味)。若き頃ポーランドで、そして今ブエノスアイレスで自分の帰る家を失くしたアブラハムをこの言葉で迎えてくれたのは誰なのか。強い絆は時間をあの頃へと巻き戻す。

『家(うち)へ帰ろう』 http://uchi-kaero.ayapro.ne.jp は
12月22日からシネスイッチ銀座他で全国公開。
東海地区では12月29日より愛知・伏見ミリオン座、1月26日より岐阜・CINEX、三重・伊勢進富座で公開。

-Entertainment

おすすめの記事はこれ!

toyohashi2020_1 1
ええじゃないかとよはし映画祭2020はコンペ部門にも注目!

『ええじゃないかとよはし映画祭2020』が3月13日(金)~15日(日)に開催さ ...

1581834114678 2
涼夏のここが今ツボ⑥ 星能豊がつなげる映画の縁ー特集上映『星能豊 retrospective』ー

私は星能豊のことを今回のイベントチラシにこう書いた。 現場で会った時とスクリーン ...

rerentoufa 3
MIRAGE THEATRE vol.0  映画『恋恋豆花』名演小劇場上映前夜祭!洸美・ミニライブ&今関あきよし監督トークショー 開催決定!

Cafe mirageが今年岐阜柳ケ瀬のカフェ星時とタッグを組んでお送りする企画 ...

goon1 4
Go on 人生は続いていく(映画『轟音』)

片山享という人の作品と出会ったのは2018年のはままつ映画祭だった。 彼の故郷福 ...

hitoyo3 5
第36回CINEX映画塾『ひとよ』白石和彌監督トークレポート

あの日がなければ人生が変わっていたかもしれない、あの日があったから今がある。 そ ...

maeda1 6
我らのブルーオーシャンを開拓せよ!(映画『前田建設ファンタジー営業部』)

永井豪氏原作のアニメ「マジンガーZ」の出撃シーンで登場する地下格納庫兼プールを、 ...

kaze3 7
風は思いを乗せて(映画『風の電話』モトーラ世理奈さん、諏訪敦彦監督インタビュー)

岩手県大槌町のガーデンデザイナーがもう一度死別した従兄弟と話したいと願って自身の ...

his7 8
演じたことで変化する自らの感覚(映画『his』名古屋先行上映舞台挨拶レポート)

昨年『愛がなんだ』が大ヒットし、2020年も監督作が続けて公開される今泉力哉監督 ...

okazaki_main 9
鏡が映す4つの恋愛模様(映画『おかざき恋愛四鏡』)

愛知県岡崎市で撮影された『おかざき恋愛四鏡』が岡崎での先行公開を経ていよいよ1月 ...

midori1 10
「待ってください。ちょっと停めただけじゃない!」「いいえダメです」(映画『ミドリムシの夢』)

ミドリムシとは皆さん、なんのことかご存じだろうか。 普通はユーグレナのことだが今 ...

FF20180522_Stills0219.jpg 11
漁師達のコーラスグループがメジャーデビュー!?(映画『フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて』)

歌が巧いというのは音程が取れるという意味もあるが、それよりも歌をいかに自分のもの ...

theater__d_omote 12
『MIRAGE THEATRE』上映作品募集開始!

  当サイトCafe mirageは2019年に『MIRAGE THE ...

DSC_0409 13
観る者の心をざわつかせる映画『MANRIKI』の引力とは?(名古屋舞台挨拶レポート)

映画『MANRIKI』の公開記念舞台挨拶が12月12日名古屋センチュリーシネマで ...

向こうの家 14
映画『向こうの家』名古屋初日舞台挨拶レポート

映画『向こうの家』の初日舞台挨拶が12月7日名古屋シネマテークで行われた。 『向 ...

CH1 15
3度目の実写シティーハンター、出来栄えは?(『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』)

29日公開『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』は北条司 ...

itukano7 16
第35回CINEX映画塾『いつかのふたり』トークレポート

第35回CINEX映画塾が11月9日岐阜CINEXで開催された。 作品は『いつか ...

inoti2 17
新たな夢は動物園に(映画『いのちスケッチ』)

夢を追っていても、叶えられない人は沢山いる。自身の夢をあきらめることは悔しいが、 ...

