Cafemirage

Cafe Mirage--岐阜発 映画・エンタメ情報サイト

カテゴリリンク

officer1

EntaMirage! Entertainment Movie

自身の信念のもとに冤罪を暴く(映画『オフィサー・アンド・スパイ』)

捏造、冤罪。あってはならないのだが、どの時代にも起こる出来事だ。

フランスで起こった冤罪事件。ドレフュス事件。
事件の名を聞いたことはあっても、一体どんな冤罪だったのかまでは詳しく知らない。

冤罪事件がまた一つ映画で描かれ、詳細が明かされていく。

あらすじ

1894年、フランス。ドレフュス大尉が、ドイツに軍事機密を漏えいした容疑で終身刑を言い渡される。
対敵情報活動を率いるピカール中佐は、ドレフュスの無実を示す衝撃的な証拠を発見。彼の無実を晴らすため動き出すが、スキャンダルを恐れ、証拠の捏造、文書の改竄などあらゆる手で隠蔽をもくろむ上層部によって左遷されてしまう。それでもピカール中佐は国家権力に抗いながら、真実と正義を追い求めていく。

第二次世界大戦を見た監督が描く軍人達の隠蔽

監督・脚本は『戦場のピアニスト』のロマン・ポランスキー。『ゴーストライター』(2010)でタッグを組んだロバート・ハリスとのタッグが再び組まれ、ハリスの書いた原作を二人で脚本に仕上げ製作した。

「ドレフュス事件」は日本ではあまり知られていないだけで、フランスでは歴史的冤罪事件である。ポランスキー監督は告発したエミール・ゾラではなく、事件が起こった軍隊で一人軍に背き、正しさ、真実を求め、ドレフュスの冤罪を晴らそうとしたピカール中佐を中心に描いた。巨大権力と闘った男の不屈の信念と壮絶な逆転劇は、ベネチア国際映画祭で銀獅子賞を受賞。フランスでは、第45回セザール賞で3部門を受賞し、No.1大ヒットを記録した。作品は2019年に撮影されているが、その当時でポランスキー監督は86歳(!)。第二次世界大戦を知る監督だからこそのリアリティ、そして現代への警鐘を感じる作品だ。

当時と変わらぬ風景が残るフランスならではの再現度の高さで、衣装やキャスティングにもこだわりを見せている。ピカール中佐はジャン・デュジャルダンが演じているが、本当によく似ていて驚く。

officer4

ドレフュス事件という冤罪事件をただ描いているわけではないのがこの映画。新聞社が大きく取り上げたことで民衆をも巻き込んだ騒動が広がっていく。ドレフュスはユダヤ系フランス人で、その当時強くなり始めていたユダヤ人への迫害も描かれる。偽装工作と偽証を繰り返し、隠蔽を行っている反面、それを知らない、信じない民衆からは強い支持を受ける軍。

観れば観るほど、今の世界情勢に重なってくるものがある。

officer3

正しさとは何か。真実はなぜ隠されなければならないのか。
軍の規律、厳しい上下関係。軍の上層部指令には従わなければ生きてはいけないが、従うために犯した罪を償うのは、誰でもない、自分自身である。
権力と自身の信念の間でどう動くかによって変わる人生をピカール中佐、ドレフュス大尉、周りの軍人達からみることが出来る。

officer2

ラストシーンのピカール中佐とドレフュス2人の会話にピカール中佐がなぜドレフュスの無実を晴らそうとしたのかの本当の意味がわかる。

自身の信じる正しさを求め続けた男・ピカール中佐。
様々な困難の先にピカール中佐が得たものは何だったのだろうか。

映画『オフィサー・アンド・スパイ』 https://longride.jp/officer-spy/ は6/3(金)よりTOHOシネマズシャンテ他で 全国順次公開。

東海3県では伏見ミリオン座、ユナイテッド・シネマ豊橋18、ミッドランドシネマ名古屋空港、TOHOシネマズモレラ岐阜で6/3(金)より、伊勢進富座で7/23(土)より公開

-EntaMirage!, Entertainment, Movie

おすすめの記事はこれ!

mikaeri1 1
見返りを求める男と恩を仇で返す女。その先にあるもの(映画『神は見返りを求める』)

タイトルを聞いたとき「神は見返りをもとめない」ものじゃないの?と思った。ただ、そ ...

MKE2022_24 2
3年ぶり開催!第9回MKE映画祭レポート

第9回MKE映画祭が6月18日岐阜県図書館多目的ホールで開催されました。 3年ぶ ...