IMG_20191111_080319 18
金沢の夜がアツい!ROJIURAシネマ鑑賞レポート(涼夏のこれが今ツボ⑤)

「ROJIURA CINEMA」を観に金沢に出かけた。 岐阜からは特急しらさぎで ...

左:中川龍太郎監督 右:松本穂香さん 19
映画『わたしは光をにぎっている』松本穂香さん、中川龍太郎監督インタビュー

CMや様々なジャンルの映画に多数出演し、注目を集める松本穂香を主演に迎え、中川龍 ...

kagehumi1 20
『月とキャベツ』の縁から生まれた新たな山崎まさよし×篠原哲雄監督作品(映画『影踏み』篠原哲雄監督インタビュー)

映画『月とキャベツ』を毎年上映している映画祭がある。群馬県中之条町で開催される伊 ...

GARO_GEKKOU_0 21
『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』名古屋舞台挨拶レポート&中山麻聖さん、雨宮慶太監督、勇翔さん(BOYS AND MEN)インタビュー

『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』の公開記念舞台挨拶が10月6日109シネマズ名 ...

sousiki1 22
友よ、皆に送られて安らかに逝け(映画『葬式の名人』)

『おくりびと』以降、逝く人を見送る職業の人々を描く映画は沢山作られており、今回も ...

mukounoie1 23
僕の知らないもう一つの森田家(映画『向こうの家』西川監督インタビュー追加)

食卓というのは家族の雰囲気がわかる場所だ。 家族四人で朝ご飯を囲む、幸せな家庭に ...

ala2019_01 24
アーラ映画祭2019ラインナップ発表!

岐阜県可児市文化創造センターアーラで開催されるアーラ映画祭2019の全ラインナッ ...

nagai3 25
第30回CINEX映画塾 映画『長いお別れ』中野量太監督トークショーレポート

第30回CINEX映画塾が6月30日岐阜CINEXで開催された。30回目の作品は ...

kohaku3 26
映画『こはく』井浦新さん×横尾初喜監督 名古屋 シネマスコーレ 舞台挨拶レポート

井浦新という役者は観る作品によって出てくる色が違う。役そのものが出す色を井浦新と ...

AIWFF2019_02 27
あいち国際女性映画祭2019の開催が決定!明日からチケット発売

「あいち国際女性映画祭2019」の記者会見&ラインナップ発表が7月11日、映画祭 ...

inukoro4 28
住宅顕信という俳人を知っていますか?若き俳人の心を描く(映画『ずぶぬれて犬ころ』本田孝義監督インタビュー)

自由律俳句をあなたは知っているだろうか。 五七五にとらわれないリズムと自由な感覚 ...

anomachi1 29
映画『あのまちの夫婦』津田寛治監督インタビュー&舞台挨拶レポート

映画『あのまちの夫婦』の上映が名古屋・シネマスコーレで19日まで行われている。 ...

ichigo10 30
映画『いちごの唄』公開記念名古屋舞台挨拶レポート

映画『いちごの唄』の公開記念舞台挨拶が7月7日ミッドランドスクエアシネマで開催さ ...

ichigo1 31
今日から公開『いちごの唄』鑑賞者にしか買えないCDをゲットしよう!

今日7月5日(金)から公開される映画『いちごの唄』の公開記念舞台挨拶が7月7日( ...

nagimati1 32
波の立たない人生などない(映画『凪待ち』)

凪とは…。風がやんで波がおさまり、海が静まること。 心という海が静かになる日はい ...

hotgimic1 33
堀未央奈さん(乃木坂46)岐阜に凱旋!映画『ホットギミック ガール ミーツ ボーイ』舞台挨拶レポート

映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』の先行上映が岐阜県のTOHOシネマズモ ...

MKE7_15 34
みてくれたっていいじゃない!第7回MKE映画祭レポート

第7回MKE映画祭が6月8日、岐阜県図書館多目的ホールで開かれた。 選考で選ばれ ...

jimoto8 35
地元ピース!岐阜上映は超満席!!

映画『地元ピース!』の岐阜上映会が6月9日岐阜・柳ヶ瀬のCINEXで行われた。 ...