PLAN75_1 3
生き続けていくことはいけないことか(映画『PLAN 75』)

少子高齢化社会となった日本には様々な問題がある。老老介護、孤独死、虐待という家庭 ...

huyusoubi9 4
映画『冬薔薇(ふゆそうび)』伊藤健太郎さん、阪本順治監督登壇名古屋舞台挨拶レポート

映画『冬薔薇(ふゆそうび)』の公開記念舞台挨拶が6月11日名古屋ミッドランドスク ...

kimiton 5
女子高生、日本の経済にもの申す!(映画『君たちはまだ長いトンネルの中』なるせゆうせい監督インタビュー)

2019年に発売されネット上で話題を呼んだ漫画「こんなに危ない!? 消費増税」を ...

officer1 6
自身の信念のもとに冤罪を暴く(映画『オフィサー・アンド・スパイ』)

捏造、冤罪。あってはならないのだが、どの時代にも起こる出来事だ。 フランスで起こ ...

otona_4 7
木竜麻生さん登壇!メ~テレ映画祭『わたし達はおとな』先行上映舞台挨拶レポート

今年開局60周年を迎える名古屋のテレビ局メ~テレは映画製作にも非常に力を入れてい ...

20soul1 8
今も受け継がれる神曲・市船Soul。それは魂がこもる大切な曲(映画『20歳のソウル』)

ある番組の吹奏楽の旅を観る度に号泣している。 私は決して吹奏楽部ではない。コーラ ...

haganeiro9 9
OUTRAGE×現代の若者 名古屋で生きる人達(映画『鋼音色の空の彼方へ』舞台挨拶レポート)

コロナ禍を経て、名古屋発の映画が奇しくも同じ日に2本公開された。一本は先日紹介し ...

mamoriya8 10
僕らの映画はここからはじまったばかり(映画『護り屋「願い」』舞台挨拶レポート)

名古屋発の映画が『護り屋「願い」』が5月20日に公開された。 映画『護り屋「願い ...

creatures 11
人気映画を支えてきた特撮、特殊効果のクリエイター達(映画『クリーチャー・デザイナーズ 特殊効果の魔術師たち』)

映画にはさまざまなジャンルがある。その中でも私たちを日常にはない興奮に誘ってくれ ...

received_2215697365258741 12
「灰色の家族」という台本(物語)が呼び覚ます忌まわしい記憶 KURAGE CLUB新作『灰色の家族』上映会開催

名古屋の自主映画団体KURAGE CLUBが新作『灰色の家族』の上映を5月22日 ...

sanka1 13
撮りたいという強い思いの結晶がいよいよ公開(映画『山歌』)

山の中を漂流して暮らす人々が戦後あたりまでいたことを知ったのは「やすらぎの刻」と ...

bokemasukara1 14
第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあさん』信友直子監督トークレポート

第61回CINEX映画塾『ぼけますから、よろしくお願いします ~おかえり、おかあ ...

ashitajyugyou6 15
『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 シアターカフェ 舞台挨拶レポート

『あした、授業参観いくから。』+安田真奈監督ショートフィルム選 が4月30日から ...

Ngoutou1 16
映画『N号棟』公開初日 萩原みのりさん、後藤庸介監督登壇 舞台挨拶レポート

とある地方都市に、かつて霊が出るという噂で有名な団地があった。このとある地方都市 ...

sikei 17
阿部サダヲ×シリアルキラー榛村大和が更なる魅力を生む(映画『死刑にいたる病』白石和彌監督・阿部サダヲさんインタビュー)

白石和彌監督の作品にはいつも心を持っていかれる。 5月6日(金)から公開の新作『 ...

ashitajyugyou6 18
ゴールデンウィークに『あした、授業参観いくから』+安田真奈監督ショートフィルム選 上映 シアターカフェで

安田真奈監督とお会いしたのはあいち国際女性映画祭だった。 『36.8℃ サンジュ ...

cmoncmon 19
『パリ13区』『カモン カモン』モノクロの魅力を知りたい二作品

4月22日(金)公開の作品には偶然にもモノクロ映画が2作品ある。 『ジョーカー』 ...

sikei 20
白石和彌監督、阿部サダヲさん登壇! 映画『死刑にいたる病』名古屋先行上映舞台挨拶レポート

映画『死刑にいたる病』舞台挨拶付き先行上映会が4月16日、名古屋ミッドランドスク ...

truth11 21
第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』堤幸彦監督、広山詞葉さん、生島翔さんトークレポート

第60回CINEX映画塾『Trinity』『truth』が3月27日岐阜CINE ...

received_348460247337278 22
映画の街・岐阜が動き出す  映画『逆光』とのコラボで柳ケ瀬が70年代一色になる?! 映画『逆光』試写会 トークレポート

4月4日、岐阜ロイヤル劇場にて映画『逆光』の試写会と須藤蓮監督の舞台挨拶が行われ ...